【あべの・天王寺】ハンバーグの旨い店・厳選10店

【あべの・天王寺】ハンバーグの旨い店・厳選10店

子どもの好きな料理ランキングに必ず顔を出すほどの人気のお料理、ハンバーグ。あべの・天王寺の駅近で、美味しいハンバーグを食べさせてくれるお店10店を厳選してご紹介します。

更新日:2021/06/20 (2018/06/25作成)

4119view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる439の口コミを参考にまとめました。

大人も子どもも大好物

 子どもの好きな料理ランキングに必ず顔を出すほどの人気のお料理、ハンバーグ。今も昔も、老若男女に須らく愛されています。
 ハンバーグ…正しくはハンバーグステーキと呼ぶべき料理は、今や家庭料理の定番として、またファミリーレストランの人気メニューとして、もはや日本料理のひとつといっていいほど定着しています。
 ハンバーグの原型は、18世紀頃のドイツ・ハンブルクで労働者向けの食事として流行した「タルタルステーキ」で、他国に広まる際に、英語圏においてハンブルクがハンバーグに転じ、それが一般化したものと思われます。
 この経緯から、発祥のハンブルクでは「ハンバーグ」なるものは存在しません。これは広島に「広島焼き」が、明石に「明石焼き」が無いのと同じ理屈ですね。
 日本では、オムライス、ナポリタン、ドリアなどと同様、西洋料理を原型としながらも独自に日本化され、「てりやきソース」など、和洋折衷の料理として開花し、それが欧米に逆輸入されるようにもなりました。
 あべの・天王寺周辺で、美味しいハンバーグを食べさせてくれるお店10店を厳選、ここにご紹介します。

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店

3.48

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 「あべのハルカス」の12階~14階を占めるレストラン街のうち、12階の一角に「大坂通」という大阪のお店が集まったエリアがあり、そこに阿倍野区の人気ハンバーグ店が出店されています。
 ほんの僅かなカウンター席と大多数のテーブル席、合わせて全30席ほどを収容する店内は、ブリキの看板とか、オールドなシーリングファンとか、古きよきアメリカを彷彿させる雰囲気です。

ソースが賑やかに弾ける

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店

 お店の名前を冠したボストンハンバーグ(1,274円)は、ジュウジュウと盛大に音を立てながらハンバーグが来ましす。熱々の鉄板の中心にハンバーグが横たわり、小さい金属の器に入ったデミグラスソースが乗っかっています。
 お箸でハンバーグを割ってみる。すると断面から肉汁がじわじわ溢れてくる。口に運ぶと…熱っ!しかし、なんとも柔らかくてコクも重厚。

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店

 今度はソースを掛けていただきます。またまたジュウジュウと音を立ててソースが弾ける。口の中で広がる肉の味とともに、ややライトながら深みのある味ソースが旨みを一層高めます。
 カジュアルなお店の雰囲気とは対照的に、ハンバーグには実に高級感があります。

グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店

3.43

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 「あべのハルカス」の12階~14階を占めるレストラン街のうち、13階の東側にある老舗洋食店の支店です。
 店内は50席を超す程度の、百貨店のレストランとしては標準的な広さ。隣の席との間に小さい仕切りや、足元に荷物かごに覆いがあったりと、心憎い気遣いがあるのがいいですね。

京の100年洋食レストラン

グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店

 このお店の一番人気は「東洋亭ハンバーグステーキ」。アツアツの鉄板の上にパンパンに膨れたアルミフォイル。その横には丸ごと1個のベイクドポテト、そしてクレソンが屹立しています。
 アルミフォイルをナイフで切り裂くと。中から湯気のあがったハンバーグが現れてきます。ハンバーグはインゲンなどの野菜と一緒にデミグラスソースで煮込まれています。ソースには小さくなったすね肉の塊が残っています。

グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店

 ハンバーグにナイフを入れると、適度な手ごたえ。一切れ口に入れるとじゅわっと肉汁が溢れ、肉の味も立っている。ソースのすね肉もかなり煮込まれていて柔らかく味わい深い。肉、野菜、ソースが混然となって実に美味です。
 ガーニッシュのベイクドポテト、味付けはバターのみというシンプルさ。これは素材の味が決め手ですね。上々の焼きあがりで皮まで美味しい。
 伝統的な洋食スタイルのお店、いつも賑わっています。

キッチン フジオ軒 天王寺MiO店

3.27

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 「あべのハルカス」の北隣、「天王寺ミオ」本館10階にある、「まいどおおきに食堂」や「つるまる饂飩」などを展開するフジオフードシステムの運営する洋食店です。
 店内はテーブル席が主体で、10席足らずのカウンター席合わせて40席程度。入ってすぐの左側に、サラダバー、ドリンクバーが設えられています。

