【0871】会津にこだわる地酒で蕎麦前 : 石臼挽き手打 蕎楽亭

この口コミは、やっぱりモツが好きさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

やっぱりモツが好き

やっぱりモツが好き(3859)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

1

  • 夜の点数:3.7

    • [ 料理・味3.6
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.9
    • | 酒・ドリンク3.8
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999
1回目

2015/10訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 3.8
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

【0871】会津にこだわる地酒で蕎麦前

3,225文字★

神楽坂のミシュラン蕎麦屋蕎楽亭
ミシュランガイド掲載のお店ということで高級路線かと思いきや、
居酒屋のようにも利用出来て意外とリーズナブルなお店です。

松翁(神保町)出身の店主の出身地が会津(福島県)のようで、
郷土料理のこづゆや会津産の馬刺しなど酒肴が充実。
地酒のラインナップも福島県のものが多かったです。

ガラス張りで店先に石臼が置いてあるのが分かり、
本業の蕎麦も非凡なのですが、ひやむぎも評判という不思議なお店。
天ぷらの揚げ技術の高さも光り蕎麦以外の部分でも評価の高いお店です。

店内は厨房前の直線カウンターに10席。
テーブル席が20席ぐらいあって合わせて30席といったキャパシティ。
予約は1日3組までしか受け付けないようで、
それ以外の席は先着順に案内されることになります。

厨房内は5人の料理人(全て男性)で切り盛り、ホール担当は女性2名。
5人も料理人がいる割には料理の提供スピードは遅めでしょうか。
サービス面では日本酒のチェイサーに頼んだ冷水の提供が、
こちらでアピールしない限りおかわりしてくれないのも気になります。
おかわりをお願いしても忘れられることが何度か。

高級レストランというよりは蕎麦も楽しめる居酒屋というイメージ。
接客に日本語の不自由な女性スタッフもいました。
客層はアダルトでミシュランガイド掲載の影響か外国人の姿もチラホラ。
居酒屋ほど騒がしくない、落ち着いた店内は魅力でしょうか。

飲み物は地酒を1合ずつ福島県縛りで楽しんでいました。
ドリンクメニューを見ると福島県の地酒が12種類あります。
泉川 純米吟醸(750円)、大和屋善内 純米生原酒(850円)、
飛露喜 特別純米 生原酒(800円)、天明 純米酒 亀の尾(900円)。
今回は上記の4種類をいずれも冷酒で。

食べた料理の寸評は以下の通り、【】内は個別の採点。
表示価格は外税です。

【3.4】イカのエンペラの醤油漬け(お通し)

小さなお皿でお通しが出てきました。
天ぷらに使うイカの余り物であろうエンペラの部分を、
カツオ出汁の強力に効いた出汁醤油に漬け込んでいます。

イカとカツオのダブルの魚介臭さを感じてしまう点は気になりますが、
沖漬けより上品な味わいで出汁の旨味もあって美味しい。
他店では捨ててしまうような部位を無駄にせず利用する姿勢は好印象。

【4.1】牛スジの煮込(780円)

お店の女性スタッフに人気メニューを尋ねると牛スジをお勧めされました。
蕎麦屋で何故に牛スジかと思いましたが出てきて納得。
土鍋でグツグツと煮込まれる牛スジは驚きのボリューム。
神楽坂の蕎麦屋でこんな凄い量のスジ煮込みとは意表を突かれました。

薬味のネギと白胡麻を除けば野菜など一切なくスジ肉オンリー。
赤身のホロホロした部位や脂身のトロトロした部位。
水で炊いてやわらかく処理してからカツオ出汁で煮込んだのか。
出汁の効いた上品な味わいで量でも質でも下町酒場のスジ煮込みを凌駕。
他の料理を味わえなくなるので自粛しましたが、これはおかわりしたかった。

【3.3】会津の馬刺盛合せ(1,680円)

