【ウサギが主食】リエーヴル・ア・ラ・ロワイヤル : シュヴァル・ド・ヒョータン

レストランランキングTOP5000

シュヴァル・ド・ヒョータン

(Cheval de Hyotan)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

この口コミは、具留目恥垢さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

具留目恥垢

具留目恥垢(435)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性

12

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.4
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999¥10,000~¥14,999
12回目

2019/03訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

【ウサギが主食】リエーヴル・ア・ラ・ロワイヤル

昼に利用

今回は某店を通じて入荷したリエーヴルを目当てに訪問。

頂いたのは以下

蛤のフラン


昆布〆したサヨリと牡蠣のタルタル 山菜のベニエ
透明感のある綺麗な身のサヨリ。まずサヨリの味って認識してなかったですがこれはかなり美味いです。牡蠣とツブ貝のタルタルに山菜のベニエで春の息吹を感じます。こちらのシェフのマリネなど、魚の冷製前菜は好きですね。

・パテ・アンクルート
予てより作ってみたかったというパテ・アンクルート。ファルスは猪、鹿、雉のジビエ。まず私が一番うるさいパートの焼き具合ですが表面の焼き色は浅いですが内側までしっかり入ってます。これはかなりGoodです。食感も良い。ファルスも挽き具合とか食感とかもいう事ありません。比べるなら、現店で120人前のパテ・アンクルートを焼いたはいいが、焼き色が付かないと泣きながら知り合いのシェフに助けを求めた初代セリエのシェフやスペシャリテでやってるイノッチよりも個人的にはクオリティが高いと感じた。惜しむらくはファルスの焼き縮みが″無さ過ぎ″てジュレの入り込む余地があまりなかった事でしょうか。ラチュレで食べてからジュレも単なる埋め合わせではないと思ってるのでそこでバランス感整えばいう事ないと思います。


・ホワイトアスパラのポシェ
ホワイトアスパラにレモンバターソース、温卵、キャビア、ホタルイカ。

・リー・ド・ヴォーとモリーユ茸のフリカッセ
王道料理ですね。どっちも好きな物の組み合わせでとても満足感高いです。


・リエーヴル・ア・ラ・ロワイヤル
今回初めてやってみたというリエーヴル・ア・ラ・ロワイヤル。仕立てとしては変化球なしの王道。ファルスは挽きが細かめでカッチリした感じ。滑らかで一体感出過ぎてたのでもう少し繊維感を感じる方が良かったかも。フォアグラのポワレもあるが兎のみのファルスの為油脂感も少し足りなかったかもしれない。某店では「キュイエールで食べれる仕上がりを狙ってる」と言う。柔らかければ良いとは思わないが固めだとソースの乗りが悪くなるので刃を入れた時に崩れるくらいの仕上がりは目指した方が良いかもしれない。個人的には当然兎純度の高い物が理想ではあるが他素材を入れた場合のバランス感などは数こなしてなんぼなところはあると思う。さすがにやりなれてるシェフとは比べられないが、はっきり言ってお店としてはやる必要がないかもしれないこの料理を″料理人として″チャレンジしたいという熱意を凄く感じる物でした。それこそ出来が甘いと感じてた様々な料理も今ではとても進化している。なのでこのリエーヴル・ア・ラ・ロワイヤルも時間の問題ではないかと思います。期待しています!
セルヴェル付き。

・デセール
某著名人の実家かなんかで取れたというオレンジを使ったデセール。
これだけ何度も来ていながら今までほぼ被った事がないというのも凄い。


前も書きましたが毎月のフェアを一旦止め普段の料理を見つ直し精度を上げるようになってから劇的に良くなった気がします。
なんだか人を惹き付ける不思議な魅力のある店だと思います。
また伺います。
ご馳走様でした。

  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
11回目

2019/02訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

ピジョンとオマールのシヴェ

昼再訪

毎回書いてますが満席です。予約必須。

お任せコースにて。
内容は以下

・アミューズ 5種盛り合わせ
シュークルート、鰯のリエット、寒ブリのタルタル、自家製ハムとオリーブのピック、ベラベッカとフォアグラサンド。
シュークルートは豚の自家製ソーセージと肩ロース、脛、自家発酵させたキャベツのシュークルート。鰯は房総で大量に取れた物を潰してカナッペに。寒ブリは旨味が強く穂紫蘇の香りのアクセントが良い感じです。ベラベッカはパンデピス使った″フォアグラのオペラ仕立て″にも近い料理です。ベラベッカとの合わせは他ではあまり見ないのでとても良いと思います。

前菜1 菜の花とズワイガニ
菜の花とアボカド、フリットした里芋、玉ねぎのエチュベをズワイガニのエフィロシェと合わせた物。
ズワイガニのミソのソースと菜の花の茎の部分を使ったピュレ。
最初に野菜と蟹を合わせて頂き、ソースの配置的に野菜にカニミソ、ズワイガニに菜の花のピュレを付けて食べると判断して食べてみるとこれがとても良い案配。最初から混ぜ合わせてあるのも良いけど、自分で配分調整出来て良い感じです。

