鼻を擽るこのソース、唯一無二のメンチサンド : 万かつサンドコーナー

万かつサンドコーナー

関連店舗

  • 料理・味 3.24
  • サービス 3.09
  • 雰囲気 3.14
  • CP 3.12
  • 酒・ドリンク 3.00
  • 行った 212人
  • 保存 776人

評価分布

この口コミは、ミニミニ大作戦さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦(1294)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

2

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ~¥999
2回目

2017/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

鼻を擽るこのソース、唯一無二のメンチサンド

神田須田町は万世橋。アキバビル群の端っこで、負けじとそびえる肉の万世ビル。1F~10Fの全フロアが、基本は牛肉をネタにしたレストラン。これだけの超大箱ってのは国内唯一じゃなかろうか?一方でどんな客層が席を埋めるのか、ちょっと謎な総合レストラン・ビルヂング。その1Fエントランスに構えるカウンターで対面販売される万世サンド。

【ハンバーグサンド】700円
駅・空港の売店で売られてるのと寸分違わず同じ。わざわざ万世橋まで買いに来るメリットと言えば、それは運が良けりゃ出来たてが狙えるってこと。まぁコイツが、誠に、実に、激旨いのである。但し、予め棚に載るおおよその時刻を電話で訊いておかねばゲットは困難。例えば今朝のように、仕事移動の合間に立ち寄ったのでは確率はかなり低く・・・ほら、昨日の最終ロットじゃん。訊けば今日の1stロット出食は1時間先だって。そりゃ無理だわ。

変わらぬレトロ&ファニーな小箱を展開すると、ミッチリ詰まったキューブ状のサンドが6個。実はハンバーグとは言うものの、その実はフライドハンバーグ、要はメンチカツである。巷では、どうやら万世カツサンドの方が知名度が高く人気もあるようで、このハンバーグサンドをご存じない方々も少なからずおられる。しかし私的には、こっちのハンバーグサンドの方が断然好き。万世らしいのはコッチである。その訳は、一にも二にもこの専用ソース。カツサンドに用いられるトンカツソースとは香りも味も全く異なる、メンチカツ専用のシャボ系ソースだから、メンチカツへの滲み感が実に良い。加えてかなり強めのウスターソース系風味。このメンチカツにウスター系ソースがジットリ滲み込んだ感じ、ウスターソース好きには堪らんだろう。

【まとめ】
カツサンドとは全く違う味世界。しかもライバル不在の万世ハンバーグサンド。地味に敵無し鉄板メニューなんである。気を付けたいのは、その余りに刺激的なソースの芳香。新幹線や飛行機のなかで箱を開けたなら、衆目を集めることは必定。よって、待合中にさっさと喰うのがオススメ。何だか落ち着かないが。

  • 万かつサンドコーナー - ハンバーグサンド

    ハンバーグサンド

  • 万かつサンドコーナー - キューブカットの6個入り

    キューブカットの6個入り

  • 万かつサンドコーナー - 超絶的に好みのソース臭

    超絶的に好みのソース臭

  • 万かつサンドコーナー - 実はメンチカツサンド

    実はメンチカツサンド

  • 万かつサンドコーナー - 最近はおみくじが付く

    最近はおみくじが付く

  • 万かつサンドコーナー - この奇妙なイラスト無ければ万世に非ず

    この奇妙なイラスト無ければ万世に非ず

  • 万かつサンドコーナー - 本店1Fのテイクアウトコーナー

    本店1Fのテイクアウトコーナー

1回目

2011/03訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

大大大好きカツサンド 第三回 -咆哮するソース。これぞマンセ~。B級の誉れ-

東京、神田は万世橋・・・この地名が耳にはいる度、パブロフの犬の如く、私の右脳には「ポンッ」と、あるイメージが結像する。と同時に、喉の奥がジワッと潤って、思わず「ゴクッ」となってしまう。その虚像とは・・・「肉の万世カツサンド」並びに「肉の万世ハンバーグサンド」。このツートップは、私にとっての頂上カツサンドだ。もちろん、カツサンドといっても千差万別。トンカツ、ビフカツ、エビカツ、メンチカツ、ハムカツ他・・・具材も、カツレツだけでなく、キャベツ、レタス、トマト、マヨネーズなど挟む、もはやクラブハウスサンドみたいなものまで・・・だが、やっぱり、私はココのが好きなのだ。カツレツとソースとパンだけ。これで、「う~ん」と唸らせてくれるカツサンドだ。そういった意味で、一つの頂上なのだ。

今日は何ともラッキーだった。時間があるので、万世橋の本店まで足を運んだ。店頭でお姉さんがインカムつけて私を呼んでいる・・・「ただ今出来上がりました~。出来立てですよ~」・・・ヤタッ!!ラッキーラッキー大ラッキ~。今日は出来立てが食べれるのだ。

