華のあるつまみとにぎり/ます田 : 鮨 ます田

鮨 ます田

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

  • 料理・味 4.27
  • サービス 4.01
  • 雰囲気 4.19
  • CP 3.84
  • 酒・ドリンク 3.67
  • 行った 921人
  • 行きたい 8699人

評価分布

この口コミは、nionioさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

nionio

nionio(2492)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

1

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999¥20,000~¥29,999
1回目

2016/11訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

華のあるつまみとにぎり/ます田

青山骨董通りから少し入ったビルの地下1階にある寿司屋。

大将の増田励さんは、小倉の名店「天寿し」などでアルバイトの後、寿司職人を目指して上京。自ら食べ歩いた中で最も美味しいと思った「すきやばし次郎」の門を叩き、二郎さん、青空さんらの下で修業を重ね、2014年に自らの店である「ます田」をオープン。ミシュラン東京2017では2つ星を獲得しています(去年までは1つ星)。

僕はすきやばし次郎には行ったことがないので、比較はできないですが、双方を知る方曰く、使うネタや構成など違いはあるものの、にぎりの系統は次郎、水谷や青空と同じだということです。特に酢の酸味が効いたシャリは次郎譲りとのこと(ただし、増田さん曰くすきやばし次郎のシャリはもっともっと酸っぱいらしいです)。

にぎりの技術は、やはり次郎さんでもつけ場には立つことがなかったためか、良く言えば丁寧、悪く言うとややぎこちないところは正直あります。もちろん、斎藤さんのように常に決まった手数でビシッと決めらるのが理想なんでしょうが、恰好を気にするあまりに出来上がりが雑になるくらいなら、きちんと丁寧に握ってもらった方が僕的にはありがたいです。水谷さんなどもそんな感じだった気がします。

つまみに関しては、都内でもトップクラスの寿司屋だと思ってます。単に自分の嗜好に合ってるだけかもしれませんがお造り、蒸し物、焼きもの、珍味系がバランスよく出てきて、どれも高級割烹で出しても通用しそうなレベル。

接客に関しては、まだ30代半ばと若いだけあって、若さを感じる心地の良い接客が受けられると思います。お店の雰囲気も広々とはしてませんが、設え的にもこの場所に合ってる気がします。

営業はランチと17時、19時、21時となんと3回転制!従って、ランチ、もしくは最後の回じゃない時は必ず2時間で一通りを済ますことになります。昼夜とも内容は同じで、にぎりのみ18,000円、つまみ込み23,000円だったと記憶してます。にぎりは大体16貫くらいと多めに出てきます。

お値段はやや高めではありますが、ギリギリ許容できる範囲。ただ、ランチはさいとうあらいのランチにぎりを知ってる者としては、少し値段を下げてくれた方より通いやすいかなぁ。

この秋には店名は異なりますが、京都に新しくできたFour Seasonsに「和魂」という名でお店も出して、周囲がちょっと不安になるくらいの早さで勝負に出てる感があります。いずれにせよ、どんな寿司屋、寿司職人はたまた実業家になっていくのか将来がとても楽しみです。

【この店の好み】
★焼き物全般(つまみ)
★煮蛤
★穴子


【こんな人におススメ】
★酸味の効いたシャリが好き
★サクッと食べて帰りたい


【予算(昼夜同じ)】
★にぎりのみ:18,000円
★つまみ有り:23,000円(お酒飲んで25,000円~30,000円)


【訪問回数)
★5~10回
---------------

【過去レビュー】
約2カ月ぶりのます田さん。この日は海外から来る友だちとのランチで利用。夫婦での来日でしたが、2人とも”Amazing"を連発。とても気に入ってもらえたようです。増田さんとの会話も楽しく、京都のお店のこと、新たに店を出す友人のこと、ゴルフのことなど(笑)、あっという間の1時間半でした。

【この日のにぎりコース】
★アイナメ
★墨烏賊
★真子鰈
★赤貝
★鱚の昆布締め
★縞鰺
★赤身づけ
★中トロ
★大トロ
★こはだ
★車海老
★鰯
★鳥貝
★金目鯛
★鯵
★馬糞雲丹
★小柱
★鰹
★穴子
★鮑
★干瓢巻き
★玉子


----------

2ヶ月ぶりの訪問。この日はフォロワー様とのオフ会利用。19時からの2回転目です。この日は生憎3回転目の予約も入っていて、2時間1本勝負となってしまいましたが、つまみ7品、にぎり17貫、巻物2つ+玉子という構成でお腹いっぱい。

