ニューヨークスタイルの、遊び心のある絶品焼肉! : beef by KOH

beef by KOH

(ビーフ バイ コウ)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、フォーリンデブはっしーさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

フォーリンデブはっしー

フォーリンデブはっしー(15373)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]30代後半・男性・東京都

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.8
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク3.7
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999
1回目

2018/01訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

ニューヨークスタイルの、遊び心のある絶品焼肉!

戦国時代、いや、戦肉時代とも言える焼肉業界ですが、素晴らしい新店も登場しています!
フォーリンデブオブザイヤー2017には「ホルモン千葉@渋谷」を勝手に表彰させてもらいましたが、
「鳶牛肉衛門@浅草」とともにノミネートしていたのが、広尾に2017年9月にオープンした、
「beef by KOH(ビーフバイコウ)」というお店。

【メニュー(クリックで拡大)】
店主のKOHさんはニューヨークの人気焼肉屋で修行され、「青一@青山一丁目」で料理長を張っていた人なので、
その実力と遊び心は健在!むしろ独立されたことで、伸び伸びと楽しくて美味しいメニューを提供されている気がします。

【季節のナムル盛り(800円)】◎
ナムル盛りだって、普通はモヤシや山菜などの食材がナムルになりがちなところ…
ミニトマトなどを使うことで、見た目も鮮やかながら爽やかなスターターとして、ぴったり。

【パクチーサラダ(750円)】○
仲間とパクチー部を作っているほどパクラーなDEBUとしては、パクチーサラダも嬉しく…
ヘルシーでいきなり痩せちゃうのが悩ましいけれど、このあと太るからダイジョーデブ!

【上ミノ湯引き(800円)】○
たっぷりの大根おろしの上に、湯引きしたシコシコ食感のミノをオンしたものや…

【ユッケ(1650円)】○
ちゃんと保健所の許可を取った合法生肉まであるので、前菜ならぬ前肉には困りません。
このユッケがとてもニューヨークを感じさせるもので、ニンニクをちょっと効かせたパンチの味付け。
昨年夏にニューヨークでDEBU合宿してきましたが、これと似たユッケを現地で出会い、
味付けはもちろん、うずらの生卵を使うあたりも日本とは違います。
(とは言え、個人的には日本の王道ユッケのタイプのほうが好き。笑)

【肉ウニ(1800円)】◎
店主がニューヨークで考案したという肉ウニは、肉×ウニ×シソ×韓国海苔の組み合わせで…
ひとくちで口に放り込めば、、デブリシャス!甘い肉汁があふれ出す和牛のお肉を、
ウニがまるで濃厚なソースのように包み込み、韓国海苔の塩気と風味、そしてシソの爽やかさがマリアージュします♪

さぁ、そしてもちろん、ここは焼肉屋なので焼かずに帰ることは許されないので…

【上タン塩(1600円)】◎
炭火LOVERとしては嬉しい炭火の七輪が卓上にセットされたら、いざ焼肉スタート!
手始めの上タン塩は、1600円でこの肉質のタン元が出てくるのはリーズナデブルとも言え…
ザクザクっとした心地良い歯切れの良さとともに、食欲そそる塩ダレが旨味を上乗せ♡

【赤身3種盛り2人前(3500円×2)】◎
「青一」ではジューシーな赤身肉が美味しかったので、こちらでも赤身3種盛りにしたら…
見るからに美味しそうな、イチボやクリなどの赤身・ザ・トリオが、大皿に乗って登場。

味付けは何も伝えなかったら塩とタレの両方で出てきましたが、どちらも文句なしのデブリシャス!
霜降りを追求したA5ランクの和牛だからこそ、赤身の部位であっても適度なサシが入っており、肉々しさとジューシー感が共存。
ちょっと肉厚な大判型でカットしているので、まさに肉を喰らっているという口福感も味わえます♪

【ミスジ(1800円)】◎
タレのあとに塩に戻るのは邪道ながら、どうしても塩ミスジが食べたかったので…
網を変えてもらってから、タレ肉を食べたのを忘れて、気持ちをリセットさせるために…
ここぞとばかりに白米の日本昔話盛りを緊急招集し、いざ、ここからが本番開始です!

ミスジを最大限に切り出したお肉は、こんもりとした白米に覆いかぶさるほどの大きさで…
焼肉において、肉をOTR(=On The Rice)してしまうのは、避けては通れない道。
伝家の宝刀・RTR(=Rolling The Rice)を発動させれば、溢れでる肉汁を余すことなく、オールキャッチ!
ふんわりとしたミスジは歯が必要ないほどの柔らかさで、白米とひとつになって口溶けしていきます。

【炙りミスジ(2000円)】☆
とは言え、白米に合うのは塩ものよりもタレもの、というのは、焼肉業界における常識。
だから、塩ミスジを味わったあとに、タレミスジまで攻めちゃうのが、DEBUの流儀。

この炙りミスジは、すき焼きのように生卵につけて食べますが、この卵がオドロキで…
割ってみると、必ず卵がフタゴになっているというマジックなので、てじなーにゃ!

