新型コロナウイルス拡大ならびに緊急事態宣言における対応のお願い

7周年おめでとうございます!(^^ゞ、この日だけの限定和牛トリュフヌードルは最高に美味しかった! : ラーメン ブタヒロ

公式

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、松一君さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

松一君

松一君(4748)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

5

  • 夜の点数:4.0

    • ~¥999 / 1人
      • 料理・味 4.0
      • |サービス 4.0
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 3.5
      • |酒・ドリンク -
  • 昼の点数:4.4

    • ¥1,000~¥1,999 / 1人
      • 料理・味 4.4
      • |サービス 4.0
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 3.8
      • |酒・ドリンク -
5回目

2018/12訪問

  • lunch:4.4

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

7周年おめでとうございます!(^^ゞ、この日だけの限定和牛トリュフヌードルは最高に美味しかった!

国分寺に5店舗、西国分寺、国立、錦糸町、
大阪福島、堺東、韓国ソウルと幅広く展開
するムタヒログループがこの日7周年を迎え
10号店の「ブタヒロ」で7周年記念限定ラー
メンを提供するとのことで行ってきました!

この日の開店時間は30分早い11時と知らず、
10時50分着で30人以上の行列ができていて
どうなることかと思いきや、後客はポツポツ
という感じで落ち着いていました。

ところで7周年記念をなぜ10号店で……と思
う方もおられるかと思いますが、発祥の地、
国分寺の店舗の中でも収容能力が一番あり、
且つ長蛇の行列ができても店前に歩道がある
のは10号店だけ……という理由しか思い浮か
びません。10号店はまだ一周年迎えたばかり
なので……(笑)

この日は、ムタさんとヒロさんが久々に揃い
踏みで、開店時間になると、代表のムタさん
が外に出て挨拶されていましたが、大変盛り
上がっていました。ムタヒロの定連さんは学
生から中高年層まで幅広く、熱狂的なファン
も多いので、この日はそんな方々が集結して
一種異様なムードだったと言う方が正しいか
もしれません。

待つこと一時間以上、やっと入店すると空い
ている奥のカウンター席に座り、もちろん限
定の「和牛トリュフヌードル」を注文!、お代
はこの日だけ現金で前払い制、千円札を1枚
お渡しすると、記念のVIPステッカーを頂け
ました。次回からこれを見せれば毎回トッピ
ングが貰えます。

さて、暫し待ったところに「和牛トリュフヌ
ードル」のご登場!、いやまだ早い。ここか
らスタッフさんがをラーメン鉢の上からトリ
ュフスライサーで黒トリュフ薄くスライスし
てふんわりとまとわせてくれましたが、お祭
りなので景気よく!と結構な量でしたね~(笑)

外観すると、具はレアな牛チャーシューが4枚
、小松菜、牛ほぐし肉の和え物、そして黒ト
リュフという実にシンプルなもので、牛肉は
和牛なのでしょうね。

早速スープから頂いてみると、うぁー旨!
表層はオイリーなのだけれど油ぽい感覚はな
く、まろやかでいい香り立ちがあって何だろ
う?と思ったら、ムタさんが他のお客さんに
説明している声が聞こえてきて、どうもトリ
ュフオイルと牛脂らしい。トリュフオイルは
オリーブ油、牛脂もサラッとした脂質で、そ
れも恐らくは和牛の牛脂とあれば、何とリッ
チな香味油だろう、と思うけど、ラーメンス
ープに自然に溶け込んでいくような感覚で頂
けるところが凄い!

肝心のスープだが、和牛がテーマなのだから
牛骨スープだと思うのだが、牛骨の清湯は豚
骨や鶏ガラのような厚みが出にくいゆえあっ
さりとしてインパクトに欠けるというのが、
今まで食べてきた牛骨ラーメンの印象なのだ
けれど、このスープからはしっかりとした動
物系の厚み感とカエシと合わさったスープか
らは旨味やコクもグッとくるものがあって、
めちゃめちゃ美味しい!、あくまでも憶測に
過ぎないが、鶏の清湯も合わさっているので
はないだろうか?、そう思えるほど旨味がよ
く出ています。

そこに合わさる麺は中細のしなやかなストレ
ート麺、啜った時にいい小麦の香り立ちがあ
り、滑らかで柔らかい食感は人によって好み
は分かれるところだと思うが、この麺がスー
プの持ち上げよく、またスープに溶け込むよ
うな一体感があり、絶妙ななコンビネーショ
ンで、このスープに合わせるために作られた
ような麺だと思わずにはいられない。

