Team Lallium : レストラン ラリューム

白金台に誕生した至福のレストラン

レストラン ラリューム

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.06
  • サービス 3.06
  • 雰囲気 3.06
  • CP 3.06
  • 酒・ドリンク 3.07
  • 行った 29人
  • 行きたい 351人

評価分布

この口コミは、goro58397さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

goro58397

goro58397(312)さんの口コミ50代前半・男性

2

  • 夜の点数:4.8

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.8
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.5
    • | 酒・ドリンク4.8
  • 昼の点数:4.8

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.8
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.5
    • | 酒・ドリンク4.8
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999¥20,000~¥29,999
2回目

2018/10訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.8
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

Team Lallium

オープンから約2か月が過ぎたこの日、カウンターでの食事を楽しみたく予約です。

ジョンティ アッシュさんでの最後のランチ訪問時にシェフの笑顔でおっしゃた言葉が思い浮かびます。
「やりたいことがたくさんあるんです」
レストラン ラリュームとして最初の訪問時、カウンター内で料理をされる進藤シェフの楽し気な姿、まさにやりたかった事の一つなんですね♪
ご自身が料理をされる姿を見せるライブ感を持たせた演出もあるのでしょうが、実は進藤シェフがお客様の料理への反応をダイレクトに感じたかったのではないかな。今回カウンターで食事をしながら、シェフがお客様へ送る視線を垣間見ることでそんな事を連れと話してました。

今回のランチは『Menu Degustation』10,800円(税込み)
魚・メイン料理で食材により追加料金が発生するメニューもあります。
ワインペアリング10,000円 5杯
ワインペアリング7,000円 5杯
料理の内容によりワインセレクトが違う為と、量を通常より少な目でお願いした分で差があります。
ミネラルウォーター500円
シャンパン1,900円
サービス料10%

☆L'AMUSE-BOUCHE
森林鳥白レバー・ハモンセラーノを詰めたグジェール
こちらは定番の一口で頂く小さなシューです。白レバーのムースとルバーブのコンフィチュールのシューは、レバームースの濃厚さにルバーブの甘酸っぱさが合います。もうひとつはハモンセラーノ(スペインの生ハム)の塩味とチーズを混ぜたグジェールがこれまた素敵な出会いです♪ シャンパンが進んでしまいます♪

☆LA SANMA
ラ サンマですよ!
シェフの思い、「秋刀魚の塩焼き」をフレンチにアレンジするとこの料理になるんですね♪
とても美味しいですよ♪
下にはサクサクっとしたパイ生地にズッキーニ・トマトのタルトの酸味が程よく、新秋刀魚に合わせたラディッシュは大根おろしをイメージし、エシャロットと酢橘を搾って香り豊かに仕上げてます。お皿の脇には秋刀魚の肝の部分をニンニクと炒め臭みを取られたソースが品の良い苦みとして添えられてます。これら全ての食材をパクリと頂くと、そこには秋の風景が拡がり、あ~なんて素敵な取り合わせなんでしょう♪ 秋刀魚の焼き色にラディッシュのピンク色が映え見た目も美しい秋を演出してますね♪
 “C’est bon”

☆栗かぼちゃのスープ
まさに栗の味がする温かなかぼちゃスープ。中には生食ができる黄色いかぼちゃコリンキーを刻み入れ、栗かぼちゃとコリンキーの食感の違いが楽しいです♪

☆ルクセンブルクから空輸のバゲット
今回はこの料理を心ゆくまで堪能する為に、全てをお持ち帰りしました。
このバゲット、とても食感が素晴らしく、他では味わうことは出来ないと連れと二人でにんまりです(^^♪

