マイアミガーデン/地階からボンジョールノ ! : マイアミガーデン 浅草店

この口コミは、Jackie_mさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

Jackie_m

Jackie_m(125)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

4

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
4回目

2018/01訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

マイアミガーデン/地階からボンジョールノ !

「ここは私の店なんだから !」
「俺だってこの店のステークホルダの一人だよ。何よりあなたがランドセル背負ってる頃から、俺はこのカウンターに着いてたんだから、そういう意味では俺の店でもある !」

―― どういう理屈だよ !! (笑)

いつもの Bar でゴネていたら、オーナーの女の子がここは私の店なんだからって私を責めてくる。あなたは大人しくフェットチーネだけ茹でてりゃあいい人なんだけど ……

<H30.1.30 浅草>

「マイアミガーデン」

午前十一時半。久々の訪問。
広い近いのフロアに一番のりと思ったら、続き男性一人が下りてきたよう。例のエマニエル婦人の籐の椅子に着いてやおらメニュウを広げれば、何かランチセットの内容が更新されている模様。
今まではサラダ、ドリンク付きで千円だったものが、サラダ or ドリンク or パン付きでそれぞれ同価格、で、スパゲッティが大盛りになるらしい。そのスパゲッティも種類に変化が見られると思うのだが、さんざん食ってきて従来のそれをこれっぽっちも正確に記憶していないことは、これは私の欠点でもあるが、同時に個性、なかんずく生き様。

結局セットはサラダ付きのものを注文したが、前のようにドレッシングの種類を聞かれることはなかった

“ソーセージのペペロンチーニ” @1,000也。

サラダのドレッシングは自動的にイタリアンとなるのか。
まさか、お店の人が私がイタリアンしか頼まないことを覚えていてくれているとは考えにくい。ほどなくしてラウンドのカラフルな皿が臨場。“大盛り”と見せかける為に (おいおいおい !)、器に前よりも深い皿が使われているようである。

早速フォウクを突き立てて、その状態を確認。
ソースはやや弛く、多めに残されている模様。これは私としてはそれほど悪くはないことながら、フォウクをスピンさせて口に放り込んでみると、気持ち、もうちょっと塩っ気が欲しいか。

―― ペペロンチーノで塩が利いてないのって、些か寂しい気持ちになっちゃうんだよね。同時にとんがらしも控えめだし。でもそれ差し引いてもまだまだ及第点いってるけどね、この店のスパゲッティは ♪

「ボンジョールノ !!」

イタリア人 (かは知らないけど)を手慣れた様子で、イングリッシュで捌く綺麗なお姉さん。メニュウは変わったけど、このお姉さんには、いつまでも不変でいてほしい。
その時きみは、今と同じように若く、美しく ……

―― 「冬の華」かっつ~の ……

  • “ソーセージのペペロンチーニ”

3回目

2017/09訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

マイアミガーデン/沁みるとき

快晴の浅草。
夏の残り香。張りぼての雷門。日陰を探して歩く観光客の群れの中、自分だけは日なた日なたを歩いてゆきたい。何のアヴァンチュールもなく夏を終えた者としての、ひとつの意地を貫くため

<H29.9.26>

「マイアミガーデン」

外国人チームが「Hello !!」と下りてくる。
心の中で「Darling ?」と返すのが精一杯だったが、いつもの細身のお姉さんはその一行を堂々頼もしく、クィーンズイングリッシュで捌いているようだ。

見かけない、何かスペシアルを予感させるメニュウを開いたら、ヴァニラアイス付きのナポリタン & ミートソース。非常に興味を惹かれたのだが、千四百円超のお値段に気圧されて、泣く泣く注文を諦める。

―― 胃も疲れてるし、こんなときはいつもの間違いないやつでいこ ……

「ボロネーゼと ……」
「すみません、ボロネーズがまだ出来るかどうか、確認してきますね ♥」

やはりボロネーゼは出来なかったとのことで速やかに他のものを注文し、暫しボロネーゼとボロネーズとの違いを考えたが、それは到底、私の手に負える問題ではなかった

“トマトとバジル” @1,000也。

トマトのRossoにバジルのVerdeのアクセントが映える。
連日のアルコールにやられた胃が、果たしてトマトの酸味に耐えられるかということだけが唯一の心配事だったが、それは嫌味なほどキツくはなく、大蒜ととんがらしの風味とも巧みに相乗されており、まずは大丈夫なようで一安心。