前回昼に来たときは酢の酸味がやや強く感じましたが、今回はそんなことはなく、とてもマイルドな仕上がり。大将に聞くと「何も変わってませんよ」とのことなので、お酒を飲む飲まないで味覚って違ってくるんだな、ということを痛感。

あと、新たに感心したのは、私は左利きなのでお鮨も左手で持って食べる(でも、箸は右手で持ちます)のですが、ここの大将は左利きだと分かると左手で食べやすいようににぎりを置いてくれます(つまみは右手で箸を持って食べるので、1貫目は”右手用”に置いてくれて、2貫目以降左利きと分かると左手で取りやすいように置いてくれてます。前回からそうなってますね)。改めて他の鮨屋の写真見ましたが、そんなふうに置いてくれるのはここだけです。こういう細かい気遣いできるのも素晴らしいですね。

同席いただいたフォロワーさまもお気に召していただいたようで楽しいディナーになりました。

この日のおまかせ

【つまみ】
★鳥貝のしゃぶしゃぶ
★蛍烏賊の味噌漬け
★みる貝の醤油付け焼き
★青海鼠の酢の物
★メヒカリの一夜干し
★白甘鯛(白川)の酒蒸し
★太刀魚の塩焼き

【にぎり】
★平目
★墨烏賊
★さより
★鰺
★赤身づけ
★中とろ
★大とろ
★こはだ
★車海老
★赤貝
★赤貝の紐
★金目鯛
★煮蛤
★紫雲丹
★馬糞雲丹
★小柱
★穴子

【巻物】
★ねぎとろ巻き
★おぼろ干瓢巻き

★玉子

【お酒】
★瓶ビール(小瓶)
★日高見(1合)
★紗利(1合)


お勘定:28,000円
-------

青山の「ます田」さんにお昼のにぎり食べに伺いました。時間もやや限られていたのと、午後からの仕事のためお酒も飲めないのでにぎりのみ(夜と同じ18,000円です)をいただきました。この年末年始にテレビで取り上げられたらしく、私以外のお客さんはその番組をご覧になって来られたようでした。どんな番組だったんだろ…。

最近は、赤酢とやや塩分の強いシャリに舌が慣れてしまったのか、こちらのやや酢の立ったシャリは妙に新鮮に感じてしまいました。ただ、大将曰く「次郎のしゃりはもっと酸っぱいですよ」とのこと。

お昼伺って思いましたがここは、お昼に慌ただしく鮨を食べるのではなく、夜に伺ってお酒を飲みながら美味いつまみをいただいた後に握ってもらうのが良さそうです。ということで、次回はまた夜に参ります。

この日のにぎりのおまかせ(おこのみで何貫か追加してます)。

★ひらめ
★えんがわ
★さより
★鰤
★赤貝
★赤身づけ
★中とろ
★大とろ
★こはだ
★車海老
★煮蛤
★雲丹
★金目鯛
★いくら
★鱚
★〆鯖
★穴子
★おぼろ+干瓢巻き
★玉子

-----

南青山の路地裏にある寿司屋。ビルの地下1階にお店はあります。

こちらの若き大将増田励氏は九州小倉の出身。和食店などを経て、すきやばし次郎で修業を積んだ後、昨年この場所にご自分のお店を出しました。水谷の水谷八郎氏、青空の高橋青空氏らはこちらの兄弟子さんということですね。

この日は、こちらの開店来の常連である上司とともにお邪魔させていただきました。席は17時、19時、21時の3回転ということですが、2回転目の19時の回に伺わせていただきました。

店内は、カウンター6席と個室1室の小さな造り。しかもエレベータ降りてほぼ目の前がカウンターという、ちょっと不思議な空間です。

こちらでは基本はおまかせで、おまかせをだいたい一通り頂いた後に追加したいものがあれば、つまみもにぎりもオーダーできます。お値段は、にぎりのみのおまかせが18,000円、つまみ+にぎりで今は23,000円ということです。さすがに良いお値段ですが、つまみ、にぎりのネタのレベルを考えるとそこまで割高に感じることはありません。

この日のおつまみは全部で8品ほど。さすがに和食料理屋でも修業していたこともあり、ここは本当に寿司屋か?と思えるレベルのつまみがいただけます。写真なくてすみませんが、以下のような内容でした(出た順序は少し違うかも)。