モモ、ヒレ、レバーの3種盛り。
霜降りではなく赤身で、辛味噌も添えられているのは会津スタイルでしょうか。
熊本の馬刺しは霜降りが珍重されて醤油が南九州特有の甘い醤油です。

モモは少し歯応えがありながら赤身肉特有の旨味がしっかり。
ヒレはモモより滑らかな食感で旨味も負けず劣らず。
一番気に入ったのはヒレの部分の刺身でした。

評価を落としたのはレバー。
黒っぽい見た目で嫌な予感がしたのですが中心に臭み。
薄切りカットなので馬レバー特有のコリコリ食感もあまり感じられず。
熊本で食べたサイコロカットの厚切り馬レバ刺しに比べると残念でした。
ただレバーも辛味噌と一緒に食べれば臭みが緩和されます。

【3.5】お刺身盛合せ(1,980円)

甘鯛の昆布〆、サンマ、アイナメの3種盛り。
客単価が5,000円~6,000円ぐらいのお店なので、
高級鮨屋の白身魚や秋刀魚に比べると質はどうしても見劣り。

とはいえ同じ5,000円クラスの居酒屋に比べれば遥かに良質で、
大手チェーンの居酒屋でも飲み放題コースで5,000円になることを考えれば、
入店待ちの列に並んでも蕎楽亭で飲むほうを選択します。

揚げ代として300円追加料金を支払うことになりますが、
残った秋刀魚の頭と中骨は骨煎餅にして貰えました。
個人的にはどの刺身よりこの骨煎餅が気に入りました。

硬い秋刀魚の頭も中骨もバリバリ食べ尽くしてしまえる揚げ加減で、
骨周りならではの旨味の強さもあって何とも美味しい。
天ぷらでも有名なお店だけあって揚げ技術が高いのです。

【3.0】会津地鶏の塩焼(1,480円)

福島県の地鶏ということで注文してみました。
モモ肉を網の上で炙る網焼きで皮目をパリッと仕上げています。
地鶏だけあって硬い肉質でジューシー感は少なめ。
秋田県の比内地鶏に比べると旨味をどうも弱く感じてしまって、
この値段なら泰然本家比内邸の比内地鶏を食べたくなりました。

【4.0】こづゆ(450円)

ホタテの貝柱や煮干しなど海産物の乾物を出汁にした煮物で会津の郷土料理。
ニンジン、レンコンなどの根菜に麩、銀杏、キノコなどが具材でしょうか。
これだけ沢山の食材を一緒に煮込むと雑味が出るケースが多いのですが、
同店のこづゆは出汁の旨味が鮮烈かつ澄んだ味わいで驚きました。

味という点では本業の蕎麦、揚げ技術の高い天ぷら以上とも思いました。
個別の採点ではスジ煮込みのほうが点数高いですがボリューム込みでの評価。
本日食べた料理では一番の美味しさでした。

【3.7】どじょうの唐揚げ(680円)

泥臭さなど一切無くてピュアな味わい。
下町の大衆酒場の泥鰌の唐揚げはもちろん、
専門店である駒形どぜう(浅草)の泥鰌の唐揚げより美味しい。
素材としての泥鰌の良さと揚げ技術の高さのコラボレーションか。

【3.5】季節の天ぷら盛合せ(4,300円)

まず稚鮎、アスパラ、蓮。
続けて万願寺唐辛子、かぼちゃ。
最後に鮎、鱧、イカ。

一気に出すのではなく3回に分けて揚げ立てを提供してくれます。
稚鮎は苦味、鮎は臭み、イカは身のやわらかさが気になったりと、
素材の質はそんなに良いように思わなかったのですが、
揚げ技術の高さで天ぷらとしては美味しく化けています。

【3.6】だしまき玉子(1,000円)

両隣のお客さんが注文していたので食べたくなって注文。
適度な火入れの玉子焼きで出汁の旨味もしっかり。
原価の安い卵でも技術で1,000円の価値に。

【3.5】三色そば大盛り+つゆ薬味セット(3,000円)

