新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

甘酸っぱいお店 11 : エーグルドゥース

エーグルドゥース

(AIGRE DOUCE)
スイーツTOKYO百名店2020選出店

食べログ スイーツ TOKYO 百名店 2020 選出店

この口コミは、八坂牛太さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

八坂牛太

八坂牛太(769)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

10

  • 夜の点数:4.5

    • ¥8,000~¥9,999 / 1人
      • 料理・味 4.4
      • |サービス 4.0
      • |雰囲気 4.5
      • |CP 4.5
      • |酒・ドリンク -
  • 昼の点数:4.5

    • ¥6,000~¥7,999 / 1人
      • 料理・味 4.5
      • |サービス 4.0
      • |雰囲気 4.5
      • |CP 4.5
      • |酒・ドリンク -
10回目

2021/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥6,000~¥7,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 11

元から混んではいたが何故か休日大行列するようになってしまい、今年は平日枠に戻ってきた。
遅い時間も何かしらのケーキはあるのだが、季節物をはじめとして種類は流石に無いので困る。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇ミロワールカシス(3,000円) ☆×5.0
 構成:カシスムース・ジュレ+レモンパンナコッタ+ビスキュイ
 今まで人生で食べたケーキ中のカシス系のド頂点、問答無用でアントルメでも優勝確定。
 ムースの口溶けは非常に滑らかだが、カシスが濃く後味までがっつり引く+酸味がしっかり
 強いのが最高。内部のパンナコッタの甘さとレモンの香りも完璧、強い×強いの完璧な調和。
 アントルメは大きさからプチガトーより更なる後味の強さだが、強くて最高で大好きすぎる。

◇マングドール(580円) ☆×3.9
 構成:マンゴージュレ+マンゴー&チーズムース・スフレ+ビスキュイ+サブレ生地
 マンゴージュレのわかりやすい味と、マンゴー&チーズムースの軽めのチーズの味が違和感
 無く調和する。このお店らしく味はしっかりと強いが、口溶けからあまり重く感じない。
 サクサクのサブレ生地の粉感で上部を受け止める調和、やはりセンスが抜群。

◇その他
 シャンティフレーズ    (530円) ☆×4.8
 サヴァラン オー ロム  (580円) ☆×4.4
 フォンダン オー マロン (530円) ☆×4.4
 タルト オ キャラメルサレ(580円) ☆×4.3

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

最近特定のお店は美味しさは変わらないのに物凄い客が増えており、正直買い辛くなって困る。
理由が全く分からないのに混雑が継続しそうで嫌だが、休日行かないと季節限定や新作を食べ
られないのが困る=今年は新作が今回迄で0個、マングドールは未レビューだが新作では無い。

年間個数から避けたいがやはり休日に行かないといけないのかも、何にせよ再訪はする。

総合点:4.5→4.5(増減なし) / 以下は2020/05レビュー

  • エーグルドゥース - ミロワールカシス

    ミロワールカシス

  • エーグルドゥース - マングドール

    マングドール

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - サヴァラン オー ロム

    サヴァラン オー ロム

  • エーグルドゥース - フォンダン オー マロン

    フォンダン オー マロン

  • エーグルドゥース - タルト オ キャラメルサレ

    タルト オ キャラメルサレ

9回目

2020/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥3,000~¥3,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 10

時期的に多くのお店が店内人数を制限しているが、ケーキ屋の一部はいつもより混んでいる気が。
通常来ないような人まで来ているのだろうか、製造量が多く完売は遅い時間だが若干困惑する。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇ヴェリーヌ オーフロマージュ(580円) ☆×4.1
 構成:チーズクリーム+洋梨&アプリコットソース+ビスキュイ
 エアリーで軽やかな食感のチーズムースはほんのりの酸味とコク、強すぎず弱すぎずが上手い。
 洋梨とアプリコットのソースはアプリコットの酸味は抑え目+洋なしの丸さが先行している。
 このお店含めてヴェリーヌというと軽い印象だが、ある程度重さがあり食べ応えがある。

◇フレッシュ エキゾチック(610円) ☆×3.8
 構成:チョコクリーム・ビスキュイ+ガナッシュ
 上部のチョコクリームがほんのりのパッションフルーツ味で、下部はチョコのみのガナッシュ
 だろうか。どちらも滑らかな口溶け、思った程パッションフルーツの酸味が強くは無い印象。
 スポンジ生地が粗めで食べると即崩壊するので食感は見た目程強くは無い、生クリームの滑ら
 かさが合わさり食べやすい範囲。プライスカード記載のカカオ感はそこまで強くは無い気が。

◇その他
 ミロワール カシス   (560円) ☆×5.0
 シャンティフレーズ   (530円) ☆×4.8
 フォンダン オー マロン(530円) ☆×4.6
 フレジエ        (610円) ☆×4.3

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

生菓子は2/3位が通年だが種類が非常に多いので、そこそこ間隔が開くと入れ替わりはある印象。
定休日が暫定的に休日に変更されたが、また平日枠に戻ってしまうと年間個数が心配。

美味しいお店が行きやすいのも困りものな謎の展開、また再訪する。

総合点:4.5→4.5(増減なし) / 以下は2019/12レビュー

  • エーグルドゥース - ヴェリーヌ オーフロマージュ

    ヴェリーヌ オーフロマージュ

  • エーグルドゥース - フレッシュ エキゾチック

    フレッシュ エキゾチック

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - フォンダン オー マロン

    フォンダン オー マロン

  • エーグルドゥース - フレジエ

    フレジエ

8回目

2019/12訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    ¥4,000~¥4,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 10

