台風19号の影響にともない、サイトに掲載の営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございますので、事前にご確認ください。

いつもの隠れ家です♪ : 赤兎馬

予算:

夜の予算 ¥2,000~¥2,999

昼の予算 -

定休日
日曜日 月曜日 水曜日 金曜日

この口コミは、モノノフさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

モノノフ

モノノフ(1473)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・和歌山県

30

  • 夜の点数:4.6

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP2.0
    • | 酒・ドリンク4.6
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
30回目

2019/10訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

いつもの隠れ家です♪

毎週必ず来店してますよ、この日は二軒回るので煮豚のみを頂きました(^o^)/

おっとポスターが高倉健特集に変わってました!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 煮豚

    煮豚

  • 赤兎馬 -
29回目

2019/10訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - うぼぜ(エボダイ)の唐揚げ♪

    うぼぜ(エボダイ)の唐揚げ♪

  • 赤兎馬 - ハモキュウ♪

    ハモキュウ♪

28回目

2019/10訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

私の隠れ家居酒屋は赤兎馬さん(^o^)/

もう10月と言うのにいまだに秋の気配は感じられず、夜の帳が降りるとついフラフラと出歩きます♪
歩き始めるとまるで引力でも有るかのように、私の足は隠れ家居酒屋の赤兎馬さんへと向かうのです♪

常連の常連による常連の為の赤兎馬さん、一見さんが容易に立ち寄れるような店ではございません。
カウンター8席と座敷には4人テーブル1つと、6人テーブルが1つで目一杯詰め込んで22人が限界。

それでも常連さん同士なら相席はもちろん、料理だって分け合いながら和気あいあいと飲めます♪
この雰囲気の中に一見さんが馴染める筈もなく、そういう意味でここは敷居の高い酒場なのです。

赤兎馬さんのローカルルールはお客さんが伝票に、注文した料理や酒を書き込んで支払いの際に大将に渡して計算して貰います(^o^)/
他にも足の悪い常連さんが来たら、健常者はカウンター席を立って席を譲るのです♪

料理を全て独りでこなす忙しい大将の為に、揚げ物や焼き物を一人が注文すると皆が乗っかります♪
瓶ビールや菊水の鮒口はお客さんが自分で冷蔵庫から持ってきて栓を開け、人によっては生ビールも自分で注ぎますよ(^o^)/

この日の一品目は戻り鰹のタタキですが、やはり脂が乗ってくると刺身の方が食べやすいですよね!
二品目は自家製イクラの醤油漬けで飲み物は焼酎の水割りに変えましょうかねぇ(^o^)/

これでお勘定は¥2000ですから、やはり赤兎馬さんの常連は辞められませんよね!
と言うか誰でもこの店の常連さんになれる訳じゃないです、常連さん達の輪の中に入れる社交性と料理に対する飽くなき探求心が備わったグルメ人だけが、この店の暖簾をくぐれるのですから(^o^)/

  • 赤兎馬 - 赤い暖簾は同士の証(^o^)/

    赤い暖簾は同士の証(^o^)/

  • 赤兎馬 - 値段は書いてないけどご案内を♪

    値段は書いてないけどご案内を♪

  • 赤兎馬 - 鰹のタタキです♪

    鰹のタタキです♪

  • 赤兎馬 - 自家製のイクラの醤油漬け。

    自家製のイクラの醤油漬け。

27回目

2019/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

海南市最強の一見さんお断り居酒屋♪

営業日は週に3日で営業時間は午後5時から8時頃まで、仕入れネタが無ければ休むし面倒くさい時も休んでしまいます(^o^)/

こんな我が儘居酒屋だけど大将の腕前は天下一品、だから開いてればいつもお客さんで満席です。
と言ってもお客さんの9割は常連さんで、残り1割は常連の連れ、一見さんがこの店に出入り出来る可能性はほぼゼロに等しいのです♪

この日の一品目はアワビのお刺身、型は小さいながらも味はちゃんとアワビですよ(^o^)/
二品目は子持ち鮎の煮浸しです、これもまた番茶で長時間煮込んでるので骨まで食べられます♪

ホワイトボードに品書きを書いてる店は、その日に仕入れた食材を使ってる証ですよ(^o^)/
海南市の名物居酒屋、赤兎馬ここにあり♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
26回目

2019/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

またまた隠れ家の赤兎馬へ♪

今週は赤兎馬さんにしては珍しく週に3日の営業日が全てオープン、いやぁ普通は1日くらいは腰痛とかで魚が無いとかで休むんですけどね(^_^;)

赤兎馬さんでは自分が注文した品は注文票に自分で書き記します、ローカルルールみたいなもんです。

この日の一品目はビールに合わせて黒豆の枝豆を、二品目は焼酎水割りに合わせて小柱のかき揚げ♪
お隣に座ったM氏のおごりで焼酎水割りを追加してしび納豆を追加注文しましたよ(^o^)/

正直海南市内でこの店ほど安くて美味い店はございません、しかし同時にこの店ほど敷居の高い店も珍しいと思います、常連さん以外はほとんど席に着く事は出来ませんからねぇ(^_^;)

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 黒豆の枝豆

    黒豆の枝豆

  • 赤兎馬 - 小柱のかき揚げ

    小柱のかき揚げ

  • 赤兎馬 - しび納豆

    しび納豆

25回目

2019/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

無敵の常連専門居酒屋さん(^o^)/

今夜もいそいそと赤兎馬へ向かいますと、あれ?
いつもの真っ赤な暖簾がかかっていませんよ?
でも中は明るいようだから取り敢えず入ります♪
はい、暖簾は単に掛け忘れてただけでした。

この日もカウンターは既に満席でして、四方がないので私は4人がけの座敷に腰を下ろしました。
すぐにK谷さんが遅れて来店し相席となりまして、今回は二人で飲む事となりましたよ(^o^)/

途中で一見さんらしき方から予約の電話がかかってましたが、そんなもん大将は受け付けませんよ。
基本的には赤兎馬さんは常連専門店なのです!

さて一品目はOちゃんとBちゃんから美味しいと勧められた太刀魚の刺身を所望、うん確かにキトキトの抜群鮮度の太刀魚でしたねぇ♪

二品目は少し型の小さめのうぼぜの唐揚げ、うぼぜは頭が軟らかいので中骨以外はほぼ食べられます♪
身と骨の間に切り目を入れてから揚げてるので、細目の骨や尻尾まで全て食べられます♪

ビール小瓶と焼酎水割りと上記の二品で、支払った金額はジャスト¥2000、流石は赤兎馬さん(^o^)/
いつも安く飲ませて頂き感謝してますよ♪

  • 赤兎馬 - あれ?暖簾がかかっていませんよ?

    あれ?暖簾がかかっていませんよ?

  • 赤兎馬 - はいはい、いつものメンバーです♪

    はいはい、いつものメンバーです♪

  • 赤兎馬 - 都会では食えない太刀魚の刺身(^o^)/

    都会では食えない太刀魚の刺身(^o^)/

  • 赤兎馬 - うぼぜの唐揚げ美味しいよ♪

    うぼぜの唐揚げ美味しいよ♪

24回目

2019/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今夜も赤兎馬で一寸一杯(^o^)/


薄暮から夜の帳が降りる頃には、常連さんが次々と赤兎馬さんの真っ赤な暖簾をくぐってご来店♪
午後5時開店で6時にはもうカウンターは満席で、相席オッケーな常連同士ですから、カウンターが詰まったら座敷に思い思いに腰を下ろします♪

先客のH氏からの情報で今宵はミンク鯨が美味とのこと、早速大将にクジラの刺身を所望(^o^)/
この店ではうかうかしてると、あっという間にネタが切れてしまいますから注文は急がねば!

