剛よく柔を制す!他の追随を許さない骨太のフランス料理! : 北島亭

北島亭

(キタジマテイ)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

  • 料理・味 4.25
  • サービス 3.99
  • 雰囲気 3.61
  • CP 4.18
  • 酒・ドリンク 3.64
  • 行った 1387人
  • 保存 13709人

評価分布

この口コミは、captainmookさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

captainmook

captainmook(164)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]30代前半・男性・大阪府

4

  • 夜の点数:4.7

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 昼の点数:4.7

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999¥15,000~¥19,999
4回目

2018/08訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

剛よく柔を制す!他の追随を許さない骨太のフランス料理!

【2017年3月〜2018年7月】

気がついたら近年は2ヶ月に1回ほど伺っています。

季節ごとに全くメニューが違うので、春夏秋冬はそれぞれ絶対行きたいし、定番メニューも食べたいから、結局年6回くらいになっちゃいます…。


まだアップしていなかったものもあったのでまとめて投稿。メニューを選ぶ参考になればと思います。

こちらのお店は、ひと月前くらいに予約をすれば、土日でも大体予約を取れると思います。

好きなもの4品選べるコース(昼10,000円、夜12,000円サービス料別、税別)が制限なくメニューを選べるのでオススメです。

上記コースにするとメニュー構成は、

アミューズ2品
冷前菜
温前菜


口直し(フルーツ)
デザート
お茶菓子&コーヒーor紅茶

となっており、かなりボリューミー。
冷前菜以外は基本的に2人単位でメニューを選ばなければなりませんので、偶数人で伺うことを強くオススメします。


追加料金があるものは、仕入れ値によって変動することもあると思いますので、明記はしておりません。悪しからず。


【2017年3月】
2名で訪問。
温前菜…大山地鶏のムース(冬限定メニュー)
魚…髭鱈のポアレ


冬限定の大山地鶏のムースは、クリームソースが濃厚で、ムースと聞いて想像するよりとずっとしっかりしていて、つくねに近い感じかな。美味しい。

【2017年6月】
4名で訪問。
冷前菜…フロマージュ・ド・テット
魚…金目鯛のポアレ
肉…ジゴダニョー(追加料金アリ)

フランス料理の真髄は豚肉の料理という方もいますが、豚の頭肉を使ったフロマージュドテット、秀逸でした!丁寧に切りそろえられた食材が口の中で渾然一体となるのはすごかったです。メニューにあれば是非!
鳴き声以外捨てるところはないと言われる豚。豚の頭肉も、全てをいただくフランス料理ならではのメニューですね。

一度は体験しておいたほうがいいよ、と言われたジゴダニョーも、この日初体験。最高の火入れで相当デカいポーションでしたが、柔らかくも羊の旨味がしっかり感じられ、塊で食べる羊肉がこんなに旨いとは思いませんでした。羊好きなら必食です。

【2017年10月】
3名で訪問。
肉…ジゴダニョー(追加料金アリ。パン粉付焼きver.)

性懲りも無くまたジゴダニョーをリクエスト。
また違うバージョンで出していただきました。今回は前回よりも火入れはしっかり。


【2018年1月】
4名で訪問
温前菜…ヴォロヴァン(追加料金アリ。冬限定メニュー、キノコ抜きver.)
魚…平スズキのヴァプール
肉…コルヴェールの丸焼き(追加料金アリ。冬限定メニュー)

キノコが苦手な友人のためにキノコの代わりに鶏のムースに変更してくれました。
動物性タンパク質オンリーのヴォロヴァン、バターたっぷりのパイ生地に濃厚なドロッドロのクリームソースがたまらなすぎます。

コルヴェールは北島亭で初体験。
網取のものを使っているとのこと。鉄砲で獲るものよりも脂が乗っているそうです。焼き上がりの美しいことと言ったらないですね。
鴨も、冬以外でも胸肉は食べられますが、丸ごとは冬だけ。冬には絶対食べておきたい逸品でした。身はしっとりで滑らか。内臓のソースも堪らない!思い出すだけで涎が出てくる。


【2018年7月】
冷前菜…特大サザエのブルゴーニュ風(夏限定メニュー)
魚…ブイヤベース(夏限定メニュー)
肉…牛ステーキのロッシーニ風(追加料金)

サザエでかすぎ。そして美味い!
夏の北島亭はサザエと鮑が最高ですね。
ブイヤベース、年々具材が増えてる気がします。笑
この日も魚介の旨味が凝縮した最高のブイヤベースでした。
肉はロッシーニ。この日の牛肉は歴代最高の美味しさに思いました。鮮烈に舌に残る肉の旨味、肉に力があるからこそフォアグラと合わせられるんですよね。本当に贅沢な一皿。


シェフと話をしたり、自分で買い物に行ったりすればわかると思いますが、これだけの食材を使ってこの値段で提供してくれることに感謝です。本当に暖かく素晴らしいレストランです。


まだ鹿とトリュフのパイ包みを食べていないので、今冬は絶対に食べると誓っています。
貯金しておかないと…


  • 北島亭 - 2018年7月、三重牛のロッシーニ風。

    2018年7月、三重牛のロッシーニ風。

  • 北島亭 - 2018年7月、ブイヤベース。年々豪華になってる。

    2018年7月、ブイヤベース。年々豪華になってる。

  • 北島亭 - 2017年6月のジゴダニョー。絶妙の焼き上がり!デカイ!