☆LE CRABE
北海道産毛蟹とフルーツトマトのムース 長茄子のタルタルをルッコラのエスプーマで覆い、花穂紫蘇をアクセントに
丸いお椀の中からグリーンが美しい料理が出現しました!本当に鮮やかな緑色です。
「わぁ~あ」感動の声が隣の連れから発せられます!それだけ目にも鮮やかなインパクトが強烈なのです♪ルッコラのエスプーマに茄子のチップスを散りばめ花穂紫蘇の紫の配色が映えます。
一番下には、毛蟹の身がふんだんにありますよ!今回の毛蟹は築地最後の毛蟹だそうなので、とても感慨深いです。
トマトのムースは甘みと酸味を、ルッコラはほのかな苦みを演出し、全てを一緒に頂くとそれはもう形容し難い美味しさに包まれます。連れが「燻した燻製のような味がする♪」と言ってますが、ほんとに~とあたくしは信じていませんその時点では。食べ進むうちに、あれれ?確かに燻した香りがするような。そうなのです。茄子の皮目を焼いた香りが少し焦げたような燻製の様な風合いを醸し出しているんです。凄いなこの女子はΣ(・ω・ノ)ノ!
味覚が優れているんです本当に!
毛蟹の繊細な味を感じながら、色々な食材の特徴がちょこっとずつ顔を出して、とても美味しく楽しいです(^^♪

☆LE FOIE-GRAS
フォアグラのブランシャ焼きと黒無花果のキャラメリゼとタルタル
こちらも進藤シェフならではのメニューですが、季節に合わせて食材を変えることで調理自体もアレンジされて素晴らしく美味しいんですよ♪今回は黒無花果をキャラメリゼした甘さに、ツルムラサキの苦みと黒胡椒のクランブルを合わせています。
上質なフォアグラは上品な脂とふんわり滑らかな食感が素晴らしいです。黒無花果の甘さの中にキャラメリゼした僅かな苦さとツルムラサキがとても素晴らしく調和してます。
更には、熊澤氏のセレクトされたワインが、ブドウを樹になったままの状態で干しブドウにし収穫後にワインにされた物。
これが貴腐ワインとはまた違った甘みがある重厚な味に、フォアグラのブランシャ焼きが抜群に合うんです♪
パーフェクトです料理もワインも(^O^)/

☆L'ORMEAU +5,500円(私のオーダー)
島根県産黒鮑 加賀蓮根 マコモタケ
8時間じっくり丁寧に酒蒸しにした黒鮑、黒いダイヤモンドです。ジョンティ アッシュさんでも頂きましたが、本当にこれは美味しいです。シェフが島根の漁師さんより直接仕入れている極上品です。この柔らかさはたまりません!エシャロットのコンディモンがコクがあって黒鮑に少しアクセントを加え、なんとも言えない美味しさが溢れています。余計な味付けはせず、シンプルに美味しさを追求された料理は流石に非の打ちようがありません。
加賀の蓮根がデンプン質が多くねっとりとした食感が鮑の柔らかさにマッチし、マコモダケの独特な味と食感とも合い、組み合わせで味と食感の変化が楽しめます。値段は高いですが、この食材の味を実感したなら納得できると思います。

☆LE DAURADE(連れのオーダー)
青森県産天然真鯛のポワレ 枝豆とジロール茸のフリカッセ マッシュルームのエキューム
こちらも一口頂いた瞬間に皮目の香ばしく焼かれたパリッとした食感に、身はふっくらと、枝豆の食感と香りが楽しく美味しい逸品です!食材が本来持つ美味しさを最大限に活かした火入れ具合は進藤シェフならではの料理です。今更ですが、もう一口連れにおねだりしておくべきだったと後悔しています(笑)

☆子羊のロースト+1,000円(私のオーダー)
メニューには無かったのですが、進藤シェフがよろしかったらと言っていただきましたのでお願いしました。この時点でお腹はだいぶ満たされてきましたので、予めボリュームを落として注文です。
ニュージーランド産の子羊は、とても柔らかく、子羊独特の脂が甘みがあって美味しいです。ナイフがLAGUIOLEですので、スッと切れ味抜群です。
味付けはシンプルに塩と胡椒。表面のパリパリさにジューシーな肉質が美味しいです。添えられて季節野菜が色鮮やかです。中でも珍しかったのは、能登野菜のバナナピーマン。形がバナナに似ているから名付けられたそうですが、これが少しピリッと辛みがあってお肉に合うんですとっても。

