進化する美味しさ。(1902再訪)──「ラ ソスタ」 : ラ ソスタ

レストランランキングTOP5000

完全予約制 白金台隠れ家イタリアン

ラ ソスタ

(La Sosta【旧店名】イルーチ)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、森のコロちゃんさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

森のコロちゃん

森のコロちゃん(1492)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・東京都

3

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.4
    • | CP4.1
    • | 酒・ドリンク4.5
  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味4.4
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク4.3
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999¥8,000~¥9,999
3回目

2019/02訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.4
    • | CP 4.1
    • | 酒・ドリンク 4.5
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

進化する美味しさ。(1902再訪)──「ラ ソスタ」

今年初の「ラ ソスタ」@白金台さんへ。

マナちゃんに「酔い止め」の錠剤をもらい(お店でお薬をいただいたのは初めて・笑)、
宴会スタート(呆)。しっかりと飲むことがバレているのが辛い(汗)。


スタートは「CAVALLERI Franciacorta, 2014 Blanc de Blancs Saten Brut」
なめらかで上品な味わいのシャルド100%のスパークリング。
控えめで奥ゆかしい美味しさが持ち味。


○ストゥッツィキーニ:おつまみ

毎度お馴染みの一口サイズのおつまみ色々。
前回もいただいたチーズとトマトのハンバーガー、モルタデッラのパイ、
ハコベラとオカヒジキ(前回はクロムツ)に加え、ぶどうとチーズのムースなど、
少しずつアレンジが異なる。
「よくこんなに小さいサイズを色々と揃えるよねぇ!」と感心しながらいただく。
いずれも丁寧な仕事が成され、「ほほう!」とため息が出るようなお味。。。


○スフォルマート
「スフォルマート」とは、フレンチでいうところの「フラン」。
わかりやすくいえば「茶碗蒸し」(笑)。
たまごの殻の中には、繊細なテイストの毛ガニの茶碗蒸し、もとい、フランが!!
トマト味のブクブク(泡)と合わせていただく。。。まいう!!


○「Vernaccia di San Gimignano La Lastra 2016」
ヴェルナッチャ種100%のトスカーナ サン・ジミニャーノの辛口。
ダイナミックなミネラル感とイタリアの太陽の力強さを感じさせる爽やかな余韻。
がぶ飲み注意報発令(笑)。


○イニツィオ:ふきのとうと新玉ねぎ、モルタデッラ、チェチーナのスープ
チェチーナとは「ヒヨコマメ」のこと。ヒヨコマメはトスカーナでよく用いられる食材の一つだが、「
新玉ねぎ」「ふきのとう」と合わせて「プリマベーラ」=「春」を意識したアレンジで登場。。。
甘い新玉ねぎにほろ苦いふきのとうが合わさって優しい味わい。。。


○前菜:相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚
武田シェフの真骨頂でもある新鮮なお魚アレンジが色々と楽しめる一皿。
下から順々にじっくりと味わいながら上の方に上っていく。。。

・まだい
・ホウボウ
・あじのキャビア
・あおりいか
・あかえび
・あじ
・ぶり
・たちうお
・うるめいか
もう一種は失念(汗)。ちょっとずつ色々とお魚との相性を考えたアレンジが成されている。
あっさり系の味わいから少しずつ濃厚なお味へと変わっていくプロセスも楽しい。


○「Saturnino Rosato Salento Tenute Rubino 2017」
ネグロアマーノ100%のプーリアのロゼ。フローラルで果実味あふれる華やかな香りと
まろやかな味わい、そして濃いロゼ色が特徴的。お魚との相性もバッチリ!


○パスタ料理:相模湾あんこうとトマトバジル、からすみのパスタ
太めのパスタと合わせるのはあんこうとフレッシュトマト、そしてバジル。
ホコホコのあんこうが柔らかくてとても美味しい。
さらにボッタルガ(カラスミ!)カラスミをこれでもかーとトッピング。。。
程よい塩加減がこれまた絶妙!!


