新型コロナウイルス拡大における対応のお願い

知っていると自慢になる実力派フレンチ : CELLIER

この口コミは、bimizukiさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

bimizuki

bimizuki(2)さんの口コミ

21

  • 夜の点数:4.8

    • ¥10,000~¥14,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 4.8
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 4.7
      • |酒・ドリンク 4.8
  • 昼の点数:5.0

    • ¥8,000~¥9,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 4.8
21回目

2021/07訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

毎回口コミは書いておりませんが、テイクアウトを除いて35回目の訪店となります。何度通っても驚きと感動があり、素晴らしい食体験ができます。ご時世柄たくさんのことが制限される中、私にとっては今楽しめる最高のエンタメです。

⭐︎カマスのサラダリー
お寿司のようなアミューズでまずは来店の喜びを噛み締めます。

⭐︎スクランブルエッグと花咲蟹
出来立てトロトロのスクランブルエッグに旨味たっぷりの蟹クリーム。卵の殻に収まってますが、実は結構ボリューミー。食べ応えもあり、満足できる一皿。

⭐︎時知らずのミキュイ
皮パリで身はしっとりトロトロ。セリエで食べた中で好きなメニュートップ3に入る、一生食べ続けたい一品。

⭐︎甘鯛のポワレ ヤングコーン
シェフの皮パリ具合が大好きなのことを知ってくださっていて、お魚料理はウロコ焼きに。キュリーソースは自家製パンでしっかり食べ切りました。

⭐︎牛肉のロティ
柔らかお肉に絶品ソース。付け合わせのじゃがいもがなんでこんなに美味しいの?!

⭐︎スープドフリュイ
レモングラスやライム、そしてバニラの風味たっぷりのフルーツスープ。これは昨夏初めて食べてまた必ず食べたいと1年前からリクエストしていた夏のデセール。再会に感激。

居心地の良い空間に美味しいお料理、これ以上の贅沢は思いつきません。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
20回目

2021/04訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

2021年春のセリエ、2回目。何度通ってもまだ食べたことも見たこともないお料理が出てきたり、何回でも食べたいとリクエストさせていただいた食材は違うアレンジを加えたり…シェフのアイデアとおもてなしのお気持ちに感動&尊敬です。

●ブーダンノワール、シャラン鴨のリエット
毎回出していただきたい定番アミューズのブーダンノワールと、シャンパンが進んで仕方ないシャラン鴨のリエット。

●新玉ねぎのアイス
ほんのりどころかしっかり新玉ねぎの味がして、トリュフの香りもマッチするのに甘いアイス。モチロン美味しい。不思議〜と言ってる間に完食。

●アスパラガスとサーモン バターソース
白と緑それぞれの味を食べ比べられる楽しさ。大好物のサーモンはマリネにされて、パセリのバターソースで。パンでしっかりソースもいただきました。

●平スズキ 穴子 オマール海老のスープドポワソン仕立て
とても上品な平スズキに濃厚なスープドポワソンを目の前で注いでお料理を仕上げていただけて気分は上々。ラタトゥイユとスープドポワソンが少しずつ一体となる絶妙さ。穴子とオマールまで付いて豪華な一皿でした。


●オーストラリア産仔羊のロティ ジュのソース
柔らか〜い!しっかり羊を食べたい気分だったので嬉しいメイン!

●わらび餅 花豆とパイナップルのコンポート あんみつ風
フレンチあんみつ?!これにはビックリ!バニラ風味の花豆なんて初めて。

●ホワイトチョコのムース フロランタン
プティフールまで抜かりなく美味しい。

時短営業中でしたが早目に行って、ゆっくり楽しむことができました。
また必ず行きます。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
19回目

2021/03訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

緊急事態宣言も明け、季節が変わってきたのでセリエへ。2年前のこの時期に、桜が見えるアーチ型の窓に惹かれて初訪問してから何度通ったことでしょう。それなのに毎回驚かせてくれるなんて、シェフが料理とお客に真摯に向き合い、おもてなししようという気持ちの現れだと感じ嬉しくなります。

●ブーダンノワール 柿とフォアグラのテリーヌ 人参のムース
ブーダンノワールと人参ムース、セリエの定番とも言えるメニューを少量ずついただけて、アミューズから大満足。同伴者も「豚の血」と聞いて一瞬構えたようですが、血生臭さはもちろんなく、それでいて奥深い味なのはベストバランスで作られているからかと。温かさと表面の焼いた食感もベスト。

●ロワール産ホワイトアスパラガス
ボイルして卵ソースかけたものと、ババロアにしてパイナップルのコンフィチュールと組み合わせたもの。まずその発想にビックリ。そして当然美味しい。

●真鯛のポワレ 穴子のフリット
皮目がパリッと焼かれていて、ホタルイカまで付いた豪華なお魚料理。

●和牛トウガラシ(腕のお肉)のロッシーニ
とーっても柔らかく、フォアグラと一緒に絶品ソースをたっぷりからめていただきました。

●イチゴのスープ&クレームダンシュ
ホイップクリームが苦手な私もセリエのクレームダンシュは別物。初訪問時にも食べたことを思い出しました。真っ赤なイチゴスープとの相性も◎

