いい加減な夫婦のあやふやな夜更け : ビストロ ドンナ

各種宴会から結婚式の2次までお任せあれ!

ビストロ ドンナ

(Donna?)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.05
  • サービス 3.05
  • 雰囲気 3.05
  • CP 3.05
  • 酒・ドリンク 3.06
  • 行った 127人
  • 保存 350人

評価分布

この口コミは、kasuganomichiさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

kasuganomichi

kasuganomichi(706)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半

6

  • 夜の点数:3.9

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク3.7
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
6回目

2018/08訪問

  • dinner:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

いい加減な夫婦のあやふやな夜更け

4.2 [料理・味4.2 サービス4.1 雰囲気4.0 CP4.1 酒・ドリンク4.0] が私の評価です。


UNiCOさんでおいしい夕食をいただいた後は、家に向かう道すがらにあります、我々のアジトの一つ、ドンナ。でもさすがに休暇の時期だけにいつもより激しく混んでますなあ。幸いカウンター席2つがあいていたのでそこに尻をうずめて、とりあえずキープの芋焼酎をソーダ割りでいただきましょう。

あとはそうですね、やはり軽くイカと明太子のパスタを。

ぉ、カウンター席から見上げるとまた内装が手直しされていますね。これが趣味だというマスター(旦那さん)とそれに不満なチーフ(奥様)の夫婦漫才はエンドレスです。

さて、おいしそうな匂いを振りまいてやってきたパスタ。混ぜ混ぜしていただきます。ただし連れの証言によればこのあとちょい眠りに落ちた私は少しだけしか食べていないそうです。ってないい加減な感じで申し訳ないのですが、それがこの夫婦の実態。お値段は連れによれば「たしか1200円くらい」だそうです。

ごちそうさまでした。いつもありがとうございます。


さ、帰って寝るべ。

  • ビストロ ドンナ - カウンター席からの眺め

    カウンター席からの眺め

  • ビストロ ドンナ - 女子会盛り上がりすぎ

    女子会盛り上がりすぎ

  • ビストロ ドンナ - イカと明太子のパスタ

    イカと明太子のパスタ

  • ビストロ ドンナ - 混ぜていただきます

    混ぜていただきます

5回目

2018/04訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

我らのベストクローザー、その名はドンナ。

4.0[料理・味4.2 |サービス4.1 | 雰囲気4.0| CP4.1 | 酒・ドリンク4.0 ] が私の評価です。


富山最後の夜の〆はやっぱり我らがドンナで。

連れが最近はまっているというごちゃまぜサラダ680円。たしかにごちゃっとした外見ですが、ピシッと一本筋の通ったお味のサラダです。

でもってお預けしている焼酎をソーダ割りにしてもらって、あとはマスターとチーフとおしゃべりです。

と、意外にチーフ(つまり奥様)が高校野球ネタにびんびん反応してくるので興が乗って話し込んでしまいました。今年の富商はけっこういいチームでしたね。あの準優勝した智弁和歌山を途中までリードしていましたから。

さあ、だいぶ夜も更けて、明日は京都に戻るからそろそろ失礼しましょうか。

ごちそうさまでした。

  • ビストロ ドンナ - ごちゃまぜサラダ

    ごちゃまぜサラダ

4回目

2017/10訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

富山の秋を楽しむ⑨ いつもよりこってりしっかりの〆

4.0 [料理・味4.2 サービス4.1 雰囲気4.0 CP4.1 酒・ドリンク4.0] が私の評価です。

私はもちろん連れも間があいてしまったお店たちをまるで絨毯爆撃のように潰していくのが、結果として今回のシリーズの訪問先リストとなりましたね。

はい、一番鳥のあとは我々の二次会三次会の受け皿として重宝しまくっているドンナさんでございます。

今日はキープの焼酎は置いておいて、ワインでまいります。赤のボトルで。つまみはチーズ三種盛り合わせ、タンとキノコのソテー。

チーズもやっつけでなく、いい感じのセレクト。そして鉄板に乗せられたソテーがこってりとうまいのです。これに、レモン櫛というのが渋い。絞るとまたまろやかな味わいでほっとします。

