ハマイフランチ日和日記(2019.7.17更新) : ビストロハマイフ

この口コミは、reson463さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

reson463

reson463(40)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

5

  • 夜の点数:3.8

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.4
  • 昼の点数:3.9

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.7
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999¥1,000~¥1,999
5回目

2019/07訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ハマイフランチ日和日記(2019.7.17更新)

2019.7.17
「豚肩ロースの炭火ロースト(ニラのソース添え)+とボッタルガ(カラスミ)入りパスタ(イカスミも入っています)・シーフードトマトソース」

今日の最強ワンプレートは、「豚肩ロースの炭火ロースト(ニラのソース添え) とシーフードトマトソースとボッタルガ(カラスミ)入りパスタ」。魚介と肉が両方食べれる贅沢気分なランチ。

パスタはカラスミがけではなく「カラスミ入り」。サルデーニャ産の輸入市販品が日本でも入手できますが 高価なので、お店で出しているものは大阪のパスタ製麺所に特注して作ってもらっているものだそう。魚介とトマトソースと合わせて。うーんこれは単品でじっくり食べたくなるやつですね☺️

この日はどちらかというとパスタの方が主役でしたが、「豚肩ロースの炭火ロースト」もいつもながらの流石の仕上がり。脂身が割合多い部位ですがそれを感じさせずあっさり食べさせてくれます。ニラから作った(こちらのお店ではよく使われる)ソースを添えて。

色んな風味も多く大変美味しくいただきました。ご馳走さまでした☺️


------------------
2019.7.4
「仔羊のトマト煮」

雨であまり遠出したくない日ですが新富町まで歩いて一ヵ月ぶりにハマイフさんへ‍。そう言えば新しいスタッフの方も入ったと聞いたような。

最強ランチプレートがまた少しパワーアップしていて、パスタorライス、オカズと3品からチョイスできるようになっていて、自分は仔羊のトマト煮をオーダー。フォカッチャはタマネギとローズマリーでした。

仔羊はさすがに柔らかく仕上げられていて、トマトソースもイタリアンの方なのでバランスが良いのと、煮込み段階で低温で長時間煮込んでいるそうです。(後で色々お話聞きましたが肉の処理の際スパイスもあまり使わないようにしたりと出来るだけ素の素材の良さを残すような調理プロセスを取っているようです。)いわゆる「低温調理」では無いんだけどそれに近い仕上がり。というかそもそも低温調理というものがフレンチの複雑な火入れのプロセスを簡略化する為の手法ですからね。

また、ちょっと付け合わせでついていた茄子も意外に合うんですよね。そこは同じ夏野菜であるトマトとのマッチングの良さでしょうか☀️。

また、雨の日はエスプレッソの持ち帰りサービスも始めたそうです。至れりつくせりで。ご馳走さまでした☺️。

  • ビストロハマイフ - 2019.7.17 豚肩ロースの炭火ロースト+ボッタルガとイカスミの魚介パスタ・トマトソース。緑色のソースはニラから作られたもの

    2019.7.17 豚肩ロースの炭火ロースト+ボッタルガとイカスミの魚介パスタ・トマトソース。緑色のソースはニラから作られたもの

  • ビストロハマイフ - 2019.7.17 豚肩ロースの炭火ロースト+ボッタルガとイカスミの魚介パスタ・トマトソース。緑色のソースはニラから作られたもの

    2019.7.17 豚肩ロースの炭火ロースト+ボッタルガとイカスミの魚介パスタ・トマトソース。緑色のソースはニラから作られたもの

  • ビストロハマイフ - ボッタルガ(カラスミ)とイカスミ入りのパスタ。大阪の製麺所でのカスタムメイドだそうです。

    ボッタルガ(カラスミ)とイカスミ入りのパスタ。大阪の製麺所でのカスタムメイドだそうです。

  • ビストロハマイフ - 豚肩ロース肉の炭火ロースト ニラソースを添えて。

    豚肩ロース肉の炭火ロースト ニラソースを添えて。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - しょーりゅーさん(店長)とまるちゃんさん。まるちゃんさんはイタリアン方面の造詣に長けたかただそうです。