ムタヒロと言えば、凪製麺の印象が強いのだ
けれど、ここブタヒロでは自家製麺を出すよ
うになって、ムタヒロの自家製麺が新たなム
タヒロの顔にもなりつつある。そんな中でこ
ういう麺も味わえるとは、正直驚きでした。

スープと麺がこれだけ旨けりゃ十分過ぎるの
だけれど、やはり「和牛」というメニュー名の
主役は牛肉でしょ!、和牛のレアチャーシュ
ーは4枚もあって、頂いてみると、肉質はめち
ゃめちゃ柔らかくジューシーで牛の旨味たっ
ぷりな極ウマチャーシュー。恐らくは真空低
温調理で長時間じっくり火を通したように感
じるが、素材も良ければその活かし方も素晴
らしいと思わざるをえない。

そこに牛のほぐし肉をマヨネーズのようなも
ので和えた具が、酒のつまみにしたいぐらい
美味しく、またちょっとした変化球の牛の具
で、コンビーフ好きの私としては好みの味で
す。(笑)

具の小松菜は、唯一の野菜……見た目はまるで
穂先メンマのようなのせ方で、歯応えがあって
フレッシュ感もあり、個人的にはシンプルに
スープの味わいを邪魔することなく清涼感の
ある小松菜をさりげなくのせたことは正解だ
と思えるほどフィットしていました。

最後に黒トリュフは、香りこそ弱いものの、
これだけまとわせてくれれば、何も文句言え
ません。(笑)

いやー、ムタヒロが周年記念祭仕様とはいえ
こんな素晴らしい和牛ラーメンを提供してく
れるとは、一時間以上雨空の寒い中でも待っ
た甲斐がありました。これはムタヒロの総力
を結集したラーメンには違い無いだろうけど
店長の墨谷さんが厨房に入ったままラーメン
作りに専念してたから墨谷作なのかな?

帰りがけに、ヒロさんに「7周年おめでとう
ございます!」と挨拶したら、「励みになりま
す、ありがとうございました!」と笑顔でい
つもの低姿勢なヒロさんのお人柄には感心し
てしまう。

明るさとバイタリティーがムタヒロの真骨頂
であり、周年記念祭でそれは脈々と息づいて
いることが感じられて、また、これだけ美味
しい限定が頂けてほんと良かった!

ムタヒロ7周年おめでとう!(^^ゞ

《味の評価》
・スープ◎
・麺◎
・チャーシュー◎
・他の具◯

《全体の評価》
・外観◎
・ボリューム◯

以上

  • ラーメン ブタヒロ - 和牛トリュフヌードル

    和牛トリュフヌードル

  • ラーメン ブタヒロ - 和牛トリュフヌードル

    和牛トリュフヌードル

  • ラーメン ブタヒロ - 和牛トリュフヌードル

    和牛トリュフヌードル

  • ラーメン ブタヒロ - 和牛トリュフヌードル

    和牛トリュフヌードル

  • ラーメン ブタヒロ - 和牛トリュフヌードルの麺

    和牛トリュフヌードルの麺

  • ラーメン ブタヒロ -
  • ラーメン ブタヒロ - この日だけの限定!

    この日だけの限定!

  • ラーメン ブタヒロ - 次回から使おう!(笑)

    次回から使おう!(笑)

  • ラーメン ブタヒロ - 卓上

    卓上

  • ラーメン ブタヒロ - ん?(*''*)(笑)

    ん?(*''*)(笑)

4回目

2018/06訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

私にとってブタヒロは、ザ・ベスト・オブ・ムタヒロ!、ムタヒロの原点がここにはある!

夕食後に別腹を空かせてふらふらと国分寺駅へ!

この日は狙いのお店が臨休だったので、以前から
気になっていた限定を食べに「ブタヒロ」に向い
ました。昨年の11月オープンからは4回目の訪
問…… 時間は夜の8時過ぎでしたが、お店に到着
すると店内は8分程の入りで、賑わっています。

店内に入る前に、外のメニュー看板を見ていたら
スタッフさんが、「よかったらいかがですか?」
と笑顔でのお出迎え!、提灯の「笑顔マシマシ」
を象徴するようなシーンである。

ここは3号店の店長だった墨谷店長と若いスタッ
フさん2名でのオペ。皆さん上下の隔たりなく接
客もすれば厨房もこなし、誰が指示する訳でもな
く自然とフォローしあえる風通しの良さがある。

店内に入れば、「お好きな席へどうぞ!」と、
一人客でもカウンター席を指示されることはない

私は運よくテーブル席が1卓空いていたのでそこ
に座ると、お冷は座るやいなや持って来られて、
食券を受けとる際は、膝をつくようにお客さんと
同じ目線になってから受けとり、上から目線にな
ることはまず無い。

