新型コロナウイルス拡大ならびに緊急事態宣言における対応のお願い(2021/01/13更新)

麻布十番のとっておきのオトナの隠れ家…『かなざわ』 : かなざわ

この口コミは、©Loroさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

©Loro

©Loro(5114)さんの口コミTabelog Reviewer Award受賞者[携帯電話番号認証済]東京都

2

  • 夜の点数:4.3

    • ¥15,000~¥19,999 / 1人
      • 料理・味 4.2
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 4.2
      • |酒・ドリンク 4.0
2回目

2019/01訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥15,000~¥19,999
    / 1人

麻布十番のとっておきのオトナの隠れ家…『かなざわ』

麻布十番はせべやビル地階に店を構えられ金沢(石川)、福井、富山の北陸三県の旬の食材と日本酒を愉しませてくれる口福料理店『かなざわ』さん。此処は正に麻布十番のオトナの隠れ家的要素が満載の割烹料理店です。オープンキッチンスタイルの厨房で腕を揮われるのは『なだ万』さん等、様々の銘店で料理長を務められていた『渡辺 恵』料理長です。いつもの通りL字型のカウンター席に陣取り自分が知る限り都内では『かなざわ』さんと日本航空(JAL)のファーストクラスぐらいでしか味わうことが出来ぬと思われる呑み口が心地良い出雲富士『天の叢雲 純米大吟醸酒』からゆるゆるとスタートです。料理は『煮鮑(ニアワビ)』、『子持ち昆布(コモチコンブ)』、ちぢみ菠薐草(ホウレンソウ)、千枚蕪漬(センマイカブラヅケ)に仕上げに本枯れ節を削り金箔(キンパク)をふりかけた先付から順に『鼈(スッポン)』と金沢大豆(カナザワダイズ)の生湯葉(ナマユバ)を使った玉締め(タマジメ)、能登産の『牡蠣(カキ)』は珠洲の塩と酢橘(スダチ)を絞りいただきます。凌ぎには『かなざわ』さんでのテッパンである『白海老(シロエビ)』と『赤鯥(ノドグロ)』のにぎり、向付には弾力が噛み込んだ歯を押し返す氷見産の『寒鮃(カンビラメ)』と上品な脂の旨味が愉しめる『寒鰤(カンブリ)』の鰤トロ、能登産の『毛蟹(ケガニ)』は蟹の甲羅の中に『蟹みそ』と『剥き身』がミルフィーユ仕立で綺麗に甲羅詰めされ二人で1パイの毛蟹を満喫します。そして「この辺で野菜でも」と九条葱(クジョウネギ)をさっと炊いた小鉢が供されますが単なる葱を炊いたものではありません。葱自体に『赤鯥(ノドグロ)』の脂の旨味が染み込んでいます。食べ進めますと中には日本海の白いダイヤと称される能登産の『赤鯥(ノドグロ)』が現れます。八寸風の位置づけの旬肴盛合せには『寒鰤(カンブリ)』西京漬に幻の魚『げんげ』、『赤海鼠(アカナマコ)』に能登海蘊(ノトモズク)、自家製の『海鼠腸(コノワタ)』には食感のアクセントに海鼠(ナマコ)の嘴(クチバシ)、『河豚(フグ)の白子(シラコ)』は『河豚(フグ)の卵巣(ランソウ)』の糠漬(ヌカヅケ)を塗し焼いた贅沢な夫婦焼と酒を呼ぶ酒肴を楽しみ能登産の『猪肉(シシニク)』のシンタマと特上ロースと芹(セリ)と牛蒡(コボウ)を胡麻風味(ゴマフウミ)の味噌(ミソ)に花椒(カショウ)を効かせた『猪肉(シシニク)の小鍋立(コナベタテ)』の美味しさに思わず身体を仰け反らせ締めの食事は『かなざわ』さんのSpécialitéの『赤鯥(ノドグロ)』とたっぷりの『唐墨(カラスミ)』の混ぜ込みご飯に『毛蟹(ケガニ)』の蟹汁(カニジル)と香の物という贅沢な食事が振舞われピスタチオのジェラートと餅皮どら焼と棒茶(ボウチャ)にて渡邉料理長のお任せのスペシャルコースはひと通りです。全席満席でてんてこ舞いの中、最高の笑顔と金沢、福井、富山の北陸三県の市場から直接買付されている旬の山海の幸を使い作られる素晴らしい料理の数々を北陸地方の地酒とともに五感で堪能させていただきました。都内で日曜日に美味しい和食を食べたいと思ってもなかなか希望に叶う店がありませんが麻布十番まで足を延ばすと『かなざわ』さんがあります。日曜日営業も自分にとっては魅力のひとつです。