    2017年6月のジゴダニョー。絶妙の焼き上がり!デカイ!

  • 北島亭 - 2017年10月のジゴダニョー。パン粉付焼きで旨い。

    2017年10月のジゴダニョー。パン粉付焼きで旨い。

  • 北島亭 - 2018年1月、コルヴェール。

    2018年1月、コルヴェール。

  • 北島亭 - 2018年1月、ヴォロヴァン。キノコ苦手な参加者がいたため、キノコ抜きで。

    2018年1月、ヴォロヴァン。キノコ苦手な参加者がいたため、キノコ抜きで。

  • 北島亭 - 2018年1月、ヴォロヴァン。バターの量と濃厚なクリームソースが旨すぎる。

    2018年1月、ヴォロヴァン。バターの量と濃厚なクリームソースが旨すぎる。

  • 北島亭 - 2017年6月のジゴダニョー。

    2017年6月のジゴダニョー。

  • 北島亭 - 2017年10月のジゴダニョー。

    2017年10月のジゴダニョー。

  • 北島亭 - 2018年7月、特大サザエのブルゴーニュ風。

    2018年7月、特大サザエのブルゴーニュ風。

  • 北島亭 - 2018年7月、特大サザエのブルゴーニュ風。

    2018年7月、特大サザエのブルゴーニュ風。

  • 北島亭 - 2018年1月、ブイヤベース。年々豪華になってる。

    2018年1月、ブイヤベース。年々豪華になってる。

  • 北島亭 - ブイヤベースのスープ。

    ブイヤベースのスープ。

  • 北島亭 - ブイヤベースの付け合わせ、アイオリソース。

    ブイヤベースの付け合わせ、アイオリソース。

  • 北島亭 - 2018年7月、三重牛のロッシーニ風。

    2018年7月、三重牛のロッシーニ風。

  • 北島亭 - 2017年3月、キジとフォアグラとトリュフのテリーヌ。凝集したキジの旨味。

    2017年3月、キジとフォアグラとトリュフのテリーヌ。凝集したキジの旨味。

  • 北島亭 - 2017年3月、大山地鶏のムース。冬限定メニュー。美味しいー。

    2017年3月、大山地鶏のムース。冬限定メニュー。美味しいー。

  • 北島亭 - 2017年3月、髭鱈のポアレ。

    2017年3月、髭鱈のポアレ。

  • 北島亭 - フロマージュ・ド・テット

    フロマージュ・ド・テット

  • 北島亭 - 2017年6月。金目鯛のポアレ。

    2017年6月。金目鯛のポアレ。

  • 北島亭 - 2018年1月、平スズキのヴァプール

    2018年1月、平スズキのヴァプール

  • 北島亭 - 2018年1月、平スズキのヴァプール

    2018年1月、平スズキのヴァプール

  • 北島亭 - 2018年1月、コルヴェールの丸焼き、胸肉以外。

    2018年1月、コルヴェールの丸焼き、胸肉以外。

  • 北島亭 - 2018年1月、コルヴェールの丸焼き、焼き上がり直後。

    2018年1月、コルヴェールの丸焼き、焼き上がり直後。

3回目

2017/08訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

剛よく柔を制す!他の追随を許さない骨太のフランス料理!!

【2017年8月19日再訪】

夏の北島亭。

本日は今の時期しか食べられない「ブイヤベース」を目的に伺ってきました!!


春夏秋冬で旬の食材を取り入れ、季節を感じさせてくれるので、お店に行くのが毎回楽しみです!少なくとも年に4回は通いたいです!


(※リマインド:北島亭ルールでは、冷前菜は一人一人違うメニューを選べますが、温前菜以降は塊で調理をするという信条から、2〜3人単位でメニューを選ばなければなりませんので、偶数人で行くことを強くお勧めします。
コースはおまかせコースや好きなものを選べるコースなどがありますが、「①冷前菜②温前菜③魚メイン④肉メイン」のそれぞれ一品ずつ好きなものを選べる、4品好きなものフルコースがお勧めです。コースは選んだ料理の他にアミューズ2品、口直し、デセール、プティフールが付いていますので、量については覚悟してください。笑
時間も大体11時30分〜15時30分までかかります。)


本日は連れと2人で訪問し、4品好きなものフルコース(10,000円)を注文、以下をチョイスしました。


①冷前菜
・鮎のコンフィー(私)
・メイタカレイと桃のマリネ(連れ)
②温前菜
・鮑のムニエル(プラス3,000円)
③魚料理
・ブイヤベース北島亭風
④肉料理
・カナダケベック産鴨胸肉のロースト(マイナス1,000円)