さて、ここはG系を意識したようなマシマシメニ
ューが目玉で、メインは、「ブタメン」、「ブタ
ツケ」、「ブタマゼ」の3種。サービスでライス
とスープも付けることができる。この3種は既に
レビュー済なので、この日は気になっていた限定
の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」¥850をチョイ
スした。

待つ間、店内の様子を伺っていると、お客さんの
入店から退店まで厨房のスタッフも含め挨拶は大
きな声で明るく、気持ちがいい。また、バッグや
荷物を手に持たれたお客さんにはカゴをさっと出
して、気持ちよく食べて頂こうという気持ちがス
トレートに伝わってくる。

ムタヒロが国分寺に1号店を出した頃のサービス
精神と、カラフルなお店がイメージする明るさと
いったムタヒロらしさがここ「ブタヒロ」 には感じ
られて、「ムタヒロはこれでなきゃ!」と沁々と思
う。ムタヒロは2年半前の秋に西国分寺で味噌専
門店を始めてから瞬く間に、国立に肉中華そば店
、大阪の福島店、堺東店と店舗を拡張されたが、
どうもムタヒロの原点が失われていくような接客
やスタッフ間の私語、常連客とのタメ口などの場
面も目にして心は離れかけていたのだけれど、そ
んな気分を一掃してくれたのが「ブタヒロ」であり
墨谷店長の力量によるところが大きいのではない
だろうか?

さて、待つこと8分ほどでお待ちかねの限定のご
登場です!、スタッフさんが持ってこられた時に
限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」です!と
言って頂けたけど、多分、限定の名を言って頂け
たのはこれが初めてかもしれません。以前とある
店舗では、限定の名を聞いても答えられず、看板
を見てください!とまで言われたことがある。

また、スタッフさんは必要があれば何でも聞いて
下さいと言わんばかりに注文の品を置いても少し
間を置いてから持ち場に戻られたが、こういう姿
勢も何か伝わるものがあるんですよね~(笑)

さて、その限定ですが、外観すると器が限定専用
のカレー皿のような長めの器に具は味噌ダレ付き
の炙り焼きチキン2枚、ほうれん草、モヤシ、ミ
ニトマト、糸唐辛子、小さくカットされた果物の
実、麺は中細ストレート麺ですが、色合いは灰濁
した蕎麦のような麺です。

早速まぜまぜして頂いてみましょう。
いつものように、肉は箸で解れるので食べやすい
大きさに解してしまいます。底に味噌ダレがある
のでそのタレが満遍なく絡んだらまぜまぜは終了

まずは麺をズルズルっと啜ると、中細ストレート
麺は見た目は蕎麦の色なんですが、コシが強く食
べ応えがあります。冷水でしめているから尚更そ
う感じますが、風味もあって美味しい。しかし、
この色は何だろう?、全粒粉だと白い麺に粒状の
ものが混ざっている場合が多いのですが、表皮、
胚芽まで胚乳同様に細粒状化し、麺まで灰濁した
ような色になっているのか?とも感じられるのだ
が定かではない。ただ、麺の太さや色合いから、
蕎麦をイメージした中華麺のように感じられる。

その麺に絡む味噌は、芳醇な香りがあり、味噌の
風味が強く、どうも麹味噌が使われているような
感じがするのだけれど、そこに油はあっさりとし
つつも味噌と馴染んで味噌と合わさることで少し
酸味も感じるのだけれど、これがタイトルの胡桃
、そうクルミ油ではないだろうか。これがもう少
し酸味を強くすればドレッシングになるのではな
いか?と思えるほどヘルシーなタレに感じ、冷え
冷えの麺と頂けば、初夏に相応しい冷やし和えそ
ばである。

具の鶏モモ肉は炙り焼きで香ばしく、肉は柔らか
でモモ肉の旨味に味噌ダレも合わさってあっさり
としつつも美味しい1品である。野菜のトマト、
ほうれん草、モヤシは彩りのコントラストが映え
瑞々しさが何とも言えない。スモモのような果実
は酸味と甘味もあっていいアクセントになってい
ました。麺量は200g~250gのように思うが、多
くも少なくもなく、ただ全体的にヘルシー感があ
ったせいか胃の負担も軽く感じられて、途中もう
少しパンチが欲しいと思い、瓶に表示された「ニ
ンニクいれましょうね♪」の誘惑もあり、ニンニ
クも加えてみたら、「あーめっちゃいいやん!」
狙い通りのパンチが炸裂して終盤はがっつくよう
に食べ終えました!(笑)

帰り際には、お口直しの飴も頂けて、見送りのご
挨拶「お客様のお帰りです!、ありがとうござい
ました。」の清々しいお声を背後に受けて、気持
ちよくお店を後にすることができました!