平日のお昼に伺いました。

消費税増税で少し価格が上がったが、このお店は元々が満足感に対して安いので許容範囲内。
全体的に味や濃さが強めになっており、味の芯や全体の方向性がはっきりしているのが好き。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇フレジエ(610円) ☆×4.3
 構成:いちご+ベリージャム+カスタードクリーム+ビスキュイ
 カスタードクリームは水分多目で軽めのコク、甘さが強くはっきりしているが口溶けは良い。
 いちごは水分多目で品質も○、ベリージャムでいちご味を増強するいつもの纏まりが最高。
 ビスキュイは香りや味がしっかり、単体でアーモンドを感じて味わい深い=全構成が立つ。

◇タルトレット オー フリュイ ルージュ(580円) ☆×4.0
 構成:ベリー・クリーム・ジャム+タルト台
 ベリークリームは粘度があり濃く甘い、同じく濃く甘いナパージュで味を上乗せしていくが
 、果実よりも下手するとこの2構成の方が強いので、果実感は抑え目のタルトな印象。
 旨味の水分多目×質の良いいちごは半分に切られており、やや存在感が薄いのはうーん…
 タルト生地はサクサク感弱めでダマンドが非常にリッチ、ダマンドの粘度?を感じるレベル。
 内部のベリージャムと合わせて力強いため、上部と下部が強い×強いでぶつかって調和する。

◇その他
 シャンティフレーズ       (530円) ☆×4.8
 フォンダン オー マロン    (530円) ☆×4.6
 トルシュ オー マロン     (630円) ☆×4.3
 シュー ア ラ クレーム    (320円) ☆×4.0
 サントノーレ ア ラ ノワ ココ(610円) ☆×3.9

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

近年は量がおかしいので平日個数を絞った関係上、多分2018→2019で一番個数が減少したお店。
個数の関係上久しぶり系を食べられなくなったのは悩ましいが、来年も休日に絞って再訪する。

総合点:4.5→4.5(増減なし) / 以下は2019/09レビュー

  • エーグルドゥース - フレジエ

    フレジエ

  • エーグルドゥース - タルトレット オー フリュイ ルージュ

    タルトレット オー フリュイ ルージュ

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ 

    シャンティフレーズ 

  • エーグルドゥース - フォンダン オー マロン

    フォンダン オー マロン

  • エーグルドゥース - トルシュ オー マロン

    トルシュ オー マロン

  • エーグルドゥース - シュー ア ラ クレーム

    シュー ア ラ クレーム

  • エーグルドゥース - サントノーレ ア ラ ノワ ココ

    サントノーレ ア ラ ノワ ココ

7回目

2019/09訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    ¥5,000~¥5,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 9

休日のお昼に伺いました。
今までの間隔を考えると久しぶりな気がしたが、投稿間に桃系を食べたので別にそうでもない。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇ココ(530円) ☆×4.3
 構成:キャラメルクリーム+ココナッツムース+ビスキュイ
 キャラメル風味のココナッツ生地という味を欲張りなビスキュイは、密度が高いのにしっとり
 感があり口溶けが良い。上部のほろ苦いキャラメルクリームと合わせて、味が立っていて◎。
 ココナッツムースも密度高め+意外と味や香りは強くはないが、後味が引き存在感がある。

◇クレーム テ ロワイヤル(530円) ☆×4.0
 構成:キャラメルクリーム+紅茶パンナコッタ・ムース+ビスキュイ
 キャラメルクリームは火が通っているのでプリンみたいな食感、キャラメルのほろ苦さは抑え
 目で甘さが強め。全体的に後味には甘さが引くが、口溶けが良いので過度に重くはない。
 紅茶パンナコッタは水分多目の滑らか+紅茶ムースはエアリーな食感。香りが強めに立って◎。

◇リュバーブ ア ラ フレーズ(510円) ☆×3.8
 構成:リュバーブ&いちごコンポート+マスカルポーネムース+ビスキュイ
 リュバーブといちごのコンポートは甘酸っぱい、濃い味に酸味がしっかり生きるこのお店の
 強みを感じる味。ここの味の強さと最下層のサブレのザクザク食感で、存在感はあるケーキ。
 マスカルポーネムースはふわふわ食感で口溶けが良い、ミルキーさがある軽めのコク。

◇サントノーレ ア ラ ノワ ココ(600円) ☆×3.7
 構成:ココナッツガナッシュ・クリーム・クランブル+シュー生地+いちごコンポート
    +タルト生地
 タルト生地はサクサクとザクザクの中間の食感。内部にココナッツクランブル?が入っている
 +タルト台上部のココナッツ味ガナッシュ=味・食感・甘さ全てが強い。
 また、たっぷり使われているココナッツクリームは味は軽めだが重さがある=全体的に重め。
 いちごコンポートはほんのり酸味を足すが、他構成が強いためやや負け気味なのが惜しい。

◇その他
 ミロワール カシス    (530円) ☆×5.0
 シャンティフレーズ    (490円) ☆×4.8
 クレーム ド ココ    (530円) ☆×4.4
 タルト オ キャラメルサレ(560円) ☆×4.2
 シュー ア ラ クレーム (280円) ☆×4.0

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

10月に価格改定になるが、このお店現段階ではコスパが高すぎるので低くはなりそうにない。
平日個数の引き下げのためにも、次回のトルシュオーマロンは1月休日に食べるようにしたい。