★新秋刀魚のたたき
★蒸し鮑
★蒸し鮑の肝
★鱚のキャビア乗せ
★メヒカリの塩焼き
★太刀魚の塩焼き
★アイナメのお造り
★サゴシのお造り


中でも焼きものの美味さは他の寿司屋ではなかなか味わうことのできないレベルで、本格的な懐石料理かと思わせるものでした。いや、ホント凄いです。にぎりの方もおまかせだと14貫ほどですが、この日はいくつか追加もお願いして巻き物含めて全部で17貫をいただきました。

★ヒラメ昆布締め
★新烏賊
★いなだ
★鰯
★石垣貝
★大とろ
★こはだ(ほぼシンコ)
★車海老
★鰺
★金目鯛
★雲丹
★新いくら(この日が今年の最初)
★穴子
★鮑(おこのみ追加)
★鉄火巻き(おこのみ追加)
★おぼろ+干瓢巻き(追加)
★玉子


シャリは、今若手職人さんを中心に一種のブームにもなってる赤酢を使った塩分強めのシャリではなく、やや甘みがあって、米酢の酸味をほどよく効かせたもの、あくまで主役のネタを存分に引き立てるシャリです。炊き方も最近の寿司屋からするとやや柔らかめかもしれません。この辺は好みが分かれるところかもしれません。温度はちょうど人肌くらいで、冷たすぎず温かすぎずです。にぎりの技術もさすがの"次郎仕込み"でした。

ネタも一つ一つの鮮度や質もさることながら、新イカやシンコなど仕込みに手間のかかるもの、なかなか市場にも出回らないようなものまで淡々と出してくれました。ネタの温度管理にも当然気を配られていて、ほど良い冷たさでした。