前菜2 牡蠣のグラチネ
大粒の牡蠣のグラチネと玉ねぎのガレット。上には軽くソテーした縮みほうれん草。玉ねぎの甘味がしっかりありますが、多めの縮みほうれん草と牡蠣とのバランス感が良いですね。いかにも~なオランデーズたっぷりのグラチネより軽く仕上がっており全体のまとまりが良いです。

前菜3 牛タンのサラダ仕立て
国産の牛タンを柔らかく茹で上げてから表面をカリっと焼き上げ。
生の野菜と軽くフュメしたインカのめざめを合わせた。これは美味いです。

魚 鰆のミ・キュイ
最近フレンチでの鰆が好きです。ミ・キュイに仕上げた鰆に白子と焼きリゾットを合わせてサフランのソースで。このサフランの香りの案配がとても良いですね。サフランは好きですがあまり多いとエグくなりますので。仕立てと味としては申し分ないですが、鰆のキュイはもう少し若くても良かったかもしれない。

・メイン ブレス産ピジョンとオマールのシューファルシ シヴェ・ド・オマール
以前オマールのシヴェやピジョンとオマールを合わせた料理についてシェフとお話させて頂きましたが、それを合わせたような料理。チリメンキャベツの中のファルスはピジョンの胸とオマール。キュイスとササミ、オマールの爪部分は別に添えて。
シヴェはジュ・ド・オマールをベースにコライユ、ジュ・ド・ピジョンやアバを加えて赤ワインでまとめた物。他所で頂いた物よりソースたっぷりでシャバめですが濃厚な甘味と旨味がしっかりしてて美味いです。シヴェ・ド・オマール以外に蛤から取った泡で魚介の風味をさらにプラス。キュイスを最初に食べた時に″家禽らしい″美味さを凄く感じましたが、今回のシヴェという仕立てにするにあたり、ラカンまでは使う必要ないですが、もっとワイルドな血のニュアンスのあるランド産ピジョンの方がもしかしたら合ってたかもしれない。印象として少しオマール寄りの感じが強かったので味の濃いブレスよりエトフェ感の強いランドの方がバランスが良かったかも。食べ比べないと分かりませんが。ただ料理のクオリティ自体や食べた満足感に関しては全く言う事ありません。シェフの進化を確信した瞬間でした。

・ショコラ・ブランとイチゴのオペラ仕立て
こちらではクレームを変えて何種類かのオペラを提供されています。苦手な人も多いショコラブランですが私はとても好きです。組み合わせもいう事ありません。

一品一品のクオリティもそうですがコース構成、抑揚などが最近特に良く感じます。
面白いお店になってきました。
既に次の訪問もしてますが、とりあえず。
ご馳走様でした。


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
10回目

2018/12訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

昼再訪

またまた大盛況です。

今回もお任せで。
内容は以下

・アミューズ セイコ蟹のウフブイエ


鯖のマリネ


牡蠣のポッシェ


蕪のスープとサーモンのミ・キュイ


雉のコンソメとクネル


・フォアグラのポワレ


・安納芋とキャラメルアイス


今回はちょっと変則的な構成でいつものようなボリューム感満載の山場となるようなヴィアンドがなく懐石のような流れの構成でした。
コースの構成や流れに関して今まで以上により考えるようになったという。
今までは月一程度で特定の食材に特化したコースをやってましたが、季節毎くらいでコース一本の日を
設けてたりしてみても良いような気がします。それだけの経験とスキル、パッションがあると思うので。
その時は例え間違っていたとしても次には必ず修正してくるし、常に思考錯誤している姿勢には恐れ入ります。
言い方はちょっと失礼になってしまうかもしれないが未完の大器というんでしょうか、進化していく料理を見ていくのが凄く楽しみです。
いつも本当にお世話様です。
また伺います。
ご馳走様でした。


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
9回目

2018/10訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

焼尻のプレサレ2018

昼再訪

本日も満席
女性率100割です。

頂いたのはお任せコース
内容は以下

・アミューズ4種
左から竹炭のポレンタとブランダード、キャビア乗せ。イチジクとストラッチャテッラと生ハム。戻り鰹のパネ。洋梨のスープ。

・前菜1 フュメした里芋と秋刀魚のルーロー
燻香香る里芋をマリネした秋刀魚で巻いて表面を軽く炙り。ミント風味の茄子のピュレと柿の赤ワイン煮。味や風味がぶつからずに良い組み合わせ。ガルニの柿も何気に違和感なく入り込んできます。

・前菜2 フォアグラのパヴェ
フォアグラとアルザスの菓子ベラベッカのモザイク仕立て。ベラベッカはシュトーレンのようなナッツやドライフィグなどの入った菓子。通常フォアグラテリーヌにはブリオッシュをよく合わせますが組み合わせとしてはこちらの方が良かったですね。これは新たな境地を開拓した気分。キルシュの風味が効いておりスパイスの効いた生地とフォアグラの相性が抜群。こちらでもフォアグラのオペラ仕立てという私の大好きな料理がありますがそういうパンデピスとかのスパイスの効いた物とフォアグラの組み合わせはやはり自分好みだと認識しました。こちらは定番化してもイケると思う。

