台風19号の影響にともない、サイトに掲載の営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございますので、事前にご確認ください。

巧みな工夫 : 賛否両論

レストランランキングTOP5000

賛否両論

(さんぴりょうろん)
予算:

夜の予算 ¥8,000~¥9,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日
日曜日、祝日

この口コミは、野良パンダムさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

野良パンダム

野良パンダム(323)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

5

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 使った金額(1人)
5回目

2019/08訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

巧みな工夫

再訪。
今回も二回転目に二人で。
予約は けっこう直近でも大丈夫でした。

残念ながら今日はマスター不在も、お料理のクオリティは今まで同様の賛否両論クオリティ。食材の質こそたいした事ないが、旬の食材を コチラ独特の調味で食べさせてくれる。平凡な食材を美味しく食わせるための工夫がコチラ最大の美点。

先付けの新蓮根は いわば酢蓮根なわけだが、ジュレにカラシを加えて さっぱりしたカラシ蓮根テイストに。

鮎フライ自体は珍しくはないが、食わせるためのタルタルに一工夫。タルタルに鮎ワタを加えるパターンは初めてですがアリですねぇ。

お造りの鰹は 赤タマネギペーストを加えた塩昆布で。鰹とタマネギは鉄板の組み合わせですが、更に昆布が入る事で鰹の質をうまく誤魔化してます(悪い意味ではなくて)

焼き物は普通の幽庵焼きですが、添えてある大根おろしには オクラを混ぜてそのままでも美味しく頂けるように。

茶碗蒸しは白味噌を加えた変わり種。ですが 乗せてあるとうもろこしと白味噌は相性バッチリなので 良い具合。胡椒で軽く辛味を添えてあるのもグッド。

と 調味の工夫には かなり光るモノがあります。
対し、料理の出来にバラつきがあるのが残念ポイント。椀の出汁は今回もピンと来ず。椀種の鱧も??? 先付けも蓮根は良いけど、水タコは 味わいも食感もよろしくない。赤だしも もっと頑張って欲しいかな。

とはいえ、この価格で これだけ工夫を凝らした料理を頂けますので私としては季節ごとに訪問したい店のひとつとなってます。

おまかせコース(6800円 税込 サ別)

先付け:新蓮根 水タコ カラシ風味ポン酢ジュレ
揚げ物:鮎フライ
椀:鱧 梅肉入り葛餅
お造り:鰹 鯛
焼き物:太刀魚幽庵焼き
蒸し物:白味噌風味茶碗蒸し とうもろこしあんかけ
口直し:いぶりがっこ マスカルポーネ
食事:大山鳥 牛蒡 四角豆の炊き込み御飯。赤だし。香の物
甘味:とり将プリン 杏仁豆腐 きな粉アイス 大葉ソルベ 焼き最中 本日のデザート の中から好きな品を(複数選択可能)

  • 賛否両論 - 新蓮根  水タコ

    新蓮根 水タコ

  • 賛否両論 - 鮎フライ

    鮎フライ

  • 賛否両論 - 鱧と梅肉入り葛餅の椀

    鱧と梅肉入り葛餅の椀

  • 賛否両論 - お造り用の醤油と 赤タマネギペースト入り塩昆布

    お造り用の醤油と 赤タマネギペースト入り塩昆布

  • 賛否両論 - 太刀魚幽庵焼き

    太刀魚幽庵焼き

  • 賛否両論 - 白味噌風味茶碗蒸し  とうもろこしあんかけ

    白味噌風味茶碗蒸し とうもろこしあんかけ

  • 賛否両論 - 大山鳥 牛蒡 四角豆の炊き込み御飯。ほんの少しでいいから山椒があれば もっと旨かったと思う。

    大山鳥 牛蒡 四角豆の炊き込み御飯。ほんの少しでいいから山椒があれば もっと旨かったと思う。

  • 賛否両論 - 鳥将プリン  焼き最中  杏仁豆腐

    鳥将プリン 焼き最中 杏仁豆腐

4回目

2019/05訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

空気が違う

再訪。
すっかり オキニの店となった賛否両論へ。週末夜一回転目の予約は困難なようだが、遅い時間ならば楽に予約が取れる。今日も夜9時から のんびりと晩飯を頂いた。

今回は一階のカウンター席で。コチラのカウンターは席を詰め込み過ぎで満席の時だと 狭くて閉口するのだが、遅い時間だと満席ではないためゆったりできてよい。

また今回は、ご主人がおられたのだが 彼がいるといないとではカウンター内の空気がまるで違っていた。テレビで見るご主人は、優しい口調で人当たりも良さそうだが 仕事場で弟子を見る目は あたかも猛禽類のような鋭さ。当然、場の空気は違うものになってくる。例えるなら ご主人不在時は オ◯ノみたいな緩い空気で、ご主人がいる時は キノシタや しみづ みたいな厨房の空気。
そしてこれが接客にも響いてくる。
以前に来た時はミネラルウォーターのボトルはカウンター上に放置され、連れが最初から最後まで自分で注いでいたのだが今日は違った。
ボトルは冷やしてくれるし、グラスが空になればマメに注いでくれる。おいおい、ご主人いるだけで随分違うぢゃあないかwww