○「Timorasso Montecitorio Vigneti Massa 2012」
ティモラッソ100%のピエモンテの辛口。ミネラル感たっぷりのしなやかな味わい。


○「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」
ネッピオーロ100%のピエモンテのフルボディ。エレガントな味わい。。。


○白子のソースのカペレッティ
トリュフがたっぷりしすぎていて、カペレッティ(ワンタンのような
餃子のようなパスタの一種)が見えないけれど、
トリュフの下には白子ソースの中で泳ぐカペレッティが!!
トリュフト白子の贅沢なコンビネーションにただ酔いしれる。。。


○「Brunello Di Montalcino Canalicchio Di Sopra 2012」
サンジョヴェーゼグロッソ100%のトスカーナの実力派が手がけるブルネッロ。
エレガントな余韻が五感に染みる幸せな一杯。。。


○メイン:ピエモンテの仔牛と菊芋
しっとりと柔らかな仔牛は、ソースの成せるワザなのか、
思っていた以上にあっさり系。
口に含むととろけるような食感で、春の訪れを感じさせる
ハシリのグリンピースと共にペロッといただけてしまう美味しさ♪


○デザート:クレマカタラナ
ビスタチオやヘーゼルナッツなどをギッシリとトッピング。
ザクザク感の中に芳ばしい香りと味わいが立ち上る美味しいデザート。


○小菓子
コアラの大好物であるユーカリの葉っぱの先(根元)はいつものチョコレートバージョン。
土に見立てたナッツ類までテイスティング(笑)。


〆は「くまさんカプチーノ♪」!!
マナちゃんらしい愛嬌のある可愛らしいくまさんだ。


前回にも増して今回のお料理も完璧!!強弱の中に繊細さを盛り込んだ
コースの組み立て方が素晴らしかったと思う。
そんなにリピートしている訳ではないけれど、
訪れる度に「新たな美味しさ」との出合いが待っているお店だ。


マナちゃんのワインセレクトとサービスもさすが!!
白金台のお店なのに、ワインをグイグイとグラスに継ぎ足してくれる(笑)。
かつての某新宿のお店を彷彿とさせる。。。
白金台のお店なのにそんなにお高くないのも嬉しい。
我が家からは少し遠いけれど、再訪が楽しみなお店だ。


酔い止めのお薬をもらったはずなのに帰りの井の頭線では爆睡(汗)。
レ○ウルソ、効いたはずなのだけれど。。。
飲み過ぎちゃったかな(汗)。


ごちそうさまでした☆


※前回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/27405614/


※前々回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/27267622/


●ラ ソスタ(LaSosta【旧店名】イルーチ)
東京都港区白金台5-13-14B1
050-5596-5152
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
日曜休・その他に月1回の休業有
サービス料10%12席(個室あり・最大6名)
2011年7月4日オープン
03-3447-8934
※入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります。


  • ラ ソスタ - スタートは「CAVALLERI Franciacorta, 2014 Blanc de Blancs
      Saten Brut」

    スタートは「CAVALLERI Franciacorta, 2014 Blanc de Blancs Saten Brut」

  • ラ ソスタ -
  • ラ ソスタ - お馴染みの一口サイズのおつまみ色々

    お馴染みの一口サイズのおつまみ色々

  • ラ ソスタ - トマト泡の下には毛ガニのフランが!

    トマト泡の下には毛ガニのフランが!

