台風19号の影響にともない、サイトに掲載の営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございますので、事前にご確認ください。

ハイレベルで丁寧な仕事ぶりは健在 : そば 三休

そば 三休

(【旧店名】蕎麦 きびや)
そば百名店2019選出店

食べログ そば 百名店 2019 選出店

予算:

夜の予算 ¥2,000~¥2,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
月・火・水曜日

この口コミは、蓼喰人さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

蓼喰人

蓼喰人(1844)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]60代前半・男性・東京都

2

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.4
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.0
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999
2回目

2018/02訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

ハイレベルで丁寧な仕事ぶりは健在

 新規に訪れたい蕎麦屋が次々と出現する一方で再訪したい処も数多あり、廻りきれないもどかしさを感じる毎日。
 今回久しぶりに訪れたのは、限られた日時や時間帯によりなかなか足を運び難いこちら。

 土曜日の口開け時を狙って、11時数分前に店の前に到着。
 愛想のよい花番さんに迎え入れられ、一人客向きの5席のカウンターの左端を選ぶ。
 現在は年配のご主人とこちらの花番さんの2人体制となっており、今年に入り席数をテーブル2卓とカウンター合わせて13席に絞り、お茶などもセルフサービスにしたようだ。

 節分を迎えて数日前に降った雪は粗方解けたとは言え、冷えた空気の中を駅から10分ほど歩いて来たため、まずは熱燗(銘柄は「清泉」)を所望し、これで一息つく。
 肴も昼に出来るものは限られているが、その中から次の2品を注文。

 「あじ南蛮漬け」:きちんとした下処理の後にから揚げされ、甘酢に浸された小鯵が3尾。
 白髪ねぎと青ねぎの小口切りが、天盛りされている。
 醤油を使わず白く仕上げており、酢の加減も穏やかで食べやすい。
 もちろん頭から尾まで全ていただく。
 
 「鴨だしの五目煮」:鴨もも肉数切れと切り揃えられた牛蒡・大根・人参・蒟蒻・椎茸が、少し甘みを加えた薄めの醤油味で煮含められ、それに三つ葉と柚子が色と香りを添えている。
 鴨の旨味が根菜類に浸みわたり、しみじみとした味わいに仕上がっている。
 煮汁も木の匙で余さず飲み干した。

 冷酒に「惣誉」を追加する。
 花番さんは塗りの枡を履かせたグラスに、一升瓶から注いでくれる。
 これらで暫しの時間を過ごす。

 11時半を過ぎると後客が徐々に入店。
 しかしテーブルは2卓だけのため、グループ客には早くも待ちが発生している状況。

 早めに蕎麦を注文。
 今回は「粗挽きそば」を選択。
 ほかの客の注文の合間に、手際よく出された。

 笊盛りの蕎麦はやや太めに打たれており、鼻を近づければ香りが心地よい。
 粗目の挽きのため粒々感はあるが、配合が'二八'のためごつごつした武骨さは少なく、舌触りは案外滑らか。
 未だに'十割でなくては蕎麦ではない'などと宣う御仁もいるが、こちらや「やざ和」の仕事を見れば、'二八'でも香りにも食感にも優れた蕎麦となることが分かる。

 一方のつゆも見事。
 香り高い出汁の旨味と'かえし'の深みが融合した、雑味の無いすっきりとした仕上がりを見せている。
 真っ当な蕎麦屋では、蕎麦の出来同様に、いやそれ以上に「つゆ」にも原価を惜しまず、相応に手間を掛け神経も使っている。
 最近は蕎麦にまで塩を振って悦に入る輩が居るが、こちらのような仕事に出会うと、改めて'蕎麦とつゆは車の両輪'という考え方が、江戸前蕎麦の本道と思う。
 
 蕎麦湯は口開けのためか手が加えられているが、不自然なほどの粘度が無いのは救い。
 つゆが徳利を使わず直接猪口に入っているため、味の調節が出来ないのはやや不便だが、もとより全て飲み干すつもりなので、さしたる問題は無い。
 
