ラーメン一期一会 麺屋 翔 本店【壱参】 ~10月2日にオープンする3号店の『麺屋翔 みなと』で提供される「宇和島真鯛の塩らーめん」を本店で本日限定で~ : 麺屋 翔 本店

麺屋 翔 本店

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

ラーメン百名店TOKYO2018選出店

食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2018 選出店

  • 料理・味 3.64
  • サービス 3.59
  • 雰囲気 3.58
  • CP 3.58
  • 酒・ドリンク 3.55
  • 行った 7170人
  • 保存 38857人

評価分布

この口コミは、ramen151eさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ramen151e

ramen151e(1864)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

2

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999¥1,000~¥1,999
2回目

2018/09訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ラーメン一期一会 麺屋 翔 本店【壱参】 ~10月2日にオープンする3号店の『麺屋翔 みなと』で提供される「宇和島真鯛の塩らーめん」を本店で本日限定で~

訪問日:2018年9月21日(金)

本日のランチは、10月2日に新宿野村ビル地下二階レストランフロアに3号店の『麺屋翔みなと』をオープンさせる『麺屋 翔』本店へ!

昨日、こちらの店の大ちゃんこと大橋店主がTwitterで、この3号店で出すラーメンを明日1日、本店で限定販売するとツイートしていて!
添付された画像を見ると、「宇和島真鯛の塩らーめん」に「醤油らーめん」ということで!

ラーメン画像はなかったけど…
3号店では、どうやら、鮮魚の真鯛を使ったラーメンで勝負するんだね♪

でも、真鯛ラーメンといったら、第一人者の『真鯛らーめん麺魚』があって!
『鯛塩そば灯花』もある!

さらに、「ミシュラン」のビブグルマン掲載店で!
今年こそは星を獲得するために店を移転させた『SOBAHOUSE金色不如帰』も、「塩そば」を動物系を使わない「真鯛と蛤の塩そば」へとリニューアルしてきていて!

さらに、『麺魚』が大ヒットしたことで、都内には多くの「真鯛ラーメン」の店が誕生している!
そんな中、これらの既存店に対して、大ちゃんは、果たして、どんな「真鯛ラーメン」を出して、差別化を図っていくんだろうか?

大ちゃんに3号店のコンセプトも聞ければいいと思って!
店へと向かうことに♪

今日の東京は、あいにくの雨…
でも、大ちゃんの店は、近くの学校に通う学生や、近郊のオフィス街のお客さんを中心に人気が高い店で!

そして、今日は、この限定のみの営業で…
限定数はなしで、夜まで提供できると、大ちゃんがツイートしていたので!

お昼のピークを外した午後の1時30分になる時刻にやってきたところ…
思惑通り、外待ちはなく、すんなりと入店できた♪

そして、まずは、券売機で食券を買うんだけど…
本日のメニューは、「宇和島真鯛の塩らーめん」に「宇和島真鯛の醤油らーめん」の2種類で…

それぞれに、「味玉」、「チャーシュー」、「特製」の各トッピングバージョンがあって!
サイドメニューは「帯広豚丼」!

どうしようか!?
迷っていたら、後ろにお客さんが並んでしまった(汗)

焦って、購入したのは「塩チャーシューメン」と「帯広豚丼」の食券!
「鯛雑炊」の用意はなかったので、このときは、せめて、ライスくらい用意してくれればいいのにと思ったんだけど…

あとで、券売機の画像を見たら、右下に「ライス」のボタンを見つけて…
しまったと思ったけど、後の祭り(--;)

そうして、女性スタッフの人に席へと案内されて、大ちゃんに3号店開店のお祝いを述べると…
人懐っこい笑顔で、めっちゃ喜んでくれた。

なお、大ちゃんは、今日はサブに徹していて…
ラーメンの盛りつけを手伝ったり、常連っぽいお客さんにラーメンの感想を聞いたりしていた。

麺を茹でて、メインにラーメンを作っていたのは翔太さんという店長の方だと思われるけど…
どうやら、この鮮魚の真鯛を使ったラーメンも、この店長作なのかな!?