色鮮やかなミンク鯨の刺身を口に頬張ると、ジュワーと口内に広がる肉汁の甘味(^o^)/
これよこれよ和歌山県民ならこれは食わなきゃね、シーシェパードなんぞクソ喰らえですよね(^o^)/

二品目は北海道で水揚げされた大振りの鰤、脂乗り乗りとの話を大将に聞いたので照り焼きだね♪
ナイスチョイスで寒鰤じゃないの?と言うくらい脂の乗った切り身はもはや極上の逸品(^o^)/
こうなりゃビールなんぞ飲んではいられませんぞ、女将さんに月の桂をオンザロックで注文~♪

あぁうめ~、赤兎馬の常連になれて良かった!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
23回目

2019/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

夏休み明けの赤兎馬さん(^o^)/

赤兎馬さんの2週間の長い夏休みもようやく終わり、やっと通常営業に戻りましたよ(^o^)/
さて私は他の居酒屋の何人もの客に赤兎馬へ連れて欲しいと頼まれてまして、まぁ確かに一見さんには敷居の高い店ですから常連と一緒じゃなきゃねぇ。

先月若者を2人と今月に入って更にもう1人、そして今週は年配の重鎮さんも連れて行きました。
皆さん注文票に頼んだ品を書き込む自己申告制度を、大変興味深げに楽しんでおられましたよ♪
しかもこの店の営業日が週に3日しかないのと、午後5時から始まり8時には閉店しちゃう事にも随分と驚かれてましたよ(^_^;)

中でも昨夜連れていったS氏はいろんな店に飲みに行かれる方なので、赤兎馬さんの常連にも知り合いが多いのでおそらく常連になりそうですね。

昨夜の一品目は地ダコの薄造りです、流石は大将が見立てたタコだけに甘味が抜群でしたね♪
しかもおまけにタコの吸盤と皮を甘辛く煮付けたものを頂きまして、皆さん喜んでらっしゃいました!

二品目はモチモチ食感鰹のタタキです、大将お手製ポン酢の味わいはそれはもう絶品ですよ(^o^)/
この日はS氏が注文した料理を分けて頂いたので、この二品だけで済ましました(^_^;)
ビール中瓶と焼酎の水割りと濁り酒月の桂とお料理が二品で、お勘定は何と¥2,200!
そうなんです、これが赤兎馬さんの人気の秘密♪
この店の常連に成れた事はグルメ人の誇りです♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
22回目

2019/08訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

赤兎馬さんは長期休暇に入りました!

赤兎馬さんはお盆は長期休暇になります、おそらく20日くらいまでは休みで再開は22日かな(^_^;)

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - アワビのバター焼き

    アワビのバター焼き

  • 赤兎馬 - 絶妙の〆具合

    絶妙の〆具合

21回目

2019/08訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

数え切れないくらい飲みに来てます♪

気の置けない仲間が集う常連の為の名物居酒屋、それが海南市の赤兎馬さんですよ(^o^)/

ここで飲み食いするのはかなりのハードルが高く、一見さんが着席出来る機会はまず無いですね。
それと言うのもこんな安くて美味しい居酒屋さんは、海南中探してもまず見つかる事は無いから。

かく申す私めもこの店の常連の端っこに加えて頂けるまでには、半年以上も通いつめたんですよ。
でもね本当は大人の飲み方を出来る方なら、誰でも時間さえかければこの店の仲間の輪に入れます♪
一見さんお断りはあくまでも昔からのお客さんを守るため、別に頑固な訳では無いのです(^o^)/

ちょっと強面の大将は辻調理師学校の第一期生で、元々は洋食系のコックでしたが和食店でも修業を重ねて、あちこちの店を渡り歩いて来られた方です。

赤兎馬さんの料理の一番の特徴は作り置きをしない事です、どの料理も注文を受けてから作るので間違いの無い美味しい料理が頂けるんですよ(^o^)/

こちらの店で扱う焼酎は宮崎県の飫肥杉と言う芋焼酎のみで、日本酒は伏見の月の桂と言う濁り酒。
燗酒用には名前は忘れましたが、辛口の酒が用意されてましたね。

ちなみに赤兎馬さんのこの夏の営業はひとまず今日が最終日で、明日から20日くらいまでは夏期休業期間となりますのでご注意を(^_^;)

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 品数は多くはないですよ(^_^;)

    品数は多くはないですよ(^_^;)

  • 赤兎馬 - 宮崎県の飫肥杉は芋焼酎♪

    宮崎県の飫肥杉は芋焼酎♪

  • 赤兎馬 - 鱧の湯引き 骨切りがお見事(^o^)/

    鱧の湯引き 骨切りがお見事(^o^)/

  • 赤兎馬 - うぼぜの唐揚げは骨まで喰えます♪

    うぼぜの唐揚げは骨まで喰えます♪

  • 赤兎馬 - 真蛸の薄造り 皮と吸盤は煮付けます♪

    真蛸の薄造り 皮と吸盤は煮付けます♪

  • 赤兎馬 - 夏の定番! サカタフカの湯引き

    夏の定番! サカタフカの湯引き

20回目

2019/07訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

レビュー20回記念♪

☆ 祝レビュー20回記念 ☆

私我が町海南市での隠れ家居酒屋は、やっぱりここ赤兎馬さんが間違いなく断トツの1番ですね(^o^)/

2番目の隠れ家居酒屋は真魚
3番目の隠れ家居酒屋は味彩
4番目の隠れ家居酒屋は六花
5番目の隠れ家居酒屋はちえ

まぁだいたいこんな感じになってますねぇ(^o^)/

赤兎馬さんの大将はかの有名な辻調理師学校の1期生で、数多くの洋食や和食店を渡り歩いて腕を磨かれた一流の料理人です♪
海南市内でもいくつもの飲食店のオープンに腕をふるい、ご自身が店をオープンなさってからこの店は3軒目になるそうです。
最初は北嶋焼鳥店の場所で酔々亭を開店し、その後に今の景子の場所に店を移転しまして、更にその後つるよしさんが手放した今のテナントで赤兎馬さんがオープンしたと言う経緯があります。
ちなみに赤兎馬と言う店名はつるよしさんが名付けたもので、大将がそのまま店名を引き継ぎました。

昨夜頂いたのはモチモチの鰹の刺身とイカの肝和えで、瓶ビール小瓶とにごり酒月の桂で流しました。

この秋には同じビルの西側のテナントは耐震工事のため移転を余儀なくされますが、どうやら赤兎馬さんと新さんは居残る事になりそうですね(^o^)/

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
19回目

2019/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

わえの隠れ家、海南弁バージョン♪

また隠れ家の赤兎馬へ飲みに来てもたんやいしょ、今週はほんまに出席率良すぎとちゃうかの(^_^;)
週にいっぺくらいは酒も抜かな、もうわえもええ歳やさけかだら持たなよぉ(^_^;)
ほげなこと言うたかて晩になったら勝手に赤兎馬へ足向くんやさけ、隠れ家の引力にはかなわなよう!

