今宵もご馳走様でした! : おにく 花柳

おにく 花柳

(【旧店名】和牛銘菜 然)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

  • 料理・味 4.23
  • サービス 3.92
  • 雰囲気 3.65
  • CP 4.14
  • 酒・ドリンク 3.72
  • 行った 1681人
  • 行きたい 17828人

評価分布

この口コミは、Eric55さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

Eric55

Eric55(265)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]

3

  • 夜の点数:4.8

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.9
    • | 雰囲気4.4
    • | CP4.9
    • | 酒・ドリンク4.9
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
3回目

2017/10訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.9
    • | 雰囲気 4.4
    • | CP 4.9
    • | 酒・ドリンク 4.9
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

今宵もご馳走様でした!

2017/10/30再訪
この日は月一定例会(通称二軍)での会食での利用です。
お連れした方は二人とも初めての方々。
感じなので当然に一番乗りしました。
で、当然先に呑みはじめました(笑)
早い者勝ちだもんね。
こちらはもう言わずもがなですが、肉割烹と言うことで、すべとの料理に和牛を使っています。
最初はスペシャリティのビーフシチュー。
これは安定した旨さです。
このあとに肉を使った八寸が出てくるのですが、この配列が綺麗なんだわ。
あ、最初にエクスキューズ。
サシの入った和牛ほど被写体として難しい物はないので、画像は全てボケボケです。
いい訳ですが(笑)
次が軽くしゃぶしゃぶした牛さん。
このしゃぶしゃぶ加減が素敵なんですが、年を食ってくるともう少し熱が通っているほうが胃に優しい(^-^;
すき焼きは反則的な旨さです。
肉もそうですが、玉子が旨すぎます。
でもって「残った玉子はすき焼きのタレと一緒にご飯にかけて下さい」
このTKGはやばすぎでしょう(^-^;
これだけで何キロカロリーあるんだろう?
鰈から来る物なのでしょう、最近レアよりもウエルダンの方が好みになってきているので、少しきつい部分もあるのですが、圧倒的に旨いのでこれはもうぐうの音も出ません。
まぁ、1番新しいお弟子さんが作ったハンバーグの試食もさせていただいて、これがダメで笑っちゃいましたが。
肉焼く一つをとっても匠の技がありますね。
片柳さんには脱帽です。

それから喬君の弟君が作った葛切りがダメダメで、やり直しを出してしまいました。
お兄さんって結構凄いんだね(笑)
でも今回もいっぱい笑っていっぱい吞みました。
最後は締めシャンまで。
本当にごちそうさまでした!

  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
2回目

2017/06訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.9
    • | 雰囲気 4.4
    • | CP 4.9
    • | 酒・ドリンク 4.9

よく呑んだ

2017/6/22再訪
今回は月一定例会、通称四人会での利用でした。
私以外は全員初めてです。
一人が15分くらい遅れてきましたが問題なし。
全員揃ってからのコース開始でした。
しかし圧巻ですなぁ。
ここの献立は。
画像がどうしようもない物が多いですが、すべて美味しかったです。
画像の下手さでお店を判断しないでください(^-^;

頂いた物は下記の通り
最初に和牛のタンシチュー。
シチューそのものも美味しいのですが、煮込まれているタンの旨さっていったら無いです。
これ、湯島一二一時代のくろぎが、スペシャリティで出していた物とよく似ていますが、正直言ってこっちの方が旨いです。

次に鞍下のの炙り。
腹身の上の辺りですね。
これを雲丹に巻いて食べる。
この雲丹がまた最高です。
まる富だと「うにく」ですね。
とろけます。
でも個人的にはもう少し炙った方が好きかも。
少し生すぎかもと思いました。
でも美味しい。

