台風19号の影響にともない、サイトに掲載の営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございますので、事前にご確認ください。

北インド料理の最高峰に舌鼓 : シターラ 青山店

シターラ 青山店

(SITAARA)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

関連店舗

カレー百名店TOKYO2019選出店

食べログ カレー 百名店 TOKYO 2019 選出店

予算:

夜の予算 ¥6,000~¥7,999

昼の予算 ¥1,000~¥1,999

定休日:
原則月末の日曜日(当店が入っている小原流会館のメンテナンス日、念のためお問い合わせを!)

この口コミは、こもねこさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

こもねこ

こもねこ(448)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・東京都

2

  • 夜の点数:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.3
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999¥1,000~¥1,999
2回目

2018/11訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

北インド料理の最高峰に舌鼓

久しぶりのランチ訪問。
週末、遅めの訪問だったが13時半頃で15分待ち。相変わらず人気がありますな。

〇ダブルカレーセット 1400円
スパイシーチキンカレー
豆カレー
パコラとサラダつき
食後にホットチャイ
バスマティライス

品のある味付で、さすがシターラ、美味しいじゃんと思いました。提供されるまでにやや時間が掛かりましたが、まぁこの混み具合なら仕方がないです。以前来た時と雰囲気は変わっていませんが、スタッフがだいぶかわっているようです。以前同様、そつのないサービスでした。近年、青山に来る機会が減ってしまいましたが、やっぱり美味しいな、また来たいなと思えるお店であり、味でした。

☆ごちそうさまでした☆

  • シターラ -
  • シターラ -
1回目

2015/07訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.3
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999
  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

念願の、北インド料理の最高峰に舌鼓

★2015年・7/11
夜、シターラで初ディナー。
この店はディナーという言葉がよく似合う、ほんとに品のいいインド宮廷料理のレストランだと思う。今回は今だけ食べられるシーズナブル料理をずらっといただく。

〇カチュンバルサラダ
夏らしく、スパイシーで爽やかな味のサラダ。ひよこ豆と野菜、マンゴーがダイスカットされているので、スプーンでいただくのがベター。サラダ用にアレンジしたスパイスがベース。香りもよくて食欲をそそる。

〇ベジタブル・ガラウティ
里芋とバナナがベース、まるでフレンチに繊細で優しい。以前食べた、シャミ・カバブの野菜版。やっぱりワインに合う料理(私は水だけど)だと思う。

〇カツオのスパイシータンドール焼き
秘伝のスパイスで味付けしたタンドリー料理。あぁ、これはいつ食べてもうまい。インドでは食材の中までしっかりと火を通すのがマストだけど、これは絶妙なレア加減が素敵。夏だけのお愉しみメニュー。

〇ボッティ・カバブ
野趣溢れるしっかりしたラム肉、口に運ぶとほんのりとラムの優しい香り。ワイルドだけど食べやすい一品。野菜のピクルスでつくられたテリーヌの上にはディルが爽やかにあしらわれている。ヨーグルトとパニールのソースをつけて食べるとうまい。

〇ムルギチャンプ
コリアンダーとミントが爽やかなタンドリーチキン。ニンニクも効いていて、マジうまい。外はカリっ、中はふっくら、じゅわぁ~んとジューシー。シーズナブルメニューから定番へ昇格したのも頷ける。ハーブ好きな人にはぜひ食べて欲しいな。

〇白はまぐりとそら豆のカレー(ナンと一緒に)
カレーじゃないようなカレー。そらまめの香り強し。マスタードシードが時々ピリリとします。上には白ハマグリ!スパイシーなハマグリを食べたのははじめて。奇を衒った組み合わせ、なんだかおめでたい~!

〇初夏の鹿肉カレー(ナンと一緒に)
たくましいく、体脂肪の低そうな鹿肉。噛みごたえあるが柔らかく、肉を喰らった!という感じ。カレーはほとんど辛くない。

〇アミガサダケのカレー(バスマティライスと一緒に)
ナンで口を閉じたあつあつの土鍋で提供される。ふたを開けた瞬間の香りが素敵!そして一口食べた時の香りがすごい!チーズ入りのアミガサダケがうまい!クリーミーでスパイシーでうまし。これは、必ず食べて欲しい1品。

〇鱧のスープカレー、ケララ風(バスマティライスと一緒に)
昨年夏に食べてハマった一品。ハモのやさしさ、エビカレーの風味、スパイシーで繊細。南インドをいただきました。

〇スイーツ
>ケサリ・フィルニ
カルダモンとサフランがどぅわ~っと香る、ごうかなライスプリン。裏ごしをしっかりとされているんでしょうね。ざらつき感がないの。あくまでエレガントに。それがシターラ流なんだな。

