新型コロナウイルス感染拡大防止に関する要請について

最初から最後まで、すべて素晴らしかった : 味享

この口コミは、bottanさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

bottan

bottan(6498)さんの口コミTabelog Reviewer Award受賞者[携帯電話番号認証済]男性・東京都

4

  • 夜の点数:4.5

    • ¥40,000~¥49,999 / 1人
      • 料理・味 4.5
      • |サービス 4.5
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 4.5
      • |酒・ドリンク 4.0
4回目

2020/08訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

最初から最後まで、すべて素晴らしかった

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2020/08

 今年の2月に伺う予定でしたが急用が出来、親友夫妻に代わりに行ってもらい、5月はコロナの真っ只中でしたので断念、なんと9ヶ月ぶりの訪問となってしまいました。

”memento mori” で美味しいカクテルを飲んだ後此方に伺いました、虎ノ門ヒルズから徒歩5~6分で着きます。

いつもの様に一番奥の席、今日も井上さんの笑顔が迎えてくれます。

喉は潤っておりますので 「天領 飛切り 特別純米の温燗」 で乾杯です、この ”天領” は京味さんの常備酒でした。

今日、頂きましたのは次の通りです。

「アルコールを飛ばした梅酒」・・・・・アルコールを飛ばすなんて、なんと勿体ないことをするのでしょう(笑)。

「前菜」・・・・・右から隠元と冬子椎茸の黒胡麻和え鯛のひと口鮨 木の芽添え白烏賊の細造りと余市産蒸し赤雲丹の白板昆布巻き、どれも良い味しております、温燗にして大正解でした。

「芋茎の吉野煮」・・・・・今は亡き西さんの ”京味” に伺うと必ず出てくる ”芋茎の吉野煮”、京味さんでは " みっちゃん " こと 笠井さんがこれを作っておりました、懐かしいですね、西さんを偲んで頂きましょう。

「サントリー知多のダブルのハイボール」・・・・・温燗のチェイサーとしてこれを。

「淡路の由良の鱧」・・・・・湯引きと皮目だけを炙った焼き霜を梅肉か山葵醤油で、美味しいですね、骨など一切口に当たりません。

「莫大海(バクダイカイ)とツブ貝の土佐酢の煮凝り」・・・・・莫大海とは木の実で、水などでもどすと非常に大きく膨張することから「莫大海」というそうです、莫大海は無味無臭で食感はわらび餅の様です、ツブ貝との食感の違いが愉しい。
莫大海は下処理が大変で、西さんがいつも「安い食材ほど手間をかけるものです」と言っていたそうです。

「千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げと熊本産の新銀杏」・・・・・これも良く京味さんで頂きました、かりんとう揚げとは西さんの父上様の西 音松氏が名づけの親です、否が応でも西さんを思い出しちゃいますね、滅茶苦茶に美味しかった、新銀杏が添えてあるのも良いですね。

「明石の鯛と福岡県相島の赤雲丹のお造り」・・・・・この明石の鯛は修行先の京味で使っているのと同じ、明石海峡の激しい潮流にもまれ、身がひきしまり、さらにカニやエビなどの豊富なエサにも恵まれているので美味しいですね、堪らん美味しさです。
赤雲丹は井上さんの弟さんが送ってくれたもので、濃厚な甘さのある、これまたとっても美味しいものでした。

「淡路産の鱧と松茸のしゃぶしゃぶお椀」・・・・・以前、淡路産と韓国産の鱧の食べ比べをしましたが、旨味の強いのは韓国産、上品なのは淡路産の鱧でした、私はやはり上品な淡路産の方が好きです。
鱧松茸のシーズンなんですね、まだまだ猛暑が続いておりますが。

「高知県仁淀川の鮎の塩焼き 独活のきんぴら添え」・・・・・鮎はもともと上品な味ですが、この鮎はもっと上品な味、今度、この鮎を仕入れて家で炭火で塩焼きをしてみましょう。