口直し、デセール、お茶菓子は、
・スイカのソルベとマンゴー
・クレームキャラメル(私)
・チーズのタルト パイナップル入り (連れ)
・プティフール


アミューズは、
・つぶ貝のビネグレットソース
・海老のビスク


でした。


①冷前菜の鮎のコンフィーは、北島亭28年の歴史で今年初めてメニューに取り入れたということで迷わず注文。

最後にカリッと焼いて盛り付けられた大ぶりの鮎が2匹も盛り付けられています。骨も太いはずなのですが、頭から尻尾までホロホロ。口に残る骨など皆無。
表面はカリカリなので食感が楽しく、肝のホロ苦さが絶妙な絶品!!

キュウリとブランのソース、キュウリのゼリー、モロヘイヤと岩のりとキュウリのソースが添えられているので、味を変えながら最後まで楽しく美味しく爽やかに食べられました。


②鮑のムニエルは、2人前で大きな鮑を丸々1匹!
一皿に豪快に盛り付けられた鮑を肝とバターのソースに絡めていただきます。贅沢すぎる。


③今日の目的だったブイヤベース。
今年の具材は、真鯛、太刀魚、白貝、ムール貝、ホタテ、子持ちイカ、伊勢エビでした。
昨年は魚はタチウオのみでしたが、今年は真鯛を追加したようです。魚の種類も増えて食べごたえが増しております。凄まじいボリュームです!
そしてたまたま入荷できたという伊勢エビが盛り付けられており、こんな贅沢なブイヤベースは北島亭だからこそ食べられるのではないでしょうか。

ブイヤベース憲章によるとスープと具材は別々に盛り付けるとありますが、北島亭のブイヤベースもスープと具材は別盛りなので、正式なブイヤベースと言えますね。
そしてこのスープが絶品なのです!昨年飲んだ感動が忘れられず、今年もこの感動を味わいたい!と思い伺ったと言っても過言ではありません。相変わらず魚介の旨味が詰まった極上のスープでした。


④鴨胸肉のローストも美味しかった。北島亭では初めて鴨肉をチョイスしました。まだ丸々1羽使える季節ではないので胸肉のみでしたが、マスタードと胡椒が絶妙で、鴨肉の赤身の力強い味にマッチしています。
火入れも当然完璧で、火を入れすぎたらパサつく鴨胸肉が、非常にしっとり。肉汁が流れ出ずにしっかり閉じ込められています。切っても流れ出ない肉汁。まさにプロの業。
ジビエシーズンになったら丸々一羽にも挑戦したい。


⑤口直しは、いつもとのスイカとは違い、夏らしくソルベとマンゴーでした。夏にぴったりで、爽やか冷んやりクールダウンできました。

デセールはチーズのタルトがもう絶品。チーズが濃厚で美味しすぎる。パイナップルもゴロゴロ。もしメニューで見つけたら絶対頼むことをお勧めします!


今日はプティフールも最後まで完食し、大石さんにも「よう食べたね」と褒められ(?)ました。


ペリエ(ライム風味の炭酸水)700円も注文して、本日は総額


30,326円/2人


でした。
今日も最高のランチをありがとうございました。


  • 北島亭 - 本日のお目当、ブイヤベース!絶品です。

    本日のお目当、ブイヤベース!絶品です。

  • 北島亭 - 鴨胸肉のロースト。さすがの火入れ。これぞプロの業。

    鴨胸肉のロースト。さすがの火入れ。これぞプロの業。

  • 北島亭 - 鮎のコンフィー。ホロホロカリカリで絶品。

    鮎のコンフィー。ホロホロカリカリで絶品。

  • 北島亭 - メイタガレイと桃のマリネ。夏らしい爽やかな一品。

    メイタガレイと桃のマリネ。夏らしい爽やかな一品。

  • 北島亭 - 鮑のムニエル。贅沢!!

    鮑のムニエル。贅沢!!

  • 北島亭 - 鮑のムニエル。

    鮑のムニエル。

  • 北島亭 - ブイヤベース。

    ブイヤベース。

  • 北島亭 - 別添えのスープ。これがやばいです。

    別添えのスープ。これがやばいです。

  • 北島亭 - 鴨胸肉のロースト。

    鴨胸肉のロースト。

  • 北島亭 - スイカのソルベとマンゴー。夏の口直しは豪華!!

    スイカのソルベとマンゴー。夏の口直しは豪華!!

  • 北島亭 - クレームキャラメル。

    クレームキャラメル。

  • 北島亭 - チーズのタルト パイナップル入り。チーズがタルトにはあり得ないほど濃厚さ!美味しすぎる!!

    チーズのタルト パイナップル入り。チーズがタルトにはあり得ないほど濃厚さ!美味しすぎる!!