☆LE CANARD+3,200円(連れのオーダー)
フランスシャラン産マダムビュルゴーの鴨胸肉のロースト 赤ワインビネガーと蜂蜜でラッケ セップ茸のデュクセルと新牛蒡を添えて
こちらは流石に私もお腹が膨満状態ですので、ほんの一口頂きましたが、鴨独特の食感と旨味に酸味と甘みが調和したソースがいい取り合わせで旨旨でした。使っている蜂蜜は三浦産で、とても濃厚なタイプ、進藤シェフこだわりの蜂蜜だそうです。

☆LE MUSCAT
一つ目のデザートです。
シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズヴェールのエスプーマ
ライムの爽やかな酸っぱさにシャインマスカットの甘さが際立ち美味しいです。
「リキュールの女王」と称されるシャルトリューズでカクテルを作るイメージでのデザートとの事。
甘さはシャインマスカットの甘みの大人なデザートです。

☆LE CHOCOLAT NOIR
丹波産和栗の渋皮煮とショコラの熱々スフレ カシスをアクセントにグラスヴァニーユを添えて
他のお客様に提供される光景を見ながら、あれは間違いなく美味しいと感じてました。連れも同じことを言ってますので間違いないでしょう。目の前に置かれた瞬間に、チョコの甘い香りが私を誘惑してきます。これは別腹!(^^)!
まずはスフレを一口、あ~なんて芳醇なチョコの甘さと苦みなんでしょう!それに熱々でとろけてます。私も連れもメロメロに溶けてしまいました。少し食べたら、スフレにバニラアイスを投入です。これがまたアイスが溶け出してトローリ!中にヘーゼルナッツがころころとあり、食感と味にアクセントが加わります。
お代わりしたかったです('ω')

本日のランチは全席満席、個室も入られてましたので、スタッフはじめ進藤シェフは大忙し。
いやいやそんな事は微塵も感じませんでした。
タイトル『Team Lallium』はまさにチームワークの素晴らしさを表現したつもりです。
オープン時には、やはり正直申しまして、連携が上手く噛み合っていない感じがありました。お店の作りがジョンティ アッシュさんとは異なりますから当然戸惑います。
本日は、ゆとりのあるおもてなしを十二分に堪能させていただきました。
目の前では進藤シェフが料理をされ、その楽し気な姿に引き込まれてしまいます。
熊澤氏のソムリエとしての的確なワインセレクトは、料理との相性がとても優れ、説明もなるほどと頷いてばかりでした。
なんて素敵な空間に美味しい料理、お客様の笑顔と談笑がどのテーブルからも垣間見えます。

この日は、進藤シェフのお母さまが来店されてました。ご友人のお誕生日を息子さんのお店でお祝いをされてました。
シェフから紹介をされ、あららそんなそんなと言いつつ、「素敵な息子さんですね」なんて言ってしまいました。
でも素敵ですよね、うらやましいです。孝行息子じゃないですか。
進藤シェフはお母さま似です。

気付けば入店から3時間30分以上が・・・いつも長居をしまして(;^ω^)
ごめんなさいね、まかないランチが遅くなってしまいますね。きっとみんなお腹がグゥ~っと鳴いてますよね。ちなみに前日はカレーうどんがまかないだったそうですが、凄く美味しいそうですよ。次回はまかないを一緒に頂きたいな(^^♪

カウンターでの食事は、やはり特等席でした。シェフが何気に聞き耳をたててらして、色々食材を教えて下さりました。
次回もカウンター狙いです間違いなく。
本格的に寒くなってからディナーで訪問します('ω')ノ