総合点:4.5→4.5(増減なし) / 以下は2019/04レビュー

  • エーグルドゥース - ココ

    ココ

  • エーグルドゥース - クレーム テ ロワイヤル

    クレーム テ ロワイヤル

  • エーグルドゥース - リュバーブ ア ラ フレーズ

    リュバーブ ア ラ フレーズ

  • エーグルドゥース - サントノーレ ア ラ ノワ ココ

    サントノーレ ア ラ ノワ ココ

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - クレーム ド ココ

    クレーム ド ココ

  • エーグルドゥース - タルト オ キャラメルサレ

    タルト オ キャラメルサレ

  • エーグルドゥース - シュー ア ラ クレーム

    シュー ア ラ クレーム

6回目

2019/04訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥2,000~¥2,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 7

平日の夜に伺いました。
夜は大体10種位なのであまり選べないが、そもそも夜でも出来立てが出てくるのが凄い。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇アン ヌフ(560円) ☆×4.2
 構成:ココナッツムース+マンゴー&パッションフルーツコンポート+ビスキュイ+クランチ
 どう見てもゆで卵だがイースターのケーキ、ココナッツムースは甘さ強めのふわふわ食感。
 ここのムースはエアリーさが強めなので、流行のとろけて水分になる系とは違うが美味しい。
 マンゴー&パッションフルーツ風味のコンポートのマンゴーの香りが強く、ココナッツと強い
 ×強いで調和する、意外と酸味が弱い=やや爽やかさと言う点では弱いかも?
 外側を支えるホワイトチョコレートがやや引くが、内部の強さと相殺されるのが流石の調和。

◇サヴール(580円) ☆×3.7
 構成:チョコムース・ビスキュイ+いちじくコンポート
 見た目に反してチョコムースは滑らかで軽め、内部のチョコムース?は少し深みがある。
 ジェノワーズ生地は柔らかさと他構成の水分とのバランスが良い、全体的に滑らかな印象。
 いちじくコンポートは洋酒がふんわり香る+優しい味わい、チョコ部分があまり強く無いので
 このバランスが良いのかもだが、個人的にはもう少し洋酒で強さがあった方が好みかも?

◇その他
 シャンティフレーズ         (490円) ☆×4.8
 フォレノワール ア ラ ピスターシュ(580円) ☆×4.3
 シュー ア ラ クレーム      (280円) ☆×4.2

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

やはりここの平日分レビューは年間個数を考えると面倒、気が向いたらレビュー程度が良いかも。
味・サービス・価格を総合的に見れば都内TOP3内は間違いない、フレジエ食べにまた再訪する。

総合点:4.4→4.5(+0.1) / 以下は2019/01レビュー

  • エーグルドゥース - アン ヌフ

    アン ヌフ

  • エーグルドゥース - サヴール

    サヴール

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - フォレノワール ア ラ ピスターシュ

    フォレノワール ア ラ ピスターシュ

  • エーグルドゥース - シュー ア ラ クレーム

    シュー ア ラ クレーム

5回目

2019/01訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 6

平日の夜に伺いました。
夜でも沢山種類があるのでケーキが主食の人には嬉しいが、個数買えてしまう諸刃の剣感。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇シャンティーフレーズ(4,200円) ☆×4.8
 構成:生クリーム+いちご+ジェノワーズ生地
 ここのシャンティーフレーズは大好きなのでアントルメでも余裕だと思ったのだが、意外と
 大満足のクリーム量から大量に食べると重さがある+やや後味に油分が引くかも。
 ただ、いちごの酸味やシロップでの甘さの追加等アントルメでもバランスが素晴らしく良い。
 まあ最高に美味しいのだが、意外とホール一気に食べるのは難しいのではないかと。

◇ガレット オー マロン(2,900円) ☆×3.9
 内部がマロンクリーム+マロン生地なので、栗味が揺るぎなき味の芯。栗の強い甘さと濃さ
 が食べた瞬間から襲ってくるのに、後味に過度に甘さが引かないバランスは本当に凄い。
 印象的には和菓子レベルのほっくりさだが、サクサクパイ生地のリッチさを引き立てる。
 ガレットデロアとしては変わり種だが、中々新鮮さがあるのでこれもまたありだと思う。

◇その他
 ミロワール カシス    (530円) ☆×5.0
 トルシュ オー マロン  (600円) ☆×4.1

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

よく考えたら平日買う量じゃなかった、年間個数の引き上げに多大なる貢献?をしているので
今年は適度に自重しつつ美味しく食べていきたい。

合点:4.4→4.4(増減なし) / 以下は2018/11レビュー

  • エーグルドゥース - シャンティーフレーズ

    シャンティーフレーズ

  • エーグルドゥース - ◇ガレット オー マロン1

    ◇ガレット オー マロン1

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - トルシュ オー マロン

    トルシュ オー マロン

  • エーグルドゥース - ◇ガレット オー マロン2

    ◇ガレット オー マロン2

4回目

2018/11訪問

  • lunch:4.4

    • [ 料理・味 4.4
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥6,000~¥7,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 5

平日のお昼に伺いました。

このお店の良い所は、生菓子は20種超にも拘らず開店時間に1~2種以外が出来ている+
遅い時間に行ってもそこそこ選択肢がある点=捌ける速度が凄いのに補充が追い付いている。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇ムース ショコラフランボワーズ(530円) ☆×4.3
 構成:生クリーム+フランボワーズ&チョコムース+フランボワーズソース+ビスキュイ
 薄めのビスキュイは薄さからくる柔らかい印象と、アーモンドの香りと食感を両立する。
 フランボワーズ&チョコは鉄板組合せだが、ムースは甘酸っぱさベースのやや甘目の味。
 フランボワーズソースの濃さで甘酸っぱさを増幅して纏めるが、ベリーの酸味系都内頂点。
 上部の生クリームでコクを足し、全構成にちゃんと説得力があるので構成力が本当に高い。