最近伺った寿司屋の中ではトータルバランスが最高でした。近いうちにまた行きたいです。

  • 鮨 ます田 - 2016/11_穴子白焼き

    2016/11_穴子白焼き

  • 鮨 ます田 - 2016/11_太刀魚塩焼き

    2016/11_太刀魚塩焼き

  • 鮨 ます田 - 2016/11_唐墨餅

    2016/11_唐墨餅

  • 鮨 ます田 - 2016/11_メヒカリ一夜干し

    2016/11_メヒカリ一夜干し

  • 鮨 ます田 - 2016/11_赤身

    2016/11_赤身

  • 鮨 ます田 - 2016/11_サヨリ

    2016/11_サヨリ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_ひらめ

    2016/11_ひらめ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_しまあじ

    2016/11_しまあじ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_赤貝

    2016/11_赤貝

  • 鮨 ます田 - 2016/11_墨烏賊

    2016/11_墨烏賊

  • 鮨 ます田 - 2016/11_中トロ

    2016/11_中トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_大トロ

    2016/11_大トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_こはだ

    2016/11_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_車海老

    2016/11_車海老

  • 鮨 ます田 - 2016/11_煮蛤

    2016/11_煮蛤

  • 鮨 ます田 - 2016/11_鯖

    2016/11_鯖

  • 鮨 ます田 - 2016/11_バフン雲丹

    2016/11_バフン雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/11_ムラサキ雲丹

    2016/11_ムラサキ雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/11_いくら

    2016/11_いくら

  • 鮨 ます田 - 2016/11_赤貝のひも

    2016/11_赤貝のひも

  • 鮨 ます田 - 2016/11_えんがわ

    2016/11_えんがわ

  • 鮨 ます田 - 2016/11_穴子

    2016/11_穴子

  • 鮨 ます田 - 2016/11_おぼろ干瓢巻き

    2016/11_おぼろ干瓢巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/11_玉子

    2016/11_玉子

  • 鮨 ます田 - 2016/9_蒸し鮑

    2016/9_蒸し鮑

  • 鮨 ます田 - 2016/9_鮪赤身

    2016/9_鮪赤身

  • 鮨 ます田 - 2016/9_墨烏賊

    2016/9_墨烏賊

  • 鮨 ます田 - 2016/9_サヨリ

    2016/9_サヨリ

  • 鮨 ます田 - 2016/9_石垣貝

    2016/9_石垣貝

  • 鮨 ます田 - 2016/9_平目

    2016/9_平目

  • 鮨 ます田 - 2016/9_トロ

    2016/9_トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/9_トロ

    2016/9_トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/9_こはだ

    2016/9_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2016/9_車海老

    2016/9_車海老

  • 鮨 ます田 - 2016/9_鰯

    2016/9_鰯

  • 鮨 ます田 - 2016/9_真鯛

    2016/9_真鯛

  • 鮨 ます田 - 2016/9_金目鯛

    2016/9_金目鯛

  • 鮨 ます田 - 2016/9_馬糞雲丹

    2016/9_馬糞雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/9_小柱

    2016/9_小柱

  • 鮨 ます田 - 2016/9_いくら

    2016/9_いくら

  • 鮨 ます田 - 2016/9_鰹

    2016/9_鰹

  • 鮨 ます田 - 2016/9_穴子

    2016/9_穴子

  • 鮨 ます田 - 2016/9_蒸し鮑

    2016/9_蒸し鮑

  • 鮨 ます田 - 2016/9_おぼろ干瓢巻き

    2016/9_おぼろ干瓢巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/9_にぎり

    2016/9_にぎり

  • 鮨 ます田 - 2016/5_アイナメ

    2016/5_アイナメ

  • 鮨 ます田 - 2016/5_墨烏賊

    2016/5_墨烏賊

  • 鮨 ます田 - 2016/5_真子鰈

    2016/5_真子鰈

  • 鮨 ます田 - 2016/5_赤貝

    2016/5_赤貝

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鱚の昆布締め

    2016/5_鱚の昆布締め

  • 鮨 ます田 - 2016/5_縞鰺

    2016/5_縞鰺

  • 鮨 ます田 - 2016/5_赤身づけ

    2016/5_赤身づけ

  • 鮨 ます田 - 2016/5_中トロ

    2016/5_中トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/5_大トロ

    2016/5_大トロ

  • 鮨 ます田 - 2016/5_こはだ

    2016/5_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2016/5_車海老

    2016/5_車海老

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鰯

    2016/5_鰯

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鳥貝(裏返し)

    2016/5_鳥貝(裏返し)