  • 北島亭 - プティフール。

    プティフール。

  • 北島亭 - 本日のメニュー。

    本日のメニュー。

2回目

2017/01訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

ベカス、ドゥミドゥイユなど、冬のメニューを心ゆくまで堪能!

【2017年1月22日再訪】
今日はベカスを食べに1ヶ月前から予約を入れて4人で訪問しました。いよいよ念願の初ベカスです!!

コースは10,000円コース。
さらにメニューによって以下の追加料金がかかっています。


ベガス1羽(2人前)…プラス10,000円
ドゥミドゥイユ1羽(2人前)…プラス4,000円
マルブレ2皿…プラス2,000円
フラン2皿…プラス2,000円


ワインもみんなペアリングで5杯6,000円。
ワインの勉強もしたくなってきました。


アミューズ①…つぶ貝のビネグレットソース

アミューズ②…タルトフランベ

冷前菜…ウニのコンソメゼリー寄せ(2皿)、根セロリ・トリュフ・フォアグラのマルブレ(2皿)

温前菜…フォアグラのパイ包み揚げ(2皿)、フォアグラとホタテのフラン(2皿)

魚メイン…メイタガレイの赤ワイン煮

肉メイン…大山地鶏のドゥミドゥイユ(2皿)、ベカスのロースト サルミソース(2皿)


北島亭初訪問の方もいたため、2皿はウニのコンソメゼリー寄せを注文しましたが、あとは全て冬にしかやっていないメニュー!

トリュフをふんだんに使った料理ばかりです。
出てくる皿出てくる皿、トリュフばっかりなので、今日やっとトリュフをしっかりと楽しむことができました。トリュフって、本当にすごい食材ですね。


マルブレ…
大理石を模したビジュアルで、セロリ、トリュフ、フォアグラのハーモニーが素晴らしかった!これは冬なら絶対食べておきたい!これから冬に行くときは絶対頼もうと思いました。


フォアグラのパイ包み揚げ…
ポルト酒の甘酸っぱいソースを絡めていただきます。パイ生地は甘くカラメルのようなパリパリしたものがコーティングしてあって、濃厚なフォアグラにマッチしています。


フラン…
いわゆる茶碗蒸しのような料理ですが、茶碗蒸しの具がフォアグラとホタテ。そして上には分厚くスライスしたトリュフがフランの熱気とともにテーブルの上に滞留しています。これは相当旨いです!トリュフが効果的に効いています。


メイタガレイの赤ワイン煮…
運がいいことに、私はほとんど魚料理は被ったことがありません。今回も初めてのこのメニューに興奮。旬真っ盛りの巨大なメイタガレイ(切り身から推察)を絶妙の煮付け加減で仕上げております。ソースは驚くほどサラッとしており、素材の味を前面に押し出すものでした。


ドゥミドゥイユ…
昨年はポシェする前に皮と身の間にトリュフを挟んでいましたが、今回はやめたそうです。そうなるともはや“喪服風”ではない気がしますが(笑)、その分ソースにふんだんに刻んだトリュフを投入。たしかにこの方がトリュフを強く感じられますね。この皿もテーブル中にトリュフの香りが。本当に今日は中毒になりそうでした。笑
ポシェした際に出た茹で汁を使ったクリームソースなので、鶏の旨味が凝縮されて幸せな味。ドゥミドゥイユ最高です。毎年食べに行きたい。


ベカス…
お待ちかねのベカス!!狩猟民族の言うところの「血の一滴までも味わい尽くす」ということで、王道の食べ方をさせていただきました。
「最近はベカスでも、ソースはバターやお酒をたっぷり効かせたソースを使うお店が増えてきた傾向にある、気がする(笑)」と大石さん。北島亭では本来の食べ方をしてほしいということで、内臓やガラを叩いてソースにするという王道の食べ方でいただきました。文字通り、食べれる部位は食べ尽くす。命を実感しながら食べることができました。
野生動物ならではの強い筋繊維、赤色筋肉、内臓とガラの濃く深い滋味、そして蕩けるような脳みそ。ベカスというものを堪能できました。
まだ今年は北島亭では3羽くらいしか仕入れていないということでしたので、食べられて良かったです。初ベカスなので、比較ができないのは悪しからず。


口直しは初めてソルベをいただきました。スイカもいいけどソルベもさっぱりしてデセールに向けて準備が整いますね。笑


今回は北島亭・冬を堪能できたのではないでしょうか。
トリュフとフォアグラのパイ包み焼きはさすがにまだ身の丈に合わない気がして頼めませんでしたが、いずれ絶対食べたいです。
冬シーズンは昼夜来店するお客様は、誰かしら頼んでいるというほど超人気メニューだそうで、あれだけの追加料金を払って余りある対価があることの裏付けでしょう。


今回は4人で95,580円。
いつ来ても最高の食事をありがとうございます。
ごちそうさまでした。

  • 北島亭 - ベカス。ロースト後の様子

    ベカス。ロースト後の様子

  • 北島亭 - ベカス。盛り付け後

    ベカス。盛り付け後

  • 北島亭 - 大山地鶏とベカス。ベカスの筋肉の色!