テーブルに添えられるはタバスコとパルメザンチーズ。
タバスコは今の私にとって不要。そして蠱惑的な粉チーズだが、まずは温存しておくことにした。フォウクの歯の2/3を使って引き上げる時の抵抗だけで、既に最適な茹で加減ということが手にとるように伝わってくるこのスパゲッティに、後半、味覚に変化を与えるべきその時までは

続いて下りてくるアナザー外人チーム。
直後、重大なことに気がついてハッとなった。

―― ああっ ! チーズかけ忘れてぜんぶ食べちゃうとこだったよ~ 危機一髪だったわ。ハッとしてグッときたわよ

白昼の浅草にはお似合いの、薄い庶民御用達のカフィ。微かに流れるムーディなBGM。スクエアで高密度、そして小さめなアイスをかんまして、彼らのコップへのアタックが奏でるスタッカートのつぶてがやけに心に沁みるとき ……

  • “トマトとバジル”

2回目

2017/04訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

マイアミガーデン/浅草クリーミー

蔵前橋通りを東へ進んでいた。
春の交通安全週間がはじまったか、歩道に張ったテントの傘の下からクルマの流れを見守る警察官たち。一人、警官とも市民ともつかないんだけど、妙にふてぶてしくて、目つきが悪くスーツがぱつんぱつんの好感度ゼロのやつがいる (笑)。
そういえばやけに白バイが多いなと思った ……

で、隅田川の向こうで所用を済ませ、ふたたび言問橋から隅田川をこちらに還る途中の橋の上、そういえば今年、というか毎年のこと、橋から見下ろした川岸の桜いっぱいの画に、あえて花見なんかやらない俺(とか高倉健とかクリント・イーストウッドとかカート・ラッセル)だけど、やっぱりちょっといいかなって ……

<H29.4.10>

「マイアミガーデン 浅草店」

正午のちょい過ぎ。
いつもすぐに着席出来ることに絶対の信頼を置く店(おいおいおい !)への階段を下り(実際今日も滞り無くそうなったけど)、人差し指を一本たてればおじさんとおじさんの間の席へ。ちょっと不服だったが俺も紛れもなく完成されたおっさんなので、もう観念して例のエマニエル婦人御用達の籐の椅子に、全盛期のシルビア・クリステルにまったく引けをとること無き私の数多きチャームポイントのひとつである自慢のぷりぷりおけつを収めさせていただいた。

そしてこれは分かっていたことながら、飲み物とサラダ付きランチメニュウの中に、私の許容範囲の中での未体験ゾーンはもうない。なので、昨日ママ(の作る恐ろしいまでに濃い水割り)にやりたい放題陵辱された胃に最適なものを見繕っての注文となった

“ツナと野菜/クリームソース” 1,000也。

恨みはないが先ずブロッコリを一突き、トドメをさした。
フォークの歯は常に四本。スパゲッティ屋さんにこの基本だけを崩して欲しくない私であるが、こちらに限ってその心配は無用。そしてクリーム系ソースはその塩加減も然ることながら、緩さ、逆に言えば固さ(ソースの粘度)、また口当たりの粒状感の調子をことさらに要求されると思うが、その辺りまったく良好で期待通りの優しい表情との再会に、暫し微睡んだ。

ちょっと落ち着いてあたりを見渡せば外国人パーティとおばちゃんパーティとの、一見ほのぼのとしているように見えるんだけど、その実一触即発のような気がしなくもない(笑)危うい綱渡りのようなコミュニケイション

そんなヒューマンスクランブルを横目にアイスカフィをブラックでちょっと啜った。何故ならば、ミルクとガムシロップをより多く注ぐ為。

カフィの nero にミルクの bianco がとろける科学現象を他人事のように傍観しつつ、この瞬間私が最も気にしていることとは無論、よりその現象を観察し難(にく)いガムシロップとカフィとの均等な混合は果たして成ったか、ということについてであった

  • “ツナと野菜/クリームソース”