これぞ、ムタヒロ!、いや、ブタヒロ!(^^ゞ

《味の評価》
・タレ◎
・麺◎
・具◎

《全体の評価》
・外観○
・ボリューム○

以上

※マイフォロ様へ※
下書きがたまる一方で限界を感じてきたので
悩みましたがコメ欄を閉じさせて頂きます!
m(__)m

  • ラーメン ブタヒロ - 限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」

    限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」

  • ラーメン ブタヒロ - 限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」

    限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」

  • ラーメン ブタヒロ - 限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」の麺

    限定の「胡桃と味噌の冷やし和えそば」の麺

  • ラーメン ブタヒロ - 卓上

    卓上

  • ラーメン ブタヒロ - 限定のメニュー紹介

    限定のメニュー紹介

  • ラーメン ブタヒロ - メインメニュー

    メインメニュー

  • ラーメン ブタヒロ - トッピングメニュー

    トッピングメニュー

  • ラーメン ブタヒロ -
3回目

2018/03訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

ブタツケ、無料で大盛り+野菜増し!、ご飯も無料で割スープもあり、ボリューム満点でコスパも良し!^^

本日は帰宅途中に国分寺の「ラーメンブタヒロ」さ
んへ向いました。昨年11月21日に二郎インスパイ
ア系としてムタヒロが10店舗目となる新店をオー
プン。オープン日にその「ブタメン」を実食しまし
たが、正直その時は二郎インスパイア系と言うわ
りにボリュームは中途半端に感じられ、その後年
の開けた2月には新たなメニュー「ブタマゼ」を頂
き、ムタヒロまぜそば3号店に劣らぬ美味しさに
唸るも、3号店は無料でご飯とスープが付くのだ
けれど、ここは無い!とその不満もレビューに書
きました。^^;

前回から二ヶ月足らずしか経ってませんが、宿題
であった「ブタツケ」を食べるためにブタヒロさ
んへ・・

場所は、駅から徒歩3分、国分寺駅南口前の多喜
窪通りを左方向に坂を下って行くと、通り沿いに
お馴染みのカラフルな看板が目印の「ブタヒロ」さ
んがあります。

余談ですが、この多喜窪通りを国立方面に向かう
と、「たまらん坂」という忌野清志郎さんの名曲に
もなった有名な坂があります。

「ブタヒロ」さんに到着し、店内に入ると、「いら
っしゃいませ!、お客さまご来店です!」と恰幅
のいい墨谷さんが元気よく出迎えてくれて、3号
店時代はお馴染みの店長さんでしたが、この後お
店の様子を伺っていてもベテランの墨谷さん中心
に統率がとれて、すっかり「ブタヒロ」もムタヒ
ロの店舗として安定してきたなぁという印象を持
ちました。

さて、店内はほぼ半分の入りでしょうか、券売機
で狙いの「ブタツケ」¥850の食券を購入し、墨谷さ
んに食券をお渡しすると、麺量は並みか大盛りを
選択できるので大盛り(ゆで前300g)で、野菜とア
ブラの量もG系ですから選べるので躊躇無く野菜
は増し、アブラは普通でお願いしました。また、
麺は熱盛りか冷盛りを選べますが、躊躇無く冷盛
りにしました。(笑)

すると、墨谷さんから「ご飯は無料で、スープ割も
あります!」とのこと・・嬉しいですね、3号店
と同等なサービスになって、もちろん無料なら頼
むつもりでこの時はウキウキ状態でした。(笑)

空いている席へご自由にと言って頂けて、カウン
ター席も空いていたが、この日は二人掛けテーブ
ル席に座りました。荷物が多い時は二人掛け席に
座れると楽で助かります。店内は内装がカラフル
で明るく、広々として落ち着ける雰囲気もいい。

待つこと7、8分で、まずはつけ汁が先に運ばれ
てきましたが・・あれ?、これブタメン?、いや
ラーメン鉢に野菜が山盛りなんですけど間違って
ない?と墨谷さんにクレーム入れようとしたら、
今度はラーメン用の麺鉢に麺が盛り付けられて
運ばれてきたではないですか~((゚□゚;))

ここで気になったのはつけ汁・・いやこれはもは
やラーメンスープに等しい量だけど、野菜がこれ
だけ山盛りと言うことは、スープの中も野菜とい
うことですか?とスープの中に箸を入れると、野
菜ですよ!、しかもスープ吸っちゃって重い!w