シェフをはじめ熊澤様にスタッフ様、いつも皆様の笑顔や優しさにほっこりと楽しい食事を満喫しています。
素晴らしいチームワークです(^O^)/

ごちそうさまでした。


  • レストラン ラリューム - 新秋刀魚・ズッキーニ・トマトのタルト 肝のコンディモンと酢橘の香りで

    新秋刀魚・ズッキーニ・トマトのタルト 肝のコンディモンと酢橘の香りで

  • レストラン ラリューム - 北海道産毛蟹とフルーツトマトのムース 長茄子のタルタルをルッコラのエスプーマで覆って花穂紫蘇をアクセントに

    北海道産毛蟹とフルーツトマトのムース 長茄子のタルタルをルッコラのエスプーマで覆って花穂紫蘇をアクセントに

  • レストラン ラリューム - フォアグラのブランシャ焼きと黒無花果のキャラメリゼ ツルムラサキと黒胡椒のクランブルをアクセントに

    フォアグラのブランシャ焼きと黒無花果のキャラメリゼ ツルムラサキと黒胡椒のクランブルをアクセントに

  • レストラン ラリューム - 栗カボチャのスープ

    栗カボチャのスープ

  • レストラン ラリューム - 島根県産黒鮑8時間蒸し 加賀蓮根 マコモダケ

    島根県産黒鮑8時間蒸し 加賀蓮根 マコモダケ

  • レストラン ラリューム - 黒鮑が実に上質な味わいと食感

    黒鮑が実に上質な味わいと食感

  • レストラン ラリューム - 青森県産天然真鯛のポワレ 枝豆とジロール茸のフリカッセ

    青森県産天然真鯛のポワレ 枝豆とジロール茸のフリカッセ

  • レストラン ラリューム - ニュージーランド子羊のロースト

    ニュージーランド子羊のロースト

  • レストラン ラリューム - フランスシャラン産マダムビュルゴーの鴨胸肉のロースト

    フランスシャラン産マダムビュルゴーの鴨胸肉のロースト

  • レストラン ラリューム - ルクセンブルクのバゲット

    ルクセンブルクのバゲット

  • レストラン ラリューム - 森林鶏白レバー・ハモンセラーノを詰めたグジュール

    森林鶏白レバー・ハモンセラーノを詰めたグジュール

  • レストラン ラリューム - シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズヴェールのエスプーマ

    シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズヴェールのエスプーマ

  • レストラン ラリューム - 丹波産和栗の渋皮煮とショコラの熱々スフレ

    丹波産和栗の渋皮煮とショコラの熱々スフレ

  • レストラン ラリューム - ハーブティ

    ハーブティ

  • レストラン ラリューム - 小菓子

    小菓子

  • レストラン ラリューム - シャンパンからスタート

    シャンパンからスタート

  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム - この赤は素晴らしく美味しかったです

    この赤は素晴らしく美味しかったです

  • レストラン ラリューム - よく切れますよ!

    よく切れますよ!

  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム - 進藤シェフが目の前で料理をされてます カウンター最高!

    進藤シェフが目の前で料理をされてます カウンター最高!

  • レストラン ラリューム - Team Lallium 皆様ありがとうございました

    Team Lallium 皆様ありがとうございました

1回目

2018/08訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.8
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

祝 開店 Restaurant L’allium

待ちに待ちました、進藤シェフはじめスタッフ様達との再会を。
ジョンティ アッシュから独立された進藤シェフの新しいスタートです。
オープンは8月1日。
開店前の準備状況をFacebookで見ていましたが、この開店にかける進藤シェフとスタッフ様の意気込みは相当な物です。
開店準備中、進藤シェフがTV番組“ジョブチューン”に出演なさる姿を拝見しましたが、なかなかの辛口評価に笑みが浮かんでしまいました(^O^)

お店は、フレンチの『OZAWA』さんが移転した跡地にそのまま入り、お店の一部を改装したり、シェフとスタッフ全員で家具などを修繕し、歴史ある佇まいを残しながら継承するスタイルでのスタートです。

ジョンティ アッシュさんより天井が高く、壁の色も木の風合いを感じるような色調で以前より明るいイメージです。
何よりも、カウンターが一枚板で店内奥に有り、進藤シェフや調理スタッフさんの料理がライブで見れるのが素敵です。
調理する音や香りがダイレクトに感じられ、いい演出です。