【カツサンド】
ロースカツ、並ヒレカツ、上ヒレカツのパターンがある。ロース派の私は、ほぼいつもノーマルのロースカツサンド。そもそも、箱の意匠から、「これしかない!」という好ましさ。誰がデザインしたのか知らないが、東京以外ではまず現れ得ない、時代を超越したお江戸系クリーンデザインだと思う。ブタさんイラストのディティールなどを見ていると、恐らく、長い歴史の中で版下を更新している間に、だんだんオリジナルの絵から乖離して、記号化してしまった痕跡が伺えて楽しいことこの上なし。ローストンカツは実は日間差が少し気になる。旨い時は、「参った」と思うぐらい、ロース脂身の旨みが口中に広がる。勝率は5割くらいか。パンは既報の「たいめいけん」に比べるとB級だ。耐水性、耐油性に乏しく、余程作り立てでない限り、ヘニャッとなってしまい、ベタベタモッチリ。まあ、最初から特上カツサンドを期待している訳じゃないので、さして不満はないのだが。最大のポイントは、誰がなんと言ってもソースだ。その芳香は、どのマニュファクチャラーも追いつけていない。と、思うくらい私は好きだ。出来立ての一個を食んだ時の、ザクッとしたトンカツの食感、ラードとソースの芳香、いい意味でのチープ感が一杯だ。

【ハンバーグサンド】
ハンバーグという名前だが、実際はメンチカツ。物は言いようだ。確かにハンバーグサンドと呼んだ方が美味しそう。別にハクション大魔王ではないのだが、そう思いませんか?こちらのサンドには、隠し味的に薄切りのピクルスが僅かに挟まれる。この酸味が、ソースの芳香を更に高めている。メンチカツは厚め。やはり、特上の感じはなくドッテリしていて垢抜けない。しかし、その粗挽き感を伴う、モッサリとした食感はもろにB級。流石のジャンキーだ。もしやしたら、万世はカツサンドよりハンバーグサンドに思い入れがあるのでは、とさえ思ってしまう。独特の濃い味、コクコクメンチカツだ。こちらも最大のポイントはそのソース。カツサンドと異なる風味で、その凄まじさは、人ごみや電車のなかでは、箱を開けるのを躊躇するほど。何度か新幹線車内で食べた事があるが、箱を開けた直後、視線を感じた事も一度や二度ではない。このソース、カツサンドとは別物。ハンバーグサンド専用のものだ。ウスターベースの、いかにもソースらしい、すっぱくスパイシーな香りが、咆哮となって鼻腔を一気に駆け抜ける。ん~素晴らしい!!食べるたびに「参りました」である。

まとめ:
この香り。ソースって旨いな~と食べる度に思ってしまう。素材は決して特上ではないにも関わらず、この一箱でしか味わうことができない、極めてオリジナリティーのあるインパクトが私を魅了して止まない。シンプルなレシピにして、一点集中の味わい。これこそが、B級頂上カツサンドと思ってしまう所以なのだ。

  • 万かつサンドコーナー - カツサンド

    カツサンド

  • 万かつサンドコーナー - ソースひたひたカツ

    ソースひたひたカツ

  • 万かつサンドコーナー - 開封したカツサンド

    開封したカツサンド

  • 万かつサンドコーナー - カツサンドパッケージ

    カツサンドパッケージ

  • 万かつサンドコーナー - ハンバーグサンド

    ハンバーグサンド

  • 万かつサンドコーナー - ソースひたひたメンチカツとピクルス

    ソースひたひたメンチカツとピクルス

  • 万かつサンドコーナー - 開封したハンバーグサンド

    開封したハンバーグサンド

  • 万かつサンドコーナー - ハンバーグサンドパッケージ

    ハンバーグサンドパッケージ

  • 万かつサンドコーナー - 食べたら畳めるエコな箱

    食べたら畳めるエコな箱

  • 万かつサンドコーナー - 万世ブタさんのナイスな意匠

    万世ブタさんのナイスな意匠

口コミが参考になったらフォローしよう

ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ミニミニ大作戦(1294)さんの他のお店の口コミ

ミニミニ大作戦さんの口コミ一覧(995件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「万かつサンドコーナー」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 万かつサンドコーナー
ジャンル サンドイッチ、肉まん・中華まん
予約・
お問い合わせ

03-3251-0291

予約可否
住所

東京都千代田区神田須田町2-21 肉の万世 秋葉原本店 ランス前

交通手段

秋葉原駅から303m

営業時間

10:00~23:00

日曜営業

定休日

無休

予算(口コミ集計)
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

席・設備

携帯電話

SoftBank

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と

こんな時によく使われます。

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://www.niku-mansei.com/

初投稿者

おじいおじい(1)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「万かつサンドコーナー」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

秋葉原×パンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