【あべの・天王寺】ひとり鍋で温まる【冬のお楽しみ】

出典:kurodaさん

【あべの・天王寺】ひとり鍋で温まる【冬のお楽しみ】

冬になると恋しくなる「鍋」。しかし今年の冬は例の感染症のため、大勢でひとつの鍋をつつきあうことはできません。そんな時にありがたいのが「ひとり鍋」です。あべの・天王寺周辺で「ひとり鍋」をいただくことのできるお店を集めてみました。ひとり静かにしみじみと温まってみませんか。

記事作成日:2021/01/24

140view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる131の口コミを参考にまとめました。

冬のお楽しみ

 冬になると恋しくなる「鍋」。家族団らんのひと時に、また気の合った仲間どうしで、湯気の上がる鍋を囲んで熱々の具材をいただくと、体も心もぽかぽかと温まります。
 しかし今年の冬は例の感染症が広がっているため、大勢でひとつの鍋をつつきあうことはできません。そんな時にありがたいのが「ひとり鍋」です。
 大勢でわいわい楽しく…という訳にはいかないが、ひとり静かにしみじみと温まってみませんか。

博多もつ鍋 いっぱち 天王寺店

3.17

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

 天王寺駅のすぐ近く。阿倍野の再開発ビル「あべのルシアス」の地下1階・レストランフロアーにある「もつ鍋」のお店です。
 引き戸を開けて中に入ってみるとすぐに下駄箱が…土足禁止のようです。全席が格子で仕切られた半個室になってるようで、全部で100席程。

柚子の風味の爽やかなもつ鍋は野菜もたっぷり

博多もつ鍋 いっぱち  天王寺店

 ランチタイムにいただけるもつ鍋定食(1,000円)は、トレイの上に小さいカセットコンロに乗ったもつ鍋と、一品の酢モツ、ご飯、お漬物が並びます。
 野菜はキャベツ、ニラ、ゴボウ。底のほうにモツと豆腐が沈んでいます。キャベツは甘みの強い根元部分が多く使われていて、その甘みが柚子胡椒の効いた出汁に滲み出います。ややしょっぱいが柚子の風味が爽やかなのでいい具合になっています。

博多もつ鍋 いっぱち  天王寺店

 モツの部位はテッチャンかな?プルプルとした食感で、脂分が抜けていて食べやすいですね。大量の野菜と一緒にいただくので栄養バランスも悪くないと思います。

やさい家めい 大阪あべのハルカス店

3.08

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

 近鉄・大阪阿部野橋駅の直上、「あべのハルカス」の14階にある野菜をウリにしたこのお店です。
 オープンスタイルのフロアーは実に広々としていて開放感がある。カウンター席が8席、テーブル席が40席ほどのやや大箱のお店です。

なんだかチグハグな「薬膳風味の鶏キャベツ鍋」

やさい家めい 大阪あべのハルカス店

 薬膳だしの鶏キャベツ鍋(1,620円)は、土鍋に入った鶏キャベツ鍋とともに、4種の小鉢と冷奴、お漬物、お味噌汁、ご飯が並びます。
 小鉢はポテトサラダ、ひじき、卯の花など多彩です。

やさい家めい 大阪あべのハルカス店

 お鍋はたっぷりのキャベツと若鳥、木耳、小松菜など。クコの実が薬膳らしさを演出しています。鶏はネックなど、さまざまな部位が使われているようす。
 スープは鶏の旨味より薬膳の薬味が勝っています。独特の風味で野菜を煮込み、全体を美味しくしています。

千里しゃぶちん 阿倍野ハルカス店

3.42

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 近鉄・大阪阿部野橋駅の直上、「あべのハルカス」の12階にある、ひとりしゃぶしゃぶのお店です。なんでも、ここの千里店が大阪でのひとりしゃぶしゃぶの嚆矢だそうです。
 店内は手前側にU字型のカウンター席が10数席、奥の窓に向かったカウンターに10席足らずの合わせて25席ほど。テーブル席はありません。

千里しゃぶちん 阿倍野ハルカス店

 ランチタイムにいただける「ミックス定食」(1,430円)は牛肉と豚肉のしゃぶしゃぶです。野菜は白菜、えのき、もやし、水菜、茄子、南瓜のほか、雲南百薬という沖縄の野菜など、あまり馴染みのない野菜が盛られています。
 胡麻だれとポン酢、たっぷりの刻みネギ、にんにく・一味・豆板醤という取り合わせの薬味が差し出されました。

