新型コロナウイルス拡大ならびに緊急事態宣言における対応のお願い

華燭の典に向けて前泊♪ : ホテルモントレ赤坂

この口コミは、kazutansさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

kazutans

kazutans(1461)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・群馬県

1

  • 夜の点数:3.7

    • ¥10,000~¥14,999 / 1人
      • 料理・味 4.0
      • |サービス 3.5
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 3.5
      • |酒・ドリンク 3.5
1回目

2019/11訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

華燭の典に向けて前泊♪


この日は、翌日に控えた、『赤坂 氷川神社』〔東京都港区赤坂6-10-12〕で挙行される長男坊の結婚式の前乗りで、家の奥さんとお袋と共に、赤坂に宿泊したのであった。そのホテルがこちらなのだが、『豊川稲荷神社別院』の、青山通りを挟んだ直ぐ南側に位置するホテルである。夕食は、先にレビューさせて戴いたが、赤坂見附方向へと向かい、昭和の香り高い老舗洋食店『レストラン河鹿』〔東京都港区赤坂3-1-16〕で戴いた。そうして、トリプルルームにて就寝、翌朝、こちらのホテル自慢の「和洋バイキング」2,200円(税込)を、宿泊価格 2,000円(税込)で戴いたのであった。


『ホテルモントレ赤坂』
東京都港区赤坂4-9-24 ホテルモントレ赤坂
03-3401-7111

Official Website : https://www.hotelmonterey.co.jp/


起点を東京都千代田区の「三宅坂」交差点とし、神奈川県厚木市、静岡県御殿場市 を通って、終点を静岡県沼津市の「上石田」交差点とする R246 は、起点の千代田区「三宅坂」から、赤坂、青山、表参道を経て、渋谷区渋谷の「明治通り」との交点に至る区間は、「青山通り」の愛称で知られている。その「青山通り」の沿線、東京都港区の「赤坂警察署前」交差点の南東角に『ホテルモントレ赤坂』はある。
最寄駅は、東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅。青山通りの南側の歩道に出る「A(赤坂三丁目方面)出口」からは、徒歩5分 と、好立地のホテルとなっている。


『ホテルモントレ』は 1986年 の開業で、『ホテルモントレ株式会社』〔大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3〕が経営母体となっているホテルグループだ。2019.11.現在、『札幌』『エーデルホフ札幌』『仙台』『銀座』『ラ・スールギンザ 』『半蔵門』『赤坂』『横浜』『京都』『ル・フレール大阪』『大阪』『ラ・スール大阪』『グラスミア大阪』『姫路』『ラ・スール福岡』『長崎』『沖縄スパ&リゾート』と、17の『ホテルモントレ』が存在する巨大ホテルグループと言えよう。

『ホテルモントレ』の Official Website 内には、ホテルグループ全体のコンセプトの説明が以下のように記されている。

…………………………………………
異国情緒あふれる館に招かれたような優雅なひととき。

ホテルモントレはヨーロッパを中心とした様々なコンセプトで全国に展開しており、ホテルに一歩足を踏み入れた瞬間から、異国情緒あふれるホテルモントレならではの世界観を楽しんでいただけます。ご宿泊の際は、1日の締めくくりにほっとくつろいでいただけるあたたかさと機能性を兼ね備えた客室で。
邸宅に招かれたような雰囲気を兼ね備えたレストランでのお食事は、記念日など特別な日にも。オーセンティックな教会や華やかで明るいパーティールームで最高にロマンティックな結婚式を。そのほか各種パーティーや会議、天然温泉をひいたスパ施設など、心あたたまるおもてなしで、みなさまをお迎えいたします。さぁ、ホテルモントレのドラマティックステージへようこそ。
…………………………………………

「MONTEREY(モントレ)」とは、スペイン語で「山の王」を意味するのだと言う。ヨーロッパの古き館に招かれたような優雅なひとときを過ごせるホテル。そんなコンセプトが、このホテルグループには一貫して流れているようだ。

そんな中、2007.4.3(火)、ホテルモントレグループ 16番目 のホテルとしてオープンした『ホテルモントレ赤坂』。グループ内では新しい方になろうホテルであるが、自身の紹介ページには、そのコンセプトが以下のように記されている。

