新生ヴァリノールへ : ヴァリノール

ヴァリノール

(Valinor)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

  • 料理・味 3.86
  • サービス 3.62
  • 雰囲気 3.61
  • CP 3.75
  • 酒・ドリンク 3.63
  • 行った 601人
  • 行きたい 4918人

評価分布

予算:

夜の予算 ¥10,000~¥14,999

昼の予算 ¥4,000~¥4,999

定休日:
月曜日, 第1,第3の火曜日 ※ 月曜日が祝祭日の場合は、翌日火曜日が定休日となります。

この口コミは、ガレットブルトンヌさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ガレットブルトンヌ

ガレットブルトンヌ(2756)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・東京都

3

  • 夜の点数:3.9

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.9
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク3.9
  • 昼の点数:4.1

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク3.6
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999¥5,000~¥5,999
3回目

2018/08訪問

  • dinner:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.9
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 3.9
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

新生ヴァリノールへ

荻窪駅から徒歩3分ほど。

2017年に新しいシェフを迎えたとのことで、

遅ればせながら、ディナーに伺ってきました。

大和紀瑛シェフは、日比谷「南部亭」でキャリアをスタートさせ、

パリに7年。 3つ星「プレキャトラン」などで修業を積んでいます。


内装もサービス陣も変わらずで、新たなお料理がどんなテイストか

楽しみでした。

ディナーは、7800円、10800円がありますが、

今回は、スペシャルな14000円のコースに。

それでは、内容です。

1、アミューズ

  *サブレの上に、ベーコンクリームと雲丹、フェンネル
  *チチャロンとハコベの葉
   エスカルゴバターソース

  奇を衒わない上質な幕開けです。

2、鰯

  長方形でケーキのような仕立て。
  ピザ生地の上に、セモリナ粉をまぶして焼いた
  鰯と、アンチョビと魚のあらのソース。
  ブラックオリーブとなでしこの花。

  仕立てが、3つ星の香り。

3、シマエビ

  カリフラワーのババロアの上に、
  シマエビ、生ブロッコリー、カリフラワー、
  アーモンド。
  ニューバーグソース
  キャビア

  ニューバーグソースのコクがとても好み。
  重過ぎなくて、好感が持てます。

4、ハモ

  明石のハモを低温調理し、皮目を炙って。
  大葉ソース、トルコスパイス(ゆかりのような)
  ピーテンドリル(豆苗に似ていますが、
  スナップエンドウのつる)
  オクラ、枝豆。

  ハモの火入れはとてもいいです。
  大葉の深い緑と、枝前の薄緑が
  グラデになってきれい。

5、サメガレイ

  北海道産サメガレイと
  モンサンミシェル産ムール貝に、
  ホヤを、
  ソースノルマンドとサフランで。
  シーアスパラガスをそえて。

6、熊本の赤牛のフィレ

  ストーブで、葡萄の葉とともに
  焼き上げられて、鍋で見せてくれます。

  岐阜のジャンボなめこ
  ビーツのピュレ
  マッシュルーム、なめこパウダー
  豪産黒トリュフ
  ジュ ドゥ ブフソースで。

  赤牛は火入れもよく美味。
  ジャンボなめこの大きさと食感に
  ちょっと驚き。

7、フロマージュブラン

  きれいに絞りだしてあり、
  ピーカンナッツと
  セミドライのピオーネと。

8、デセール

  プラムを赤ワイン、ローリエ、タイムで
  煮たもの。
  プラムと黒にんにくのアイス。
  赤ポルト酒のジュレ


  プラムと黒にんにくを合わせたところに
  意表をつかれました。
  シェフによると、プラムの甘さと黒にんにくの
  甘さがマッチすると考えたから、とのこと。
  しかし、にんにくがかなり主張していたので、
  デセールには、ちょっと厳しかったです。

9、デセール

  バルサミコを染み込ませたスイカと
  ヌガーグラッセ。
  フロマージュブランに、ローズウォーター。

  フロマージュブランが花びらになっています。
  ヌガーグラッセが、2つのパートに分れて
  盛り付けられたところが斬新。

10、ミニャルディーズ

  *ゴールドフィンガー(ぶどう)
  *松の実のフィナンシェ
  *カンパリ、ルバーブ、
   グレープフルーツのジュレ

11、ルイボスのほうじ茶

  ジンジャー、オレンジピール入り

自家製焦がしバター入りパンとバター

お供は、赤ワインをグラスで。
オルフェ
カベルネソーヴィニオンとカベルネブラン


 プレゼンテーション、造形の美しさ、

 繊細さに、三つ星での経験を感じました。

 「クラシックが好き」というシェフ。

 もっとクラシックに振り切ってもいいのかな、と

 思います。

 今後が楽しみです。


  

