新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

ニンニクアブラは七難隠す : 肉汁らーめん 公

肉汁らーめん 公

(肉汁らーめん kimi)

この口コミは、タム6000さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

タム6000

タム6000(1729)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]30代後半・男性・東京都

3

  • 夜の点数:3.3

    • ~¥999 / 1人
      • 料理・味 3.3
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.0
      • |CP 2.5
      • |酒・ドリンク -
  • 昼の点数:3.0

    • ~¥999 / 1人
      • 料理・味 3.0
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.0
      • |CP 3.0
      • |酒・ドリンク -
3回目

2020/02訪問

  • dinner:3.3

    • [ 料理・味 3.3
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 2.5
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

ニンニクアブラは七難隠す

らーめん中・全マシ(830円)

地元で晩飯。
気分はガッツリ系なので、シナジに行くかOutsidersに行くか。。。
そういや、いつものジョギングコース上にある「公」、前回焼きラーメンや中華そば(二郎系じゃない方)を食べて不発だったけど、デフォルトのJ系メニューはオープン日(もう9年前!!)のワンコインで食ったきりだったなぁ。。
あれからだいぶ経ったし、いつも客入ってるし、少しは旨くなったのかも?と再訪してみることに。

平日18:50到着。
一気に客が入ったタイミングのようで、券売機前に列が!しかし席に空きはあったので問題なく着席できました。
J系メニューは「中」が麺量240とのことで実質二郎の小っぽいですね。では「中」をポチ。確か以前は中で750円でしたが値上げしたんですね。
盛りはたいしたことなさそうなので、食券を手渡す際に「全マシ」コール。1ロット見逃しで、15分後に着丼です。

ほぉ、そこそこの標高。隣でマシマシを頼んでいたお兄さんの丼はかなりの標高。
麓の豚はそれほどボリュームはないですが、シナジもそんなもんですしねぇ。

ではスープを一口。
スープは非乳化、表面には細かな背脂。
カエシは角の立つ醤油感の強いもの。ヤサイを増すと、上から大きなレードル一杯分のカエシがかけられます。
ベーススープは豚出汁ですがかなりペラペラで、雑味や酸味が感じられるもの。アブラは細かな背脂粒を含む液体ですね。
オペレーションを見ていると、白い粉を2杯も投入しており、ヒバジもびっくりの粉の量ですな!
結果、基本化調と油とカエシで引っ張っていくスープになっており、ベースのどっしりした品二のスープに比べるとどうもアンバランスな感じ。あと、いかんせん化調が多すぎて、化調独特の甘みがかなり強く感じられます。
ただ。。。刻みニンニクを混ぜこむと結構ごまかせちゃうもんですなぁw
以前ニンニクコールのみで食べた時はペラペラで醤油っ辛いスープだったので、おそらくここのスープは、全マシで一番バランスよく食べられる構成(というかアブラコール必須)なんだと思われます。

麺は自家製麺、角断面中太ストレート。麺量240g。
風味がいいわけでもなく、粉が詰まってないプワッとした柔めの食感が頼りないですねぇ。。これ系にしては弱々しい雰囲気で、スープに完全に負けています。麺量もヤサイに比べかなり少なく感じますな。
直系のようなムチムチ麺が無理なら、いっそ大のようなワシワシ系の低加水麺にした方がこれ系好きな層にはウケると思いますね。

ヤサイはモヤシ中心で、注文の都度軽く湯がかれるもの、ジャキッとした歯ごたえがいい感じ。
盛りはそこそこですが、麺量とのバランスを考えると、ヤサイマシ以上にするなら麺は大盛にした方がバランス取れそうです。
豚は厚み1cm弱のロース煮豚スライスが2枚。臭みなく硬さもないもの。
この豚が丸々一本分載ったメニューがこちらの名物ですが、まぁそこまで食べたいかというと、個人的には別に。。。w

ということで、サクッといただき丼を上げてごちそうさま。
麺の弱々しさはちょっとアレでしたが、全マシで食べるなら、そこそこ代用品にはなるという印象。
ただこのエリアだと、やっぱガチの好き者はシナジ、インスパ系ならOutsiders、大井町に向かってスモールアックスあたりに行ったほうが幸せになれそうかなぁ。

あっ、でもこの店ならではの強みが1つありました。それは無休&夜遅くまで通し営業ということ!
客にとってこういう営業体制はやっぱりありがたいし、そういうのもお店が10年近く続く理由でもあるのでしょう。

--

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

  • 肉汁らーめん 公 - らーめん中・全マシ(830円)

    らーめん中・全マシ(830円)

2回目

2017/11訪問

  • dinner:3.0

    • [ 料理・味 2.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 2.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

二郎インスパイア系では非常に珍しい「焼きラーメン」だが…

焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

今晩は近所で晩飯&二郎腹なので、ホームの品川二郎へ。。おぉう、行列20越えかorz
まぁ近いし、今日はスルーしてまた来ますか。
ただ、二郎モードの食欲になってるので、代打は。。久々に新馬場の「公」さん行ってみましょうか。
こちら、年中無休で通し営業ということで、いつ前を通っても開いている印象があり、こういう安心感って飲食店ではすごく大事ですよね。