ランチから贅沢な気持ちになり、心が豊かになる食事。丁寧な仕事をされたお料理を、大切な人と一緒にゆっくり食べる。そんな今では有難いと思う時間を過ごすなら、またセリエに来たいと思います。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
18回目

2021/01訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

外食どころか外出さえもほとんどしない日々の癒しとしてセリエに訪問。ゆったりとした店内に元々組数も限られていたので感染対策面で安心していましたが、今はさらに曜日・時間共に短縮しながら営業なさっています。
早い時間に行ったこともあり、20時閉店でも焦らず食事を楽しむことができました。

●アミューズ
ブーダンノワール、菊芋のポタージュ、パテドカンパーニュが乗ったお皿が運ばれてきた途端に目がハート。こんなに豪華で、まさにシェフのおもてなしの心が詰まったアミューズをシャンパンといただいた時点で、今日食べに来て良かったと思えました。写真は失念しましたが、シャルリエ・エ・フィスのシャンパンは100%樽発酵&樽熟成でふくよかな香りを大きなグラスで楽しむとても好みのものでした。

●海の幸のサラダ仕立て
新鮮な平スズキ、キャビアが乗った平貝から食べ始めると、酢で締めたイワシの下からミニトマトが現れ、柔らかく煮てあるタコの後にはさっぱりした玉ねぎが覗き、ウニは白菜のババロアと一口食べて、次はホタテと一緒に、最後の一口はコンソメジュレと…。手の掛けられ方の違う色んな海鮮と相性の良いお野菜が見事なまでに自然な流れで食べられる楽しい前菜。お皿の上でシェフに誘導されるまま、隣り合う食材を順に食べると口の中はまさに宝石箱でした。
白菜のババロアは初めて見ましたが、素材の甘さとなめらかなクリーミーさがベストマッチでした。

●平スズキのポワレ 根菜の煮込みと白子のムニエル
皮目がパリッと焼かれた身質の良い平スズキに大好きな白子のムニエル。煮込みと一体化してますが、ケッパーの入ったバターソースはシャルドネにピッタリ。ケッパーの良い風味だけ引き出されていると感じました。

●佐賀牛カメノコのロティ トリュフソース
美味しいお肉はお家でも食べられますが、やっぱりこのソースが絶対にレストランでなければ無理!赤身のお肉にフォアグラのポワレまで添えられて外食の醍醐味を噛み締めました。ガルニチュールのミニ根菜も甘味があって抜かりなく美味しかったです。

●イチゴとフロマージュブランのコンポジション
1年半前に初訪問した時にセリエのクレームダンジュに衝撃を受けたことを思い出しました。ホイップクリームが苦手なので恐る恐る食べたのですがその見た目・食感が私の知っているそれではなく、感動しながら平らげたものです。それ以来セリエではデセールを楽しみにするまでに。イチゴとの組み合わせは王道の素晴らしさを改めて感じる一皿でした。

テイクアウトも再開されたので、早速牛ホホ肉カレーとチーズケーキを購入しました。冷凍真空個装なのでストックできて助かります。柔らかなお肉がゴロゴロ入っていて嬉しい驚き!大変な状況の中でもシェフが工夫をしながらお客さんを喜ばせようとする気持ちが伝わります。
また伺います。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
17回目

2020/12訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

知っていると自慢になる実力派フレンチ

去年から通い始め、コロナ禍による店内飲食休業期間のテイクアウトを除いて30回目のセリエ訪問。それでもまだまた新たな驚きと感動を提供してくれるシェフの腕に完全に惚れ込んでます。もっと早く知りたかったくらい。

●金華鯖の握り
酢で〆た金華鯖を、エシャロットやパセリとドレッシングで和えたサラダ仕立てのシャリに乗せたアミューズ。柚子の皮の香りもフワッとします。お寿司のような見た目なのに、食べるとしっかりフランス料理。

●サーモンのミキュイ
フォアグラが苦手な同伴者のため通常コースのフォアグラのテリーヌをサーモンのミキュイにメニューチェンジしてくださいました。個人的にも大好物のこれを初訪問の友人に食べてもらえて大満足。やっぱり半生しっとりトロトロで絶品!友人も「一生食べていたい」と言っていましたが私も同意です。多めにかけられたオランデーズソースもパンで食べ切りました。

●仔牛イチボのロティ
仔牛らしいあっさり軽く食べやすい肉にたっぷり野菜、モンサンミッシェルのムール貝のソースを合わせて。ランチのショートコースでもお腹いっぱいになるボリュームがあり大満足。