    しょーりゅーさん(店長)とまるちゃんさん。まるちゃんさんはイタリアン方面の造詣に長けたかただそうです。

  • ビストロハマイフ - カウンター上のお薦めワイン。「フェラリス家」作。左のワインはビオワインだと思います。

    カウンター上のお薦めワイン。「フェラリス家」作。左のワインはビオワインだと思います。

  • ビストロハマイフ - 新しいメニューも色々増えました

    新しいメニューも色々増えました

  • ビストロハマイフ - 黒毛和牛使いの新メニュー

    黒毛和牛使いの新メニュー

  • ビストロハマイフ - 思い出が色々詰まってそうです。

    思い出が色々詰まってそうです。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - この日は海外観光客のお客さんも。

    この日は海外観光客のお客さんも。

  • ビストロハマイフ - 子羊の絵が増えてました

    子羊の絵が増えてました

  • ビストロハマイフ - 牡蠣は北海道 厚岸郡産のものを使っているようです

    牡蠣は北海道 厚岸郡産のものを使っているようです

  • ビストロハマイフ - 2019.7.4のランチプレート:「仔羊(肩肉)のトマト煮込み」

    2019.7.4のランチプレート:「仔羊(肩肉)のトマト煮込み」

  • ビストロハマイフ - 臭みは完全に消しつつ肉のしっとり感は残した仕上がり。低温調理のような繊維に分かれた構造が見て取れます

    臭みは完全に消しつつ肉のしっとり感は残した仕上がり。低温調理のような繊維に分かれた構造が見て取れます

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - 「トマト煮込み」なのに長時間低温域で煮込まれているせいかドミグラに近いような旨味も。スパイスやハーブの使用も最小限で。

    「トマト煮込み」なのに長時間低温域で煮込まれているせいかドミグラに近いような旨味も。スパイスやハーブの使用も最小限で。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - 自家製:玉ネギとローズマリーのフォカッチャ。

    自家製:玉ネギとローズマリーのフォカッチャ。

  • ビストロハマイフ - 「雨の日は最後にエスプレッソ1杯サービス」を始めたそうで、そのためにカウンター席奥に移設されたデロンギのエスプレッソメーカー。粉はカフェモリナーリ

    「雨の日は最後にエスプレッソ1杯サービス」を始めたそうで、そのためにカウンター席奥に移設されたデロンギのエスプレッソメーカー。粉はカフェモリナーリ

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
4回目

2019/06訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

「美味しさの情報量」が多い「ワンプレート最強ランチ」

ランチではひさしぶりにハマイフさんへ。

人づてに「最近は肉メニューの日とパスタの日を交互にやっている」と聞いていたので今日はどっちだろう?と思いつつ入店してみると、最近は肉とパスタが両方入った「パーフェクトランチプレート」を出している、ということだったのでそちらをオーダー。

現在ランチは「パーフェクトランチプレート」一種のみの展開。「お客さんをお待たせしたくない」ので考案したということで、それぞれ日替わりの肉とパスタにサラダ、さらにお好みのソフトドリンクと自家製フォカッチャまでついて1,000円という構成。こちらのお店のストロングポイントをヒトサラに盛り込んだ渾身作。


肉とパスタは日替わりだそうで、今日のプレートはエース格の鴨+バジルがジメジメを吹き飛ばしてくれるジェノベーゼ、さらに自家製のフォカッチャ(普通のフォカッチャとは焼き方が違う。シェフが修業時代のイタリアのホテルの名物メニューを日本人向けにアレンジしたものだとか。おそらくもっとモソモソしたハーブももっと多めのものがオリジナルなんじゃないかと思いますが、自分が食べたのは焼き目パリッと薫りも仄かに香る食べやすいものでした)、選べるワンドリンク(ソフトドリンクのみでコーヒーは無し)までついてのサービスプライス。


とは言えただのサービスランチでは無いのはさすがハマイフさん。この日のパスタ・ジェノベーゼは具材を省略した代わりにジェノベーゼソースをふんだんに使って梅雨時期にフレッシュな薫りを与え(フレンチ的センスでアレンジされたジェノベーゼ、かな?)、普段より焦がし目が控えめに旨味を響かせた鴨肉、野菜サラダに使われる野菜ひとつひとつの自然のおいしさ(テロワールってやつでしょうか)がそれぞれ響いて、ワンプレートの中でのバランスを考えた「ひとつの料理」としてまとまっていました。 また(こちらのシェフの方のテーマだと思われる)「イタリアンとフレンチ、そして日本の食材のテロワールのハーモニー」もヒトサラに盛り込めていたように思います。


