8回目 興梠と蝉はここでは見せられない : ノング インレイ

この口コミは、白井賢人さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

白井賢人

白井賢人(369)さんの口コミ50代前半・男性・東京都

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ~¥999
1回目

2015/01訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999
  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

8回目 興梠と蝉はここでは見せられない


8回目  興梠と蝉はここでは見せられない

2015年1月28日 21時半
 2/7に「シャン民族記念日の祝宴」があり、今回は2000円から3000円になり、
しかも、ビュッフェからお弁当に変更されていた。
真意を確かめるために、訪問。

 壁に2/7のイベントの告知が貼ってあった。
そして、隣に「Special」とあり、5種離の虫の名前が書かれていた。
1.すずむし
2.蚕の香味揚
3.小さいセミ
4.小さいコオロギ
5.竹蟲
ALL\900-

今回は特別に2種盛にしてもらいました。
メインは、ランチメニューからイムキィムご飯というミャンマー版ガパオライスを注文。

特性の辛いフリカケと一緒にイムキィムご飯を混ぜて食べました。
辛くて、色々な香りがして美味しいです。

虫は先に出て来たのですが、サクサクしておいしいので、メインが来る前に食べ終えてしまいました。

異物昆虫騒ぎがあるので、ここでは写真を載せません。

見たい方は自己責任で、こちらからご覧ください。

【お知らせ】
2/7 17:00~21:00 第68回シャン民族記念日の祝宴 3000円
ミャンマー料理と舞踊が楽しめます
facebook ビルマ市民フォーラム(People's Forum on Burma - Japan)より
@アカデミーホール 豊島区東池袋1-30-6 セイコーサンシャインビルB1
主催 在日シャン民族文化協会  
2014年の様子
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7回目 マタニティーが熱い!

2014年2月9日 シャン民族記念日

 Blogger

 お茶をすすっているところ、次は女子大生の舞踊です、とアナウンスがあり、

慌てて撮影しようとして、股間にお茶をこぼしてしまった。

ぼくは、ニンフのような女性にみとれ、熱い視線を送った。

少しだけ元気をもらったような気がした。

明日からまた、人夫(にんぷ)仕事をがんばろう。


 今回のビュッフェは、料理が約30種類、参加費は2千円。

 デザートにココナッツミルクのゼリーがあったが、一口だけでも欲しいと熱い視線を送ったが、

冷たい目でみられ、僕の前の女性にすべてをささげ、何も残らなかった。

もっと早く並べばよかったと悔いが残った。


 シャンそばに、なぞの黄色い液体を書けている人がいた。

よくわからないので、一口だけお皿によそって、席に戻ろうとしたとき、

シャン族の美女から声がかかった。

「それは味がついていないので、何かかけた方がいいですよ」

今思うと、もしかして、僕に粉をかけてくれたのかもしれない。

言われるがままに、黄色い液体に、甜麺醤のような甘いタレと、

ミートソースのようなものをかけた。

最後に、黄色い液体にも粉をかけた。

確かに、黄色い液体そのものに味はなかった。

調味料をつけたあとは、ちょっぴり甘くて苦い恋の味がしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 お知らせ

お知らせ お店の人からちらしをいただきました。
 
第20回シャン民族記念日の祝宴 

2/3日曜日 17:00~20:00 

参加費2000円 食べ放題とソフトドリンク付き 

 ビュッフェスタイルでシャン民族の伝統的なお料理をご用意しているそうです。

場所 豊島区東池袋「アカデミーホール」

 豊島区東池袋1-30-6 セイコーサンシャインビルB1

「皆様のお友達をお誘いの上、どうぞお気軽にご参加ください。

心よりお待ちしております。 在日シャン族文化協会」

問合せ先

1.高田馬場ノング インレイ 03-5273-5774

2.サイ・セン・モッ 山田泰正 090-3691-8433

3.サイ・ミン・ゾー   080-4355-3367

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6回目 第一回世界寄食ツアー ミャンマー編 メインは竹蟲 

2013年2月2日 18時~22時

2/2 7人の勇者が集い、食い尽くしました。 

今日2/3五時から 池袋でシャン族のイベントで2000円のビュッフェが開催されます。


飲み物

焼酎みんがらーば 1本2500円 3本

食べ物

竹蟲、かえるの炒め物、シャン豆腐、空芯菜、お茶の葉サラダ、ショウガのサラダ、ヒヨコ豆とマトンのカレー、チキンとチャーハン、ミャンマーの麺、納豆煎餅、豚の皮、鶏の皮