◇プチ・タタン(390円) ☆×4.3
 キャラメル化した上部の香りの良さが抜群、香ばしくも焦げ臭ギリギリ入らないやりすぎ
 ない火入れは超好み。ギリギリ繊維が残る食感といい、バランスの良さは本当に才能。
 ブリゼの生地の少しのしょっぱさで甘さを引き立て引きは強め、小さめながら満足感が高い。

◇タルト ベリー(300円) ☆×4.3
 ピスタチオのダマンドはリッチな甘さ+強めのしっとり感、味も生かしており強めの主張。
 このお店の鉄板的ベリーの酸味で纏めるタイプだが、焼き込み系のためかやや酸味が強め。
 タルト台の味の濃さをベリーで完全に切る形、意外と生菓子は完全に切らないので差別化。

◇タルト ブラックチェリー(300円) ☆×3.9
 たっぷり乗ったブラックチェリーの(軽めながら)甘さと滋味が主体なので、他3種と最も
 方向性が異なるタルト=これはこれで美味しい、このお店基本何食べても美味しい。
 酸味が無いためやや後味に対して甘さが引く、ダマンドのリッチさが楽しいが人選ぶかも?

◇タルト アプリコット(300円) ☆×3.8
 アプリコットの酸味が最初から後味の引きまで駆け抜ける、ダマンドが少ない+パイ生地
 がリッチではないので酸味がやや先行した焼きっぱなしタルト。
 アプリコットの繊維質と柔らかさ両方良い所取り、このお店両方取るの本当に上手い。

◇タルト いちじく(300円) ☆×3.8
 いちじくはかなり癖強め、ダマンドより強いため個人的に許容範囲ギリギリを攻めている。
 サクサクの生地とほんのりココナッツの食感はあるが、味の芯は圧倒的いちじく。

◇その他
 ミロワール カシス    (530円) ☆×5.0
 シャンティフレーズ    (490円) ☆×4.8
 フォンダン オー マロン (510円) ☆×4.6
 サヴァラン オー ロム  (580円) ☆×4.3
 タルト オ キャラメルサレ(560円) ☆×4.2
 シュー ア ラ クレーム (280円) ☆×4.2
 トルシュ オー マロン  (600円) ☆×4.1

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

季節商品は大体4種程で、結局いつものお馴染みケーキ選択になるが何度食べても飽きない。
平日捨てレビュー分を考えたら恐怖の年間個数なので、テイクアウトまでしなくていい気がする
が、都内最上級で美味しく再訪は当然の義務なので仕方ない。今後も平日中心に通い続ける。

総合点:4.3→4.4(+0.1) / 以下は2018/07レビュー

  • エーグルドゥース - ムース ショコラフランボワーズ

    ムース ショコラフランボワーズ

  • エーグルドゥース - プチ・タタン

    プチ・タタン

  • エーグルドゥース - タルト ベリー

    タルト ベリー

  • エーグルドゥース - タルト ブラックチェリー

    タルト ブラックチェリー

  • エーグルドゥース - タルト アプリコット

    タルト アプリコット

  • エーグルドゥース - タルト いちじく

    タルト いちじく

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - フォンダン オー マロン

    フォンダン オー マロン

  • エーグルドゥース - サヴァラン オー ロム

    サヴァラン オー ロム

  • エーグルドゥース - タルト オ キャラメルサレ

    タルト オ キャラメルサレ

  • エーグルドゥース - シュー ア ラ クレーム

    シュー ア ラ クレーム

  • エーグルドゥース - トルシュ オー マロン

    トルシュ オー マロン

3回目

2018/07訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥6,000~¥7,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 4

休日のお昼に伺いました。

頻繁に行っているがほぼイートインでテイクアウトは久しぶり、休日なのでやはり混んでいた。
ポップの存在でわかりにくいが、ここは購入した商品のみ撮影可=ショーケース等は撮影禁止。

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

◇サヴァラン オー ロム(580円) ☆×4.5
 構成:マスカルポーネクリーム+ブリオッシュ生地
 ブリオッシュ生地の柔らかさとシロップのひたひた感が絶妙、劣化的にイートイン推奨。
 通常生クリーム+カスタードクリームの部分が、マスカルポーネクリームのサヴァラン。
 これによりクリームにコクが出ており、バニラの香りと合わさりクリーム自体の味強め。
 個人的には珍しく、スポイトで追いラム酒しない方が絶対に美味しいと思う、味は甘目。

◇クレーム ド ココ(530円) ☆×4.3
 構成:パッションフルーツムース+パッションフルーツ&マンゴーソース
    +ココナッツババロア
 パッションフルーツムースはふんわり軽めの酸味、この手のタイプは大好物で美味しい。
 ココナッツババロアは軽い甘さ、食べて崩す時に引っ掛かりの無い滑らかさが素晴らしい。
 内部のパッションフルーツ&マンゴーソースで水分と甘さを出して、安定の滑らかさ。
 個人的に夏のエーグルドゥースはこれとネリーが鉄板、ここ数年必ず出ているお気に入り。