とりあえずは野菜から片付けよう・・なんて表現
使わざるを得ない状況です。(笑)

野菜のほぼ9割はモヤシで僅かにキャベツもある
が、その山の上から崩していくように頂くと、シ
ャキシャキとした食感で生臭さは全く無くとにか
く新鮮で旨い!、上から振りかけられているのは
背脂だと思うけど、甘味があっていい味付けにな
っています。暫くすると、スープ表面まで辿り着
き、そのスープの中の野菜は熱々状態でシャキシ
ャキとした食感は無いけれど、野菜スープのよう
な感覚で美味しく頂けます。

そのスープはつけ汁だけに濃厚ですが、予想して
いた豚魚の濃厚なWスープではなく、清湯の豚骨
スープに濃口醤油が合わさり、醤油が立ってくる
ような感覚がありますが、酸味もあり、少し飲み
進めると、煮干や節系の魚介出汁もしっかり利い
てきて、G系というよりは大勝軒系のつけ汁に近
いような味わいに感じましたが、背脂だけはG系
そのものでした・・(笑)

野菜も半分ほど食べ終えると、漸く麺をつけ汁に
つけれる状態になったが、通常のつけ麺だとここ
らスタート!というボリュームになっただけのこ
とで、ある程度満足してきた腹には応えそうだな
~という弱虫君と、いやいやいけるぞ!大したこ
と無い!と励ます強虫君との久々の攻めぎあいに
なってきました!、これはコガジ以来の私にとっ
ては試煉になってきましたよ!(笑)

さて、お冷やで気分を少しスッキリさせてから麺
をまずはそのまま頂くと、旨い! 、いやいや灰濁
したような極太麺からは小麦の良い香りがして、
そして何と言ってもコシが半端なく強い!、これ
だけコシの強い麺は滅多に出会えないような、そ
れでいて喉ごしも悪くない。つけ汁も結構濃厚で
すが、明らかに麺の方が主張が強くて、どことな
く蒲田の「煮干つけ麺宮元」の麺にも似てるよう
な感じがして、でもあれは「麺屋一燈」の特注麺
だからレベルは違えど、かなりインパクトの強い
美味しい麺でした。珍しげな紅生姜は口直しにも
なりちょっとしたアイデアでいい。

具の豚チャーシューは厚みのある豚バラですが、
柔らかくて味付けもしっかりとして美味しい。

さて、残り3分の1のところで結構お腹に満足感
も出てきたところで、卓上のニンニクをドサッと
入れて仕切り直すと、ニンニクで食欲が復活して
ガンガンと食べ進められましたが、最後の方はと
にかく麺もスープの具も残さず食べようと水も補
給しながらもがき続け、何とかフィニッシュ!
(〃´o`)=3

これは先日のラーメン連食よりもはるかにきつか
ったですが、美味しいつけ麺だったので救われま
した~。(笑)

おもむろに立ち上がると、墨谷さんが出て来られ
て、ご飯はいかがですか?、いやノーサンキュー
、それではスープ割は?としつこい!(笑)

ボリューム凄いですね~と墨谷さんに言ったら、
苦笑いされてましたが、いや~前回、前々回に、
G系という割に中途半端なボリューム、3号店に
比べてご飯もスープも付かないなどと言ってしま
った自分が恥ずかしく、この場を借りて、発言を
撤回します!(笑)

お店を出るときには、「お客様のお帰りです!
ありがとうございました!」と墨谷さんの元気な
声に厨房内からも若いスタッフさんから挨拶の声
が聞こえ、ムタヒロらしさが感じられて気持ちよ
くお店を後にしました。

次回は、限定の味噌ラーメンも気になったので、
限定狙いで来よう!(*^^*ゞ

《味の評価》
・スープ○
・麺◎
・チャーシュー○
・他の具◎

《全体の評価》
・外観◎
・ボリューム◎

以上

  • ラーメン ブタヒロ - ブタツケ¥850、麺大盛り+野菜マシ、脂は普通

    ブタツケ¥850、麺大盛り+野菜マシ、脂は普通

  • ラーメン ブタヒロ - ブタツケの麺、大盛り:茹で前300g

    ブタツケの麺、大盛り:茹で前300g

  • ラーメン ブタヒロ - ブタツケのつけ汁+野菜増し❗️、ラーメンじゃありません(笑)

    ブタツケのつけ汁+野菜増し❗️、ラーメンじゃありません(笑)

  • ラーメン ブタヒロ - 卓上のニンニク、辛めタレ

    卓上のニンニク、辛めタレ

  • ラーメン ブタヒロ - カスタネットが呼び鈴❗️(笑)

    カスタネットが呼び鈴❗️(笑)

2回目

2018/02訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

ブタツケ、ブタまぜ、が始まりましたよ!ここからがブタヒロの本領発揮だ!o(^0_0^)

ブタヒロオープンの日に訪問してから、2ヶ月
以上が経ち、毎週のようにお店の前を通っては
うかがっていたものがある。それは「ブタツケ」
がいつ始まるか?