いつ来ても美麗で尚且つ「美味しさの情報量」がいっぱいの充実感のあるお店です。日替りなので次回もまた楽しみです。ご馳走さまでした☺️。

  • ビストロハマイフ - 「パーフェクトランチプレート」 この日はこの店のシグネチャーの一つ鴨肉とスパイスの薫り高いジェノベーゼパスタのコンビネーション

    「パーフェクトランチプレート」 この日はこの店のシグネチャーの一つ鴨肉とスパイスの薫り高いジェノベーゼパスタのコンビネーション

  • ビストロハマイフ - 具材をあえて絡めずその分潤沢にジェノベーゼソースを使ったパスタに「フレンチ経由の洗練」を感じるとともに、ワンプレートの中での役割を考えた構成、ただの寄せ集めではない「ワンプレートの中での物語の完成度」を意識しているのがよくわかります。

    具材をあえて絡めずその分潤沢にジェノベーゼソースを使ったパスタに「フレンチ経由の洗練」を感じるとともに、ワンプレートの中での役割を考えた構成、ただの寄せ集めではない「ワンプレートの中での物語の完成度」を意識しているのがよくわかります。

  • ビストロハマイフ - おなじみ鴨肉のバルサミコソース使い。低温調理とはまた違った「俊速の焦がし」で素材の旨味を残す技量。このプレートの中では「旨味」担当。

    おなじみ鴨肉のバルサミコソース使い。低温調理とはまた違った「俊速の焦がし」で素材の旨味を残す技量。このプレートの中では「旨味」担当。

  • ビストロハマイフ - このサラダも実は「味の情報量」が多い。テロワールが豊かというか。生産農家についてちょっと聞いてみたいです

    このサラダも実は「味の情報量」が多い。テロワールが豊かというか。生産農家についてちょっと聞いてみたいです

  • ビストロハマイフ - 中村シェフが「修行先のイタリアのホテルのレストラン」(※そこも確かミシュランのお星様もらってるとこだったかと)の名物フォカッチャを日本人に食べやすいようにアレンジしたもの、だそうです。

    中村シェフが「修行先のイタリアのホテルのレストラン」(※そこも確かミシュランのお星様もらってるとこだったかと)の名物フォカッチャを日本人に食べやすいようにアレンジしたもの、だそうです。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - パスタと肉メニューは日替わりだそうです。

    パスタと肉メニューは日替わりだそうです。

  • ビストロハマイフ - カウンター上にあった夜のグラスワインリストと「ハマイフセット」。「ちょい呑みメニュー」ってかんじでしょうか。

    カウンター上にあった夜のグラスワインリストと「ハマイフセット」。「ちょい呑みメニュー」ってかんじでしょうか。

  • ビストロハマイフ - ディナー営業時のアラカルトメニュー(2019.6.25撮影)

    ディナー営業時のアラカルトメニュー(2019.6.25撮影)

3回目

2019/05訪問

  • dinner:3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.4
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

[土日限定]プライスバリューの高いワインとプライスレスな料理の幸せなマリアージュ

日曜にハマイフさんの土日限定新コース・ワイン3杯ペアリングコースを体験してきました。


通常の「ペアリング・マリアージュコース」だとだいたい1万円前後のところが多いことを考えると3,800円(※現在は2,000円で提供)という価格設定で、ワインには興味あるけどなかなか食指が伸びなかった方でも「これなら!」と思える良心的なプライス設定です。


料理は「その日の旬の食材でかなり入れ替えていく」とのことでしたので、料理の詳しい説明は避けますが(写真キャプションに少し書いてあります)、「8〜10品位のモダンフレンチコースの最初の3品」にワインがペアリングされて出てくる感じ、と言えばだいたいおわかりいただけますでしょうか?。 ・・・この日の3品の印象としては「素材を活かしたシンプルでベーシックなモダンフレンチ」として大変好感が持てるもので、そこにイタリアの赤ワインを積極的に合わせて深みをプラスしていたように思います。(フレンチの世界とイタリアンの世界の「マリアージュ」もされていた、ということなのでしょう)


ペアリングされたワインについても、後で少し調べてみましたが(ワインの世界での表現で)「プライスバリューが高い」ワインを輩出している評価の高い生産者の銘柄ばかりで、食材と同様の視点で厳選されているのがよくわかります。