「炊き合わせ」・・・・・石川芋管牛蒡絹さや鱧の卵の卵とじ 松茸入り、井上さんの炊き合わせはいつも美味しい味ですが、今日のも美味しいですね、鱧の卵の卵とじの中に濃い目に味付けをした松茸を入れるなんて素晴らしい考えです。

「サントリー知多のダブルのハイボール」・・・・・2杯目。

「ご飯2種」・・・・・牛肉の時雨煮香の物血合い岸の中トロ丼、しぐれ煮は無茶苦茶に美味しかったです。
まぐろのづけ丼は少なくしてもらい頂きましたが、これまた美味しかった。

「豆腐の赤出汁」

「わらび餅」・・・・・最初はそのままで、その後、きな粉を付けて頂きます、わらび餅は黒糖水につけてあるので、わらび餅だけでも美味しいです。

 味享さんには9ヶ月ぶり伺いましたが、前に伺った時よりもどんどん美味しくなってきております、また伺うのが楽しみになります、忘れない内に次の予約を入れておきましょう。

  • 味享 - アルコールを飛ばした梅酒

    アルコールを飛ばした梅酒

  • 味享 - 前菜  右から隠元と冬子椎茸の黒胡麻和え、鯛のひと口鮨 木の芽添え、白烏賊の細造りと余市産蒸し赤雲丹の白板昆布巻き

    前菜  右から隠元と冬子椎茸の黒胡麻和え、鯛のひと口鮨 木の芽添え、白烏賊の細造りと余市産蒸し赤雲丹の白板昆布巻き

  • 味享 - 芋茎の吉野煮

    芋茎の吉野煮

  • 味享 - 淡路の由良の鱧

    淡路の由良の鱧

  • 味享 - 梅肉と山葵醤油

    梅肉と山葵醤油

  • 味享 - 莫大海(バクダイカイ)とツブ貝の土佐酢の煮凝り

    莫大海(バクダイカイ)とツブ貝の土佐酢の煮凝り

  • 味享 - 千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げと熊本産の新銀杏

    千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げと熊本産の新銀杏

  • 味享 - 福岡県相島の赤雲丹

    福岡県相島の赤雲丹

  • 味享 - 明石の鯛と福岡県相島の赤雲丹のお造り

    明石の鯛と福岡県相島の赤雲丹のお造り

  • 味享 - 淡路産の鱧と松茸のしゃぶしゃぶ椀

    淡路産の鱧と松茸のしゃぶしゃぶ椀

  • 味享 - 高知県仁淀川の鮎の塩焼き 独活のきんぴら添え

    高知県仁淀川の鮎の塩焼き 独活のきんぴら添え

  • 味享 - 炊き合わせ  石川芋、管牛蒡、絹さや、鱧の卵の卵とじ 松茸入り

    炊き合わせ  石川芋、管牛蒡、絹さや、鱧の卵の卵とじ 松茸入り

  • 味享 - 牛肉の時雨煮と香の物

    牛肉の時雨煮と香の物

  • 味享 - 血合い岸の中トロ

    血合い岸の中トロ

  • 味享 - 血合い岸の中トロ丼

    血合い岸の中トロ丼

  • 味享 - 豆腐の赤出汁

    豆腐の赤出汁

  • 味享 - わらび餅

    わらび餅

  • 味享 - きな粉

    きな粉

  • 味享 - 天領 飛切り 特別純米の温燗

    天領 飛切り 特別純米の温燗

  • 味享 - サントリー知多のダブルのハイボール

    サントリー知多のダブルのハイボール

  • 味享 - サントリー知多のダブルのハイボール  2杯目

    サントリー知多のダブルのハイボール  2杯目

3回目

2019/11訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

最初から最後まで、すべて素晴らしかった

