派手さや装飾性などを排した「素」の状態ゆえに、より一層中身の素晴らしさが伝わってくる。 : はし本

レストランランキングTOP5000

はし本

(はしもと)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.66
  • サービス 3.58
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.58
  • 酒・ドリンク 3.50
  • 行った 1061人
  • 行きたい 6088人

評価分布

この口コミは、joaoさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

joao

joao(2490)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

1

  • 昼の点数:4.4

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク3.9
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999
1回目

2016/12訪問

  • lunch:4.4

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 3.9
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

派手さや装飾性などを排した「素」の状態ゆえに、より一層中身の素晴らしさが伝わってくる。

 鰻は大好きなのだが、しょっ中いただくのはなんとなく気が引ける。何と言っても絶滅危惧種だからね。。。だから、数ヶ月に1回ぐらいのイメージで、かつ土用丑の日あたりは敢えて外しつつ、いただいてます^^; こちら、だいぶ前から行きたかったが機会がなかった店に、昼酒忘年会で初往訪。

 某仏タイヤメーカーグルメ本2017年版には、鰻屋が計8店。神宮前の赤寶亭はちょっと毛色が違うというか、なんで鰻に出てくるのかがわからない。それを除けば、星付きは永田町の山の茶屋、そして、こちらのご近所の石ばしと、こちら。数ある高級店や老舗がたくさんある中、この庶民的な店が選ばれたのは何故だろうか?もちろん、選ばれることと実力がパラレルとは決して思わないものの、選ばれた理由が何かあるはず。

 今や鰻セグメントで星の数が一番多くなったこの辺り、やや高級よりの石ばしさんは明治43年(1910年)創業、元々中ノ橋のたもとにあったのが、東京大空襲を機に戦後近所の現在地に移転。対するこちらは庶民的。なんと天保6年(1835年)の創業以来ずっとこの地で営業し続けていると!奥の小上がりの壁には昔の様子を描いた絵が。神田川(当時この辺りは江戸川と呼ばれていたらしい)に面し、階段で直接川に降りられるようになっていた様子が描かれている。今のご主人で6代目。果たして伝統はいかに伝えられているのか?

 1週間ほど前に予約。奥の小上がりで。料理は以下の通り。
■お通し。葉唐辛子の佃煮的なもの。いきなり、お酒が進む!
■肝焼き。予約時に注文しておかなかったため、人数分はなかった。がしかし、1本に付いてくる個数、一つ一つが大きく、しっかりとした歯ごたえ、臭みも全くない。タレの味わいがやや辛めで、実に美味しい。いままでいただいた肝の中でトップかも。
■向う骨。これは人数分。このコリっとした食感!甘すぎず辛すぎずのタレ。焼き具合もジャスト。これまた素晴らしい。
■ヒレ。これがまた絶妙な食感。臭みなどもなく、本当に美味しい。これを何本か注文して、ご飯の上に乗せて、ひれ丼とか作ったらさぞかし美味しいよねなどと言いながら盛り上がる。
■白焼(並)。これは3人でひとつ。しっとり、ふわり。
■鰻巻き。この美味しさに心から感動!出汁の味、卵との割合、鰻、焼き、それら全てがベストな状態と思える、そうやって分解して考える必要のない完成度。しみじみ、美味い。1皿2切れ乗って1,700円と、それなりのお値段だが、その価値は十二分にある。3人で2皿は多過ぎたか。
■鰻重(上)。こちらも、文句のつけどころのない美味しさ。

 これらに加え、店員さんたちのキビキビとした対応が実に格好よく気持ちいい。それは店に入る時から出る時までずっと感じられた。結構いる外国人客に対する対応もまた、ご年配のご婦人のスタッフ(ご家族?)がさらりと英語で客を誘導するなど、実にスマート。店全体が、外国人に媚びるようなところが全くなく、一方で応対は素晴らしい。

 そんなわけで、鰻屋にはけっこう色々伺っているが、食べログで高得点を得ている色々な店を、料理もサービスも頭二つ抜けているぐらいに感じられた。派手さ、高級さ、装飾性などないが、逆にその素な状態ゆえに、素晴らしい本質が一層浮かび上がって見えるのかもしれない。

  • 壁にかかる、昔の風景。神田川(江戸川)に降りられる階段が。

  • 肝(2本)。串をはずした姿。

  • 向う骨(3本)

  • ひれ(3本)

  • お通し(葉唐辛子?)

  • う巻き

  • お酒。

  • 白焼き(並)

  • 鰻重(上)

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

joao(2490)さんの他のお店の口コミ

joaoさんの口コミ一覧(669件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 はし本 (はしもと)
ジャンル うなぎ
予約・
お問い合わせ

03-3811-4850

予約可否

予約可

住所

東京都文京区水道2-5-7

交通手段

江戸川橋駅より徒歩3分。4番出口を右折し石切橋交差点(ローソン)を石切橋方向に行って橋を渡り川沿いの2軒目になります。

江戸川橋駅から284m

営業時間

11:30~14:00
16:30~20:00
(最後の御注文は19:30)

日曜営業

定休日

木曜日

予算(口コミ集計)
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥3,000~¥3,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

20席

個室

(20~30人可)

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙

平成29年5月1日より

駐車場

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://www.unagi-hashimoto.jp/

オープン日

1835年6月26日

お店のPR

長年注ぎ足されてきたタレに合わせ込む鰻重に老舗の矜持が光る

初投稿者

chiakipenguinchiakipenguin(179)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

03-3811-4850

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

神楽坂×うなぎのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