3品で量も「かなり上品」なものなので「1回の食事」として考えるとやはり追加オーダーは必要で、この日自分はペアリングコースに生牡蠣(1個)と最後にブラックアンガス牛リブロースとそれに合わせたワインを合わせて頼みましたが、数人での食事ならロティサリープレートやオードブル(盛り合わせ)を2〜3種類頼んで、マリアージュと肉ビストロのいいとこ取りを楽しむ、なんてのもいいんじゃないかなぁと思います。 パーティプランとはまた違った楽しみ方ができそうです。


あと最後に:店を出る前に「シェフズテーブルコースってやっぱりお一人様だと予約できないですよね?」と聞いてみたところ「ある程度馴染みになってくれたお客さんなら一人予約も対応可、ただし食材の準備等あるので3日以上前に予約は入れてほしい」とのご説明でした。


自分もまだ数回しか行っていないので、もう少しランチ通いしてからいずれはシェフズテーブルを(笑)  
ご馳走さまでした☺️


  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - 1杯目のペアリングはCidre Bouche Brut de Normandie 無農薬リンゴから作られるそう。辛口で料理に合います。

    1杯目のペアリングはCidre Bouche Brut de Normandie 無農薬リンゴから作られるそう。辛口で料理に合います。

  • ビストロハマイフ - シメサバのカルパッチョとミョウガ。緑色のソースはネギだったと思います。

    シメサバのカルパッチョとミョウガ。緑色のソースはネギだったと思います。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - ピエモンテのロベルト・サロット氏のGavi。辛口ですがシャルドネには無い甘みがありました。

    ピエモンテのロベルト・サロット氏のGavi。辛口ですがシャルドネには無い甘みがありました。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - ナッツ系の甘みのソースが帆立に合うのが新鮮でした

    ナッツ系の甘みのソースが帆立に合うのが新鮮でした

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - Rossetti

    Rossetti

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - チーズクリームのペンネを「一つの食材」と見立てて、黒胡椒とハチミツで両方の味の変化を楽しむ趣向が面白かったです。

    チーズクリームのペンネを「一つの食材」と見立てて、黒胡椒とハチミツで両方の味の変化を楽しむ趣向が面白かったです。

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - 追加でオーダーしたブラックアンガス牛リブロース

    追加でオーダーしたブラックアンガス牛リブロース

  • ビストロハマイフ - ブラックアンガス牛リブロース。焼きが見事。

    ブラックアンガス牛リブロース。焼きが見事。

  • ビストロハマイフ - ブラックアンガス牛リブロース

    ブラックアンガス牛リブロース

  • ビストロハマイフ - リブロースに合わせて出していただいたワイン。メルローですがカヴェルネも入っていて両方の間のようなワインで、今お店イチオシのワインだそうです。

    リブロースに合わせて出していただいたワイン。メルローですがカヴェルネも入っていて両方の間のようなワインで、今お店イチオシのワインだそうです。

2回目

2019/04訪問

  • lunch:3.7

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

肉ビストロはランチメニューもジビエ肉パスタで。

ビストロハマイフさんへ二回目の訪問。実は先日初訪問の翌日にハナコの取材記事が出て予約が重なっているようで、ランチの方も13時過ぎとは思えない位お客さんが。


先日とは別の肉メニューも試したかったのですが、今日はこちらのシェフの方の原点であるイタリアン、パスタを頼んでみることにしました。エゾ鹿肉のラグークリームをオーダー。


ランチメニューのパスタなのにジビエ肉使いというのにも驚かされますがこれも「本気の肉ビストロ」ならではでしょうね。味の方も洗練されていてなかなかに美味しい! ラグーソースだけどすっきりとした食べ口。エゾ鹿肉も充分に使われていて、 正直900円のサービスランチのレベルじゃ無いなと☺️。(その代わりパンは50円で追加オーダーになったりはするのですが。追加オーダー忘れてスカルペッタできなかったのはちょっと勿体なかったかも。。)


新しいお店の新しい味を戴くのはいつでもフレッシュな気分になれますね。素晴らしいな。
また伺います。ご馳走さまでした。☺️

  • ビストロハマイフ - ランチパスタのエゾ鹿のラグークリーム

    ランチパスタのエゾ鹿のラグークリーム

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
1回目

2019/03訪問

  • lunch:3.7

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

イタリアとフランスのミシュラン店で研鑽を積んだ気鋭シェフが織りなす炭火ビストロワールド。2月よりランチスタート!