◇ネリー(560円) ☆×4.2
 構成:桃・ムース+フランボワーズコンフィチュール+ビスキュイ
 上部の桃はしっかりした食感で唯一の食感担当、甘さが前面に出ておらず清涼感がメイン。
 桃ムースはふわふわ×水分量多目でトロトロ、甘いのにさっぱりで芳香で超美味しい。
 フランボワーズコンフィチュールは酸味を生かし、強い味で全体にメリハリを付ける。
 さっぱり感がありつつも、甘さ・甘酸っぱさ担当が上手く噛み合って調和している。
 これ毎年食べているし凄く美味しいが、表記のピーチメルバではない気も毎年している‥

◇ピエモンテ(520円) ☆×4.0
 構成:ヘーゼルナッツムース・クリーム+オレンジコンポート+ビスキュイ
 食べた瞬間にエアリーなヘーゼルナッツクリームの香り+味がぶわっと広がる、味の芯を濃
 こぶれないのが本当に上手い。しかも、この味で口溶けから軽く錯覚?させる謎の納得感。
 ビスキュイはぎゅっとした生地で密度がある、食感が発生するため噛む必要があるのが◎。
 オレンジコンポートは自然な爽やかさ、ここで後味を軽めにしておりバランス感覚が凄い。

◇シュークリーム(280円) ☆×3.9
 反発感のあるシュー生地の中には、ほぼ隙間なくカスタードクリームが詰め込まれている。
 バニラの香るカスタードクリームはぽってり感が高いが、食べると溶けて引きが薄まる。
 ここのケーキは味は強いが、引きがしつこく無いので満足感が高いのに沢山食べられる。

◇ピスターシュ 65(520円) ☆×3.7
 構成:ピスタチオクリーム・生地・生クリーム+フランボワーズジュレ
 ピスタチオクリームは滑らかな口溶けと、癖を生かしたコクのある味で濃い=味の芯。
 甘めのピスタチオ生地の粗さと、軽いピスタチオ生クリームの対比?が上手い=ピスタチオ
 部分だけでもバリエーションがあるため、ピスタチオ味一強でも味が単調に感じない。
 フランボワーズジュレは濃縮された甘酸っぱさ、酸味+種の食感でしっかり存在感がある。

◇ピナコラーダ(520円) ☆×3.7
 構成:パイナップルジュレ+ビスキュイ+ココナッツクリーム+マンゴージャム?
 パイナップルジュレは味・酸味共に軽めで、見た目よりも弱い印象=南国感抑え目。
 ココナッツクリームは濃さ・甘さが瞬間的にさらっと流れるので、引きはほぼ無い。
 マンゴージャムで香り+強さを多少足しているが、全体的に見ればさっぱりしすぎかも。
 ただ、ふわふわジェノワーズ生地からも夏らしく、軽い統一感を目指しているのはわかる。

◇キャラメル ショコラ(510円) ☆×3.5
 構成:キャラメルクリーム+チョコムース+コーヒーブリュレ+ビスキュイ
 キャラメルクリームは軽くとろける、クリームの水分量が多いのに他構成を侵食しない。
 チョコムースはエアリーな口溶け×ビターで大人向け、全体的に甘さがほぼ無い落ち着き。
 コーヒーブリュレは単体で見ると多少の苦みを感じるが、調和すると落ち着き担当で隠れる。
 ナッツがザクザク入ったビスキュイで食感を出し、過不足無い状態。ただ味が若干好み外。

◇スムージー(680円) ☆×3.6
 ベースはメロンそのままの味で自然な甘さ+α、このお店のケーキは味のメリハリが強い
 ため、少し甘味が強めになっているのがケーキに負けずに、良い方向に作用している。
 額面の価格は紅茶(500円)より高いものの、満足感は高いので割とコスパは高い。

◇その他
 ミロワール カシス  (530円) ☆×5.0
 シャンティフレーズ  (490円) ☆×4.8
 ドゥーブルショコラ 55(560円) ☆×4.4

――――――――――――――――購入した商品等(税込)――――――――――――――――

テイクアウトは少ないが、毎回固定等サービスまで完璧で間違いなく店舗の総合点は都内一。
遅い時間でも商品種類を維持しており、客側としては本当に安心感を感じる鉄板のお店。

拡張後の種類は都内でもトップクラスだが、季節商品もほぼ商品が変わらずお馴染み感が強い。
そのせいで正直備忘録の必要性が無く、圧倒的レビュー捨て率(イートイン回全て)を誇る店
=どうせ暫くレビューしないと思うが、回数は行くので気が向いたらするかも。

総合点:4.3→4.3(増減なし) / 以下は2018/01レビュー

  • エーグルドゥース - サヴァラン オー ロム

    サヴァラン オー ロム

  • エーグルドゥース - クレーム ド ココ

    クレーム ド ココ

  • エーグルドゥース - ネリー

    ネリー

  • エーグルドゥース - ピエモンテ

    ピエモンテ

  • エーグルドゥース - シュークリーム

    シュークリーム

  • エーグルドゥース - スターシュ 65

    スターシュ 65

  • エーグルドゥース - ピナコラーダ

    ピナコラーダ

  • エーグルドゥース - キャラメル ショコラ

    キャラメル ショコラ

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - ドゥーブルショコラ 55

    ドゥーブルショコラ 55

  • エーグルドゥース - スムージー

    スムージー

2回目

2018/01訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

甘酸っぱいお店 2・3

休日の夜に伺いました、2回分纏めて。

結構な数通っているのに初のクリスマスケーキ枠。
物凄く久しぶりに休日に行ったのだが、時間が遅かったからか混んでいなくて拍子抜けした。

―――――――――――――――――購入した商品等(税込)―――――――――――――――――

◇プレジダン(6,000円) ☆×3.5
 構成:チョコクリーム・ムース・ビスキュイ・サブレ・マカロン・メレンゲ
    +オレンジコンフィ・ジュレ・ピール
 チョコ味はクリームとムース?が主体でしっかりと濃厚、舌触りの重さで後味の引きも強めで
 かなり強めの味。軽い部分はチョコクリームのみ、ここはやや分かりやすい軽さ・甘さ。
 ザクザクのサブレ生地が食感としてアクセントになっており、重さの中にも単調にならない。