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2019/11

 4ヶ月ぶりに伺いました、最近、”味享” さんは私のお気に入りの日本料理屋さんとなっております、これからも定期的に伺いたいお店です。

私は端の席が好きですので、一番奥の扉を開きます、今日も井上さんの笑顔が迎えてくれます。

まずは 「生ビール」 で乾杯です、その後は 「サントリー知多のダブルのハイボール」 を飲みます、今日、頂きましたものは次の通りです。

「鱈の白子(雲子)と湯葉の白味噌仕立て」・・・・・上にのっている辛子を全体的に絡めて頂きます、最初の一品が温かいものは嬉しいですね、ホッとします。

「飛切り 特別純米酒」・・・・・私はハイボール、これは家内が飲みます。

「イクラの飯蒸し」・・・・・イクラは半分だけしか火が入れられておりますので、口に入れただけで解けます、イクラの旨味、甘みが口中に広がります、上には山葵餡がかけられております。
”京味” さんでの飯蒸しは海鼠腸ですが、このイクラの飯蒸しもとっても美味しかったです。

「前菜」・・・・・皮目だけを炙った ”のどぐろ”(上から醤油と酢橘がかけられております)、愛知県祖父江町産の ”銀杏”(から煎りをして振り塩がされております)、”子持ち鮎の甘露煮”、柿に見立ててあるのは、”うずらの玉子”(くちなしと食紅で色をつけており、玉子の中には黄味とカラスミと山葵とお出汁が入っております)
柿のへたは昆布ですから食べられますが、少し硬かったです(笑)、井上さんのやることは芸が細かいですね。

「香箱蟹」・・・・・兵庫県柴山の香箱蟹です、1.5杯分の蟹が詰め込まれております、嬉しいですね、土佐酢が出されますが、私は使わずに蟹をそのまま頂きます。
内子と蟹味噌がたくさんのせられており、堪らん美味しさです。

「ホッキ貝と菜の花の葛粉揚げ」・・・・・ホッキ貝は北海道長万部産です、黒ホッキ貝なんでしょうか、肉厚で味わいや歯ごたえは抜群でした。

「茄子素麺」・・・・・茄子に片栗粉を塗して、サッと湯がいて、冷水に潜らしたもの、お出汁も美味しく、茄子はツルンとした食感で、まさに素麺感覚で頂けました。

「お造り」・・・・・明石から直送してもらった鯛です、身が締まって、上品でありながら、甘みと旨味のある鯛です、明石の鯛は別格ですね。
添えてある防風も口直しで美味しかった。

「昆布船のお椀」・・・・・グジ(甘鯛)と黄色と赤の食用菊のお椀、お出汁は最初に飲んだ時から時間が経つにつれて昆布の味が強くなり、味の変化が楽しめます、柚子の香りと酸味が良い役割をしておりますね。

「鰤の柚子の幽庵焼き」・・・・・・北海道余市の大きな鰤、お腹が一杯でしたので半分にしてもらいました、良い艶ですね、ほんのりと柚子の香りがする幽庵焼き、身がパサつかず、ふわっとした仕上がりになっていて非常に美味しかった。
柚子をくり抜いて、その中に大根おろしが入ったものが添えてありましたが、柚子の香りがして、この大根おろしも美味しかったです。

「京かぶら蒸し」・・・・・かぶらをくり抜いた中には、車海老、ハマグリ、椎茸を吉野煮にしたものが入っております、添えてある野菜は春菊です。
今が蕪の旬です、しみじみとした美味しさです、この様な蕪を食べるとホッとしますね。

「ご飯2種」・・・・・一つは しぐれ煮香の物、もう一つは まぐろのづけ丼、そして
なめこのお味噌汁、しぐれ煮はお土産にしてもらい、翌朝頂きましたが、無茶苦茶においしかったです、朝から美味しいものを食べますと幸せになります。
まぐろのづけ丼は少なくしてもらい頂きましたが、これまた美味しかった、本当はこれも2~3切れお土産にして貰いたかった(笑)。