・前菜3 栗のラヴィオリ 猪のラグー
おっとこれはイタリアン的な一皿。これは見た目でもう美味いと確信出来る。イタリアン経験のあるスタッフがいるのでその関係だろうか。ラヴィオリ自体はフレンチでもよく出されるが。栗のペーストを包んだラヴィオリにソースというよりは汁気のないサングリエの味つきミンチ肉といった感じの物。季節感もありラグーも非常に美味いです。

・前菜4 アオリイカのソテー
ココナッツミルクやコリアンダーなどのオリエンタルな仕立て。結構こういう仕立てがお好きな印象。前菜でイカも多用しますね。色々な組み合わせがまた毎回楽しみです。

・メイン 焼尻のプレサレ デクリネゾン
前回はセルのロティールでしたが今回はジゴのロティ、エポールのクスクス、メルゲーズの3種類盛り合わせ。セルに比べ若干味わいは劣るもののジゴらしからぬしっとりとした肉質に上品な旨味を感じる。その他も羊料理として定番の料理の盛り合わせですがこれも美味い。同じ素材使っても毎回変化をつけて楽しませる姿勢には本当に恐れ入ります。


・デセール
3種葡萄と生姜のグラニテ フロマージュブラン
見た目が凄い今風(笑)あまりここではこういうタイプのデセールは食べた事ないかも。最近パフェをよく食うせいかフルーツのパフェをアシェットにしたような印象もあったり最近の傾向としてのレストラン的な思考も感じたり。葡萄はピオーネ、巨峰、シャインマスカット。意外性があってかなり良かったです。

毎月やってたフェアを一時中断し自分の料理を1から見直し精度を上げる事に意識しだしたようです。
場所柄、客層的に普段触れない食材を使うという目的(の一つ)で始めたフェアのようですが何年か一通り使ってみて改めて身近な食材でクオリティを上げたいと感じてるようです。それによりいずれ通常営業の食材のランクアップを計り将来的にはコース一本にしても良いのではないかと思います。
行く度に魅力が増すお店。
初訪の時に未完成だったパズルにピースがどんどん埋まっていく。
そんな感じです。
また伺います。
ご馳走様でした


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
8回目

2018/07訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.4
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

念願のオマールフェア

夜再訪

ほぼ月1でやられるフェアの中でも最も人気の高い?オマールフェアに行く事が出来ました。デセール以外全てオマール海老を使った料理のコースで構成は前菜3、メイン、〆、デセールといった内容。

料理内容は以下

・オマール海老と雲丹・ホタテのコンソメジュレがけ
修行先のランス・ヤナギタテのスペシャリテをオマージュした物だという。中には温玉、燻製したホタテに上にはキャビア。よく見られる料理ではあるが通常の物よりオマールの量が凄い。これは絶対外さない鉄板料理ですね。

・オマール海老とジロール茸のレモンバターソース
デカイ爪2本分軽くポッシェした物に軽めのレモンバターソースとサマートリュフ。身よりも爪は比較的あっさりしてるので良い仕立てです。
何となく蟹酢のようなイメージ

・エスニック・オマールとバナナのベニエ
半日レモングラス等のスパイスに浸けたオマールに仕上げにピメント。合わせたのはフロマージュブランにコブミカンのペーストとカラマンシーヴィネガー。古典料理ではバナナのベニエとオマールの組み合わせは定番だという。海老はどう考えてもスパイスと良く合いますよね。名前の通りエスニックな仕立てですがちゃんとフレンチです。

仏ランド産ホロホロ鳥とオマール海老のバロティーヌ
オマール半身のロティ。頭部分はサヴァイヨンでグラチネにしテルミドールっぽく。身はコライユバターを乗せて焼き。コリアンダーの泡にオマールビスクソースとパプリカのソース。鶉や鳥と相性の良いオマールをホロホロ鳥でバロティーヌにした物のコンポジション。2つの同時盛りとはなんとも贅沢。豪快です。こういうメインは本当好き。鴨とか胸のロティ&キュイス、アバのパイ包みを同時に盛るような料理も数年前はよく見られたが今は別々に提供する事の方が多い。焼き上げのタイミングなどを考えたらそれが正解なのかもしれないけどメインってやっぱこういう見た目の方が個人的に好きです。

手打ちタリアテッレ アメリケーヌソース
イタリアンにいた経験のあるスタッフの打ったタリアテッレに殻をふんだんに使ったアメリケーヌ。食感のアクセントにオマールの卵も。何気にタリアテッレの精度も高く甲殻類の風味満載のアメリケーヌも美味い。海老ダシのリゾットなんかも〆に良いかもですね。

・桃のコンポートと白コショウのアイス
前にも頂いたデセール。白コショウが結構ハッキリ感じるんですけど違和感はないですね。これは結構面白いです。

来年のオマールフェアではオマールのシヴェなんかも食ってみたいです。


結構前持って予約した段階ではまだ席に余裕あったようだが当日は席が回転する盛況ぶり。
最近コース金額を若干値上げしたようだがそれでも客足が減らないのはこの内容とクオリティであればと納得してるからだろう。
料理人としての出だしが少し遅かった分こうしてシェフとしてやられていながらも非常に勉強熱心で熱意も強い。その証拠に数年通ってみてクオリティが増してる。
一つ一つ細かいところで言えばここより料理の精度の高い店は正直沢山あるとは思う。ただ科学的な要素の競い合いみたいな現状のあるフランス料理界において美味しさってなんだ?って考えさせられるような時もたまにある。
こちらは何も考えずに料理を楽しむ事が出来るレストランとして一番大事な要素を沢山持ってると思う。肉や魚もなくグルタミン酸の旨味成分などだけで食事を楽しむのは自分には無理だな。個人の嗜好性を否定する気は本当に全くないですけど。
今年は前回からの間がだいぶ空いてしまったがやはり通いたい店だという想いは変わらない。偶然にも良い出会いもありいつもより長居してしまいましたがそんな人と人を繋ぎ合わせるような不思議な力もある店なのかも。
また伺います。
ご馳走様でした


