手打ちパスタがピカイチの旨さで雰囲気も温かく、炭火焼も美味しい。 : プリンチピオ

プリンチピオ

(Principio)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

  • 料理・味 4.12
  • サービス 3.73
  • 雰囲気 3.61
  • CP 3.65
  • 酒・ドリンク 3.59
  • 行った 1022人
  • 行きたい 11290人

評価分布

この口コミは、TOMITさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

TOMIT

TOMIT(5361)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代前半・男性・東京都

1

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク3.8
  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999¥4,000~¥4,999
1回目

2015/07訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.8
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

手打ちパスタがピカイチの旨さで雰囲気も温かく、炭火焼も美味しい。

今日は、先輩の転職祝いで6人でプリンチピオ。半年ぶりの利用だった。
まずは、プロセッコ(5600円)のボトルで初めた、アミューズは、ゴールドラッシュのパンナコッタ(旨い)、続いてGAVI(7400円)のボトル。料理はマコガレイのカルパッチョ 桃 蕪の薄切り ガスパチョソース(さわやか)、Vernaccia(800円X6)、牡蠣のフリット(これも旨い)、パスタに移り、北海道 噴火湾の毛蟹 カルボナーラ(旨い)、Langhe Rosso(650円X6)、私の好物 マルタリアーティは、シャラン鴨のラグー 夏トリュフを添えて(絶品)、Vino Nobile(1650円X6)、メインは北十勝ファーム 短角牛60日熟成の炭焼きと中勢以 鹿児島県産 豚肩ロース 炭火焼き盛り合わせ(これまた旨い)、私はデザートで桃のマリネ アマレットのジェラート アーモンドミルクのスープ仕立て(旨い)。私は、アッサムのミルクティーで〆た。小菓子は、チョコレートのマカロン。いやあ、旨かった。

以下は2015年2月のレビュー
久しぶりに接待でプリンチピオで夕食。初めてコースでお願いした(と言ってもパスタを1品マルタリアーティに変えてもらったが)。アミューズでカスベのエスカベッシュとマッシュルームのスープ。前菜の1品目は、牡蠣 帆立貝 ホッキ貝のインサラータ ディ リゾ 柚子の香り(酸味の塩梅が良く美味しい)、真鱈白子のセモリナ粉フリット 蕪のスープ仕立て(白子のフリットって旨い。蕪のスープ仕立てとのバランスも良い)、シャラテッリ イイダコのアラビアータ(独特の食感のシャラテッリ。美味しい。アラカルトメニューを今書きながら見ていたら、トロフィエがあったのに気付き、トロフィエも食べたかった)、マルタリアーティ シャラン鴨とチボロッティ(キタッラをマルタリアーティに変えてもらったのだが、やはりマルタリアーティが旨い。粉の配合を変えたらしいが、この食感の良い事と言ったら)、蝦夷鹿 ロース 炭火焼(絶妙な火加減・塩加減で旨い)、ドルチェでクレームブリュレ ジャスミンのジェラート添え(グレープフルーツの入ったクレームブリュレ。ジャスミンのジェラートも美味しい)。皿ごとにワインを合わせてもらったので、美味しくて飲み過ぎてしまった。

以下は2014年8月のレビュー
新国立美術館でオルセー美術館展を観た後、久しぶりにプリンチピオで夕食。今日もアラカルトでお願いした。
まずはアミューズで、トウモロコシのパンナコッタ(これがとっても美味い)、娘がチーズの盛り合わせ(ブルーが2種類、白カビ、ウウォッシュ2種、ハードはパルメジャーノとペコリーノ。娘が一人でほとんど食べてしまった)、熊本県産 馬肉のタルタル たてがみのラルドを添えて(2000円 ラルドもチーズも旨い。もちろん赤身の馬肉のタルタルも美味しい)、カヴァテッリ 車海老と枝豆 自家製ドライトマトの香草風味(2250円 カバテッリの食感がとても良く、とても良い出来。車海老も美味しい)、ポルチーニのリゾット(2250円 イタリア米でちゃんと作ったリゾット。ラルドのアクセントも良いし、ポルチーニも美味しい)、名物ラグーのパッパルデッレ(1850円 こちらのパッパルデッレの包み込むような食感が好き)、中勢以の熟成肉 豚肩ロース 炭火焼き(3300円 ロゼ色でジューシーでとっても美味しい)、ドルチェは、娘がメロンのズッパ 塩パンナコッタ(800円 メロンのズッパの旨い事)、私がパッションフルーツのクレームブリュレ ホワイトチョコレートのジェラート添え(800円 パッションフルーツの酸味が程よく美味しい)。