●ヌガーグラッセ
コーヒーとオレンジの風味にナッツやくるみのザクザク食感が楽しいデセール。

ソムリエでもあるシェフに相談しながらシャンパンから始まり、シャルドネ、ピノノワールも1杯ずついただました。
ショートコースと言いつつこのボリューム、そして丁寧なお料理に今回もうっとり。ショートコースでも満足できるのに、その何皿も多いディナーフルコースもペロリと食べられるのが不思議。シェフが全体の量やバランスを考えて調整してくれているんでしょう。
ランチ、ディナー共に、誰にでも自信を持ってオススメしたいお店です。一度同伴した方達もリピートしてくれているようで紹介者として「そうでしょ、セリエ良いでしょ」と得意げに言いたくなります。年内に必ず再訪します。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
16回目

2020/11訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.8

11月のディナーコースをいただきに、初訪問の先輩と。6,000円のショートコースにワインもペアリングをお願いしました。

●アミューズ
バターナッツかぼちゃのスープと豚のリエット。スープにかけられたトンカ豆の香りから始まり、シャンパンが進むリエットをパクっと。

●フォアグラ 鰻 干し芋のテリーヌ
一口目でもう感激。
初訪問の同伴者が「フランスで食べるフォアグラに近い」との感想。一口目の塩味加減や印象がそう感じるのだとか。

●ウフパルフェ 秋トリュフ
半熟卵にホタテのクリームと泡、そして香り豊かな秋トリュフがかかっています。口福。

●真鱈と白子のスープドポワソン仕立て
丁寧に作られたスープドポワソン。真鱈と白子で冬の到来を感じました。白子好きとしては冬の間にまた別の白子料理もいただきたいものです。

●シャラン鴨のロティ 熟成芋のピュレ
最近食べた鴨の中でツートップの美味しさ。9月にセリエで食べた鴨が絶品だったのでそれと並びました。鴨もいろんな種類があるので色々楽しませてもらっています。芋をテーマにしたコースメニューだそうで、こちらでもお芋が。ショートコースのはずがボリューム満点で大満足。

●ビスキュイショコラ
デザートワインも飲むことを想定して、チョコのデザートにしてくれていました。熟成カルヴァドスといただきました。

いつもながらシェフの丁寧なお仕事が感じられるお料理に感動し、心地好いサービスと空間を満喫させていただきました。特に組数制限して営業なさっているので安心感もプラスされ、今こそ外食するなら絶対ここが良いと思うレストランです。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
15回目

2020/10訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.8
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

お酒好きな友人と3,500円のランチコースをいただきに、10月3回目の訪問です。

●パテドカンパーニュ バターナッツかぼちゃのスープ
スープはトンカ豆で香り付けされ、いつもは人参ムースでいただくコンソメのジュレが浮かべられていました。
パテもいつも通り美味しく、アミューズからシャンパンが進みます。

●サワラのグリエ サワラ仕立て
お気に入りのサーモンのミキュイではなく、サワラのミキュイのグリエをサラダ仕立てで。サワラはしっとりホワッとした食感で、野菜も食べ応えがありました。

●ビュルゴー家の鴨のロティ
ビュルゴー鴨はモチロンのこと、付け合わせのカリッとしたポテトとトロッとしたニンニクも美味しかった。

●ミルフィーユ
立て続けに食べに来ていたのでマロンパイは2回味わい済み。本当に美味しい季節のデセールなのでまたマロンパイでも良いと思っていましたが、以前ミルフィーユが好きという話をシェフにしていたのを覚えていてくださり出来立てパリパリミルフィーユが登場し、幸せなランチコースは締め括られました。

3,500円のランチコースでも前菜を少な目のポーションで2皿出してくださる時もありますが、しっかりボリュームの前菜とメインというのも満足度は高かったです。
ペアリングで3杯ワインをいただきつつ、最後にもう一杯飲みたくてグラスもオーダー。11月のメニューも楽しみなので、必ず伺います。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
14回目

2020/10訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

友人と3,500円のランチコース。

●アミューズ 人参ムース
プチサイズでも定番の人参ムースは絶品。

●サーモン 新いくら 燻製
大好きなサーモンのミキュイに、旬のいくらが乗ってるだけで幸せなのに、燻製の香りが閉じ込められた蓋を目の前でパカッとされて嬉しい前菜でした。

●すっぽんときのこのロワイヤル
すっぽんときのこの旨味がすごい、なめらかなフランス風茶碗蒸し。

●オーストラリア産仔羊 ロティ
セリエでまだ羊を食べてなかったのでメニューを見てから楽しみにしていたメイン。仔羊は柔らかくて、パセリのソースとラムらしい香りを味わいました。

●マロンパイ
マロンパイの美味しさは前回訪問で知っていましたが、カリッとメロンパンのような生地も付いていました。一度食べたメニューはちょっとずつでも変えて提供してくださるシェフの心遣いに感謝。

メインやデザートにパイ包みがある時はパン食べ過ぎ注意だと学んだので今回はなるべく控えましたが、やっぱり自家製パンが美味し過ぎておかわりさせてもらいました。
昼からワインも3杯飲んでほろ酔い満腹ランチタイムになりました♪