店へ着いたら取り敢えずビールやな、ほいで腹膨れやんよに小瓶しか頼まんさけによう(^o^)/
この日ぃの一品目は鱧の天ぷらじょ、こえはやっぱしビールが一番よう合うてらいしょなぁ(^o^)/
ほいて二品目はケンケン鰹のタタキや、こえにはやっぱし宮崎の芋焼酎の飫肥杉の水割りやな。

赤兎馬さんは常連率9割の店やさけ、一見さんにとったらがいに敷居が高て居て難い店なんじょよう。
ほやさけ逆にわえら常連にとったらパラダイスや、他所もんに荒らされとうないサンクチュアリや♪
大将も気ぃ荒てがいたらくにごんじゃくるけども、根ぇはかえらしええ人なんやでぇ(^o^)/

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
18回目

2019/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

客の9割が常連さんの店♪

仕事が終わればいつもの赤兎馬さんへ脇目も振らずにまっしぐら、早く行かないと席が無くなります!

ここは海南市でも一番人気の居酒屋さん、ですけどまずこの店で一見さんを見かける事は無いです。
何故なら赤兎馬は常連の常連による常連の為の店!
昨日今日初めて訪れた客が馴染める店では無く、
この店の常連の仲間になれる事はステータスです♪

この日はラッキーなことにカウンター席が空いてたので、自分でビール小瓶を開けて着座しますよ♪
ほどなく大将がおしぼりとコップを運んできます。

大将に今日のお勧めを聞いて地タコの刺身を注文、
おまけでタコの吸盤の旨煮をサービス(^o^)/
いやぁこのタコの甘味と食感が堪りませんね!
続いて注文したのはホタテのバターソテーです、
大将は元々はフレンチの料理人でしたからねぇ♪
いやぁ旨い旨い何喰っても旨いんですわ(^o^)/
調子に乗って月の桂(通称シロ)まで飲んでしまい
もちろん帰り道は見事な千鳥足でございました♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月16日(火曜日)

今回の赤兎馬さんは珍しく空いてまして、何と私が帰るまでに来られた常連のお客さんは私も含めて僅か8人と言う状況でしたね。
途中から大将がキングフィッシャーのジャズコンサートで知り合った一見さんが二人加わり、それでやっと10人になったくらいでした(^_^;)

この日はブリの天然物が入ってましたが脂の乗りは浅くて、タタキか刺身と聞いたので照り焼き好きな私はブリは遠慮しておきました。
ビールに合わせて穴子の天ぷらを注文して、常連のMさんから丹後の酒を一杯貰ったので続いて新モズクも頼んじゃいましたよ(^o^)/

その後元校長先生のHさんからも熱燗を一杯頂いたので、最後の締めは鯛の粗炊きを頂きました。
やっぱり日本酒には魚が合いますよね(^o^)/

  • 赤兎馬 - レトロなポスターだらけの座敷

    レトロなポスターだらけの座敷

  • 赤兎馬 - サービスのタコの吸盤旨煮

    サービスのタコの吸盤旨煮

  • 赤兎馬 - 絶品のタコの刺身♪

    絶品のタコの刺身♪

  • 赤兎馬 - ホタテのバターソテー、卵巣旨し(^o^)/

    ホタテのバターソテー、卵巣旨し(^o^)/

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
17回目

2019/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

海南市最強の常連居酒屋さん♪

今夜もまたポケットの中の小銭をかき集めて、飲みにやって参りましたよ赤兎馬さんに(^o^)/
えっ? 小銭を集めりゃ飲めるくらい安いのか?
そうなんですよ赤兎馬さんは安くて美味いんです♪

赤兎馬さんのお客さんはほぼ9割方は常連さんで、
一見さんは簡単には入店出来ない名物居酒屋です。
ここで飲む方々は全員顔見知りで同席オッケー!
飲み方のパターンも皆さん各々決まってます。

私の場合はまず冷蔵庫からビールの小瓶を出して、
コップも厨房から自分で持ってきますね(^o^)/
いつもの私が漬けた自家製漬物を大将に進呈して、
おしぼりを受け取っておもむろに顔と手を拭くと、
心の中の浮世の垢も一緒に落ちていきます♪

一品目はすぐに出来る鰹のタタキを所望しました、
よく冷えたビールには持ってこいの肴ですね♪
二品目は天然鰤の照り焼きを注文致しまして、
京都は伏見の濁り酒の月の桂をロックでやります。
常連さんは月の桂のことを「白」と呼びますよ♪

この日一緒に行った友だちは鯨ユッケと鰯の天ぷらを注文、なかなか美味しそうでしたよ(^o^)/

マニアックな常連ルールとしては注文品は全て、
自分の手でオーダーシートに書き留めておきます。
お勘定の時に大将や女将に手間をかけない為です。
安いお値段で美味しい料理を食べさせてくれる、
大将や女将の為に使用後の食器はカウンターへ。
そして勘定の際にはほとんどの常連さん達は、
お釣りはチップとして女将にお返しするのが礼儀。

そう、ここ赤兎馬はグルメな大人の天国なのです!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 鰹のタタキ

    鰹のタタキ

  • 赤兎馬 - 天然ブリの照焼き

    天然ブリの照焼き

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 白イワシの天ぷら

    白イワシの天ぷら

  • 赤兎馬 - ミンク鯨のユッケ

    ミンク鯨のユッケ

16回目

2019/03訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

武士の止まり木は赤兎馬さん♪

深紅の暖簾は常連さんの信頼の証!
赤兎馬会から店に贈られた暖簾です。

この日は極端にネタが少なかったので、
直ぐに食べられそうな青海苔の天ぷらと
ナマコの酢の物を注文させて頂きました。
大将が作る土佐酢はそれはもう絶品で、
飲んでしまいたくなるほどの旨さです!

ほぼ9割のお客さんが常連さんのこの店、
料理は独りなので遅いが安くて美味い!
海南中の食通達が来たくても来れない、
それほどある意味敷居の高い店なんです。

常連さんの間には暗黙のルールが幾つか有り、
皆さんがそれらを真摯に守られています。
まず常連さん同士の交流と和を保つ事と、
座敷は基本的に何方でも相席すること。
注文した品は必ず注文書に書き込んで、
お勘定はなるべく釣り銭を少なくする事。
後から来られるであろう常連さんの為にも、
飲み終わったら長居せず早く退散する事。
大人のルールを守ってスマートに飲める、
そんな紳士淑女が赤兎馬の常連なのです♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - アオサ天ぷら

    アオサ天ぷら

  • 赤兎馬 - 赤ナマコ酢の物

    赤ナマコ酢の物

15回目

2019/02訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

海南市のグルメが集う常連居酒屋♪

海南市の中でも舌の肥えた人が集う居酒屋、一見さんには敷居は高いが常連さんには居心地抜群(^o^)/

映画好きな大将は毎月店内のポスターを貼り変えます、今月のテーマは何なのでしょうねぇ?

〆加減ばっちりの〆鯖は赤兎馬の人気メニュー、
土佐酢に生姜を摺って頂きました(^o^)/
この日のヨコワはねっとり食感の近海の本ヨコワ、
まぁその旨いこと旨いことホンマ最高ですわ!

