蕎麦前三昧 蕎麦三昧 : 築地 布恒更科

レストランランキングTOP5000

築地 布恒更科

(ぬのつねさらしな)
  • 料理・味 3.62
  • サービス 3.59
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.58
  • 酒・ドリンク 3.57
  • 行った 875人
  • 行きたい 4754人

評価分布

予算:

夜の予算 ¥1,000~¥1,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
日曜・祝日

この口コミは、k846さんの主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。また、この口コミは訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。詳しくはこちら

k846

k846(1170)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代前半・男性・東京都

2

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999¥1,000~¥1,999
2回目

2017/04訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999

蕎麦前三昧 蕎麦三昧

高校の同級生とプレミアムな社長をお誘いしての訪店。
プレモルで喉湿しからスタート。ささみ茗荷梅肉和え、海苔、板の定番に今宵は天種の稚鮎、白海老、帆立!鳥貝刺で飲む。
竹鶴をぬるぬるで楽しみ、蒸篭と酢橘かけで〆る!
嗚呼、堪らない!ごちそうさまでした。

1回目

2016/07訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999
  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

蕎麦前三昧

【16/7月】
元部下君と11年ぶりの再会で訪店。ビール、板、海苔、ささみ梅和え、ヅケ、鯵刺、ホタテ天をぬるぬるの竹鶴で楽しむ。
締めは冷やし酢橘と思っていたら、昼間の暑さで品切れ(涙)。蒸篭を手繰って終い。
女将さんとご主人に挨拶をして、ごちそうさまでした。

【15/7月 蕎麦前三昧】
j久しぶりの訪店。女将さんとご主人に挨拶申し上げて、エビチュウでカンパァ~~イ!
板、海苔、ささみ梅肉和え、ホタテ天とお決まりのアテに本日のSPとり貝と水茄子!竹鶴の常温をチビリッチビリッと楽しむ。
〆蕎麦、僕は蒸篭、相方は冷し酢橘!
ごちそうさまでした。

【14/5月自分の初夏の風物詩】
前職のキレイどころと訪店。エビスでカンパ~~イ!
お決まりのささみ梅肉和え:さっぱりと爽やかに初夏にはうってつけの一品。
焼海苔:山葵を包んでパリパリと王道の蕎麦前、
蛍烏賊の山椒煮:これは絶品!ご主人と女将でプチプチ山椒を取って煮たそうです。
鱧天:早くも今年3度目の鱧、湯引きも炙りも良いのだが天ぷらになると満足度は更に高い。
鰯雷膾:鰯の脂分を膾にしたことで穏やかにさせてはぐら瓜の食感が楽しい一品。
鶏モツ胡麻油漬:これは呑兵衛のツボにピシャッとハマります。臭みは全くなく、絞ったカボスでさっぱりと美味い!
焼きらっきょう:これは面白い発想。何とも言えない食感が楽しい。
〆は自分の初夏の風物詩的な一杯。冷し酢橘
出汁がバッチリ効いた爽やかな酸味と仄かな甘みを感じる汁に見た目も爽やかな酢橘のスライスの清涼感も美味しい。二八のコシもバッチリ!
こりゃ堪らない。今日の30℃も乗り切ろう!

【2012年11月 蕎麦前三昧】
今日はMyRさまと3人で訪店。
ヱビスでカンパ~イ!の儀式。
焼海苔、板わさ、ささみ梅肉和え、出汁巻、牡蠣天、ホタテ天を小笹屋竹鶴のぬる燗で大いに楽しみむ。
各々海苔かけ、十割、二八で〆て終い。
お付き合いいただいた、兄さん、師匠、ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
ごちそうさまでした。年内もう一度儀式に訪店しなきゃね!

【2012年5月 冷やしは5月半ば過ぎから】
仲良し呑兵衛鯔背なチャッキチャキ江戸っ娘ちゃんと訪店。
取りビー・海苔・ささみ、毎度お馴染みのパターン。鴨南までの最後の温麺になりそう!蓼喰人さまのレビューに感化され、白海老のかき揚げもオーダー。これを塩でやっつけると、キケンキケン!あっという間にビールが小笹屋に変身。 しかも写真撮る前に完食!そこで。本日メニューの炙り小柱をオーダー。馬加貝柱には薄味がついていて、噛むと、甘味と柱の触感で、口の中が大変なことに。これを鎮静できるのは小笹屋だけ。柱は、昆布と、青菜?の漬物との和え物の上に鎮座しています。美味すぎ!

本日、冷やし酢橘が始まっていないかなぁと思っていたのですが、残念。
しかし、外は雨、やや肌寒い。ということで、江戸っ娘ちゃんには、花巻を食してもらい、僕は酢橘かけ。
花巻初体験の江戸っ娘ちゃんは、蓋を取って深呼吸すると、幸せオーラ全開!
酢橘かけは、出汁の効いたつゆに酢橘の酸味が程よくマッチ。すっきりさっぱり。
あっという間に完食。これが鴨南までの最後の温麺になりそう!
ご馳走さまでした。次回は、冷やし酢橘ですね。
冷やし酢橘は5月半ば過ぎから