料理の味に関してはご主人がいようと いまいとキチンと手をかけた美味しい品を提供してくれるが、接客や店の空気に関しては ご主人がいらっしゃる時のほうが良いですね。

料理は例によって、高級食材には頼らず 旬の物を使い 創意工夫で美味しく食べさせる非常に好感のもてる内容。

先付は野菜の香りや食感をしかと楽しめる。
稚鮎は春巻にする事で食感の楽しさが加わりなかなかよろしい。
椀の出汁が弱いが、空豆しんじょ自体は香りも口当たりも上々。
お造りは タマネギ醤油や和辛子で美味しく食わせる。てかタマネギ醤油が旨い。
焼物は 今回は少々残念な出来。さすがに全てが旨い とはいかないか。
毎度毎度 変わった品を出してくる茶碗蒸し、今回はオクラ餡掛け。この餡掛けで茶碗蒸しを頂くと これまた上々の仕上がり。具の白身魚の質に関してはまあスルーしておこう。
飯も安定した旨さ。これで赤出汁が もっと旨ければ……
最後のお楽しみのデザートも六種類もあり なおかつ全て頼んでもOKと、我々が喜ぶポイントをわかってくれてるあたりもにくい。しかも焼き最中はオーダーを受けてからアンコを詰めて焼いてくれる。

我々は毎回安いほうのコースを頼んで 飯と甘味をガッツリ食べるのだが、酒をガッツリやりたい方には上のコースもよいかと。上のコースには酒がすすむ八寸が含まれますので。二つのコースの違いは この八寸があるか ないかだけです。安いコースでは物足りない…なんて事はないので、お好きなほうを選べばよいでしょう。
派手さはありませんが、手間暇かけたお料理を他よりリーズナブルに頂ける良い店だと思います。あまり財布に負担にならないので定期訪問したくなるという罠が仕掛けてありますが。

本日の献立。お任せコース( 6800円 サ別)
先付:煮ヤリイカ 焼き茄子 加賀太胡瓜 フルーツトマト ポン酢ジュレ合え
揚げ物:稚鮎春巻 筍おかき揚げ
椀物:空豆の湯葉しんじょ おかひじき
向付:鰹造り二種 ノドグロ炙り
焼物:地鶏と牛蒡のサンガ焼き
蒸し物:白身魚の茶碗蒸し オクラ餡掛け
箸休め:いぶりがっこ マスカルポーネ
食事:新生姜と穴子の炊き込み御飯 赤出汁 香の物
甘味:とり将プリン 焼き最中 杏仁豆腐 きな粉アイス グレープフルーツのグラタン(甘味メニューから好きな品を)

  • 賛否両論 -
  • 賛否両論 -
  • 賛否両論 - 稚鮎春巻  筍おかき揚げ

    稚鮎春巻 筍おかき揚げ

  • 賛否両論 - 白身魚茶碗蒸し  オクラ餡掛け

    白身魚茶碗蒸し オクラ餡掛け

  • 賛否両論 - 新生姜と穴子の炊き込み御飯

    新生姜と穴子の炊き込み御飯

  • 賛否両論 - 甘味達

    甘味達

3回目

2019/02訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

再訪。
今回の訪問で 春夏秋冬での訪問を果たしたわけだが、その結果から コチラの店への評価をしたのがタイトルの文字。

コチラの店は和食にしてはリーズナブルな価格設定のため、当然ながら高級食材は使えない。が、安い食材でも きちんと季節の品を選び 創意工夫をする事で 食べた時にちゃんと美味しいお料理を作っている。それなりの年月を重ねた店のため、そうした上手な食べさせ方 のノウハウの蓄積も しっかりあるようだ。必ずしも全ての品が旨いとはいかないが、外れが出てくる回数は少なかったので この程度なら許容範囲内だ。
椀の出汁が弱いのが最大の欠点だが、質のよい昆布はたいへん高額なので まあ仕方ないか。
お手頃価格でありながら、客を楽しませようときちんと手間をかけた料理を提供する賛否両論……私は好きですよ。予約も そこまで困難ではありませんしね。また訪問させてもらいます。

本日の献立
おまかせコース6800円(税込 サービス料10%)