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
7回目

2017/12訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

2017年食べ納めはこちらで

夜に利用
2017年食べ納めに訪問

今まで夜訪問は結構空席もあったりしたが完全満席~
凄いです。結構無理矢理な感じで入れてもらって申し訳ありませんでした。

料理内容は以下

・アミューズ
左からフォアグラのオペラ仕立て雉キュイスのムースとネギのエチュベ玉ねぎのラヴィオリ、バターナッツカボチャのスープ
オペラは初訪問以来だがクオリティが増してる。ポルトの酸とパンデピスのバランス感が良い感じになってました。

・オマール海老のテリーヌ
チリメンキャベツで包んだオマールとレギュームのテリーヌ。爪も添えて。オマール半身分がっつり入った贅沢極まりない一品。オマールの半生くらいの火入れがとても良い感じで食感が凄く良かったです。

・フォアグラのロワイヤル
以前のフランもそうでしたが表面積を広く取り浅くした仕立て。それにより加熱加減が均一化しやすく非常に良い状態。鴨のコンソメと合わせフォアグラのポワレを乗せて。コンソメの引き方も良く香りが堪らない。非常に良かったです。

・キノコを詰めたブリオッシュ
4種のキノコ(トランペットやジロール?)をブリオッシュに詰めマッシュルームとシェリーヴィネガーベースのソースで合わせた。上に冬トリュフを張り付けて。茸類を中心に構成した物だがブリオッシュとの合わせで単純、単色にならず面白い仕立てになってました。

金目鯛のヴァプール 白子のリゾットと共に
ソースはバターとケッパークルトンを合わせたグルノーブル風。こちらのシェフはポワソンも身に合わせた火入れをしてるので毎回美味しい。特に好きな金目鯛となれば満足しないわけがない。

・コルヴェールのロティ
こちらも初訪以来のコルヴェール。青首ではなくメスの真鴨。個人的に鴨はメスが好きなんで良かったです。ソースはベリー系の少し酸を感じるソースだが身質の優しい真鴨にしっかり合ってました。キュイソンはもう精度が確実に上がってますね。最近コルヴェールのような大型な鴨においてはキュイスは固いのでコンフィやブレゼみたいな仕立てにも惹かれたりしてた。こちらはロティで実際固さはあるもののキュイスの味がストレートに感じる事が出来て本当に良かった。コンフィ、ブレゼだと食べやすくはなるが他要素が入ったりして個体そのものの味は少々弱くなる。やはりジビエをストレートに味わいたいならロティが良いと改めて感じた瞬間だった。
2017年食べ納めにふさわしい内容だったと思います。

抹茶のオペラ
オペラ好きに嬉しい一品。通常クレーム・オ・ブール・カフェだが抹茶。ピスタチオのオペラなんかも凄く好きなんですけど抹茶でも和に寄り過ぎずビスキュイジョコンドオペラの食感も良くて凄く好きな味でした。定番化してもウケそうですね。


・トリュフのクレームブリュレ トリュフのアイス添え
実はスフレとかデセールにトリュフを合わせるのがあまり好きではない。卵とトリュフは絶対合うはずなんだけど香りのベクトルが料理の時とは違う印象を受けるんですよね。芳香というよりは寧ろ臭みに変わってしまうみたいな。こちらはそういったトリュフの嫌な方向性が出ておらず香りや甘さの融合感も合って良かったです。

通い始めてから進化著しいと感じるお店。そういうのを感じながら通い続けるのが凄く楽しい。
お世話様でした
また伺います。
ご馳走様でした


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
6回目

2017/10訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

進化したジビエ 雷鳥

昼再訪

この日も満席。
予約が取れなくなるような店は目指してないと言いどちらかと言えば地域密接タイプで始めた店だとは思うがなるべくしてなったと言えるだろう。
あまり前もって予約入れないと行けなくなるのは困るがようやく正当に評価されるようになったと思う。

頂いた料理は以下。

・アミューズ
左からトマトとアボカドのブルスケッタ、オリーブ、タルトフランベ、ゴボウのスープ

・カリフラワーのムース ウニと貝類 コンソメジュレ
このテの前菜は特に好きです。ウニだけでなくツブ貝やホタテ、海老などでリッチな仕上がりに。

・フォアグラのポワレを浮かべた栗のスープ
ポルト酒を詰めたソースをアクセントに。栗のナチュラルな甘さが凄い。フォアグラのポワレは甘いソースが良く合うがそういう感覚での相性も良かった。トピナンブールのヴルーテとかよりこの栗の方が良い合わせ方だと思う。