…………………………………………
『館(タウンハウス)に招かれたような雰囲気の中で過ごす』

ロンドン、タウンハウスのファサードに着想を得、気品に満ちたクラシカルテイスト。洗練された青山通りの街並みと見事に調和しています。赤坂御用地の緑に向き合う場所に、グレーとホワイトのシックで格調高い色味とライムストーンの柔らかな色調が街を華やかに彩ります。渋谷、新宿、東京駅方面へ交通至便でビジネス、レジャーにおすすめです。都会の中の隠れ家でゆったりと流れる安らぎのひと時をお楽しみください。

英国のイメージをモダンテイストでまとめた、気持ちよく機能的で落ち着いたゲストルーム。
英国のクラシックな装飾とモダン家具とが融和する、都会的で洗練されたアーバンクラシックスタイル。

※全室禁煙ルームでのご用意となります。

『安心してご利用いただく為に』

ホテルモントレ赤坂では、お客様が安心してご宿泊いただけますよう、エレベーター内にセキュリティシステムを導入しております。ルームカードキーをカードリーダーにタッチいただくと、エレベーターが自動でご宿泊階へ停止します。ご宿泊階以外の客室フロアにはエレベーターは停止いたしません。これにより、外部からの侵入はもちろん、そのフロアの宿泊者以外は立入ることができません。
…………………………………………


こちら『ホテルモントレ赤坂』の人気は、なかなかのものらしく、ホテル検索サイトでも、それなりの評価を得ているようで、ざっと見回しただけでも、以下の 4site で、赤坂の人気ホテルベスト10 入りのの位置付けが与えられている。

『Travel Book』
赤坂で宿泊したい口コミ評判がいいおすすめホテル10選
『LINE トラベル』
赤坂のおすすめホテル10選
『じやらん』
ユーザーが選んだ赤坂・溜池ホテルのおすすめランキング
『RE TRIP』
"赤坂"人気ホテルランキングTOP15


人気の高さの理由は、全室禁煙への取り組みの素早さからも窺える様に思う。個室であれば、喫煙室と禁煙室をしっかりと区分しさえすれば問題はないと言っても良い。が、廊下、エレバーターなど、部屋から一歩出た施設にも、その臭いは少しずつ染み込んでしまうのだ。ここは如何ともし難いし、それ故、全室禁煙は、英断と言って良い。

ところで、『ホテルモントレ赤坂』のホテルランク的な位置付けとしては、実際、どの辺りなのだろう。個人的には、シティホテルとビジネスホテルの中間くらいの位置付けなのだろうと思うのだが、どうであろうか。因みに、価格帯に関する限り、そのあたりに位置していて、私のようなものでも何とか手の届く範囲にあるのが嬉しい。

今回の宿泊にあたっては、以下の内容にて、ホテル検索サイトの『じゃらん』を利用してネット予約してみた。


『ポイント2%【早得45】早期予約でお得にステイ<素泊り>』部屋タイプ : トリプルルーム【禁煙】 8,800円(税込・サービス料込)オンラインカード決済


今回、トリブルルームとしたのは、お袋の存在が大きい。その年齢は 88歳、いわゆる米寿にあたるその年齢を慮ると、シングルルームに一人置くのが躊躇われた。
本来であれば、長男坊の挙式でもあり、その前の晩には夫婦二人しんみりと語り合いたいところだが、それも叶わない。
トリブルルームとは名ばかりで、実際はどちらのホテルでもツインルームに簡易ベッドを置く仕様なのだが、そこはぐっと我慢。致し方ないところだ。

東京の中心地、千代田区の最寄りであるから、食事等には困るまいと踏まえ、素泊まりでの予約としたのだが、よくよく考えて、夕食は冒頭で申し上げた通り外食としたものの、慌しく摂るであろう朝食だけは、ホテル内で落ち着いて摂ろうと言うことになり、後付けでホテル自慢の「和洋バイキング」を申し込んだ。
そこで、このレビューの登場となったわけである。その朝食「和洋バイキング」の記載がなければ、「食べログ」レビューとしての体裁をなさないであろう。。。(;^_^A