【2011年12月 店中に海苔の良い香り 花巻】
9月以来3か月ぶりの訪店。今日が仕事納め、石先輩とお疲れさん&年越し蕎麦会です。
小笹屋竹鶴 純米ぬる燗でカンパ~イ!『一年 お疲れ様でした。』
焼海苔登場。木箱が新調されています。箱の底には炭が入っていて、海苔は最後の1枚まで香ばしくパリッパリです。
1/2に切り山葵を挟んで醤油でいただきます。文句なし。
鶏ささみ梅肉和え登場。茗荷のアクセントが利いていて程よい梅の塩分でお酒を追加。
牡蠣天登場。今年は三重産です。 酢橘を1滴たらし、塩でガブリ。
美味ぇぇぇ!たまりません。つけあわせの大場天は天つゆでいただきます。
大根おろしも、都度おろすので、香りも良し。まして冬大根は甘みもあり、ちょっと醤油をつければ、立派なアテ。
蕎麦味噌登場。 先輩、甚く気に入った模様。即、ぬる燗追加投入。
これは、キケン、築地平成通りに呑み過ぎ注意報発令。
真打ち花巻登場。蓋を取り、思いっきり深呼吸。幸せ全開。
花巻とうな重は蓋を取った一瞬もたのしめますよね。
お店のお兄さんと、この花巻の一瞬の話をすると、『店中に海苔の良い香りが広がりますよね!』と言っておりました。
海苔の風味と風味が消える前の蕎麦をズズッと手繰り、ときどき、わさびをちょいとのせて食べます。
蕎麦前と花巻を堪能し、幸せなお疲れさん会終了。
わざわざ奥からご主人が出て来て、女将さんと年末のご挨拶。
御馳走さまでした。良いお年をお迎えくださいませ。
そして僕らは、すぐ裏手のねこ屋さんへ移動…。 Night is young!

【2011年1月】
先ずは、ヱビスビールでのど湿し、焼き海苔、板わさで蕎麦前(竹鶴ぬる燗)
ホタテの天ぷら・牡蠣の天ぷら(冬季)、、ささみ梅肉和えをあてにお酒を追加投入。
〆の蕎麦は、生粉打蕎麦(十割)か花巻または酢橘蕎麦。
つゆはキリっとした辛口、蕎麦は常陸秋そば(そば粉の香りが豊かです)。
蕎麦掻きも美味いですよ。
前職場が近かったこともあり、通算100回以上お世話になっています。
つゆは、お父さんの大森本店をまだ超えていないかもしれませんが、蕎麦は超えていると思います。

女将さんも美人な天然キャラで、楽しいです。
いつも、ありがとうございます。ごちそうさまです。

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 16/7月

  • 15/7月 とり貝

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 15/7月 お通し 干し本ししゃも

  • 15/7月

  • 15/7月 水茄子

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 15/7月 ささみ梅肉和え

  • 15/7月 ホタテ天

  • 15/7月

  • 15/7月 竹鶴 冷や

  • 15/7月

  • 15/7月 冷し酢橘

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 15/7月

  • 酢橘かけ冷しはまだ5月下旬から

  • まあまあ

  • カンパ~~イ!

  • 今日のお通しは糸もずく 能登産かな?!

  • ホタテ天ぷらこれが美味い

  • 定番出汁巻

  • 小笹屋竹鶴ぬる燗です。

  • これをチビリチビリ呑るのが堪らない

  • 今日の〆はせいろ

  • 海苔箱 底には炭が入っていてつでもパリッパリ。

  • 焼海苔 山葵を挟んで醤油でいただきます。

  • 鶏ささみ梅肉和え

  • 牡蠣天ぷら 今年は三重県産

  • 蕎麦味噌 これはキケン 呑み過ぎ注意

  • 2合徳利

  • 花巻 蓋を取ると海苔の香りが店一杯に広がります。

  • 花巻 海苔の香りと二八を堪能

  • 花巻の薬味は、山葵と大根おろしだけ!江戸前です。

  • 七味

  • 木鉢会 産湯が木鉢という江戸名店二世三世の会です。超有名老舗揃い

  • 鶏ささみ梅肉和え

  • お通し 浅利佃煮

  • 炙り小柱 絶品

  • 海苔箱中身

  • 14/5月 ホタルイカ山椒煮

  • 14/5月 鶏ささみ梅肉和え

  • 14/5月 鰯雷膾

  • 14/5月 焼海苔

  • 14/5月 

  • 14/5月 山葵を巻いて焼海苔

  • 14/5月 

  • 14/5月 鱧天ぷら

  • 14/5月 竹鶴ぬる燗

  • 14/5月 焼きらっきょう

  • 14/5月 鶏モツ胡麻油漬

  • 14/5月 冷やし酢橘

  • 14/5月 

  • 14/5月 本日のお通し大根煮

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

k846(1170)さんの他のお店の口コミ

k846さんの口コミ一覧(2151件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「築地 布恒更科」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 築地 布恒更科 (ぬのつねさらしな)
ジャンル そば
予約・
お問い合わせ

03-3545-8170

予約可否

予約可

住所

東京都中央区築地2-15-20

交通手段

日比谷線築地駅、徒歩3分。東銀座より徒歩6分。
大江戸線築地市場駅、徒歩3分。

築地駅から227m

営業時間

[月~金]
11:00~15:00(L.O14:45)
17:00~21:00(L.O)
[土]
11:00~15:00(L.O)

ランチ営業

定休日

日曜・祝日

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

カード

(JCB、AMEX、Diners)

席・設備

席数

26席

(テーブル6卓26席)

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙

完全禁煙

駐車場

空間・設備

落ち着いた空間

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

子供可

オープン日

2004年6月

備考

本店は南大井

初投稿者

食田飲太食田飲太(3)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「築地 布恒更科」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

03-3545-8170

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

築地×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