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
13回目

2020/10訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.8

春夏秋冬それぞれ旬のお料理を食べさせてもらってきましたが、セリエで初めてのジビエコース。セリエ初訪問となる、お酒とジビエが好きな方と伺いました。

●牡蠣ウイスキー
厚岸牡蠣にスコッチと昆布出汁の泡が乗ったアミューズ。スコッチの香りが鼻に抜ける驚き!牡蠣&ウイスキー好きの私達にはたまらない。アミューズからもう感動。

●サーモンと新いくら
サーモンのミキュイもいろんなスタイルでいただきましたが、結局は皮パリ身トロトロのサーモンが美味しいのでどの仕立てでも最高。

●鰻とセップ茸のフリカッセクリーム煮
穴子のフリットはよくいただきますが、この日は鰻。鰻をこういう食べ方することに同伴者は感心していました。

●大しじみとキントア豚
脂の分厚さに一瞬ひるみますが、「脂っぽい」という表現とは全く無縁の、軽く食べられてしまう豚でした。脂の旨味とサッと炙った香ばしさが口の中に広がって素晴らしかった。
薄切りにして炙るという食べ方も、「この豚をいかに美味しく食べさせるか」が考えられているなぁと感じました。

●白身魚と冬瓜の中華風
中華出身のシェフの遊び心が入った一皿。ネギがアクセントで中華風ではありますが、しっかりフレンチでした。

●ペルドローグリ
ウズラの中でも珍しいペルドローグリ。夏にウズラもいただきましたが全然別物。より味が濃くて身がしっかりしてて美味しい〜。ペルドロールージュはあっても、ペルドローグリはなかなか手に入らないそうで、この機会に巡り会えたことに感謝。
ササミと砂肝もしっかり分かるように添えられて、最後は手掴みで骨までしゃぶりつきました。

●マロンパイ
マロングラッセとアーモンドクリームがパリパリパイにみっしり。甘党ではない私もセリエのデセールだけは楽しみにしています。

食後にカルヴァドスまでいただいて、満腹酔いどれ大満足な夜でした。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
12回目

2020/09訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.8

ちょっと緊張する会食に、安心できるお店を提案して9,000円のコースをいただきました。写真を撮り損ねてしまったものもありますが、美味しい記憶を書き残します。

●パテドカンパーニュ
いつもの肉肉しいパテでスタート。

●人参ムース コンソメジュレ ウニ添え
初訪問の方には是非食べてほしい一品。大変喜んでもらえました。

●サーモンといくらのライスサラダ
ドレッシングで和えたライスにサーモンといくらが乗っているフレンチ風海鮮親子丼?! さっぱりしつつも魚介の旨味を濃厚に感じました。

●太刀魚のポワレとブイヤベース
上品な脂乗りの太刀魚を旨味たっぷりブイヤベースで。

●アワビ 仔牛 セップ茸
プリッと弾力もありつつホワっとしたアワビ、柔らか〜い仔牛、香りの良いセップ茸が絶品ソースで一つにまとまっていました。この仔牛はしばらく経っても思い出す美味しさでした。

●鴨とフォアグラ
大好きな組み合わせ。フォアグラの焼き加減がいつも絶妙。

●フルーツのスープ
夏限定ですがまだ出せるということでリクエストしておいた、本当に何度も食べたい不思議なスープ。

同伴者も一皿ずつ本当に美味しいと言って頷きながら食べてくれて一安心。好みのワインもハッキリしている方だったのでシェフに意向を伝えてグラスワインを選び、満足してくれていました。
大事な会食だったので、セリエにして良かったです。

  • CELLIER - 人参ムース

    人参ムース

  • CELLIER - サーモンといくらのライスサラダ

    サーモンといくらのライスサラダ

  • CELLIER - アワビ 仔牛 セップ茸

    アワビ 仔牛 セップ茸

  • CELLIER - 鴨とフォアグ

    鴨とフォアグ

  • CELLIER - フルーツのスープ

    フルーツのスープ

11回目

2020/09訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5
    ¥6,000~¥7,999
    / 1人

今月2度目のランチ利用。友人が育てたハーブを事前に相談して持参したら早速お料理に使ってくださり、楽しませてもらいました。

●ニタリクジラのタルタル
見た目からなんとなく牛タルタルのイメージで食べると(当たり前ですが)思いっ切りクジラの味でビックリ。ねっとり食感でクジラらしい味わい。

●牛ハツのサラダ
サクサク食感の新鮮なハツ。マスタードソースにスペアミント(持ち込みハーブ①)をさりげなく取り入れられていました。さっぱり軽い感覚なのに卵も隠れていたのでボリュームを感じます。

●金太郎鰯のグラチネ 鰯のスープ
香ばしく焼き目の付いた鰯の下にはラタトュイユが敷かれ、上にはブッシュバジル(持ち込みハーブ②)が乗っていました。トマトと鰯の相性抜群。鰯のスープはなかなか強烈。生臭さを出さずにこの強い風味を引き出すのはすごい。