 ぱっと見チョコをオレンジで軽減する鉄板組合せかと思いきや、オレンジで特に軽減しない。
 オレンジコンフィチュールの役割は、香り面での主張と濃厚×濃厚の調和で甘さ担当でもない。
 クリスマスケーキとしては大きいと思うが、かなり重いので大きさ以上に食べ応えがある。

 2017年クリスマスケーキその4、以前(確か)新宿伊勢丹で買い逃した課題のケーキ。
 正直他のケーキ屋なら美味しい扱いだと思うが、このお店に期待するレベルは下回る。
 通常ケーキより美味しいクリスマスケーキは少ないとは言え、好きなお店なのでうーん…

◇ミロワール カシス(530円) ☆×5.0
 構成:カシスムース・ジュレ+レモンパンナコッタ+シャルロット生地?
 カシスムースは軽めな口溶け×滑らかながらしっかりと濃い、カシスの果実とジュレで力強さ
 を感じさせながら、ケーキとして最適・最高な状態に甘く落とし込まれている。
 内部のレモンパンナコッタの爽やかな酸味が、カシスの甘さ・力強さの後に駆け抜ける事によ
 り、後味へ過度にカシスが引かない+果実の瑞々しさが食べる最中に移り変わりとして弾ける。
 
 側面のシャルロット生地は溶けて消えてゆく優しさ、ここの口溶けが飾りとしてだけではなく
 、存在階のあるケーキの構成の一部として調和を生み出している。
 今まで数千個食べた中でも長年個人的TOP3内に君臨するケーキ、酸味使いの一つの到達点。

◇フォンダン オー マロン(510円) ☆×4.3
 構成:マロンクリーム+生クリーム
 マロンクリームは水分多目、モンブランとして絞ると水分が多すぎてべちゃつくレベルだがク
 リームの塊として使われているので、食べた際の滑らかさに生きているのが上手い。
 マロンクリームはじっくり焼かれており、栗の持つ香りが上品な範囲で増幅されている。
 生クリームは甘く・適度な脂肪分で栗にコクを与える、シンプルながら調和が上手いケーキ。

◇シブースト オー ボム(460円) ☆×4.2
 構成:シブーストクリーム+りんご+カスタードクリーム+タルト台
 ふわふわのシブーストクリームはバニラ香る甘いもの、ここに焼き込まれた酸味の生きている
 りんごを合わせる事により、甘さを酸味で締める見事な調和=旨味の相乗効果を感じる。
 キャラメリゼのほんのり煮がザクザクと、リッチなタルト台のサクサクで食感も隙が無い。
 カスタードクリームは全体に重さを足すしっかり味、ここが舌触りの滑らかさに生きている。

◇トリュフ ロワイヤル(600円) ☆×3.6
 構成:チョコクリーム・ビスキュイ・グラサージュ・サブレ
 甘さ抑え目のビターチョコクリームはコニャックが効いており、味がぐっと引き締まっている。
 全体的に味が濃く重い+口溶けもねっとり感が高いが、洋酒で上手く後味を切っていて上手い。
 しっとりなチョコビスキュイは隠れ気味、ここが濃くも薄くも無くやや凡庸な印象を受ける。
 全構成がビターなチョコ+ザクザクなサブレで食感まで硬派で、統一感のあるケーキ。

◇バヴァロワーズ(560円) ☆×3.5
 構成:コアントローシブーストクリーム+オレンジババロア・コンポート+ビスキュイ
 上部はクリームに見えるがシブーストクリーム、しっかり固まっており口溶け面で前に出すぎ。
 コアントローが使われているが、オレンジの良い香りに作用しておりアルコールはほぼ感じず。
 ババロアは甘酸っぱく軽やか、このお店は果物の酸味と爽やかさを使うのが本当に上手い。
 ビスキュイはオレンジシロップ?でアンビベされており、コンポートと合わせオレンジで統一。

◇サブレ ヴァニーユ(950円) ☆×3.7
 ほんのり塩味が効いたサブレは甘さは抑え目ながら、過不足無いバランス。
 焼きに関しては軽めでサクサク、価格は高く感じるが安定した味。

◇その他
 シャンティフレーズ(490円) ☆×4.4

―――――――――――――――――購入した商品等(税込)―――――――――――――――――

香りや酸味を上手く使うケーキが多く、それぞれの構成の調和が自然に噛み合うケーキが多い。
ザ・古典的なケーキは少なくフランス菓子を下敷きにするタイプだが、ケーキを組み立てる技術が
秀でている+比較的構成意図がわかりやすい=私の好きなタイプのお店。

クリスマスケーキがうーん…だったので、微妙な思いを消そうと即再訪したがやはり美味しい。
このお店はほぼ唯一平日×イートインで通っていたが、今後はテイクアウトが増える予感がする。
多くの過去より劣化or進歩しない店とは一線を画す安定感、まだまだ通いたい。