千里しゃぶちん 阿倍野ハルカス店

 お肉は国産牛ロースと豚ロースとのこと。豚は軽い感じでさっぱりしている。これはやや濃厚な胡麻だれが合いますね。牛ロースは綺麗なサシが入ってしっとりした口当たり。適度に脂が乗ってるので、こちらはポン酢の方がいいような気がします。

千里しゃぶちん 阿倍野ハルカス店

 しゃぶしゃぶ終わりの〆は中華蕎麦なのもユニークです。醤油ダレが入った器に出汁を移し、そこに引き上げた中華蕎麦を投入します。刻みねぎをトッピングして中華そばの完成です。
 しゃぶしゃぶによる出汁の旨みに醤油ダレがよく合い、胡椒がそれを引き締めます。

富惣 近鉄阿倍野店

3.01

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 近鉄大阪あべの橋駅直結、各線天王寺駅直近。あべのハルカス近鉄本店のウイング館B2Fの、いわゆるデパ地下・総菜売り場にある焼き魚、煮魚等の魚惣菜専門店です。
 ここでは魚介を主体にした一人鍋セットを販売しています。

ほっこり美味しい「カキの味噌鍋」

富惣 近鉄阿倍野店

 「かき味噌鍋」(972円)は、アルミの容器に具材と味噌がセットされていて、250ccのお水を入れて煮込めば出来上がり。

富惣 近鉄阿倍野店

 具材は牡蠣のほかに白菜、ニンジン、ネギ、エノキ、シメジ、シイタケ、厚揚げなど。赤味噌で煮込んだ具材は奥行きが広がる味わいで美味しい。牡蠣もたっぷり入ってるのがいいですね。
 具材を全部さらえると、具材の旨味を含んだ味噌出汁が残ります。冷蔵庫にあった饂飩と卵を入れて、もう一度火にかけると、美味しい味噌煮込みうどんができ上りました。

韓国料理 ビビム あべのHoop店

3.07

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

 近鉄南大阪線・大阪あべの橋駅のの直近、各線天王寺駅からすぐ近く。「あべのHOOP」地下のフードコート「Hoop Dining Court」にある韓国料理店です。

韓国料理 ビビム あべのHoop店

 山芋スンドゥブ(880円)は、ぐつぐつ煮たった状態のスンドゥブは真っ赤で美味そう、かつ辛そうです。唐辛子の香りもかなり立ち上がってきます。
 早速ひと匙。ピキーンとくる辛さはあるが見た目ほどではない。辛さよりむしろ熱さに注意です。辛さと熱さの中に、浅利の出汁がよく引き出されています。また、何か土臭い匂いがあるのは山芋によるものだと思います。

韓国料理 ビビム あべのHoop店

 生玉子が丸ごと入っていて、この玉子を潰すと多少まろやかさになってきます。
 具材の豆腐は柔らかくてやさしい味。そしてメインとなる山芋とダシとの相性がいいし、山芋の食感もまたいい。

美々卯 あべのハルカスダイニング店

3.08

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 近鉄・大阪阿部野橋駅の直上、各線・天王寺駅に隣接。あべのハルカス近鉄本店のレストラン街・12階にある、大阪を代表する銘店の支店です。
 店内は主にテーブル席からなる60席あまり。個室も用意され、小宴会にも対応されています。

大阪名物となった「うどんすき」は喰い味が真骨頂

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 いまや大阪名物のひとつの「うどんすき」は、縁の付いたやや浅めのアルミ鍋を使用します。黄金色に輝くお出汁がの中に、先に饂飩を投入します。普通なら饂飩は最後なんだが、美々卯の饂飩は味が滲みこむことで旨みが増すばかりで、くたくたになったりはしません。

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 その後に美しく盛られた具材を投入していきます。しいたけ、あさり、ひろうす、湯葉、白菜、かしわ、鰻など多種多様。具材は丁寧に下ゆでしてあるので、煮込む必要はありません。

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 美々卯の焼き印が押された生麩や、ウサギの形のお皿が可愛いですね。

※本記事は、2021/01/24に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