・ヤリイカのタルタルとスミイカのソテー 赤茄子とサラダ添え レモンのソース
イカスミのチュイルも添えて。タルタルは秋トリュフと合わせて。箸もあるので箸を使うと右から食ってしまいそうだが、左から食べると生から加熱した物への食感や香りの変化が楽しめる。個人的にはスミイカの方がかなり好きでした。

・ガストリックで絡めた牡蛎のフュメと蓮根餅
ガストリックで牡蛎を転がしたあと軽くフュメ。牡蛎の燻製は加熱過多になりがちだが食感の残し方も良かったです。蓮根餅は中華の大根餅の蓮根ヴァージョン?みたいな感じで結構好きかも。中華の大根餅が好きなんで。

雷鳥のロティ ソースサルミ
半身のロティ。サルミも身の強さに合わせて過去のジビエのサルミよりしっかりめ。
こちらの場合食べやすさも重点に置いており過度なフザンタージュは施さないが元々香りが強い雷鳥においては十分個性が出てる状態。美味いです。
元々雷鳥に関して半身提供なのかはわからないが量感配慮しての半身だったらアンティエでも全く問題ないので大丈夫です。

・チョコレートの一皿
チョコレートで蓋をした中にはチョコレートムースやオレンジのソルベ、エスプレッソのグラニテ。温かいチョコレートソースをかけて蓋を溶かし中を混ぜて頂く。小人数でやってる店は大方デセールが弱いがこちらは〆もしっかりしてるので余韻が良いです。

感想
ジビエに関しては基本サルミ系だが確実に精度が増してるかと。ジビエ初めての人でも受け入れやすく初ジビエ経験したい方には是非オススメしたい。
基本プリフィクスの店だが、完全にシェフに委ねてお任せにしてみてもかなり楽しめると思う。
【池袋で行くなら】から【フレンチを食べるなら】というところまで確実に進化してると思います。
毎回書いてますが値段ヤバ過ぎです。
いつもありがとうございます。
また伺います。
ご馳走様でした~


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
5回目

2017/08訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

凄い焼尻のプレサレ

昼再訪

以前も昼に行った事ありますが今回は初のランチコース利用
店内は超満席。滞在中も予約の電話鳴りっぱなしの人気店。凄い!

頂いた料理は以下

・モンサンミッシェル産ムール貝
サフランと合わせたベーシックな仕立てだが、ニョッキやジロール等と合わせた物で合わせ方も良かったと思います。

・新秋刀魚と燻製した里芋 焼き茄子とミントのピュレ
燻製した里芋を炙った新秋刀魚で巻いた物。最近ミントを料理に合わせる事へ可能性の高さを感じてますが、こちらも相性の面で良かった。

鱧のベニエ アボカド、紫蘇、梅干しのピュレ
とりあえず鱧が美味い。シェフご自身は合わせたピュレは和っぽいと仰ってましたが和食で食べる物との差別化がしっかり出来てるのでコース間に取り込んであっても全く違和感はありません。美味

・鰻のフュメ
鰻に燻製をかけ、下にはトウモロコシピラフ。上にはコリアンダーと茗荷。
鰻と米との相性は言うまでもないだろう。多分フレンチであればラケした鰻とリゾット、時期的にあればマンジマップのトリュフを合わせるみたいな調理法が多いかと思う。こちらのは素材的に和素材も多いが和に寄りすぎず独自の感性が面白い。燻製にかけたからコリアンダーや茗荷と合わせたのかコリアンダーや茗荷と合わせるから鰻を燻製にかけたのかわからないがそこら辺の香りの合わせ方が凄く良かったです。

千葉県産黒アワビと原木椎茸 肝のタップナードソース
何という贅沢。中華では鮑と茸類をよく合わせるがスライスして炒める仕立てが大半かと思う。ヴァプールした鮑の厚みを残したまま他の素材と食感を合わせる提供の仕方はあまり経験がなくこれがまた良かった。鮑自体がそもそも当然美味いのだが、それに負けじと椎茸が美味く食べ進めてる間、どちらかの印象が薄くなる事もないので余韻が良い。

焼尻のプレサレ 鞍下肉のロティ
去年メニューで見たプレサレを食べてみたくリクエスト。部位はセル。見た目は綺麗なピンク色。以前他所で聞いた焼尻のプレサレは赤々しく身の弾力も強いと聞いた。なのでアニョードレかと思ってたら違うらしい。身の旨味、脂の旨味が極上。これは美味い。前回主張が強かったガルニも今回は繊細な旨味を邪魔しない感じで皿の完成度は言う事ありません。満足です!