  • ヴァリノール - 外観

    外観

  • ヴァリノール - 店内

    店内

  • ヴァリノール - 半個室

    半個室

  • ヴァリノール - メニュー

    メニュー

  • ヴァリノール - 赤ワイン

    赤ワイン

  • ヴァリノール - 赤ワイン

    赤ワイン

  • ヴァリノール - アミューズ

    アミューズ

  • ヴァリノール - アミューズ

    アミューズ

  • ヴァリノール - アミューズ

    アミューズ

  • ヴァリノール - 鰯

  • ヴァリノール - 鰯

  • ヴァリノール - シマエビ

    シマエビ

  • ヴァリノール - シマエビ

    シマエビ

  • ヴァリノール - パンとバター

    パンとバター

  • ヴァリノール - ハモ

    ハモ

  • ヴァリノール - ハモ

    ハモ

  • ヴァリノール - ハモ

    ハモ

  • ヴァリノール - サメガレイ

    サメガレイ

  • ヴァリノール - サメガレイ

    サメガレイ

  • ヴァリノール - 赤牛

    赤牛

  • ヴァリノール - 赤牛

    赤牛

  • ヴァリノール - 赤牛

    赤牛

  • ヴァリノール - 赤牛

    赤牛

  • ヴァリノール - 赤牛

    赤牛

  • ヴァリノール - フロマージュブラン

    フロマージュブラン

  • ヴァリノール - フロマージュブラン

    フロマージュブラン

  • ヴァリノール - プラム

    プラム

  • ヴァリノール - プラム

    プラム

  • ヴァリノール - ヌガーグラッセ

    ヌガーグラッセ

  • ヴァリノール - ヌガーグラッセ

    ヌガーグラッセ

  • ヴァリノール - ルイボスのほうじ茶

    ルイボスのほうじ茶

  • ヴァリノール - ミニャルディーズ

    ミニャルディーズ

2回目

2017/03訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.6
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

日本の春をフレンチで

久々にランチに伺いました。

相原シェフのお料理をこちらで味わえるのも、あと少し。

4月11日で、シェフは退職し、新たな道を歩むそうです。

新しいお店も楽しみです。

ランチコースは、3000円、4500円、6000円です。

この日は、4500円で。

春の息吹を随所に感じさせてくれる、感性豊かなお料理でした。

グラスの中に、きれいな紫の花。そこにリボンが入っているのですが、

そのリボンにメニューが。 おしゃれです。

1、柚子しょうがドリンク     ショットグラスで。
                 花冷えが続く季節にベストマッチ。

2、アミューズ          ブラックオリーブのマドレーヌ
                 ボルディエを練りこんだサブレに、桜エビとウイキョウ

3、鰆              黒のお皿に、桜チップだけがのって供されます。
                 その後、蓋つきのガラスの器に、
                 10日熟成した鰆と、黒にんにくのピュレ、青紫蘇、
                 トマトと米粉のチップス。
                 これがスモークされていて、蓋をあけると、煙がふわーっと。
                 いい燻製加減です。

4、筍              筍の皮の上に、
                 筍、明石のみる貝、パセリのソース、クリームの泡。
                 きれいな緑です。

5、いとより           いとよりとそのムース。
                 その下には、キヌア。
                 美しい緑のソースは、なば菜です。
                 

6、丹波黒鶏           胸肉と腿肉を炭火焼きに。
                 玉葱のピュレと、赤ワインのソースで。
                 力強い味わいの鶏です。

7、デセール 1         京都紫人参と黒ビールのソルベ
                 ビーツのパウダーと、セロリスプラウトをちらして。
                 これは、複雑で奥行のある味わい。