本日は予約のお客様で満席、流石です。

いただいたコース《Menu L’allium》¥16,300(税込)サービス料10%別途
シャンパンからスタートしワインはお料理に合わせてのペアリングで。

◎スペシャリテ
とうもろこしの冷製スープでスタート
夏らしい一品、冷たい器に冷たいスープで暑い中訪問のほてりが穏やかに引きました。

◎L'AMUSE-BOUCHE
森林鶏白レバー・活帆立のタルタルを詰めたグジェール
可愛らしいプチシューの中に、帆立とキャビア・鶏白レバーをそれぞれ入れている物で、一口でパクリといただきます。こちらはジョンティ アッシュさんでも提供されていたお料理です。

◎ルクセンブルクから空輸の生地をお店で焼いたバゲット
こちらは依然と変わらずいただける事を知り、大きく安堵しました。この味わいと食感は他ではなかなか体験できないですから、非常に嬉しいです。オリーブオイルとバルサミコ酢も添えらてますが、何も付けづに十二分に美味しいバゲットです♪

◎LE AYU
鮎のベニエ 茶豆のリゾットと胡瓜のコンディモン
稚鮎をからりと揚げる音が、カウンター奥のキッチンから聞こえてきます。また香りが鼻をくすぐり、期待度がぐんぐん高まります!進藤シェフが笑顔で調理する姿を見るにつけ、あ~お料理が好きなんだな~そう感じていました。茶豆のリゾットがチーズの風味がさほど強くなく、お米自体の味わいがとても感じられます。茶豆の食感がまたいいアクセントです。鮎の個性豊かな味に胡瓜がとても相性がいいんです。これは美味しいですよ!

◎LE AUBERJINE
北海道産生雲丹と香り豊かなコンソメジュレ 水茄子のタルタルを焼き茄子のムースリーヌで覆い花穂紫蘇をアクセントに
焼き茄子のスモーキーな香り、雲丹の磯の風味に水茄子の優しい食感をクリーミーなムースで包んだ、とても複雑な味わいが口に拡がりますが、とても旨味を感じる絶品料理です!女性スタッフ様もこちらが大好きだとか(^^♪ 残った際にはまかないで出される事もあるそうです。いいな~こちらのまかない料理が気になりますとても(笑)

◎LE FOIE-GRAS
フォアグラのブランシャ焼きと黄金梅のハーモニー ツル紫の苦みと黒胡椒のクランブルをアクセントに
こちらは進藤シェフのお得意のメニューです。貴腐ワインと共に食しますが、貴腐ワインの甘味と濃厚なフォアグラのランデブーが素晴らしいの一言につきます。梅のソースの甘酸っぱさに、ツル紫の程よい苦み、さらには黒胡椒の風味がフォアグラと相まって、大好きですこのお料理が(・ω・)ノ

◎LE HOMARD
オマールブルトンのロティ 松茸のグリエとソースコラリーヌ マッシュルームのエキュームと共に
最高級のオマールブルトン、これは凄いですね海老の旨味が凝縮された夏のスペシャル食材!ブルターニュ地方などで獲れる青みがかったオマール、日本へ輸入の際には木箱に入れて大事に扱われるそんな食材に、早くも松茸をグリルして添えてますよ。オマールは半生の焼き加減でたまらないな~この旨味たるや。

◎LE ONAGADAI
鹿児島産尾長鯛のブランシャ焼き ズッキーニのフォンダンに乗せて ペルノー酒香るクリアなトマトのエッセンスで
鯛の皮目の焼き加減がいいです、身はふっくらと皮目はしっかりとした食感で、焼き色の見た目の美しさに旨味たっぷりなお料理を堪能しました♪♪

