牡蠣天せいろの、至福。 : 蕎肆 穂乃香

レストランランキングTOP5000

蕎肆 穂乃香

(きょうし ほのか)
予算:

夜の予算 ¥2,000~¥2,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
日曜日

この口コミは、sophia703さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

sophia703

sophia703(616)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・神奈川県

2

  • 昼の点数:3.9

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク3.7
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2019/11訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.3
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

牡蠣天せいろの、至福。

久しぶりに、両国を訪問する機会を得て。
月曜日なので、コチラを再訪することにしました。
「北斎せいろ、美味しかったな。」と思い出しながら入店。
でも、旬のおすすめメニューに「牡蠣天せいろ」を見つけてしまったら、
もう矢も盾もたまらず。
“三陸産”の、大粒の牡蠣が3つ。それに獅子唐、南瓜、パプリカの天ぷら。
どれも薄衣なので、添えられた酢橘と塩で。牡蠣は塩と天つゆ、それぞれでいただきました。
ジューシーで旨味が口の中に零れ出る牡蠣の、至福の美味。
今回は、この牡蠣天ぷらが余りに素晴らしいので
もっちりとした蕎麦も、ちょっと印象が霞んでしまいました。
この牡蠣は、せいろに添うには強すぎです。
「北斎せいろ」にして蕎麦を楽しみ、別に「牡蠣天ぷら」1,180円を頼む方が
実はバランスが良かったですね。
牡蠣天を先に平らげ、口中が少し落ち着いてから
残りの蕎麦をシンプルにいただきました。
花番の女性も、あれこれお気遣い下さり
とにかく、久しぶりにコチラの蕎麦を楽しみましたヨ。
ごちそうさまでした。

  • 蕎肆 穂乃香 - 牡蠣天せいろ。

    牡蠣天せいろ。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろ。

    せいろ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 牡蠣天と野菜天。

    牡蠣天と野菜天。

  • 蕎肆 穂乃香 - 大粒の牡蠣天。

    大粒の牡蠣天。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろ、リフトアップ。

    せいろ、リフトアップ。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろ、汁で。

    せいろ、汁で。

  • 蕎肆 穂乃香 - 汁の蕎麦湯割り。

    汁の蕎麦湯割り。

  • 蕎肆 穂乃香 - 旬のオススメ。

    旬のオススメ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 看板。

    看板。

1回目

2015/08訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.7

葛飾北斎生誕の地で蕎麦前と「北斎そば」を楽しむ。

両国「江戸東京博物館」を初めて訪問しました。
先日見た映画「百日紅」の中で、ヒロイン(葛飾北斎の娘・榮)が闊歩する長い長~い両国橋が
とっても印象に残り、その周辺を見たかったから、でもあります。
東京のいま・むかしをゆっくりお勉強した後は、
マイレビ様がレビューしていたこちらに、一人昼酒と蕎麦を楽しみに来ました。
カウンター席から眺める窓外には、残暑の厳しさが目に見えるようですが、
涼しい店内にはJAZZが流れ、とっても心地よい空間です。
日本酒は、「純米吟醸飲み比べ」セット980円にして、
肴には「焼き味噌」500円と、「馳走三種盛り合わせ」830円が一人飲みにはピッタリです。
3種のこだわりの肴は
「わさび醤油漬」「ほたるいかの沖漬」「豆腐よう」「鯛わた」「莫久来(ばくらい)」の5種から選べます。
悩みましたが、「ほたるいかの沖漬」「豆腐よう」「ばくらい」をいただくことにしました。
すぐに美しいガラスの酒器で純米吟醸飲み比べセットと、お通しに「揚げ蕎麦」が来ます。
お酒はシャープなキレ味の「姿(ブラックインパクト)」(栃木)、フルーティーな「開運」(静岡)、
西国の酒らしくとろりと芳醇な「美和桜」(広島)。
焼き味噌は、ふんわりとした食感に大きめのクルミが香ばしく、
酒肴3種はいずれもトロ~リと濃厚な、苦味の効いた大人の味。
昼酒と肴をゆっくり味わった後、〆蕎麦にはこちらのオリジナル
「北斎せいろ」2枚をお願いします。
2段重ねが嬉しい、黄色味がかった薄茶の蕎麦は、
挽きが細かいのでしょう、星は見えず太さもしっかり、コシもしっかりの存在感のある蕎麦です。
「北斎」を冠した熱いつゆには、
ざくざくと大きめな茄子、しし唐辛子、葱、鴨肉。
大きな鴨つくねと、鮮やかなグラデーションの紅葉麩が。
鴨ねぎだけじゃなく、たっぷり入ったこれらの具から、いろんな旨味がつゆに溶け出して
得も言われぬ美味さを醸し出しています。
それらに負けない、個性的な蕎麦。
せいろ3枚、食べてもよかったナ~(*´∀`)。
とろみの付いた蕎麦湯をつゆに入れて、飲み干すのもまた至福、でした(^o^)v。
この季節には、「レモン切り」という珍しい変わり切りがあり、
それも食べてみたかったのですが、今回は「北斎」を満喫しました。
葛飾北斎は、
生涯にあらゆる画法を学んで身につけ、
90歳のいまわの際に
「あと10年、いやせめてあと5年生きられたら、真の画工になれるのだが…。」と嘆息したと言います。
その一途な貪欲さを、この個性的な蕎麦と華麗で雑多なつゆで
表現されたのでしょうか。
またぜひ再訪したい、ステキな蕎麦との出逢いでした。
会計しながら「北斎生誕の地」を尋ね、両国街歩きマップをいただいて、
晩夏の陽射しの中に歩み出ます。
ご馳走さまでした!