  • かなざわ - Spécialitéノドグロ&カラスミごはん

    Spécialitéノドグロ&カラスミごはん

  • かなざわ - 毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

    毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

  • かなざわ - 猪肉の小鍋立

    猪肉の小鍋立

  • かなざわ - 能登産の猪肉 シンタマと特上ロース

    能登産の猪肉 シンタマと特上ロース

  • かなざわ - 鼈 玉締め

    鼈 玉締め

  • かなざわ - 煮鮑、子持ち昆布の先付

    煮鮑、子持ち昆布の先付

  • かなざわ - 寒鮃と寒鰤トロの造り

    寒鮃と寒鰤トロの造り

  • かなざわ - 能登産の牡蠣

    能登産の牡蠣

  • かなざわ - 九条葱を炊いたん

    九条葱を炊いたん

  • かなざわ - 中からノドグロ

    中からノドグロ

  • かなざわ - 白海老とノドグロ)のにぎり

    白海老とノドグロ)のにぎり

  • かなざわ - 赤海鼠酢

    赤海鼠酢

  • かなざわ - 河豚の白子の夫婦焼

    河豚の白子の夫婦焼

  • かなざわ - 自家製の海鼠腸

    自家製の海鼠腸

  • かなざわ - 幻の魚げんげと寒鰤の西京焼

    幻の魚げんげと寒鰤の西京焼

  • かなざわ - ノドグロ&カラスミごはん

    ノドグロ&カラスミごはん

  • かなざわ - 毛蟹の味噌汁

    毛蟹の味噌汁

  • かなざわ - 煮鮑、子持ち昆布の先付

    煮鮑、子持ち昆布の先付

  • かなざわ - 鼈 玉締め

    鼈 玉締め

  • かなざわ - 能登産の牡蠣

    能登産の牡蠣

  • かなざわ - 白海老とノドグロのにぎり

    白海老とノドグロのにぎり

  • かなざわ - 寒鮃と寒鰤トロの造り

    寒鮃と寒鰤トロの造り

  • かなざわ - かに酢

    かに酢

  • かなざわ - 毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

    毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

  • かなざわ - 九条葱を炊いたん

    九条葱を炊いたん

  • かなざわ - 中からノドグロ

    中からノドグロ

  • かなざわ - 旬肴盛込み

    旬肴盛込み

  • かなざわ - 椀物

    椀物

  • かなざわ - ノドグロ&カラスミごはん

    ノドグロ&カラスミごはん

  • かなざわ - 香の物

    香の物

  • かなざわ - 毛蟹の味噌汁

    毛蟹の味噌汁

  • かなざわ - ピスタチオジェラートと餅皮どら焼

    ピスタチオジェラートと餅皮どら焼

  • かなざわ - 煮鮑、子持ち昆布の先付

    煮鮑、子持ち昆布の先付

  • かなざわ - 鼈 玉締め

    鼈 玉締め

  • かなざわ - 毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

    毛蟹ミルフィーユ仕立の甲羅詰

  • かなざわ - 猪肉の小鍋立

    猪肉の小鍋立

  • かなざわ - 能登産の牡蠣

    能登産の牡蠣

  • かなざわ - 珠洲の塩と酢橘でいただきます

    珠洲の塩と酢橘でいただきます

  • かなざわ - 白海老とノドグロのにぎり

    白海老とノドグロのにぎり