《メインをセレクト》
連れ合いは
◎LE PIGEON
フランス産小鳩を藁の薫香をつけてロースト ジロール茸と万願寺唐辛子を添えて
小鳩の色々な部位を楽しめる一皿(胸肉・ささ身・ハツ・砂肝)皮が香ばしく焼かれてこれは美味しいです!肉質も柔らかく、さっぱりといただけます。

◎LE FILET DE BEUF
熊本産あか牛フィレ肉のロースト 夏野菜とオーストラリア産最上級トリュフを香らせて +¥1,500
とてもジューシーな肉質に旨味たっぷりなフィレ肉に、更にトリュフの香りが素晴らしい絶品ローストです。

ーデザートー
◎LE MUSCAT
シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズヴェールのエスプーマ
シャインマスカットとは贅沢なデザートです(^^♪ 白ワインのジュレに粒状のマスカット、ホワイトチョコとシャルトリューズ(リキュール)のエスプーマ、ライムの香りを付け皮もすりおろし風味付けされた、爽やかなデザートです。

◎LE PECHE BLANCHE
白桃と黒文字のかき氷
かき氷をイメージしてつくられ、桃のコンポート・桃のソルベが中に。うえからザクザクットすくっていただきます。木村硝子さんの涼し気な器が素敵です。

◎フレッシュアップルミントティーと小菓子

季節感に溢れるメニュー構成は流石ですね。どのお料理にもしっかりとしたコンセプトが感じられ、その食材の旨味や特性を十分に引き出しながら、進藤シェフの独創性が秀でた物ばかりです。何と言っても、お料理をされているシェフの楽し気な姿や笑顔がとても印象として残りました。お料理が好きなんですね。お皿にソースを盛り付ける際の真剣な眼差しも拝見する事ができました。カウンター越しで直に見られるって、とてもワクワクしてしまいます。
ジョンティ アッシュさんでの最後の日に「やりたい事がいっぱいあるんです」そうおっしゃった進藤シェフの今後、ますます目が離せません。

熊澤氏のワインセレクト、もう全てを任せてしまってますが、本当にそのお料理に間違いない的確な提供は凄い事だと思います。また会話が楽しいんです。物腰も柔らかく、素敵な笑顔についわたくしも饒舌に!(^^)!
まだ新しい環境で、皆の連携がうまくとれていないとおっしゃてましたが、そんな事は我々からは微塵も感じられませんでした。ただ、オープンな店内が以前よりお客様の目線が常にそばにあるので、緊張もするでしょうし、動きの連携がしっくりこなかたりするのでしょうか。常にスタッフ同士で耳打ちしながら、お客様の食事の進行状況を把握なさる光景は、やはり素晴らしいと感じました。
皆様でミシュラン獲得を目指しているとの事、大きな目標実現にスタートしたラリューム、目が離せません。

気付けば、入店から既に3時間を過ぎてます。
いつも長居をしてしまうんです(笑)
居心地がいいんですとても。

次回は、連れ合いとカウンターでランチ訪問したいと思っております。
進藤シェフのお料理はもちろん、素晴らしい笑顔のスタッフ様、本日もありがとうございました。
また会える日を楽しみにしてます。