・ピーチメルバ
パフェ仕立てになってますが桃に合わせたのは何と白胡椒のグラス。このスパイシーな感じが意外に違和感なく相性良くて良かったです。やっぱデセールも良いですね。

以上となります。
今回コース上にフュメした料理が2皿ありましたが、間隔というか間の置き方が良いので料理的に被りを感じる事もなかった。
今回何と言ってもやはりプレサレが美味すぎでした。同じ国産でのセルダニョーで比べるならラチュレより良かったかもしれない。
それから全体的に香りや食感の合わせ方などもこちらの意識的に訴えかけてくるものがあり良かったと思います。
相変わらず値段もヤバい(笑)
また宜しくお願いします

ご馳走様でした~


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
4回目

2017/05訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

ロゼールのアニョーとかオマールブルーとか

再訪

仏産仔羊がありそうなタイミングを狙って行ってみた。
今回もお任せコース

料理内容は以下

・アミューズ
雲丹と牡丹海老 コンソメジュレ
アミューズとしては初となる盛り合わせ以外の物。
合わせ方が上手いと思った。

・前菜1
北海道産アスパラと時知らず 温玉とベーコンの泡
こちらあまり認識されてないかと思うが素材が凄く良い。時知らずが美味い。もっと客単の高い店で出てくるような桜鱒よりも美味かった。ベーコンその物ではなく風味を付けた泡で合わせる事により全体的な統制感も良かったと思います。

・前菜2
帆立のポワレと豆のサラダ 茄子のピュレ
帆立はパン生地でサンドしてセニャン~ア・ポワンくらいに仕上げた物。帆立がデカい。取り合わせも良かったです。

稚鮎のフリットと和歌山県産鮎のパテ
多くのお店の場合コンフィだったりパテだったりしますが、一皿に両方盛り付けたのは初めてかもしれない。コンフィ、パテ双方に良い面があり鮎料理としてどっちが良いか決められないところがあるんですが、一皿で両方味わえるとは贅沢極まりない。これはかなり良かったです。ちょうど近い期間にレストランコバヤシでも同じ和歌山県産の鮎のパテが出てきましたが、味の濃さではコバヤシのが上だったが苦味など鮎そのもの感はこっちの方があったかも。

オマールブルー
ミ・キュイくらいの仕上がりで冷製~常温くらいの温度帯かな。赤ピーマンのムースにトマトベースのソース、バルサミコ。某店のテリーヌを彷彿とさせる組み合わせだが、それを再構築したような構成で良かったと思います。ただアントレなのかポワソンなのかの判断がつかないところはあったかも。

仏ロゼール産ジゴ・ダニョーのロティ
部位は腿。こちらでは半頭買いしてるらしく部位そのものはタイミング次第で様々だと言う。ロゼールはまだジゴしか食ってないので他産地のキャレとは断定的に比べられないがやはり印象としてはシストロンやピレネーに比べると仔羊独特な香りは穏やかな印象。オーストやニュージーのジゴ・ダニョーは煮込む事が多いかと思うが、アニョー・ドレらしくしっとり柔らかな肉質はロティでも美味い。香りが弱い分誰にでも食べやすいが仔羊というとオーストやニュージーをイメージする人には物足りなく感じるかも?しかし国産のサフォークのように″肉″というカテゴリに納めるなら上質で美味いと思う。ただ今回はジゴの香りが穏やかな分合わせたガル二のシューとベーコンの燻香の主張が目立った印象は少しあった。もちろん全く不満の感じる物ではなくシェフらしいアプローチがあってそこら辺も良かったと思います。

・ヨーグルトのグラスを詰めた枇杷のコンポート
最後はサッパリ系で。

となります。
やはり段々と色が出てきた感じでここへ来るための意味というのもしっかり実感できるようになってきた。今回は前菜系が特に良かったと思います。
次のお任せも何が出るか楽しみです。
ご馳走様でした。

  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
3回目

2017/02訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

再訪

今回は素材一切指定せずの訪問。
任せる楽しみも出来て良い感じになってきました。

今回の料理内容は以下

・アミューズ
今回は皿も変えてみたり。そば粉のブリニとキャビアやイチヂクとフォアグラ等々。アミューズながらリッチで作り込んだ感もあり良い感じです。

・前菜1
寒ブリと昆布のジュレ
前回頂いたカワハギと仕立て自体は近いがまた違った美味さもあり。皿の使い方とかも進化が見えて良かったです。

・前菜2
ブーダンノワール
フィユタージュで挟み間にはリンゴのビュレ。付け合わせは紅玉と青リンゴ。以前アミューズで出てきたブーダンノワールが美味しかったのでもう言う事はないですが。フィユタージュの上のカシューナッツにトリュフ的な香りも付いてたり。完全に自分の主観ですがブーダンノワールの美味い店は料理に外しがない。

・前菜3
蛤のフラン
山菜と合わせて和っぽいニュアンスもあり。この日のお昼に食べた某店のフォアグラのフランがかなり残念な感じでしたがこれはなかなか面白い一品で良かった。

・魚
ノドグロのポワレ
こちらでポワソンのポジションにあたる魚料理は初めて。もうノドグロ自体があからさまに美味い。合わせたのはレモングラス風味の軽いソース。これがまた良かった。ノドグロともなればそれだけで美味いのでブールブランや他要素が強い物と合わせると少々勿体ない。その点こちらはノドグロの味はしっかり味わえながらレモングラスの風味との相性も良かった。