さて、それでは、そろそろメインの「和洋バイキング」へと移って行こう。


当日朝は、6:15 に起床、朝 7:00 からの「和洋バイキング」に備えた。挙式準備〔家の奥さんのヘアセット等〕もあって、披露宴会場の『権八』〔東京都港区西麻布1-13-11〕に 8:30 集合となっていたものだから、結構忙しいのだ。
6:55 に会場である 2F へ降りていくと、既に開場していて、直ぐに席を取ってから、バイキングの品を取り揃える。今回は、挙式前でもあり、爆食いは封印し、腹八分目を心掛ける。計量も時間短縮のため、主食のみとした。( ̄^ ̄)ゞ


「和洋バイキング」2,200円(税込)→ 宿泊価格 2,000円(税込)


このメニュー、かなりの種類が用意されていて、私のような健啖家であっても存分に愉しめるバイキングとなっている。日替わりの品もあるようだが、主な提供品は以下の通りだ。

…………………………………………
【和食メニュー】

白飯、炊き込みごはん、味噌汁〔ネギ・わかめ・渦巻き麩〕
焼き魚、焼きなす、厚焼き玉子、きんぴらごぼう、ゆず大根、はんなり漬け、南高梅の梅干しし、オクラと若鶏の和え物、明太子、牛筋と大根煮
納豆、焼きのり、ふりかけ

【洋食メニュー】

エッグベネディクト、《日替り》フライドエッグ or スクランブルエッグ
ソーセージ、ベーコン、心温まる贅沢な朝豆腐トリュフの香り、フライドポテト、チェダーチーズ
コーンスープ、シーフードカレー、

〔サラダ各種〕ポテトサラダ、ブロッコリー、ごぼうサラダ、コーン、プチトマト、《日替りトスサラダ》スモークサーモン or プロシュート生ハム
〔ドレッシング〕和風香味柚子、すりおろし野菜、シーザー、オリーブオイル&バルサミコ酢
〔ブレット各種〕トースト、パンプキントースト、クロワッサン、チョコデニッシュ、クランベリーツイスト、デュラムファイン、リュスティック、ワッフル、パンケーキ
〔フレッシュフルーツ〕パイナップル、オレンジ、キウイ、マンゴー、グレープフツーツ etc、ヨーグルト、フルーツカクテル、モーニングパフェ(お客様のお好みでアレンジ)
〔シリアル等〕コーンフレーク、フルーツグラノーラ、オールブラン、ベイクドチーズケーキ、

【ドリンク】

牛乳、オレンジジュース、トマトジュース、グリーンスムージー、ビネガードリンク、ピーチティー、グリーンティー、紅茶各種、コーヒー(お部屋にテイクアウト可能)
…………………………………………

そんな中、本日の取り揃え品各種は、

和食部門から、「焼きなす」「ゆず大根」「明太子」「きんぴら牛蒡」「塩鮭」「牛筋と大根煮」「オクラと若鶏の和え物」「小松菜ときのこの和風煮浸し」「厚焼き玉子」「納豆」「味噌汁」と戴き、落ち着いたしっとりとした出汁感に、奇を衒わない安心感を覚えた。

洋食部門からは、「ソーセージ」「ベーコン」「フライドポテト」「フライドエッグ(目玉焼き)」「サラダ」と戴き、朝食の愉しみを思い切り堪能させて戴いた。和の朝食も好いが、洋の朝食も、矢張り素晴らしい。
更に、「トスサラダ プロシュート生ハム」「トスサラダ スモークサーモン」「贅沢な朝豆腐トリュフの香り」「エッグベネディクト」と取り揃えて、存分に贅沢感を醸成した次第である。

主食としては、「炊き込みごはん」少々と「白飯」600g 程〔約2合〕当たりを2杯戴き、締めのつもりで「シーフードカレー」総重量(実測値)482g を戴いたのであったが、「コーンスープ」を飲みたくなったので「ブレッド」「ベーコン」とお代わりし、その後で最後の最後、「ハニートースト」「コーヒー」で締めたみた次第だ。そうして、、、

私 :「シーフードカレーお代わりしても好い?」
家の奥さん :「もう止めておきなさい」

と言う会話の後に、エレベーターへと乗り込んだと言う流れである。この間、時間にして約1時間。皆で美味しく頂かせてもらったのであった。何処からか、と言うか随所からと言うか、