とある日、お店の前を通ったら、「ブタツケ始
めました」の貼り紙!(*^-^*)v、それから間もな
くして帰宅途中に満を持して、ブーブーと鼻息荒
く「ブタヒロ」さんへ向いました。(笑)

場所はJR中央線の国分寺駅南口前の通りを武
蔵小金井方面に歩くこと3分ほど、坂を下りき
ったところにあります。ムタヒロさんのあのカ
ラフルな看板が目につくので見失うことはあり
ません。

店内はムタヒロの店舗の中でも一番広く感じま
すが、二人用テーブル席が多く、もちろんカウ
ンター席もあって有に20席はあるでしょう。

店内券売機でお目当ての「ブタツケ」を見つけ
たら、その下に何と「ブタまぜ」があるではな
いか。いや~迷うな~とおもむろに立っている
店員さんを見つめたら、墨谷さんだ。元々「ま
ぜまぜムタヒロ3号店」の店長さんだったお方
で、事実上ブタヒロの店長さんだと思うけど、
墨谷さんの顔見たら無性に「ブタまぜ」が食べ
たくなりボタンをポチ!(笑)、ちなみに、
「ブタまぜ」は¥800、「ブタツケ」は¥850である。

墨谷さんに食券をお渡しして、カウンター席の
スミに座った。(笑)、ここは前回訪問時と同じ
場所である。

卓上の箸置きにはトッピングがズラーっと並ん
でいて、ラーメンのトッピにもいいけれど、値
段もお手頃なので酒のアテにしたいような気分
にもなる。(笑)

卓上調味料も、一味、ニンニク、カラメと書か
れたタレなど色々とあっていい!

思い起こせば、前回食べた「ブタメン」は、G系
をイメージしたようなビジュアルと味わいだっ
たけど、正直なところ、ボリュームも内容も少
し中途半端に感じて、この時「ブタツケ」が始
まったら再訪しようと心に決めていました。

ただこの日購入したのは「ブタまぜ」。(笑)
待つこと7分程でブタまぜ様のご登場だ!

おー、ボリューミーですね~。具は一口サイズ
に角切りされた煮豚、もやし、キャベツ、ニラ
、紅生姜、そして中央に生卵・・麺は隠れて見
えないけど、250gだそうで、その麺が隠れるん
だから如何に具がボリュームあるかわかるよね。

まずは、生卵の黄身と白身を混ぜ合わせてから
天地返しするように麺を上に、そして具が満遍
なく混ざり合うようにしっかりまーぜまぜしま
すよ~♪

タレはどうも醤油ベースのようで、混ぜ合わせ
てみればソース焼そばのようなビジュアル!

早速麺を頂いてみると、麺は平打ちのような太
麺ですが、ワシワシと噛み応えがあってこの固
さは私好みでほんと旨いね~♪、麺肌はタレが
絡みやすいよう滑りがでて普通は柔らかく感じ
るもんだけど、全く緩みを感じないシコシコし
た麺です。

そこに絡むタレが醤油に豚骨スープかな?、動
物系の出汁感もあるけど、まったりするような
タレではなくむしろサラッとした味わい中に旨
味とコクが凝縮された感じで、鶏油だろうか?
醤油ダレとの相乗効果で香りがこれまたいい感
じで、そして圧巻はコシの強い太麺としっかり
絡んで一体化した旨さは何とも言えない快感!
生卵がまた優しく絡んできてまろやかな味わい
に感じます。

これは具が多いからまぜそばなんだろうけど、
タレだけみれば油そばだ。いや、誤解無きよう
申し上げれば、油そばもまぜそばも明確な違い
は無いからどちらで呼ばれてもおかしくはない

それでも、専門の油そば店では出せないような
いい味わいでベースのタレだけでも充分食べ進
められる。ここに野菜のモヤシはシャキシャキ
として弾けるような食感、キャベツも茹ですぎ
ず固すぎずこれまた食感がよく甘味もあって、
総じて青臭さもなく、また麺とタレとも三位一
体化して美味しい。ニラや紅生姜もいい取り合
わせだ。

さて、具の主役はブタまぜだけにチャーシュー
でしょう。これはよく煮込まれた煮豚だけど、
ほろっとした柔らかさでタレもしっかり染み込
んで、まるで角煮のような美味しいチャーシュ
ーですね~。まぜそばは汁なし麺なのでチャー
シューはこのぐらいほろっとした柔らかさがよ
く合う。

さーて、途中から卓上のニンニクを自分なりに
ドバッと(笑)、そしてカラメのタレを回し入れ
て頂くと、おーニンニクは新鮮だからきますね
~、いやいい刺激臭でそこにカラメのタレは、
醤油ベースだからか、元タレのコクが深まる感
じでそこにライトな辛味がきて、ウマウマ♪

気がつけば、あっという間に完食~!