・メイン
ペルドローグリのパイ包み焼き ソースペリグー
半身使った物。胸はミンチ状にして豚足と合わせて
パイ包み焼き。キュイスはそのまま焼いた物。以前のコルヴェールもそうだったがパイ包みは基本的にフィレではなく細かくして何かと合わせる事が多いという。ジュストキュイ目的と香り閉じ込める意味でならフィレ、ワンポーションとして一体感のあるフィユタージュの料理を目指すなら肉はミンチ状の方が良いのかな。フィレなら表面の焼きが欲しいところだし個人的にパイ包み焼きならこういう仕立ての方が好きかな。上手く両立させてるラチュレや芯温計使わないで温度を推測する域に達してるキャリエみたいな店もありますがそういう店は極稀。そもそも最近のモダンフレンチと言われるような店はパイ包み自体やらないしね。今回は白肉という事で相性の良い軽めのペリグー。今回が一番皿数多い構成でしたがメインたる存在感のしっかりあるもので満足です。

・デセール
イチゴのスープとピスタチオのグラス
自分はパフェ好きなんでこういうスプーン突っ込んで食べるデセールは好きです。毎回違った物楽しめて良いです。

感想
もうどうこうとかいうのはありません。あとはひたすら突っ走って欲しいです。今後も多分お任せ訪問になるかと思いますがもしなにか使いたい食材とかやりたい料理があれば実験台大歓迎です!
あっそういえばこれまた初となる料理に少量づつペアリングで合わせてもらったのですが日本酒があったり結構良い感じで面白かったです。体調次第だがまたそんな感じで飲んでみようかな。
また宜しくお願いします
ご馳走様でした。

  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
2回目

2017/01訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

期待の星

初の昼利用
このレビュー前にまた再訪してますがとりあえず

お昼は入口付近は陽光も入り落ち着いた雰囲気で素敵です。
お昼ですが今回時間の都合で無理を言って夜コースをお願いしました。お忙しいところ申し訳ありませんでした。

料理内容は以下

・アミューズ
聖護院かぶのスープ、ブランダード、グリーンオリーヴ、ブルスケッタ

・カワハギのタルタル
所謂カワハギの肝和えのような仕立てを茄子で覆った一皿。実際のところフレンチでは醤油が使えないためキレ不足を懸念するところもありますが、和テイストになりすぎずかと言って味わい不足にもならない感じで非常に良かったです。

・フォアグラのフラン
通常フォアグラのフランだと深いココットでやる店が多いが浅い器でなんかしらの理念や拘りが表現されてて非常に良かったと思う。付け合わせのレギュームのフリットも口変わりに良かったです。

・白子のデクリネゾン
白子を様々な調理法で。
白子自体和も洋もイケる素材ですが、こうして一皿に盛り込むのは初めての経験。和テイスト、王道フレンチテイストを同時に味わえる贅沢な逸品でした。フランが特に面白かった

・スコットランド産ベキャスのロティ ソースサルミ
過去頂いた鳥類ジビエはアバはピックに刺しての提供でしたが、今回はパッセしてソースに溶かし込む仕立て。ベカスの場合は全てベカスで構成した方が良いとのお考えで自分も常々そう思ってるので良かったです。ベカスの場合皮が薄く中に火が入りやすいので前回のパロンブの様に表面をガッツリ焼いてしまうと台無しになりますが、しっかり身の質に合わせたキュイソンを施してるところも垣間見えて良かったです。

・リ・オレ
フレンチらしさのあるデセールです。やっぱり場所とか客層とかに合わせるところはあるにしてもフランス料理として譲れないブレないところにこちらの魅力を感じます。某アシェットデセールの店でイチゴのリゾットを食べたのですが、リ・オレみたいなデセールかと思ってたら完全に料理仕立てで全然美味くなかった。お連れ様はその場でハッキリ「苦手」と言ってしまったくらいの物でしたが、こちらは良かったですね。〆までちゃんとしてるのは非常に後味が宜しいです。

感想
上記にも書いたが、和テイストも入れてもフランス料理としてブレない拘りと理念を感じます。初訪に書いた美味しい店を越えて欲しいという想い通り美味しい″だけ″のお店から抜け出した印象があります。ストイックに進化させ続けられる感じですね。あとは何と言ってもこちらが申し訳なくなる値段の安さ。2017年現在、現状では自分の感覚だとジビエに関してのCPは都内有数で優れてると思う。
いやーやっぱり一回行っただけではお店の本質とかはわからないですよね。去年再び訪れて進化して通いたいと思わせてくれた素晴らしいお店だと思います。
また伺います!
ご馳走様でした


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
1回目

2016/11訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

パロンブ

再訪

1年ぶりになってしまいました。
今回はなんとパロンブが入るとの事で行ってきました。ヌーヴェルエールが今年は入れなくなったんで他所にも回りやすくなった感じでしょうか。
前回はカルトオーダーでしたが、お店からの提案でコースに追加料金でメインを差し替えという形をとらせてもらいました。

内容は以下
・アミューズ
ブーダンノワールやオリーヴのピンチョスなど。
ブーダンノワールが地味に美味い。

・前菜1
ヤリイカのタルタル トリュフの香り
コースの固定料理。親交のある某店の料理にインスパイアされた物だとか。ドレッセが良いですね。イカとトリュフが意外に相性良く美味かったです。

・前菜2
リードヴォーのムニエル
パテアンクルートとの選択から季節感のあるこちらを。4種のキノコとブルーチーズのソースとの合わせ。ブルーチーズ自体実は得意ではないのだが、これは凄く良かった。全体の統制感が素晴らしいです。ただ今見返すまでリアルタイムでは本当に全く気づかなかったけど前の皿とドレッセが被ってるかな。ピンで見れば凄く綺麗だし良いんだけどこっちの皿は中心盛りとか散らしたりしてももしかしたら、もしかしたらですけど良かったかも。あくまでも超個人的な視点ですので気にしないで下さい。