1回目

2016/07訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

マイアミガーデン/白昼の潜行

【 平成28年6月/またしても再訪録追記 】

雷門通りを歩いてきたら、改修工事か何か、雷門がすっぽりとシートで覆われてしまっている。
―― 普段からこの界隈が回遊コースの俺はいいけど、こりゃ可哀想だわ、遠くから観光でやってきた人たち ……

そしていつもの階段を降りた。
こないだやってきた時に貸し切りとなっていたことが、雷門通り沿いの蕎麦屋と迷ってこちらが打ち勝ったことに少なからず作用していると思う。
フロアに降りると、いつものことながら今日も海外勢力の勃興。真っ赤なポロシャツの男性の背中に大きな“LONDON”のロゴを見つけることが出来たが、それを以て単純に彼をイギリス人ととらまえて良いのであろうか。

―― もしそうだとしたなら、理論上、私が海外にでるときには紅白のシャツを着て、背中に“TOKYO”のロゴを背負わなければならないというのであろうか。そしてそれは果たして恰好の良いことなのか ……

“ほうれん草とベーコン/クリームソース” @1,000也。

私がスパゲッティをやるとき、“ベーコン”というのにいつも注意を払わなければならないが、そんなの注文して料理が出てくるまで分からないことなので、結局のところいつも運任せとなってしまう。

今日のベーコンはまさに私の理想のものであった。
ほとんど完全に赤身で、ざっくりと立体感のあるもの。それがペッパーと非常に上手く相乗しており、最初うす味かなと思ったがそれもベーコンの塩っ気を考慮したものであったようで、結果非常に上手く纏まっていた

------------------------------------------------------

【平成28年1月/またまたまた再訪録追記】

冷たい雨の金曜日。
今日が金曜日だという希望を、いや、そうなると必然的に明日土曜日だという希望を、冷たい雨という“絶望”が容赦なくキャンセルしに掛かってきていたが、これからお昼ご飯だというまたぞろの“それ”に助けられ、私の中では、まだ少し希望のほうが勝っていた。

雨の日、アーケードに沿って歩けるこの一角に、楽なほう楽なほうを安易に行くことはいけないことだと思いつつも、今日もついつい頼ってしまう

“キャベツと挽き肉/醤油ソース” @1,000也

挽き肉は、肉門外漢の私にはよく分からなかったが、脂の排除された硬質のもの。ツナでもそうだが、こういった皿の上において熱を入れられたそれらからは、香りという領域を飛び越えて、もはや臭みを発散しまうことがありがちだが、それは巧みにかわすことに難なく成功している。

私とかマルチェロ・マストロヤンニとかジャン・レノになると(おいおいおい !!)、スパゲッティをやるのにまさかスプーンなど使わないが、残ったこの“キャベツ & 挽き肉スープ”を飲み干したくって、禁断のそれに思わず手をつけてしまった。

―― こうして今日も、血圧もケツ(尻)圧もMax !! でもそれが生きてる証拠 !!

また繰り返しになっちゃうけど、この手のソースって塩っ気いっぱつ勝負ってところがあるんだけど、この皿もそのあたり、どんぴしゃであったことに今回も感心 ♪

----------------------------------------------------------------------------

今年初めて、外套を羽織って外へでた。
先週までは早々にコートに頼る連中を馬鹿にしておっさん呼ばわり、対して俺は“子供は風の子”なのだと息巻いていたが、とうとう力尽きてしまった。

【 平成27年12月/またまた再訪録追記 】

昼近くになって、朝方の空気が少々温んできた気がする。
気がかりなことがひとつあった。さっき財布の中を確認したら、野口英世が一人もいないのだ。その上、小林旭の姿もない(そんなお札はない !)。
いっそ○屋デパートのレストラン街に上がってしまえば、野郎一人ご飯程度で一万円札を出すことも許されるかも知れないが、あそこも高いだけで、概ねろくなものを出す店がないと分かっているので、些か腰が引けた。

仕方なく浅草通りを渡り、まずお金を引き出すことにした

「マイアミガーデン 浅草店」

いつものお店。

“明太子” 価格失念。いつものランチセットと同価格だと思うんだけど ……

こないだ入ったときにはえらく時間が掛かっていたが、今日は適切な時間をもってスパゲッティがやってきた。元々注文都度の茹であげの為、時間が掛かる旨は最初からアナウンスされているのだが、それにしてもこないだは尋常ではなかった。
いっくら乾麺茹であげスパゲッティでも三十分待たせるのは完全にNGだと思うが、さすがにここ“観光地浅草”では、心の中で思ったとしても、あからさまに態度に顕して抗議を試みるお客は皆無だったと記憶している。