それが証拠に…
「ラーメンだけで、つけ麺はやらないんですか?」と大ちゃんに聞くと…

店長に…
「濃厚なつけ麺もやるんだよね!?」なんて聞いていたので!

そうして、その店長によって作られた「宇和島真鯛の塩チャーシューメン」が、大ちゃんによって供されると…
少し遅れて、女性スタッフから「帯広豚丼」も出された。

チャーシューメンにしたので、デフォだと豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚載るだけなのに、豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚に増量されて…
鶏ムネ肉のレアチャーシューが2枚入る。

そして、穂先メンマ、バラ海苔、刻んだ九条ネギがトッピングされた塩ラーメン!
ただ、これ、見た目からはまったく「真鯛ラーメン」という感じがしないんですけど(-"-;A...アセアセ

チャーシューの代わりに真鯛の刺身を載せる店もあれば…
『麺魚』のように、真鯛の解し身を載せる店もある中…

これでは、鶏ベースの塩ラーメンと何ら変わりないので…
何かしら、トッピングにも「真鯛ラーメン」らしさを感じさせてくれる工夫があるとよかったのに…

でも、有名な『鯛塩そば灯花』だって、鯛は使われてないのでは?
そんな反論があるかもしれないけど…

『鯛塩そば灯花』では、「本格胡麻鯛茶漬け」が用意されていて…
これは、鯛めしに胡麻ダレがかかった鯛のお刺身、炒り玄米を載せられたもので!

多くのお客さんが、これをセットで注文して、残ったスープをかけて食べているので…
最低限、「鯛雑炊」ぐらいは用意しないとね…

まずは、キラキラと香味油が煌めく黄金色したスープをいただくと…
香味油は鯛油のようで、まず、鯛が香るのがいい♪

ただ、スープからは、じんわりとした鯛のうま味とともに、鶏も感じられたので…
スープは鶏と鯛のミックスだと思うけど…

う~ん(-""-;)
これでは「鶏と鯛のラーメン」だよね…

かといって、鶏のうま味が強いわけではなく…
真鯛が主役であることにはかわりはないとは思うけど…

そこで、大ちゃんに…
「このスープ、鶏1に対して鯛2の比率で合わせてます!?」と聞いてみると…

店長に…
「これ、鶏と鯛の比率は?」と聞いてくれて…

「鶏と鯛1対3です。」と言って…
「鯛弱いですか」と聞かれたので…

「これ、鯛の兜は使ってないんですか?」と聞くと…
「中骨だけです。」

「兜を使ったら、魚臭くなってしまいましたので…」と言っていたので…
兜も、こんな仕事をすると臭みが出ないと話させてもらって…

「『麺魚』のように魚臭くて癖が強いのは、好き嫌いが分かれるので、食べやすくしたのはいいとは思います♪」
「でも、鯛が、ちょっと、やさしいかもしれませんね…」と意見を述べさせてもらうと…

「オープンまでに、もっと、うま味の強いスープに仕上げます。」と話していたので…
きっと、よくなると思う♪

ただ、『麺魚』も『灯花』も、ライバル店は鯛100%スープのラーメンなので…
できれば、鶏でうま味を補うのではなく、鯛のうま味だけで飲ませるスープの方がいいような気はするけど…

麺は中細ストレートの、つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい中加水麺が合わされていて!
食感もよかったし♪

スープとの絡みもよかったから…
別にいいとは思うけど…

この麺…
清湯スープのラーメンなら、オールマイティに合う麺で、個性がないのが…

麺としては、『麺魚』の石臼引き全粒粉が配合された麺よりも、スープには合ってるかもしれない…
でも、『麺魚』の麺は個性的で!