あらかじめタレを揉みこませたミスジを、さっと炙り焼きしつつ、この生卵にディップし…
そしてOTR→RTRという、ストツーもびっくりなコンボを繰り出せば、もはやこちらの土俵。
和牛ならではの甘い脂がタレと融合することで、極上なエキスとなって白米をススませます!
コギャル風に言うならば、超デブリシャス、略して、チョデブリ〜♬

【炙りロース(1800円)】◎
強いて言うならば、お米ソムリエの資格も取ってしまったほどの白米LOVERとしては…
「青一」のように炊きたての土鍋ごはんを提供してくれたら、言うことナシなので…
いつの日か、「あきたこまち」か「雪若丸」あたりの、米離れが良い(=ガッツリ系のオカズと合わせやすい)お米を、
炊きたてホカホカでオンザライスできる日を心待ちにしています(笑)

【ヒレdobon!(3500円)】◎
でぶりロース、じゃなかった、あぶりロースで、さらに白米をススませたあとには…
ニューヨークならではの遊び心をもった店主が開発した、おもしろメニューも攻めようと…
ヒレ do bon(ヒレドボーン)という、むしろアメリカよりもフランスっぽいものにしたら…
熱々になったシソバターオイルに、ヒレ肉をドボン!と浸けてから焼き上げるという…
むしろそのドボンだったのか、という、アメリカでもフランスでもなく日本語というオチ。

それはさておき、そのまま食べても美味しいヒレ肉を、コクのあるシソバターオイルでコーティングしてしまうという、
こんなことしちゃっていいの?的な、背徳感のある美味しさを楽しめます。
そして、残ったシソバターオイルと生卵は、もれなく白米様に献上されてフィニッシュ!

【ビーフテールバンズ(850円)】◎
普通であれば、山盛りごはんを食べ終えて、あぁ今日もよく食べたね〜で終わるところ…
人と同じことをしていては、それよりも太ることはできないという、DEBUなりの宿命で…
ここから炭水化物を初めて食べるんだ、という便利な記憶のリセット機能によって…
ニューヨークで大流行しているという中華バンズの肉ロールで、追カロリー!
するとこれまた正解で、ふんわりと柔らかいバンズに、とろっとろになった牛テール肉がバツグンの相性を発揮。
とろんとした辛子マヨネーズ風のソースも素晴らしく、これが屋台で売られていたら10個くらい即買いしてしまいたくなるほど♪

【花沢海鮮チヂミ(1200円)】◎
今まで聞いたことがない花沢海鮮チヂミは、どうやら決してそういうジャンルではなく…
花沢さんという店員さんが作るチヂミでしたが、カリッとクリスピーに仕上げられた外側と、
ニラたっぷりのシャキシャキ感のある内側による、食感のコントラストが楽しめる一品。
ピリ辛テイストのタレも美味しく、花沢さんなかなかやるではないか!(なぜか急にエラそう。笑)

【最強ユッケジャンスープ(900円)】◎
メニュー名が普通じゃないと、とりあえずなんでも頼んでみたくなってしまうので…
最強と名付けられたユッケジャンスープも攻めると、、辛すぎない適度なバランス感が良いスープに仕上がっており、
繊維がほどける柔らかい牛スジとともに、オンザライスまたはインザライスしたくなる!

【元祖★宝石箱ローストビーフ&ウニ重(2500円)】☆
しかし、日本昔話盛りの白米は、とっくのとうにDEBUの胃袋へとゴーアウェイしており…
であれば、ラストエンペラーならぬ、ラストエンペライスとして、ローストビーフうに重も退治せねば!
「青一」でも大人気のコレが、またアレンジされた姿で食べられるのは嬉しく、
しっとりなめらかな赤身肉(クリ)のローストビーフを、濃厚なバフンウニ、そして甘辛いタレと合わせれば、
満腹であっても誰もが胃袋がまた開いてしまう美味しさ。ハートフル&ミートフルとは、まさにこのことです♡

【自家製ソフトクリーム(600円)】◎
デザートにもこだわっていて、マダガスカルバニラを使った自家製ソフトクリームもあり…
ソフトクリームだからこそのエアリーな軽さで、肉の余韻を優しく包み込んでくれます♪

===========================================

【ナムル盛り合わせ(800円)/キムチ盛り合わせ(800円)】◎○
そんな、初回から大満足してしまった「beefbyKOH」さんでの肉ワッショイでしたが…

【肉ウニ(1800円)】◎
それ以降にまた訪れても感動は変わることがなく、この価格帯で食べられるのは幸せ。

【タン塩(1100円)】○
とりあえず、前菜の肉ウニ、そして王道のタン塩からのスタートは守りつつも…

【赤身肉3種盛り2人前(3500円×2)】◎
赤身肉の3種盛りは塩ものだけで出てくるときもあり。(個人的にはタレのほうが好き)

【炙りミスジ(2000円)】☆
炙りミスジはハズレのない安定感で、これは肉質もさることながら、タレも美味しい証拠。

【ヒレdobon!(3500円)】◎
ヒレドボンは、ヒレステーキのまま食べたくなってしまう衝動をおさえながらも…

【A5和牛の炭焼きケイジャンハンバーグ(1200円)】○
このお店では、世界的なエンタメの街・ニューヨークで修行してきた店主だからこそ…
その遊び心のあるサイドメニューもしっかり食べて、焼肉バル的に楽しむのが正解です!