―― もし神田だったら絶対に許されないことだろうが

舞い降りた純白の皿。
色温度とRa値の吟味されたLED灯に浮かび上がったそれは、殊更マゼンタが強調されて、もはや些か毒々しいくらいの蛍光レッド。最初っから全開でセックスアッピールを振りまいていた。

サラダのドレッシングは“イタリアン”。セットのドリンクは、“アイスカフィ”にミルクとガムシロップを、与えられたポーションすべて使い切ることに決めている。
その症例が良く言ってハードヴォイルド、しかしその実軽度のアスペルガー症候群だと痛いくらいに自覚していたとしても ……

お会計を済ませて階段を上がった。
今日は、それほど寒くはない。でもそれも、“今日は”の話である。浅草通りで懸命に営業を続ける、太股逞しき人力車の引き手たち。私はバイクに乗るが(いや、今や“乗っていた”と言ったほうが正確か)、これからの季節の、日本の四季が醸し出すその“暴力性”というものを皮膚に刻み込む者として、彼らの“衣装”にこれっぽっちも“防寒性”というものの垣間見えないことにつき、他人事ながら、あぁ、これから大丈夫なのかなぁこの人たち ……
と、心底心配になった。

―― いや、人のことよりまず自分の心配だ。この人たちの逞しい太股に対し、毎晩ウィスキィボトル半分飲んで果たしてあとどのくらいで手足切断になるのかを、それを俺は真剣に心配しなきゃいけないんだ ……

------------------------------------------------------------------------

雨が降ると、なぜ心が憂鬱になるのか。
昔っから考えているのだが、未だに分からない。雲が、厚くなったり薄くなったりを繰り返していた。歩きはじめは傘のいらないくらいだったが、突如、一陣の風とともににわかに加速しはじめる雨足。

<H27.6.19>

針の道かピンの道か ……
こんな時、いつも楽な道楽な道を選んでしまう自分を嫌悪すると同時に、たまらなく愛おしいとも思う。
だからもう、安直にアーケードの下を漕ぎ、いつものスパゲッティ屋さんへと逃げ込むことしか出来なかった

「マイアミガーデン」

何故か今日は、フロアに外人客の姿が見えない。
雨に怯む日本人を横目に、厳しい気候風土の中で培った適応力を武器に、フル活動を余裕で継続中だというのか。
そんなどうでもいい物想いに耽りながら、ランチメニュウに目を通した。セットメニュウの中に何故ナポリタンが無いのか、そのことだけがいっつも不満である。

―― 同じことをいっつもいっつも。恐ろしく学習能力の無い奴だ、俺ってオトコは ……

“自家製ボロネーズ” @1,000也。

買い物で“美味い”ミートソースと自家製で“不味い”ミートソースの話も、もう何度も先述させていただいている。

それは、子供時代に不二家や不二泉の二階のパーラーで出逢った初恋の人のように、鮮やかなRossoをアイボリィのスパゲッティの上にマウントさせるという、限りない様式美を纏って舞い降りた。たっぷりの挽肉にドキドキしつつ、少々焦りながら、右手のカセットアームをスパゲッティ食べ用アームに装着しなおして先端のスピンドルにフォークをチャッキングし、20,000 min-1の速度で魅惑の皿に一気に突き立てた。

そして一息ついたところで、今度は目の前にあった粉チーズとタバスコを拝借。今度は30回転まで速度を落し、ゆっくりとその余韻を楽しんだ。頭上に観光客犇(ひし)めく雷門があるとは想像もできない、落ち着き払ったひととき。過不足なく洗練された仕事っぷりを見せるホール担当の方々。
べつに雰囲気に引き摺られているわけではないが、久しぶりにまともなミートソースを食った気がする

ふと、ひどい“自家製”ミートソースを出すスパゲッティ屋さんに対する私の思いの丈を表現するにこれ以上ない言葉が天から降ってきまして、まことに僭越ではございますが、それをもって結びの言葉とかえさせていただきます