フジオフードシステムの洋食業態はCP良好

キッチン フジオ軒 天王寺MiO店

 ハンバーグ&男爵コロッケ(950円)は熱々の鉄板に乗って運ばれてきます。スタッフが目前でソースを掛けてくれるのだが、その前に紙ナプキンで防御。ソースを回し掛けると、濛々たる湯気とともに盛大にハネが飛び散ります。
 ハネがようやく落ち着いたのでハンバーグを切って一口。ふっくらした風合いでほどほどに肉汁が出てくる。やや甘めのソースとの相性もいいですね。

キッチン フジオ軒 天王寺MiO店

 コロッケはほくほくとしていて甘みのある仕上がり。ガーニッシュは玉ねぎ、コーン、ブロッコリー、フライドポテトです。CPの良好な洋食ランチ。お腹いっぱいになりたいときにはいいですね。

らんちょすキッチン あべのキューズモール店

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

 「あべのハルカス」の西隣、「あべのキューズモール」3階のフードコートにある洋食店です。
 パラペットに料理写真が大きく表示されており、 ハンバーグやチキンカツ、カレーライスなど、洋食の定番が並んでいます。

ボリウムたっぷりのハンバーグ

らんちょすキッチン あべのキューズモール店

 フードコートの店舗なのでセルフサービス。カウンターで注文、支払いを済ませると、呼び出し端末が渡されるものの、それほど待つまでもなく、素早くお料理が出されました。空いてるテーブルに運んでいただきます。
 「ハンバーグとカニクリームコロッケプレート」(842円)は木製トレーにハンバーグとコロッケ、サラダ、フライドポテト、ライスがワンプレートに乗り、ハンバーグの上にはデミグラスソースがたっぷりと掛けられてます。割とコンパクトにまとまっていますね。

らんちょすキッチン あべのキューズモール店

 ハンバーグは厚みがあり、どちらかというと大きなミートボールといった感じ。デミグラスソースが昔の洋食店の味で、これが実に美味しい。
 カジュアルでリーズナブルなワンプレートランチはフードコートでこそ真価を発揮しているようですね。

肉處 きっしゃん あべのハルカスダイニング店

3.50

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

 「あべのハルカス」のレストラン街、ハルカスダイニングの12階にある焼肉レストランです。
 店内は無煙ロースターのついた4人掛けテーブル席が主体となっており、座敷や個室も合わせて70席ほどとのこと。高級店らしく華やかな照明器具が設えられ、席間も広々と配置されています。

黒毛和牛焼肉 肉處 きっしゃん あべの店

 ランチメニューにある「きっしゃんの極上粗挽きハンバーグステーキ」(1,320円税別)。ハンバーグは小さめの白いお皿に俵状の大きなハンバーグが乗り、上からデミグラスソースが掛けられています。添え物は一切無いところが潔いですね。ソースは和風かポン酢を選ぶこともできるとのこと。

黒毛和牛焼肉 肉處 きっしゃん あべの店

 ハンバーグを箸で割ると、中身がほんのり赤味がかっているビーフハンバーグでは最良の焼き具合です。口に運ぶと、焼き面はカリッと、中身はふんわりジューシーです。デミグラスソースはかなり濃厚で香りとコクが強力です。ハンバーグ自体にビーフの旨味を前面に出しているのがいいですね。
 前菜は3種。前菜は焼き豚に白髪ねぎを塗したもの、ニンジンのマリネ、ナッツ入りのチーズに生ハムを巻いたものです。サラダはサニーレタスが主体。どちらも上品な盛り合わせです。

洋食とステーキ 健

3.37

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 天王寺駅の南東に1kmほど、阿倍野区役所の南側にあるステーキと洋食のお店です。
 店内は厨房を囲う形のカウンター席と入口左側にテーブル席が配置され、全部で30席程度。新しいお店だけあって明るくクリーンです。

デミグラスソースの香り高いジューシーなハンバーグ

洋食とステーキ 健

 「手仕込みハンバーグランチ デミグラスソース」(980円)は、鉄板の上でデミグラスソースが弾ける熱々の状態で出されます。このシズル感は圧倒的!
 ハンバーグにナイフを入れるとホロっと解れるふんわりとした風合いで、中から肉汁が溢れます。口に運ぶとしっかりとした肉の味があり、しかもジューシーです。

洋食とステーキ 健

 デミグラスソースは格調高い仕上がりで、鉄板の上で焦がされるとさらに香ばしくなります。これはライスに合いますね。日本独自に進化した洋食の真骨頂です。

プチ グリル マルヨシ 天王寺MIOプラザ店

3.52

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 JR・天王寺駅の直上の複合ビル、天王寺ミオ・プラザ館の4階にある、阿倍野の洋食の老舗、グリルマルヨシの支店です。
 店内は敷地面積の狭さをカヴァーする開放的な造りで、カウンター席とテーブル席からなる30席足らず。以前より少しキャパが増しているようです。