8、デセール 2         一保堂の抹茶を使用したアイスクリームとメレンゲ。
                 ショコラとあずきとともに。

9、ハーブティ


お供は、スパークリングウォーターで。

パンには、黒ごまを練りこんだバター。


相変わらず、繊細かつ季節感をとらえた技で、感心します。

こちらで、京都樋口農園のことを聞き、昨年、樋口農園にもお邪魔してきました。

こだわりぬいた樋口さんの野菜を直接見せていただき、樋口さんと相原シェフのことを

お話ししたり、楽しい時間でした。

さて、相原シェフのこれからがますます楽しみです。


  • ヴァリノール - 柚子と生姜のドリンク

    柚子と生姜のドリンク

  • ヴァリノール - アミューズ

    アミューズ

  • ヴァリノール - さくらチップの演出

    さくらチップの演出

  • ヴァリノール - 黒ゴマを練りこんだバター

    黒ゴマを練りこんだバター

  • ヴァリノール - パン

    パン

  • ヴァリノール - 鰆

  • ヴァリノール - 鰆

  • ヴァリノール - 鰆

  • ヴァリノール - 筍

  • ヴァリノール - 筍

  • ヴァリノール - いとより

    いとより

  • ヴァリノール - いとより

    いとより

  • ヴァリノール - 丹波黒鶏

    丹波黒鶏

  • ヴァリノール - 丹波黒鶏

    丹波黒鶏

  • ヴァリノール - 京都紫人参と黒ビールのソルベ

    京都紫人参と黒ビールのソルベ

  • ヴァリノール - 京都紫人参と黒ビールのソルベ

    京都紫人参と黒ビールのソルベ

  • ヴァリノール - メニュー

    メニュー

  • ヴァリノール - 一保堂の抹茶を使用したアイスクリームとメレンゲ

    一保堂の抹茶を使用したアイスクリームとメレンゲ

  • ヴァリノール - 一保堂の抹茶を使用したアイスクリームとメレンゲ

    一保堂の抹茶を使用したアイスクリームとメレンゲ

  • ヴァリノール - ハーブティ

    ハーブティ

1回目

2015/02訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

再訪: 繊細な仕事がますます進化中 

<2015年2月>

 先月久々に訪問し、相原シェフの料理がますます冴えていたので、またまたお邪魔しました。

 平日のランチタイム。 この日も満席です。

 内容はシェフにお任せしました。

1、アミューズ   ブラックオリーブのマドレーヌ

          京都樋口農園のほうれん草と舌平目の出汁のスープ

2、前菜      大分豊後水道の鯖の炙り

          4日間熟成したとのこと。

          ビタミン大根、紅芯大根、赤玉葱 がアクセント。

3、魚       鯛のヴァプール

          真っ赤なビーツソース

          えのきの素揚げ、プティヴェール添え

4、肉       牛ハツのロティ

          赤ワインソース
 
          焦がしたまねぎのソース、アスパラ菜 添え

5、デセール    クレーム・ブリュレ

          下部がクレーム・ブリュレ、そのうえに、フランボワーズのアイスクリーム、チョコのクランブルがのっています。

6、カモミールティ

この日の料理も、とてもアーティスティック。  素材と鮮やかなな赤のソースのコントラストが美しいです。

野菜つかいも抜群にうまいです。 

真面目なシェフの秘めた情熱を感じる作品でした。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

<2015年1月>

 かなりご無沙汰していましたが、この日思い立って急に一人でランチに出かけました。

 ちょうど、1人予約のキャンセルが入ったとのことで、セーフで入れました。 この日、満席。

 昨年9月にフランスを食べ歩いていたとき、ちょうど時期を同じくして、こちらの相原シェフもフランスにいらしたようで、ニアミスでした。
 
 シェフが、「きょうはどうしても食べていただきたいものがあります」とのこと。 もちろん、喜んで!!です。 こういうときは、100%断らず、

 オファーに乗ることにしています。 きっと、いい素材が入ったり、仕込みが完璧だったりするのですから。

 コースすべてお任せしました。

1、アミューズ  樋口農園のほうれん草のスープ   少し泡立たせていています。 風味豊か。 明石の舌平目の出汁が効いています。

         ブラックオリーブのマドレーヌ

2、ヒイカのソテー  キノアと葱を豚の出汁で炊いています。  ほうれん草のピューレをひと掃け。 

           「和」を感じさせる優美な一品。

3、桜海老のオムレツ   桜海老とウイキョウのペーストがオムレツの中に。

             上には、揚げた桜海老。  ポルト酒のソースと、ビスクソースの2種類がかかっているという凝った料理。

             卵の黄色と桜海老のピンクが麗しいです。

4、ハタのポワレ     蕗の薹のソース、 生ハムの出汁とクリームを合わせた泡。

             鹿児島の生ハム と、 椎茸を極薄に切ってカリカリにしたものが乗っています。

             蕗の薹のほんのりした苦味がオトナの味。  この一品だけでも、なんと手がこんでいるのでしょう!!