―― 作れないんだったら出すなっつ~の、ミートソース ……

(ちゃんとした既製品を使っているお店は除く)

------------------------------------------------------------------------------------

雨の落ちてきそうな空模様。
お昼ご飯処捜索を開始したのは、午後一時を二十分ほど過ぎた頃だったろうか。しかしそのまま刻一刻と過ぎる時間。とうとう観念して、松屋デパートのエスカレータをいらいらしながら昇っていったらまさか、もう午後二時に迫ろうかというのにどの店も満タン。よほど並んで待とうかと悩んだが、生来の気の短さで再びエスカレータを下りた。
そんなヤケクソの判断で、過去何度も更に深みに嵌まる羽目に陥ったことを、決して忘れているわけではない。しかし分かっていてそうせざるを得ない性というものが、ほんとうの気の短さというもの、その正体なのであろう。

<H27.4.1>

で、松屋を出たら完全に雨が落ちてきていた。
信号を渡ってアーケードに飛び込んで、期待の蕎麦屋の前にも行列。はたと思いついたが、もしかしてこの現象は隅田川のお花見の影響か。とすれば半ば諦めモード、私のブログにてお昼ご飯ジャングル(ジャンル)初投稿となった、記念すべきお店への地下へと続く階段を下りていくと、「お煙草はどうされますか ?」の言葉とともに今度はやけにあっさりと席に案内していただいた。

―― これも何かの罠なのか …… ?

「マイアミガーデン」

錦糸町のロシアンパブのように、ワンピースドレスにハイヒールの美女がずらり壮観に並んでいるわけではなかったが、外人多し。向こうのガイドブックにでも載っているのだろうか。隣の卓には、マイアミを名乗る店でフランス人がPizzaをやっている姿があったが、それはヴィスコンティの描くヨーロッパとはあまりにもかけ離れた光景であった。

「(季節おすすめの品書きを指して)これはセットですか ?」
「そちらは単品になります」
「じゃこっちの明太子と何とかとアンチョビの ……」
「それは、それぞれ別の料理ですね ♥」
「そしたらぁ ……」

またしても、わけわかんなくなって適当に指さし注文してしまったことは言うまでもない

―― 子供か俺は ……

“ツナと野菜のクリームソース” @1,000也。
サラダ・ドリンク付き

マイアミを名乗る店で、自称英国紳士の中年モンゴロイドがスパゲッティにとりかかった。
指三本でフォークの柄を丁寧にチャッキングし、歯の端で乾麺茹で上げのスパゲッティを適量引っかけて正確にスピンさせれば、美しいさざ波模様がクリームソースの水面(みなも)ににわかに沸き立った。“赤い”ソースにはインパクトで少々劣るかもしれないが、グリーンの野菜、とりわけブロッコリでデコレイトされたそれがアクションし始めた画は、それでもなかなかに魅力的と言えた。

雷門地下のこちらの店は、一旦階段を下りてしまえばけっこうにゆったりとしたフロアが広がって、着席出来さえすれば周囲に急かされる雰囲気を一切感じずに、世界一の(って言い切ってしまうけど)観光地にいながらにして、けっこうにゆったりとした時間を享受することが出来るだけでも非常に有り難い

けっこうに忙しいことに間違いはないはずだが、黙っていても食後にとお願いしていたアイスカフィが適切な間を以て出てきて、黙っていても、少なくなったコップのお水が注がれた。
例えそれがお店の人であっても、綺麗な女の人に、今まさに一挙手一投足を補足されているということは、悪い気分じゃない。そこはかとない心地の良さを享受しつつ、私は何時(いつ)の地点から、日本の食卓に“ブロッコリ”というものが上りはじめたのがを考えはじめた

【以下、酔っ払いの戯言に聞こえるかも知れませんが、まったく酔っているつもりはございません。ただウィスキィの水割り四つ目くらいの、私のありのままの心象風景です】

確か足立区の庶民にとっては、カリフラワーというものがまずあって、それからブロッコリというものが台頭してきたと ~~

<以下“口コミガイドライン”ってやつに適合させる為、ディレクターズカットします>

---------------------------------------------------------------------------------------------------

