久しぶりに再訪して、きちんとした仕事ぶりを確認 : 笊そば 蕎すけ

笊そば 蕎すけ

(ざるそば きょうすけ)
予算:

夜の予算 ¥6,000~¥7,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
日曜 祝日

この口コミは、蓼喰人さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

蓼喰人

蓼喰人(1760)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]60代前半・男性・東京都

2

  • 夜の点数:3.9

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク3.6
  • 昼の点数:2.8

    • [ 料理・味2.5
    • | サービス3.3
    • | 雰囲気3.3
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999¥2,000~¥2,999
2回目

2018/07訪問

  • dinner:3.9

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク 3.6
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

久しぶりに再訪して、きちんとした仕事ぶりを確認

 こちらは以前昼に訪れて、あまり芳しくない評価をしたままになっていた店。
 九段の名店「大川や」の姉妹店である以上、偶々悪い時に当たってしまったという思いが拭えないため、是非再訪して検証してみたいと思っていた。

 出かけた用事の帰り、「護国寺」で途中下車して向かう。
 時刻は夜の口開けの5時半を少し回った頃で、当然ながら初客である。
 BGMには「大川や」のご主人の趣味でもある、アコースティックギターが静かに流されている。

 花番の若い男性に、2人掛けのテーブルに通された。
 厨房内には2人の職人の姿が見える。
 まずは「生ビール」だが「白穂乃果」がピルスナーで登場。
 次いでお通しとして「つるむらさきのおかか和え」が出されたが、食感も味も良く、まずは快調なスタート。

 '季節のおすすめ'が、達筆ながらやや読みにくい筆文字で紙片に記されているのは、「大川や」の系統では共通のこと。
 数種の野菜料理から好みのものを選ぶ「小鉢三種」(1,500円)が目に付き、「ズッキーニの焼きびたし」「水茄子、胡瓜みそ」「冬瓜のかにあん」で注文。
 出来上がった順に一品ごと出されるが、丁寧な仕事ぶりが感じられ量も十分。
 特にしっかりと味が浸みたズッキーニ、辛めの味噌が添えられて素材の良さがストレートに味わえる水茄子が印象に残る。

 酒は'夏季限定 みぞれ'の文字が気になった「枡酒」を選択。
 シャーベット状に凍らせた酒が枡に盛られた上に、冷蔵庫から出された冷酒が、受け皿も溢れんばかりに注がれる演出が施される。 
 この時期には嬉しい手法で、味の方も満足。

 肴の追加はスタンダードな仕事を確認しようと「穴子の天ぷら」にする。
 内容は2つにカットされた穴子一尾分、野菜は玉蜀黍・ズッキーニ・アスパラ。
 薄めの衣でサクッと揚げられた穴子は旨味が濃く、塩でもおろしたっぷりの天つゆでも美味しい。
 野菜もそれぞれの持ち味が生きており、技術面は概ね良好。

 酒に土佐の「久礼」と言う銘柄を追加。
 フルーティーな口当たりながら、ボディのしっかりとした味わいが良かった。

 こちらは講談社の真ん前に位置しており、客筋はその関係者も多いと思われる。
 しかしこの日は地元と思われる年配者グループで、6時前から席が埋まっていく。
 サラリーマンだけでなく、近隣住民にも親しまれていることが分かる。

 蕎麦は早めに基本の「笊そば」を一枚頼んでおく。
 他の客の注文の合間に、タイミング良く登場。
 まずはつゆを少量含んでみるが、遡れば一茶庵からの流れが感じられる、バランスの取れた仕上がり。

 蕎麦は挽きぐるみを'二八'くらいの配合で、やや細めに打たれている。
 香りはしっかりで、シャキッとした食感とのど越しの良さが心地よい。
 以前経験した、麺線が整っておらず繋がりの悪い蕎麦とは、全くの別物と言える。

 蕎麦湯は口開けのため多少の手は加わっていたが、粘度のない自然体ですっきりと〆られた。
 最後に江戸前蕎麦屋にしては珍しく「緑茶」が出てくるところに、本陣房からの系譜が窺える。


 なかなか快適な「蕎麦屋酒」が楽しめた。
 肴については、お通しも含めて野菜料理の美味さが印象に残る。
 珍しい銘柄が並ぶ、酒の品揃えも魅力的。
 花番の男性も一見頼りないように見えるが、そつなくこなしている。

 帰り際に「大川や」さんとの関係を訊いてみたが、以前は同じ経営だったが、2年ほど前から独立しているとのこと。
 しかし仕事ぶりは、きちんと引き継がれていることを確認。

 私にとっては比較的便も良く、気軽に寄るには好適な一軒。
 改めて一度悪い印象があっても、何度か足を運ばねば断定的な物言いは出来ないことを痛感。
 これからも時々覗いてみたいと思う。

  • 笊そば 蕎すけ - 「穴子の天ぷら」

    「穴子の天ぷら」

  • 笊そば 蕎すけ - 生ビールは「白穂乃果」

    生ビールは「白穂乃果」

  • 笊そば 蕎すけ - お通しの「つるむらさきのおかか和え」

    お通しの「つるむらさきのおかか和え」

  • 笊そば 蕎すけ - 「ズッキーニの焼きびたし」

    「ズッキーニの焼きびたし」

  • 笊そば 蕎すけ - 「水茄子、胡瓜みそ」

    「水茄子、胡瓜みそ」

  • 笊そば 蕎すけ - 「冬瓜のかにあん」

    「冬瓜のかにあん」

  • 笊そば 蕎すけ - 「枡酒」は'みぞれ仕立て'