  • かなざわ - ノドグロのにぎり

    ノドグロのにぎり

  • かなざわ - 寒鮃と寒鰤トロの造り

    寒鮃と寒鰤トロの造り

  • かなざわ - 九条葱を炊いたん

    九条葱を炊いたん

  • かなざわ - 九条葱を炊いたん

    九条葱を炊いたん

  • かなざわ - 中からノドグロ

    中からノドグロ

  • かなざわ - 旬肴盛込み

    旬肴盛込み

  • かなざわ - 猪肉の小鍋立

    猪肉の小鍋立

  • かなざわ - 椀物

    椀物

  • かなざわ - 香の物

    香の物

  • かなざわ - ノドグロ&カラスミごはん

    ノドグロ&カラスミごはん

  • かなざわ - 毛蟹の味噌汁

    毛蟹の味噌汁

  • かなざわ - ピスタチオジェラートと餅皮どら焼

    ピスタチオジェラートと餅皮どら焼

  • かなざわ - 出雲富士 天の叢雲 純米大吟醸酒

    出雲富士 天の叢雲 純米大吟醸酒

  • かなざわ - 出雲富士 天の叢雲 純米大吟醸酒

    出雲富士 天の叢雲 純米大吟醸酒

  • かなざわ - 常きげん風神 純米吟醸

    常きげん風神 純米吟醸

  • かなざわ - ほまれ麒麟 元日初しぼり 純米吟醸無濾過生原酒

    ほまれ麒麟 元日初しぼり 純米吟醸無濾過生原酒

  • かなざわ - 菊姫 加州菊酒 純米酒

    菊姫 加州菊酒 純米酒

  • かなざわ - オトナの隠れ家は地階に

    オトナの隠れ家は地階に

  • かなざわ - 麻布十番 かなざわ

    麻布十番 かなざわ

1回目

2017/09訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥15,000~¥19,999
    / 1人

ノドグロと北陸の日本酒を愉しめる店…『かなざわ』

麻布十番のビルの地階に店を構えられ『ノドグロ』と『日本酒』を看板に掲げられた料理店『かなざわ』さんへ。店名からもお判り戴けると思いますが能登出身の郷土愛に満ち溢れたオーナーが北陸新幹線開通を期に開業された日本料理店でガチガチの『加賀料理』を供されるのではなく北陸産の魚貝類に金沢の在来種の加賀野菜等をふんだんに使い石川県を中心とした北陸の日本酒を楽しませてくれる店というコンセプトの料理店。全五席のL字型のカウンター席の向こう側で腕を揮われるのは『なだ万』さんや都内の料理店で料理長を務められた経験を持たれる『渡邉 恵』氏であり三時間半超の口福な時間を楽しませていただきました。個々の料理の説明は此処では割愛させていただきますが総ての料理には惜しみない時間を費やし美味しく食べさせる為の丁寧な仕込みと下拵えが施されていました。供された厳選素材は解禁日前ですので『加能がに』に準じたズワイ蟹、『すっぽん』、『加賀麩』、『金箔』、『白海老』、『ノドグロ』、『赤西貝』、『梅貝』、『氷見 鰤』の幼魚のワラサ、『梭子魚』、『子持ち鮎』、『松茸』、『あわび』、『鴨肉』に『能登プレミアム牛』、『金時草』、『能登もずく』等を使った料理に合わせ『奥能登の白菊』に『菊姫』の加州菊酒の開栓口開けの日本酒に『宗玄』、『菊姫』のひやおろし等の酒をいただきました。締めの食事には能登産の『ノドグロ』と自家製の『カラスミ』を惜しげも無く使ったspécialitéの『ノドグロからすみごはん』。仕上げにカラスミの追い掛けに鮎の中骨を焼き出汁を摂った糀味噌の椀に梅干し。自称ノドグラーが何度も身体を仰け反らせた絶品、悶絶級の『ノドグロからすみごはん』は必食の一品です。渡邉料理長とホール担当の心優しき中居さんとの会話のキャッチボールもとても楽しい夜を満喫させて戴き感謝です。麻布十番のオトナの隠れ家『かなざわ』さん。美味しい料理と楽しい時間に感謝。