>ガジャール・ハルワ
すりおろしたニンジンを牛乳で煮詰めたスイーツ。身体に良さそうな、離乳食にも良さそうな。甘さが強いので、そのほかのスイーツも食べる場合は、最後に食べることをお勧めします。


美味しかった!
今度は真冬に行ってみたいなー。
☆ごちそうさまでした☆


★2014年・10/27・ランチ

2度目のランチは3名で訪問。
ランチプレートの他に、
夜しか食べられないシーズナルメニューをチョイスした、
豪華なランチ♪


~今回食べたのは~

『カツオのスパイシータンドール焼き』
 前回は5月の初鰹、今回は戻り鰹。
 春と秋にカツオが食べられて大満足。
 今回の方が脂がのっていたように感じたなぁ。

他、初めて食べたもの。

『野生鹿と夏野菜の炭火焼き』
 引き締まった身でありながら、柔らかい。
 下ごしらえがきちんとしているからなんだろうなぁ。
 もちろんくさみは一切なし。
 外側についている黒いツブツブがスパイシーで、んまい!
 ワインがすすむ一品(だと思います)。

『ムルギチャンプ』
 コリアンダーとミントのペーストで覆われた骨付きチキン。
 でも、一番最初に感じる香りはニンニクなのよね。
 次に、ハーブがふわり。鶏肉をもぐもぐ。
 野生鹿はピリリとしていたけど、こちらはとってもマイルド。
 このペースト美味しいなぁー、パンにつけても美味しいはず。

『ビーフキーマ』
 辛めの仕上がりでキリッとしたキーマ。
 ナンと一緒にいただきます。うまし!

『イカ墨カレー』
 見た目は漆黒、ワイルドな味なんだろうなぁ~と、
 想像していたけど全然違うの。
 口当たりがマイルドでイカの香りがふんわり。
 なんて優しいんでしょう!
 で、甘いのよね。それでいて最後に辛さが残る。
 なんと複雑で、奥深い味なんだろう。

『スパイシーチキンカレー』
 その名の通り、スパイシー。
 チキンは柔らかく、万人受けする味だとおもう。
 バスマティライスと一緒にいただくとバッチリ。

『鱧のスープカレー(ケララ風)』
 こちら、ホントーにおいしかった。
 ホントーにおいしくて、ライスを食べることを忘れた。
 最後の一口で思い出したのでライスと混ぜ合わせたら、これはこれで美味。
 優しいスープの中に、骨切りされた鱧がおります。
 ケララって京都みたいなトコ?(笑)
 はんなりとした気分にさせてくれる一品。
 これは来年も食べたい!

このほか、
こちらのお店は、絶妙なタイミングでのサーブがスバラシイです。
カジュアルなランチから、接待やちょっとした会食まで
幅広く使えるサービスだと思います。

また季節を変えて訪問したいです。
御馳走様でした。
(お誘いいただきまして、ありがとうございました!)


★2014年・5月・ランチ訪問

インド料理の師匠とランチ訪問。
実は昨年から何度かオフ会のお誘いを受けていたが、いつも用事やらインフルエンザで急きょキャンセルする等、どうも縁遠かったシターラ本店。それが満を持して、やっと訪問できたので、マジで嬉しかった。さらに、この1年間、カレーをいろいろと食べたけど、南インド料理を中心に食べていたので、北インド料理に期待度MAX!


11時半前に入店。
シターラ本店は「北インド料理の最高峰店」と思っているので、さぞや宮廷風の装飾がされている店内なんだろうなーと思って入ってみると、白と重厚感のある茶系で統一された店内で、なんだかモダンなフレンチレストランに来ているようで、まずビックリ。そして、加藤店長はソムリエなのだそう。インド料理店でソムリエのいるお店って今まで行ったことがなかったので、再びビックリ。間違いなく、今まで行ったインド料理店とは雰囲気が違う。

ビックリしながら料理を待っていると、まず出てきたのはパパダムと4種類のソースたち。

~ここから実食~

■パパダムと4種類のソース
(写真・手前から)
・ミントとコリアンダー(めちゃうま。買って帰りたいくらい)
・タマリンド(とろ~んと甘いチャツネ)
・グリーンマンゴー(甘さ控えめのマーマレードみたい)
・アチャール(マンゴー・青唐辛子・人参のチャツネ等入っていて、ピリっとうまい)

パパダムにつけて食べるほか、料理のソースとして食べたり、ライスと一緒に食べても美味しい。


■カツオのスパイシータンドール焼き
季節メニューのカツオの炭火焼き。ベタに言えばカツオのたたきのインド風。複雑なスパイスとカツオの風味がバッチリで、大葉とカツオを一緒に頂くと更に清涼感が増してウマい!初夏にピッタリの料理だと思う。