  • 蕎肆 穂乃香 - 北斎せいろ二段。

    北斎せいろ二段。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろアップ。

    せいろアップ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 北斎せいろのつゆ。

    北斎せいろのつゆ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 焼き味噌520円。

    焼き味噌520円。

  • 蕎肆 穂乃香 - 蛍烏賊沖漬け。

    蛍烏賊沖漬け。

  • 蕎肆 穂乃香 - ばくらい。

    ばくらい。

  • 蕎肆 穂乃香 - 豆腐よう。

    豆腐よう。

  • 蕎肆 穂乃香 - お通しの揚げ蕎麦。

    お通しの揚げ蕎麦。

  • 蕎肆 穂乃香 - 純米吟醸飲み比べ980円。

    純米吟醸飲み比べ980円。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろリフトアップ。

    せいろリフトアップ。

  • 蕎肆 穂乃香 - せいろつゆで。

    せいろつゆで。

  • 蕎肆 穂乃香 - つゆには、鴨肉、茄子、葱がごろごろ。

    つゆには、鴨肉、茄子、葱がごろごろ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 大きな鴨つくね。

    大きな鴨つくね。

  • 蕎肆 穂乃香 - つゆを白濁の蕎麦湯で割って。

    つゆを白濁の蕎麦湯で割って。

  • 蕎肆 穂乃香 - 粉山椒。

    粉山椒。

  • 蕎肆 穂乃香 - 別添えの柚子。

    別添えの柚子。

  • 蕎肆 穂乃香 - ドリンクメニュー。

    ドリンクメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 群馬泉。

    群馬泉。

  • 蕎肆 穂乃香 - 石見。

    石見。

  • 蕎肆 穂乃香 - 美和桜。

    美和桜。

  • 蕎肆 穂乃香 - 姿 ブラックインパクト。

    姿 ブラックインパクト。

  • 蕎肆 穂乃香 - 開運。

    開運。

  • 蕎肆 穂乃香 - カウンター席の様子。

    カウンター席の様子。

  • 蕎肆 穂乃香 - カウンター席の中の電動石臼。

    カウンター席の中の電動石臼。

  • 蕎肆 穂乃香 - 馳走メニュー。

    馳走メニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 蕎麦屋の肴。

    蕎麦屋の肴。

  • 蕎肆 穂乃香 - 北斎せいろとそばメニュー。

    北斎せいろとそばメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 変わり蕎麦。

    変わり蕎麦。

  • 蕎肆 穂乃香 - オリジナルぶっかけそばメニュー。

    オリジナルぶっかけそばメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 純米吟醸飲み比べメニュー。

    純米吟醸飲み比べメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 冷そばメニュー。

    冷そばメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 温そばメニュー。

    温そばメニュー。

  • 蕎肆 穂乃香 - 外観。

    外観。

  • 蕎肆 穂乃香 - 江戸時代の両国橋ジオラマ。

    江戸時代の両国橋ジオラマ。

  • 蕎肆 穂乃香 - 現在の両国橋。

    現在の両国橋。

  • 蕎肆 穂乃香 - 葛飾北斎と三女お栄の寓居。

    葛飾北斎と三女お栄の寓居。

  • 蕎肆 穂乃香 - 高度成長期の日本の住宅。

    高度成長期の日本の住宅。

口コミが参考になったらフォローしよう

sophia703

sophia703

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

sophia703(616)さんの他のお店の口コミ

sophia703さんの口コミ一覧(2031件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 蕎肆 穂乃香 (きょうし ほのか)
ジャンル そば
予約・
お問い合わせ

03-3634-2918

予約可否

予約可

住所

東京都墨田区1-25-7

交通手段

都営地下鉄 大江戸線【両国駅】徒歩3分
JR総武線【両国駅】東口 徒歩7分

両国駅から476m

営業時間・
定休日

営業時間

11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日

日曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、JCB、AMEX、Diners)

席・設備

席数

21席

(カウンター5席、4人掛けテーブル席3卓、2人掛けテーブル席2卓)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

近くに数台程度のコイン・パーキングが点在

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank

メニュー

コース

3000円~4000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

ホームページ

http://kyousi-honoka.com/

オープン日

2008年5月

備考

小学生以下は不可
カードは1万円以下は6%手数料。

初投稿者

風太くん風太くん(1476)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「蕎肆 穂乃香」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

錦糸町×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