ピンと張り詰めた空気のなか極上のカツレツを食す : ぽん多本家

この口コミは、如月 来夏さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

如月 来夏

如月 来夏(96)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・埼玉県

1

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
1回目

2018/12訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

ピンと張り詰めた空気のなか極上のカツレツを食す

ここんところスイーツやらパンやら軟弱なものばかり食べ歩いた反動でか、無性にガツンとボリュームのあるものが食べたくなった。とんかつだ。そう体が欲している。
狙いをつけてあるとんかつ屋はいくつもあるが、ちょっと今回は贅沢しちゃおうかなと。サラリーマンにとって年に2度のご褒美が今年もなんとか出たので、つい財布の紐がゆるんでしまうのであった。

土曜日。気がつくと上野駅に降り立っていた。上野界隈は和洋問わず気になる名店がひしめいている激戦区。正直、フルコンプしようと思ったらいくら時間と金があっても足りない。どうしてくれよう。
ちょっと早く着き過ぎてしまったので、上野界隈を下見がてら散策。風が強く寒くて辛いが、美味しいものにありつけるためならこんなの苦のうちには入らない。「黒船亭」「伊豆栄本店」「蓮玉庵」「厳選洋食さくらい」「とんかつ武蔵野」などいずれ攻略しようと場所だけ確認。そうこうしてるうちに、いい時間になってしまい慌ててこちらの店前へと急ぐ。

10:50の段階で先客に女性2人組。店の看板を撮ってるうちに、その後ろに数人があっという間に列をつくってしまった。皆さん常連のようで、ちゃんと開店時間を心得ておられるのだろう。と、重厚な扉が空いて店の方がおはようございますとうやうやしくお出迎え。一同ぞろぞろと吸い込まれていく。

自分はお一人様なゆえ、入ってすぐ目の前のカウンターに案内される。隣には常連とおぼしき品の良さそうな年配の方。カウンターはL字型に4席あり、間もなくすべて埋まってしまった。お給仕に来られたのは物腰の柔らかい男性、厨房に立つはやや強面の職人気質っぽい男性、すべて男手だけでまわしている。お給仕の方の凛とした身のこなし、板前さんの張りのあるよく通る声、私語や無駄な動きなど一切皆無、どことなく規律のとれたそれが女人禁制の僧坊っぽい緊張感を漂わせている。

おしぼりとほうじ茶、お品書きをいただいたのでさっそくとんかつを。。。あれ。どこにもとんかつの文字が見当たらない。が、そこはリサーチ済み。ここではとんかつと言わず敢えてカツレツと書いてあるのだった。しかも単品のみ。おそらくカツレツをアテに飲む方もいるんだろう。現に隣客もタンシチューをアテにビールをあおっておられた。粋だったな。

迷わずカツレツにご飯セットをつけて注文。ご飯、味噌汁、お新香がセットになっていてどのメニューにも組み合わせることができる。ちょっと割高だし価格設定も強気だが。

待つ間にトイレ拝借。ちょっとお目汚しになるが、トイレットペーパーではなく昔風のちり紙が丁寧に箱に入って便座の脇に置かれていた。こんなところにまでこだわっていて鳥肌が立つ。

席に戻り数分待ったところで料理到着。カツレツというだけあって身が大きい。そのカツを丁寧にひとくちサイズに切り分けてある。衣はかなり白く、低温でじっくり揚げ余熱で火を入れていることが分かる。ちなみにカツレツは1種類のみでヒレかロースかといった選択肢はなし。むしろこのほうが潔く決められるのではなかろうか。

面白いのは、卓上にソースや練りがらしなどと一緒にケチャップが置かれていたこと。もちろん置いてあるのだからカツレツにかけて食べてもいいわけだ。ならトライしてみようじゃないか。おそらくカツにケチャップをかけるのは生まれて初めての経験。ちょっとワクワクするも、恐る恐る、興味津々。

ソースはシャバシャバのウスターソース。塩は見当たらなかった。割と最近開店した新興とんかつ勢は真塩や岩塩を提案する傾向にあるようだが、そこは老舗の意地というかこだわりがあるのか。ソースというより醤油に近い感覚でカツにシャバシャバかけていただく。うん、これが美味い。元来、ソースといえばウスターを指すものだから正統派ということになる。練りがらしをちょんとつけていただく。うん、美味い。

