軽食を食べる目的で訪れた昼のほうが印象深かったです。 : 三茶酒家 香港バル213

三軒茶屋駅徒歩1分♪三角地帯の中華バル!

三茶酒家 香港バル213

(サンチャシュカホンコンバルニーイチサン)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.53
  • サービス 3.49
  • 雰囲気 3.51
  • CP 3.52
  • 酒・ドリンク 3.43
  • 行った 279人
  • 行きたい 2642人

評価分布

この口コミは、みにたろうさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

みにたろう

みにたろう(1087)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・東京都

2

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999¥2,000~¥2,999
2回目

2018/06訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

軽食を食べる目的で訪れた昼のほうが印象深かったです。

三茶酒家「香港バル213」(サンチャシュカホンコンバルニーイチサン)再訪。
さっそく、週末の夜に訪問。
キャパシティの面を考え2名で予約をしていますが、混雑時は2時間制になるのだそう。
エコー仲見世商店街は昭和な玉手箱で、いわば、のん兵衛パラダイス。
2次会の旅へ出ることをもくろむ私達には無問題です。

リザーブされていたのはカウンター席に直列するテーブル席。
ハイチェアなので、座り降りには注意を払わなくてはならない感じです。

お通しはザーサイ。@280(外税)×2
まずはビールを頼もうとドリンクメニューを開く。
生ビールは置いていないため朝日啤酒(アサヒスーパードライ)@520(外税)×3をチョイス。
お腹を冷やすことを嫌う中国の方は一般的にぬるい常温ビールを飲まれますが、
蒸し暑さに喘ぐ私達には、これでもかっ!というほどキンキンに冷えたビールが
本当にありがたい。一気飲みでした。
次はグランドメニューから料理選びの作戦タイム。オーダーしたのは——。

自家製チャーシュー@720(外税)
のちにレシートを確認すると脆皮燒肉とのこと。
ですが、カリカリっとした食感を表す“脆”の字が入ること自体疑問。
クリスピーポークではありませんし、チャーシューというより煮豚なのでは?
チャーシューへの架け橋はサイドに置かれた玫瑰露酒が香る叉燒醤的食味のタレ。
煮豚に自制叉燒醤を添えて、という印象です。

咖哩墨魚丸(イカ団子とウズラのカレーソース)@620(外税)
蒸籠でのサーブ。香菜をトッピングに
ひと口サイズのキュートないか団子はすり身に細かくカットした身も入り、
ボール状のさつま揚げのよう。
カレーソースはひと晩寝かせた日本の家庭のカレー風で、本場のものとは
違うのではないか?と思いつつオモチャっぽさも憎み切れない気安い味わいです。

廣東燒賣(広東風シュウマイ)4個@560(外税)
デフォルトは3個で@420(外税)
今回、1人2個食べれるよう店員さんが個数調整の提案をしてくれました。
味はついているためそのままで——。
サジェスチョンどおりにいただくと、
黄色いシューマイ皮で包まれてはいますが、頂には魚卵ではなく当店のXO醤的な
ポジショニングを果たすのか、干し貝柱をほぐし調味したもののよう。
少し合成的な甘さを感じ、また、歯触りがしっかりした肉餡は、
不自然な水っぽさがあるのに、そのものの味が濃い。
調味のバランスが狂ったのか、これは化調を使いすぎのように思います。

牛腩撈麵(牛バラまぜ麺)@980(外税)
麺は、幼麺(極細)・粗麺(平打)・河粉(米粉)・蝦子麺(海老/100円)の
4種類から選べるシステム。
グランドメニューを見ると、価格の前にオススメの麺のタイプが記されています。
柔らかく煮込まれた牛バラ肉に茹で野菜とオイスターソースが相乗りし、
ここでも“ほぐし”のスープがセット。
牛バラまぜ麺には平打タイプがおすすめ。
茹でた乾麺を牛バラ肉に混ぜ合わせるようにいただくとジャンクなオモチャ感が炸裂!
主観ですが、肉を乗せる際にタレも入っているので、ここにスープをかけると
味が薄まってしまうみたい。