【リブキャップとフォアグラのすき焼き(2500円)】◎
ヒレドボン以上にぜひ頼んでほしいのが、意外にもこちらの「フォアグラすき焼き」で…
霜降り肉のリブキャップ(デブキャップじゃないよ)を、フォアグラとともに割下で煮込み…
シャキッとしたニラと一緒に合わせて食べれば、、めっちゃデブリシャス、略して、めちゃデブ!な美味しさなんです。
とろんとした濃厚なフォアグラは、タレと融合することで嫌な重みがなくなり、
力強いリブキャップとフォアグラが見事なパワフルタッグを結成。
一緒に行った友人は、焼肉よりも、コレを今日イチだと言っていたほどです♪

【元祖★宝石箱ローストビーフ&ウニ重(2500円)】☆
オンザライスしまくったあとでも、やっぱりさいごのローストビーフうに重は欠かせず…
この美しさは、誰もが写真を撮りたくなるフォトジェニックな肉料理、フォトジェ肉!

【ローストビーフうにカルボナーラ(時価)】◎
しかも、メニュー表には、「わがまま(ASK)」とわざわざ書かれているとおり…
こんなメニューできませんか?という相談を、すべてのお客から受け付けているので、
「肉とウニを使った新メニューをお願いします!」と相談したら、出てきたのがこちら。
なんと、ロースビーフうにカルボナーラで、うににくの相性はもちろんのこと、
冷麺を使ったムチムチで弾力感のある麺が、濃厚な卵&チーズと合体!
いやはや、即興でこれを作ってしまうニューヨーク店主、おそるべしです(笑)

というわけで、興奮のあまり、ボリューミーな記事になってしまいましたが、こちらはそれだけ注目すべき新店のひとつ。
年明けに日本テレビ「ドラマツアーズ」で紹介させてもらったところ、
ジャニーズの亀梨さんも「デブリシャス!」と喜んでくれたので、混まない今のうちがチャンスです☆


▼こんなときにココで太りたい!
「ニューヨーク」を略したら「ニク」になるな、と運命のいたずらに気づいてしまったとき。

▼ブログ詳細記事
イエス!フォーリンデブ★ → https://lineblog.me/fallindebu/archives/8369777.html

  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -
  • beef by KOH -

口コミが参考になったらフォローしよう

フォーリンデブはっしー

フォーリンデブはっしー

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

フォーリンデブはっしー(15373)さんの他のお店の口コミ

フォーリンデブはっしーさんの口コミ一覧(1759件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 beef by KOH (ビーフ バイ コウ)
ジャンル 焼肉、韓国料理、創作料理
予約・
お問い合わせ

050-5594-3007

予約可否

予約可

完全二時間制

住所

東京都渋谷区広尾5-3-12 田口ビル 2F

交通手段

東京メトロ日比谷線 広尾駅
2番出口 徒歩2分

パチンコ屋の向かいの建物(1Fに不動産屋)の2Fです。

広尾駅から172m

営業時間

<ランチ>
11:30〜14:00

<ディナー>
17:00〜23:30
(L.O フード22:45/ドリンク23:00)

日曜営業

定休日

不定休

予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

席・設備

席数

23席

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 全面喫煙可

※禁煙席、分煙席はございません。

駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、無料Wi-Fiあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

飲み放題コース

飲み放題、3000円以下の飲み放題コース

コース

5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

料理

英語メニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、テイクアウト

お子様連れ

子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可

ドレスコード

カジュアル

ホームページ

https://beefbykoh.owst.jp

公式アカウント
オープン日

2017年9月8日

電話番号

03-6277-0980

備考

メディア情報

2017年10月27日 J-WAVE アンジャッシュ渡部健「GOLD RUSH」出演
2017年11月25日発行 2018年版「東京 大人のための極上レストラン 50選」掲載
2017年12月15日発売「2018年TokyoWalker 1月増刊号」掲載
2017年12月22日発売「2018年2月号GetNavi」掲載
2018年1月5日  フジテレビ「新春ドラマツアーズ2018」出演
2018年1月18日 J-WAVE「STEP ONE」出演
2018年1月21日 フジテレビ「ニチファミ!ニッポンの肉2018出演
2018年1月21日 AbemaNews「けやき坂アベニュー」出演
2018年4月18日 フジテレビ「ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒」出演
2018年5月  「OLIVE MAGAZINE KOREA」掲載
2018年8月9日  日本テレビ「news every」出演
2018年9月7日  フジテレビ「全力!脱力タイムズ」出演

初投稿者

miho_myhomiho_myho(0)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