  • ラ ソスタ - 「Vernaccia di San Gimignano La Lastra 2016」

    「Vernaccia di San Gimignano La Lastra 2016」

  • ラ ソスタ - ふきのとうと新玉ねぎ、モルタデッラ、チェチーナのスープ

    ふきのとうと新玉ねぎ、モルタデッラ、チェチーナのスープ

  • ラ ソスタ - パン

    パン

  • ラ ソスタ - 相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚

    相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚

  • ラ ソスタ - 「Saturnino Rosato Salento Tenute Rubino 2017」

    「Saturnino Rosato Salento Tenute Rubino 2017」

  • ラ ソスタ - 相模湾あんこうとトマトバジル、からすみのパスタ

    相模湾あんこうとトマトバジル、からすみのパスタ

  • ラ ソスタ - 「Timorasso Montecitorio Vigneti Massa 2012」

    「Timorasso Montecitorio Vigneti Massa 2012」

  • ラ ソスタ - 「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

    「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

  • ラ ソスタ - 白子のソースのカペレッティ

    白子のソースのカペレッティ

  • ラ ソスタ - 「Brunello Di Montalcino Canalicchio Di Sopra 2012」

    「Brunello Di Montalcino Canalicchio Di Sopra 2012」

  • ラ ソスタ - ピエモンテの仔牛と菊芋

    ピエモンテの仔牛と菊芋

  • ラ ソスタ - クレマカタラナ

    クレマカタラナ

  • ラ ソスタ - 小菓子

    小菓子

  • ラ ソスタ - まなちゃんのくまさんカプチーノ♪

    まなちゃんのくまさんカプチーノ♪

  • ラ ソスタ - 愛嬌のあるくまさんです

    愛嬌のあるくまさんです

  • ラ ソスタ - 今回もごちそうさまでした!

    今回もごちそうさまでした!

2回目

2018/12訪問

  • dinner:4.4

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.4
    • | 雰囲気 4.4
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.4
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

白金台のトキメキ。(1812再訪)──「ラ ソスタ」

この日は「ラソスタ」さん@白金台で少しゴージャスな忘年会。
前回(11月)はランチで訪問したのだけれど、今回はディナーコース
『Evoluzione』(エヴォルツィオーネ)をいただこうとやってきた。


今回は個室を用意していただいて(嬉)乾杯!!
モダンでスタイリッシュな空間だ。天井のオブジェもお洒落!!
テーブルには「かわいいくまサンタ」が並んでいる(嬉)。
皆、ポーズが少しずつ異なる。

この日のシュワシュワも「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano」。
キレがあってエレガントな味わいのピエモンテのシュワシュワだ。


○ストゥッツィキーニ:おつまみ
一品一品丁寧に作られた華やかで可愛らしい盛り付けに歓声が上がる!!
いずれも一口サイズではあるのだけれど、シェフのこだわりが隅々にまで詰まった
完成度の高いお品だ。どれからいただいたらよいのか、迷ってしまう(笑)。

その内容は、カワハギのブルスケッタ、トマトの泡をあしらった香箱蟹、
オカヒジキとクロムツ、チーズとトマトのハンバーガー、
かえるのもも肉と黒ニンニク、モルタデッラとタンのパイ(たしか・汗)なのだそう。。。

どこをどう食べても思わず笑顔になってしまう美味しさ!!
一ついただくごとに「美味しい!!」とため息がこぼれてしまう。
中でも「香箱蟹」「モルタデッラ」「オカヒジキ」は素晴らしかった!!


○イニツィオ:北海道産真鱈の白子とセルフィーユ
シャキシャキっとした食感のセリフィーユの歯触りと繊細な香りが、
まったり&モチッとした風味ふっぷりの白子と合わさって絶妙の味わいに。。。
お洒落な一皿!!


○前菜:ブラインドで登場。。。
「何のお料理か当ててみてください!」と微笑むマナちゃん。。。
「ツナ?」「辛い!」とそれぞれが推理する中、正解は「ツナに見立てたうさぎ」
赤は京にんじん、グリーンはズッキーニ、黄色は辛子で、
彩り鮮やかに美しく仕上げた此方はピエモンテの郷土料理の一つなのだそう。。。
うさぎのお肉は橫浜のピコローレさんでもいただいたことがあるけれど、
白金台のうさちゃんは見た目もエレガントでお洒落だ。。。


○温前菜:牡蠣とほうれん草
酔っていた訳でもないのに、写真撮り忘れ(恥・友人からレンタル・汗)。
この季節のほうれん草と牡蠣の組み合わせは普通に食べても抜群なのだけれど、
ほうれん草のソース(?)で包んだ中に絶妙のレア加減に仕上がった
牡蠣が入っているお品。感動するほど素晴らしいお味!!