先付:新筍と うるい の蛤ジュレ合え
揚げ物:椎茸天ぷら&蟹白菜餅天ぷら
椀:空豆入り海老しんじょ ワカメ
お造り:鰤&鯛を焼き茄子醤油で
焼き物:サーモン山椒焼き
蒸し物:地鶏とジャガイモの茶碗蒸し 紅芯大根の餡掛け
口直し:いぶりがっこ マスカルポーネチーズ
食事:ジャコと うすい豆の炊き込み御飯 赤だし 香の物
甘味:甘味メニューから お好きなものを(全種類でもOK)

  • 賛否両論 - 揚げ物

    揚げ物

  • 賛否両論 - サーモン山椒焼き

    サーモン山椒焼き

  • 賛否両論 - 地鶏とジャガイモの茶碗蒸し  紅芯大根餡掛け

    地鶏とジャガイモの茶碗蒸し 紅芯大根餡掛け

  • 賛否両論 - ジャコと うすい豆の炊き込み御飯

    ジャコと うすい豆の炊き込み御飯

  • 賛否両論 - デザートメニュー

    デザートメニュー

  • 賛否両論 - 五種類 いただきました

    五種類 いただきました

2回目

2018/10訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

テーブル席は微妙(カミーユにフルボッコにされたバージョン)

再訪。
予約受付日の夜に電話したら、希望日の早い時間は満席で21時からの案内になると言われる。もとよりそのつもりだったので、その時間でお願いした。この時にカウンターかテーブルかの希望を聞かれたのだが どちらでも良い と言ってしまったのが失敗だとは、この時点では解るはずもなし。
迎えた予約日当日。前回 前々回で花板を務めてた方が出迎えてくれる。あれ?と思ったら花板ポジションにテレビでお馴染みの方が……
が、せっかく笠原さんが居られたのに案内されたのは二階のテーブル席。この時点で連れにムッチャ睨まれる。殺されるかと思ったわ。まあ、カウンターとテーブルどちらでも良いとは確かに言ったが過去二回が主人不在だったので いないものと思い込んでしまっていたのは痛恨の極み。とはいえ これはお店のせいではないが。
案内されたテーブル席だが、近くのテーブルの方々が大変な食通の方々のようで、その会話を聞いているだけで大変 勉強になり非常に楽しい時間を過ごせました。素人の私にも聞こえるように配慮していただけたのでしょう。おかげで会話の内容は私どもにもたいへんよく聞こえました。私が到底行く事のないような店の名前もいくつか聞こえました。賛否両論の店員さんは尊敬の眼差しで食通グループを見てましたが、私も店員さんからあのような眼差しで見て貰えるような立派な食通を目指し、いかなる店 いかなる食事の場であっても他店の情報を交換する事に余念がないようにいたします。

食通らしき方々なだけあって、作法もたいへん勉強になりました。私もこれからはテーブルやカウンターの上にカメラを置いて食事に望む事にします。食べロガーたる者、撮影の好機を逃してはならぬ との教えだと解釈しております。私の親は躾に関してルーズでしたので、食卓上にカメラやスマホを置いての食事は駄目だと 私は勘違いしておりました。特に母親には 配膳の邪魔だと叱られたものですが、考えを改めさせていただきます。

お酒の飲み方も勉強になりました。私は和食では最後の食事の段階になったら酒は飲まなかったのですが、食事はあくまで楽しむもの……という解釈が正解なのですね。次回からは和食屋に行ったら食事の時に合う酒を聞いてみます。となると、蕎麦屋で〆の蕎麦に日本酒を合わせるのも面白そうですね。素人の私だと、酒の香りが蕎麦の香りを打ち消すと思ってましたが あさはかでした。

食通の方々の雰囲気に我々トーシロは気圧されてしまい微妙な雰囲気になりかけましたが、その雰囲気を打開してくれたのはお料理でした。

そのお料理ですが内容は
南瓜豆腐のキノコあんかけ
牛蒡の揚げ物と海老しんじょの天ぷら
鳥団子とネギと茄子の椀
お造り(真鯛 シマアジ 鰹)
ワラサ味噌幽庵焼き
鱧と松茸の茶碗蒸し
いぶりがっこ とマスカルポーネ
お食事(鮭 栗 銀杏の炊き込み御飯)
甘味
となる。
この日旨かったのが揚げ物、焼き物、蒸し物、飯だった。揚げ物は牛蒡を覆った衣の食感が面白く、海老しんじょ揚げも海老の香りがフワリと漂いなかなか良い。ワラサは脂こそ物足りないが 幽庵地の塩梅が良く かつ焼き方も上々で酒が進む。茶碗蒸しは鱧の骨切りが甘いものの、皮目を香ばしく炙った風味と茶碗蒸しとの相性は良い。松茸も香りはそこまで強くはないものの、やはり香りで華やかさを加えてくれる。飯は私の好物ばかりの炊き込み御飯で嬉しくなる。当然、土鍋は空っぽにさせてもらった。
デザートは お約束の全種オーダー。今日はシュークリームがあったが、これは不要であった。それ以外は今回も旨し。
お料理は当たり外れがあるものの、価格からすれば上出来。これは不満はないが…
他のテーブルでは ご主人が飯を持ってきてくれて記念撮影まで応じてくれてたのに、私達のテーブルにはご主人が来てくれなかったのは寂しいかな。帰る際にも挨拶に出てこられなかったのは先に帰ってしまわれたんでしょうね。秋風が少々目にしみました。