赤兎馬さんとは関係無いけどヤフーブログが、
今年の12月頃に終了してしまう~(-_-;)最悪!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 絶妙の〆鯖

    絶妙の〆鯖

  • 赤兎馬 - メバチマグロ造り

    メバチマグロ造り

  • 赤兎馬 -
14回目

2019/02訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

海南市の隠れ家居酒屋です♪

今宵もポケットの中の小銭をかき集め、呑助どもは夜の街に隠れ家を求めてさ迷います(^o^)/
勝手知ったる赤兎馬の店内は、見知った客同士のほんのりした会話に満ち満ちております(^o^)/

この日は鯖の生寿司を注文、流石は大将の腕前でまさに絶妙の〆加減でございます。
飲み物も焼酎の水割りに変更して重ね飲み、この店では焼酎は宮崎県の飫肥杉のみでございます。

注文した品はこの店では勘定書きに自分で書き込み、基本的には自己申告制なのです(^o^)/
他にも鶏のツクネも食べましたが、絵面がイマイチなので載せるのは止めときます(^_^;)

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 小谷さん

    小谷さん

  • 赤兎馬 - 絶妙の締め加減の〆鯖

    絶妙の締め加減の〆鯖

13回目

2019/02訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今年も隠れ家の赤兎馬は大繁盛!

1月の赤兎馬さんの営業日は僅か2日だけでした、昨夜が2月に入って1日目の営業です(^_^;)
年明けから少し体調も奮わなかったようですね。

昨夜は魚の仕入れがほとんど無くて、大将が作っておいた鯛の味噌漬けを無料で出してくれました。
それと大根と厚揚げと鶏肉の煮物くらいです。

バッテラと足赤海老のフライは先々週のもので、
そろそろお刺身も食べたくなってきましたよ♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 鯛のみりん干し

    鯛のみりん干し

  • 赤兎馬 - 大根と手羽元煮

    大根と手羽元煮

  • 赤兎馬 - 自家製バッテラ

    自家製バッテラ

  • 赤兎馬 - アシアカ海老フライ

    アシアカ海老フライ

12回目

2018/12訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今年最後の隠れ家飲み♪

今年最後の隠れ家赤兎馬での飲み納めです♪
何とこの日はお客さんがピーク時には20人!
カウンターもテーブル席も完全に満席状態、
如何にこの店が人気店かがよく分かります!

飲み納めと言う事ですから酒は月の桂を所望、
やっぱり魚喰うのなら濁り酒に限りますね♪
頂いたお料理はヨコワの造りとカキフライ、
やっぱり赤兎馬さんの料理は一味違うなぁ♪

今年も一年間美味い料理をありがとう、
来たる年もご交誼のほど宜しく願います!
フォロワーの皆さまもありがとうございました。

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 極上カキフライ

    極上カキフライ

  • 赤兎馬 - ヤイトガツオ造り

    ヤイトガツオ造り

11回目

2018/12訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今年最後の隠れ家は赤兎馬です!

私にとって初めての赤兎馬でのフグのフルコース、
それは赤兎馬友の会で味わえる事となりましたよ。
今回は赤兎馬友の会の忘年会で参加者は23名です!

H先生が差し入れしてくれた大吟醸 窮極の酔心♪
M氏からは越乃寒梅の差し入れも有りましたよ。
私と言えばいつものようにN社長からカメラマンの
大役を仰せつかりました(^o^)/

フグのフルコースを待つ間に大将からカラスミが、
大根スライスと共にアテに出されました。
もちろんカラスミは大将のお手製ですよ♪

続いてテッピ、それからテッサも供されます♪
自家製ポン酢のまた美味しい事美味しい事!
続いてフグのアラの唐揚げも出されました、
そしていよいよ本命のテッチリが始まります!
粗の部位も正肉もどんどん放り込みまして、
沸騰させぬよう慎重に煮て参ります(^o^)/

もちろん〆はフグの雑炊を楽しみますよ~♪
あぁ~もう幸せの絶頂であります(^o^)/
赤兎馬友の会の皆々様、来年もどうか宜しく!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 自家製カラスミ

    自家製カラスミ

  • 赤兎馬 - トラフグの薄造り

    トラフグの薄造り

  • 赤兎馬 - トラフグ唐揚げ

    トラフグ唐揚げ

  • 赤兎馬 - フグチリ

    フグチリ

  • 赤兎馬 - フグの雑炊

    フグの雑炊

10回目

2018/10訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

やっぱり私の隠れ家は赤兎馬です!

海南市で一番の名居酒屋の赤兎馬さんの営業日は、火曜日・木曜日・土曜日の3日のみです!
そのうち私がお邪魔するのは土曜日以外の2日間ですが、赤兎馬さんは午後5時開店で8時にはネタが無くなり閉まってしまう大人気店です!

お薦めのお酒は京都伏見の月の桂という濁り酒、越後の菊水(鮒口)も人気の高いお酒ですね(^o^)/
この日最初に頂いたのはスマガツオのタタキ、大将の手製のポン酢の美味さが冴えてますね!
次に頂いたのは鱧の照り焼き、丁寧に骨切りされた鱧はふわふわの食感ですがサラマンダーで焼き上げられて表面はパリパリです(^o^)/
あまりに鱧が美味しかったので〆には鱧鍋なども頂きました、まぁこの汁の美味いこと美味いこと!
最後にもう一度暖め直してもらい残りのポン酢を加えて最後の1滴まで残さず完食です(^o^)/

哲ちゃんいつも美味しい料理を食べさせてくれてありがとう、やっぱり赤兎馬こそが私の隠れ家です♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - ヤイトガツオタタキ

    ヤイトガツオタタキ

  • 赤兎馬 - ハモ照焼き

    ハモ照焼き

  • 赤兎馬 - 鱧小鍋

    鱧小鍋

9回目

2018/08訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

マイベスト隠れ家は赤兎馬です!

通い始めてもう3年目になる私の隠れ家は、改良住宅の1階テナントの居酒屋「赤兎馬」さんです♪
営業日は週に3日の火曜日・木曜日・土曜日だけで、午後5時からネタが無くなるまでか9時くらいで閉めてしまいますね。

ほぼ9割を常連が占めるこの店は、海南市内でも最も敷居の高い居酒屋と言われています。
例えば満席でなくてもいつものメンバーでまだ来ていない方がいると、新規客やいちげんのお客さんは間違いなく断られます。
知ったかぶりな自称グルメ人や周囲に合わせられないような方も玄関払いで、型の悪いお客さんや酔っ払いはつまみ出されます(^_^;)

何て店だなんて文句を言っても始まりません、この店はそういうやり方で今までもやって来たしこれからもその姿勢は決して変わらないからです(^o^)/
どうしてもこの店の素敵な仲間に加わりたい方は、開店と同時くらいに滑り込み先ずはカウンターの端っこの方に座って静かに紳士的に飲みましょう。
そして同じように何度か飲みに来る間に、徐々に常連の皆さんの会話に加わる事も出来るでしょう。

さて今回は2回分を1つのレビューに書きますね、赤兎馬さんの店内の壁には処狭しと映画のポスターが貼られてます、これは店主の趣味が映画鑑賞だからで毎月テーマを決めて貼り変えてます。

夏場の赤兎馬さんの代表的な食材は鱧です、この店には鱧の刺身がございましてこれは骨を全て取り払った身を、皮目を炙って薄造りにしたものです。
他の店の職人がこんな面倒な作業を出来ますか?
鱧キューは細かく骨切りした鱧の身をサラマンダーで付け焼きにしたもので、酢の物でも使えますし鱧の押し寿司にも出来ますね(^o^)/

イカの腸和えは日本酒に抜群に合う肴です、丁寧に裏漉ししたイカのわたを使った絶品料理です!
伏見の酒の月の桂か越後の菊水がお勧めですね♪

普通に料理が2品とビールと酒で2000円強のお勘定なんて信じられますか、だからこそ常連の皆さんはこの店を守り育てているのです、決してよそ者に土足で踏み込ませる訳にはいかないのです(^o^)/


  • 赤兎馬 - 夕方5時開店

    夕方5時開店

  • 赤兎馬 - 店主の趣味は映画鑑賞

    店主の趣味は映画鑑賞

  • 赤兎馬 - イカの腸和え

    イカの腸和え

  • 赤兎馬 - タコの酢の物

    タコの酢の物

  • 赤兎馬 - 鱧キューでーす!

