あいきょうの美しさ : 立ち飲み とっちゃん

  • 料理・味 3.14
  • サービス 3.09
  • 雰囲気 3.14
  • CP 3.30
  • 酒・ドリンク 3.10
  • 行った 129人
  • 行きたい 668人

評価分布

この口コミは、sequenceさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

sequence

sequence(484)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

2

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.1
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.7
    • | CP4.1
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
2回目

2017/09訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.1
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

あいきょうの美しさ

先週の金曜日、2件目に訪ねるも満席で残念な思いをした。
1週間を経過した同じ金曜日のこれまた2件目に足を運ぶ。今回は詰めて頂きなんとか入る。

とっちゃんに顔を出すようになってはや4,5年になるのであろうか。。
最近の頻度は月に1回有るか無いかだが思い出したかのように顔を出す。

棚を見ると赤紫の液体が大きなガラス容器の中で妖しく光っている。
硝子の容器に張った紙片には自家製バイスの文字がある。

キンミヤの自家製バイス、、こりゃ旨い。
梅酢の香りが鼻を掠める。妖しく光る赤紫は天使と悪魔が融合した魅惑の色合いである。

スパムステーキを口にする。ソーセージの具を腸じゃなく型に詰めたものらしい。
これはなかなか旨いものだ。
バイスの液が口腔に広がった油をさーっと洗うように流す。
そんな繰り返しが続いてゆく。。

カウンターには愛嬌満点のM子さんの笑顔がある。
彼女を見知って、やはり4,5年は経つ。思い出して足を運ぶのはM子さんの存在なのであろう。
その笑顔や態度は愛嬌そのものだが、最近は少しばかり女性の妖艶の色が溶け込んで来たようだ。
その色合いは今グラスの中にいるバイスのようだ。

バイスが手のひらで踊る。

1回目

2015/08訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.1
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

”蒲トッ”

2015年8月 
ー番外記ー
とっちゃんは美女Mさんに美人Jさんがいる。実はもうひとり愛らしいYさんがいる。
7月末に蒲田に行ったとき久しぶりに再会。。店の窓ごしに僕を見てにこやかなに手を振って迎えてくれた。
聞けばYさん今日はお手伝いのスポットだ。昼間の仕事が順調らしい。次のお手伝いは8月10日だと言う。

で、10日のこの日に仕事場の後輩と訪れた。
後輩はYさんがお気に入り。3人のお嬢の中で生ビールの注ぎ方が一番上手だという。
俺にはよく解らんが。。でもビール好きの言葉ならば真実なのだろう。

つまみは俺の定番である「はつ叩き」を喰らう。いつもながらに絶品だ。大皿の「おから和え」も素敵だった。
ここの大皿料理はお店の女主人のお母さんの手料理、それ故に銘々がバーバーの大皿料理となっている。
串ものは初めてのハラミを塩でいただく。
こいつは肉の実感がわいてくる一品だ。噛み応えよし。そして肉汁が拡がる。

とっちゃんは通い店のひとつであるが試していない品書きがまだまだ多い。
個人の習性や行動は定型化しているのかも知れない。次回からは試していない一品を是非加えてみよう。

Yさんの笑顔は素敵になった。何かがふっ切れたようだ。
人の、、特に女性の幸せそうな顔付きを見るのはいいもんだねぇ。
じゃ、Yさん。またの再会を期して。。。


2015年6月19日 第3回 記
鶴見から蒲田まで

蒲トッ、今週は2回目である。
その前に鶴トッで呑んだいた。鶴、開店5周年で店先にはお祝いの可愛らしい小鉢のお花たち。
鶴は美・Jさんと3名の男性で店を見ていた。今日のJさん、余裕の笑顔がいい。

そして、相棒と蒲トッに流れた。鶴から蒲の梯子は初めての経験だ。
まぁ、普通どっちか1件で次に流れるなら毛色の違うところに行くよねぇ。

鶴で飲み食いしたので、蒲では、金宮水割り2杯。相棒は緑茶杯1杯。
つまみは「ハートのねぎ炒め」を相棒と箸でつついて。。いつもながらにM嬢様の手作りは絶賛級。

実は30年越しのこの相棒、3日間「IN HOSPITAL」
でも、元気そうに呑んでいる。まぁ良かった。

今日の空模様は、急に強く降ったり、止んだり、小降りになったり、ちょいと晴れ間が出たりの変幻だった。
今日は桜桃忌。まるで太宰のように、移ろいやすい紫陽花の梅雨だった。