グラスワインも美味しくやっぱりとってもいい店。 

以下は2013年10月のレビュー
FBで根岸シェフが白トリュフが入ったと言っていたので、白トリュフを食べにプリンチピオ。アラカルトで、パスタとリゾットに白トリュフをかけてもらった。

アミューズは、鳴門金時の小さなスープと穴子のエスカピーチェ。娘は、いつものようにチーズの盛り合わせ(1200円)をオーダーし、馬肉のタルタル ルーコラのサラダとトリュフ入りチーズテッラ(2200円 赤身の馬肉が塩加減は軽いのだがチーズ等とのバランスが実によく美味しい)、炭焼き秋刀魚とジャガイモのガレット 香草野菜仕立て(1800円 肝のムースが添えられていたのだが、これに合わせてくれたビオのGRECOの白が不思議に合う。肝に合うワインって初めての経験だった)、パルメジャーノのリゾット 白トリュフ(6000円 白トリュフで香り付けした米のリゾット。良く香る)、ホロホロ鳥と北あかりのアニョロッティ 白トリュフ(6000円 ラビオリの様なアニョロッティ 白トリュフの香りで包まれ美味しい)、中勢以の熟成肉 鹿児島豚 肩ロース炭火焼(3500円 しっとりジューシーな豚肉が旨い)、ラッテインピエーディ 豊水梨のスープ仕立て(800円 パンナコッタっすね)、ジェラートとソルベの盛り合わせ(800円 イチジクのソルベが凄い旨い)。

フラッと訪れる人もいたり(満席で断られていたが)、地元の人にも愛されているよう。良い店だ。

以下は2013年5月のレビュー
昼にちょっと時間が空いたので、久しぶりにプリンチピオまで行ってみた。ランチのメニューは、1500円のメニューがなくなって、2900円、4500円の2種類になっている。急に忙しくなって奥さんが体調を崩したので、4月からこの構成に変えたらしい。中勢以の熟成黒豚が食べてみたかったので、メインの入った4500円のコースにした。前菜6種類、パスタ3種類、メイン3種類、デザート3種類から選択で(2900円の場合はメインがなくなるだけで、選択肢は変わらない)、かなり迷う。私は、前菜はトリッパのトマト煮込み アラビアータ 春野菜のロースト添え、パスタはパッパルデッレ いろいろお肉と茸のラグー、メインは中勢以の熟成肉 鹿児島黒豚 炭火焼、デザートでイチゴのスープ仕立てとヨーグルトのソルベを選択した。

まずはアミューズ。ガスパチョ 蛍烏賊と空豆 グルゴンゾーラのムースの盛り合わせ。どれも旨い。ガスパチョ好きにはたまらない季節になった。続いて前菜のトリッパ。野菜がとっても美味しく、トリッパもトマトソースが柔らかく上品な仕上がりでとっても良い出来。次はパッパルデッレ。プリンチピオのマルタリアーティが好きなのだが、パッパルデッレもその食感も含め絶品だった。メインの中勢以の熟成肉 鹿児島黒豚も脂が落ち着きとっても上品な味わいでサルサヴェルデとの相性もバッチリ。デザートでイチゴのスープ仕立てとヨーグルトのソルベは、間違いなく美味しい。そしてアッサムのミルクティ。

1500円のメニューをなくしたことで、客足は落ち着いているが、この価格でこのクオリティはかなりリーズナブルに感じる。奥さんも元気になったようで、時間さえあれば是非また利用したいランチだ。