甕紹興酒5年(デキャンタ大)@1,580(外税)を飲み終えたあとは、
2次会へと旅立ちのとき。
その前にと、鮮檸檬沙瓦(香港式生レモンサワー)@520(外税)を追加注文。
スライスした檸檬が数枚入り、これが香港を表しているのかもしれませんが
味はドライなレモンチューハイ。
これじゃあ、のん兵衛は酔わないわ。——ということで、
会計は1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

店は大盛況。予約がなく、またタイミングが合わず満席で入店を諦める
お客様もちらほらいて、香港をテーマにバル展開する経営のうまさを体感しましたが、
昼・夜利用した自分としては、夜に登場する冷盤・熱盤及びチョイスした點心に
イメージとのズレを感じ、結果、割高にも思え、
軽食を食べる目的で訪れた昼のほうが魅力的に思えました。

  • 三茶酒家 香港バル213 - 牛腩撈麵(牛バラまぜ麺)

    牛腩撈麵(牛バラまぜ麺)

  • 三茶酒家 香港バル213 - 咖哩墨魚丸(イカ団子とウズラのカレーソース)

    咖哩墨魚丸(イカ団子とウズラのカレーソース)

  • 三茶酒家 香港バル213 - 廣東燒賣(広東風シュウマイ)

    廣東燒賣(広東風シュウマイ)

  • 三茶酒家 香港バル213 - 自家製チャーシュー

    自家製チャーシュー

  • 三茶酒家 香港バル213 - お通し

    お通し

  • 三茶酒家 香港バル213 - 鮮檸檬沙瓦(香港式生レモンサワー)

    鮮檸檬沙瓦(香港式生レモンサワー)

  • 三茶酒家 香港バル213 -
1回目

2018/06訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

香港を意識したメニューが揃う三茶酒家

三茶酒家「香港バル213」(サンチャシュカホンコンバルニーイチサン)
最寄駅は三軒茶屋。
昭和な雰囲気の漂うエコー仲見世商店街に軒を連ねています。
土日はホリデーランチをやっているので世田谷特派員との女子ランチに提案し初訪問。
食べログ情報では席数20席ということですし、香港迷さんの注目を集める当店は、
開店と同時に満席になってしまうのではと今回ランチダッシュを遂行。
これが功を奏したのか、入り口近くの3名掛けのテーブル席に着座でき、
ほっと安堵したところで見回すとカウンター席とテーブル席でレイアウトされた
店内は想像していたよりも、もっと小ぢんまりと感じられました。
ともあれスムーズに入店が叶い、第一関門を突破したことは感無量の喜びです。

卓上にはランチメニューが置かれ、狭い空間を上手く使い調味料や箸、
傍らには取り皿、取り碗などをセット。利用者が必要に応じ使える仕様です。
シェアすることを念頭に料理を違えて注文。
また、土日は好きな麺・粥・飯にセットできる休日午餐套餐(HolidayLunchset)が
あり、その内容は以下のとおり。
・小籠包+デザート+茹で野菜@500
・ミニ牛バラ煮込み飯@280
・春巻き(2本)@280
割増料金により、どれをプラスするかは自由ですが、私達はセットも違え、
ちょこちょこ楽しむ算段。その前に休日の昼酒をと、ランチビール@460×2で乾杯です。

友人の選んだセットは、小籠包+デザート+茹で野菜
歯触りを残す茹で野菜にはオイスターソースを添えて提供。

小籠包は針生姜を浮かべたタレをセット。
私も1個いただきましたが、肉汁を含んだスープがじゅわっとあふれ肉餡はふんわり。
これが500円のセットに組まれていることを考えると、お得感ありです。

鮮蝦雲吞麵(特製海老ワンタン麺)@850(税込@910)
天地返しを必要とする王道派のビジュアル。これだけで胸が高鳴ってしまうー。
醤油味をベースにスープには大地魚粉を使っているのかしら。
微かにですが風味が感じられ、麵は中心に強い芯がある、とまではいきませんが、
緩やかにゴムっとした歯触りで、かなり本場に寄せ、作ってくれていることに大興奮!
ここで欲を言えばなのですが、雲吞にエビをまるまる使ってくれているのは
嬉しいのですが、厚みがありメタボな皮が主役の座を脅かし、大切な第一印象を
もっていってしまい気味で勿体無く思います。
エビにはもっとグラマラスに主役へと躍り出て欲しいなあ。
とは言っても、たまたまだったのかもしれませんし、何度か利用し食べてみないと
正確なところはわかりませんよね。
主観による細かなことですし、私としては香港を意識したメニューが揃っていること、
それだけでウキウキした気分になれるのですから。