スープも個性があって!
惹き付けるものがあるので…

この麺を使ったのは、こういう理由があるから…
何か訴求するものがあるといいんだけど…

豚肩ロース肉のレアチャーシューも鶏ムネ肉のレアチャーシューも、以前から、こちらの店の鶏清湯魚介スープのラーメンに使われているもので!
定評はあるし♪

今日の2種類のレアチャーシューも、どちらも、しっとりとした食感に仕上げられていて…
味、食感とも申し分なし♪

ただ、やっぱり、「真鯛ラーメン」なのに、鯛がトッピングされていないのは…
それに、これでは、『麺屋翔』本店のラーメンと、何ら変わらないので…

チャーシューはなくてもいいので、鯛を使って欲しいし…
そうじゃなければ、何か違うものをトッピングして欲しかったかな…

バラ海苔は、この淡麗な鶏と鯛の清湯スープには諸刃の剣!
風味が強いので、別皿に載せて提供するならありだと思うけど…

穂先メンマもいいとは思うけど…
でも、これも、本店と同じトッピングで面白味に欠けるので、筍にするとか…

まったく違うものにするとか…
何かしらの工夫があってもよかったんじゃないのかな…

「帯広豚丼」は、たまたま、今日だけの限定丼だろうとは思うけど…
もし、新店で出す丼だったら、鯛とは、まったく合わないので、やめておいた方がいいと思う。

それと、気になったのが、甘ったるい味付け…
帯広発祥の豚丼は、豚バラ肉を醤油、砂糖、味醂、酒で味付けた甘辛な味わいのもので、甘いけど、ほろ苦さもある。

たまたま、隣に座ったお客さんが、大ちゃんに…
「僕、帯広出身なんですよ!」と話していたけど…

この味をどう感じられたんだろうか?
写真だとわからないだろあけど、お茶碗も小さくて、お肉も大きくはなかったので、お肉とタレがしみたご飯をパクパクと食べて…

最後に鯛茶漬けにしてみたけど…
う~ん(-""-;)

甘いタレが混ざってしまったこともあるけど…
新店では、「鯛茶漬け」は絶対に必要!

それと、ラーメンに鯛が載らない状態で商品化するなら…
せめて「鯛茶漬け」には、鯛を載せるのはマストだと思う…

ちょっと、今回は、せっかくの大ちゃんの3号店のお祝いで食べに来たというのに、辛口になってしまって…
大ちゃんには、本当に申し訳ないとは思う。

でも、せっかく、新しいものにチャレンジするなら、こじんまりと纏まるのではなく…
突き抜けた一杯を作って欲しかったので…

もう、オープンの10月2日も迫っているので、スープも麺もトッピングも、大きく見直す時間はないだろうけど…
改善できるものは改善して、オープンに向けてガンバって欲しい。

本日(9月21日)のメニュー:宇和島真鯛の塩らーめん
味玉塩ラーメン…950円/塩ラーメン…850円/塩チャーシューメン…1100円/特製塩ラーメン…1050円

宇和島真鯛の醤油らーめん
味玉しょうゆラーメン…950円/しょうゆラーメン…850円/しょうゆチャーシューメン…1100円/特製しょうゆラーメン…1050円

中盛…50円/大盛…100円

帯広豚丼…350円/ライス…100円

  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
1回目

2011/08訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999
  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

麺屋 翔 ~麺処 ほん田 コラボラーメン「香彩鶏だし塩らーめん」&「香彩鶏だし醤油らーめん」~

麺屋 翔【参】

訪問日:2011年8月10日(水)


今夜は、久しぶりに大ちゃんの顔を見に『麺屋 翔』に行ってみることにした。
 
大ちゃんこと、大橋店主に初めて会ったのは、2007年の12月。
池袋からここ西新宿へ店を移転オープンさせてから8カ月後のこと!
http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-278.html

美味しい「塩ラーメン」をいただいた。
しかし、それ以来、店に訪問することもなく時は過ぎた。
 
次に、大ちゃんと会ったのは、大阪の『まるとら本店』で!
大ちゃんは、「愛の貧乏脱出大作戦スペシャル」というテレビの特番の撮影で、『麺屋 一燈』坂本店主に帯同して来阪していた。
久しぶりに再会して、東京に行った際には訪問することを約束した。
 
そして、実際に訪問したのは震災直後の、今年3月12日!
入店した私の顔を見た大ちゃんは大歓迎してくれた。
http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-1475.html

それからは、東京に行く機会があっても、続々とできる新店への訪問を優先したため、約5ヵ月ぶりの訪問になってしまった。
 
節電のため、外の照明を落とした、やや暗めの店へと入っていくと…
「お久しぶり!」と大ちゃんが声を掛けてきた!
 