「『爆食いは封印し、腹八分目を心掛ける』ってどの口が言ったんだ ?!」

との声が聞こえてきそうだが、まあ、そこはご愛敬と言うことでご容赦戴きたい。

どれもこれも、しっかりと手の込んだ料理で、なかなかに美味であったが、味わいの詳細は割愛して、一部のみのご報告とし、以下に記したいと思う。


「シーフードカレー」


この品、通常のホテル朝食バイキングでは、ビーフカレーが定番であろうに、敢えての「シーフードカレー」には実際驚いた。その思い切りというか、シェフの矜恃のようなものを感じた次第である。
実際に食してみると、人参・玉ネギ・ジャガイモの定番野菜具材の他には、そこそこに大きい海老と烏賊が投入されているのだが、魚介の濃厚な香りが何とも心地好い。このシーフードの香りは本物の香りであった。返す返すもお代わり禁止令が悔やまれて仕方がない。(笑´∀`)


「白飯」「炊き込みご飯」


「炊き込みご飯」の方は、特筆すべき味わいと言うことはなく、極く普通の品であったろうか。具沢山でありながら薄口に抑えてある点は、工夫が感じられて実に良かった。

「白飯」に関しては、計量を 1杯目 にはしなかったので、2杯目 の総重量(実測値)622g × 2杯 を掲載しておこうと思うが、この 1.2kg と言う数字は、およそ 3合半に当たり、結構な重量ではある。まあ、拘りの銘柄米という感じではなかったが、それなりに美味しく戴けた。これだけ食しておいて文句を言う権利もなかろうと言うものだ。baku爆baku


「ブレッド」「コーンスープ」


「ブレッド」の種類は、「クランベリーツイスト」「クロワッサン」「デュラムファイン」「リュスティック」の4種
特に掲示がなく、私自身の知識も薄いので、詳細は不明である。焼き立てのものではなかったようで、冷えたまま食したら、ちょっとパサつき感を感じてしまった。トースターを利用して温めて食すことをお奨めしたいと思う。
「コーンスープ」は、いわゆる缶詰仕様であろうか、よく舌に馴染んだ味わいが感じられた。このあたりでオリジナル色をバーンと出せるようだと、宿泊費は 3万円 を下らないものになってしまうのだろう。。。と考え、納得する私なのであった。


「牛すじと大根煮」


この品を居酒屋で戴けば、これだけで単品 500円~600円 はとられるのではなかろうか。柔らかく調理された牛すじは、圧力釜系での調理だろうか。ほろっと崩れるその身が、大根や蒟蒻と渾然一体となり、なかなかの味わいであった。今回、これだけ種類豊富なバイキングであったから1回で止めにしたが、もっと種類の少ないバイキングであったなら、数回に渡ってお代わりしたことだろう。


「ソーセージ & ベーコン」


何と言っても「ベーコン」が厚切りだったのが実に良かった。朝食でご飯のおかずに「ベーコン」を戴くのを、私は大いに好むのだが、薄切りの市販の「ベーコン」で日々戴いているところ、こうしてホテル朝食等で「厚切りベーコン」を戴くと、それはもう至福感に満たされる。
何だろう、「ベーコン」の厚切りには贅沢感が漂う気がするのは私だけであろうか。いやあ、ほんと「厚切りベーコン」の芳醇な味わいに舌鼓を打たせてもらったのであった。


「心温まる贅沢な朝豆腐トリュフの香り」


このメニューは、シェフお奨めのメニューとして、ポップ表示されてたいものだ。ポップ内には、
…………………………………………
温くとろけるお豆腐、優しい口当たりでクリーミーなソースお口に運ぶと穂のかな香りのトリュフに癒やされ季節野菜の旨みと食感が追いかけてきます。
…………………………………………
とあって、如何ばかりかと大いに興味を持ったが、1度目の喫食では印象に残っておらず、ポップを見つけて、改めて取りに行った品でもある。

個人的な感想としては、トリュフの香りこそすれ、豆腐とは今ひとつ合わないように感じた。家の奥さんは、「好い香りがしたよ」と気に入ったようなので、単なる嗜好の差異なのだろう。まあ、そう言った感覚の違いは如何ともし難いものがあるのだ。