■シャミ・カバブ1300
ラム肉を丁寧に挽いてパテのように焼き上げたとっても繊細な宮廷料理で、食感はとってもやわらいレバーペーストのような感じ。少しずつ切って大切に頂く。一口食べると、ふわ~っと口に広がるラムと控えめなスパイスの香り♪口の中で遊ばせながら噛みしめるとぐっとうまさが増す。ラムを濾し過ぎず、すこし身の部分も感じさせる具合が絶妙。これは間違いなく赤ワインとのマリアージュがおすすめ(残念ながら私が飲んでいたマンゴーラッシーとは合わない・マンゴーラッシーは濃厚でおいしかった)。またコリアンダーと一緒に食べるとラムのうまさが一層引き出されるようでとにかくウマい!添えられたコロコロのジャガイモも香ばしくておいしい。


■ランチカレー/その1(バスマティライスとともに)
1)ゴアプローンカレー
ゴア地方のカレーといえばフィッシュを思い出すけど、ココナッツミルクとタマリンドベースのエビカレーを頂く。ココナッツ特有のまろやかさと爽やかなタマリンドの酸味、そこに海老の風味がカレーに染み込んで美味しい。女性好みなカレーかな。控えめに入っている生姜の風味が私は好きだな。飽きがこないから。

2)ポークヴィンダルー
赤ワインヴィネガーとスパイスがベースのゴア地方の名物カレーらしい。一口頂くと、ワインビネガーの酸味が効いてて夏向きな感じ。でっかい豚肉がゴロンと入っているのが、このカレーの特徴なのだそうだ。豚肉をフォークで小さく切りながら頂く。この豚肉、どんな下処理がされているんだろう。臭みが一切なく、とっても美味しかった。

※プレートに添えられていたのはグリーンサラダとジャガイモのスライス揚げなんだけど、このジャガイモのスパイス(アジョワン)がめっちゃ気に入った!清涼感があってめっちゃおいしかった~。夜の単品メニューで出ればいいのに・・(ビールが進みそう)


■ランチカレー/その2(プレーンナンとともに)
3)ベイガン・バルタ
タンドールでローストされたナスの入ったカレー。味は甘め、というか、野菜の甘さが出ているのかな。ナスの香ばしさと野菜がとってもまろやかで優しい。ナンとの相性最高。

4)ローガンジョシュ
カシミール風のラム煮込み。通常よりも辛くするようリクエスト。ラムを使った料理ってスパイスがガツ~ンとくるものが多いけど、これはスパイスも辛さも控えめ。ラムもやわらかくておいしい♪とっても上品な、これぞ北インドらしさと言うべきか。


■マンゴープリンのベリーのスパイシーコンポート
〆はマンゴーとベリーをふんだんに楽しめるスイーツ。「フレンチのスイーツみたいだなー」と思って、食べてみると、いやいや、シナモンのきいたスパイシーソースが絶品!そこに香り良いマンゴーの甘さとベリーの酸味が相まって、とても美味。残念だったのは、胃袋が爆発しそうだったので完食できなかった事(涙)インド料理ってスイーツも美味しいんだな。このスパイス使い最高です。

■チャイ
無糖です。私は砂糖を2つ投入、たっぷり飲めるので大満足。チャイにおいてもスパイスは控えめで、紅茶葉の香りと牛乳の風味を楽しめるタイプだった。私はガツンとカルダモンやシナモンがくる方が好きだけど、ここのチャイは、チャイまで品格があるような味わいだった。おいしかった。

今回のシターラ本店初訪問、期待を裏切らない味で、満足できた。全体的にスパイスは控えめだと思った。この「控えめ加減」が食材自体の風味を生かし、丁寧なお仕事をされている事が料理から感じられたような気がする。平日のランチタイムって、会社勤め(内勤)していれば1時間でさくっと食べて戻らなきゃいけないから、「美味しかった、おなか一杯になったね」って程度の満足で終わっちゃう。でも、今日みたいにゆっくりと料理を大切に頂くと、ディナータイムに負けない幅広い充実感があるんだなと思った。ランチであってもゆっくりと食べに再訪したいな、と思った今日のお食事会でした。

(Thank you for the setting & menu choice of this Lunch!)