5、島根産いのししの赤ワイン煮込み    これが、シェフの一押しでした。

                     いやはや、人生で食べたいのししの中で最も美味でした。 肉もほろほろに煮込まれていますが、脂身嫌いな私が、

                     この脂身の滋味には悩殺されました。 

                     ビタミン大根を白ワインヴィネガーと合わせたソースもさっぱりさせてくれます。

                     シェフが、「修行時代に、煮込みばかりやらされて、煮込みはあまりやりたくなかったんですが、久々に作ってみました」

                     とのこと。 さすがに、毎日煮込みを作っていただけの技があります。

6、デセール       イナゴ豆のエスプーマとバニラアイスクリーム、 あずきと抹茶メレンゲ

             これまた初めてのイナゴ豆。 全体に和テイストでした。

コーヒー

バゲットと、黒胡麻バター

いのししの煮込みはあまりに美味だったので、赤ワインを合わせたいところでしたが、あとが仕事だったのでぐっと我慢。

相原シェフ、ますます腕をあげていました。 久々に、クリエイティブ力豊かで、手の込んだフレンチをいただきました。

満足感、絶大です。

 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
<2012年12月>
今年3度目の訪問になります。
しかし、少しご無沙汰でした。
アミューズのグジェールを食べた瞬間に、その温かさと優しい口当たりに仕事の丁寧さを実感します。

ランチの前菜は、ブランダード。 周囲には、おなじみ京都、樋口農園の野菜がまるで絵画のように配置され、見た目も麗しい限り。 本当にセンスがいいです。
魚は、目鯛のポワレをアルベールソースで。 加賀のひのな蕪という珍しいお野菜が添えてありました。 野菜の使い方がすばらしいです。
肉は、チョイスでしたが、蝦夷鹿のパイ包み焼きを。 ミンチにした蝦夷鹿がジューシーで、パイのサクサク感と絶妙なバランスです。
ソースは鹿の骨と赤ワインで作ったもの。 それに、ルバーブのソース。ほのかな甘みがいいアクセントになっています。
シャトー・スオーのメルロー主体の赤ワインと合わせました。

デザートはタルトタタンですが、これがまた、「再構成」とでも呼ぶのでしょうか、工夫されていました。リンゴのムースが、リンゴのジュレに包まれ、全体がリンゴの形。下に、塩キャラメルのアイスクリームとくずしたパイ。全体を口の中で混ぜ合わせて楽しめます。 繊細なタルトタタンでした。

仕事の丁寧さに拍車がかかっています。 来年もますます期待します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろいろなレストランに行くと、そのレストランのシェフが「食」や「作ること」を楽しんでいるかどうかが、お皿から伝わります。
そんなレストランにまた出会いました。
評判は聞いていたので期待が高かったのですが、軽くその期待を凌駕してくれました。

まずはランチでチェック。2800円のコースでしたが、アミューズ、前菜、魚、肉、デセール、食後の小菓子までつき、CP抜群です。
しかし、それよりも、ひとつひとつのお皿に創意工夫が凝らされていて、驚きと感動をもたらしてくれます。

この日の前菜は、ハリ烏賊のフリット。エンペラの脇に針状の突起のある烏賊で、歯ごたえもありながら柔らかい仕上げに。しかもフリットなのにあっさりしています。ソースはガスパチョで、京都の名門、樋口農園の野菜をふんだんに添えてあり、味のバリエーションを存分に楽しめました。

メインの「牛すね肉のパン粉焼き」も、牛すね肉をバラバラにして料理したあと、円柱形に成形してパン粉焼きした手のかかった料理で、これなら
もっとロマンティックなネーミングがつけられるのでは? と思ったほどです。

食後に、相原シェフとお話しました。フランスやスイスで修行されたあと、老舗「レカン」を経て独立。
荻窪という立地で目下試行錯誤とのことですが、なんともいいお人柄についつい話が長くなってしまいました。
このほぼ完ぺきなランチを褒めたら、
「いや~~、たまたまですよ。」とご謙遜。
まだまだこれから底力を見せてくれそうな予感です。
楽しみなお店がまた増えました。

