新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

カツが主役のカツカレー : かつ平

かつ平

(かつへい)
とんかつ百名店2021選出店

食べログ とんかつ 百名店 2021 選出店

予算:

夜の予算 ¥1,000~¥1,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
日曜・祝日・第2土曜

この口コミは、満腹幹事さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

満腹幹事

満腹幹事(476)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]40代後半・男性・東京都

6

  • 夜の点数:4.1

    • ¥4,000~¥4,999 / 1人
      • 料理・味 4.3
      • |サービス 4.3
      • |雰囲気 4.2
      • |CP 4.0
      • |酒・ドリンク 4.0
  • 昼の点数:4.3

    • ~¥999 / 1人
      • 料理・味 4.5
      • |サービス 4.5
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 4.0
      • |酒・ドリンク -
6回目

2021/11訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ~¥999
    / 1人

カツが主役のカツカレー

本日は本当に久しぶりのランチ。かつ平でランチと言えばカツカレー(900円)。薄切りのロースにサクサクの軽い衣がおじさんに優しいのです。

ランチ時にカウンターに案内されました。着席前にカツカレーを注文。揚げ、盛り付けの手際の良さを見ながら暫し待ちます。人のロースカツが揚がる姿も被り付きの席(カウンター)から見ると最高です。

出てきましたカツカレー。半分は玉ねぎ中心のサラサラなルーの中に、半分はそのままサクサクで。千切りキャベツに甘口ソースをたっぷりかけて右から順が私流。右はロースのトロから。差し込まれて提供されたスプーンでルーがかかっている境目を切ります。そのままカツをサクッと美味い。ルーに馴染んだ衣も良い。千切りキャベツとソースでご飯食べリセット、次は千切りキャベツとサクサクゾーンのカツ。これを繰り返すと1さじ1さじ味のバリエーションが変わります。あくまでカツが主役、カレーはソースの代わりみたいなものだから、邪魔をしない。

味噌汁もシンプルに良いですね。

ご主人との会話を楽しみながら、築地情報を交換です。

ごちそうさまでした。

  • かつ平 -
5回目

2021/11訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥4,000~¥4,999
    / 1人

やっぱりロースと刺身が美味い

久しぶりの訪問。コロナの間もお昼行列が出来ていたので、無くなる心配はしてませんでしたが、色々あったようですね。頑張って行きましょう。

久しぶりの訪問で変わった1番はお酒。まず、キリンの瓶ラガーで乾杯し、おつまみはモツ煮。澄んだ汁に生姜が効いたモツ煮は味噌煮込みに慣れたモツ煮とは一線を画します。

おつまみを3点盛りに。小松菜お浸し、ポテトサラダ、明太子。ポテトサラダはスライスタイプに今日は変化。ジャガイモ値上がりで質が安定せず苦労している様子。旦那の知恵は試練を乗り越えます。

ここで今までならビールお代わりか日本酒ですが、麦焼酎いいちこ登場。これは衝撃。いいちこも四合瓶と200mlのミニボトル。キープ出来ないからミニボトルを2人で。

刺身はまぐろ脳天や中トロ、赤身のセット。とんかつ屋の刺身とは言え、ここは築地。ねっとり蕩ける良い鮪あります。

勿論、カツはロース。私は辛子に塩で。脂が美味いから、塩が甘さを引き立てる。

最近は20時閉店が目標らしいので、早めに帰りましたが是非頑張ってください。

2人で8000円。

ごちそうさまでした。

  • かつ平 -
4回目

2020/12訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥3,000~¥3,999
    / 1人

3点盛と刺身でカツを忘れそう

久しぶりの訪問。緊急事態宣言中にお弁当を買って以来の訪問。お母さんも旦那さんも元気に営業中。昼も満席、夜もお客様は絶えずに来ますね。

まずはキリンかアサヒの選択で瓶ビール。キリンラガーを。おつまみを聞くと金目鯛の刺身が有り。鮪の刺身と合わせて盛り合わせに。

まずはお母さんお手製のポテトサラダに、昆布が効いた円やかな味わいの明太子。3品にすると小皿に盛り付け、取り分けになるとのことで小松菜のお浸しを追加して3品に。これだけでもビール進みます。

続いて鮪と金目鯛の刺身。一人前ずつ盛り付けなので今時。やはりしっかりとした身で旨い。トンカツ屋でこのツマミを食べるとカツを忘れてしまいます。

この辺でロースカツを。やはりかつ平の醍醐味はロースカツ。しかも大トロの右端。シェア用の十字切で一切れは昼の半分。私はこの醍醐味を2切れで充分。下戸連れてきてよかった。お母さんにキャベツにご飯用のごま塩かけて食べると、キャベツの千切りとバランスが良いと勧められながら、完食です。