○「Cecu Roero Arneis Monchiero Carbone 2012」
ピエモンテ南部のロエロ地区で土着品種「アルネイス」のみを用いたという
華やかでエレガント、そして美味しいワイン♪


○「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」
ネッピオーロを用いたピエモンテのしなやかなフルボディ。
「REGRET」というネーミングがユニーク!!


○パスタ料理:仔羊のトマトベースのキタッラ
断面が四角形でやや平打ちに見えるのが「キタッラ」。
アブルッツォ州の郷土料理に用いられることの多いこのパスタ、
仔羊の煮込みソースでいただくのがイタリアの伝統なのだそうだが、
その伝統に則って提供される。
トマトとチーズとハーブがたっぷり使われ、極めてあっさりと上品な仕上がり感!!
実に美味しいパスタだった。。。


○メイン:ランプのお肉
優しい味わいのソースとソテーされたラディッキオタルティーボが
お肉の美味しさをさらに際立たせる一品。


○「Barolo Riserva Vignolo Cavallotto Vitivinicola Bricco Boschis 2012」
ピエモンテの最高位、Barolo。しっかりとした力強い味わい。。。まいう♪


○デザート:いちごのミルフィーユホワイトチョコアールグレイのソルベ
ホワイトチョコのかわいい雪だるまが季節感を演出する一皿。
いちごのミルフィーユは限りなくサクサクッとして爽やかなお味。
アールグレイのソルベとの相性もバッチリ!!


○「Cornarea Tarasco 2012」
デザートと一緒に濃厚な食後酒までいただいてすっかり良い気分に!!


○いつものくまさんカプチーノ♪
なんとっ!!立体の盛り上がった「くまさん」にバージョンアップ(嬉)!!
マナちゃん、腕あげてるしっ!!
お手々とお鼻の部分がかわいすぎて飲めないし(笑)!!


○小菓子
白いお品は「ゆずのマシュマロ!」。いずれも美味しい!!
ミニ観葉植物登場!!その正体はチョコレート!!
土の中から掘り起こしていただく(笑)という小洒落たアレンジ!!


前回は「少しお味が濃いかも!」と好き勝手な感想を並べた私たちのことを
今回は相当に配慮してくれたらしく、いずれのお皿も完璧なお味。。。
メインのランプ肉などは「足りなかったらご自由におかけください!」
と別添えでお塩が登場するほどの念のいれよう。。。
細やかでアーティスティックな「ストゥッツィキーニ=おつまみ」にはじまり、
最後のドルチェ、くまさんカプチーノ、そして小菓子に至るまで、
まさに「白金台のトキメキ」にふさわしい「芸術的で繊細なお料理」
心ゆくまで楽しませていただいたのだった。お支払いは一人15,000円。
白金台でこれだけのお料理(とワイン)をいただいて、このお値段は有難い。
なんといっても忘年会だし!!
寒い夜だったけれど、ホコホコにあたたかな気持ちになって帰宅したのだった。


ごちそうさまでした☆


※前回訪問時の記事は
此方(https://korokoro10.exblog.jp/27267622/


●ラ ソスタ(LaSosta【旧店名】イルーチ)
東京都港区白金台5-13-14 B1
050-5596-5152
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
日曜休・その他に月1回の休業有
サービス料10%12席(個室あり・最大6名)
2011年7月4日オープン
03-3447-8934
※入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります。

  • ラ ソスタ - 今回は個室でした

    今回は個室でした

  • ラ ソスタ - 天井のオブジェがお洒落!

    天井のオブジェがお洒落!

  • ラ ソスタ - テーブルには「かわいいくまサンタ」が!

    テーブルには「かわいいくまサンタ」が!

  • ラ ソスタ - 「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano」

    「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano」

  • ラ ソスタ -
  • ラ ソスタ - アーティスティックなストゥッツィキーニ:おつまみ

    アーティスティックなストゥッツィキーニ:おつまみ

  • ラ ソスタ - 一人分の取り分け!

    一人分の取り分け!