今日は連休さなかということでしょうか、いわゆる女子会がわんさか。まあ、いいんですけどちょいうるさいですね。

そして、やはりここの〆、そして今日の〆にはドンナのパスタで。今日は白エビのペペロンチーノ。白エビは髭は刈り込まれたうえでの殻付きで。これがうまい具合に火が通り、食べにくくないだけでなくて独特の風味と塩味を生んでおります。野菜も結構入っており、ボリューム感も栄養もたっぷりですな。(ポーションはサービス盛りの可能性あり)

マスター、チーフともおしゃべりして、ご無沙汰をおわび。これからもよろしくお願いいたします。

  • ビストロ ドンナ - チーズ三種盛り合わせ

    チーズ三種盛り合わせ

  • ビストロ ドンナ - タンとキノコのソテー

    タンとキノコのソテー

  • ビストロ ドンナ - しろえびのペペロンチーノ

    しろえびのペペロンチーノ

3回目

2017/04訪問

  • dinner:3.0

    • [ 料理・味 3.1
    • | サービス 3.1
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

ちんどん週末の富山にて⑦・ホタルイカは富山で食べろ。その理由はこれです。

さて、エンターテインメント満載の富山のウイークエンドが終わりを迎えようとしております。
私もたっぷりと楽しんで、ちょっと疲れてしまいました。

そういう状況でも、つい足を運んでしまうのが我らのドンナ。そして、それが入っている雑居ビルに「相席居酒屋」ができてしまいました。これで人生完結ビルの出来上がりです。

まず女性料金ゼロにひかれて居酒屋で知り合ったチャラい男と恋仲になって(初デートは1階のドンナ)、うっかり結婚、結婚式はもちろん6階のスカイドンナで、そして妊娠・出産後にあっという間に男が蒸発、やむなく3階の熟女パブで働いて、その間生まれた僕は4階にあるキッズステーションに預けてという次第。などという無駄口をたたきながら入店したのは午後10時過ぎ。

カウンターは無人ですが、奥のテーブル席はほぼ満席でお忙しいのは相変わらず。ひっきりなしになるブザーにチーフもテンパってます。そういうなか、まずはキープの芋焼酎をいただきます。

おつまみは、本日のお勧めから、ホタルイカとキャベツのペペロンチーノにしましょうか。

ところで、ずいぶん内装が変わりましたね。するととぼけた表情でマスターが、「へへ、まだまだ変わりますよん」とのこと。今後の展開に注目ですな。

さて注文したペペロンチーノがやってきました。気持ちやや量が多めなのはサービスでしょか。

早速一口。へへへ。やっぱりね、富山の料理人はホタルイカほんとに上手。ぷっくりとはちきれそうなホタルイカの食感を生み出すいい具合の火加減。とれたてのものならではでもあります。口の中で破裂する濃厚な旨味がキャベツとパスタに絶妙のソースとして機能します。こりゃたまりませんなあ。

11時で客が引いたころ、バイトの女の子が賄いタイムでお隣に。すぐに仲良くなって楽しくおしゃべり。でもすごい量のすんごくうまそうな賄いですね。気を付けてね食べ過ぎ。

  • ビストロ ドンナ - 内装一新のカウンター席

    内装一新のカウンター席

  • ビストロ ドンナ - ホタルイカとキャベツのペペロンチーノ

    ホタルイカとキャベツのペペロンチーノ

  • ビストロ ドンナ - いただきます

    いただきます

2回目

2017/01訪問

  • dinner:3.0

    • [ 料理・味 3.1
    • | サービス 3.1
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0