1回目

2018/07訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク 5.0

人気あるのも納得ですわ。

言わずと知れた超有名店。人気のほうも凄いようで予約受付日に電話しても、既に希望日の早い時間は全て埋まってると……しかし夜9時からでよろしければ との事でしたのでその時間でお願いしました。
で、予約日当日。遅い開始時間のせいかカウンターの客は三組のみ。以前お邪魔した時は隣と椅子がぶつかるぐらい詰め込んでましたが、今日はゆったりした椅子の配置でのんびり出来ました。遅い時間は狙い目かも知れませんね。
お料理は先付の玉蜀黍すりながしに始まり、最後の
万願寺唐辛子とジャコのご飯まで全てにちゃんと夏の食材を用いて、季節感がしっかりあるのは良い点。
逆に悪い点としては、料理の出来にムラがある事。今回で言えば先付や焼き物は楽しめたが、揚げ物の鮎天麩羅の出来には不満をかんじた。また椀の出汁に厚みと言うか力が不足してるのも残念。とはいえ6800円でなかなか楽しめるコースを提供してくれてる店に、もっといい昆布使えよ なんて言うのはナンセンスか?まあでも、トータルで言えば充分に食事を楽しめました。お造りを梅胡麻塩昆布で食べさせる工夫や、焼き物のあしらいの 冬瓜と新生姜のきんぴら 等の独特の料理も私は気に入りましたね。
むしろ最大の欠点は接客か。連れがミネラルウォーターを頼んだが、瓶とグラスをそのままカウンターに置かれて絶句してました。サービス料とる店で最初の一杯目に空のグラスそのまま出す店は初めて見ました。私の日本酒も同様。カウンターで酒飲んでて最初から最後まで手酌ってのも珍しい。日本酒頼む時も、リスト外の酒があるそうなので聞いてみたらメモを見ながらでないと答えられない。更に、その酒のテイストを質問しても答えられない。サービス料とるような店であれば、店にある酒は覚えておいて欲しいですね。
多少のアラはあるものの、都内でこの値段でこれだけの内容の料理を出してくれてるのは嬉しい。最後のデザートを全種類食べれるのもありがたい。また伺わせて頂くとします。遅めの時間で。
スマホ持って行かなかったので写真はありません。

口コミが参考になったらフォローしよう

野良パンダム

野良パンダム

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

野良パンダム(323)さんの他のお店の口コミ

野良パンダムさんの口コミ一覧(267件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 賛否両論 (さんぴりょうろん)
ジャンル 割烹・小料理
予約・
お問い合わせ

03-3440-5572

予約可否

予約可

住所

東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル 1F

交通手段

東京メトロ日比谷線【広尾駅】徒歩10分
JR山手線・埼京線【恵比寿駅】徒歩10分
東京メトロ日比谷線【恵比寿駅】徒歩12分

広尾駅から635m

営業時間・
定休日

営業時間

18:00~翌1:00(L.O.23:00)

定休日

日曜日、祝日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥8,000~¥9,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners)

席・設備

席数

18席

個室

(6人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

徒歩2分以内にコイン・パーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、SoftBank、au、Y!mobile

メニュー

コース

5000円~8000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

デート 接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

ホームページ

http://www.sanpi-ryoron.com/

オープン日

2004年9月16日

初投稿者

じゃすてぃんびー婆じゃすてぃんびー婆(0)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「賛否両論」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

広尾×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    とく山 - ドリンク写真:フグヒレ酒、火をつけて

    とく山 (割烹・小料理、ふぐ)

    点数: 4.08

    [ 口コミ 57 ]

  • 2位

    青草窠 - 料理写真:強肴:岩手産松茸とさざえ

    青草窠 (懐石・会席料理)

    点数: 3.89

    [ 口コミ 68 ]

  • 3位

    臼杵ふぐ 山田屋 - 料理写真:白子刺身

    臼杵ふぐ 山田屋 西麻布 (ふぐ、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理)

    点数: 3.89

    [ 口コミ 64 ]

  • 4位

    賛否両論 - 料理写真:

    賛否両論 (割烹・小料理)

  • 5位

    分とく山 - 料理写真:おまかせコースの一例

    分とく山 (懐石・会席料理)

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