  • ラ ソスタ - パン

    パン

  • ラ ソスタ - 北海道産真鱈の白子とセルフィーユ

    北海道産真鱈の白子とセルフィーユ

  • ラ ソスタ - ツナに見立てたうさぎのお料理

    ツナに見立てたうさぎのお料理

  • ラ ソスタ - 牡蠣とほうれん草

    牡蠣とほうれん草

  • ラ ソスタ - 「Cecu Roero Arneis Monchiero Carbone 2012」

    「Cecu Roero Arneis Monchiero Carbone 2012」

  • ラ ソスタ - 「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

    「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

  • ラ ソスタ - 仔羊のトマトベースのキタッラ

    仔羊のトマトベースのキタッラ

  • ラ ソスタ - メイン:ランプのお肉

    メイン:ランプのお肉

  • ラ ソスタ - 「Barolo Riserva Vignolo Cavallotto Vitivinicola
      Bricco Boschis 2012」

    「Barolo Riserva Vignolo Cavallotto Vitivinicola Bricco Boschis 2012」

  • ラ ソスタ - いちごのミルフィーユ ホワイトチョコ アールグレイのソルベ

    いちごのミルフィーユ ホワイトチョコ アールグレイのソルベ

  • ラ ソスタ - 「Cornarea Tarasco 2012」

    「Cornarea Tarasco 2012」

  • ラ ソスタ - 進化した立体くまさんカプチーノ by マナちゃん

    進化した立体くまさんカプチーノ by マナちゃん

  • ラ ソスタ - かわいすぎて飲めないし!

    かわいすぎて飲めないし!

  • ラ ソスタ - 小菓子

    小菓子

  • ラ ソスタ - ミニ観葉植物が!

    ミニ観葉植物が!

  • ラ ソスタ - アートを感じる瞬間!

    アートを感じる瞬間!

  • ラ ソスタ - 実はチョコレートでした!

    実はチョコレートでした!

  • ラ ソスタ - お友だちのねこさんカプチーノ

    お友だちのねこさんカプチーノ

1回目

2018/11訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.3
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

上質な憩いの場。──「ラ ソスタ」@白金台

この日は白金台までお出かけ。
めざしたのはプラチナ通りから1本入った場所にある「ラ ソスタ」さんだ。
オリエーラ@新宿3丁目でソムリエールとして活躍していた
マナちゃんが新たに勤務するお店でもある。


閑静な住宅地の一角の、コンクリート打ちっぱなしのビルに
らせん階段が目印のお店は位置していた。
店名の「La Sosta」とはイタリア語で「憩いの場」という意味らしい。


階段を降りて地下にあるお店へ。
黒いスーツ姿でビシッと決めた大人な雰囲気のマナちゃんが迎えてくれる(驚)。
すっかりシロガネ化(!)していて、全然わからなかった(笑)。


わずか12席というこじんまりとした店内はシックな色調で統一されたこだわりの空間。


お友だちが到着するまで「レモン風味のアペリティフ」をいただく。
お味もサーヴィスもさすが白金台のレストランという感じでお洒落だ。


この日もシュワシュワからスタート!!
いただくのは「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano 2014」
ピエモンテの辛口スッキリ系のエレガントな香りのシュワシュワだ。


此方の武田シェフはトスカーナ州を中心にイタリアで6年間修行されたとのこと。
どのようなお料理が登場するのだろう(ワクワク)。。。


この日いただいたのは、4種類から選べるランチコースの「Gioia(ジョイア)」(4,500円)。
前菜からパスタ、メイン、デザートまでの全5品の構成。


○イニツィオ
「はじまり」の意味を持つ「イニツィオ」は、トスカーナ地方の代表的なお料理の一つでもある
「うずら豆の煮込み」。二種のきのこを合わせて秋らしいアレンジに。。。


○自家製パン
とても美味しいローズマリーとオリーブオイルのパンと、ロールパン。


○「Roero Arneis Vigna Sparse Giovanni Almondo 2016」
ミネラル感たっぷりの爽やかなピエモンテの辛口。アルネイス100%。


○「Etna Rosato Benanti 2017」
シチリアのエトナ山の名前を冠した力強い味わいのロゼ。
色もキレイ!ネレッロマスカレーゼ、ネレッロカップッチョ