「わらび餅」・・・・・最初はそのままで、その後、きな粉を付けて頂きます、わらび餅は黒糖水につけてあるので、わらび餅だけでも美味しいです。

 今日も美味しい料理の数々でした、益々、”味享” さんが好きになりました、これからも宜しくお願い致します。

  • 味享 - 鱈の白子(雲子)と湯葉の白味噌仕立て

    鱈の白子(雲子)と湯葉の白味噌仕立て

  • 味享 - イクラの飯蒸し

    イクラの飯蒸し

  • 味享 - 前菜

    前菜

  • 味享 - 香箱蟹

    香箱蟹

  • 味享 - ホッキ貝と菜の花の葛粉揚げ

    ホッキ貝と菜の花の葛粉揚げ

  • 味享 - 茄子素麺

    茄子素麺

  • 味享 - お造り

    お造り

  • 味享 - 昆布船のお椀

    昆布船のお椀

  • 味享 - 鰤の柚子の幽庵焼き

    鰤の柚子の幽庵焼き

  • 味享 - 柚子大根おろし

    柚子大根おろし

  • 味享 - 京かぶら蒸し

    京かぶら蒸し

  • 味享 - しぐれ煮 と 香の物

    しぐれ煮 と 香の物

  • 味享 - 鮪のさく

    鮪のさく

  • 味享 - まぐろのづけ丼(家内の)

    まぐろのづけ丼(家内の)

  • 味享 - まぐろのづけ丼(私の)

    まぐろのづけ丼(私の)

  • 味享 - なめこのお味噌汁

    なめこのお味噌汁

  • 味享 - わらび餅

    わらび餅

  • 味享 - 生ビール

    生ビール

  • 味享 - サントリー知多のダブルのハイボール

    サントリー知多のダブルのハイボール

  • 味享 - 飛切り 特別純米酒

    飛切り 特別純米酒

2回目

2019/07訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

最初から最後まで、すべて素晴らしかった

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2019/07

 いやぁ~、こんなことってあるのですね、昨日、駄目元で電話をしたところ、明日来られるお客さんのドタキャンがたった今あったそうです、なにやら身内にご不幸があったとか、それならドタキャンでも仕方ありませんね。

そんなことでラッキー(そのお客さんには申し訳ないですが)にも伺うことが出来ました。

まずは 「サントリー知多のハイボール(私)」「天領 飛切り 特別純米酒(家内)」 で乾杯です。

「蓴菜の酢の物」・・・・・兵庫県三田の蓴菜、お出汁で割ったポン酢をかけております、その他にマイクロトマト、梅酒漬けにした岩梨(イワナシ)も入っております。
夏に相応しい一品です、爽やかです。

井上さんが鱧を捌き始めます、この鱧も美味しそうです、どんな料理で楽しませてくれるのでしょう。

「八寸」・・・・・甘々娘(玉蜀黍)の天ぷら、若狭産の笹カレイ、鬼灯の中には白瓜と冬菇(どんこ)椎茸と三つ葉の胡麻和え、北海道積丹半島の縞海老 海老味噌のせ、鱧寿司です。
どれも美味しいですね、家内の日本酒を少し貰いました。

ここで井上さんが大きな千葉県房州産のアワビを見せてくれます、いやいや、これも美味しそう、鱧と同じようにどんな料理で楽しませてくれるのでしょう。

「芋茎の吉野煮」・・・・・今は亡き西さんの ”京味” に伺うと必ず出てくる ”芋茎の吉野煮”、西さんを偲んで頂きましょう。

「茄子の田楽 北海道浜中町の雲丹をのせて」・・・・・甘い雲丹です、茄子の田楽と合いますね。

「千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げ」・・・・・かりんとう揚げとは西さんの父上様の西 音松氏が名づけの親です、否が応でも西さんを思い出しちゃいますね。
あの鮑をかりんとう揚げにしたのですね、滅茶苦茶に美味しかった、新銀杏が添えてあります。

「サントリー知多のハイボール」・・・・・私の2杯目、家内は日本酒を飲み続けます。

「熊本県天草産の鱧 焼き霜と落とし」・・・・・おぉ~、やはりあの鱧はこれになりましたか、焼き霜と落としの2種類にしてくれたのが嬉しい、好みで山葵醤油か梅肉で頂きます。