  • 鮨 ます田 - 2016/5_金目鯛

    2016/5_金目鯛

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鰺

    2016/5_鰺

  • 鮨 ます田 - 2016/5_馬糞雲丹

    2016/5_馬糞雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/5_小柱

    2016/5_小柱

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鰹

    2016/5_鰹

  • 鮨 ます田 - 2016/5_穴子

    2016/5_穴子

  • 鮨 ます田 - 2016/5_鮑

    2016/5_鮑

  • 鮨 ます田 - 2016/5_干瓢巻き

    2016/5_干瓢巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/5_玉子

    2016/5_玉子

  • 鮨 ます田 - 2016/2_平目

    2016/2_平目

  • 鮨 ます田 - 2016/2_墨烏賊

    2016/2_墨烏賊

  • 鮨 ます田 - 2016/2_さより

    2016/2_さより

  • 鮨 ます田 - 2016/2_鰺

    2016/2_鰺

  • 鮨 ます田 - 2016/2_赤身づけ

    2016/2_赤身づけ

  • 鮨 ます田 - 2016/2_中とろ

    2016/2_中とろ

  • 鮨 ます田 - 2016/2_大とろ

    2016/2_大とろ

  • 鮨 ます田 - 2016/2_こはだ

    2016/2_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2016/2_車海老

    2016/2_車海老

  • 鮨 ます田 - 2016/2_赤貝

    2016/2_赤貝

  • 鮨 ます田 - 2016/2_赤貝の紐

    2016/2_赤貝の紐

  • 鮨 ます田 - 2016/2_金目鯛

    2016/2_金目鯛

  • 鮨 ます田 - 2016/2_煮蛤

    2016/2_煮蛤

  • 鮨 ます田 - 2016/2_むらさき雲丹

    2016/2_むらさき雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/2_バフン雲丹

    2016/2_バフン雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/2_小柱

    2016/2_小柱

  • 鮨 ます田 - 2016/2_穴子

    2016/2_穴子

  • 鮨 ます田 - 2016/2_ネギトロ巻き

    2016/2_ネギトロ巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/2_おぼろ干瓢巻き

    2016/2_おぼろ干瓢巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/2_玉子

    2016/2_玉子

  • 鮨 ます田 - 2016/2_鳥貝

    2016/2_鳥貝

  • 鮨 ます田 - 2016/2_ホタルイカの味噌づけ

    2016/2_ホタルイカの味噌づけ

  • 鮨 ます田 - 2016/2_みる貝の醤油つけ焼き

    2016/2_みる貝の醤油つけ焼き

  • 鮨 ます田 - 2016/2_青海鼠

    2016/2_青海鼠

  • 鮨 ます田 - 2016/2_メヒカリの一夜干し

    2016/2_メヒカリの一夜干し

  • 鮨 ます田 - 2016/2_白甘鯛(白川)の酒蒸し。

    2016/2_白甘鯛(白川)の酒蒸し。

  • 鮨 ます田 - 2016/2_かなり巨大なま

    2016/2_かなり巨大なま

  • 鮨 ます田 - 2016/2_太刀魚の潮焼き。

    2016/2_太刀魚の潮焼き。

  • 鮨 ます田 - 2016/2_

    2016/2_

  • 鮨 ます田 - 2016/1_ひらめ

    2016/1_ひらめ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_えんがわ

    2016/1_えんがわ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_さより

    2016/1_さより

  • 鮨 ます田 - 2016/1_鰤

    2016/1_鰤

  • 鮨 ます田 - 2016/1_赤貝

    2016/1_赤貝

  • 鮨 ます田 - 2016/1_赤身づけ

    2016/1_赤身づけ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_中とろ

    2016/1_中とろ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_大とろ

    2016/1_大とろ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_こはだ

    2016/1_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2016/1_車海老

    2016/1_車海老

  • 鮨 ます田 - 2016/1_煮蛤

    2016/1_煮蛤

  • 鮨 ます田 - 2016/1_ムラサキ雲丹

    2016/1_ムラサキ雲丹

  • 鮨 ます田 - 2016/1_金目鯛

    2016/1_金目鯛

  • 鮨 ます田 - 2016/1_いくら

    2016/1_いくら

  • 鮨 ます田 - 2016/1_鱚

    2016/1_鱚

  • 鮨 ます田 - 2016/1_〆鯖

    2016/1_〆鯖

  • 鮨 ます田 - 2016/1_穴子

    2016/1_穴子

  • 鮨 ます田 - 2016/1_おぼろと干瓢巻き

    2016/1_おぼろと干瓢巻き

  • 鮨 ます田 - 2016/1_玉子

    2016/1_玉子

  • 鮨 ます田 - 2015/8_ひらめの昆布締め

    2015/8_ひらめの昆布締め

  • 鮨 ます田 - 2015/8_新烏賊(墨烏賊)

    2015/8_新烏賊(墨烏賊)

  • 鮨 ます田 - 2015/8_いなだ

    2015/8_いなだ

  • 鮨 ます田 - 2015/8_鰯

    2015/8_鰯

  • 鮨 ます田 - 2015/8_石垣貝

    2015/8_石垣貝

  • 鮨 ます田 - 2015/8_大とろ

    2015/8_大とろ

  • 鮨 ます田 - 2015/8_こはだ

    2015/8_こはだ

  • 鮨 ます田 - 2015/8_車海老

    2015/8_車海老

  • 鮨 ます田 - 2015/8_鰺

    2015/8_鰺

  • 鮨 ます田 - 2015/8_金目鯛

    2015/8_金目鯛

  • 鮨 ます田 - 2015/8_雲丹

    2015/8_雲丹

  • 鮨 ます田 - 2015/8_新イクラ

    2015/8_新イクラ

  • 鮨 ます田 - 2015/8_穴子

    2015/8_穴子

  • 鮨 ます田 - 2015/8_鮑

    2015/8_鮑

  • 鮨 ます田 - 2015/8_とろ鉄火

    2015/8_とろ鉄火

  • 鮨 ます田 - 2015/8_おぼろと干瓢の巻物

    2015/8_おぼろと干瓢の巻物

  • 鮨 ます田 - 2015/8_玉子

    2015/8_玉子

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

nionio(2492)さんの他のお店の口コミ

nionioさんの口コミ一覧(757件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 鮨 ます田
受賞・選出歴
2018年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2018 Bronze 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル 寿司
予約・
お問い合わせ

03-6418-1334

予約可否

予約可

住所

東京都港区南青山5-8-11 BC南青山PROPERTY B1F

交通手段

表参道駅から徒歩2分。B1出口の階段を上がってそのまま青山通りを真っ直ぐ10mほどで骨董通りへ入ります。道の左側を直進して一つ目の角を左に曲がってすぐのビルです。地下1階ですが屋外階段ではなくエレベーターで降りるように案内があります。

表参道駅から291m

営業時間

昼 12:00~13:00最終入店
夜 17:30~22:30

定休日

日曜日・祝日

予算
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥20,000~¥29,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥20,000~¥29,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、AMEX、JCB、Diners)

電子マネー不可

席・設備

席数

12席

(カウンター6席 個室6席)

個室

(6人可)

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり

携帯電話

docomo

メニュー

コース

10000円以上のコース

ドリンク

日本酒あり、ワインあり

料理

魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

個室可 カウンターは要相談

ホームページ

http://sushimasuda.jp/

オープン日

2014年1月30日

初投稿者

アグネスきょんアグネスきょん(257)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