    鱧キューでーす!

  • 赤兎馬 - 鱧の刺身なんですよ!

    鱧の刺身なんですよ!

8回目

2018/06訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

赤兎馬は海南市で最も常連が多い居酒屋!

海南市には数々の居酒屋がございますが、常連率がここまで高い店は他には無いように思います。

定休日が多いのも特徴で以前から月・水・日が休みでしたが、最近では金曜日もほぼ休んでますね。
開店時間は午後5時ですが開店と同時にお客さんが流れ込んで来ます、この店の常連さんは私が知ってるだけでコアな客は15人くらい、定期的に現れる予備役が更に10人くらいですね。
その常連の殆どが大将の同級生だったり、大将の料理の腕前と奥さんの人柄に惚れ込んだ方々です。

お休みについて加筆しておきますと、正月やお盆には最低でも2週間は休むので注意です(^_^;)
また市場に魚が出ない時や大将の気が乗らない場合、突然に店を休むことも多々あります。
またこの店には予約のみのコース料理も有ります、夏場は鱧コース¥5000で冬場はフグコースの¥6000となります。

海南市の戸坂漁港の鱧の専門店では、おそらく鱧のコースを頼むと¥12000以上取られますよ!
赤兎馬の鱧コースは鱧鍋・出汁鱧子・造り・天ぷら・鱧の押し寿司です。
フグの場合はフグ水炊き・薄造り・天ぷら・皮の湯引き・雑炊となりますね。

今回頂いたのは先ずはビールとモロゲエビ塩ゆで、
鰹のタタキは伏見の名酒月の桂で飲み干します。
最後は鯨ベーコンで締めました。

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - モロゲエビ塩茹で

    モロゲエビ塩茹で

  • 赤兎馬 - 鰹のタタキ

    鰹のタタキ

  • 赤兎馬 - 鯨ベーコン

    鯨ベーコン

7回目

2018/04訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

赤兎馬は海南グルメの誇りです!

今夜もポケットの中の小銭をかき集め、涼やかな宵の風に吹かれて隠れ家の赤兎馬に向かいます(^o^)/

赤兎馬友の会から進呈した真っ赤な暖簾は名店の証し、常連の面々が集うマニアックな店なんです!
営業日は週に三日ほどですが、とにかく店を開ければ満席というグルメなおじさん達の止まり木です。

この日も空き席はほとんどなく、勝手知ったる私はさっさと相席をお願いします。
ほぼ全員が顔見知りですから、遠慮など無用です。
ただこの店はご主人の機嫌次第で開けますし、新顔の立ち寄り客は断られる事も多々あります。

この日はシャコエビの酢の物と鯛の粗焚きを所望。
ご主人のてっちゃんが作る土佐酢は絶品で、シャコエビも皮を丁寧に剥いてくれてて食べやすい♪
鯛の粗焚きも絶妙の味加減で、流石は辻調理師学校の第一期生というのも頷けます!

いつものように一杯目はビールの小瓶、次は伏見の月の桂(通称シロ)を頂きました。
最後に飫肥杉の水割りでお勘定は¥2500、安い!

この日は何だか春のような涼しい風に誘われて、帰り道ではつい内海湯という銭湯に寄りました。
晩酌の〆の風呂は堪りませんやね(^o^)/

  • 赤兎馬 - 赤い暖簾は名店の証し!

    赤い暖簾は名店の証し!

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - シャコエビ酢の物

    シャコエビ酢の物

  • 赤兎馬 - 鯛の粗焚き

    鯛の粗焚き

  • 赤兎馬 - 飲んだ〆は銭湯に限ります!

    飲んだ〆は銭湯に限ります!

6回目

2018/02訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今夜も隠れ家でまったり飲みました ^w^

2018年3月再訪

まぁ私としては週に最低2回は訪れておりますので、
いちいちレビューしててはいくらページが有っても足りません^^;

ですから近い時期のレビューに引っ付けて書いておきますねw
この日は私が糠漬けした白菜を漬物が大好きな大将の奥様に持参、
いつもの事ながらたいへん喜んで頂き誠に光栄でございます ^w^
他ならぬ赤兎馬の奥さんに褒められると嬉しくて嬉しくてwww

さてこの日隠れ家で頂いた品は全部で3品でしたよw
先ずは銀座でならおそらく¥3,000以上は取られそうな、
見事な本マグロの中トロでござりましたぞ!!!
次はそこいらの中途半端な洋食屋なら青褪めるような、
絶妙の揚げ加減と滅茶苦茶に美味いデミグラスソース!
そして大将特製のカラスミ薄切り大根で挟んで頂きますw
あぁ美味い、なにしろ美味い、海南市ではここしか無い!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真紅の暖簾をくぐったら、そこは酒飲みのパラダイス ^w^
赤兎馬は海南の誇り、通な呑み助達の最高の憩いの場。
この店に通う常連さん達は、赤兎馬を愛して止まぬ方々ばかり♪

カウンター8席はいつも早い者勝ちの人気席なんですよ、
それは大将と話しがし易いし注文を通し易いのも有ります。
また常連さん同志で肩寄せ合って飲むのもいいですからねw

私はいつもこの店ではまず瓶ビールの小を注文します、
ビールは最初の一口は良いのですが腹が膨れますからねw
冷たいビールに合わすアテは今回はキスのフライです、
もちろん大将お手製のタルタルソースが付いて来ますよ。

飲み物を焼酎の水割りに変えたらアテは赤ナマコを注文w
ついでに新モズクを土佐酢でぐびっと水割りを飲み干します。
最後はにごり酒の月の桂(通称はシロです)を頂きましょう、
アテは鉄皮ポン酢と造り盛り合わせに致しましょうか ^w^
この日の造りはアシアカエビとブリとヒラメでどれも美味い!

カウンターの隣の席からシロを注がれアテをつつき合う、
これこそが赤兎馬の常連の由緒正しい飲み方です!
そして出来上がった常連さん達は一人また一人と、
夜の街へ次の店へと消えてゆくのでした ^w^

  • 赤兎馬 - 真紅の暖簾w

    真紅の暖簾w

  • 赤兎馬 - キスフライ

    キスフライ

  • 赤兎馬 - 赤ナマコ土佐酢

    赤ナマコ土佐酢

  • 赤兎馬 - 鉄皮ポン酢

    鉄皮ポン酢

  • 赤兎馬 - 造り盛り合わせ

    造り盛り合わせ

  • 赤兎馬 - 新もずく

    新もずく

  • 赤兎馬 - 風になびく暖簾

    風になびく暖簾

  • 赤兎馬 - 見事な中トロ

    見事な中トロ

  • 赤兎馬 - 絶品ヒレカツ

    絶品ヒレカツ

  • 赤兎馬 - 自家製カラスミ

    自家製カラスミ

5回目

2017/10訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

ほろ酔いが似合いの赤兎馬さん♪

今では週に2度は通う私の隠れ家兼止まり木です。
先ずはビールで喉を潤し、〆鯖と穴子の天ぷらを
注文して菊水オンザロックもチビチビやります。

酒が進むとあん肝なんかも頼んでみて、
菊水が無くなると焼酎オンザロックを追加。
最後に鯨ユッケを頼めば今宵はこれまで。
大将と菊花賞の話でもしながらチビチビと。

ああ~今夜もまた酔っちゃった、さてさて
明日も仕事だからそろそろ帰らなきゃ!