蟲は、よく揚って香ばしかった。

一部の勇者がもっと生ぽいほうがいいかもと発言。

それでは生のままはというと、別の勇者が生は蟲の皮が口につき食感が悪いという。

なかなか「虫食い」も奥が深いようだ。

お茶の葉サラダとショウガのサラダに入っていた豆が揚げてありカリカリ、サクサクした食感がよかった。

納豆煎餅は、納豆の臭さと味をみごとに濃縮したものです。

隣のモモちゃんが一枚食べかけを持ったままフリーズしています。

一口食べてギブアップする人、納豆は苦手と拒絶する人がいるなか、

うまい、うまいと食べ続ける人が一人だけいました。


二回目の寄食ツアーはどこに行こうかなぁ。

一緒に食べてくれる人をいつでも大募集しています。

寄食はめったにないので安心してください。

世界の珍しい料理を一人では食べきれないとき、

大勢で色々な料理を食べたいと思っています。

facebookや食べログどで声をかけてください。

珍しい国の料理の情報もお待ちしてます。

モヒンガー

http://www2.jica.go.jp/hotangle/asia/myanmar/000719.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5回目 ランチセットはお得で美味しい!

 今回は2/2の予約の再確認のため訪問。

ランチF イムキィムご飯

ランチG 鳥の花梨煮

2点が気になったメニューを見るとGはシャン族のカレー料理らしい。

これは明日のお食事会にだしてもらうようにお願いすることにして、

Fセットを注文。

店内はすべてミャンマー人。

ランチは14:30なので、しばらくすると僕一人になってしまった。

店内を物色していると、チラシを見つけた。

「ヒヨコ豆とマトンの混ぜご飯」

そして、その上にはミャンマーの焼酎「みんがらーば」があった。

注文の品が届いたとき、お願いした。

「明日の予約している者ですけど、

料理にシャンカレーとヒヨコ豆とマトンの混ぜご飯も入れてください。

そして、お酒はミャンマーのビールとミャンマーの焼酎も飲みたいです。」

カレーは、鳥、マトン、牛何にするか聞かれたが、

他の料理とかぶらないように任せますと伝えました。

 今回のイムキィムご飯は、ミャンマー風肉野菜炒めかけご飯だ。

カシューナッツがあってとても美味しい。

そして何離も嬉しいのが、テーブルの調味料とよく合うのだ。

ミャンマーの魚醤と唐辛子の酢漬けで、

どこまでも臭く、どこまでも辛くすることが可能だ。

 食べたことのない料理を優先して注文しているが、

このイムキィムご飯は毎回食べたくなってしまう。

イムキィムご飯とミャンマーラーメンの組み合わせは最強かもしれない。

まだシャンカレーを食べていないので、明日がすごく楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4回目 2/2土曜日 18時予約してきました!

 2013年1月25日 金曜日 本日ランチ3件目

都内で世界一周。ミャンマー編  2/3はシャン族の祝宴!

 今日は2/2の予約の確認のため、ランチを食べにやってきました。

2/2の料理の確認

料理だけで2000円のおまかせコース。

まずは竹蟲と納豆せんべいを入れて欲しい。

本「発酵レストラン」を見て、ミャンマーの料理をいろいろ食べたくなったことを伝えました。


 壁に告知が貼ってありました。

 なんと2/3日曜日に、池袋でシャン族記念日の祝宴が2000円で開催されます!

 しかし、日曜日ぼくは仕事がある。時間調整できれば行きたいなぁ。


Aセット シャンそば(汁なし)と揚げ豆腐、ごはん、デザート付 700円

安くて、おいしい!絶対にランチがおすすめです。

汁なし担々麺のような感じですが、麺は米粉でできたきしめんのように平たい。

辛いのが苦手な人でも大丈夫なように辛くしていない。

辛いのが好きな人は、テーブルにある辛さの4種の神器を使えばトリップできます。

見ての通り、ゴマやクラッシュナッツがトッピングされ、香ばしくおいしい。

今回はランチ三件目なのでライス抜きにしてもらいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3回目 まだまだヒヨコでトンマな僕