●大山鶏のパイ包み焼き
中身はササミやレバー、いろんな部位がギッシリ。レバー好きにはたまりません。

●スープドフリュイ
3回目になりますが、今回もリクエストさせていただきました。本当に不思議なスープ。夏が終わる前にもう一度食べたい!ペパーミント(持ち込みハーブ③)を散らして一緒に食べました。

●自家製パン
いつもながら食べ過ぎました。

3,500円のショートコースに、シャンパンとロゼをランチワインセット(2,500円)として付けていただきました。ショートコースと言いながらも品数・ボリュームしっかりで満腹です。メインがパイ包みの時は、焼き立ての自家製パンが美味しいからって食べ過ぎ注意でした(笑)。
シェフのワンオペ営業になって1ヶ月半が経つそうですが、お料理やそれに合うワインの説明を丁寧に聞けたり、感想を直接伝えられたり、個人的には今のスタイルの方が好きです。メニューにも毎回名前を入れてくださるさりげない心遣いも嬉しい。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER - 美味し過ぎて食べ過ぎ必至の自家製多加水パン

    美味し過ぎて食べ過ぎ必至の自家製多加水パン

  • CELLIER -
  • CELLIER -
10回目

2020/09訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

足繁く通ってしまう隠れた名店

美味しいものを食べたい!という友人に迷わずセリエを提案し、5,000円のランチで訪問。

●パテドカンパーニュ&人参のムースウニ添え
一口目のパテから美味しくて、友人もこの後出てくるお料理の期待値が上がっていました。なめらかな人参ムースはリクエストでリピートです。これを食べずに始まりません。

●41℃で加熱したサーモン
今回はフェンネル風味のクリームソースと合わせられていました。サーモンの身のトロトロさ、皮のパリっと加減も完璧。

●セップ茸と穴子のフリカッセ
甘味のあるフランスのキノコとカリフワな穴子をパセリのソースで。

●プーレジョーヌのロティ 夏トリュフ
黄色い肌のフランス鶏のロティ。しっとりした身と、ぼんじりとササミ。

●季節のフルーツのスープ
少し前にグレープフルーツのスープをいただき、何日も思い返して夢にまで見るほど感動的な美味しさだったのでもう一度食べたいと思っていました。今回はピンクグレープフルーツだけでなく、ぶどう、梨、いちじく、黄桃、キウイがレモングラス風味の爽やかなスープでひとつになっていました。

●自家製パン
外パリ中モチの多加水パン。いつものことながらおかわりして味わいました。

初訪問の友人は、こんなに丁寧に手がかけられたお料理をこのお値段でこの量を食べられることに感嘆していました。ワインはシェフにお任せして間違いありませんでした。(メインには赤ワインを合わせてもらいましたが写真は失念)
リクエストしない限りこれまで食べたものとは違うメニューを考えてくださるのであまりにハイペースで行くとシェフを困らせてしまうかも知れませんが、また近々訪問させていただきます(笑)。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
9回目

2020/08訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.8
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5

美食家も満足のフルコース

グルメな大先輩との訪問。
おまかせコースですが、前回訪問から1ヶ月も空いていないのでシェフがリクエストも聞きながらこれまで食べたものとかぶらないようなメニューをご用意してくださいました。
9,000円のディナーコースにシャンパンで始まり、3人で3本のボトルを開け、更に食後酒まで飲んでたっぷり贅沢させていただきました。(ご馳走になってしまったのでお値段詳細分からず非表示です)

●ニンジンのムースとコンソメのジュレ ウニ添え
定番メニューとしてリクエストしました。なめらかなムース、透き通っているけどしっかり味のコンソメジュレ、そこにウニの甘さが加わり「これを食べなきゃ始まらない」と言いたくなる一品です。

●ニタリクジラとイワシのカルパッチョ
赤身のクジラと脂の乗ったイワシ。見た目も美しい。

●サーモンのミキュイ 夏野菜
低温でミキュイにされたサーモンの身はトロトロで、皮はパリッと。この食感の差の絶妙さたるや芸術の域。セリエのお料理の中でもTOP3に入るほどお気に入り。

●穴子 フォアグラ イチジク
好物が結集して、お互いを引き立て合う。組み合わせを変えて口の中で楽しみました。

●ウズラのファルシー
優しい味のとうもろこしご飯をしっかり味のあるウズラで包み込んでいました。

●キウイのグラニテ
お口直しとして、ミントの香りも爽やか。

●黒樺牛ほほ肉 赤ワイン煮込み
ちょっとずつ色々楽しみたいという予約時にお伝えしていたため、少量ずつのWメインにしてくださいました。
初訪問のお二人にも私の大好物の一皿も味わってもらえて嬉しかったです。

●グレープフルーツとレモングラスのスープ
メニュー名だけ見るとさっぱりし過ぎるのかなと思いきや、レモングラスやライムの爽やかな香りとバニラビーンズの風味で適度な甘さを感じるスープでグレープフルーツの苦味は抑えられ、これは本当に感動の一皿!夏しか食べられないだろうし、これのためにもう一度行きたいほど美味しかったです。