2015年6月 第2回 記
走れ後輩 
                              story_1

肉刺しをこよなく愛す後輩が
「今日飲みに行きませんか?」と誘ってくる。
「いいよ。でも今日、ねた銭、3千円よ」
「大丈夫ですよ。わたし万券1枚ありますから」

月、水、金はハツ刺しとタン刺しを一人前80円の破格で提供する”とっちゃん”。

その後輩と月曜の6時過ぎに暖簾を潜る。
黒板には定番の肉刺しの文字が無い。聞くと6.12の禁止令に伴い、自主的に事前策を取ったとのこと。
勿論、ハツ刺し・タン刺しは御法度ではない。御上の御触れで市場が高騰したとも考えられる。

落胆の色を隠せない後輩。
気を取り直して、好物の「ハツの叩き」をにんにく醤油で堪能する。
いつもながらに肉の香りが愛おしい逸品だ。
後輩は「センマイ刺し」「大和芋煮」「香味豆腐」「鶏唐揚」
   「かぶの浅漬け」「鶏皮ポン酢」と怒ったように次々と注文。肉刺しの八つ当たりかよ。

センマイは400円。80円の肉刺しに比べれば高価だ。
センマイはたれの酸味が素敵で千切り胡瓜との相性抜群。
此処の鶏皮ポン酢は初のお試しだ。べら旨、さすが、M子嬢。

壁の時計の針は7時半を回った。
後輩、生ビール4~5杯。
僕、 宮ハイ5~6杯。 会計をお願いする。6250円也。
おお、いいとこだ、計算どおりだね。3000円を後輩に渡す。財布からっぽ。
後輩、自分の財布を確認。不審な様子。首をかしげて更に慌てた様子。

「1万円札見当たりません。千円札1枚だけです!!」
「なにっ。。。」
僕が人質となり後輩はコンビニへ急いだ。湯河原の太宰と檀の逸話が頭を過ぎる。

無事に店を出てから、僕もコンビニで万券2枚を引き出した。
これが引きがねになろうとは。。            
                             continue to story_2


2015年3月 第1回 記
「いた。。いた、いました。」

鶴見店は相棒とたまに顔を出す。”鶴トッ”は美人Jさんと美女M子さんがテキパキ仕切っている。
でも最近M子さん”鶴”で姿を見ない。
てことで、相棒と鶴見を通過し京急蒲田で下車。再開発も加速度的に進んでいる。
そして夕暮れの京蒲の景色は退廃的な影が薄くなり健康的な明るさが勢い付いている。
これも時代の流れであろう。開発工事の影響で呑川沿いを大回りして店に到着する。

引き戸を開ける。
『いらっしゃい』。。。いた、いた、いましたM子さん。あれっとした顔で迎えられる。
『今日は顔見に来たんだよ、蒲田まで』。。。と挨拶代わりに一言。
またうまいこと言ってと言いたげな表情でM子さんがほほ笑む。
いつもの金宮ハイボールを呑んでつまみは”はつの叩き”をニンニクで味合う。
この叩き実に良い。適度な歯ごたえが繊細な肉の香りを醸し出す。
相棒はM子さんの手作り料理がお気に入りだ。そこで頼んだのが”オムレツキャベツ”だ。
これは初体験のひと品だ。鶴見にはなかったような気がする。
具は沢山の千切りキャベツを炒めたオムレツ。とろっとした卵の焼き加減と炒めキャベツの歯ざわりが軽やかである。
キャベツのほのかな甘みに春の訪れを感じる。M子さん本当に料理が上手である。

蒲田店は鶴見に比べると店がこじんまりして人と人との密着度が高い。
混雑時の車内のようだ。客も地の人が多く話題も地の話で大盛り上がりだ。
それ故に盛況感が倍加してくる。そんな空気の中でM子さん相変わらずに、てきぱきと仕事をこなす。
入店間もないモンゴルから来たアルバイト男性を優しく厳しく指導しながら自分の仕事も着実に仕上げる。
M子さんは料理上手で素敵な姉御肌の美女である。

また来るよ~~~~”蒲トッ”に

口コミが参考になったらフォローしよう

sequence

sequence

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

sequence(484)さんの他のお店の口コミ

sequenceさんの口コミ一覧(292件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「立ち飲み とっちゃん」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 立ち飲み とっちゃん
ジャンル 立ち飲み居酒屋・バー
予約・
お問い合わせ

03-3734-0709

予約可否
住所

東京都大田区蒲田4-3-4

交通手段

京急蒲田から、徒歩3分。呑川に掛かる橋の袂。

京急蒲田駅から154m

営業時間

16:00~23:00(L.O)

定休日

日曜・祝日

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

席・設備

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、焼酎にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

初投稿者

飲んで食ってBMI22飲んで食ってBMI22(1323)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「立ち飲み とっちゃん」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

蒲田×レストランのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