 2013年1月12日 土曜日 14:45 高田馬場

お知らせ 2/2か2/23土曜日夕方から、

ノングインレイでお食事会の参加者募集中。

 ご希望の方は、コメント欄にお願いします。

ひよこ豆とマトンの混ぜご飯1000円


小泉武夫先生の「発酵レストラン」に掲載されているお店。

テレビの隣のメニューの裏に本が二冊あった。

「発酵レストラン」と「ミャンマーの憧憬」

とくにミャンマーの憧憬はめちゃくちゃ面白い写真集だ。

お金持ちが空から札束をバラマキ、手を伸ばして取る人々。

お金持ちが床にまき散らしたお金の上に横たわる人。

美しい女性。

輝く仏像、寺院、大きな岩。

料理が出来上がるまでたっぷり見ることができた。

ふとテーブルを見ると、魅力的な調味料がある。

ちなみに全部唐辛子だ。

酢漬け、ラー油、粉。

とくに酢漬けの唐辛子は、ひとかけら食べると、

胃がびっくりしてヒャックリが起きるほどだ。

蜂蜜の入れ物に謎の液体があった。

臭いを嗅いでみると微妙な臭いがする。

おそらくミャンマーの魚醤だろう。

料理が到着。

サラダ、スープ、ふりかけ、白いごはん、

そして、メインのマトンとひよこ豆の煮物。

スープがおいしい。

ぜったい初めての人は麺料理も食べてほしい。

煮物はぜんぜん辛くない。

豆も肉もやわらかくておいしい。

肉は骨付きだ。

辛くしたい人はいくらでも調味料がある。

ちょっぴりかけるだけで汗がにじみでてくる。

食べ終え会計をすました。

そして、2/2か2/23の土曜日夕方

4,5人で予約可能か聞いてみた。

okだった。

線路側の店はMAX13人くらいまでは余裕で座れる。

噂ではカラオケ付きの別室もあるらしい。

2/2土曜日の夕方18時から食事だけで2000円で、

お食事会をしようと思っています。

アルコールは人数とメンバー次第でお店の人と相談します。

参加者募集中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2回目
2012年9月26日 水曜日 20:30

 この店は駅から近くてやばい。

ちょっとお腹が空いて、異国情緒を味わいたい時はうってつけだ。

不思議なたべものがたくさんあるので飽きない。


 店内は、ミャンマーの人達で盛況していた。

小学校の机よりも小さなテーブルがかわいい。

 お客の飲食店の経営者らしき人が女の子に説教をしていた。

「なんにも動かなければ始まらない。

とにかく何かしてみろ。」

まるで僕に向かって言っているようだった。

 近所のおっさんらしき人が2歳くらいの孫を連れてお店に遊びに来た。

店の人は子ども用にいちごミルクのタピオカ入り特製ドリンクを作ってあげた。

子どもが美味しそうに飲む。

その隣で大人たちがビールを飲む。

途中からミャンマー語に替わり話していることがわからなくなってしまった。

 普段着でお客さんと同じようなかっこの従業員が

注文したナマズのカレーを持ってきてくれた。

骨と身がはがしやすく食べやすい。

カレーと言うより、魚のミャンマー風煮付けと言った方がわかりやすい。

ご飯にかけるというより、鯖の味噌煮の缶詰をおかずにご飯を食べる感じだ。

ちょっと後から、スープとふりかけが出て来た。

錦松梅のような感じのふりかけが小皿にのって出て来た。

それは唐辛子のタネのふりかけだった。

カレーがそんなに辛くなかったのでこれで調整するらしい。

タバスコのように辛くて食べられないことはない。

適度の辛さでおいしい。

スープはだしが効いていて、味は抑えてある。

中華のチャーハンについてくるスープとはぜんぜん違って薄味だ。

カレーとのバランスがよかった。

食べ終えて壁のメニューを見ると、

ミャンマー風鯉のなれ寿司が800円であった。

鮒のなれ寿司は知っているが鯉は知らなかった。

次回はこれに決まりだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1回目

2012年4月20日 19:30

「食いねぇ、食いねぇ、ムシ食いねぇ」 ミャンマー料理

今日はめずらしくお友達と高田馬場を徘徊しました。

 一軒目は、
「米とサーカス」で馬、鹿、山羊、ダチョウの生肉と
ワニの天ぷら、熊の味噌焼きを食べ、
「金魚ソーダ」という唐辛子のお酒のソーダ割り、
「ドラキュラくん割」というサソリ酒をトマトジュースで割ったものを飲んだ。