    「枡酒」は'みぞれ仕立て'

  • 笊そば 蕎すけ - 穴子天を塩で

    穴子天を塩で

  • 笊そば 蕎すけ - 玉蜀黍天

    玉蜀黍天

  • 笊そば 蕎すけ - 穴子天を天つゆで

    穴子天を天つゆで

  • 笊そば 蕎すけ - 冷酒「久礼」

    冷酒「久礼」

  • 笊そば 蕎すけ - つゆ・薬味

    つゆ・薬味

  • 笊そば 蕎すけ - 「笊そば」

    「笊そば」

  • 笊そば 蕎すけ - 蕎麦を手繰る

    蕎麦を手繰る

  • 笊そば 蕎すけ - 蕎麦湯は自然体

    蕎麦湯は自然体

  • 笊そば 蕎すけ - 緑茶

    緑茶

  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -
1回目

2013/09訪問

  • lunch:2.8

    • [ 料理・味 2.5
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

九段の「大川や」の姉妹店だが・・・。

 場所は護国寺の門前へと向かう「音羽通り」の「講談社」の向かい側。
 上がマンションとなっている、今流「下駄ばき住宅」の一階に入っているが、小ざっぱりとした清々しい雰囲気の蕎麦屋。

 同名の店が赤坂の賑やかな中に在るが、あちらは「蕎介」でこちらとは関係ない。
 こちらは九段の名店「大川や」が経営する姉妹店。

  
 開店したころに一度訪れたことがあるが、その後あまり評判を耳にすることも無く、こちらでの書き込みも少ないのが意外だった。
 久々に思い出して、早めの昼時に寄ってみた。

 メニューは絞られていて、目に付くのは蕎麦の他に何品かがセットになった「日替わり御膳」。
 普段は蕎麦屋でご飯ものの付いたセットを注文することはまず無いのだが、「大川や」でもこのスタイルが昼のおすすめで、他に選択肢もあまり無いためこれにする。
 飲み物は、グラスの「中生(ヱビス樽生)」を付けた。

  
 内容は出てきた順に
「小鉢」:厚揚げの煮もので、丁寧な仕事。
「味ごはん」:青海苔とシラスの塩味のあっさりとした混ぜご飯で、まずまずの味。
「天ぷら」:やや大きめの海老・南瓜・茄子で、上手な揚げ上がりでなかなか美味い。パウダーソルトが添えられている。

 最後に「笊そば」が出てきたが、これははっきり言って残念な出来。
 ‘蕎麦切り’が整っておらず、太さ細さだけではなく長さもまちまちで、所々に端切れも混ざっている。
 舌触りは悪くないため、端正に打てば見栄えも喉越しも良くなるはずで、もったいない。

 これだけ切り斑のある蕎麦は地方では時々見かけるが、都内では珍しく、前回の記憶にもこのようなことは無い。
 他の方の写真ではきちんとしており、今回が偶々なのか解せない思いが強く残る。

 つゆは甘さは控えめだが、かえしと出汁とのバランスがとれた上々の仕上がり。
 蕎麦湯も口開けのため多少の手は加わっているが、嫌味の無い濃さで好ましい。
 ランチとしては味のバランスも良く、1,000円でこの内容であればCPは良い。

 蕎麦の雑な仕事がマイナス要因となって、トータルの評価はこうなった。
 アップを躊躇する気持ちもあったが、実力店の系列であるため、敢えて書き込みさせていただいた。

  • 笊そば 蕎すけ - 「中生ビール」、‘日替わり御膳’

    「中生ビール」、‘日替わり御膳’

  • 笊そば 蕎すけ - 「厚揚げ煮物」

    「厚揚げ煮物」

  • 笊そば 蕎すけ - 「青海苔とシラスの混ぜご飯」

    「青海苔とシラスの混ぜご飯」

  • 笊そば 蕎すけ - 「天ぷら」

    「天ぷら」

  • 笊そば 蕎すけ - 「笊そば」

    「笊そば」

  • 笊そば 蕎すけ - 切り斑が目立つ

    切り斑が目立つ

  • 笊そば 蕎すけ - 蕎麦湯:多少の粘度は加えられている

    蕎麦湯:多少の粘度は加えられている

  • 笊そば 蕎すけ -
  • 笊そば 蕎すけ -

口コミが参考になったらフォローしよう

蓼喰人

蓼喰人

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

蓼喰人(1760)さんの他のお店の口コミ

蓼喰人さんの口コミ一覧(909件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 笊そば 蕎すけ (ざるそば きょうすけ)
ジャンル そば
予約・
お問い合わせ

03-3941-3377

予約可否
住所

東京都文京区音羽2-4-2 ノーブル音羽1F

交通手段

護国寺駅から57m

営業時間・
定休日

営業時間

平日 11:00~15:00 17:30~23:00
土曜日 11:30~15:00 17:30~21:00

定休日

日曜 祝日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、Diners)

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

初投稿者

higashiyamaonsenhigashiyamaonsen(0)

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「笊そば 蕎すけ」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

大塚×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