以下は2013年2月のレビュー
手打ちパスタの旨い、プリンチピオを初めて家族で夜に利用した。数日前に予約を入れて席は確保できたが、当日は満席でフリの客が満席と断られているほど。12月中は、ランチではあったが、ガラガラで貸切状態だったのに、わずか1ヶ月程度で満席になるのだから、ネットの伝達力というのは凄い。まあ、これだけのクオリティの料理なのに、ガラガラだったことの方が不思議だったのだが。

料理はアラカルトでお願いした。コペルトで500円かかるが、こちらの良心的なところは、ハーフポーションなら半額になっているし、パスタやメインなども取り分けて出してくれて、スプリット代を取ることもない事。我々のようにあまり量的に食べられない者にとっては、本当にありがたいと思う。

まずは、アミューズで黄蕪のスープが出てきた。優しい味わいで美味しい。オーダーしたのは、野菜のテリーヌ(1600円 妻と二人でスプリット。フルーツトマトのソースも美味しいし、野菜のテリーヌも美味しい)、娘は、チーズの盛り合わせ(1200円 我々はドライのイチジク程度しか食べさせてもらえなかったが、4種類の盛り合わせ。ゴルゴンゾーラもウォッシュも、パルメジャーノも、どれも旨かったらしい)、娘がバーニャカウダのハーフ(900円 ディップソースも野菜も美味しい)、パスタは、ガルガネッリを事前にお願いしていたのだが、娘の希望でソースはゴルゴンゾーラ(2000円 3人にスプリットして出してくれた。ガルガネッリの食感は、カリッシマの食感よりもペンネよりだが、これも美味しい)、鴨のラグーのピチ(2600円 これも3人でスプリット。ピチはジリオのピチよりもちょっと柔らかめな食感。鴨のラグーと言うが塩味で、ソースの馴染みもよく旨い)、メインは蝦夷鹿の炭火焼(3600円 こちらは二人でスプリットしてもらった上で、娘用に取り皿をもらった。結局、妻よりも娘の方が食べたが。綺麗な赤身の蝦夷鹿は、塩加減もバルサミコのソースもとっても旨く、手打ちパスタだけでなく、焼物を旨い。ガーニッシュのサツマイモが、ホックリ焼けていて、とっても甘く、上質な石焼芋の趣)、デザートでジャンドゥイアを詰めたチョコレートのトルタ(800円 フォンダンショコラのようなもの。これも美味しい)、グラスワインは、白も3種類から、赤も3種類から選べて1000円ちょっとの価格。リンゴの香りのする白も、ロッソ ディ モンタルチーノも大変美味しかった。

コペルトはチャージされるが、サービス料もチャージされないし、とっても良心的で手打ちパスタだけでなく、メインの炭火焼もとっても旨い。とってもいい店だ。予約困難な店にはならないで欲しい。

以下は2012年12月のレビュー
10日ほど前に初めて利用したプリンチピオにランチで再訪してみた。入店した際には、私だけだったが、しばらくしてもう一人入店したが、まだまだガラガラだ。

前回食べたマルタリアーティが今日は丹波の猪のラグーと言われてとっても心惹かれたが、今日はもう一種類の手打ちパスタ トンナレッリ 蛸とセロリのアラビアータを選択した。1500円のサラダ、パスタ、小さなデザート、カフェのセットだ。

サラダはやはりたっぷりで野菜も美味しい。トンナレッリが運ばれて来た。タリオリーニよりちょっと太めなトンナレッリだが、このパスタは何とも不思議にソースと一体感のあるパスタだった。刻まれた蛸とセロリに優しく上品なトマトソースなのだが、トンナレッリはコシがないわけではないのに、そのトマトソースを優しく包むような口当たりがフワッとした食感でまるで全体がソースの様に感じた。乾麺だったら、もっとパスタが自己主張して(それはそれで美味しいのだろうけど)いただろうが、こんな感覚も初めてだった。

小さなデザートは、みかんのコンポートとヨーグルトソルベ、ドリンクはダージリン。今日も旨かったが、ぜひ一度手打ちのショートパスタも食べてみたいと思った。

以下は2012年12月のレビュー
信頼できる筋から、十番でピカイチのパスタなのにガラガラな店があると言う情報をもらって、それは行ってみなきゃとプリンチピオまで遠征してみた。豆源のすぐそばのビルの2階にある店だ。店は7月にオープンしたらしいのだが、ランチは11月から期間限定(と言っても終了時期は未定らしい)で営業しているのだそうだ。