○前菜:相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚
・鰺とカイワレ、生ハム
・エボダイ
・そうだ鰹
・かます
・あおりいか
・しょうご ビスタチオのソース
・真鯛 オレンジソース    (順不同)

「しょうご」とはカンパチの若いころの名前だそう。。。
それぞれのお魚との相性を考えた味わいの異なるソースがお料理に華を添え、
お味を引き立たせる。下から順々にじっくりと味わいながらお皿の上の方に上っていく。。。
いずれも異なる味わいで美味♪
此方のシェフもお魚には相当にこだわりをお持ちの方のようだ。


○パスタ料理:トマトと蟹のマッケロンチーニ
トップはトマトの泡、グリーンはパセリオイルだそう。。。
アッサリとして上品な仕上がり。。。美味しいのでいくらでも食べられそう(笑)。


○「Giovin Re Bianco Michele Satta 2013」
めっちゃ美味しいトスカーナの「ジョヴィン・レ」。
味も香りも幸せ気分に浸れる白。ヴィオニエ100%。


○メイン:羊のロースト
しっとりと柔らかな羊さんの付け合わせはコブミカンのソースと
ラディッキオ・タルティーボ。


○「Coll iOrientali De lFriuli Sacrisassi Rosso Le Due Terre 2012」
華やかで落ち着いた雰囲気のフリウリ発のワイン。
レフォスコとスキオペッティーノの地葡萄を使用。


○「Likos Aglianicode lVulture Mastrodomanico」
イタリア南部(長靴の土踏まずの辺り)に位置するバジリカータ州のワイン。
ギリシアに近いこのエリアでは、紀元前のギリシアの植民地時代から
アリアニコ種のワインが作られてきたのだという。
どっしりとした中に華やかな果実の香りが立ち上る味わい。。。


○デザート:柿!!
蓋をオープンすると、思わず、歓声が上がる!!丸くカットされた柿、
ダージリンとローズマリーの焼き菓子、ホワイトチョコレート、カカオニブなどが
散りばめられた「小さな宝石箱」のようなデザートは、
すべてが組み合わさって感動的な美味しさ♪どこをどう食べても笑顔になってしまう。。。


○「DONNAFUGATA BenRye Passito d iPantelleria DOP 2015」
素晴らしいデザートに合わせていただくのは、シチリア発のお馴染みBenRye。
言うことなしの組み合わせ!!


○食後のお飲み物
毎度お約束の「くまさんカプチーノ」(笑)byマナちゃん
「カプチーノはご用意できない!」とのことで悲しんでいたら、サプライズで登場!!
マナちゃん同様、くまさんカプチーノも相変わらず元気に微笑んでいた!!


いささかお味が濃いかなーとも感じられるお料理もあったが、
全体的にエレガントで味わい深いお料理が特徴だろうか。
特に前菜のお魚と各ソースの組み合わせとパスタの繊細さ、
そしてデザートの美味しさが印象に残った。
また、マナちゃんセレクトのワインのペアリングも相変わらず素晴らしかった!!
おかげでお昼からついつい飲んだくれてしまったのだけれど(汗)。
お会計はたくさん飲んだワインも入れて一人約9千円。


白金台にあるシックな隠れ家イタリアン、家からはちと遠いけれど、わざわざ訪れるに値するお店だ。
そんなに広くないお店なので来店の際には必ず予約を。。。


ごちそうさまでした☆


●ラ ソスタ(LaSosta【旧店名】イルーチ)
東京都港区白金台5-13-14B1
050-5596-5152
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
日曜休・その他に月1回の休業有
サービス料10%
12席(個室あり・最大6名)
2011年7月4日オープン
03-3447-8934
※入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります。