大ちゃんに挨拶をして…
券売機で8月の毎週水曜限定「豚骨魚介つけ麺」の食券を買って、空いていた席へとつく。
 
この「つけ麺」は、東京・平井にある『本家 大黒屋本舗』風!
『本家 大黒屋本舗』といえば、今は大ちゃんの師匠に当る『麺屋 一燈』坂本店主がかつて店長を務めていた店で!
 
あの『中華蕎麦 とみ田』謹製の心の味食品製極太麺を使った特濃スープの本格豚骨魚介つけ麺だということだったので、期待して食券を渡すと…
 
「お願いがあるんですけど…」
大ちゃんからそう切り出されて…
 
「もしよかったら、醤油と塩のラーメンを食べてもらえないでしょうか?」
 
大ちゃんが言っているのは、『麺処 ほん田』とコラボして作り上げたラーメンのことで…
当初、このラーメンは、去る7月20日に行なわれた『麺処 ほん田』のイベントで、1日限定で提供される予定だった。
 
しかし、その後も少しカタチを変えて限定で提供されて、一昨日の8月8日からはレギュラーメニュー化されたようで!
よかったら、食べて感想を聞かせてもらえないかということだった。
 
大ちゃんからそう言われて、断るわけにはいかないよね!
 
そうして、大ちゃんによって最初に作られたのが「香彩塩らーめん」!
 
スープをいただくと…
フワァ~っと口の中に広がる鶏の風味!
 
基本、鶏だけかな?
この雑味のないスープは!?
 
そして、鶏油がスープにコクを与えている!
まるで『ラァメン家 69'N'ROLL ONE』のように!
 
ただ、ちょっと多過ぎるんじゃないのかな…
鶏油の量!
 
麺は、この淡麗なスープのために用意されたような細ストレートの低加水麺で、スープとよく絡んで美味しく食べさせてくれる!
 
そして、大ちゃんが毎朝、店頭で燻製するというスモークチャーシューがよかった! 香ばしくて、肉のジューシーさも感じられて、とてもいい!
 
鶏油の量だけが少し気になったけど、美味しい鶏清湯スープの塩ラーメンだと思った。
 
そして、大ちゃんが、この「香彩塩らーめん」を食べ終わる絶妙のタイミングで出してくれたのが「香彩醤油らーめん」!
 
スープからは醤油のいい香りがする!
スープをいただくと、こちらは、鶏の他に魚介出汁も使われているようだ。
 
味の好みからすると、塩より醤油の方が好きかもしれない!
 
ただ、少し醤油の味付けが濃いかも…
一口、飲んだときの味わいはよかったけど、後半に来ると徐々に濃く感じられるようになったので…
 
でも、塩も醤油もよかった!
 
これは企業秘密だから言えないけど、本田理論を取り入れて、スープはよりいい方向に進化している。
 
西新宿にあるとはいっても、新宿駅からは少し歩く、小滝橋通りから路地に入ったわかりにくい場所にある店!
立地的には恵まれた場所にある店ではないけど、味も大ちゃんの人柄もいいので、ぜひ、足を運んでいただきたい。


http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-1724.html

-------------------------------------------------------

麺屋 翔【弐】

訪問日:2011年3月12日(土)


大ちゃん♪

去る2月27日にテレビ東京系列で放映された「愛の貧乏大作戦スペシャル」に出演した西新宿にある『麺屋翔』の大橋店主!
大ちゃんとは、この大橋店主の番組の中での愛称♪

番組をご覧いただいた皆さんはご存じだと思うけど…
現在33歳の大ちゃんは、28歳でこの世界に入り、東京・池袋で『麺屋翔』を開業!

後に、西新宿に移って、当初はお客さんも多く入ったものの、今は、立地の悪さもあって、お客さんの数も激減。?
借金だけが増えて、貧乏店に陥ってしまった。

そこで、「麺屋こうじ」グループの代表である田代達人のもとを訪ねて一念発起する!
そして、『麺屋一燈』の坂本店主のもとで修業して、スープづくりを学んだ大ちゃんは、見事、最終試験にも合格して再出発を図った!