美味しいものをよく知っていて、よく食べよく飲む方達の舌と胃袋も満足させられたようです。
ソムリエでもあるシェフが丁寧にお料理の説明とワインの提案をしてくださり、心地よいサービス空間を楽しめました。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
8回目

2020/08訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥6,000~¥7,999
    / 1人

うっとりするランチコース

私のリコメンを信じて訪問希望のご夫婦と3人で訪問。予約していたのは3,500円のランチコース。コースとしては12回目の利用です。

★アミューズのパテドカンパーニュでまずはシャンパンを1杯。セリエのパテは粗挽きのお肉の食感もあり、肉肉しくてとても好みです。このパテだけで飲み干してしまいそうなほどお酒が進むのですがゆっくり嗜み、前菜の人参のムースとコンソメジュレ雲丹添えの途中で白ワインをオーダー。久し振りにいただきましたが、なめらかなムースが口いっぱいに広がり前菜から幸せ気分。

★もう一皿の前菜はホッケと夏野菜の温かいサラダ。ホッケをこんなにオシャレな食べ方したことないので驚きました。ネギソースとアンチョビクリームがまたワインを誘います。

★牛ホホ肉の赤ワイン煮込みは何度食べても感動的で、食べ終わるのがもったいないと思ってしまうほど。ピノノワールと共にゆっくり味わいつつ、いつも通りパンでソースをはだけとりました。付け合わせのタリアテッレはこれだけで一皿食べたい美味しさ。セリエでパスタは初めてでした。

★外はハードなのに中はモチモチな自家製パンもおかわり必至。このパン初体験の2人と共にハイペースでおかわりするので危うく「お店のパン食べ尽くす事件」の一歩手前だったようです(笑)

★桃のコンポートはココナッツアイスと組み合わせて、シュワシュワのシャンパンソースも爽やか。頼んでいたお祝いプレートは別皿で、絶品チーズケーキを乗せて持ってきてくださいました。

シェフの丁寧なお仕事から、一皿一皿に込められたおもてなしの気持ちが伝わります。ソムリエでもあるシェフに相談しながら選んだワインをお料理に合わせてゆっくり楽しむ、大満足な時間を過ごせました。テーブルクロスも敷かれて高級感が増していましたが、これからもデイリーユースしたいお気に入りフレンチです。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
7回目

2020/07訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.3
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク -
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

友人との食事再開・再会。5,000円のディナーコースにシャンパン&グラスワインを3杯。

★ブーダンノアール&ビシソワーズ&稚鮎のフリット
アミューズ一つずつ抜かりない。

★サーモンと茄子のテリーヌ
白神山地のお水で育ったサーモンをミキュイにして茄子とテリーヌにされていました。初訪問時に食べてからすっかり虜になっていた私の大好きな皮パリのサーモンのミキュイが作れるサーモンは新型コロナの影響で入荷しないそうで、それとは違うもののこれはこれで美味しくいただきました。

★フォアグラとオーボーリーのロワイヤル
香りをいただく一皿。

★イシガレイのブレゼ
岩手の大きな牡蠣が乗っていました。セリエのソース各種がいつも楽しみで、今回もパンではだけ取りましたw

★もち豚のロースト サマートリュフ
しっとり柔らかくローストされたもち豚。「豚は脂が美味しい」と聞きますがまさしくそれ!
友人の大食漢ぶりに気付いて大盛りサービスしてくださったので少しシェアさせていただきました。牛ホホ肉の赤ワイン煮をチョイスしていた友人は味にもボリュームにも大満足。

★桃のコンポート いちじくソース ココナッツアイス チーズケーキ
好きな果物の組み合わせにアイスとチーズケーキ…デザートコースを一皿で楽しんだ気分です。

★抹茶テリーヌ
お誕生日プレートをお願いしていたらデザートとは別皿でご用意いただいていました。抹茶風味と言うよりほぼ抹茶そのものを食べてるようななめらかテリーヌは衝撃的でした。

心のこもったお料理ばかりで嬉しい食時間となりました。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
6回目

2020/06訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5
    ¥5,000~¥5,999
    / 1人

外食の喜びを味わうおもてなし料理

2カ月半振りの外食再開。ソーシャルディスタンスもバッチリ取れるセリエに1人でランチ訪問。
メニューは通常とは違う構成で、前菜盛り合わせとメインのショートコースでした。選ぶメインによってお値段は違いますが、一番お値段は張る(3,800円)ものの一番好きな「黒毛和牛のホホ肉 赤ワイン煮込み」を迷わずオーダーしました。

★前菜盛り合わせ(キャロットラペと鴨ハム、稚鮎のフライ、ガスパチョ、パテ、ブーダンノワール、金目鯛のマリネ、穴子のキャラメリゼと空豆のキッシュ)
美しい盛り付けで目の前に置かれた瞬間に外食の喜びを思い出させてもらいました。