総合点:4.2→4.2(増減なし) / 以下は2017/11レビュー

  • エーグルドゥース - プレジダン1

    プレジダン1

  • エーグルドゥース - ミロワール カシス

    ミロワール カシス

  • エーグルドゥース - フォンダン オー マロン

    フォンダン オー マロン

  • エーグルドゥース - シブースト オー ボム

    シブースト オー ボム

  • エーグルドゥース - トリュフ ロワイヤル

    トリュフ ロワイヤル

  • エーグルドゥース - バヴァロワーズ

    バヴァロワーズ

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - サブレ ヴァニーユ

    サブレ ヴァニーユ

1回目

2017/11訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク -
    ¥4,000~¥4,999
    / 1人

甘酸っぱいお店

平日のお昼に伺いました。

休日はまず超混雑している都内屈指の人気店、平日は数人位の並びでイートインも余裕。
商品幅は生菓子・基本的な焼き菓子中心でやや狭め、生ケーキは30種程ありかなり種類が豊富。

―――――――――――――――――購入した商品等(税込)―――――――――――――――――

◇ドゥーブルショコラ(560円) ☆×4.5
 構成:チョコ・ガナッシュ・ビスキュイ・クリーム
 しっかりチョコビスキュイの中はガナッシュがたっぷり、洋酒が効いた濃いめながら滑らかな口
 溶けにより食べやすい範囲への落とし方が見事。香りもしっかり楽しめシンプルに美味しい。
 ガナッシュは2種類使われており、程よいビターさの調和と食べた際の融点?の差も楽しい点。
 上部はほんわり甘いチョコクリーム、ここが軽さ担当だが全体的に見ればやや重いチョコケーキ。

◇シャンティフレーズ(490円) ☆×4.4
 構成:いちご・シロップ+生クリーム+ビスキュイ
 生クリームがしっかりコク・味・重さを持ちつつ凄いミルキーだが、口溶けから重く感じない。
 甘めのビスキュイは香りまで美味しい、ここが軽めながら必要な食感は出している=ケーキ自体
 に食べ応えがしっかりと感じられる。ジェノワーズ生地の完成度としては最高クラスだと思う。
 いちごは酸味を出しながらも、シロップ+他構成の甘さで調和させる見事なバランス感覚に脱帽。

◇トルシュオーマロン(580円) ☆×4.3
 構成:マロンペースト+生クリーム+メレンゲ
 半分以上を占めるたっぷりなマロンペーストは和栗そのものの味、粘度が低くポロポロのタイプ。
 マロンペーストの繋がりが弱いため、この手のタイプは食べた際の水分量が不足しがち=あまり
 好みでは無い事が多いのだが、こちらは生クリームの水分量の多さで絶妙にバランスを取る。
 滑らか×コクを与える生クリームとの調和で、マロンペーストのみから美味しく昇華する。
 ややメレンゲが凡庸なのが気になるが、他店では食べられない見事な調和の和栗のモンブラン。

◇タルト オ キャラメルサレ(560円) ☆×4.2
 構成:キャラメルクリーム+ガナッシュ+キャラメルソース+ナッツ+タルト生地
 上部:キャラメルクリームの優しい甘さ+下部:キャラメルソースのほろ苦さのバランスが完璧。
 がっつりの濃いキャラメルが揺るぎなき芯としてあり、全構成で芯を引き立てていく。
 ガナッシュはかなり甘め、こことキャラメルソースでかなりの引き+甘い後味で強めのケーキ。
 ザクザクのタルトはリッチ感こそ弱めだが、内部のナッツと合わさり良い食感担当になっている。

◇フォレノワール ア ラ ピスターシュ(560円) ☆×4.2
 構成:ピスタチオクリーム・ムース+チョコクリーム・ビスキュイ+グリオットチェリー
 ピスタチオクリームはふわっと軽めな口当たり、コクと豆感をほんのり出している。
 下のムースは縁の下の円やか担当、このケーキは強い芯では無く全体の調和で魅せるタイプ。
 グリオットチェリーがキルシュではなく赤ワイン漬け、ここで深みがキルシュより深化している。
 チョコクリームはそこそこビター、全体的に見れば深さは感じるものの食べやすい範囲に思う。
 ビスキュイの密度が高く、アンビベでひたひたなのにべしゃらない細かい部分もレベルが高い。

◇ルージュ クレール(560円) ☆×3.9
 構成:フランボワーズムース・ピュレ+チョコムース+サブレ+ビスキュイ
 2種のムースは水分多目でトロトロ、気泡を感じさせない滑らかさでほんのり甘い優しい味。
 味の芯は多めに入ったフランボワーズピュレで、さっぱりとしつつも甘酸っぱさが主張している。
 酸味がきつくない絶妙な範囲で纏まっており、自然に美味しいがムースが優しいので酸味が前面。
 上部の構成で滑らかさを、下部のサブレでサクサクで上手く対比になっており面白い。

◇カスレット(480円) ☆×3.7
 構成:カスタードクリーム+バナナ+シュー生地
 ほわっと柔らかいあシュー生地内には、カスタードクリームが隙間なくたっぷり入っている。
 水分多目の滑らかで優しい味、ここの洋酒で強さを加えて丸さの中に力強さのある味。
 キャラメル風味のバナナはトロトロであまり固形のように感じないレベル、ここの香りとキャラ
 メルのほろ苦さで味はきちっと立っている。上部のキャラメリゼは弱め+ややシュー生地が弱い。