  • かなざわ - のどぐろカラスミごはん

    のどぐろカラスミごはん

  • かなざわ - 能登プレミアム牛のランプの炙り

    能登プレミアム牛のランプの炙り

  • かなざわ - 松茸

    松茸

  • かなざわ - あわび

    あわび

  • かなざわ - 子持ち鮎と新銀杏

    子持ち鮎と新銀杏

  • かなざわ - のどぐろのにぎり

    のどぐろのにぎり

  • かなざわ - 〇(すっぽん)玉〆

    〇(すっぽん)玉〆

  • かなざわ - 加賀野菜人参ソース掛け ゴリ甘露煮 能登岩モズク酢 クリームチーズ酒粕漬け

    加賀野菜人参ソース掛け ゴリ甘露煮 能登岩モズク酢 クリームチーズ酒粕漬け

  • かなざわ - 焼き茄子胡麻ソース掛け ズワイガニ 花穂 山葵

    焼き茄子胡麻ソース掛け ズワイガニ 花穂 山葵

  • かなざわ - ピスタチオのジェラート

    ピスタチオのジェラート

  • かなざわ - グラス越しに真剣な眼差しの渡邉料理長

    グラス越しに真剣な眼差しの渡邉料理長

  • かなざわ - 焼き茄子胡麻ソース掛け ズワイガニ 花穂 山葵

    焼き茄子胡麻ソース掛け ズワイガニ 花穂 山葵

  • かなざわ - 蓋物

    蓋物

  • かなざわ - 〇(すっぽん)玉〆

    〇(すっぽん)玉〆

  • かなざわ - 加州菊酒

    加州菊酒

  • かなざわ - 白海老とのどぐろのにぎり

    白海老とのどぐろのにぎり

  • かなざわ - 向付

    向付

  • かなざわ - 奥能登の白菊

    奥能登の白菊

  • かなざわ - 子持ち鮎と新銀杏

    子持ち鮎と新銀杏

  • かなざわ - 加賀野菜人参ソース掛け ゴリ甘露煮 能登岩モズク酢 クリームチーズ酒粕漬け

    加賀野菜人参ソース掛け ゴリ甘露煮 能登岩モズク酢 クリームチーズ酒粕漬け

  • かなざわ - 菊姫ひやおろし

    菊姫ひやおろし

  • かなざわ - あわびと松茸の小鍋立

    あわびと松茸の小鍋立

  • かなざわ - 能登プレミアム牛のランプの炙り

    能登プレミアム牛のランプの炙り

  • かなざわ - のどぐろカラスミごはん

    のどぐろカラスミごはん

  • かなざわ - 梅干し

    梅干し

  • かなざわ - 味噌椀

    味噌椀

  • かなざわ - のどぐろカラスミごはん

    のどぐろカラスミごはん

  • かなざわ - 味噌椀

    味噌椀

  • かなざわ - 柚子のスライス

    柚子のスライス

  • かなざわ - 柚子入りの和らぎ水

    柚子入りの和らぎ水

  • かなざわ - ピスタチオのジェラート

    ピスタチオのジェラート

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

©Loro(5114)さんの他のお店の口コミ

©Loroさんの口コミ一覧(2716件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 かなざわ
ジャンル 割烹・小料理、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理
予約・
お問い合わせ

050-5571-4129

予約可否

予約可

営業の時間帯は、お電話に出られない場合がありますので、ご了承下さいませ。
当日又は前日でネット予約をお受け出来ないコースもございます。
その場合はお電話にてお問い合わせ下さい。

住所

東京都港区麻布十番1-7-7 はせべやビル B1F

交通手段

都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より信号を渡って徒歩1分
東京メトロ南北線 麻布十番駅 5番B出口に出て右折徒歩3分

麻布十番駅から104m

営業時間・
定休日

営業時間

[火~日]
18:00~22:30(ドリンクL.O.22:00)
※コースの最終入店は20:00になります。

≪営業時間変更のお知らせ≫
東京都の時短要請に伴い、下記日程にて営業時間を変更させて頂きます。

[ 1月8日(金)〜2月7日(日) ]
営業時間:17:30〜20:00
最終入店時間:18:00
ドリンクラストオーダー:19:00

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日曜営業

定休日

月曜・不定休

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥15,000~¥19,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー可

(交通系電子マネー(Suicaなど)、WAON、iD、QUICPay)

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

18席

(カウンター4席、テーブル4名×2席、御座敷6名×1席)

個室

(4人可、6人可)

簾式の襖で仕切られた半個室の掘りごたつ式の座敷になります。 3名様以上6名様迄

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり、掘りごたつあり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、英語メニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

テイクアウト、デリバリー

ドレスコード

スマートカジュアル
お食事を楽しんでいただくために、香水などの強い香りはご遠慮ください。

公式アカウント
オープン日

2014年10月20日

電話番号

03-6455-4288

備考

*お支払いは現金・クレジットカード・電子マネー・モバイル決済(QRコード)がご利用可能です。
(電子マネー:交通系IC・iD・QUICPay・ApplePay)
(モバイル決済(QRコード):PayPay・LINE Pay・au PAY・d払い・Alipay・WeChat Pay)

*基本、コースでの営業となります。アラカルトの追加は忙しい時間帯はお断りする場合がございますのでご了承の程宜しくお願い致します。

初投稿者

kamurakamura(745)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

ネット予約

ページの先頭へ