【新宿】 「トロワグロの素晴しき世界」は過去のものになってしまった。 : キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ

レストランランキングTOP1000

フランスの三つ星「トロワグロ」監修

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ

(Cuisine[s] Michel Troisgros)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

関連店舗

  • 料理・味 3.91
  • サービス 4.13
  • 雰囲気 4.02
  • CP 3.60
  • 酒・ドリンク 3.65
  • 行った 1539人
  • 保存 9800人

評価分布

この口コミは、asakusa777さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

asakusa777

asakusa777(919)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代前半・男性・東京都

1

  • 夜の点数:2.5

    • [ 料理・味2.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP1.5
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ¥30,000~
1回目

2016/02訪問

  • dinner:2.5

    • [ 料理・味 2.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 1.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥30,000~

【新宿】 「トロワグロの素晴しき世界」は過去のものになってしまった。

この日はいつも確定申告の度に大変お世話になっている会計士の先生をご接待。
先生のご希望によりフレンチに行く事になった。
この時季のフレンチと言えば「黒トリュフ」、と来ればこの店を真っ先に思い付いた。
7年前に初めてこの店を訪れて、トリュフの美味しさと美しくファンタジーに溢れる多くの皿に感動させられた。
その後何度か利用したが、4年前に来た際にはなんだかおざなり感溢れる普通の料理にガッカリさせられて以来、この店には来ていない。
だが、「黒トリュフとなればまたトロワグロの素晴らしきファンタジーの世界を楽しめるんじゃないか?」との一縷の期待を胸に向かった。

先ずはグラスのシャンパーニュで乾杯、その後のワインは多くのワインを少しづつ楽しめる「デギュスタシオン」でもらった。
料理はフルコース。
7年前のような黒トリュフ専用のメニューは無くて、通常のフルコースに黒トリュフを追加するシステムだった。
メニューのフルコースの料理の幾つかに「T」マークが付いていて、それには各2000円でトリュフを追加出来る。
せっかくなので「T」マークの料理全てに黒トリュフ追加をオーダーしたが、やはりイヤな予感を禁じ得なかった。
「なんで黒トリュフをメインに組み立てられたメニューが無いんだ?」
で、実際出された料理には、やっぱし皿が進むに連れガッカリさせられた。
黒トリュフがホントにただの「追加トッピング」にしかなっていない。
もちろん、基本となる料理はトロワグロのフルコースなのだが、そもそもその料理に以前のようなファンタジーは感じられない。
凡庸な盛り付け、凡庸な味、凡庸な素材。
そこにスライスされるか刻まれるかした黒トリュフが添えられただけの連続。
これではトロワグロに来た意味が無い。
黒トリュフさえ使えば何処ででもお目に掛かれるようなつまらない皿の数々。
段々食べるのが苦痛になってきた僕だったが、先生は喜んでくれたみたいだったのが不幸中の幸いだ。

トロワグロもつまらない店になってしまった。
トロワグロ本人も本国フランスから遠く離れた日本の支店の事など、もう殆ど気にもしなくなっちゃったのかな。
僕達が最初に来た際に感動させてくれた料理人も他の店に移ってしまったと聞いた。
まばらな客入りやオープンキッチンの中で私語ばかりで遊び半分のような雰囲気で作業していたスタッフ達の姿にこの店の凋落ぶりが現れていた。
「もうこの店に来る事はないな」そう思いながら店を後にした僕だった。


(2013,12月)

2013年大晦日、相方の指示の元に大掃除を終わらせて、「サテ、夜は酒を飲みながらダウンタウン観ながらノタ〜っと年を越すぞ〜」と思っていたら友人から忘年会のお誘いの電話。
この友人とは今年なかなか会えなかった。「フレンチとワインで静かに最後の忘年会をしよう」との事、まあタマにはそーゆー年越しも良いかなと思い相方と出掛けました。

ミシュランスターホルダーのトロワグロ、その絵画のような美しい料理に魅了されて3年前に来て以来何度か利用したが、この日は大晦日という事もあってメニューはコース1種類のみ、選べるのはワインだけだ。
仕方ないとはいえイヤな予感、以前、やっぱしそれまで気に入って利用していた恵比寿のガストロノミー ジョエル・ロブションに12月に行ってクリスマス限定メニューにゲンナリさせられて以来、そのレストランには行く気がしなくなってしまった。
おざなりで手抜き感満載、普段は素晴らしいレストランなのにやっつけ仕事のオンパレード、「ロブションもとうとうこうなったか。これではロブション風の料理を出す普通のレストランだ」と思い、それ以来行ってない。
その代わりとなるのがトロワグロだったが、この日の限定メニューの料理の数々は、、、やっぱしダメだった。