  • 赤兎馬 - 赤い暖簾はお客さんからの贈り物

    赤い暖簾はお客さんからの贈り物

  • 赤兎馬 - 穴子の天ぷら

    穴子の天ぷら

  • 赤兎馬 - 絶妙の〆鯖

    絶妙の〆鯖

  • 赤兎馬 - 自家製のあん肝

    自家製のあん肝

  • 赤兎馬 - 鯨ユッケはタレが極上♪

    鯨ユッケはタレが極上♪

  • 赤兎馬 - 天然ブリの照焼き

    天然ブリの照焼き

4回目

2017/09訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

今夜の止まり木もやっぱり赤兎馬です!

朝晩が少しは過ごし易くなった今日この頃ですが、
夕暮れ時ともなると止まり木に引き寄せられる私ですw
この日もまたいつもの赤兎馬へと足は向かってしまい、
見慣れた常連の皆さんの間に滑り込んで着席 ^w^

まずは生ビールを所望致しまして肴は鮎の塩焼きです♪
天然物の鮎はハラワタまで美味しく頂けますので、
恥ずかしながらグビグビとビールが進んでしまう私です!

飲み物を月の桂(通称シロ)に変えて刺身を注文です、
この日のお勧めは晩夏が旬のメイチダイを頼みましたw
コリコリ感が物凄く身には結構脂も乗っておりまして、
旬を外れた鯛などよりはるかに美味しいお刺身でした!

調子に乗ってシロをもう一本頼んじゃいましたので、
肴もそれに合わせて戻り鰹のタタキを作って貰いますw
月の桂は京都は伏見の端麗辛口の正真正銘の濁り酒で、
本物の濁り酒は発泡系なので混ぜる作業が大変です!

まだ少し飲み足りなかったので焼酎水割りを追加して、
肴にはミンククジラのユッケを作って貰いましたよ ^w^
大将自慢のユッケのタレは絶妙の味わいなんですよ!
こちらの焼酎は宮崎県の飫肥杉と言う芋焼酎なんです、
宮崎ご出身の常連のN社長さんのお勧め焼酎だそうですw

あぁ今夜も美味しい酒と肴をありがとうございました ^w^
赤兎馬さんの常連になってまだほんの一年半くらいですが、
やはりこのお店を越える居酒屋は海南にはございません!

なお料理の写真をもっとたくさんご覧になりたいお方は、
最も古いレビューを探して頂ければご覧になれますよw
それとこのお店は圧倒的に常連さん重視の店なので、
1つ2つ前のレビューで定休日や店の掟をよく読んで頂き
それでも納得された方のみどうぞお越し下さいませ ^w^

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 鮎塩焼き

    鮎塩焼き

  • 赤兎馬 - カワハギ造り

    カワハギ造り

  • 赤兎馬 - 鰹のタタキと白

    鰹のタタキと白

  • 赤兎馬 - 鯨ユッケ

    鯨ユッケ

3回目

2017/07訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

出会えて良かった名居酒屋の赤兎馬さんと ^w^

私の35年間の酒飲み人生の中で赤兎馬さんの常連になれた事は、
他のどんな事よりもあの吉田類さんと一緒に飲めた事よりも嬉しいのです!

酒場放浪記にたまたま出演した事で私も海南の吉田類とか呼ばれてますが、
師匠である類さんの名前を戴くなどまだまだ百万年早過ぎますよね^^;
でも今の私にとっては師匠の類さんよりも赤兎馬の大将こそが恩師です!
この店で大将の料理の薀蓄を聞く事が、今の私にとっては至上の喜びなんですw

店が開くのは夏場ではまだ明る過ぎるくらいの午後5時くらいから^^
そんな時間から客が来るのかって?
それが開店と同時かその前から既に常連さんがなだれ込みまして、
あっと言う間にカウンター席は埋まってしまうくらいの人気店なんですよ。
定休日は月曜・水曜・日曜ですが、漁が無くて仕入れが出来ないと店は開けません。
それと正月とお盆は2週間以上は必ず休みます!

カウンター以外には座敷席も10席ほどございますが、主に予約客に使われ
予約無しのお客さんは常連さんしか座れないのが正直なところです。
この店に一見さんが訪れるのならお勧めは火曜日、それもなるべく早い時間帯がいいでしょう。

コース予約で訪れるのならば初めての方でも安心して利用出来ますよ ^w^
予約席は最低4人からで、コース料理のみで夏場は鱧で冬場はフグのフルコースを楽しめます。
お値段は飲み代別で鱧は5000円フグは6000円。

常連さんの間では後で大将が勘定をやり易いように、注文用紙に頼んだ品々を
前以て書き込んでおくのが暗黙のルールになっています。

この日最初に頂いたのは汲み上げ湯葉の冷製ですが、これがまぁ~超絶品w
上品な出汁の旨味が完璧なまでに沁み込んだ慈愛に満ちた味ですね♪
2品目は大将手作りのカラスミと大根のスライスですね、
そんじゃそこらのアホみたいに高いカラスミには負けぬ味ですw
あぁカラスミにはやっぱり日本酒だね、女将さ~ん
こっちに菊水オンザロックお願い~!

3品目は夏場の赤兎馬さんでは定番の鱧子の煮びたしです、微かに香る柚子の皮が嬉しいね♪
あぁこうなるともう月の桂(シロ)を頼まぬ訳には参りませんねぇwww
女将さ~ん、シロお願いしま~す♪

4品目に頼んだヒイカの酢の物が届くと同時に女将さんにシロを再注文、でもシロは足に来ますよ。
5品目のミンククジラのユッケの為に再度アサヒスーパードライ小瓶を注文ですw

最後にはオコゼの唐揚げを頂いて残った白と共に胃の腑に流し込みます。
あぁぁ~~~今夜もまた酔っちまいましたね、やっぱり赤兎馬は最高です!

  • 赤兎馬 - 午後5時からです♪

    午後5時からです♪

  • 赤兎馬 - 湯葉ですねw

    湯葉ですねw

  • 赤兎馬 - 大将手作りのカラスミ

    大将手作りのカラスミ

  • 赤兎馬 - 夏本番は鱧子です!

    夏本番は鱧子です!

  • 赤兎馬 - ヒイカの酢の物

    ヒイカの酢の物

  • 赤兎馬 - 月の桂(シロ)

    月の桂(シロ)

  • 赤兎馬 - ミンククジラユッケ!

    ミンククジラユッケ!

  • 赤兎馬 - オコゼの唐揚げ!

    オコゼの唐揚げ!

  • 赤兎馬 - 菊水オンザロック

    菊水オンザロック

2回目

2017/06訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

やっぱり海南で飲むなら赤兎馬ですね ^w^

昨日は久しぶりに悪友の海南のスタローンと共に赤兎馬にて宴会 ^w^
きのくに温泉で風呂に浸かってからの飲酒で気分は最高でした!