我らが富山はしご酒不動のアンカー

いやあ、またまた夜の最後はドンナで。あ、この前の年始富山の最初の日です。寿し晴さんのあとでお邪魔しました。

とにかく、遅くまでやっていて助かります。今日のおつまみは、ステーキサラダにしましょう。連れも含めて初注文の品。楽しみです。

お酒は駐留させている焼酎をソーダで割ってもらいます。チーフによれば当たり前のように大晦日も営業されていたとか。ほんと頭が下がりますね。

さて、おおお、テロテロした良い感じの焼き加減にてやってまいりました、ステーキ閣下。上にはガーリックチップと貝割れ、下にはレタス。オニオン系のドレッシング、そして赤身の牛肉。シンプルで最良の組み合わせです。なんかね、見てるだけでワクワクする品ってありますけど、これはその一つ。

でも、マスターはあんまり料理人然としていないというか、チャチャっと作ってさっと出して、あとは世間話という構えの方なんで、私はけっこうそういうの好き。

いつも〆なんで時々(とくに連れが)ご迷惑をかけているような気もします。ま、今年もどうかよろしくということで。

  • ビストロ ドンナ - ステーキサラダ

    ステーキサラダ

1回目

2016/11訪問

  • dinner:3.1

    • [ 料理・味 3.1
    • | サービス 3.1
    • | 雰囲気 3.1
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

永遠なれ我らが街なかのオアシス

富山の好きな店再訪シリーズその6(いったん完)

3階に「熟女キャバクラ」、その上に「託児所・キッズステーション」があるという、妙にリアルな雑居ビルの1階にあります。

活采さんでおさえ気味だったのは、連れが「ドンナのナポリタンで〆よう!」と言ったから。いつもよりはやい9時半頃に入店、カウンター席に。お酒はキープの赤兎馬。で、連れが用を足しに行っているあいだに、私がメニューも見ないで、

ナポリタンお願いします。

するとマスターが何とも言えない微妙な笑顔で厨房に引っ込んでいきます。

しばらく、連れと顔見知りの他のお客さんらと談笑していると(京都もそうだが富山でもこのパターン多し)マスターが「はいナポリタン!目玉焼き付けておきましたよ」とまたにやにやしながら。

そうなんです。おわかりでしょうか、じつはナポリタンってこのお店のメニューにはないのです。それを知らずに頼んだ私、だって連れがいかにも自信ありげにいうもんだから・・

と、またそれにもいわくが。実は半年以上前、私と連れで、お客さんが少ないのをいいことに、メニュー外のナポリタン注文。しかし私はそれを食べる前に、そしてこれがメニュー外ということも知らないままで、寝てしまったのでありました。ふと起きるとそこにはきれいに平らげられた後のお皿が。

マスターはそのことを覚えていて、あの微妙な笑いになっていったのです。あー恥ずかしい。

でもね、このナポリタンは真剣にうまかった。よくある、ナポリタンだから本場と違ってふにゅふにゃの麺でいいや、という日本人的な甘えや開き直りはどこにも見当たりません。しっかりとアルデンテ、少し苦味のある深いコクのある味付け、そして後半の玉子焼きを崩したあとのまろやかさ。大人のスパゲッティです。まいりました。

それにしても、マスターもチーフも富山人だけにいろいろとよくご存じ。マスターなんか、ぜったいこれは知らないだろう、というネタをふっても「ああ、あれはですね・・・」とまた深ーい解説をしてくださいます。

お、ふと上をみあげると、クリスマス仕様のデコレーション。しかしチーフはこれにご不満なようで、「作る方(マスター)はいいでしょうよ。でも片付けるこっちの身になれっていうわけですよ」

あはは、なるほどねえ。そういや明日は良い夫婦の日ですな。こちら酔い夫婦は気分よく家路につくことにしますか。

ごちそうさまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年7月
新富町という、駅前の繁華街にねぐらを構える我々、家で飲むことは京都とちがってまずありません。ただ、夜遅くになってもう少し飲み足りんなあ、という気分のさいには、『家かドンナか?』問題が出てきますが、たいていは「じゃ、ドンナね」と決着がつく。