エレベーターで2階に上がるとちょうどオープンしたところのようで、他に客はいなかった。こげ茶色の床に白い壁で温かみのある雰囲気に、フロアの女性のサービスもとっても温かい。

ランチは1500円(サラダ、パスタ、小さなデザート、カフェ)、2500円(前菜、パスタ、デザート、カフェ)、3500円(前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、カフェ)の三種類で、私は1500円のランチにした。1500円のランチでもパスタは4種類から選べてしかも手打ちパスタが2種類ある。私は、手打ちパスタから+500円ではあったが、色々肉のラグーと下仁田葱のマルタリアーティを選んだ。マルタリアーティはどんなパスタかと聞いた際に、夜の手打ちパスタの見本を持ってきてくれて、その中に私の好きなイピーチもあった。いやあ、これは期待できそうだ。

まずは、たっぷりの野菜サラダ。小さなオムレツもサラダの下にあって、確かに野菜たっぷりで生ハムものっている。ドレッシングも美味しい。薄く切られたバゲットが一切れ運ばれて来てちゃんと温まっている。ちょっと待って色々肉のラグーと下仁田葱のマルタリアーティが運ばれて来た。ラグーのイメージから異なる塩味なのだが、菱形の熱々のマルタリアーティがラグーの旨みと下仁田葱の甘さと見事に調和し、とっても旨い。私はガルガネッリやストロッツアプレッティ、イピーチのようなショートパスタでモチモチ・クニョクニョした食感が楽しめる形状のものでこそ、手打ちパスタの良さが活かされ、平べったい形状の手打ちパスタには懐疑的だったのだが、見事に良い意味で裏切ってくれた。これは旨い。

小さなデザートはパンナコッタ、ドリンクはコーヒー、紅茶、ハーブティーから選べた。サービスも良いし、雰囲気も温かいし、とってもいい店なのになぜか貸切だった。なぜなんだろう。

ランチ営業は11月から始めたばかりだそうなので、知られていないのだろうか。11時半スタートではなく、12時スタートなので、微妙にサラリーマンは使い難いのが理由なのだろうか。ともかく、手打ちパスタ好きは訪れるべき穴場だ。

  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -
  • プリンチピオ -

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

TOMIT(5361)さんの他のお店の口コミ

TOMITさんの口コミ一覧(4046件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 プリンチピオ (Principio)
受賞・選出歴
2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル イタリアン、ステーキ、ワインバー
予約・
お問い合わせ

03-6809-4982

予約可否

予約可

当日のキャンセル、お人数のご変更につきましては恐れ入りますがキャンセル料を申し受けます。

住所

東京都港区麻布十番2-4-8 麻布十番舘 2F

交通手段

東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩4分
都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩2分

麻布十番駅から137m

営業時間

ディナータイム[火〜日]
17:30~21:00
バータイム[火〜土]
21:00〜1:00
*21:00以降でもディナーのコースをご希望の場合はお気軽にお電話ください。

日曜営業

定休日

月曜日(他月に一度不定休)

予算
[夜]¥8,000~¥9,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥6,000~¥7,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

コペルト¥500

席・設備

席数

12席

(テーブルのみ6卓12席)

個室

10名様から貸切となり、小さなお店ですので個室のようにお使いいただけます。 10名様未満でもご希望がございましたら貸切のご相談をお受けいたします。

貸切

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

おそれいりますがお子様は中学生以上からのご案内とさせていただきます。

ドレスコード

男性のお客様の短パン、サンダル履きはご遠慮下さい。
香水はなるべく控えめにしていただけますと幸いです。

ホームページ

http://www.principio.net

公式アカウント
オープン日

2012年7月17日

初投稿者

tak'ntak'n(156)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

お得なクーポン

全部で1枚のクーポンを全て見る

  • ※ クーポンごとに条件が異なりますので、必ず利用条件・提示条件をご確認ください。

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

食べログ特集

ページの先頭へ