そしてケチャップ。スーパーで売ってるハインツ製のごくありきたりのものだが、はたしてこれが吉と出るか凶と出るか。あり寄りのありだった。意外とカツにケチャップは合う。豚肉のトマト煮込み料理だってあるわけだし。ただ、口に入れた瞬間一気に口の中がアメリカンになりカツレツの文字がCUT-LETになったが。

赤出汁の味噌汁も濃厚でとっても美味しく、とくにご飯の炊き具合が抜群。自分はやや硬めに炊かれたご飯が好きなのだが、これがもうドンピシャで。カツの大きさの割にお茶碗がやや小ぶりだったこともあり、ご飯だけおかわりをいただいた。キャベ千は針金のように細く水気がない。とくにドレッシングも用意されていなかったので、シャバシャバのソースをたっぷりかけてみたが、素朴でこれもまた美味しい。散らしたパセリが色を添える。お新香はとくに白菜が美味しかった。

しかし何だろう、妙に落ち着かない。店内は相変わらずピンと張り詰めた空気で、私語なぞ問答無用といった雰囲気さえある。料理の写メを撮るのも一瞬ためらったぐらいだ。あまりにワイワイガヤガヤ騒がしいのもあれだが、ここまで静謐とした空間だとまるで僧坊での修行のようにも思えてくる。

老舗の看板は伊達ではなく、その味と伝統を守ろう守っていこうという気概も感じさせる。その甲斐あって味、ホスピタリティともに一流。独特の緊張感が非日常感を演出し、より一層美味しく感じられたのかもしれないが。食べ歩きなどと呑気なことばかり言ってると、たまにこういう店に当たって襟を正すのもまたよろしいかと。

  • ぽん多本家 -
  • ぽん多本家 -
  • ぽん多本家 -
  • ぽん多本家 -

口コミが参考になったらフォローしよう

如月 来夏

如月 来夏

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

如月 来夏(96)さんの他のお店の口コミ

如月 来夏さんの口コミ一覧(279件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 ぽん多本家 (ぽんたほんけ)
受賞・選出歴
とんかつ百名店2019選出店

食べログ とんかつ 百名店 2019 選出店

とんかつ百名店2018選出店

食べログ とんかつ 百名店 2018 選出店

とんかつ百名店2017選出店

食べログ とんかつ 百名店 2017 選出店

ジャンル とんかつ、洋食、コロッケ・フライ
予約・
お問い合わせ

03-3831-2351

予約可否

予約可

予約は4名以上

住所

東京都台東区上野3-23-3

交通手段

東京メトロ銀座線 上野広小路駅 徒歩1分
JR山手線・京浜東北線 御徒町駅(南口) 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩4分
東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩5分

上野広小路駅から143m

営業時間・
定休日

営業時間

[火~土]
11:00~14:00(L.O.13:45) 16:30~20:00(L.O.19:45)
[日・祝]
11:00~14:00(L.O.13:45) 16:00~20:00(L.O.19:45)

日曜営業

定休日

月曜(祝日の場合は火曜休)

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥3,000~¥3,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(Diners、JCB、AMEX、VISA、MASTER)

サービス料・
チャージ

サービス料なし、酒類注文時お通し324円別

席・設備

席数

33席

(1Fカウンター4席、2Fテーブル20席、3F座敷個室9席)

個室

(8人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

近くにコインパーキング有り

空間・設備

落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、座敷あり

携帯電話

docomo、au、Y!mobile、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、ワインあり

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可

未就学児入場不可

ドレスコード

なし

ホームページ

http://osietesite.com/gourmet/tokyo/wasyoku/tonkatu/pontahonke

オープン日

1905年

備考

未就学児入店不可

お店のPR

黄金色の美しき衣にロース肉の旨みを閉じ込めた、カツレツの元祖

創業は明治38年。【ぽん多本家】の名物といえば、宮内庁の料理人であった初代がミラノ風カツレツを天ぷら式に揚げ、その元祖とも呼ばれるようになった『カツレツ』。その美味しさはまさにため息ものです。厳選して仕入れるロース肉は、脂身を排除し、丁寧に筋取り。取り除いた脂をラードとして使い、低温から徐々に温度を上げながらじっくりと揚げていきます。美しい黄金色の衣は軽快な食感。赤身の旨みだけを凝縮させ、そ...

初投稿者

yosukemaruyosukemaru(1)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「ぽん多本家」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

御徒町×とんかつのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