今宵は2軒目、キープしている芋焼酎「赤兎馬」。おつまみにキムチとチーズの春巻580円。さらにはズワイガニのトマトクリームパスタ1350円。春巻は初めてで、ちょっと面白い取り合わせ。富山人のご夫婦がいつも親しくいろいろ教えてくださいます。

今日はまだ早い時間(午後10時)なんで割と静か。あと1時間半すると、店を閉めた近隣の飲食業界人がやってきてそれはにぎやかに。あ、それは少し離れたところにある活采さんも似ているな。


我々にとってなくてはならぬ存在。今後ともよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月の週末を富山ですごそうと、深夜に連れとともに到着、こういうときはこの店でございます。
今日のスペシャルパスタはホタルイカのスパゲッティ。これはもう頼むしかございません。

熱々、湯気を立てて我々のカウンター席に運ばれてきます。これとあとはマスターやチーフとのおしゃべりをおつまみにして、焼酎が進みます。

ごちそうさまでした。また来ます。

Favo 富山版 2016年3月号 ストアインク  76頁。  スカイドンナについては、25頁。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月富山週末第一夜は、一番鳥からだい人、そして〆にドンナというクリーンアップトリオで参ります。

こちらは、いつも連れが単独でお世話になることが多くて、ありがたいお店です。マスター(旦那さん・料理長)とチーフ(奥様・フロア)がなにくれとなく連れのお世話をしてくださります。

いよいよ10年目突入の富山生活、なんとかやってこれたのは、こちらのような多くの地元の方々がよくしてくださっているからこそ。感謝の言葉もありません。

いつも最後のお店になる場合が多いのは、夜遅くまでやっていらっしゃるから。年末年始も頑張って営業されていた模様。

今日はきのこの和風パスタをいただきましょう。あっさりと仕上がっており一日の〆に最適な一皿です。お二人とおしゃべりしながら少し焼酎も。

明日連れは仕事があるので、そろそろ切り上げますか。ごちそうさまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2015年11月)
シンクエンタウノでジビエ三昧のあと、そのまま帰宅するのもなあ、という気分。これを我が家では「どんな気分?」と名付けております。
深夜までやっているドンナさんの出番でございます。

今日は我々がいきつけにしている某店のバイト君2名が先客、あとはパーティ客がはけたあとで静かなもの。
それにしてももう12月、飲食業の方には忙しい日々でしょう。お疲れ様です。

マスターも奥様(チーフ)も今日はゆっくりとおしゃべりができます。キープしている芋焼酎を舐めながら、また申し訳ないけど一品だけ。
すなずりのにんにく炒め。鉄板からストレートににんにくと肉の香りが直撃。

たった2日間の富山でしたけど、ほんとに有意義な休暇でした。また来よう富山。

トイレ 入口のすぐ横に男女共用 ウオシュレット
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コンヴィーヴィオさんでディナーをいただいて、もう一軒行きますか、ということで、こちらに。週末でさすがに混雑、いつものカウンター席はあいておらず、テーブル席に。キープしてあった芋焼酎「赤兎馬」を。あと、チキンのガーリックロースト。

今日は1階もほぼいっぱいのうえ、6階のスカイドンナにもお客さんがいるもよう。どうりでバイトの人が数名、いそがしそうに働いています。

やがて、少し客も引いてカウンター席に移動できるように。奥様やマスターともゆっくりおしゃべりできました。こういうお店が近くにあって気軽に立ち寄れるから、富山駅前エリアはよろしいですね。

ごちそうさまでした。

新幹線開業を機に北陸においでの皆様、金沢だけでなく、富山をお忘れなく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連れがいつもお世話になっております。こちら、お店の構成が2部に分かれておりまして、入って左手にかなりのスペースが。女子会率高し。しかし、我々がおさまるのは、入口すぐのカウンターです。一番鳥の大将Hさん、だい人の高橋君などもよく顔を出されます。営業時間が深いので、やはり飲食業の方々からの支持が分厚い。

たいてい3軒目くらいで入ります。今晩もそう。ここでワインを1本あけてしまうと翌日飲みすぎ感が出ます。そこで、はじめて芋焼酎をキープさせていただきました。

パスタ・ピザからご飯もの、多種多様で魅力的なメニューが揃っていますが、お腹いっぱいの我々には軽いおつまみ程度しか入りません。奥様もマスターもそんなこと意に介さず親切に接して下さいます。繁華街のど真ん中にありながら、旅の人として、富山の方のやさしさを確かに感じることができるお店であります。

と、なんと同じビルに「スカイドンナ」が出来てしまいました。これで3部構成に。マスター、厨房は間に合うのでしょうか?