気合が入っているかどうか、それは盛り付けに現れる。
ファンタジーが無い、ストーリーが無い、普段と比べて酷く雑だ。
市場が休み、だからこそ気合を入れて欲しかった。
トロワグロはほぼ全ての料理を真っ白な皿に盛り付ける。
トロワグロは色とりどりの食材を美しく用いる料理が多いので、皿に色や柄は邪魔になる。
しかし、この日の料理はどれも凡庸、なので皿の白さがとても寂しく感じる。
良かったのは子牛のカルパッチオだけだった。それ以外は出て来るたびにガッカリさせられる料理ばかり。
とうとう最後には男性スタッフに「なんだ、この手抜きは?」と文句を言ってしまった。

来る日が悪かったと言ってしまえばそれまでだが、そーゆー日こそウデの見せ所ではないのか?
おざなりなやっつけ料理を平気で出すようではロブションと変わらない。
2013年の締めくくりの食事はとてもガッカリしたものになってしまった。


(2011,1月)
何もすることがない正月休み、俺はカウチに根を生やし「のた~」っとFOXチャンネルの「24」一挙放送を観ていた。
すると、トツゼン携帯が鳴った。
かけて来たのは正月休みを海外で過ごしていた社長だった。
それまで、カウチにダラーっと座っていた俺はそれを見た瞬間「ぴょん」と飛び上がり着地と同時に正座して電話を取った。

「あ~~~、ワシじゃ、社長じゃよ、うおっほん。」
「ははーっ、これは社長様、新年おめでとうござりまする~。」
「ウム、おめでとう。」
「海外はいかがですか~?ゴルフの首尾は上々でございますか~?」
「ウム、ショットはいいのじゃがパットがイカン。なかなか穴に入ってくれんのじゃ。」
「それは悪い穴ですな~。今度埋めておきましょう。で、何用でござりましょうか?」
「ウム、実は今日の夕方帰国するのじゃが、出迎えがないとヒジョーにサビシイ。出迎えと自慢話をする為のレストランのリザベ~ションを頼みたいのじゃ。」
「ははーっ、かしこまってたてまつってそのように致しまする~。」
「ウム、良きにはからいたまえ、ウム~~~、ガチャン。」

電話を終えるやいなや、俺は携帯を床に叩きつけて「チキショー、このタコ社長ーっ!せっかくの休みだっちゅーのにそんなことで呼び出すんじゃねーよっ。しかもレストランだとーっ?三が日のレストランなんてそんな急に取れねーっつーのっ!」と、ひとしきり毒づいたが、なんとかこのレストランが予約出来たので一安心、空港まで社長を迎えに行き、誰にあげるのかサッパリわからん土産の山をトランクに押し込み、それでも入りきらないヤツを2~3個投げ捨てて新宿のハイアットリージェンシーに向かいました。

このレストランに行くのは初めて、モチロン評判は聞いていたのだがロブションやトゥールダルジャンと比べて些か軽いカンジがするトロワグロは、「せっかくのフレンチならヤッパシ重厚感がなくっちゃね~」と思って敬遠していた。
が、しかし、それが大きなカン違いであったと思い知らされる事となった。
「コレは料理であると同時に最高級の絵画だっ」というのが感想。
海外での自慢話をひたすらしゃべり続ける社長の言葉は俺の耳を右から左へとスルーして、この素晴しい料理の世界にカンペキに引き込まれてしまった。
特に、ウェイーターのフランス人がさも自慢げに持ってきたプレゼン用の黒トリュフ、この色、ツヤ、香りといったらそれはそれは素晴しく、「この最上級のトリュフをフンダンに使ったトロワグロのワールドを存分にお楽しみクダサ~イ」の言葉で、もう社長などどーでも良くなってしまった。

黒トリュフを使った料理はどれも筆舌に尽くしがたく、俺程度の文章力では表現しきれないので控えるが、特に「トリュフ 栗のかけらと共に」「アンディーブフラワー」「トリュフのディスクを乗せた帆立貝」などは感動で言葉も出ない。デザートにまでトリュフのアイスクリームである。「明日の体臭はきっとトリュフの香りがするんだろうな~。」なんて考えながら貪り食ってる俺を見て、「ワシも若い頃はそれぐらい食べれたモンじゃよ~。」とミョーにご満悦の社長もフランス人ウェイターのどこから見ても「ミエミエ」なお世辞に上機嫌である。

