増田屋/俺の甘酒論 : 増田屋

  • 料理・味 3.13
  • サービス 3.08
  • 雰囲気 3.08
  • CP 3.11
  • 酒・ドリンク 3.03
  • 行った 37人
  • 保存 102人

評価分布

予算:

夜の予算 ¥1,000~¥1,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
当店は昨年10月末をもちまして閉店いたしました。店主長期入院療養のため存続が困難になりました。長い間ありがとうございました 。

この口コミは、Jackie_mさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

Jackie_m

Jackie_m(169)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代前半・男性・東京都

1

  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味3.0
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2015/09訪問

  • lunch:3.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

増田屋/俺の甘酒論

ざっと強く降ったと思ったら、今度は傘のいらない霧雨程度に弱まったり、緩急つけながら雨降り続く東京。

<H27.9.10>

良さげなとんかつ屋さんを見つけたが、気持ちひき擦った二日酔いに躯が蕎麦を渇望していた。

―― ろくな蕎麦屋なかったろ、この辺り ……

にわかに強まる雨足。いつものアーケードに逃げ込んだ。そこに蕎麦屋の暖簾を見つけ、これ以上歩き回ったら馬鹿だと自分をうまく騙しつつ、引き戸に手を掛けようとすれば意外にもそれは自動ドアに更新されていた

「増田屋」

BGMはテレヴィジョンのニュウス。
品書きに目を通す。“そば以外の麺はございません”のキャッチコピーの躍動。そしてまた、潔くせいろうの隣に“のりかけ”、の文字は無し。
私の経験では、この手の“こだわり”お蕎麦屋さんは、概ね不味い。また言葉遊びになってしまうが、このことは、自分家(じぶんち)が“こだわりの店であるということのみにこだわっている”だけのお店が多いからだと、私は分析している。

「おそば大盛りできますか ?」
「はい ♥ できますよ !」

とても愛想の良い花番のおばちゃん。
さすがに街場の大衆お蕎麦さんなので、そこのところはこだわりを緩め、大盛りをやるくらいの柔軟さは持っているらしい

“せいろ (大盛り)” @800也。

だがしかし、舞い降りた蒸籠に盛られた蕎麦を見て、私は目を見張った。
それは意外にも(失礼 !!)非常に細打ちの質の良さそうなお蕎麦だったからだ。徳利に汁たっぷり。なので少々多めに猪口に注いで箸を抜刀、その鞘は捨て去った。

―― 未知の相手は常に侮らない。そして未知の相手には常に敬意をはらう。そういう男だけに、私はあり続けたかった

果たして満を持し、箸の切っ先を迷わず山の頂点へと突き立てたがしかし ……
肝心のお蕎麦が上手く捌けてくれず、仕方なく適切な量の倍ほどの蕎麦を猪口に落としてやることになった。ぺたぺたと圧死したようにくっついた蕎麦で、ひきあげる分量を調節できない。それを見越したことか、昭和のお母さんの茹でた冷や麦、或いはへぎ蕎麦のように、それは大仏様の二グロカットのような感じではないものの、一口づつぺろりと纏めて盛ってあるような、ないような ……

しかし確実に言い切れることは、この蕎麦の素性そのものは、決して悪くはないと思った。
大盛りのときには怖くて出来なかったが(絡まってしまったら最悪なので)、最後にダメもとで簾に残った水分を頼りにかんましたら、それは途端に息を吹き返しやがった。東口の増田屋とは屋号は同一だが、しかしまったくスタンスの異なるお蕎麦屋さん。
お蕎麦をやっつけ、お母さんに声をかけた。

「そば湯もらえますか ?」
「まだ薄いですけど、いいですか ?」

―― それでいいのよ。透き通った湯が俺は好きなのよ ……

これは実は案外、深い話である。
昔ビートたけしさんの本で読んだか、当時山本益博さんって人が流行っていて。何でも彼は、落語を楽しみつつ、同時に高級フランス料理も堪能するらしい。そこでたけしさんが何を言ったかというと、フランス料理なんか気取って食べてるのをバカにするのが落語の精神なんだと ……
そしてここからは持論に過ぎないんだけど、蕎麦湯をやるっていうのは無論、蕎麦を茹でる行程で釜に生ずる“副産物”の再利用ってことではなかろうか。そんな“質素”な精神こそが日本蕎麦食いの“もったいない”に通ずる、素晴らしいことのような気がする。

しかし、それを打ち粉溶いてわざわざ甘酒みたいにとろっとさせて、そんなわざわざ“特別にこしらえた”お湯に殊更有り難がってることそのものが、(これは科学的に言っても明らかに間違っていることだが)前述の落語のような気がして仕方がないのである。

また蛇足ですが、食べログの店舗情報の中でこちらのお店が“無断”撮影一切お断りとしていることをみつけてしまいました。知らずにおそばの写真を撮ってしまってごめんなさい

(この写真撮影ということについては、いつか語ってみようとは思っていますが)

口コミが参考になったらフォローしよう

Jackie_m

Jackie_m

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

Jackie_m(169)さんの他のお店の口コミ

Jackie_mさんの口コミ一覧(841件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「増田屋」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 増田屋
ジャンル そば
お問い合わせ

03-3731-0338

予約可否

予約不可

住所

東京都大田区西蒲田7-49-8

交通手段

蒲田駅から286m

営業時間

11-17:30

定休日

当店は昨年10月末をもちまして閉店いたしました。店主長期入院療養のため存続が困難になりました。長い間ありがとうございました 。

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

22席

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

オープン日

1922年

備考

店内での携帯使用(通話・撮影)はお断りしております。特に無断撮影はお止め下さい。アップされた写真の中に当店で使用していない器とそば、有り得ない状態のそばと勝手な書き込みがされています。一言「撮っていいですか」と聞かれれば「どうぞ」と言います。そして正い写真と正確な情報をお願い致します。

初投稿者

わんだるわんだる(17)

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「増田屋」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

蒲田×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