いずれにせよ、総じてこちら『ホテルモントレ赤坂』、ホテルそのもののクオリティ、「和洋バイキング」の品質ともに先ず先ずであった。

ううむ、なかなかに美味しうござった♪


さて、今回の実測値は、

「和洋バイキング」2,200円(税込)→ 宿泊価格 2,000円(税込)
「白飯」総重量(実測値)622g × 2杯
「シーフードカレー」総重量(実測値)482g
器重量 340g

実食総重量 : 計量せず
完食時間 : 計測せず
支払額総額 2,000円(税込)

訪問日 : 2019.11.1(金)~ 11.2(土)


この後は、愈々長年坊の結婚式。。。ことの詳細は既にアップした、『権八 西麻布』〔東京都港区西麻布1-13-11〕に掲載してある。もしお暇であったら、ちょっと目を通して戴けるととても嬉しい。27年の歳月を積み重ねてきた集大成が、子どもの結婚式であり、それはまた、子育てのゴールでもある。「父落泪」、、、いやあ、何とも感動的な一日であった。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』ホテル外観

    『ホテルモントレ赤坂』ホテル外観

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』ホテル入口

    『ホテルモントレ赤坂』ホテル入口

  • ホテルモントレ赤坂 - 本日の取り揃え品♪

    本日の取り揃え品♪

  • ホテルモントレ赤坂 - 「白飯」「白飯」に関しては、計量を 1杯目 にはしなかったので、2杯目 の総重量(実測値)622g × 2杯 を掲載しておこうと思うが、この 1.2kg と言う数字は、およそ 3合半に当たり、結構な重量ではある。

    「白飯」「白飯」に関しては、計量を 1杯目 にはしなかったので、2杯目 の総重量(実測値)622g × 2杯 を掲載しておこうと思うが、この 1.2kg と言う数字は、およそ 3合半に当たり、結構な重量ではある。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「シーフードカレー」この品、通常のホテル朝食バイキングでは、ビーフカレーが定番であろうに、敢えての「シーフードカレー」には実際驚いた。その思い切りというか、シェフの矜恃のようなものを感じた次第である。

    「シーフードカレー」この品、通常のホテル朝食バイキングでは、ビーフカレーが定番であろうに、敢えての「シーフードカレー」には実際驚いた。その思い切りというか、シェフの矜恃のようなものを感じた次第である。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』客室内ベッド

    『ホテルモントレ赤坂』客室内ベッド

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』ユニットバス

    『ホテルモントレ赤坂』ユニットバス

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』バス内のアメニティ

    『ホテルモントレ赤坂』バス内のアメニティ

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』客室内テーブル

    『ホテルモントレ赤坂』客室内テーブル

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』では、アメニティとしてパジャマが常備されている。

    『ホテルモントレ赤坂』では、アメニティとしてパジャマが常備されている。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』フロント

    『ホテルモントレ赤坂』フロント

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』1Fロビー

    『ホテルモントレ赤坂』1Fロビー

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』廊下

    『ホテルモントレ赤坂』廊下

  • ホテルモントレ赤坂 - 「青山通り」沿線、東京都港区の「赤坂警察署前」交差点の南東角に『ホテルモントレ赤坂』はある。

    「青山通り」沿線、東京都港区の「赤坂警察署前」交差点の南東角に『ホテルモントレ赤坂』はある。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔コーヒー・ティーコーナー〕

    「和洋バイキング」〔コーヒー・ティーコーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔シリアル・ワッフル・パンケーキ〕

    「和洋バイキング」〔シリアル・ワッフル・パンケーキ〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔フレッシュフルーツ・ヨーグルト〕

    「和洋バイキング」〔フレッシュフルーツ・ヨーグルト〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔白飯・味噌汁・シーフードカレー〕

    「和洋バイキング」〔白飯・味噌汁・シーフードカレー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔和食コーナー〕

    「和洋バイキング」〔和食コーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔洋食コーナー〕

    「和洋バイキング」〔洋食コーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔ブレッドコーナー〕

    「和洋バイキング」〔ブレッドコーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔サラダコーナー〕

    「和洋バイキング」〔サラダコーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 「和洋バイキング」〔ドリンクコーナー〕