  • ヴァリノール - ゲヴェルツトラミネールをグラスで

    ゲヴェルツトラミネールをグラスで

  • ヴァリノール - アミューズ:黒オリーブのマドレーヌとグジェール

    アミューズ:黒オリーブのマドレーヌとグジェール

  • ヴァリノール - ハリ烏賊のフリット 

    ハリ烏賊のフリット 

  • ヴァリノール - 五島列島の赤ハタのソテー

    五島列島の赤ハタのソテー

  • ヴァリノール - 牛すね肉のパン粉焼き

    牛すね肉のパン粉焼き

  • ヴァリノール - 清美みかんのムースとアイスクリーム

    清美みかんのムースとアイスクリーム

  • ヴァリノール - ハーブティと小菓子

    ハーブティと小菓子

  • ヴァリノール - グジェールと黒オリーブのマドレーヌ

    グジェールと黒オリーブのマドレーヌ

  • ヴァリノール - 赤ワインをグラスで

    赤ワインをグラスで

  • ヴァリノール - ブランダード

    ブランダード

  • ヴァリノール - 目鯛のポワレ アルベールソース

    目鯛のポワレ アルベールソース

  • ヴァリノール - 蝦夷鹿のパイ包み焼き

    蝦夷鹿のパイ包み焼き

  • ヴァリノール - タルトタタン

    タルトタタン

  • ヴァリノール - 赤いキャノピーがパリの街角のよう

    赤いキャノピーがパリの街角のよう

  • ヴァリノール - アミューズ

    アミューズ

  • ヴァリノール - 樋口農園のほうれん草のソープ

    樋口農園のほうれん草のソープ

  • ヴァリノール - ブラックオリーブのマドレーヌ

    ブラックオリーブのマドレーヌ

  • ヴァリノール - ひいかのソテー

    ひいかのソテー

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - 黒胡麻バター

    黒胡麻バター

  • ヴァリノール - バゲット

    バゲット

  • ヴァリノール - 桜海老のオムレツ

    桜海老のオムレツ

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - ハタと蕗の薹のソース

    ハタと蕗の薹のソース

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - 島根産いのししの赤ワインソース煮込み

    島根産いのししの赤ワインソース煮込み

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - イナゴ豆のエスプーマ

    イナゴ豆のエスプーマ

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - コーヒー

    コーヒー

  • ヴァリノール - ブラックオリーブのマドレーヌ、ほうれん草のスープ

    ブラックオリーブのマドレーヌ、ほうれん草のスープ

  • ヴァリノール - 鯖のマリネ

    鯖のマリネ

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - 黒胡麻バター

    黒胡麻バター

  • ヴァリノール - バゲット

    バゲット

  • ヴァリノール - 鯛のヴァプール

    鯛のヴァプール

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - 牛ハツのロティ

    牛ハツのロティ

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - クレーム・ブリュレ

    クレーム・ブリュレ

  • ヴァリノール - アップです

    アップです

  • ヴァリノール - カモミール

    カモミール

お店からの返信

ヴァリノール

2012/05/31

この度は御来店いただき誠に有難うございました。

ご指摘頂きありがとうございます。
料理名なども含めて改善していきたいと思います。

またの御来店心よりお待ちしております。

口コミが参考になったらフォローしよう

ガレットブルトンヌ

ガレットブルトンヌ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ガレットブルトンヌ(2756)さんの他のお店の口コミ

ガレットブルトンヌさんの口コミ一覧(2565件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ヴァリノール (Valinor)
受賞・選出歴
2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

ジャンル フレンチ
予約・
お問い合わせ

03-6383-5148

予約可否

予約可

料理はお任せで御用意しておりますので、御予約時に苦手食材、アレルギーをお伺いしております。当日では、対応不可な事もございますので、事前にお伝えください。

住所

東京都杉並区荻窪4-32-7 アマン 1F

交通手段

JR、東京メトロ丸の内線荻窪駅南口を出て徒歩約3分
アメリカンエキスプレスの向かい。

荻窪駅から363m

営業時間

【昼】 11:30~15:00(L.O.13:00)
【夜】 18:30~23:00(L.O.20:30)

日曜営業

定休日

月曜日, 第1,第3の火曜日 ※ 月曜日が祝祭日の場合は、翌日火曜日が定休日となります。

予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥4,000~¥4,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥8,000~¥9,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料10%、チャージ料なし

席・設備

席数

18席

(テーブルのみ)

個室

(2人可、4人可)

ガラス張りの半個室が1つ。

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

2013年10月より御近隣のお客様からの御要望が多いため、
当日10歳以上のお子様より来店可能に致しました。

ドレスコード

短パン、ビーチサンダル類、クロックス等
極度の軽装はお控えくださいませ。

ホームページ

http://www.valinor2011.com/

オープン日

2011年4月11日

備考

《平日》
【昼】 3,500円 / 5,000円
【夜】 7,800円 / 10,800円 
《土・日・祝日》
【昼】 5,000円
【夜】 7,800円 / 10,800円 

※メールでの予約不可
※自転車での御来店は御遠慮頂いております

初投稿者

Bush WarblerBush Warbler(12)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

食べログ特集

ページの先頭へ