★メイン(黒毛和牛のホホ肉 赤ワイン煮込み)
スッとナイフを入れて柔らかい身を切り分ける瞬間から美味しいのが分かります。トロける柔らかさながら、少し肉らしい繊維が残るベストな煮込み加減。初めて食べた時から絶品ソースの虜でしたが、付け合わせの野菜の食感も絶妙で、密かに毎回感心しています。

【感想】
外出自粛期間中に何度もテイクアウト利用して美味しさは忘れずにいましたが、皮目だけサッと香ばしく炙った金目鯛、外カリ中モチの自家製パンでキレイにはだけたくなる絶品ソースの牛ホホなど、やはり店内飲食だとベストな温度で提供され、お皿や盛り付け含めての「プロのお料理」だと改めて感じました。
出来立てじゃないと味わえない食感や温度、シェフのおもてなしの気持ちが伝わりました。お料理に合わせてワインを選ぶ楽しさもまたひとしお。
「セリエの味が自宅で食べられる♪」とテイクアウトを楽しんでいましたが、これからは感染予防対策をしながらなるべくお店に行こうと思うサービスをありがとうございました。
間違いなくマイベストレストランです。

  • CELLIER - 前菜盛り合わせ

    前菜盛り合わせ

  • CELLIER - ホロホロトロける絶品ソースの牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。付け合わせのお野菜のみずみずしい火の通り具合も絶妙。

    ホロホロトロける絶品ソースの牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。付け合わせのお野菜のみずみずしい火の通り具合も絶妙。

  • CELLIER - 牛ホホ肉の赤ワイン煮込みにはピノノワール

    牛ホホ肉の赤ワイン煮込みにはピノノワール

  • CELLIER - おかわり連発の自家製パン

    おかわり連発の自家製パン

5回目

2020/03訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.8
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

接待でも大成功の実力派フレンチ

仕事関係者4人の会食として、8,000円のコースを初体験。お店選びを任せていただくこととなり、隣との席間隔も広く落ち着いて食事ができるセリエは個室でなくても会食に使えるなと感じていたのでご提案しました。お店の前の桜もちょうど咲き始めてベストロケーション。

詳細をメモしきれていませんがメニューはこんな感じ。
★鴨リエットとブーダンノワール
★ホワイトアスパラ
★ウサギのジュのパイ包み焼き
★白身魚
★鴨
★チョコムースとバニラアイス

初訪問の皆さんもフランス料理にはなかなか馴染みがなかったようですが、シェフが丁寧にメニューの説明をしてくださり楽しんでいたようでした。上品なお料理に満足してもらえて提案者である私も一安心。私自身は3月のディナーコース3回目でしたが(笑)、違ったお料理も楽しめたし、間違いないお店をご提案したかったのでセリエにして良かったです。ビジネスディナーでもまた利用させていただきたいです。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
4回目

2020/03訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

シェフの心遣いで何度訪問しても飽きないお店

前回の訪問から1週間も開けずに、仲良い先輩方と3人で、5,000円のコース利用。

★鴨のリエット
この例えが良いのか分かりませんが高級なコンビーフのような(笑)、バゲットと共に最高のおつまみになるしっかり塩味。

★人参ムース コンソメジュレ ウニ添え 
なめらかな人参のムースに手間暇かけられているのが一目で分かる透明なコンソメジュレ、甘みのあるウニが乗せられている前菜。初めてフルサイズでいただきましたがペロリといける。

★穴子のヴァプール フォアグラのポワレ
数日前に来たばかりなので別の前菜をご用意いただいていたようで、その心遣いに感動。

★黒樺牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
メインも他のものをご用意いただいていたようでしたが、結局牛ホホの赤ワイン煮込みをオーダーしてしまいました。同じメニューでも毎回違った盛り付けで楽しい♪

★3種の苺のパルフェ

甲州の白ワインのボトルをちょうどメインの前に開けてしまったので、牛ホホに合わせてグラスの赤ワインを追加しました。牛ホホに赤ワインは欠かせません。
何回行ってもちょっとずつ何かを足してくれたり変えてくれたり、シェフが工夫してくれるので全然飽きないお店です。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
3回目

2020/03訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.7
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

季節の味覚を楽しむディナーコース

3月のディナーコースをいただきに、会社の先輩と2人で夜に訪問。
ホワイトアスパラ、蛤、苺…春らしい食材を楽しみました。

★ブーダンノワール
豚の血臭さがお店によって異なりますが、セリエのブーダンノワールはクセが少なめで食べやすい。王林のジャムとベストマッチ。

★ホワイトアスパラ エストラゴン ミモレットと金柑
サバイヨンソースがたまらない。本当にソースがどれも美味しい。

★蛤のポッシェ 春キャベツ&ホタテのクリーム
ポッシェとフリットの食べ比べを楽しみつつ、春キャベツとホタテの風味豊かなソースにグリーンピースの豆らしい甘味と食感も加わります。

★牛ホホの赤ワイン煮込み
何度も食べているのに感動してしまうトロける美味しさ。

★3種の苺のパルフェ
あまおう、とちおとめ、ゆうべにを軽いクリームでまとめたパルフェ。甘過ぎないので、甘い物をあまり好まない私でもここのクリームは食べられます。

5,000円のコース+3,500円のペアリング、更にグラスワインを追加して1人1万円ちょいで大満足の夜でした。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
2回目

2019/12訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.8
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

「フレンチはソースが命」まさにそれ!