バスクの森鳩【パロンブ】のロティ ソースサルミ
う~ん。まずシンメトリーなドレッセが素晴らしい。美し過ぎます。シェフの可愛らしい見た目からは想像つかないイカしたドレッセです。最近はこういう盛り方する店も少くなった。豚の血を入れたサルミ。やっぱりラミエに比べるとキュイスが小さい。前回コルヴェールで気になったキュイソンの精度も今回はバッチリでした!フライパンでアロゼしながらのキュイソンながらこの精度はかなり良いと思う。表面とのコントラストやアセゾネも自分好みの具合で文句なし!今回の総額分が追加料金だった某店で食べたパロンブより美味かった。身の味がかなり良かったです。

・デセール
パンペルデュ
本当はタタンが良かったのだが切らしたとの事でこちらで。こちらの特徴としてデセールも一工夫ありながらフランス菓子らしさを損なわない物で良い感じです。

感想
本人の意識にあるかどうかはわからないが、確実に去年よりあらゆる意味でクオリティが上がってると思う。一皿毎のテーマをしっかり打ち出しより印象深い物になってる。男顔負け?って言い方は失礼になるかもしれないが、最近のぬるい男共の料理より力強く深い料理だと感じる。
う~ん。ここもある程度の頻度で行きたいお店の仲間入りしましたね。
ありがとうございました。
また伺います。
ご馳走様でした。

***************************************************************************

夜に利用

マイレビュアー様のレビューで初めて知ったお店です。
よくよくFacebookなどを拝見するとジビエなどもやられてるようなので時期に合わせて行ってみました。
池袋からそう離れてませんが駅前の喧騒が嘘のように静かなエリア
お店は結構広いですね。
女性スタッフで揃えてるのは狙いで女性お一人でも気兼ねなく入りやすいようにとの意図があるようです。


予めお願いしてたのはピジョンラミエでしたが良いのが入らなかったとの事でソローニュ産のコルヴェールを頂く運びとなりました

頂いた料理は以下!

・前菜
フォアグラのテリーヌオペラ仕立て
多分こちらのスペシャリテ
所謂ガトーフォアグラという料理でパンデピス、ポルトのジュレ、こちらではリンゴと合わせてあります。

・メイン
ソローニュ産コルヴェール2種の調理法
キュイスはパイ包み焼きでトリュフ風味のサラダ添え
胸はローストでソースグランヴヌール

・デセール
ダッコワーズのパルフェ仕立て
ダッコワーズをパフェ仕立てに


感想
元々自分のレビューのスタンスとしてはお店の人が見てるのを前提という感じなんで最後シェフに「率直な感想お聞かせ下さい」と言われ思った事は全て伝えたのであえてここで料理についての詳細は書きません

全体の印象としては
基本的な料理は客層やターゲット的にクラシックベースながらも軽快さを持たせた重すぎない料理。
ですがジビエに関してはやはりクラシカルなしっかりしたソースが合うとのお考えでその通り力強い味わいのある料理でした。
ソースなんかもしっかり作れる印象

ターゲットが地元の方、特に女性との事ですが男性でも物足りなさを感じる事はないと思います。
サービスも良い感じで初めてでもすぐに馴染めました。

精力的に毎月フェアーをやったりしかも仔豚丸焼きとか?普段の料理から想像もつかないような事もやられてるようで面白いんじゃないですかね。

美味しかったです。
ただ美味しいお店ってのは結構あると思うんですよね。
美味しいお店を更に越えて欲しいし越えれると思ってます。

また伺いたいと思います。

ご馳走様でした。


  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -
  • シュヴァル・ド・ヒョータン -

口コミが参考になったらフォローしよう

具留目恥垢

具留目恥垢

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

具留目恥垢(435)さんの他のお店の口コミ

具留目恥垢さんの口コミ一覧(1197件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 シュヴァル・ド・ヒョータン (Cheval de Hyotan)
ジャンル フレンチ、ビストロ
予約・
お問い合わせ

03-5953-3430

予約可否

予約可

住所

東京都豊島区西池袋3-5-7 ウィルコート 1F

交通手段

JR池袋南口より徒歩6分

池袋駅から548m

営業時間

11:30~13:30(L.O) 18:00~23:00(フードL.O.21:00 ドリンクL.O.22:00)

日曜営業

定休日

水曜日と第2・第4火曜

予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥2,000~¥2,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥8,000~¥9,999 [昼]¥3,000~¥3,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料なし、チャージ料ディナーのみ300円

席・設備

席数

22席

(カウンター8席、テーブル14席)

個室

(6人可)

貸切

(20人以下可、20人~50人可)

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

店舗横と正面にコインパーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、ソファー席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

デート 接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

※10歳未満のお子様のご来店はご遠慮いただいております

ホームページ

http://cdhyotan.com/index.html

オープン日

2012年8月

初投稿者

YlangYlangYlangYlang(601)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

周辺のお店ランキング

池袋×フレンチのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