    「和洋バイキング」〔ドリンクコーナー〕

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』2F「和洋バイキング」会場

    『ホテルモントレ赤坂』2F「和洋バイキング」会場

  • ホテルモントレ赤坂 - 「贅沢な朝豆腐トリュフの香り」個人的な感想としては、トリュフの香りこそすれ、豆腐とは今ひとつ合わないように感じた。家の奥さんは、「好い香りがしたよ」と気に入ったようなので、単なる嗜好の差異なのだろう。

    「贅沢な朝豆腐トリュフの香り」個人的な感想としては、トリュフの香りこそすれ、豆腐とは今ひとつ合わないように感じた。家の奥さんは、「好い香りがしたよ」と気に入ったようなので、単なる嗜好の差異なのだろう。

  • ホテルモントレ赤坂 - 和食部門から、「焼きなす」「ゆず大根」「明太子」「きんぴら牛蒡」「塩鮭」「牛筋と大根煮」「オクラと若鶏の和え物」「小松菜ときのこの和風煮浸し」「厚焼き玉子」と戴き、落ち着いたしっとりとした出汁感に、奇を衒わない安心感を覚えた。

    和食部門から、「焼きなす」「ゆず大根」「明太子」「きんぴら牛蒡」「塩鮭」「牛筋と大根煮」「オクラと若鶏の和え物」「小松菜ときのこの和風煮浸し」「厚焼き玉子」と戴き、落ち着いたしっとりとした出汁感に、奇を衒わない安心感を覚えた。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「牛すじと大根煮」接写。柔らかく調理された牛すじは、圧力釜系での調理だろうか。ほろっと崩れるその身が、大根や蒟蒻と渾然一体となり、なかなかの味わいであった。これがこれだけ種類豊富なバイキングでなかったら、数回に渡ってお代わりしたことだろう。

    「牛すじと大根煮」接写。柔らかく調理された牛すじは、圧力釜系での調理だろうか。ほろっと崩れるその身が、大根や蒟蒻と渾然一体となり、なかなかの味わいであった。これがこれだけ種類豊富なバイキングでなかったら、数回に渡ってお代わりしたことだろう。

  • ホテルモントレ赤坂 - 洋食部門からは、「ソーセージ」「ベーコン」「フライドポテト」「フライドエッグ(目玉焼き)」「サラダと戴き、朝食の愉しみを思い切り堪能させて戴いた。和の朝食も好いが、洋の朝食も、矢張り素晴らしい。

    洋食部門からは、「ソーセージ」「ベーコン」「フライドポテト」「フライドエッグ(目玉焼き)」「サラダと戴き、朝食の愉しみを思い切り堪能させて戴いた。和の朝食も好いが、洋の朝食も、矢張り素晴らしい。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「ソーセージ」「ベーコン」「フライドポテト」接写。何と言っても「ベーコン」が厚切りだったのが実に良かった。朝食でご飯のおかずに「ベーコン」を戴くのを、私は大いに好むのだが、こうして「厚切りベーコン」を戴くと、至福感に満たされる。

    「ソーセージ」「ベーコン」「フライドポテト」接写。何と言っても「ベーコン」が厚切りだったのが実に良かった。朝食でご飯のおかずに「ベーコン」を戴くのを、私は大いに好むのだが、こうして「厚切りベーコン」を戴くと、至福感に満たされる。

  • ホテルモントレ赤坂 - 更に、「トスサラダ プロシュート生ハム」「トスサラダ スモークサーモン」「贅沢な朝豆腐トリュフの香り」「エッグベネディクト」と取り揃えて、存分に贅沢感を醸成した次第である。

    更に、「トスサラダ プロシュート生ハム」「トスサラダ スモークサーモン」「贅沢な朝豆腐トリュフの香り」「エッグベネディクト」と取り揃えて、存分に贅沢感を醸成した次第である。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「炊き込みごはん」「白飯」「炊き込みご飯」の方は、特筆すべき味わいと言うことはなく、極く普通の品であったろうか。具沢山でありながら薄口に抑えてある点は、工夫が感じられて実に良かった。

    「炊き込みごはん」「白飯」「炊き込みご飯」の方は、特筆すべき味わいと言うことはなく、極く普通の品であったろうか。具沢山でありながら薄口に抑えてある点は、工夫が感じられて実に良かった。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「シーフードカレー」接写。人参・玉ネギ・ジャガイモの定番野菜具材の他には、そこそこに大きい海老と烏賊が投入されているのだが、魚介の濃厚な香りが何とも心地好い。このシーフードの香りは本物の香りであった。