このまぜそば、看板メニューののブタメンより
も私好みでめっちゃ気に入りました。

これだけ旨いまぜそばは、ムタヒロ3号店以来
だと言うのも皮肉だけど(笑)、ムタヒロの底力
を感じましたね~。

ただ、ムタヒロ3号店でこのまぜそばを出され
ても違和感無いし、3号店のまぜそばとどこが
違うのか?と問われれば言葉に窮する。

ブタまぜと言うだけに、ブタ一色と言わないま
でも、ブタがもう少し前面にでるようなメニュ
ーにしてもらえたら・・と思う。

また、3号店は無料で大盛、ご飯とスープも付
くというサービスがあるけど、ブタヒロには無
料サービスがあまり無いので少々割高な感も否
めない。

それでも、今回のブタまぜは期待通りの美味し
さで久々にムタヒロで満足した一杯になりまし
た。ごちそうさま。次はブタツケかな?(笑)

《味の評価》
・麺◎
・タレ◎
・チャーシュー◎
・他の具◎

《全体の評価》
・外観◎
・ボリューム○

以上

  • ラーメン ブタヒロ - ブタまぜ

    ブタまぜ

  • ラーメン ブタヒロ - ブタまぜ

    ブタまぜ

  • ラーメン ブタヒロ - まぜまぜ後・・

    まぜまぜ後・・

  • ラーメン ブタヒロ -
  • ラーメン ブタヒロ - トッピング

    トッピング

  • ラーメン ブタヒロ - お店の前

    お店の前

1回目

2017/11訪問

  • dinner:3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

【祝開店】ムタヒロの新店「ブタヒロ」がオープン!

11月21日、ムタヒロの新店が国分寺にオープ
ンした。その名も「ブタヒロ」!

ムタさんがブタになった?・・わけではない (笑)

1号店は「煮干しそば」、2号店は「鶏そば」、
3号店は「まぜそば」、6号店は「味噌中華そば」
8号店は「肉煮干し中華そば」・・そして10号
店となるブタヒロは「ブタメン」、いよいよ豚骨
スープが登場することになる。

場所はJR国分寺駅南口よりバス停のある通りを
下ること2分ほどの南町二丁目交差点手前のビル
1階に位置する。

到着した時間はオープン日の夜の部開店20分前
で先客は8名ほど、開店時間には恐らく20人以
上になっていたと思う。ざっと見たところ、並ん
でいるのは学生をはじめとして20代の若者ばか
りで、ロートルは私だけのようだ。(笑)

開店時間とともに順に入店し、私の番となって、
券売機を確認すると、メニューは「ブタメン」のみ
で、「ブタツケ」もボタンはあるがまだ販売されて
いない。「ブタメン」のメニュー表示は小、並、大
と3種類。小は麺量150g:¥750、並は200g:¥780
大は300g:¥850となっている。面白いのはトッピ
ングメニューが多いこと・・「トッピング、なに
いれる?」の貼り紙の下には、生たまご/ほぐし
豚/キャベッチャー/のり/たまご/ねぎ/魚粉
納豆/コーン/チーズ/うずら/味玉/メンマ/
辛ネギ/ホウレンソウ/キムチ/ニラキムチ/ウ
インナー、と18種類ものメニューボタンがある

基本のメニューがブタメンだけだから、こういう
トッピングに工夫を凝らすところはムタヒロらし
い演出と言える。

さて、私が選んだのはブタメンの並。食券をお渡
しすると、野菜とアブラの量を聞かれたので、野
菜増しにアブラは普通でお願いした。店内の席は
カウンターに4席、2人掛けテーブル4卓、4人
掛けテーブル1卓の計16席あり、私はカウンタ
ーに空いてた端席に座りました。

こちら調味料や無料トッピは店内中央に置かれて
いて、セルフで取りに行く方式。冷水もピッチャ
ーは1ヵ所に置かれていて水を入れに行かなけれ
ばならない。スペース効率を考えてのことだと思
うがちょっと不便に感じる。

店内は照明が明るく質素だが、コップなどの容器
類はカラフルでムタヒロらしい。

オープン日とあってムタヒロ1号店の店長、3号
店の元店長など応援スタッフも豪華。ヒロさんは
いつもながら腰の低い丁寧さが伝わる接客でさす
がだと思いましたが、ムタさんが見当たらないで
すね~、厨房内がよく見えないのでもしかすると
中にいらっしゃるのかもしれないが顔を見れず少
々残念な気がしました。

待つこと20分以上、漸くブタメンのご登場!