〆に、近くのミャンマー料理の店で何か食べようということで、
ノングインレイに行きました。

 お店の中にはお店のお子様と思われる姉弟がパイナップルの缶詰のようなものを白いお皿の中に入れてデザートのように上品に食べています。

 日本語の話せるご主人が愛想よくしてくれる。

分厚いメニューをじっくりと見た。

するとこんなメニューを見つけた。

竹の中にいる蟲をちゃんと炒めてあるそうです。
お友達は、食べたくないというので、今回はあきらめました。

今回、竹蟲を一緒に食べる人を大募集します。

「どなたか竹蟲を一緒に食べてくれる人はいませんか?」

4、5人集まれば夜食べに行きたいと思います。

一緒に食べていいよと思う方は、コメントでもメッセージでもいいので声をかけてください。

今回は特別に虫酸の走るような嫌な奴でもOKです。

 一人で竹蟲を食べてお腹いっぱいになってしまったら、
もう人でなしのモンスターになってしまいそうです。

 お土産に買っていき、目をつぶらせて聖体拝領のように口をアーンしてもらい、虫を口に放り込んでみたいと考えましたが、大目玉をくらって目を潰されそうになるかもしれないのでやめました。
 
 みんな仕事については、よく大目に見てもらい、ミスには目をつぶってくれるんですけどね。

 二軒目でお腹がいっぱいなので、二品頼むことにしました。

シャン豆腐の和え物700円。

玉子豆腐を薄く切って、パクチーとゴマとスパイスを混ぜ、

適度に辛く、スパイスの一粒一粒異なる風味を感じることができ美味しいです。

もう一つは、スープ入りココナツそば800円。

スープのない焼きそばのようなココナツそばもあったのですが、

今回は〆にふさわしいスープ入りを頼みました。

後からお店の人が薬味をもってきて混ぜると美味しいと教えてくれました。玉ねぎとなんかの葉っぱです。

はじめてタイカレーを食べた時を思い出しました。

ココナツの風味とスパイスがとてもあいます。

また食べに行きたいと思いました。

今度は「竹蟲」、「短頭鯰カレー」、「鯉の熱焼」、「かえるのもも肉のスパイス炒め」、「モヒンガー(ミャンマーで超有名)」を食べて見たいです。

一緒に食べてくれる人を大募集中です。

iPhoneからの投稿

  • 2015年1月28日 Specialメニュー

  • イムキィムご飯 700円

  • イムキィムご飯 混ぜた後

  • 2015年2月7日 シャン民族記念日の祝宴 3000円 @池袋

  • 2014年2月9日 ミャンマー シャン民族記念日 ノングインレイさんも参加

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2014年2月9日シャン族記念日

  • 2013年6月23日 竹蟲

  • 竹むしゴハン。米とサーカスにて

  • 納豆せんべい。今回は辛いラー油をたっぷり塗ってくれました。

  • 2013年2月2日 カエルの炒め物

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 麻薬撲滅プロジェクトでソバ栽培を定番させた現在、全くケシ栽培は行われていません。この日本酒ソバを使用して醸成された焼酎が「みんがらーば」です。

  • 麻薬撲滅のため日本人技術者の指導による日本酒ソバ栽培が、ミャンマー北部シャン州コーカン地区標高800~2000mの高原地帯で行われ、現在では地元の農民の手により日本品種が栽培されています。

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 納豆煎餅

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 納豆煎餅の薬味

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 納豆煎餅に大苦戦

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー メインの竹蟲

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー お皿に蟲を投げて文字に見立てる蟲占い「下一」ビリッカスになれるという結果が出ました。

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 蛙の炒め物

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 豚の皮

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 鶏の皮

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 麺 モヒンガー なまずの出汁を使ってます

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー チキンとライス

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー ヒヨコ豆とマトンのシャンカレー

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー ショウガのサラダ

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー お茶の葉のサラダ

  • 6回目2013年2月2日 世界寄食ツアー 空芯菜

  • お店のビル 道路側

  • お店のビル 線路側

  • 5回目2013年2月1日 2/3日曜日のイベント イラストがすごくかわいい

  • 5回目2013年2月1日 ランチFセット イムキィムご飯700円

  • 5回目2013年2月1日 ランチFセット イムキィムご飯700円

  • 5回目2013年2月1日 ミャンマーの焼酎

  • 5回目2013年2月1日 店内のチラシ ヒヨコ豆とマトンの混ぜご飯

  • 5回目2013年2月1日メニュー 鳥の花梨煮 シャンカレーだそうです!