  • シターラ - 豆のスイーツ

    豆のスイーツ

  • シターラ - 豆のスイーツ

    豆のスイーツ

  • シターラ - ガジャール・ハルワ

    ガジャール・ハルワ

  • シターラ - ケサリ・フィル二

    ケサリ・フィル二

  • シターラ - スイーツ二種

    スイーツ二種

  • シターラ - 鱧のスープカレー

    鱧のスープカレー

  • シターラ - あみがさだけのカレー

    あみがさだけのカレー

  • シターラ - 鱧のスープカレー

    鱧のスープカレー

  • シターラ - あみがさだけと鱧

    あみがさだけと鱧

  • シターラ - 城ハマグリとそら豆のカレー

    城ハマグリとそら豆のカレー

  • シターラ - 初夏の鹿肉カレー

    初夏の鹿肉カレー

  • シターラ - 初夏の鹿肉カレー

    初夏の鹿肉カレー

  • シターラ - 白ハマグリとそら豆のカレー

    白ハマグリとそら豆のカレー

  • シターラ - ボッティ・カバブ

    ボッティ・カバブ

  • シターラ - 野菜のピクルスのテリーヌ

    野菜のピクルスのテリーヌ

  • シターラ - ラム肉とテリーヌ

    ラム肉とテリーヌ

  • シターラ - ムルギ・チャンプ

    ムルギ・チャンプ

  • シターラ - ムルギ・チャンプ

    ムルギ・チャンプ

  • シターラ - カツオのスパイシータンドール焼き

    カツオのスパイシータンドール焼き

  • シターラ - ベジタブル・ガラウティ

    ベジタブル・ガラウティ

  • シターラ - ベジタブル・ガラウティ

    ベジタブル・ガラウティ

  • シターラ - カチュンバル・サラダ

    カチュンバル・サラダ

  • シターラ - いつもの4種類

    いつもの4種類

  • シターラ - いつもの4種類とパパド

    いつもの4種類とパパド

  • シターラ - 鱧のスープカレー

    鱧のスープカレー

  • シターラ - ランチプレート/スパイシーチキン

    ランチプレート/スパイシーチキン

  • シターラ - ビーフキーマ

    ビーフキーマ

  • シターラ - イカスミのカレー

    イカスミのカレー

  • シターラ - ランチプレート/ビーフキーマ

    ランチプレート/ビーフキーマ

  • シターラ - 野生鹿と夏野菜の炭火焼き

    野生鹿と夏野菜の炭火焼き

  • シターラ - むるぎちゃんぷ

    むるぎちゃんぷ

  • シターラ - カツオのスパイシータンドール焼き

    カツオのスパイシータンドール焼き

  • シターラ - テーブルセット

    テーブルセット

  • シターラ - 店内

    店内

  • シターラ - パパダムとソース4種

    パパダムとソース4種

  • シターラ - デザート

    デザート

  • シターラ - チャイ(無糖)

    チャイ(無糖)

  • シターラ - ランチプレート/その1

    ランチプレート/その1

  • シターラ - ランチプレート/その2

    ランチプレート/その2

  • シターラ - シャミ・カバブ

    シャミ・カバブ

  • シターラ - シャミ・カバブ

    シャミ・カバブ

  • シターラ - カツオのスパイシータンドール焼き

    カツオのスパイシータンドール焼き

  • シターラ - カツオのスパイシータンドール焼き

    カツオのスパイシータンドール焼き

口コミが参考になったらフォローしよう

こもねこ

こもねこ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

こもねこ(448)さんの他のお店の口コミ

こもねこさんの口コミ一覧(1183件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 シターラ 青山店 (SITAARA)
受賞・選出歴
カレー百名店2019選出店

食べログ カレー 百名店 TOKYO 2019 選出店

カレー百名店2018選出店

食べログ カレー 百名店 2018 選出店

カレー百名店2017選出店

食べログ カレー 百名店 2017 選出店

ジャンル インド料理、インドカレー
予約・
お問い合わせ

03-5766-1702

予約可否

予約可

住所

東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F

交通手段

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線【表参道駅】改札口 徒歩5分
 ※地下通路B1地上口 徒歩3分

表参道駅から316m

営業時間・
定休日

営業時間

11:30~14:30(L.O.)/18:00~21:30(L.O.)

日曜営業

定休日

原則月末の日曜日(当店が入っている小原流会館のメンテナンス日、念のためお問い合わせを!)

予算(口コミ集計)
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

席・設備

席数

43席

(4名×5席、5名×1席、2名×9席)

個室

貸切

(20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

施設共用:有料30台

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、ソファー席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と デート 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

2時間半以上の宴会可、ソムリエがいる、テイクアウト

お子様連れ

子供可

乳幼児含めて入店可

ホームページ

http://www.sitaara.com/restaurant/aoyama.html

公式アカウント
オープン日

2004年8月

初投稿者

WhalesharkWhaleshark(1)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

ネット予約

周辺のお店ランキング

表参道×レストランのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