    大山地鶏とベカス。ベカスの筋肉の色!

  • 北島亭 - ベカス。

    ベカス。

  • 北島亭 - ドゥミドゥイユ。最高に旨い!

    ドゥミドゥイユ。最高に旨い!

  • 北島亭 - メイタガレイの赤ワイン煮

    メイタガレイの赤ワイン煮

  • 北島亭 - フォアグラとホタテのフラン

    フォアグラとホタテのフラン

  • 北島亭 - フォアグラのパイ包み揚げ

    フォアグラのパイ包み揚げ

  • 北島亭 - フォアグラのパイ包み揚げ。割るとこんな感じです

    フォアグラのパイ包み揚げ。割るとこんな感じです

  • 北島亭 - マルブレ。これは今まで食べた冷前菜で一番かもしれない!

    マルブレ。これは今まで食べた冷前菜で一番かもしれない!

  • 北島亭 - タルトフランベ。アルザスの郷土料理だそうです

    タルトフランベ。アルザスの郷土料理だそうです

  • 北島亭 - タルトフランベ。のっけからかなりの大きさでした

    タルトフランベ。のっけからかなりの大きさでした

1回目

2016/12訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

剛よく柔を制す!他の追随を許さない骨太のフランス料理!

【2016年12月11日再訪】
ヴォロヴァン、最高でした!!


【2016年9月10日再訪】
禁断症状がでるほどに行きすぎているので、冬までは北島亭を絶とうと思います。笑

冷前菜…
あかね和牛のパテアンクルート
ウニのコンソメゼリー寄せ
鮑のポッシェ

温前菜…アカザエビのポアレ

魚…マナガツオのポアレ ラタトゥイユ添え

肉…イチボのステーキ

この日のイチボは、北島さんも自信満々だったご様子で、「めったにこんないい肉入らないよ!美味しかったでしょ!ラッキーね〜」と満足気。
一緒に行った友人は本当に食べた瞬間に旨すぎて泣いてました。


冬はヴォロヴァン、トリュフのパイ包み焼き、ベキャス、ドゥミドゥイユなど、クラシックなフランス料理の王道が楽しめるシーズン。

財布を温めておかなければ。


【2016年8月19日再訪】

評価訂正
★×4.5→4.7

相変わらず最高の料理でした!
4人で訪問、以下メニューです。

アミューズ①…つぶ貝のドレッシング和え
アミューズ②…キュウリのスープ

冷前菜…
ウニのコンソメゼリー寄せ(2皿)
ラパンのテリーヌ(1皿)
鮑のポッシェ(1皿)

温前菜…
フォアグラのポアレ(2皿)
ポルチーニ茸のソテー(2皿)

魚…
ブイヤベース(4皿)

肉…
大山地鶏のロースト(2皿)
松阪牛のリブロースステーキ(2皿)


ブイヤベースがひっくり返るくらい旨かった!
念願のリブローズ食べられました。ボリュームやばすぎ…


【2016年5月28日再訪】

2人で訪問、4品好きなもの10,000円コースを選択

電話予約時にたべたことのない魚をお願いしますとお伝えして訪問しました。


アミューズ①…ツブ貝のドレッシング和え
アミューズ②…メロンのスープ
冷前菜…イサキのマリネ、フォアグラのテリーヌ ブリオッシュの包み焼き
温前菜…ホワイトアスパラ
メイン魚…柳ガレイのムニエル
メイン肉…秋田ポークのロースト

デセール…クリームチーズのタルト


剛のフランス料理と言っても食材の組み合わせは計算しつくされて繊細かつ豪快な味わいです。

私が大石シェフに勧められるがまま注文したフォアグラのテリーヌ ブリオッシュ包み焼きは王道のフランス料理。
ブリオッシュに練りこまれた大量のバターとフォアグラの濃厚な舌触り、そしてそれに胡椒でインパクトが乗っかり最高の口福がのっけから訪れました。レバーファンは必食です!


連れが注文したイサキのマリネはノリとグレープフルーツがこんなにマッチするのかと驚きました。ノリはイサキの臭さを消して味をまとめてくれるとのこと。いや、イサキも全然臭くないですけど。


ホワイトアスパラは超極太なので一本にしようか迷っていたら、「水分が多いから二本でも大丈夫でしょ」と言われるがままに二本で注文。
かなりの破壊力でした。メインが羊とかであれば二本でも大丈夫かな。この日は豚肉を選んだので結構キツかったです。笑
先端と根元では味が全く違っていてそのコントラストがとても楽しい!柑橘を効かせたソースが爽やかにお皿をまとめてくれます。野菜、魚、肉、デセール、全てが破壊的で本当に美味しい。


魚は食べたことないものというリクエストで柳カレイを用意していただきました。大石シェフいわく、魚の味が濃くて一番好き!とのことです。一人前が丸ごと一尾で破壊的なボリュームですが、旨すぎてペロリと平らげてしまいました。
北島亭の魚料理のレベルは次元が違います。


そして今回の目的であった秋田ポーク、連れが少なめでお願いしたので、その分を私のに足してもらいました!そしたら400グラムくらいに…。この店の味と量で満足しない人っているのかな?そして豚であろうが火入れは正しく神業でした。豚肉の火入れで感動したことは初めてでした。感動しました!旨すぎる!