デミグラスソースが秀逸の煮込みハンバーグ

プチ グリル マルヨシ 天王寺MIOプラザ店

 ランチタイムにいただける「煮込みハンバーグ」(1,000円税別)は、白い丸皿にハンバーグが鎮座し、その周りにたっぷりのデミグラスソースが掛けられています。ガルニはフライドポテトとパプリカで、ケチャップで和えたスパゲティーも添えられています。
 肉と野菜の旨みを凝縮させたデミグラスソースは旨みの塊。いかにも洋食といった感じにさせるスパゲティーは、「アルデンテ」とは対照的なもっちりとした食感がノスタルジックです。

プチ グリル マルヨシ 天王寺MIOプラザ店

 ハンバーグはデミグラスソースで煮込まれているようで、ナイフを入れると適度な手ごたえがあり、サクッと切れます。煮込まれているので、肉汁はでないが、肉の味が立っています。

アサヒビアケラー アベノ

3.40

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 各線・天王寺駅、及び近鉄南大阪線・大阪阿部野橋駅のすぐ近く。アベノセンタービルの中地階にあるアサヒビールの運営するビアケラーです。
 店内はさすがビアホール。ドイツ風インテリアの全部で200席との実に広い空間。ランチはどれもお味噌汁、スープ、ソフトドリンクがセルフのバイキング形式になっています。

肉の味が濃厚なビアホールのハンバーグ

アサヒビアケラー アベノ

 「麦酒牛のハンバーグ」(1,296円)は、丸いお皿に目玉焼きの乗ったハンバーグと、生野菜のサラダ、ポテトサラダ、玉葱のソテーが盛り合されています。ハンバーグのソースはデミグラスですね。
 ハンバーグは実に柔らかく肉の味が濃厚、口の中でとろけます。時間がかかったのは作り置きではないからなんでしょうね。でなければこんなジューシーで、しかもふんわりと仕上がりません。

アサヒビアケラー アベノ

 目玉焼きも具合よく半熟。デミグラスソースは、昔懐かしい味わいで、洋食らしさを醸します。サラダはフレンチ系のドレッシングにレモンが絞られてるのか、さわやかな酸味がある。
 セルフサービスのカウンターに大きなジャーが置いてあって、ライスもお替りできるとのこと。

レストラン牛楽亭

3.07

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 JR大阪環状線・寺田町駅から西方向、地下鉄谷町線・四天王寺前夕陽丘駅から東方向。それぞれ10分ほど歩いたところ、四天王寺の南大門近くにある新進の洋食店です。
 店内は4人掛けのテーブル4卓と、2人掛けが2卓、そしてカウンターに4席の全24席。スクリーンを設置するなど、例の対策もしっかりされています。

質の高いハンバーグのランチで得した気分

レストラン牛楽亭

 「手作り和牛100%ハンバーグ定食」(1,000円)は、お味噌汁とご飯がセットになっています。
 厚みのあるハンバーグには、キノコのデミグラスソースがたっぷり掛かり、野菜サラダがたっぷり盛られ、ケチャップ和えのスパゲティーが添えられています。

レストラン牛楽亭

 牛肉100%というハンバーグにナイフを入れるとサクッと切れる。牛肉だけに脂分は少なめながら適度に肉汁が溢れ、肉の旨みを充分に感じるとともに、ナツメグの香味が広がります。
 牛肉には牛タンも混ぜ入れられてるそうで、それによるグニっとした食感がいいですね。キノコたっぷりのデミグラスソースも味わい深い。

エ・オ ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール

フレンチWEST百名店2021選出店

3.67

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

近鉄・大阪阿部野橋駅の直上。あべのハルカス近鉄本店・タワー館の14階にあるフランス料理のお店です。
店内はヌーベルキュイジーヌらしいモダンでスタイリッシュな空間で、席数は50席ほど。厨房はガラス張りのオープンキッチンになっていて、調理の様子がよく見えます。

格調高いフランス料理のお店でいただく「ハンバーグ」

エ・オ ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール

 特別メニューの「神戸ビーフハンバーグ」(2,138円)は、大正創業の神戸ビーフ専門店「神戸北野 旭屋精肉店」と、質の高いオーベルジュとして知られた「神戸北野ホテル」のコラボメニュー。
 ハンバーグハンバーグはマデイラのソースときのこクリームのダブルソースで、ジャガイモと青梗菜が添えられています。ハンバーグにナイフを入れるとうっすらピンクの断面が現れる。細挽きのお肉はしっとりとした食感とともに肉の旨みがあふれてきます。

エ・オ ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール

 ストウブの中は「釜出しピラフ」です。天才料理人の名を冠したフランス料理店のこと。ハンバーグにただ単にライスを添えるのが許せなかったんでしょう。
 ジャポニカのお米をバターとともに湯取り法で炊いてストウブに盛る…ふんわり炊きあがったピラフは、むしろ白米よりハンバーグに合ってるかも。

※本記事は、2021/06/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