トリュフ以外の料理でも、やはりトロワグロは非凡であった。
鮟鱇のロティー」は彼のスペシャリティーの1つだが、今まで和食として食べたどのアンコウよりも旨かった。グレープフルーツとサフランのソースとアンコウを合せるなんて和食の範疇ではムリだろうが、これが絶望的に合う。
牡丹海老とイカ バニラの香りのトマトウォーター」、トマトから出る水にバニラの香りをつけて海老にかける、この発想って普通では有り得んだろうが、これが海老の甘さと相まって極上の味へと昇華していた。

食後、カプチーノを楽しみながら社長が「どうじゃ?ワシの海外での武勇伝は?」というので、社長がしゃべった内容など何一つ覚えちゃいなかったが、「イヤイヤ、さすがわ我らの社長様でごじゃりまする~。感服いたしました~。」というと、「ウムウム、そうであろう。ヨシっ、ではバーに移って続きを聞かせてしんぜよう。案内せいっ。」ときやがった。
「ゲゲーっ、まだ解放されないのか~。」と思ったが、すかさず「ははーっ、ありがたき幸せ」と即答してしまうサビシサをデザートに噛み締める俺がいた。

今度はゼッタイ相方と来よう。このレストランはそーゆー時のためにある、そー思いながら延々と続く社長の自慢話を深夜まで聞いていた俺なのでした~。

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 2018,2月

    2018,2月

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ここから2011,1月です ミッシェル トロワグロ

    ここから2011,1月です ミッシェル トロワグロ

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 黒トリュフ

    黒トリュフ

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 黒トリュフ 帆立貝

    黒トリュフ 帆立貝

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - アンディーブフラワー

    アンディーブフラワー

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 「冬の黒トリュフに捧ぐ」

    「冬の黒トリュフに捧ぐ」

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ここから2013,12月です。

    ここから2013,12月です。

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 軽くスモークした子牛のカルパッチオとコンディモン

    軽くスモークした子牛のカルパッチオとコンディモン

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ファアグラのヴェロア

    ファアグラのヴェロア

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - 帆立貝  小さな野菜のラケ

    帆立貝 小さな野菜のラケ

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ラングスティーヌ

    ラングスティーヌ

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ブレス産ヴォライユのロティ  トリュフバター

    ブレス産ヴォライユのロティ トリュフバター

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - テート・ド・モアンヌの花びら

    テート・ド・モアンヌの花びら

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ - ドライフルーツとナッツのディムサム

    ドライフルーツとナッツのディムサム

  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ -

口コミが参考になったらフォローしよう

asakusa777

asakusa777

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

asakusa777(919)さんの他のお店の口コミ

asakusa777さんの口コミ一覧(954件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ (Cuisine[s] Michel Troisgros)
ジャンル フレンチ、モダンフレンチ
予約・
お問い合わせ

050-5592-9321

予約可否

予約可

・6名様以上でご利用の際は、事前にメニューをお決めください。
・ご予約の内容によりキャンセル料をいただく場合がございます。

住所

東京都新宿区西新宿2-7-2 ハイアット リージェンシー 東京 1F

交通手段

■徒歩での経路
・新宿駅西口より徒歩約9分
・地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口より徒歩1分
・地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分
■お車での経路
・首都高速新宿出入口より約5分
・羽田空港より約70分
・新東京国際空港(成田)より約120分
■無料送迎シャトルバス
・新宿駅西口小田急ハルク前よりホテルまで、シャトルバス(無料送迎)が20分間隔で運行

都庁前駅から153m

営業時間

12:00~13:30(L.O)、15:00(閉店)
18:00~20:30(L.O)、22:30(閉店)

定休日

火・水曜日(祝日を除く)

予算
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥8,000~¥9,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

58席

(ホール:58席、個室:12席)

個室

(6人可、8人可)

6~12名様。  室料・3時間11,880円(税サ込み)

貸切

禁煙・喫煙 完全禁煙

店外に喫煙ブースあり

駐車場

無料サービスあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待

こんな時によく使われます。

ロケーション

ホテルのレストラン

サービス

ソムリエがいる

お子様連れ

未就学児の入店はご遠慮いただいております。(個室を除く)

ドレスコード

厳しいドレスコードはございませんが、男性のお客様にはジャケットや襟付きシャツの着用をおすすめいたします。 なお、ハーフパンツやサンダルなどの軽装はご遠慮いただいております。

ホームページ

http://www.troisgros.jp

オープン日

2006年9月16日

電話番号

03-3348-1234

備考

ご予約・お問い合せの受付時間は10:30~21:30です。
祝日を除く火・水曜日は定休日のため、受付は17:00までとなります。

初投稿者

てぃーえす50てぃーえす50(3)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