こちらのお店の素晴らしいところは、客に媚びない、常連と初来店のお客さんの差別が全くないところです。来店したお客さんには皆さん等しく旨いもんを食べて満足して帰っていってほしい!!という信念でやっているのがいつ来ても伝わってきます。

怒鳴り声はその裏返しでしょ。


初来店から今まで、いつだってその日最高のものを食べさせてくれます。
この日も最高の食事をありがとうございました。


【2016年5月7日再訪】

お昼に友人5人で伺いました。
4品好きなもの10,000円コースと、全員お任せワイン5品6,000円

4人以上だと好きなものコースといえど、事前予約時に値段に応じたお任せコースになります。
が、予約時にリクエストすれば柔軟に対応してくださいますので心配は皆無です。

今回は初訪問の友人もいたので、北島亭定番コースと思われる料理をリクエスト。


リクエストした料理は、
冷前菜→ウニのコンソメゼリー寄せ
温前菜→ホワイトアスパラ、フォアグラ
魚→お任せ
肉→牛ステーキ、子羊の岩塩包み焼き


ほぼ全てのメニューをリクエストした形になりましたが、このように4人以上でも好きなものを楽しめます。


5人なので、温前菜以降は2皿3皿と2品ずつ注文してみんなでシェアしました。

大人数で行くと色んな種類食べられるので楽しさも倍増です。


結果的には以下の料理になりました。

①冷前菜
ウニのコンソメゼリー寄せ(3皿)
生牡蠣のマリネ(2皿)

②温前菜
ホワイトアスパラオランデーズソース(3皿)
フォアグラのポアレ京都産白筍添え(2皿)

③魚
山口萩産甘鯛のポアレ(5皿)

④肉
松阪牛イチボ肉のステーキ(2皿)
子羊岩塩包み焼き(3皿)

それぞれの料理は量マックス(アスパラは一皿2本、イチボ肉のステーキは一皿160g)で、各料理をみんなが思う存分堪能できました。幸せすぎる。


本当に全部が満足ですが、特にフォアグラとイチボ肉。
フォアグラは今までで食べた中で最高に美味しかったです。一枚を分厚く調理したときのフォアグラってあんなに美味しいんですね。

イチボ肉のステーキは、多分これ以上のイチボステーキはこの世に存在しないのではないでしょうか。昇天します。


最後に大石シェフに、「今まで運良く魚が被ったことがありません」とお話ししたら、『予約時に今まで食べた魚を教えてくれれば、被らないように配慮しますから遠慮なく連絡をください!』とのこと。

訪問日の一週間前くらいに食材の相談をすれば、オッケーだそうです。

どこまでも客に気を配ってくださる、最高のフレンチレストランです。

5人でサービス料、税込で94,400円。
ワインも1人5杯でこの値段。
ありえないコスパです。


【2016/3/13】
北島亭に行ってまいりました。


今回の投稿が、私の記念すべき(?)初投稿です。

北島亭は何度か来たことがありますが、食べログ参戦を決めましたので、今回から綴らせていただきます。

皆さまが書かれていますように、ここは本当にこれ以上何も入らんってくらいがっつりフランス料理を味わいたい方に本当にオススメです。


この日はランチに連れと2人で伺いました。
11時半に予約して、お店に入ると一番乗り。
席につくと、大石シェフがメニューを持ってきてくれ、料理の説明をしてくださいました。


「僕は料理を押し売りします。だっていいものが入ったのだから。だからうちは絶対余り物を勧めたりしません。いいものを押し売りして、使い切る。だからいいものを提供し続けられるんです。」


素敵です。そんなポリシーでやられているお店だから、当然なくなっちゃうものもあります。でも、だからこそ一期一会を大切にしなきゃいかんのだなぁーと、うまいこと乗せられて、この日のメニューを決めました。


4品好きなものコース(10,000円)を選択。

アミューズはツブ貝とタルトフランベでした。

①冷たい前菜
ウニのコンソメゼリー寄せ
連れは鮭のマリネ

ウニは安定の美味しさです。
鮭のマリネはとっても肉厚で、ねっとりとした舌触り。皮はパリッと焼いていて、食感を楽しめました。
付け合わせの野菜もめちゃくちゃ美味しい。アンチョビつけたガレットも美味しい!


②温かい前菜
フォアグラと筍のポアレ
塩をしっかり効かせたトリュフソース。筍とよく合う!