さがりの昆布締めの握り。
この一品。
肉の旨さは勿論ですがシャリが旨い。
肉との相性が抜群なシャリです。

牛ヒレのレアかつ。
この温度の入り具合は最高でした。
旨い。

テールの煮麺
これがこの日一番ヒットでした、個人的に。
出汁が素晴らしいのです。
この煮麺は凄かった。

シャトーブリアンのしゃぶしゃぶ。
これは二種類の食べ方で頂きました。

次は反則のすき焼き(笑)
この玉子、悪魔の魅力です。
で残った玉子を一口ご飯にかけて食べる。
旨すぎます。
牛肉より玉子にやられました(笑)

タンのレモン塩
これはコリコリとした食感が特徴的な一品ですが、正直私の好みではなかった。

で、いよいよクライマックス
シャトーブリアンの焼き物。
今さら説明するまでもない。
最高に美味しいです。

で最後にカレーライス(笑)
旨くないはずがない。
素晴らしいけど、カロリー摂りすぎです(^-^;

〆は葛切りでしたが、もうすでにお腹いっぱいで入りませんでした。

もうこれでもかっているくらい、お肉の攻撃ですが、不思議ともたれない。

これに画像の酒を一人あたり一合ずつ飲んだ計算になります。
明らかに呑みすぎでした(苦笑)
素敵なお店ですね。

でもあまりにも肉の攻撃が激しいので、個人的には東京肉しゃぶ家の方が好きかな?
まぁ、この辺は好みの問題だと思いますが。

ただ、カウンターでないとこの満足感は得られませんね。
次回予約しようとした日がカウンターが埋まっていたので、あえて別な日にしました。
まだ行かれていない方は是非。
予約は2ヶ月くらい待つみたいですが。
その価値はあると思います。
ご馳走様でしたm(_ _m

  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
1回目

2017/05訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.9
    • | 雰囲気 4.4
    • | CP 4.9
    • | 酒・ドリンク 4.9

素敵な出会いもありました

2017/5/8初訪
※デジカメの画像があまりにも酷いので、iPhoneの画像を使っています。
一部何とかなりそうなデジカメ画像も追加しました(^-^;

人の円とは不思議な物です。
また世間は狭い(^-^;

こちらのお店を汁きっかけは錦糸町のとり喜さんの15周年パーティの会場。
何故か私が乾杯の発声をさせられたのですが(^-^; その時にご紹介いただいたのが當店の片柳社長。
ちょうどその時に5月の会食場所(月一定例会、通称一軍)を探していたので、直接予約できるかを伺いました。
運良くカウンターの席が空いているとのことで、その場で予約しました。
これがきっかけ。
つまりとり喜さんのパーティがなかったらば、来なかったかもしれない。
更に當店は、私の会社から歩いて5分もかからないところにありました。
まさに灯台もと暗し。

で、この日お邪魔したのですが、真っ先に紹介された若い子がいて。
「誰かに似ていませんか?」
ん?
あれ?
崇?
で、割烹着をみると森藤の名字が。
あ、本当だ。
いわ倉の店長の喬の弟だそうです。
なので、すでに私のことは知っていた。
更に片柳社長は、この日の夜、お店が終わってから何と大門のくろぎに行くとのこと。
で、くろぎの女将の小浦さんから、私は焼酎の吉四六が好きで、炭酸はウイルキンソンの瓶じゃないとダメと聞いていたそうです。
と言うことで全て事前に用意されていました。
もっと掘ると、いわ倉にいる、リキ君と崇の弟は一緒のお店で働いたことがあるとのこと。
もう人間関係が絡まりすぎて本当にビックリでした。
本当に世の中狭いですね。
悪いことは出来ない(笑)

と言うことで前置きが長くなりました。
お店は外観からして「肉割烹」という感じではなくて、もっとおしゃれな感じです。
店内は、少し狭いですが、半個室と個室の奥にカウンターがあります。
このカウンターは4人掛けだそうですが、何と私たちのために3人で使わせていただきました。
なので非常にゆったり。

とり喜さんのパーティの時に「予算的に、全部込み込みで○○円でやっていただけますか?」とお願いしてあったのですが、出てきた料理もお酒も圧巻でした。
全部にお肉(牛肉)が入っているのですが、良い意味で、「肉肉肉」という感じではない。
確かに割烹です。
素晴らしく良くできた構成です。
最初のシチューからうなりました。