ビール4本、コーラ1本、ポテトサラダ、明太子、お浸し、鮪刺身、金目鯛刺身、ロースカツで7000円丁度。久しぶりの楽しい時間でした。

ごちそうさまでした。

  • かつ平 -
3回目

2020/04訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

持ち帰りお弁当もあるよ!(要予約)

築地界隈のご馳走会議飯、弁当と言えばかつ平のロースカツ弁当(1200円)。外出自粛の中でのお店貢献、家族でお弁当を買いました。

お店と違って、お味噌汁は付かないけど、弁当の昆布の佃煮が旨い。ロースカツも店のサクサクとは違って、しっとりだけど、これが良い。ロースの脂も質が良いので、少し経ったくらいでは固くならない。口の中で蕩ける。ご飯も艶々。キャベツ千切りは少ないけど、鉄板の赤スパとオレンジは弁当でも付いています。

このようなご時世ですが、様々な形で応援したいと思います。因みにヒレ弁当もお店と同じ1100円です。

ごちそうさまでした。

  • かつ平 -
  • かつ平 -
2回目

2018/09訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥2,000~¥2,999
    / 1人

夜は予約は出来ないけど、お酒を呑むならシェアできる

かつ平は予約ができないので早めに行かないと。

私は苗字で呼ぶのですが、大将とお母さんが「この前の和風総本家の築地特集でも取材依頼があったけど、お断りした」とのこと。築地界隈の世間話をして、ビールを飲みながら待ちです。

最初はもやしのナムルにポテトサラダ、冬瓜の煮付けをチョイス。家庭的な味わいは嬉しい限りです。単身ならばこのようなお店でご飯を食べるのはありですが、勿論とんかつ店なのでとんかつを頼むのがルールです。

皆が揃ってから鮪の赤身を。今日の刺身はこれだけだけどそれでもとんかつ屋で食べられる幸せ。

4人なのでロースとヒレを1枚ずつ。夜ならばシェアができるのも良い。

最近林SPFのような無菌豚だから、とんかつを半生で出すようなお店もあるけれど、こちらは昭和スタイルでしっかり安心。だからジューシーにするためロースの脂がしっかり乗った部分をしっかり揚げる。ギリギリを狙うのは良いが、素人さんが生で豚肉を食べられるという勘違いが一番怖い。生で出しても生では食べず、しっかり余熱を入れましょう。

本日はビール鱈腹。4人で12,000円弱。

ごちそうさまでした。

  • かつ平 -
1回目

2009/12訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥2,000~¥2,999
    / 1人
  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

夜の楽しみはツマミとカツ

久々の訪問ですが、「お久しぶり」なんていう会話で実家に帰ったかの雰囲気。

相変わらずというか、夜のメニューが10品ほどに増えて、ルールを知らない一見さんだと、カツを頼まず一杯飲んで帰りそう。あくまでカツが主役です。

今日は久しぶりでももちろんお母さんの作るポテトサラダに大将が築地で仕入れた刺身。鮪は本マグロとメバチの赤身、〆鯖に、白身と平貝。カツ屋とは思えないクオリティーで日本酒の熱燗も進みます。

以前英語メニューを作ったと聞いていましたが、今度は中国語メニューが。基本取材お断りですが、国際的になったものです。3人でヒレとロースを1枚ずつ頼んで、たくさん飲んでも1人2500円程。やっぱりロースの脂が旨い!

※以下09年12月訪問※
やっぱり行き付けは良いですね。大変混んでいましたが(18時頃は食事のお客様と築地の飲みのお客様の終わり時間、普通の人なら24時頃なので・・・)、少々待っての着席です。

本日は関鯵の刺身。刺身盛り合わせ800円に200円追加とのことでしたが、食べない訳には行きませんね。脂が乗っていて、肉厚で締まっていて旨い。とんかつ屋のレビューなのに刺身レビューです。

久しぶりにロースカツとヒレカツを両方1枚ずつ注文しましたが、ロースは3人で参ったので細く切って頂き、脂も肉も堪能しました。脂が本当に旨い。臭みがなく蕩けますね。お昼に参るお客様も是非2人で行き、ロースとヒレをシェアすると満足度が高いかもしれませんね。

鱈腹酒とビールを飲み、刺身にとんかつ、ポテトサラダやキムチ、小松菜の白和えなどを堪能して8000円でした。21時になったので長居は禁物、さあもう一軒。

※以下09年10月レビュー※
久しぶりの訪問です。

最初は〆鯖と鮪(400円)。やはり目が肥えていて魚が旨い。ポテトサラダはお母さんの担当ですが、家庭的な味わいでビールに合います。

5人で訪問でしたので、久々にロースもヒレも頼みましたが、ロースは肉を食べたという醍醐味がありますね。

※以下08年11月レビュー※
今日の一品料理は鯵刺身(300円)が早々に売り切れたので、鮪(400円)とホタテ(300円)にしました。それと自家製塩辛(200円)を冷奴(200円)にトッピングして、ポテトサラダ(200円)という感じです