2月にランチ営業を始めたばかりという新富町のビストロハマイフさん(HAMAIF ハマイフは与那国の言葉で「幸福の食料」という意味だそうです。インスタグラムアカウントは @bistrohamaif ) へ初訪問。


お店も昨年10月にオープンしたばかりの新しいお店。「自然素材にこだわり、炭火で焼き上げる肉メインのビストロ」という事だそうですが、どんな店なのか、楽しみ。場所は448リベルマンよりも少し銀座寄りのエリアです。


地階にあるお店ですが、採光の窓があり予想外に開放的。(地下の閉鎖的な感じがあまり好きでない自分はホッと一安心)ウッドとブラック、ダークグリーン基調のシックなインテリアで、イタリア人のスタッフの方から(※日本語は堪能)ランチメニューについて丁寧な説明をいただきました。
ランチメニューには現在パスタが3種類、肉料理が4種用意されていてかなりバリエーション多め。・・・・これはランチ営業開始してまだ間もなくメニューも開発中ということもあって多めの料理を用意しているのだと思いますが、いずれは4-5種に絞られていくと思います。その分今現在は「大変オトク」な期間と言えます。各種肉メニュー選び放題なわけですし、また腕利きのシェフがメニューを完成させるプロセスを目撃する楽しみも勿論あります。

よりリーズナブルなパスタもありましたが、せっかくなので今日は「仔鴨ロースの炭火焼」をオーダーしました。

マッシュルームのサラダの後、少し時間を置いてメインプレートが登場。仔鴨肉は(後でシェフの方とお話をしたのですが)炭火で「焼く」「炙る」といった表現が近い焼き方だそうで、皮の焦がし具合の香ばしさと肉の中央のしっとりさが両立しているなかなか見事な火の通し具合。

ソースも甘味噌に卵を加えたものをベースに少し山椒を足して作ったものだそうで、鴨肉の下味付けの塩味に甘さと旨味感をプラスしています。また、付け合わせの新鮮な野菜やライスにもよく馴染んでいます。食材の組み合わせの妙味。それでいて変に和っぽくなるわけでもなくあくまでモダンフレンチのテイスト。  シェフは中原さんという方で「イタリアンとフレンチをベースに、素材の良さを引き立てる料理作りを心がけている」とのお話でした。いや、これもうランチメニューってレベルじゃないぞと。

「イタリアンベースの肉ビストロ」ということだったのでもっと豪快な感じなのかな、と予想してましたが、フレンチにも全くひけを取らない美観の一皿で、尚且つオリジナリティのある味。(その後シェフの中原さんという方の経歴を拝見して、ああなるほど、と思ったので「追記」に記載しておきます。) また「肉ビストロ」をテーマにしているだけあってジビエや熟成肉なども取り扱われているようで、「肉マニア」な方も要チェック!なお店。いずれ間違いなく人気店になっていくお店だと思います。


この界隈でまた良いお店を一軒発掘できたと思います。(新富町街フェスで交流があるらしいのですが)448さんやクーリさん、ブワドパンさんと共に、こちら方面に足を運ぶ機会がどんどん増えてくると思います。

必ずまた伺います。ご馳走さまでした。


[余談その1:シェフの方の経歴について]
食後シェフの方とお話ししている際に名刺というかショップカードをいただいたのですが、中原さんという方で「この人はひとかどの方に違いない」と思い僭越ながらリサーチさせていただいたのですが、以下のようなキャリアの方のようです。↓

--------------------------------
イタリアの調理学校で学んだ後、ジェノバの2019ミシュラン1つ星レストラン、フランスのミシュラン2つ星、4つ星ホテルなどで研鑽を積んだ後帰国、日本では有名ホテル等に勤務後、現在の運営会社に。2018年10月「ビストロ ハマイフ」オープン。
--------------------------------


公式サイトにも中原さんのキャリアについては記載されてないのですが、これいずれは絶対どっかに書いといた方がいいと思います。イタリアとフランスのそれぞれのレストランについてもさっと眺めてみましたが、どのお店も「モダンで洗練されながらも素朴でシンプルな料理」に徹していて好感が持てる感じでした。そして、ビストロハマイフさんがこれからどんな世界を作り上げていくのか想像ができて、ますますこのお店の未来が楽しみになりました。

  • ビストロハマイフ - ランチプレートの「仔鴨の炭火焼」。

    ランチプレートの「仔鴨の炭火焼」。

  • ビストロハマイフ - 量は少なめ、ですが数が出るようになったらCPを上げていくことも可能でしょう(例えばライスを別皿にして量増やすとか) 