ざるそば(並そば)、十割そば(黒いそば)、ひやむぎの3種盛り。
伝票を見ると三食そばが1,550円、大盛りが600円、
つゆ薬味セットが850円となるのでしょうか。

群馬産の小麦を自家製粉で手打ちにしたというひやむぎが一番良かったです。
水分を纏っていてツルツル滑らかな喉越し良し、粉の旨味もしっかり。
十割そばも蕎麦の香りを感じられてツナギ無しでも食感良しなのですが、
美味しさという点でひやむぎが気に入りました。

そば用のツユとひやむぎ用のツユの2種類のツユを出されましたが、
ひやむぎのツユのほうが酸味のようなものを感じられてサッパリ美味しい。
店員に尋ねても梅は入っていないとのことでしたが、とにかく良質なツユでした。

蕎麦湯は蕎麦粉を追加で溶かしたのであろうポタージュタイプ。
ツユが美味しいので蕎麦湯はおかわりしてしまいました。

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 牛スジの煮込(780円)

    2015.10 牛スジの煮込(780円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 会津の馬刺盛合せ(1,680円)

    2015.10 会津の馬刺盛合せ(1,680円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 お刺身盛合せ(1,980円)

    2015.10 お刺身盛合せ(1,980円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 会津地鶏の塩焼(1,480円)

    2015.10 会津地鶏の塩焼(1,480円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 こづゆ(450円)

    2015.10 こづゆ(450円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 どじょうの唐揚げ(680円)

    2015.10 どじょうの唐揚げ(680円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 刺し盛りの残った秋刀魚を骨煎餅に(揚げ代300円)

    2015.10 刺し盛りの残った秋刀魚を骨煎餅に(揚げ代300円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の稚鮎、アスパラ、蓮

    2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の稚鮎、アスパラ、蓮

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の万願寺唐辛子、かぼちゃ

    2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の万願寺唐辛子、かぼちゃ

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の鮎、鱧、イカ

    2015.10 季節の天ぷら盛合せ(4,300円)の鮎、鱧、イカ

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 だしまき玉子(1,000円)

    2015.10 だしまき玉子(1,000円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 三色そば大盛り+つゆ薬味セット(3,000円)

    2015.10 三色そば大盛り+つゆ薬味セット(3,000円)

  • 石臼挽き手打 蕎楽亭 - 2015.10 イカのエンペラの醤油漬け(お通し)

    2015.10 イカのエンペラの醤油漬け(お通し)

口コミが参考になったらフォローしよう

やっぱりモツが好き

やっぱりモツが好き

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

やっぱりモツが好き(3859)さんの他のお店の口コミ

やっぱりモツが好きさんの口コミ一覧(1425件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 石臼挽き手打 蕎楽亭 (きょうらくてい)
受賞・選出歴
そば百名店2018選出店

食べログ そば 百名店 2018 選出店

そば百名店2017選出店

食べログ そば 百名店 2017 選出店

ジャンル そば、居酒屋、郷土料理(その他)
予約・
お問い合わせ

03-3269-3233

予約可否

予約可

お席の予約(夜のみ)は1日3組まで

住所

東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館 1F

交通手段

東京メトロ有楽町線・南北線【飯田橋駅】B3出口 徒歩4分
JR中央線【飯田橋駅】西口 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線【牛込神楽坂駅】徒歩5分
東京メトロ東西線【神楽坂駅】徒歩7分

牛込神楽坂駅から420m

営業時間

[月]
17:00~21:00(L.O.20:30)
[火~土]
11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~21:00(L.O.20:30)

定休日

日曜・祝日

予算(口コミ集計)
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

30席

(カウンター10席、テーブル席20席)

個室

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

徒歩1分以内にコイン・パーキングあり

空間・設備

落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://www.kyourakutei.com/

備考

予約以外の席は、フリーの客用で、来店順に案内。

初投稿者

cecilocecilo(1190)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

神楽坂×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