蝦雲吞蝦子麵(海老ワンタン蝦子まぜ麺)@1,080(税込\1,160)
汁なしまぜ麺には上湯つき。
茹で野菜と海老ワンタンが相乗りする小贅沢なスタイルで供され“ほぐし”のスープは
先ほどの海老ワンタン麺のスープよりやや醤油が勝った感じ。
こちらには、もちろん卓上のチリソースを使って。
酸味のある辛さが味を引き締め美味しさも一段とアップするのであります。

私の選んだセットは、ミニ牛バラ煮込み飯
八角などクセの強い香辛料は控えめですが、牛バラ肉はとろんとろんに煮込まれ、
長粒米を使い炊飯したライスと好相性。
タレのしみた飯がまた美味く、ここでも途中からチリソースを活用。
がっちり麺も食べているのに、ぺろりと平らげてしまいました。

デザートはピーカンナッツの飴炊きをトッピングした杏仁風味のアイス
ひと口食べましたが、丁寧に作ったことが伝わる味でなかなか美味い。

会計は1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)
退店時にはポイントカードと飴ももらえました。
私にはちょっと気になるお店です。

  • 三茶酒家 香港バル213 - 蝦雲吞蝦子麵(海老ワンタン蝦子まぜ麺)

    蝦雲吞蝦子麵(海老ワンタン蝦子まぜ麺)

  • 三茶酒家 香港バル213 - 鮮蝦雲吞麵(特製海老ワンタン麺)

    鮮蝦雲吞麵(特製海老ワンタン麺)

  • 三茶酒家 香港バル213 - ミニ牛バラ煮込み飯

    ミニ牛バラ煮込み飯

  • 三茶酒家 香港バル213 - ピーカンナッツの飴炊きをトッピングした杏仁風味のアイス

    ピーカンナッツの飴炊きをトッピングした杏仁風味のアイス

  • 三茶酒家 香港バル213 - 小籠包

    小籠包

  • 三茶酒家 香港バル213 - 茹で野菜

    茹で野菜

口コミが参考になったらフォローしよう

みにたろう

みにたろう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

みにたろう(1087)さんの他のお店の口コミ

みにたろうさんの口コミ一覧(1346件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 三茶酒家 香港バル213 (サンチャシュカホンコンバルニーイチサン)
ジャンル 中華料理、バル・バール、ラーメン
予約・
お問い合わせ

050-5594-9821

予約可否

予約可

※お席のご利用は2時間制となっておりますが、混雑時は90分制をお願いすることがあります。

住所

東京都世田谷区三軒茶屋2-13-17

交通手段

三軒茶屋駅より徒歩1分(エコー仲見世商店街)
※最寄り出口「世田谷通り口」

三軒茶屋駅から109m

営業時間

月・水・木・金・土・日(ディナー)
15:00~25:00(L.O 24:00)

土・日(ホリデーランチ)
11:30~14:30(L.O 14:00)

日曜営業

定休日

火曜日(祝日の場合は営業)

予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼] ~¥999
予算(口コミ集計)
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー可

(交通系電子マネー(Suicaなど)、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)

席・設備

席数

20席

(6名席×1、4名席×2(2名席×4)、3名席×1、カウンター)

個室

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙 分煙

ランチタイム(14時まで)は完全禁煙となります。

駐車場

近隣駐車場・駐輪場あり

空間・設備

オシャレな空間、カップルシートあり、カウンター席あり、ソファー席あり、立ち飲みができる、電源あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

飲み放題コース

3000円~4000円の飲み放題コース、4000円~5000円の飲み放題コース

コース

3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース

ドリンク

焼酎あり、ワインあり、焼酎にこだわる、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、健康・美容メニューあり、英語メニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい

こんな時によく使われます。

サービス

テイクアウト

お子様連れ

お子様不可(ハイチェアのため)

公式アカウント
オープン日

2018年2月13日

電話番号

03-6805-3923

初投稿者

y.tagy.tag(414)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