    量は少なめ、ですが数が出るようになったらCPを上げていくことも可能でしょう(例えばライスを別皿にして量増やすとか) 

  • ビストロハマイフ - 仔鴨を炭火でローストしたそれは「外はカリッカリ、中はしっとり、噛むと肉汁ジュワッ」な焼き上がり

    仔鴨を炭火でローストしたそれは「外はカリッカリ、中はしっとり、噛むと肉汁ジュワッ」な焼き上がり

  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ -
  • ビストロハマイフ - 食後のドリンクは250円〜 

    食後のドリンクは250円〜 

  • ビストロハマイフ - ランチのテーブルメニュー。ランチ営業始められて間もないこともあって色々試行されているようでパスタ3種、肉メニュー4種とバリエーション多め。何より肉4種がランチで選べるのは凄いこと。金額見切れていますがパスタは各900円、肉メニューは黒毛和牛ステーキ1600円、チキン1200円、豚と仔鴨1300円

    ランチのテーブルメニュー。ランチ営業始められて間もないこともあって色々試行されているようでパスタ3種、肉メニュー4種とバリエーション多め。何より肉4種がランチで選べるのは凄いこと。金額見切れていますがパスタは各900円、肉メニューは黒毛和牛ステーキ1600円、チキン1200円、豚と仔鴨1300円

  • ビストロハマイフ - カウンター席から。ショップスタッフの方はイタリアの方でした。

    カウンター席から。ショップスタッフの方はイタリアの方でした。

  • ビストロハマイフ - 黒とダークグリーンとウッド基調のモダン過ぎない落ち着いた内装。居心地は良さそう

    黒とダークグリーンとウッド基調のモダン過ぎない落ち着いた内装。居心地は良さそう

  • ビストロハマイフ - 地下のお店ですが採光窓があるので開放的な雰囲気。公式のイメージは割合男っぽい写真でしたがむしろ女性に好感を持たれるタイプのインテリア

    地下のお店ですが採光窓があるので開放的な雰囲気。公式のイメージは割合男っぽい写真でしたがむしろ女性に好感を持たれるタイプのインテリア

  • ビストロハマイフ - 店舗入口のウッドのプレート

    店舗入口のウッドのプレート

  • ビストロハマイフ - ここから地下に降りていきます

    ここから地下に降りていきます

  • ビストロハマイフ - 入口の立て看板

    入口の立て看板

  • ビストロハマイフ - 入口の営業案内とランチメニュー

    入口の営業案内とランチメニュー

  • ビストロハマイフ - ビル入口。シャンパンも多く取り扱っているお店のようです。

    ビル入口。シャンパンも多く取り扱っているお店のようです。

口コミが参考になったらフォローしよう

reson463

reson463

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

reson463(40)さんの他のお店の口コミ

reson463さんの口コミ一覧(82件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ビストロハマイフ
ジャンル フレンチ、ワインバー、イタリアン
予約・
お問い合わせ

050-5596-3195

予約可否

予約可

住所

東京都中央区新富1-9-4 ファンデックス銀座ビル B1F

交通手段

東京メトロ有楽町線「新富町駅」3番出口から徒歩3分
東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口から徒歩5分

新富町駅から207m

営業時間・
定休日

営業時間

【火~金】
11:30〜14:00
17:00〜23:00
【土日】
17:00〜23:00

日曜営業

定休日

毎週月曜日 第2.第4 火曜日

予算
[夜]¥4,000~¥4,999 [昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

チャージ料お一人様500円頂戴しております。

席・設備

席数

24席

(ご着席での最大収容人数です。)

個室

(4人可、6人可、8人可)

個室1室のため、ご予約の状況によってはご案内出来ない場合がございますのでご了承ください。 また、4名様以下でもご予約の状況によってはご案内できる場合もありますので、ご希望の際は事前にご連絡ください。

貸切

(20人以下可、20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙

店外に喫煙場所有

駐車場

徒歩30秒にコインパーキング(2台)がございます。

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、ソファー席あり、電源あり、無料Wi-Fiあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

飲み放題コース

飲み放題

コース

3000円以下のコース、3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、ベジタリアンメニューあり、英語メニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と デート 接待

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)

ホームページ

https://bistrohamaif.amebaownd.com/

公式アカウント
オープン日

2018年10月17日

電話番号

03-6280-3483

初投稿者

reson463reson463(40)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