日本蕎麦というよりタイ料理 : 香味つけ蕎麦 七並

 

香味つけ蕎麦 七並

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

関連店舗

  • 料理・味 3.14
  • サービス 3.10
  • 雰囲気 3.08
  • CP 3.08
  • 酒・ドリンク -
  • 行った 101人
  • 行きたい 349人

評価分布

このお店は休業期間が未確定、移転・閉店の事実確認が出来ないなど、店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留しております。店舗の掲載情報に関して

予算:

昼の予算 ~¥999

定休日:
6月定休日、4日、11日、18日、25日

この口コミは、桜庭ピエロさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

桜庭ピエロ

桜庭ピエロ(517)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・神奈川県

1

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2015/11訪問

  • dinner:-

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
  • lunch:3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

日本蕎麦というよりタイ料理

私が初めてタイのバンコクへ行ったのは1994年の9月だった。
当時私の高校時代の同級生がバンコクに住んでいて
面白いところだから遊びに来いというので行ってみたのだ。
それまで私は東南アジアには行ったことがなく、
イメージ的にはビルも無いような田舎を想像していたのだが
初めてバンコクの街に着いた時にはその大都市ぶりにとても驚いた事を憶えている。
そしてタイと言ったら何と言っても食、タイ料理だろう。
カオパット、カオマンガイ、バーミーナーム、パッタイ、ヤムウンセン、トムヤムクン・・・
どれも私の口に合いすっかりタイに嵌ってしまったのだ。
それからというものタイには何十回と遊びに行って美味しいタイ料理を食べてきたのであるが
タイ料理によく使われる食材でどうしても苦手なものがある。
それはタイ料理と言えばこれ、パクチーなのである。
知らずに初めて食べた時、このドクダミのような草はなんなんだ!とビックラこきブルーになった。
私はこのパクチーがどうしても苦手で予め入っているのが分かっている料理の場合は
店員さんにパクチーを入れないようにいつもお願いしていたのである。
そんな私ではあるが、ある日仕事で新宿の街を歩いていると
パクチーが丼に山盛りになっている画像が目に飛び込んで来た。
良く見てみると日本蕎麦の上にパクチーが盛ってあるようだ。
ラー油のつけ蕎麦と書いてあるので西新橋の港屋のような蕎麦なのだろうか?
この山盛りのパクチーを見てドM魂に火が付いた私は
ヨッシャー!20年前は食べられなかったが今なら食べられるかも知れないと
なんの根拠もなかったが迷わず店に突入した。

店は飲食店ビルの1階の奥の方にあり通りからだとちょっと分かりずらい。
扉を開けるといらっしゃいませ!と元気の良い声に迎えられた。
券売機でパクチーつけ蕎麦(850円)の食券を買い店員さんに渡すと
つけ汁が温かいものか冷たいものかと聞かれたので温かい方でお願いした。
店内はカウンター席のみで18席。
一目見て分かるが夜はバーになるようだ。
店は男性2名、女性1名で切り盛りしている。
12時ちょっと過ぎで店内は3割程の入りとちょっと不安がよぎるが
そんなことは置いといてパクチーとの戦いに集中しよう。

待つ事15分ほど、意外に時間が掛かって出て来た蕎麦はパクチーがてんこ盛り。
先ずはパクチーを除け蕎麦だけを食べる。
十割蕎麦の様な色をしていて太さは一般的な太さ。
長めにカットされた蕎麦はモチっとした食感で量もそこそこある。
つけ汁は思いのほか赤く蕎麦つゆにラー油を入れただけのものとは違う。
蕎麦だけをつけてたべるとレモングラスが入っているのだろうか?どこかで食べた事が有る味。
今度はパクチーと蕎麦を一緒につけて食べたら一気にタイ料理になった。
このつけ汁はトムヤムスープのような味なのである。

そして20年振りのパクチーは克服できたのかというと
う~~ん、やはりパクチーは苦手だ。
全く口に出来ないという訳ではないが出来れば食べたくない味。
半分ほど食べたところで卓上にある無料サービスの生卵の黄身を投入。
辛いスープがマイルドになって二度楽しめた。
最後に蕎麦湯を頂きご馳走様。

12時半を回って周りを見るといつの間にか満席になっていた。
港屋ほどの賑わいはないがこちらも中々の人気店のようだ。

食器を返却口に持って行きご挨拶して店を後にする。
もう私がパクチー蕎麦を食べることはないと思うが
これでもか!とパクチーが盛られているので
パクチー好きの人にはオススメの店。
店員さんの接客も丁寧なので女性一人でも安心だ。

  • 香味つけ蕎麦 七並 - パクチーつけ蕎麦(温)

    パクチーつけ蕎麦(温)

  • 香味つけ蕎麦 七並 - パクチーてんこ盛り

    パクチーてんこ盛り

  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 - 無料サービスの生卵

    無料サービスの生卵

  • 香味つけ蕎麦 七並 - ご馳走様でした

    ご馳走様でした

  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -
  • 香味つけ蕎麦 七並 -

口コミが参考になったらフォローしよう

桜庭ピエロ

桜庭ピエロ

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

桜庭ピエロ(517)さんの他のお店の口コミ

桜庭ピエロさんの口コミ一覧(1082件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名   香味つけ蕎麦 七並

このお店は休業期間が未確定、移転・閉店の事実確認が出来ないなど、店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留しております。店舗の掲載情報に関して

ジャンル そば
住所

東京都新宿区新宿3-8-2 クロスビル 1F

交通手段

新宿3丁目駅C5出口をでて30mです。
新宿ISETANより徒歩3分。

新宿三丁目駅から210m

営業時間

11:30~14:45(LO)/日、祝17:00まで
※日、祝は食材、ダシ無くなり次第終了となります。

日曜営業

定休日

6月定休日、4日、11日、18日、25日

予算
[昼] ~¥999
予算(口コミ集計)
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

サービス料・
チャージ

なし

席・設備

席数

17席

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

料理

野菜料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://shichinarabe.com

オープン日

2013年9月14日

お店のPR

こだわりの自家製蕎麦をパンチの効いたラー油つけだれで召し上がれ!

ピリッと辛みの効いたラー油と香り豊かな特製香味つけダレに自慢の蕎麦をつけて召し上がって頂く、新しい蕎麦の提案です!! 巷で大人気のパクチーを使った蕎麦もありますので是非是非。

初投稿者

LUReeLURee(198)

お得なクーポン

  • ※ クーポンごとに条件が異なりますので、必ず利用条件・提示条件をご確認ください。
  • ※ プレミアムクーポンの利用には、クーポンの発行が必要です。
  • ※ プレミアムクーポンはプレミアム会員限定のサービスです。

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

新宿×そば(蕎麦)のランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

The Tabelog Award

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