 期待通りの満足度の高い時間を過ごせた。
 勘定もこれで3,000円ちょっとは、極めて良心的。

 蕎麦前も蕎麦も、相変わらずのハイレベルな仕事ぶりを確認。
 営業時間の制約に加えて客席の減少など、ますます行きにくい店となってしまったが、折あらばまた訪れたいと思う。

  • そば 三休 - 「あじ南蛮漬け」

    「あじ南蛮漬け」

  • そば 三休 - 「鴨だしの五目煮」

    「鴨だしの五目煮」

  • そば 三休 - 燗酒

    燗酒

  • そば 三休 - 頭から全ていただく

    頭から全ていただく

  • そば 三休 - 鴨は旨味の濃い腿肉

    鴨は旨味の濃い腿肉

  • そば 三休 - 野菜も丁寧に煮含められている

    野菜も丁寧に煮含められている

  • そば 三休 - 「七色」を振って

    「七色」を振って

  • そば 三休 - 冷酒はこのように

    冷酒はこのように

  • そば 三休 - 「粗挽きそば」一式

    「粗挽きそば」一式

  • そば 三休 - 蕎麦を手繰る

    蕎麦を手繰る

  • そば 三休 - 蕎麦を啜る

    蕎麦を啜る

  • そば 三休 - 蕎麦湯はやや白濁

    蕎麦湯はやや白濁

  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
  • そば 三休 -
1回目

2014/09訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.4
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

見事な蕎麦に、名店の実力を確認

 満を持しての「きびや」である。
 中央線沿線には魅力的な蕎麦屋が多いのだが、我が家からだと吉祥寺までは結構頻繁に出掛けるものの、それ以西はどうしても億劫となる。
 元々蕎麦屋はぶらっと出かけて、気軽に「蕎麦屋酒」を楽しめることが身上と思っているので、なかなか足を運び辛い。

 こちらにもずいぶん前に一度、休日の昼に出かけたことが有るが、蕎麦は確かに美味しかったが、混んでいて落ち着かない印象の方が強かった。
 ゆっくりするために、平日昼に時間を設けて足を向ける。
 駅からほぼ真っ直ぐに南下して5分ほどの所であるから、それほど便は悪くない。

 引き戸に手をかけたのは1時過ぎ。
 しかしこの時間帯でも7分の入り。
 花番の女将さんに、一人客用のカウンターの一番奥の席に通される。

 まずは「生ビール」を頼む。
 品書きの一品料理の欄を眺めて、こちらも頼めるかどうか尋ねてみたが、この混み具合からあまり無理は聞けない様子。
 女将さんに勧められて、'早めにお出しできます'と付された中から「ピリ辛こんにゃく」を選ぶ。
 一口サイズにちぎってから、きんぴら風に調理されたこんにゃくは、味が良く浸みていてなかなか美味い。
 結構量も有り、これで250円は安い。

 ビールのジョッキは程なく空になり、冷酒で「大信州」を一合注文。
 揃いの洒落たガラス器で供され、なかなかの満足感。
 やはり追加の肴が欲しくなり、ランチのセットに「天むす」が入っていることを考え、「小海老の天ぷら」ならどうかと尋ねたら、快く受けてくれた。

 それほど待たされることなく出て来た皿には、2尾ほどを纏めて揚げたものが5個に、三つ葉のグリーンが色を添えている。
 ピンク岩塩をつけて口に運ぶが、サクッとした揚げ上がりで海老の味も生きており、570円という価格にしては上出来。
 これで暫し、蕎麦前を楽しむ。

 しかしその後も来店客はポツリポツリと途切れなく、2時前に表の暖簾が仕舞われた。
 蕎麦が残っているか心配になったが、'大丈夫ですよ'と言う返答。
 あまりだらだらとしていては申し訳ないと、「もり」を一枚頼む。