    「シーフードカレー」接写。人参・玉ネギ・ジャガイモの定番野菜具材の他には、そこそこに大きい海老と烏賊が投入されているのだが、魚介の濃厚な香りが何とも心地好い。このシーフードの香りは本物の香りであった。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「コーンスープ」「ブレッド」「ベーコン」……「ブレッド」は焼き立てのものではなかったようで、冷えたまま食したら、ちょっとパサつき感を感じてしまったので、トースターを利用して温めて食すことをお奨めしたいと思う。

    「コーンスープ」「ブレッド」「ベーコン」……「ブレッド」は焼き立てのものではなかったようで、冷えたまま食したら、ちょっとパサつき感を感じてしまったので、トースターを利用して温めて食すことをお奨めしたいと思う。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「ハニートースト」「コーヒー」……「コーンスープ」を飲みたくなったので「ブレッド」「ベーコン」とお代わりし、その後で、正に最後の最後、「ハニートースト」「コーヒー」で締めたみた次第だ。

    「ハニートースト」「コーヒー」……「コーンスープ」を飲みたくなったので「ブレッド」「ベーコン」とお代わりし、その後で、正に最後の最後、「ハニートースト」「コーヒー」で締めたみた次第だ。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』の西隣は『赤坂警察署』になる。

    『ホテルモントレ赤坂』の西隣は『赤坂警察署』になる。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』の「青山通り」を挟んだ直ぐ北側には『豊川稲荷神社別院』がある。

    『ホテルモントレ赤坂』の「青山通り」を挟んだ直ぐ北側には『豊川稲荷神社別院』がある。

  • ホテルモントレ赤坂 - 『ホテルモントレ赤坂』客室から見た夜景「『赤坂御所』から四谷・新宿方向」

    『ホテルモントレ赤坂』客室から見た夜景「『赤坂御所』から四谷・新宿方向」

  • ホテルモントレ赤坂 - 「白飯」総重量(実測値)622g。

    「白飯」総重量(実測値)622g。

  • ホテルモントレ赤坂 - 「シーフードカレー」総重量(実測値)482g。

    「シーフードカレー」総重量(実測値)482g。

  • ホテルモントレ赤坂 - 長男坊の結婚式が挙行された『氷川神社』

    長男坊の結婚式が挙行された『氷川神社』

  • ホテルモントレ赤坂 - 『氷川神社』拝殿内

    『氷川神社』拝殿内

  • ホテルモントレ赤坂 - 挙式後に披露宴会場となった『権八 西麻布店』

    挙式後に披露宴会場となった『権八 西麻布店』

口コミが参考になったらフォローしよう

kazutans

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

kazutans(1461)さんの他のお店の口コミ

kazutansさんの口コミ一覧(667件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 ホテルモントレ赤坂 (ホテルモントレアカサカ)
ジャンル 旅館・オーベルジュ(その他)
予約・
お問い合わせ

03-3401-7111

予約可否
住所

東京都港区赤坂4-9-24 ホテルモントレ赤坂

交通手段

赤坂見附駅から422m

営業時間
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥3,000~¥3,999

予算分布を見る

特徴・関連情報

利用シーン

初投稿者

くるのすけくるのすけ(1104)

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「ホテルモントレ赤坂」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

赤坂×旅館・オーベルジュのランキング(点数の高いお店)です。

  • 1 赤坂エクセルホテル東急 - 料理写真:

    赤坂エクセルホテル東急 (旅館・オーベルジュ(その他))

    3.25

  • 2 ホテルモントレ赤坂 - ドリンク写真:1番眺めのいい特等席

    ホテルモントレ赤坂 (旅館・オーベルジュ(その他))

    3.22

  • 3 赤坂陽光ホテル - 料理写真:朝食プレート

    赤坂陽光ホテル (旅館・オーベルジュ(その他))

    3.21

  • 4 the b 赤坂 - 料理写真:

    the b 赤坂 (旅館・オーベルジュ(その他))

    3.19

  • 5 マロウドイン赤坂 - 料理写真:朝食バイキング1,200円

    マロウドイン赤坂 (旅館・オーベルジュ(その他))

    3.12

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