③メインの魚
金目鯛の赤ワイン煮込み風
最近までジビエをやっていたので、鴨肝を使ったソース。これもこの時期だけなのかな?やや酸味の効いた赤ワインソースに、深みと複雑さを増しているような感じ。美味しい…!
北島亭の魚料理は次元が違いますよね。


④メインの肉
大山地鶏のドゥミ・ドゥイユ(プラス4,000円/1人)
これが大石シェフのオススメでした。
『ドゥミ・ドゥイユ』とは日本語で『喪服風』という意味らしくて、鶏の身と皮の間にトリュフを入れて、喪服に見立てて、それを茹でて調理するそうです。
「さすがに真っ黒にするくらいトリュフは使えなませんが、クリームソースにもたっぷりトリュフを入れますので!」って言われたら、食べてみたくなるのが私です。

すごいボリューム。そしてソースがまたなんとも言えない幸せな味。やさしいまろやかな味の中に、ほんのり酸味も感じられるし、トリュフもフワッと香るんです。
サーブの際に大石シェフが出てきてくれ、なにを入れて味を整えてるんだとか、今日のソースは僕が作ったのでもっと褒めてとか、サービスも含めてとっても楽しい幸せな時間を過ごせました。


例のごとく2人前で丸々一羽使うので、とてつもない量でした。


そのあとに例のごとくとてつもないデセール、プティフール。


「甘いものは別腹でしょう?(ニヤニヤ)」
と言われて、頑張ってしまいました。

私はチョコレートのテリーヌをお願いしたのですが、「何切れ?一切れ?ふた切れ?さん切れ?」と聞かれ、見栄を張ってふた切れと答えました。

何切れでも頼めるんですか。笑


最後まで素晴らしい料理とサービスを提供していただきました。

ありがとうございました。


あと、料理以外のところでの賛否両論もあるようですが、誤解のないように書いておきます。
確かに厨房から叱咤の怒号が飛んでいることもありますが、お客に対しては全くそんなことありません。

「おいしかったでしょ?いっぱいお店の宣伝してねー!ありがとうねー!」

「魚美味しいでしょ?お肉はもっと美味しいよ。おじちゃん(←)頑張るからねー。たくさん食べて行ってねー」

「(お皿を下げようとして)パンにソースつけて食べる?お客さんからいいづらいよね。食べて食べて」

などなどが、私がこれまでの経験の一部です。少なくとも私が行ったことのあるどのお店よりもアットホームで、どんな客にも分け隔てなく接してくれる、素晴らしいお店です。

  • 北島亭 - ヴォロヴァン

    ヴォロヴァン

  • 北島亭 - ヴォロヴァン

    ヴォロヴァン

  • 北島亭 - イチボ肉ローストビーフ風。今日のイチボは最高!

    イチボ肉ローストビーフ風。今日のイチボは最高!

  • 北島亭 - ドゥミ・ドゥイユ

    ドゥミ・ドゥイユ

  • 北島亭 - 秋田ポークのロースト。うっすらピンクの最高の火入れでした!

    秋田ポークのロースト。うっすらピンクの最高の火入れでした!

  • 北島亭 - イチボのロースト 飲み込んだ瞬間に脳内麻薬がドバッとでる感覚が!

    イチボのロースト 飲み込んだ瞬間に脳内麻薬がドバッとでる感覚が!

  • 北島亭 - リブロースのステーキ。このお皿だけで500グラムは超えるボリューム…

    リブロースのステーキ。このお皿だけで500グラムは超えるボリューム…

  • 北島亭 - マナガツオのポアレ ラタトゥイユ添え

    マナガツオのポアレ ラタトゥイユ添え

  • 北島亭 - 柳ガレイのムニエル。旨味が濃い!

    柳ガレイのムニエル。旨味が濃い!

  • 北島亭 - とんでもない鮑のボリューム!採算合うのか心配になります

    とんでもない鮑のボリューム!採算合うのか心配になります

  • 北島亭 - あかね和牛のパテアンクルート

    あかね和牛のパテアンクルート

  • 北島亭 - アカザエビのポアレ

    アカザエビのポアレ

  • 北島亭 -
  • 北島亭 - リブロースの塊。これから切り出して調理します。

    リブロースの塊。これから切り出して調理します。

  • 北島亭 -
  • 北島亭 - ラパンのテリーヌ

    ラパンのテリーヌ

  • 北島亭 - ウニのコンソメゼリー寄せ

    ウニのコンソメゼリー寄せ

  • 北島亭 - 鮑のポッシェ 肝と黒にんにくのソース

    鮑のポッシェ 肝と黒にんにくのソース

  • 北島亭 - フォアグラのポアレ

    フォアグラのポアレ

  • 北島亭 - ポルチーニ入荷してました!!

    ポルチーニ入荷してました!!

  • 北島亭 - ブイヤベース。ひっくり返るくらい旨かった!

    ブイヤベース。ひっくり返るくらい旨かった!