先ずはホワイトボードの品書きに目を遣りベーコンエッグと生ビールを注文w
このベーコンが日本大学の特製で素晴らしい美味なんですわ^^
肴を刺身に変えてケンケン鰹タタキとアカイカの造りを注文、
もちろん肴に合わせて飲む酒も日本酒に変更しましたよw
月の桂は発泡系の濁り酒ですがその味は実に繊細で、
まさしく肴の味を引き立ててくれる酒と申せましょう ^w^
この店の常連さん達の間では月の桂は「白」と呼ばれています。
でも間違っても初訪問の人が調子に乗って「白」などと注文しないでね^^;

続いて鱧とキュウリの酢の物を頼みましたがこれまた絶品!
やはりこの店の大将てっちゃんの腕前は確かなものですw
こんな美味しい土佐酢は他の店では食べた経験がございません。

飲み物を焼酎の水割りに切り換えて肴にはサーモンのムニエルを所望w
こちらの店の焼酎は宮崎県の飫肥杉という芋焼酎なんですが、
それほど芋臭くはなくとても端麗な飲み口なんですよ ^w^

ただしこの店は全てのお客さんに対して門戸を開いている訳ではございません。
あくまでも酒を愛し大将の料理の腕前に惚れ込んだ常連さんの店なんです!
ですからこの店は一見さんにとっては些か敷居の高い店なのは事実、
まず定休日は日曜日・月曜日・水曜日と多いうえに予約が入れば貸し切りに、
良いネタが入らない時は大将の判断で休みにもなります^^;
営業時間は午後5時からですが午後9時までには閉まってしまいます、
ネタが切れればもっと早く閉まってしまう事もまま有りますwww

この店のお客さんは皆さん舌の肥えたグルメ人ばかりで、
似非グルメの見栄っ張りな他所者は確実に嫌われます^^;
他の客にからむ客などは論外で確実に大将に追い出されますw
閉店時間前であっても席が空いていても断られる客はいます、
例えば見た事の無い一見さんであったり団体であったりですね。
それはひとえにこの店に惚れ込んで通う常連さんを守る為です!

ですから初めて訪れる人は予約などせずに一人で訪れて、
心静かに常連さんの会話に耳を傾けて飲めば良いのです。
いつか皆さんの大人の会話に自然と参加出来るようになれば、
あなたも赤兎馬の虜の一人に成れたと言えましょうね ^w^

海南市では赤兎馬の常連として飲めるようになれば、
それは大人の粋人としての勲章のようなもんなんですよw

  • 赤兎馬 - ホワイトボードの品書

    ホワイトボードの品書

  • 赤兎馬 - 海南のスタローン

    海南のスタローン

  • 赤兎馬 - ベーコンエッグ

    ベーコンエッグ

  • 赤兎馬 - ケンケン鰹タタキ

    ケンケン鰹タタキ

  • 赤兎馬 - アカイカ

    アカイカ

  • 赤兎馬 - 鱧キュウリ

    鱧キュウリ

  • 赤兎馬 - サーモンムニエル

    サーモンムニエル

  • 赤兎馬 - 月の桂 通称「白」

    月の桂 通称「白」

1回目

2016/11訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.6
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

何を頂いても美味しいですよ ^w^ 2016年3月22日リニューアルオープン!

2016年11月 再訪

今回もポケットの中の小銭をかき集めて止まり木赤兎馬に行って参りましたw
今回頂いたのはカマンベールチーズフライ、シマアジの造り、アシアカエビ天ぷらw
鯛の子の煮びたしにマグロの鋤き身、黒豆とアワビの造りでした ^w^
もちろんどれも絶品揃い、やっぱ赤兎馬さんは海南一番ですね!

この店の営業日は火・木・金・土のみですが、年末になると忘年会などの予約で満席になります。
しかも天候の具合で魚を仕入れられないとかの理由で簡単に臨時休業になります。
年末は早めに正月休みに入り、新年の営業開始はいつになるか分かりません(^_^;)

そうです、この店にはたまたま運が良いか、もしくは毎日のように様子を覗きに来る常連さんだけが大将の料理を楽しめるのです。
なかなか予約が取れないし入れば常連さんでいつも満席、そんな狭き門を掻い潜って忍び込むのが唯一の入店方法なんです、文句を言っても仕方ありませんそれが名店の掟なんですから(^o^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年9月 再訪

もちろん間にはもっと何回も訪れてはおりますが、
写真を撮ったのは久しぶりになりますね ^w^

今回は珍しく鯖の棒寿司がございましたので迷わず注文!
これがまた脂の乗った美味しい鯖でしてねぇ ^w^
もう一品は鯛の煮付けで同じく菊水鮒口で流しましたw

やはりここ赤兎馬は海南の誉れですね、
私が自信を持ってお勧め出来る名店ですw
ただし、この店には口先だけの食道楽やグルメかぶれは似合いません、
そういう方はどうぞ高級フランス料理店でしっかり薀蓄を語って下さいなw
この赤兎馬は本当の味が分かる庶民派のお店なんです ^w^

------------------------------

2016年7月 再訪

少し書き込みが遅れましたが、夏に頂いた絶品を紹介しときますw
蒸し鶏の冷製と海老の酢の物と、何と何と鱧の刺身なんです!
鱧の刺身は毛抜きで全ての骨を取り除いた後に、
皮目を軽く炙って薄作りにしたものでご主人以外に海南では誰も出来ません!
ただしこの鱧刺しは基本的にはコース料理でしか出してくれません、
この日はたまたま一人コースのキャンセルが有ったので
たまたま私に出してくれたんですよ ^w^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年5月 再訪

仕事帰りにポケットの中の小銭かき集めて行って参りましたよ赤兎馬へ!
この日のお勧めは本マグロの中トロとホタテのお造りでしたw
やはりどのネタも鮮度抜群、菊水で美味しく頂きましたよ♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年4月 再訪

久々に赤兎馬を訪れて、美味い酒と肴を堪能して参りましたw
この日は鯨のユッケとヨコワの刺身を頂きました ^w^
相変わらずこの店は何を頂いても絶品でございます。

食べログをこの私のクチコミを御覧の皆さまに一つお願いがございます!

この店は舌の肥えた気心の知れた仲間が集う隠れ家みたいな店です。
なかなか一見さんが最初から馴染めるような店ではございません。
ましてや食べログで見たとか言って電話で予約を取ろうとしたり、
知ったかぶりや食に対して無知な客はとことん敬遠されますからご用心!

この店の大将は確かな腕を持った生粋の職人ですから、
食べログの人気やブログなどとは縁の無い方なのですw
とにかく良い意味でこの店はとても敷居の高い店なのですが、
それもこれもこの店の酒と肴を愛する常連さんを守る為なのですw

この店で飲みたい人は黙って訪れて下さいね、
静かに空き席に座り一品頼んで一杯やって、
常連のお客さん達の会話を邪魔せぬように
先ず最初は静かに静かに酒と肴のみをお楽しみ下さい。

何度か通って常連さん達と大人の会話を交わせるようになれば、
きっとあなたにとってとても居心地の良い酒場となる事でしょうw
これはどの飲み屋さんでも実は同じく暗黙の了解でございまして、
馴染みの店というのは一日二日で馴染めるものでは無いのです!
どの店にも守り続けてきた伝統と歴史が有る事を、
大人の粋人として忘れぬようにしたいものですね^^

--------------------------
2016年3月 再訪

ポケットの中の小銭かき集め、昨夜も行ってしまいました ^w^
今年の1月から事情があって休業しておりましたが、このたび
皆さんの応援もあって無事営業再開の運びと相成りました ^w^

昨日はマグロのすき身と新モズクを頂きましたが画像は無し、
とりあえず新しい暖簾と提灯の写真を掲載しておきますね ^w^
--------------------------
2015年11月再訪

今回はキスの天麩羅と脂の乗った秋刀魚の塩焼き、
それと地元のガンガラなんかも頂きましたよ ^w^
相変わらず大将の料理の腕前は見事なもので、
本当に良い店に巡り逢えたもんだと感謝してますw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015/8 再訪

今回は独りでの訪問なので、完全に自分の好きなものだけを注文^^
料理の中では今回はヒイカの酢味噌和えが最高でしたw
まぁ正直この店の料理にハズレなんか絶対無いんですけどねえ^^
気さくな大将は某有名料理学校の第一期生らしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年7月再訪

いやぁいつ来てもこの店のお料理は最高ですw
今回は海南のスタローンと共に来訪、
数々の品々を注文致しましたが、
その中でも小海老の天麩羅が絶品でした^^
安くて美味い海南の名店は今も元気に営業中!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年6月再訪

鰹のタタキとシャコエビの酢の物を注文、
相変わらす赤兎馬さんの料理は最高です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年2月

久々の訪問ですが相変わらずの満席、
何とか席がとれましたので冷や酒でまず一献。
この日は寒ブリの良いのが入ってましたので
造りで頂きました、この寒ブリの脂の乗りが最高!
続いてはアナゴの天婦羅も注文、これもまたフワフワサクサクでバッチリでございました!