マイアミガーデン 浅草雷門店

「今」を初めて書く。
本日7月12日、猛暑の中、所用で浅草へと出掛け、仕事を済ませたあとの昼食に、ここマイアミガーデンの階段を降りた。この店の利用は3度目くらいか。
特に選んだ訳ではないが、とにかく灼熱の太陽と、それに焼かれたアスファルトとの板挟みから一刻も早く逃れたかっただけだ。
時刻も午後1時半をはるかに越えたところ、客の入りも疎らであった。

席に通されるとすぐに、お勧めらしきパイロットメニュウの中にこれを見つけ、お水を運んできた店員さんに即注文した。
「昔ながらのナポリタンセット」\1,180也。

待つこと暫く・・・・・・
「昔ながら〜」な筈だったが、まさか注文ごとに茹でてるのか? まあ、どっちでもいい。斜め前のボックス席では観光客のアメリカ人達が気分上々で話を弾ませている。
果たして目の前に運ばれてきたスパゲッティ・ナポリタンは期待どおりの鮮やかなrosso。茹であがりは予想どおりの茹で上げで、炒めをおさえた仕上がりであった。

そんな訳で、私はイタリー製のドレスシャツにケチャップが飛ばないよう、最大限の注意を払い、そしてこれもイタリーの流儀に従い、セットされたスプーンは使わずにフォーク一本で、このスパゲッティ・ナポリタンなどという、余りにもいかがわしい名前のついた国籍不明の料理を食した。
昔ながらに合致していない茹で加減ではあったが(けっしてこれはこれで悪くない)、それは、マッシュルームこそ入っていなかったものの、二日酔いの胃をぎりぎり刺激しない程度に適度なケチャップの酸味に溢れ、心地よいものであった。

気づけば斜め前の外人チームは、伊丹十三監督の「たんぽぽ」そのまんま、スパゲッティをズルズルと美味そうにやっている。もしこの場にイタリアのマンマが居たとしたなら、確実に張り倒されていたであろう。
ますますエスカレートするこの無国籍。

食事が終わり席を立とうとしたところ、すっかり忘却していたが、セットに付いてくるアイスクリームがウエハース付きでやってきた。

あと少し、私を冷却して地上に帰るとしよう。

どんなにイタリアに憧れようと、あくまでも私は英国紳士。
それが、沖雅也を限りなくリスペクトした者の宿命なのだ

  • “高菜とベーコン/醤油ソース”

  • “ほうれん草とベーコン/クリームソース”

  • “キャベツと挽き肉/醤油ソース”

  • “明太子”

  • “自家製ボロネーズ”

  • “ブロッコリーとアンチョビのペペロンチーニ”

  • “ツナと野菜のクリームソース”

  • “昔ながらのナポリタン”

口コミが参考になったらフォローしよう

Jackie_m

Jackie_m

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

Jackie_m(125)さんの他のお店の口コミ

Jackie_mさんの口コミ一覧(751件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 マイアミガーデン 浅草店
ジャンル イタリアン、パスタ、ピザ
予約・
お問い合わせ

03-3845-6395

予約可否

予約可

住所

東京都台東区浅草1-2-1 浅草プラザホテルビル B1F

交通手段

地下鉄銀座線浅草駅 徒歩0分/地下鉄都営浅草線浅草駅 徒歩1分/東武伊勢崎線浅草駅 徒歩1分

浅草駅(東武・都営・メトロ)から70m

営業時間

11:00~23:30(L.O.22:45)

日曜営業

定休日

無休

予算(口コミ集計)
[夜] ~¥999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

席・設備

席数

100席

(近隣最大級の席数です)

個室

(30人以上可)

貸切

(50人以上可)

禁煙・喫煙 分煙
駐車場

空間・設備

落ち着いた空間

メニュー

飲み放題コース

飲み放題

コース

3000円~4000円のコース

ドリンク

日本酒あり、ワインあり、カクテルあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

お祝い・サプライズ可

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://miami-garden.jp/

関連店舗情報 マイアミガーデンの店舗一覧を見る
初投稿者

凪*凪*(0)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

お得なクーポン

  • ※ クーポンごとに条件が異なりますので、必ず利用条件・提示条件をご確認ください。

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

03-3845-6395

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

浅草×イタリアンのランキング(点数の高いお店)です。

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