この日いただいた物は次の通り
・和牛すね肉のシチュー
・和牛クラシタの軽い炙り  北海道産生雲丹巻き
・和牛ミニヨン漬けの握り鮨
・牛出汁のお椀にトリュフ豆腐と花びらマイタケをいれたもの
・宮崎牛炭火照焼、花残照乗せ
・和牛の焼きすき焼き、山梨県中村農場八ヶ岳の鶏卵卵黄、一口ご飯
・和牛タン
・海蘊酢
・和牛ーシャトーブリアン、新じゃが、ズッキーニ
・和牛佃煮、ご飯、和牛リブ芯胡麻和え茶漬け
・葛切り

海蘊酢以外は全て牛肉を使っています。
それでいて、肉のしつこさが全くない。
素晴らしい日本料理です。

まる富さんで言う「うにく」がメチャ旨い。
トリュフ豆腐のお椀は、最初牛のお出汁が弱く感じられ、あれ?っていう感じだったのですが、トリュフ豆腐を崩していくと最高の状態になるように計算されています。
焼きすき焼きは、もう反則ですね(笑)
これだけ旨い肉に、この見事な卵黄、それに一口ご飯。
のたうち回りました(笑)
全ての肉が最高な状態であることは当然として、それ以外の素材、特にお野菜の状態が素晴らしいのです。
1回で虜になりました。
翌月の別な定例会でも利用させていただくことになりました。
いやはや、素晴らしい。
それにしてもこんなに素晴らしいお店が、こんなに近くにあったとは。
ここまで人間関係がつながっているとは。
ご縁があるお店ですね。
これからもよろしくお願いします。

本当にごちそうさまでした。

  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -
  • おにく 花柳 -

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

Eric55(265)さんの他のお店の口コミ

Eric55さんの口コミ一覧(4198件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 おにく 花柳 (【旧店名】和牛銘菜 然)
受賞・選出歴
2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル 牛料理、焼肉、炭火焼き
予約・
お問い合わせ

03-3249-7776

予約可否

予約可

住所

東京都中央区日本橋小舟町11-11 Kビル 1F

交通手段

人形町駅から371m

営業時間

17:00~23:00(最終のご入店・ご案内時間)
※23:00までにご入店頂ければ、閉店時間の制限は御座いません。
※主要食材が無くなり次第、閉店の場合があります。

定休日

日曜日・祝日

予算
[夜]¥15,000~¥19,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥15,000~¥19,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

10%の奉仕料を頂戴致します。

席・設備

席数

14席

(カウンター4席、テーブル4席・2席、半個室4席)

個室

(4人可、8人可)

半個室でのご用意となります。

貸切

禁煙・喫煙 完全禁煙

店頭に喫煙所あり

駐車場

店頭に公共の駐車スペースが御座います。

空間・設備

オシャレな空間、カウンター席あり、ソファー席あり

メニュー

コース

10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可

お子様連れ

子供可

ドレスコード

【ご来店をお考えの全ての皆様へ】
弊店は14席(カウンターは4席です)の小さなお店で御座います。
恐縮では御座いますが、過度の香水・オーデコロンのご使用はご遠慮下さい。小さな空間ですが、皆さまに最大限に私共のお料理の持つ「香り」を共有、お届けさせて頂きたいと考えております。

ホームページ

http://www.karyu-tokyo.com/

オープン日

2006年2月14日

備考

【年末年始営業のご案内】
2018年12月30日(日)より2019年1月6日(日)まで休業とさせて頂きます。ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。
尚、年始は1月7日(月)より通常通り営業いたします。

【11月・12月お料理のご案内】
「月替わりのコース 18,000円」または「爛漫コース 時価(2日前まで要予約」いずれかのご案内となります。ご予約または確認のお電話の際に、お伺いいたします。皆様のご予約、心よりお待ちしております。

初投稿者

bleubleu(3)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

ページの先頭へ