ごちそうさまでした。


  • レストラン ラリューム - とうもろこしの冷製スープ

    とうもろこしの冷製スープ

  • レストラン ラリューム - 森林鶏白レバー・活帆立のタルタルを詰めたグジェール

    森林鶏白レバー・活帆立のタルタルを詰めたグジェール

  • レストラン ラリューム - 鮎のベニエ 茶豆のリゾットと胡瓜のコンディモン

    鮎のベニエ 茶豆のリゾットと胡瓜のコンディモン

  • レストラン ラリューム - 北海道産生雲丹と水茄子のタルタルを焼き茄子のムースリーヌで覆い

    北海道産生雲丹と水茄子のタルタルを焼き茄子のムースリーヌで覆い

  • レストラン ラリューム - フォアグラのブランシャ焼き 黄金梅のハーモニー

    フォアグラのブランシャ焼き 黄金梅のハーモニー

  • レストラン ラリューム - ルクセンブルクから空輸のバゲット

    ルクセンブルクから空輸のバゲット

  • レストラン ラリューム - オマールブルトンのロティ 松茸のグリエとソースコラリーヌ

    オマールブルトンのロティ 松茸のグリエとソースコラリーヌ

  • レストラン ラリューム - 鹿児島県産尾長鯛のブランシャ焼き

    鹿児島県産尾長鯛のブランシャ焼き

  • レストラン ラリューム - フランス産小鳩のロースト

    フランス産小鳩のロースト

  • レストラン ラリューム - 熊本産あか牛フィレ肉のロースト

    熊本産あか牛フィレ肉のロースト

  • レストラン ラリューム - シャインマスカットとライムのソルベ

    シャインマスカットとライムのソルベ

  • レストラン ラリューム - 白桃と黒文字のかき氷

    白桃と黒文字のかき氷

  • レストラン ラリューム - アップルミントティー

    アップルミントティー

  • レストラン ラリューム - 小菓子

    小菓子

  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム - 正面カウンターテーブル

    正面カウンターテーブル

  • レストラン ラリューム -
  • レストラン ラリューム - 左:進藤シェフ 右:熊澤氏

    左:進藤シェフ 右:熊澤氏

  • レストラン ラリューム - 調理中の進藤シェフ

    調理中の進藤シェフ

  • レストラン ラリューム - 手前の百合は私からお店への開店祝いのお花

    手前の百合は私からお店への開店祝いのお花

  • レストラン ラリューム - 開店祝いのお花

    開店祝いのお花

  • レストラン ラリューム - 開店祝いのお花

    開店祝いのお花

  • レストラン ラリューム - 店舗前の看板

    店舗前の看板

  • レストラン ラリューム - お店入口

    お店入口

  • レストラン ラリューム - 本日もありがとうございました。

    本日もありがとうございました。

口コミが参考になったらフォローしよう

goro58397

goro58397

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

goro58397(312)さんの他のお店の口コミ

goro58397さんの口コミ一覧(100件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 レストラン ラリューム
ジャンル フレンチ、モダンフレンチ、ワインバー
予約・
お問い合わせ

050-5595-9408

予約可否

予約可

▶お席のご指定につきましては、ご要望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。
▶アレルギーやお苦手な食材がある場合は、ご要望欄にご記入ください。
▶ご予約のお時間30分を過ぎてご連絡が取れない場合はやむを得ずキャンセル扱いとさせていただく場合がございますので、遅れる場合は必ずご連絡下さい。

住所

東京都港区白金台4-9-23 ツツイビル B1F

交通手段

都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩3分
JR山手線・東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩12分

白金台駅から249m

営業時間

【Lunch】
12:00~14:30(L.O.13:00)
【Dinner】
18:00~22:30(L.O.21:00)

日曜営業

定休日

月曜日を中心に月8日間(月曜祝日の場合は営業致します)

予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥3,000~¥3,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥20,000~¥29,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

チャージ料なし。サービス料10%頂戴致します。

席・設備

席数

24席

(テーブル14席・カウンター4席・個室6席)

個室

(2人可、4人可、6人可)

個室のご利用につきましては、平日ランチタイムはお一人様5,300円以上のコース、土日ランチタイムはお一人様11,300円以上のコースより承ります。 ディナータイムの個室ご利用につきましては、お一人様16,300円以上のコースより承ります。 お子様連れも承っております。

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

近隣のパーキングをご利用ください。

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、無料Wi-Fiあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 接待

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可(小学生可)

ドレスコード

スマートカジュアル
(サンダルやジャージ、不衛生な格好、極端にお店の雰囲気を壊される内容のコスチュームでのご来店は、お断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。)

ホームページ

http://restaurant-lallium.com/

公式アカウント
オープン日

2018年8月1日

電話番号

03-6456-4378

備考

貸切の場合は、着席時最大30名様、立食時最大60名様までご利用頂けます。
お気軽にご相談下さい。

初投稿者

K.ハミルトンK.ハミルトン(2771)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