番組では、ここまでしか紹介されていなくて…
その後が気になったので…
東京に帰ったら、この大ちゃんの店『麺屋翔』を訪ねてみようと思っていた。

しかし、昨日に発生した東日本大震災!
その影響で、都内を走るJR、私鉄、東京メトロに都営地下鉄の各線が全面ストップ!?

麻痺していた首都圏の交通網が、本日になって、やっと動き始めたのを確認して、出掛けることにした!
ただし、電車の本数も普段の3割程度に落としたので、やっとの思いでやってきた新宿駅!

しかし、駅からまた、しばらく歩く…
さらに、地図がないとわかりにくい…
立地に恵まれているとはお世辞にも言えない場所にある店まで、ようやくやってくると…

しっかり営業していた!
こんな日だから、もしかして、臨時休業しているんじゃないかと思っていたので…
まずは一安心!

入口を入っていくと…
たくさんのお客さんが入っていて驚ろかされた。

でも、もっと、驚かされたのが、大ちゃんのリアクション!
私の顔をみるなり、奥の厨房スペースから駆け寄ってきて…

「ようこそ!」
「お待ちいたしておりました!」

実は、大ちゃんこと大橋店主には、「愛の貧乏大作戦スペシャル」の大阪ロケで、大阪・寺田町にある『まるとら本店』で会っている。

『まるとら本店』で行なわれた『麺屋一燈』とのコラボイベント2月7日に『まるとら本店』で行なわれた『麺屋一燈』とのコラボイベント!
このイベントに、『麺屋一燈』の坂本店主にテレビ東京のスタッフとともに帯同してきたのが、こちら『麺屋翔』の大ちゃんだった。

そして、『麺屋翔』には、過去に1度、伺って「塩そば」を食べたことがあることを話して…
今度、東京に行ったら訪問すると、この時に約束させてもらった。

空いている席に座って、大ちゃんに注文したのは、ポスターにもなって貼られていた『麺屋一燈』坂本店主直伝の「濃厚魚介つけ麺」!

しかし、この日の『麺屋翔』は、よくお客さんが入っていた。
ほぼ満席状態のまま、お客さんが帰ると、また、新たなお客さんが入ってくるという具合!

でも、店内にはこんな貼紙がされていて…
どうやら、放送の効果で普段はさらに多くのお客さんが来て、行列もできるようになったみたいだ!

よかった!
でも、これで浮かれていてはいけない!

1度、食べたお客さんにリピーターになって戻ってきてもらわなければしょうがないので!
これからが勝負!

壁に掲げられているのは、ラーメンの神様・山岸大将の言葉!
そして、「愛の貧乏大作戦スペシャル」の司会を務めた、みのもんたさんのサイン!

「濃厚魚介つけ麺」ができる間に、これらの色紙とともに店内の様子を見ていたところ…
お客さんに出されていったのは、「濃厚魚介つけ麺」と「塩麺」が半々!?

「濃厚魚介つけ麺」ばかりが出されると思ったので意外だった。
それと、気になったのは、「塩麺」が出されるときに、いっしょに出された小さな容器に入った香味油の存在!

「香味油です。途中で入れていただくと、スープの味がかわって美味しくいただけます。」
そう言って、スタッフの人から出されるのも『麺屋一燈』と同じ!

「塩麺」も『麺屋一燈』風に味を変えたのか?
気になったので、後で大橋店主に確かめたところ…

「いや、鶏は以前よりは濃厚になっていますけど、基本は前のままです。」
どうやら、香味油だけを真似たみたいだ。

でも、この「塩麺」!
めっちゃ美味しそうだし!
機会があれば、香味油を入れて食べてみたい♪

そんなことを思っているうちうちに、私の『濃厚つけ麺』も出来上がってきた!

麺屋一燈』の紅白のチャーシューがないので、ビジュアル的にはちょっと寂しい…
つけダレに入れられたつくねも『麺屋一燈』の白っぽいものではなく、茶色い味付けされたものが使われていた。

麺も黄色いエッジの立った太麺が使われていて、これも『麺屋一燈』のものとは違う。

麺だけを食べてみると、ややカタめに感じられる加水率高めの麺は、噛むと、押し返してくるようなすごい弾力があって…
もちもちとした食感がなかなかいい!