 
 運ばれて来た蕎麦は、見るからに美味そう。
 挽きは微粉で配合は二八、色はやや白っぽいが香りは十分。
 エッジを立たせてやや太めに打たれているが、切り斑無く綺麗に揃った美しいフォルムである。
 実際に口にした食感は、堅打ちと言うほどソリッドでは無く、噛めば適度な弾力とコシが心地良い、私にとっては理想的な仕上がりである。

 「つゆ」はやや濃いめだが、奥深いコクを湛えたバランス良い味わい。
 一片だけ残しておいた「小海老天」を蕎麦に絡めてみたが、思わず顔がほころぶ美味さとなった。
 

 「薬味」の葱も山葵も完璧。
 「蕎麦湯」は仕舞時であったためやや粘度を感じるが、自然体で有ることが何より嬉しい。


 やや短時間であったが、充実した時間を過ごせた。
 次回はこの日は品切れであった「粗挽きそば」を試してみたい。 

 料理はなかなか面白そうなラインナップで、本来ならば夜に訪れてゆるりと楽しみたいところ。
 頻繁に通えないのは残念だが、わざわざ足を運ぶだけの価値のある、佳店であることは間違いない。

  • そば 三休 - 「生ビール(中)」・「ピリ辛こんにゃく」

    「生ビール(中)」・「ピリ辛こんにゃく」

  • そば 三休 - 「小海老天ぷら」

    「小海老天ぷら」

  • そば 三休 - 岩塩をつけて

    岩塩をつけて

  • そば 三休 - 冷酒はこのような設えで

    冷酒はこのような設えで

  • そば 三休 - 「もり」一式

    「もり」一式

  • そば 三休 - 見るからに美味そうな「二八のもり」

    見るからに美味そうな「二八のもり」

  • そば 三休 - 蕎麦を啜る

    蕎麦を啜る

  • そば 三休 - 小海老天を絡めて

    小海老天を絡めて

  • そば 三休 - 自然体の蕎麦湯

    自然体の蕎麦湯

  • そば 三休 - 壁際に並んだ酒瓶

    壁際に並んだ酒瓶

  • そば 三休 - 一品料理のラインナップ

    一品料理のラインナップ

  • そば 三休 - 日本酒の品揃え

    日本酒の品揃え

  • そば 三休 - 酒の品書き

    酒の品書き

  • そば 三休 - 冷たい蕎麦

    冷たい蕎麦

  • そば 三休 - 温かい蕎麦

    温かい蕎麦

  • そば 三休 - 昼のメニュー

    昼のメニュー

口コミが参考になったらフォローしよう

蓼喰人

蓼喰人

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

蓼喰人(1844)さんの他のお店の口コミ

蓼喰人さんの口コミ一覧(950件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 そば 三休 (【旧店名】蕎麦 きびや)
受賞・選出歴
そば百名店2019選出店

食べログ そば 百名店 2019 選出店

そば百名店2017選出店

食べログ そば 百名店 2017 選出店

ジャンル そば
予約・
お問い合わせ

不明の為情報お待ちしております

予約可否

予約可

遅れる場合はご一報ください。15分以上連絡がなかった場合、他のお客様を優先することがありますのでご了承ください。

住所

東京都三鷹市下連雀4-16-48

交通手段

JR三鷹駅南口より、徒歩7分

三鷹駅から581m

営業時間・
定休日

営業時間

木・金 17:30~22:00
土・日 11:45~14:00 17:30~22:00

日曜営業

定休日

月・火・水曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料・チャージ・お通し無し

席・設備

席数

13席

(テーブル2席・カウンター5席)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

ウェルシア薬局三鷹下連雀店裏にコインパーキングあり

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

お子様連れ

小学生未満の同伴はお断りしています。

オープン日

2018年5月

初投稿者

PriPriGoPriPriGo(423)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「そば 三休」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

三鷹×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