G系のような野菜増しではないが、モヤシとキャ
ベツが小高く山盛りされ、上からは背脂と一味な
どが振り掛り、具のチャーシューは大きめの煮豚
が1枚とシンプルな構成。

まずはスープから頂くと、背脂が多めだからか甘
味が強めでスープは豚白湯の旨味とカエシの醤油
のコクがバランスよく合わさり美味しいスープだ

ただ、見た目よりはあっさりした白湯スープで飲
みやすいがパンチが少し弱いように感じた。白湯
と言うよりは透明度のある白湯と清湯の中間とい
った感じがする。

麺はエッジが利いた中太の平打ちストレート麺で
、しっかりとしてコシが強い上にモチモチ感もあ
り美味しいですね~。このタイプの麺はムタヒロ
で初めて食べるような気がするけど、ブタメン用
の新種の麺だろうか?、この麺なら大でもよかっ
たと思えるほどに旨い。

ただ、スープとの相性は微妙。今一ピントがずれ
ているようでもう少しスープにトロミ感を出した
方が一体感が出るような気もするが、これはあく
までも私的感想なのであしからず。

次に具のチャーシューだが、トロっとした柔らか
さに味付けが絶妙で豚の旨味が弾けるようで実に
旨い。1枚とは言えサイズが大きく食べ応えもあ
り美味しい1品でした。

野菜はボイルしたモヤシが主でキャベツも少量だ
が入っている。このモヤシは青臭さが全くなく、
シャキシャキとした歯応えが絶妙!、スープに付
けて頂くとあっという間に無くなってしまった(笑)

スープは少し残して完食。

食べ終えて思うのは、ムタヒロがブタメンで新境
地を開いたことに嬉しく思うも、ラーメンがどち
らかと言うと大衆志向で無難な作品であるかのよ
うに思えたのは私だけだろうか?、オープンした
ばかりなのでこれからブラッシュアップされてい
くと思うが、ブタメンにムタヒロカラーのような
個性をもっと出して欲しいと願うばかりだ。

《味の評価》
・スープ○
・麺◎
・チャーシュー◎
・他の具○

《全体の評価》
・外観○
・ボリューム○

以上

  • ラーメン ブタヒロ - ブタメン並、野菜増し

    ブタメン並、野菜増し

  • ラーメン ブタヒロ - ブタメン並、野菜増し

    ブタメン並、野菜増し

  • ラーメン ブタヒロ - 麺

  • ラーメン ブタヒロ -
  • ラーメン ブタヒロ - 券売機

    券売機

  • ラーメン ブタヒロ - カラフルな看板

    カラフルな看板

  • ラーメン ブタヒロ -
  • ラーメン ブタヒロ -
  • ラーメン ブタヒロ -

口コミが参考になったらフォローしよう

松一君

松一君

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

松一君(4748)さんの他のお店の口コミ

松一君さんの口コミ一覧(839件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ラーメン ブタヒロ
ジャンル ラーメン
お問い合わせ

042-301-2215

予約可否

予約不可

住所

東京都国分寺市南町2-17-9 ARTビル 1F

交通手段

JR. 西武鉄道 国分寺駅 南口 徒歩2分

国分寺駅から279m

営業時間・
定休日

営業時間

【月〜土】 昼) 11:30〜15:00 夜) 18:00〜22:00

【日曜日】 昼) 11:30~15:00 夜) 18:00~21:00


日曜営業

定休日

年中無休

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
予算(口コミ集計)
[夜]~¥999 [昼]~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

16席

(カウンター6席、テーブル12席)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

近隣にコインパーキングあり

空間・設備

カウンター席あり、バリアフリー、車椅子で入店可

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

焼酎あり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい

こんな時によく使われます。

お子様連れ

子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、お子様メニューあり、ベビーカー入店可

お子様ラーメン無料!

ホームページ

http://mutahiro.com/index.html

オープン日

2017年11月21日

備考

臨時休業などtwitterでご確認ください。

初投稿者

松一君松一君(4748)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

周辺のお店ランキング

国分寺×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