------------------------------------

やはり海南市内ではトップクラスですね~w
前々からこの店の料理は美味しいとの噂は聞いていたんですが、
なかなか店のお休みと合わずに行きそびれておりました^^;
今回初めての訪問ではございましたが、お腹一杯食べて飲みました!

店内は8人くらい座れるカウンターと、座敷に4人テーブルが3卓。
詰め込めば25人くらいは入店できると思います。
職人気質な大将と気のいい女将さんの二人三脚で営業しています。

ほとんどのお客さんが常連ばかりですが決して居辛い事はありません、
皆さん気さくに話しかけてくれますからねぇ ^w^

料理の質の高さは噂通りで、自家製のポン酢の美味さには驚きました^^
魚の鮮度も素晴らしく、煮物の味付けもドンピシャでしたね!
写真の内容でお代は¥4000弱、おおぉリーズナブルですねぇ^^
ここは間違いなく通ってしまう店になると思いますwww

  • 赤兎馬 - あわび造り

    あわび造り

  • 赤兎馬 - 黒豆

    黒豆

  • 赤兎馬 - マグロ鋤き身

    マグロ鋤き身

  • 赤兎馬 - カマンベールチーズフライ

    カマンベールチーズフライ

  • 赤兎馬 - 鯛の子煮びたし

    鯛の子煮びたし

  • 赤兎馬 - 天ぷら盛合せ(アシアカエビ)

    天ぷら盛合せ(アシアカエビ)

  • 赤兎馬 - シマアジ

    シマアジ

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - 蒸し鶏の冷製

    蒸し鶏の冷製

  • 赤兎馬 - これは凄い鱧の刺身です!

    これは凄い鱧の刺身です!

  • 赤兎馬 - 海老の酢の物

    海老の酢の物

  • 赤兎馬 - 煮魚

    煮魚

  • 赤兎馬 - 鯖の棒寿司

    鯖の棒寿司

  • 赤兎馬 - ホタテ造り

    ホタテ造り

  • 赤兎馬 - 本マグロ中トロ

    本マグロ中トロ

  • 赤兎馬 - 手羽元唐揚げ

    手羽元唐揚げ

  • 赤兎馬 - 菊水ふなぐちとヨコワ

    菊水ふなぐちとヨコワ

  • 赤兎馬 - 鯨のユッケ(絶品!)

    鯨のユッケ(絶品!)

  • 赤兎馬 - 新暖簾

    新暖簾

  • 赤兎馬 - 2016年3月22日 リニューアルオープン致しました♪

    2016年3月22日 リニューアルオープン致しました♪

  • 赤兎馬 -
  • 赤兎馬 - ガンガラ(ニナ貝)

    ガンガラ(ニナ貝)

  • 赤兎馬 - キス天麩羅

    キス天麩羅

  • 赤兎馬 - 焼き秋刀魚

    焼き秋刀魚

  • 赤兎馬 - ホタテの天ぷら

    ホタテの天ぷら

  • 赤兎馬 - やっぱり菊水はオンザロック

    やっぱり菊水はオンザロック

  • 赤兎馬 - 小海老の天ぷら

    小海老の天ぷら

  • 赤兎馬 - ヒイカの酢味噌和え

    ヒイカの酢味噌和え

  • 赤兎馬 - 小海老の天麩羅 絶品!

    小海老の天麩羅 絶品!

  • 赤兎馬 - マグロ造り

    マグロ造り

  • 赤兎馬 - カンパチ造り

    カンパチ造り

  • 赤兎馬 - 鯨生姜焼き

    鯨生姜焼き

  • 赤兎馬 - 菊水オンザロック

    菊水オンザロック

  • 赤兎馬 - 鱧の照り焼き

    鱧の照り焼き

  • 赤兎馬 - キープ焼酎

    キープ焼酎

  • 赤兎馬 - 戻り鰹刺身

    戻り鰹刺身

  • 赤兎馬 - 鰹のタタキ

    鰹のタタキ

  • 赤兎馬 - シャコエビ

    シャコエビ

  • 赤兎馬 - アナゴの天麩羅♪

    アナゴの天麩羅♪

  • 赤兎馬 - 寒ブリ最高(^o^)/

    寒ブリ最高(^o^)/

  • 赤兎馬 - フグのひれ酒♪

    フグのひれ酒♪

  • 赤兎馬 - 海南の名店です

    海南の名店です

  • 赤兎馬 - 昭和の雰囲気たっぷり!

    昭和の雰囲気たっぷり!

  • 赤兎馬 - カツオのタタキ

    カツオのタタキ

  • 赤兎馬 - シャコ海老

    シャコ海老

  • 赤兎馬 - カキフライ

    カキフライ

  • 赤兎馬 - ウスバハゲの煮付け

    ウスバハゲの煮付け

  • 赤兎馬 - 冷酒

    冷酒

口コミが参考になったらフォローしよう

モノノフ

モノノフ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

モノノフ(1473)さんの他のお店の口コミ

モノノフさんの口コミ一覧(788件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 赤兎馬
ジャンル 居酒屋
予約・
お問い合わせ

073-482-3682

予約可否
住所

和歌山県海南市日方1515-14

交通手段

海南駅から308m

営業時間・
定休日

営業時間

午後5時から食材が無くなるまでですが、
だいたい午後9時までには閉店します。

定休日

日曜日 月曜日 水曜日 金曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥2,000~¥2,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

初投稿者

モノノフモノノフ(1473)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「赤兎馬」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

海南・野上・美里×居酒屋のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    塩梅 - 料理写真:料理

    塩梅 (魚介料理・海鮮料理、懐石・会席料理、居酒屋)

    点数: 3.37

    [ 口コミ 22 ]

  • 2位

    魚彩酒 うたげ - メイン写真:

    魚彩酒 うたげ (魚介料理・海鮮料理、懐石・会席料理、居酒屋)

    点数: 3.26

    [ 口コミ 4 ]

  • 3位

    寿の鈴なり館 - メイン写真:

    寿の鈴なり館 (魚介料理・海鮮料理、寿司、居酒屋)

    点数: 3.24

    [ 口コミ 14 ]

  • 4位

    地魚 さとう - 料理写真:

    地魚 さとう (居酒屋)

    点数: 3.14

    [ 口コミ 5 ]

  • 5位

    安乍希 - 料理写真:お料理

    安乍希 海南店 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、天ぷら)

    点数: 3.13

    [ 口コミ 5 ]

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