平日19:35到着。前客4、後客2。
こちらはいわゆる二郎インスパイア店ですが、名物は「焼きラーメン」と「豚一本ラーメン」になるのかな?
前者はその名の通り、二郎タイプの麺を茹でてから焼きそばのように鉄板で炒め、ラーメンカエシで味付けるというなかなかジャンクなメニューになります。あ、後者もその名の通りですね(チャーシューがまるまる一本分載ります)w

では、食券で焼きラーメンのボタンをポチ。
カウンターへ着席し、食券を出すタイミングで「ハイカロリーで、ヤサイニンニクでお願いします」とコール(コールタイムは食券提出時です)。
こちらの焼きラーメンは、ジャンク度が3段階に設定されており、
・スタンダード →麺を鉄板で炒めるが、上に載せる野菜は茹で野菜
・ハイカロリー →麺と野菜の両方と鉄板で炒める
・ハイパーカロリー →ハイカロリーに背脂マシマシする
今日は無難にハイカロリーでいきましょう!
オペレーションを見ていると、茹で上がった麺を鉄板で炒め丼に入れてから、今度は野菜を炒めてその上に載せるオペレーション。10分ほどで着丼です。
見た目はほぼソース焼きそばですな。ただ、上に載る豚と漬けニンニクが焼きそばとはちょっと違うぞ感出してます。

では麺を引き出し一口。
ムチッとした極太平打麺は加水低めで、家系の麺のようにかなり短めなのが特徴的。
引っ張り上げやすいけど、もうちょっと長い方が啜る楽しみがあるかな?

一口食べて口に広がるのは「焦げ味」。
香ばしさを通り越した苦味と炭の香りで、スープや麺の味が完全にマスクされちゃいますね。マー油的な雰囲気を狙っているのなら明らかにやりすぎ。
これ、鉄板をキレイに保ってないか、よっぽど火の入れ方が下手かどちらかだけど、麺やヤサイはそこまで焦げ焦げじゃないので、やっぱ前者なのかな?前に焼いた時の焦げカスが積もり積もって。。という感じで、かなりイケてない感じです。
丼の底には醤油&ソースのような味わいのタレと油がヒタヒタと。
旨味がなく、かつ味が濃く単調なので、途中から飽きが来ます→卓上の白胡椒で味変。このメニューには黒胡椒の方が合うだろうなぁ。

ニンニクは漬け刻みニンニク。こうすることで酸化を防げますから、二郎ほどニンニクが回転しないお店にはいいアイデアだと思います。
ただ、ニンニクコールだけではかなり少なめですね。マシマシにすればよかった。

豚は厚さ1cmほど、ミッチリした食感のロース煮豚スライスが2枚。
ちょっと作ってから時間を置いたような落ち着いた仕上がり。量的にはこれ系にしてはおとなしめですかね(あ、でもシナジよりは多いですw)。

どうやら焼きラーメンはラーメンの「中」サイズになるようで、麺量は240g。
ヤサイもマシにしては少なめ(マシマシコールした方のはそこそこいい盛りでした)なので、シナジを食べる気マンマンだった今日の俺の胃袋には物足りない感じでごちそうさま。

うーん、その構成から考えたらまず間違いなく旨い料理のはずなので、今日はかなり下ブレだったのかもしれません。
また、炒める手間がかかるにせよ、デフォ+100円はちょい割高感あるかな?
卵黄とかチーズとかがトッピングされてたりすると、コスパも優秀で、かつ飽きずに最後までおいしくいただけそうですね。
またいつか、リベンジですな。。。

--

  • 肉汁らーめん 公 - 焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

    焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

  • 肉汁らーめん 公 - 焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

    焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

  • 肉汁らーめん 公 - 焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

    焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

  • 肉汁らーめん 公 - 焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

    焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

  • 肉汁らーめん 公 - 焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

    焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)

  • 肉汁らーめん 公 -
  • 肉汁らーめん 公 -
  • 肉汁らーめん 公 -
  • 肉汁らーめん 公 -
1回目

2013/10訪問

  • lunch:3.0

    • [ 料理・味 3.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

中華そば(750円)

久々に「まる」行こうかな?と思ってチャリを走らせるとさすがランチタイム、満席です。。。うーん、外待ちする気はないのでスルー。
そういえば、二郎系ではない「中華そば」が始まっていたはず、と久々に公さんへ行ってみることに。

休日12:45到着。前客2、後客0。
製麺室では親父さんが製麺中。厨房は若い女性が一人で回しています。

さて、券売機で「中華そば」をポチ。デフォのJ系より50円高いのか。。。
カウンターへ着席し食券を出します。J系メニューではないので特にコールはなし。

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。「中華そば」というネーミングからスッキリ淡麗系なやつを想像していましたが。。。スープは濃い目の茶濁。そして表面にはかなり厚めの液体油層w
また、チャーシューはおそらくデフォと共通ですね。大きめの固まりがドンと載っています。さすがに野菜はなく海苔、玉子に揚げネギ、白ネギ。