つけダレにつけて食べてみると…
これは!

鶏の一番出汁、二番出汁、三番出汁…
番組をみていた方はわかるかもしれないけど、手間の掛かる工程を経て、毎日10時間も掛かってつくり上げる『麺屋一燈』の鶏白湯スープ!

大橋店主は、しっかりと自分の店でも、この鶏のうま味たっぷりのスープを再現させていた。
まだ、完璧ではないかもしれないけど、これだけ美味しい鶏白湯魚介のスープができればじゅうぶんだと思う!

そして、最後に作ってもらったスープ割りがまた、とてもよかった!
美味しいし、このスープ割りの美味しさは『麺屋一燈』レベル!

よく、これだけクオリティの高いスープを短時間のうちにマスターしたと思う。
想定した以上のスープの出来のよさに驚かされた!

「ご馳走さまでした。」
そう言って、食器をカウンターの上に上げて、店を出ていこうとすると…
大橋店主が後を追ってきた…

「つけ麺」の味の感想を聞かれたので…
鶏白湯スープが、こんなにいい出来だとは思わなかったし…
思った以上に美味しかったことを話すと…

「本当ですか!?」
そう言って、喜んでくれたと思ったら…

「実は、再オープンしてから間もなくの頃は、思ったようなスープができなくて、坂本さんに怒られました…」
本当に申し訳なさそうにして話すと…

「1ヵ月修業させてもらったんですが、それで、また、修業させてもらいました。」
「実は、今でも、坂本さんのところに行かせてもらっています。」?

そんな話を聞かされて驚かされたけど…
もう大丈夫!

今日は、結果的には、いい時に来たと思う。

テレビに出て、どう変わったのか?
聞いてみたところ…

売上は3倍に伸びたと話す!よかった。

後は、この味が維持できれば!?

新宿というラーメン大激戦区の中、競争は厳しいとは思うけど…
頑張ってほしい!

  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 - 香彩鶏だし塩らーめん

    香彩鶏だし塩らーめん

  • 麺屋 翔 - 香彩鶏だし塩らーめん

    香彩鶏だし塩らーめん

  • 麺屋 翔 - 香彩鶏だし醤油らーめん

    香彩鶏だし醤油らーめん

  • 麺屋 翔 - 香彩鶏だし醤油らーめん

    香彩鶏だし醤油らーめん

  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -
  • 麺屋 翔 -

口コミが参考になったらフォローしよう

ramen151e

ramen151e

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ramen151e(1864)さんの他のお店の口コミ

ramen151eさんの口コミ一覧(1103件)を見る

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 麺屋 翔 本店
受賞・選出歴
ラーメン百名店2018選出店

食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2018 選出店

ラーメン百名店2017選出店

食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2017 選出店

ジャンル ラーメン
お問い合わせ

03-3364-5787

予約可否

予約不可

住所

東京都新宿区西新宿7-22-34

交通手段

JR各線「新宿」駅(西口)から徒歩9分
都営大江戸線「新宿西口」駅(D3出口)から徒歩6分

西武新宿駅から321m

営業時間

毎週月曜定休日(祝日であっても)

【火曜〜金曜】
11:00〜15:00
18:00~22:00

【土・日】
11:00〜15:00
17:00~21:00

※スープ切れ次第閉店

日曜営業

定休日

月曜(※臨時休業も稀にあり)

予算
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999
予算(口コミ集計)
[夜] ~¥999 [昼] ~¥999

予算分布を見る

支払い方法

カード不可

電子マネー不可

席・設備

席数

18席

(カウンター席のみ)

個室

貸切

不可

禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場

空間・設備

カウンター席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 一人で入りやすい 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン、一軒家レストラン

お子様連れ

子供可

ホームページ

http://www.menya-syo.com/

公式アカウント
オープン日

2007年4月10日

備考

公式ブログ
https://ameblo.jp/syo0410-dai

初投稿者

you-oneyou-one(445)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

新宿×ラーメンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