◇トラッシュ ア ロランジュ(490円) ☆×3.7
 構成:オレンジビスキュイ・ピール+コアントロームース
 食べた瞬間に最初にコアントロームースの円やかさと芳香+オレンジビスキュイのほんわり丸さ。
 この部分はエアリーな軽さを感じさせつつも水分多目、しっとりの食感でべしゃらずに収まる。
 その後に上部のピールによりほんのり苦みが出てくる、ここが後味にも出るので紅茶必須。
 オレンジのケーキではあるが、果実ではなくお酒や皮から組み立てているのでありきたりでない。

◇シャンティーキャラメル(320円) ☆×3.5
 構成:キャラメルクリーム+カスタードクリーム+シュー生地
 キャラメルクリームの多めの水分量によってとろける口溶け+甘さとほろ苦さが理想的バランス。
 カスタードクリームはぽってりだが優しい味で引きは軽め、クリーム量が多いが食べやすい。
 クリームはどちらも大変美味しいのだが、惜しむらくはシュー生地の弱さ=サクサク食感は良い
 ものの生地自体の美味しさがうーん…クリームの邪魔にしかなっていない気がする。

―――――――――――――――――購入した商品等(税込)―――――――――――――――――

店名通り酸味の使い方がかなり上手く、芯となるやや強い味に対して酸味や口溶けで自然にしつこく
ない範囲に落とし込んでいるため、クラシックベースのお店ながら万人向けの味になっている。

伝統をある程度下敷きにしつつ、酸味・香り面で他店の追随を許さない最先端店だと思っている。
というか、ミクニ出身のパティシエは本当に再構築に関してセンスある方が多くて凄い。

ケーキは普通の大きさでほぼ500円台、美味しさを勘案すれば非常にコスパは高いというか最高。
平日の雰囲気・サービスはいつ行っても良いのだが、休日は混雑しすぎて色々大変そう。

本当は300件用に去年から取っていたお店だが、手違いでフォルダごと消してキリ番に出来ず…
ほぼイートイン専用で写真が撮れない=レビューする概念が無いお店だが、また再訪します。

  • エーグルドゥース - ドゥーブルショコラ

    ドゥーブルショコラ

  • エーグルドゥース - シャンティフレーズ

    シャンティフレーズ

  • エーグルドゥース - トルシュオーマロン

    トルシュオーマロン

  • エーグルドゥース - タルト オ キャラメルサレ

    タルト オ キャラメルサレ

  • エーグルドゥース - フォレノワール ア ラ ピスターシュ

    フォレノワール ア ラ ピスターシュ

  • エーグルドゥース - ルージュ クレール

    ルージュ クレール

  • エーグルドゥース - カスレット

    カスレット

  • エーグルドゥース - トラッシュ ア ロランジュ

    トラッシュ ア ロランジュ

  • エーグルドゥース - シャンティーキャラメル

    シャンティーキャラメル

口コミが参考になったらフォローしよう

八坂牛太

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

八坂牛太(769)さんの他のお店の口コミ

八坂牛太さんの口コミ一覧(951件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名
エーグルドゥース(AIGRE DOUCE)
受賞・選出歴
スイーツ 百名店 2020 選出店

食べログ スイーツ TOKYO 百名店 2020 選出店

スイーツ 百名店 2019 選出店

食べログ スイーツ TOKYO 百名店 2019 選出店

スイーツ 百名店 2018 選出店

食べログ スイーツ TOKYO 百名店 2018 選出店

スイーツ 百名店 2017 選出店

食べログ スイーツ 百名店 2017 選出店

ジャンル ケーキ、カフェ、マカロン
予約・
お問い合わせ

03-5988-0330

予約可否

予約可

土日祝と繁忙期は電話での予約業務停止

住所

東京都新宿区下落合3-22-13

交通手段

・JR山手線「目白」駅より、徒歩約8~10分
・西武池袋線「椎名町」駅より、徒歩8~10分
・都バス「下落合三丁目」バス停より徒歩2分
(新宿駅西口、池袋駅、落合南長崎駅などから)

目白駅から556m

営業時間

営業時間

<店頭販売>
11:00~17:00

<イートインコーナー>
13:00~19:00

日曜営業

定休日

月曜・火曜(※月曜が祝祭日の場合は営業)

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

8席

(8人掛けテーブル1卓)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

近くにコインパーキング有り

空間・設備

オシャレな空間

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と

こんな時によく使われます。

ロケーション

一軒家レストラン

サービス

テイクアウト

お子様連れ

子供可

オープン日

2004年2月7日

備考

店内での撮影は禁止。
イートインコーナーで注文した品物の撮影も不可。

初投稿者

ウィーンの森の物語ウィーンの森の物語(2387)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗会員(無料)になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

目白×ケーキのランキング(点数の高いお店)です。

  • 1 エーグルドゥース - 料理写真:ケーク ケベコワ

    エーグルドゥース (ケーキ、カフェ、マカロン)

    3.96

  • 2 うぐいすと穀雨 - 料理写真:

    うぐいすと穀雨 (カフェ、パン、ケーキ)

    3.66

  • 3 カオリ ヒロネ - 料理写真:ソフトクリーム

    カオリ ヒロネ (ケーキ、チョコレート)

    3.65

  • 4 ルート・デュ・ショコラ - 料理写真:4種を購入

    ルート・デュ・ショコラ 目白店 (チョコレート、ケーキ)

    3.52

  • 5 赤丸ベーカリー - 料理写真:シベリア

    赤丸ベーカリー (パン、サンドイッチ、ケーキ)

    3.51

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