ではスープを一口。
・・おぉう、こう来たか。。
タレとスープ、油という主要パーツはおそらくJ系なデフォと共用で、油の割合を下げつつ節粉と揚げネギで風味付けしているところが相違点、というところでしょうか。
節粉を大量投入することで豚っぽさは(相対的に)後退しており、まぁ一言で言うと、「和風東京豚骨≠豚魚」みたいな急ごしらえ感の強い不思議なスープ。
揚げネギの香ばしさも全体的に強く作用するので、このおかげもあって豚っぽさは(相対的に)後退していますね。
うーん、追加食材でくどい部分をごまかして緩和してアタリの柔らかさを出そうとしているのはわかるのですが、油が減ったとは言えコッテリ感はかなり強く、正直効果はイマイチ。逆に全体の甘みが際立ち、余計重たく感じてしまいます。
うーん、「またおま」にもなれず「何がやりたいかよくわからない」雰囲気になっちゃってるような。。。

麺はデフォの極太とは異なり、中太角断面ストレート。
むっちりした食感の高加水の麺はなかなか風味もよく、美味しいと思います。スープの絡みも上々(油も結構上げてくるけど)。

豚はロース系煮豚の厚切り。しっとりとした仕上がりで味付けもよく、単品として見てもなかなか旨いです。まぁでも「中華そば」に載ってくるか?というのは要相談、ってとこでしょうかw
玉子は特に味付けはない半熟茹で玉子がハーフ×2。トロンとした黄身が普通に旨い。
海苔はオマケ程度。中華そばというとメンマ、ナルトあたりもほしいところではありますが、まぁ食材をデフォとできるだけ共通化しないとコスト落とせませんからしょうがないですな。

麺量はデフォよりは少なめの200g弱程度。食べごたえはありますが。。。どうも最後までネーミングとの乖離に引っかかったまま固形物完食でご馳走様。

トータルで見て、やりたい方向性はわかるものの、ちょっとハンパ感が残った魚粉揚げネギアブラーな一杯。
魚粉、揚げネギってどちらもものすごく影響力の強い食材なので、うまく使えばかなり化けると思うんだけど、今回はちょっとアレンジが安直かな。そしてデフォのJ系よりお値段が高いというのも納得いかないですなぁ(玉子代?)。
とりあえず「中華そば」というネーミングは非常に誤解を招くので、せめて「和風らーめん」くらいにした方がよいかも。。。(あんまり変わんないか。。)

--

  • 肉汁らーめん 公 - 中華そば(750円)

    中華そば(750円)

  • 肉汁らーめん 公 - 中華そば(750円)

    中華そば(750円)

  • 肉汁らーめん 公 - 中華そば(750円)

    中華そば(750円)

  • 肉汁らーめん 公 - 中華そば(750円)

    中華そば(750円)

  • 肉汁らーめん 公 -

口コミが参考になったらフォローしよう

タム6000

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

タム6000(1729)さんの他のお店の口コミ

タム6000さんの口コミ一覧(1867件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 肉汁らーめん 公 (肉汁らーめん kimi)
ジャンル ラーメン、つけ麺
お問い合わせ

03-6433-9952

予約可否

予約不可

住所

東京都品川区北品川2-25-10

交通手段

京浜急行本線「新馬場」駅(北口)より、徒歩6分

新馬場駅から403m

営業時間

営業時間

[平日・土]
11:00~23:00(L.O.22:45)

[日・祝]
11:00~22:00

日曜営業

定休日

無休

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]~¥999 [昼]~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

23席

(カウンター15席、4人掛けテーブル2卓)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

お子様連れ

子供可

オープン日

2011年5月28日

備考

自家製の麺は小で麺量120g、中で240g、大で360g(つけ麺と焼ラーメンは中or大のみ)
野菜・ニンニク・油・カラメなど無料トッピングがある(店内に詳しい掲示あり)。
無料トッピングの希望は食券提出時に言う(店員から聞いてくれる)。

初投稿者

九龍九龍(536)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

北品川・新馬場×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

  • 1 中華そば 和渦 TOKYO - 料理写真:☆【中華そば 和渦 TOKYO】さん…特製醤油そば(≧▽≦)/~♡☆

    中華そば 和渦 TOKYO (ラーメン、つけ麺)

    3.86

  • 2 ラーメン二郎 - 料理写真:

    ラーメン二郎 品川店 (ラーメン)

    3.71

  • 3 イレブンフーズ 源流 - 料理写真:

    イレブンフーズ 源流 南品川店 (ラーメン、つけ麺)

    3.52

  • 4 丸直 - 料理写真:

    丸直 (ラーメン、つけ麺)

    3.52

  • 5 味丸 - 料理写真:味丸ラーメン 醤油

    味丸 (ラーメン、中華麺(その他)、餃子)

    3.50

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