  • 北島亭 - 大山地鶏のロースト

    大山地鶏のロースト

  • 北島亭 - 大山地鶏のロースト これは胸肉のみ

    大山地鶏のロースト これは胸肉のみ

  • 北島亭 - 胸肉以外の部位。食べきれなかった分はお持ち帰り

    胸肉以外の部位。食べきれなかった分はお持ち帰り

  • 北島亭 - リブロースステーキの断面です。まるでルビーのような美しさ!!4センチはある…!

    リブロースステーキの断面です。まるでルビーのような美しさ!!4センチはある…!

  • 北島亭 - この肉のデカさ、お分りいただけるだろうか

    この肉のデカさ、お分りいただけるだろうか

  • 北島亭 - リブロースステーキ。別皿に盛り付けられた脂身です。

    リブロースステーキ。別皿に盛り付けられた脂身です。

  • 北島亭 -
  • 北島亭 -
  • 北島亭 -
  • 北島亭 -
  • 北島亭 - フォアグラのテリーヌ ブリオッシュの包み焼き。これが旨い!レバーファンなら必食です!

    フォアグラのテリーヌ ブリオッシュの包み焼き。これが旨い!レバーファンなら必食です!

  • 北島亭 - イサキのマリネ

    イサキのマリネ

  • 北島亭 - ホワイトアスパラ

    ホワイトアスパラ

  • 北島亭 - 秋田ポークのロースト

    秋田ポークのロースト

  • 北島亭 - クリームチーズのタルト

    クリームチーズのタルト

  • 北島亭 - 本日の食材

    本日の食材

  • 北島亭 - メロンのスープ

    メロンのスープ

  • 北島亭 - 生牡蠣のマリネ

    生牡蠣のマリネ

  • 北島亭 - ホワイトアスパラのオランデーズソース

    ホワイトアスパラのオランデーズソース

  • 北島亭 - フォアグラのポアレ白筍添え

    フォアグラのポアレ白筍添え

  • 北島亭 - 甘鯛のポアレ

    甘鯛のポアレ

  • 北島亭 - 甘鯛のポアレ

    甘鯛のポアレ

  • 北島亭 - 仔羊の岩塩包み焼き

    仔羊の岩塩包み焼き

  • 北島亭 - 仔羊の岩塩包み焼き

    仔羊の岩塩包み焼き

  • 北島亭 - 仔羊の肋骨肉

    仔羊の肋骨肉

  • 北島亭 - イチボ肉のステーキ160g

    イチボ肉のステーキ160g

  • 北島亭 - イチボ肉のステーキ160g

    イチボ肉のステーキ160g

  • 北島亭 - モンブランのタルト

    モンブランのタルト

  • 北島亭 - チョコレートのテリーヌ。希望すれば何切れでも頼めそう。笑

    チョコレートのテリーヌ。希望すれば何切れでも頼めそう。笑

  • 北島亭 - プティ・フール。どえらい量です。

    プティ・フール。どえらい量です。

  • 北島亭 -
  • 北島亭 - ツブ貝。

    ツブ貝。

  • 北島亭 - タルトフランベ。細かいベーコンの食感が楽しい!

    タルトフランベ。細かいベーコンの食感が楽しい!

  • 北島亭 - ウニのコンソメゼリー寄せ。

    ウニのコンソメゼリー寄せ。

  • 北島亭 - 鮭のマリネ。肉厚でネットリカリカリ!

    鮭のマリネ。肉厚でネットリカリカリ!

  • 北島亭 - フォアグラのポアレ。旬の新筍と相性抜群!

    フォアグラのポアレ。旬の新筍と相性抜群!

  • 北島亭 - 金目鯛の赤ワイン煮。ふっくらしていて旨すぎる!ソースも奥が深い!

    金目鯛の赤ワイン煮。ふっくらしていて旨すぎる!ソースも奥が深い!

  • 北島亭 - ドゥミ・ドゥイユ調理中。これで2人前!

    ドゥミ・ドゥイユ調理中。これで2人前!

  • 北島亭 - ドゥミ・ドゥイユの副産物。食べきれません。笑

    ドゥミ・ドゥイユの副産物。食べきれません。笑

  • 北島亭 -
  • 北島亭 -
  • 北島亭 -

口コミが参考になったらフォローしよう

captainmook

captainmook

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

captainmook(164)さんの他のお店の口コミ

captainmookさんの口コミ一覧(131件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 北島亭 (キタジマテイ)
受賞・選出歴
2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル フレンチ
予約・
お問い合わせ

03-3355-6667

予約可否

予約可

住所

東京都新宿区三栄町7 JHCビル 1F

交通手段

JR中央線、東京メトロ南北線【四ツ谷駅】徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線【四ツ谷駅】徒歩6分

四ツ谷駅から415m

営業時間

11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~21:00(L.O.19:30)

日曜営業

定休日

水曜日、第1・第3火曜日

予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥15,000~¥19,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

18席

個室

禁煙・喫煙 分煙
駐車場

三栄通りに有料駐車帯あり

空間・設備

落ち着いた空間

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

コース

8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

オープン日

1990年

備考

FAX:03-3355-6667

初投稿者

je9h894l3je9h894l3(37)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