  • ラ ソスタ - 閑静な住宅地の一角にお店はあります

    閑静な住宅地の一角にお店はあります

  • ラ ソスタ - シックな色調で統一されたこだわりの空間

    シックな色調で統一されたこだわりの空間

  • ラ ソスタ -
  • ラ ソスタ -
  • ラ ソスタ - セッティング

    セッティング

  • ラ ソスタ - 「レモン風味のアペリティフ」

    「レモン風味のアペリティフ」

  • ラ ソスタ - 「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano 2014」

    「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano 2014」

  • ラ ソスタ - うずら豆の煮込み

    うずら豆の煮込み

  • ラ ソスタ - 自家製パン

    自家製パン

  • ラ ソスタ - 「Roero Arneis Vigna Sparse Giovanni Almondo 2016」

    「Roero Arneis Vigna Sparse Giovanni Almondo 2016」

  • ラ ソスタ - 「Etna Rosato Benanti 2017」

    「Etna Rosato Benanti 2017」

  • ラ ソスタ - 前菜:相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚

    前菜:相模湾・小田原漁港で獲れた鮮魚

  • ラ ソスタ - パスタ料理:トマトと蟹のマッケロンチーニ

    パスタ料理:トマトと蟹のマッケロンチーニ

  • ラ ソスタ - 「Giovin Re Bianco Michele Satta 2013」

    「Giovin Re Bianco Michele Satta 2013」

  • ラ ソスタ - メイン:羊のロースト

    メイン:羊のロースト

  • ラ ソスタ - 「Colli Orientali Del Friuli Sacrisassi Rosso Le Due Terre 2012」

    「Colli Orientali Del Friuli Sacrisassi Rosso Le Due Terre 2012」

  • ラ ソスタ - 「Likos Aglianico del Vulture Mastrodomanico」

    「Likos Aglianico del Vulture Mastrodomanico」

  • ラ ソスタ - 柿がゴロン!!

    柿がゴロン!!

  • ラ ソスタ - 「小さな宝石箱」のようなデザート

    「小さな宝石箱」のようなデザート

  • ラ ソスタ - 「DONNAFUGATA Ben Rye Passito di Pantelleria DOP 2015」

    「DONNAFUGATA Ben Rye Passito di Pantelleria DOP 2015」

  • ラ ソスタ - お約束の「くまさんカプチーノ」by マナちゃん

    お約束の「くまさんカプチーノ」by マナちゃん

口コミが参考になったらフォローしよう

森のコロちゃん

森のコロちゃん

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

森のコロちゃん(1492)さんの他のお店の口コミ

森のコロちゃんさんの口コミ一覧(1549件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ラ ソスタ (La Sosta【旧店名】イルーチ)
ジャンル イタリアン
予約・
お問い合わせ

050-5596-5152

予約可否

完全予約制

コース料理中心の小さなお店ですので、前日までのご予約をお願いしております。
ご予約のお時間より15分以上変更になる場合はご連絡を頂けると幸いです。
当日キャンセルの場合、お料理代金をご請求させて頂きます事をご了承ください。

 

住所

東京都港区白金台5-13-14 B1

交通手段

東京メトロ南北線 白金台駅 1番出口より徒歩5分
都営三田線 白金台駅 1番出口より徒歩5分
JR山手線 目黒駅より徒歩10分

白金台駅から297m

営業時間・
定休日

営業時間

ランチ  12:00~13:30(L.O.)
ディナー 18:00~20:30(L.O.)
完全予約制

定休日

日曜日・その他に月1回の休業有

予算
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥4,000~¥4,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料10%を別途頂いております

席・設備

席数

12席

(個室は2~5名をお勧め致します(最大6名))

個室

(2人可、4人可、6人可)

6名様以上のご予約には個室以外のフロアスペースの貸切をお勧めしております。 フロアスペースの着席は8名様程までお席をお作り出来ますのでお問い合わせください。

貸切

禁煙・喫煙 完全禁煙

ご協力をお願いいたします

駐車場

近隣にコインパーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、ワインにこだわる

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

就学児以上のお子様の同伴を承っております。
個室は、ご接待や記念日のお客様を優先としてご案内させていただいております。
食事内容等はご予約の際にご相談ください。

公式アカウント
オープン日

2011年7月4日

電話番号

03-3447-8934

備考

入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります事をお許しください。

初投稿者

ビアンコビアンコ(185)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