  • ビストロ ドンナ - ナポリタン

    ナポリタン

  • ビストロ ドンナ - マスター渾身の手作り、会心のクリスマスデコレーション

    マスター渾身の手作り、会心のクリスマスデコレーション

  • ビストロ ドンナ - 1階にドンナ、6階にスカイドンナがあるビル。

    1階にドンナ、6階にスカイドンナがあるビル。

  • ビストロ ドンナ - ピザ・パスタメニュー(たしかにナポリタンはないですね)

    ピザ・パスタメニュー(たしかにナポリタンはないですね)

  • ビストロ ドンナ - フードメニュー

    フードメニュー

  • ビストロ ドンナ - 食事・デザートメニュー

    食事・デザートメニュー

  • ビストロ ドンナ - 2016年7月。キムチとチーズの春巻

    2016年7月。キムチとチーズの春巻

  • ビストロ ドンナ - ズワイガニのトマトクリームパスタ

    ズワイガニのトマトクリームパスタ

  • ビストロ ドンナ - 2016年4月。ホタルイカのスパゲッティ、絶品です。

    2016年4月。ホタルイカのスパゲッティ、絶品です。

  • ビストロ ドンナ - 2016年1月。芋焼酎・赤兎馬

    2016年1月。芋焼酎・赤兎馬

  • ビストロ ドンナ - チキンのガーリックロースト

    チキンのガーリックロースト

  • ビストロ ドンナ - すなずりのにんにく炒め

    すなずりのにんにく炒め

  • ビストロ ドンナ - きのこの和風パスタ

    きのこの和風パスタ

  • ビストロ ドンナ - 今回は写真だけ追加。ずわい蟹とほうれん草のクリームパスタ

    今回は写真だけ追加。ずわい蟹とほうれん草のクリームパスタ

口コミが参考になったらフォローしよう

kasuganomichi

kasuganomichi

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

kasuganomichi(706)さんの他のお店の口コミ

kasuganomichiさんの口コミ一覧(1533件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ビストロ ドンナ (Donna?)
ジャンル イタリアン、ダイニングバー、スペイン料理
予約・
お問い合わせ

050-5596-0659

予約可否

予約可

住所

富山県富山市新富町2-4-22

このお店は「富山市総曲輪3-2-12」から移転しています。
※移転前の情報は最新のものとは異なります。

移転前の店舗情報を見る

交通手段

JR富山駅
富山駅より市電沿いをまっすぐ、徒歩3分。

新富町駅から75m

営業時間

平日
17:30~3:00(フードL.O.2:00) 
金・土曜日・祭日前
17:30~4:00(フードL.O. 3:00)
日曜・祭日
17:30~1:00(フードL.O. 0:00)

日曜営業

定休日

月曜(祝日は営業)

予算
[夜]¥3,000~¥3,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners)

電子マネー不可

席・設備

席数

100席

(本館・別館)

個室

(30人以上可)

貸切

(20人以下可、20人~50人可、50人以上可)

禁煙・喫煙 分煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、ソファー席あり

メニュー

飲み放題コース

飲み放題、3000円~4000円の飲み放題コース、4000円~5000円の飲み放題コース

コース

3000円以下のコース、3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://www.bistro-donna.com/

電話番号

076-445-1077

初投稿者

aotoyamanaotoyaman(1219)

お得なクーポン

全部で2枚のクーポンを全て見る

  • ※ クーポンごとに条件が異なりますので、必ず利用条件・提示条件をご確認ください。

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