ご主人納得の鮪の仕入れは大間の鮪の大トロ。銀座の寿司屋なら同じものが一貫2000円というところですが、こちらは一切100円。なんてったってミーハーですが包み紙の”大間”文字が入った紙まで見せてもらいました。

ロースカツで〆ましたが、ビールと酒が進んだ楽しい晩酌となりました。

※以下08年7月レビュー※
本日の夜は刺身。とんかつやですが夜の刺身は築地の仕入れで旨い。ホタテは柱だけでなくひもも刺身。鮪は本日はぼちぼち。しめ鯖は塩〆加減が良い。何より夜のツマミは季節感がある。冬瓜の炊き合わせは出汁がしっかりしているので夏らしく旨い。それにしても8月からロースカツのみ100円値上げ。時代の流れには勝てないとのことでした。ヒレカツは据え置きです。聞けばロースはパン粉も油も盤面が大きいので値上げせざるを得ないとのことでした。そうでしょうしょうがない。

※以下08年6月12日レビュー※
本日はお弁当です。予約をすれば、味噌汁はつきませんが同じ値段でお弁当が出来ます。衣が軽いトンカツはお弁当箱の中でもしなることなく、しっかりしております。私はお弁当の時にご飯の上にかかる昆布の佃煮が好き。築地界隈のご馳走弁当と言えば、かつ平の弁当か丸静の鰻です。

※以下08年1月5日レビュー※
1月5日年始の仕事始めのランチはもちろんこちらです。夜は週1回以上行っているけど、ランチは久しぶり。お母さんからも「お昼は久しぶりね」何て言われてしまいました。お年賀ということでタオルを貰い、早速ロースカツ定食を注文。旨いけど一人には肉が充分大きい。小丼のご飯ではあるがご飯が足りないくらいのボリューム。肉は脂に臭みが出るものだが、こちらの脂は本当に臭くない。旨い。

※以下12月30日レビュー※
池波正太郎先生がご贔屓にした店として有名な店ではありますが、それは先代の頃で今のご主人になってからは、その人柄で人を惹きつけて止まないお店です。メニューにはありませんが、女性などでこのボリュームでは食べきれない方には一声かければ半ヒレ(通常ヒレかつを頼むとヒレが二本になりますが、半ヒレにすると一本です。私は一人ならこれで充分かと思います)を供していただけます。とにかくお客様皆様(一見さんも含めて)が如何に美味しく食べていただけるかお客様を一番に考えているお店と思っております。いつ伺っても機嫌・不機嫌の無いご主人の接客は見習うところばかりです。また、夜訪問するととんかつだけではないつまみの豊富さも実は隠れた魅力です。築地市場に近いこともあり、日によってではありますが魚メニューのおつまみや自家製キムチなどが200円か300円で食せるのも魅力の一つです。夜、カツと旨い肴でビール・酒を飲むのも最高です。

口コミが参考になったらフォローしよう

満腹幹事

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

満腹幹事(476)さんの他のお店の口コミ

満腹幹事さんの口コミ一覧(1783件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名
かつ平(かつへい)
受賞・選出歴
とんかつ 百名店 2021 選出店

食べログ とんかつ 百名店 2021 選出店

とんかつ 百名店 2019 選出店

食べログ とんかつ 百名店 2019 選出店

とんかつ 百名店 2018 選出店

食べログ とんかつ 百名店 2018 選出店

とんかつ 百名店 2017 選出店

食べログ とんかつ 百名店 2017 選出店

ジャンル とんかつ
お問い合わせ

03-3542-1537

予約可否

予約不可

住所

東京都中央区築地6-12-10

交通手段

日比谷線築地駅より徒歩5分。
大江戸線築地市場駅より徒歩7分。
有楽町線新富町駅より徒歩7分

築地駅から361m

営業時間

営業時間

11:30~14:30
17:00~20:00

定休日

日曜・祝日・第2土曜

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

14席

(カウンター6席、テーブル8席)

個室

禁煙・喫煙

全席禁煙

昼は禁煙でした

駐車場

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank、au、Y!mobile

メニュー

ドリンク

日本酒あり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可

幼児は無理だと思います。

ドレスコード

カジュアル

オープン日

1963年

備考

【中央区築地7より移転】
「かつ平」さんは昭和38年(1963年)創業で現在2代目。食通として知られていた作家の池波正太郎氏がご贔屓のお店としても有名。

初投稿者

ウィーンの森の物語ウィーンの森の物語(2399)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員(無料)になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

築地×とんかつのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