3度目の訪問。友人とアラカルトで好きなものを注文しました。

★前菜
半生トロトロの身とパリパリの皮がたまらないサーモンのミキュイを堪能。これは私的2019年美食ランキング1位に決定です。

★スープ
濃厚ビスクはほんのり柚子の香りを纏わせていました。フレンチに柚子とは意外なようで、古典料理でも定番だったくらい相性抜群。

★お魚
旬のタラと白子をとっても美味しいソースでいただきました。「フレンチはソースが命」を証明するような絶品ソースでした。

★メイン
口の中ですぐにほどけてしまうトロトロ牛ホホ肉の赤ワイン煮込みもソースが素晴らしくて、友人もパンでしっかりはだけ取って、お皿がキレイになっていました。

★お酒のとも
お料理に合わせて既に3杯飲んでいたのですが、友人との話に花も咲き、ワインをもう少し飲みたかったのでパテドカンパーニュを追加。ここのパテは肉肉しくて、ギュッと美味しさが詰まっていて好みの食感です。

【感想】
丁寧に手を掛けられているのが分かる繊細なお料理ばかりで訪問する度に感動しています。絶対自分では作れないものをいただき「やっぱり外食って楽しいな」と思いました。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
1回目

2019/04訪問

  • lunch:4.8

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 3.5
    ¥3,000~¥3,999
    / 1人

絶品☆トケけるサーモンのミキュイ

友人とお花見ランチを計画。明治通り沿いにアーチ型の窓があり、桜がキレイに見えそうだったのでセリエを初訪問することに。予約時にリクエストしていた窓際のお席にご案内いただきました。

一皿一皿美味しくて、会話を止めてまで「美味しいね」といちいち感動していました。

●透き通ったコンソメジュレとウニが乗ったなめらかな人参のムース
●トロけるサーモンのミキュイ
●脂も美味しくジューシーな豚のロースト
●甘い物が苦手な私も軽く食べられるクレームダンシュ
●驚きのもちもち自家製パン

全て素晴らしくてコスパ抜群(土日限定ランチ2,500円+ワイン)。再訪決定です。

  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -
  • CELLIER -

口コミが参考になったらフォローしよう

bimizuki

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

bimizuki(2)さんの他のお店の口コミ

  • リカーリカ155(学芸大学 / バル・バール、イタリアン、ワインバー)

    リカーリカ - 料理写真:

    Dinner:3.7

    訪問: 2020/01

  • 秀徳237(築地、築地市場、東銀座 / 寿司、割烹・小料理、居酒屋)

    秀徳 - 料理写真:

    Lunch:4.0

    訪問: 2020/01

  • ツバキ72(広尾、六本木、乃木坂 / フレンチ、ワインバー)

    ツバキ - ドリンク写真:

    Dinner:3.8

    訪問: 2018/12

  • 尾崎幸隆 丼71(白金高輪、泉岳寺、白金台 / 海鮮丼)

    尾崎幸隆 丼 - 料理写真:

    Lunch:3.6

    訪問: 2018/03

  • 鮓 村瀬183(六本木、乃木坂、麻布十番 / 寿司)

    鮓 村瀬 - 料理写真:

    Dinner:3.9

    訪問: 2017/10

bimizukiさんの口コミ一覧(6件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 CELLIER (セリエ)
ジャンル フレンチ、モダンフレンチ、ワインバー
予約・
お問い合わせ

050-5595-1030

予約可否

予約可

住所

東京都渋谷区広尾1-4-10 鴻貴ビル 1F

交通手段

JR山手線 恵比寿駅東口 徒歩6分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅1番出口 徒歩7分
東京メトロ日比谷線 広尾駅2番出口 徒歩10分

恵比寿駅から387m

営業時間

営業時間

[火~日]
12:00~15:00
18:00~23:00

日曜営業

定休日

月曜日

新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥6,000~¥7,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料10%

席・設備

席数

12席

最大予約可能人数

着席時 20人、立食時 20人

個室

貸切

(20人以下可)

禁煙・喫煙

全席禁煙

駐車場

近隣にコインパーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、ソファー席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

Go To Eat

プレミアム付食事券(紙・電子)使える

利用シーン

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可(小学生可)

小学生以上の方はご入店いただけますが、コースをお召し上がりいただけることを前提とさせていただいております。

オープン日

2016年2月16日

電話番号

03-6450-4455

初投稿者

K.ハミルトンK.ハミルトン(2963)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

ネット予約

ページの先頭へ