  • 2013年2月3日 日曜日 池袋で「第20回シャン族記念日の祝宴」参加費2000円誰でも参加ok

  • 4回目2013年1月25日 Aセット700円 シャンそば 汁なしと揚げ豆腐

  • 4回目2013年1月25日 シャンそば 汁なし

  • 4回目2013年1月25日 シャンそば 汁なし

  • 4回目2013年1月25日 揚げ豆腐

  • 4回目2013年1月25日 揚げ豆腐

  • 4回目2013年1月25日

  • 4回目2013年1月25日 日替わりメニュー

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」 ※店内ではありません。

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」※店内ではありません。

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」カレーを食べ続けると神がかるかも。

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」 お金持ちが床にお金をばらまいている。

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」 お金持ちがお布施で札束をバラまいている。

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」右下に人がいます

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」

  • 3回目2013年1月12日 「ミャンマーの憧憬」胃率から入って右側の席のテレビの横にメニューの入ったケースの中に本があります。

  • 3回目2013年1月12日

  • 3回目2013年1月12日 調味料 唐辛子の酢漬け

  • 3回目2013年1月12日 ミャンマーの魚醤?

  • 3回目2013年1月12日ひよこ豆とマトンの混ぜご飯1000円

  • 3回目2013年1月12日 マトン

  • 3回目2013年1月12日 ひよこ豆

  • 3回目2013年1月12日 スープ

  • 3回目2013年1月12日 ふりかけ

  • 3回目2013年1月12日 ひよこ豆とマトンの混ぜご飯1000円

  • 3回目2013年1月12日ひよこ豆とマトンの混ぜご飯1000円

  • 3回目2013年1月12日 唐辛子たっぷりのラー油

  • 3回目2013年1月12日 唐辛子の粉

  • 3回目2013年1月12日 唐辛子の酢漬け

  • 3回目2013年1月12日 温かいお茶

  • 3回目2013年1月12日 激辛3点セット プラス1

  • 3回目2013年1月12日 入り口

  • 3回目2013年1月12日

  • 3回目2013年1月12日

  • 3回目2013年1月12日 お店にあった本「小泉武夫 発酵レストラン」 この人は関係ない。平安時代から続く四條流包丁式の伝承者 落合正之氏。

  • お店にあった本「小泉武夫 発酵レストラン」 ここのお店が掲載されていました。

  • 2回目2012年9/26ナマズカレー ふりかけ 

  • 2回目2012年9/26ナマズカレー スープ

  • 2回目2012年9/26ナマズカレー アップ

  • 2回目2012年9/26ナマズカレー

  • 2回目2012年9/26 ナマズカレー

  • 1回目2012年4月20日

  • 1回目2012年4月20日

  • 1回目2012年4月20日シャン豆腐の和え物700円

  • 1回目2012年4月20日シャン豆腐の和え物700円

  • 1回目2012年4月20日シャン豆腐の和え物700円

  • 1回目2012年4月20日スープ入りココナツそば800円

  • 1回目2012年4月20日スープ入りココナツそば800円

  • 1回目2012年4月20日

  • 1回目2012年4月20日スープ入りココナツそば800円

口コミが参考になったらフォローしよう

白井賢人

白井賢人

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

白井賢人(369)さんの他のお店の口コミ

白井賢人さんの口コミ一覧(1266件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 ノング インレイ (Nong Inlay)
ジャンル 東南アジア料理(その他)、カレー(その他)、バー・お酒(その他)
予約・
お問い合わせ

050-5594-1301

予約可否

予約可

住所

東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブンビル 1F

交通手段

JR山手線「高田馬場駅」早稲田口より、徒歩1分
西武鉄道 新宿線「高田馬場駅」早稲田口より、徒歩1分
東京メトロ 東西線「高田馬場駅」2出口より、徒歩1分

高田馬場駅から162m

営業時間

11:30~23:30(L.O.23:00)

ランチメニュー(平日のみ)
11:30~14:30

日曜営業

定休日

年中無休

予算(口コミ集計)
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

席・設備

席数

16席

(4名×2席、2名×4席)

個室

団体貸切、可能。要相談。

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙

分煙

駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カラオケあり、バリアフリー

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

焼酎あり、ワインあり

料理

野菜料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

子供可

ドレスコード

無し

ホームページ

http://nong-inlay.com/

電話番号

03-5273-5774

備考

ランチセットは平日のみ(ランチ営業は毎日)
同フロア(104号室)にノング インレイ Ⅱが出来ました。Ⅱにカラオケあり。
Ⅱでは、貸し切り10名程度から受け付けていますのでご相談ください。

初投稿者

PriPriGoPriPriGo(420)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

050-5594-1301

ページの先頭へ