「鮑の肝の葛粉揚げ」・・・・・酒飲みには堪らん美味しさです。

「岐阜県長良川の鮎と枝豆豆腐のお椀」・・・・・鮎は冷水に漬けた後、風干ししたもの、上品な味ですね、流石です。

「サントリー知多のハイボール」・・・・・3杯目

「鱸の焼物 お米でとろみを付けた蓼酢と茗荷の甘酢漬け」・・・・・蓼酢は鮎だけでなく白身魚のも合うのですね、良いですね。

「炊き合わせ」・・・・・石川芋、日向南京、絹さや、車海老、粟麩、良い味です。

「魚沼産のコシヒカリの土鍋炊きご飯」

「廬山人ご飯」・・・・・刻んだ数の子と納豆昆布にカツオのお出汁を合わせたものをご飯にかけて頂きます。
「ご飯のお供」・・・・・鰻の山椒煮、梅紫蘇山芋、胡瓜浅漬け。
「鮪のづけ丼」・・・・・赤身と中トロ、針海苔と山葵をのせて。

土鍋炊きご飯を3種類の食べ方をします、どれもが違った味なので、私でも知らず知らず食べてしまいます、でもお腹がパンパンです(笑)。

「わらび餅」・・・・・黒糖水につけてあるので、わらび餅だけでも美味しい、黄粉を塗すともっと美味しい(笑)。

 超ラッキーにも伺うことの出来た ”味享” さん、今日も美味しく、井上さんの対応も素晴らしく、弟さんも素晴らしい、またこんなことがあったら嬉しいなぁ~。

  • 味享 - 蓴菜の酢の物

    蓴菜の酢の物

  • 味享 - 八寸  甘々娘(玉蜀黍)の天ぷら、若狭産の笹カレイ、鬼灯の中には白瓜と冬菇(どんこ)椎茸と三つ葉の胡麻和え、北海道積丹半島の縞海老 海老味噌のせ、鱧寿司

    八寸  甘々娘(玉蜀黍)の天ぷら、若狭産の笹カレイ、鬼灯の中には白瓜と冬菇(どんこ)椎茸と三つ葉の胡麻和え、北海道積丹半島の縞海老 海老味噌のせ、鱧寿司

  • 味享 - 芋茎の吉野煮

    芋茎の吉野煮

  • 味享 - 茄子の田楽 北海道浜中町の雲丹をのせて

    茄子の田楽 北海道浜中町の雲丹をのせて

  • 味享 - 千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げ

    千葉県房州産のアワビのかりんとう揚げ

  • 味享 - 熊本県天草産の鱧 焼き霜と落とし

    熊本県天草産の鱧 焼き霜と落とし

  • 味享 - 鮑の肝の葛粉揚げ

    鮑の肝の葛粉揚げ

  • 味享 - 岐阜県長良川の鮎と枝豆豆腐のお椀

    岐阜県長良川の鮎と枝豆豆腐のお椀

  • 味享 - 鱸の焼物 お米でとろみを付けた蓼酢と茗荷の甘酢漬け

    鱸の焼物 お米でとろみを付けた蓼酢と茗荷の甘酢漬け

  • 味享 - 炊き合わせ  石川芋、日向南京、絹さや、車海老、粟麩

    炊き合わせ  石川芋、日向南京、絹さや、車海老、粟麩

  • 味享 - 魚沼産のコシヒカリの土鍋炊きご飯

    魚沼産のコシヒカリの土鍋炊きご飯

  • 味享 - 魚沼産のコシヒカリの土鍋炊きご飯

    魚沼産のコシヒカリの土鍋炊きご飯

  • 味享 - ご飯のお供  鰻の山椒煮、梅紫蘇山芋、胡瓜浅漬け

    ご飯のお供  鰻の山椒煮、梅紫蘇山芋、胡瓜浅漬け

  • 味享 - 廬山人ご飯

    廬山人ご飯

  • 味享 - 鮪のづけ丼

    鮪のづけ丼

  • 味享 - わらび餅

    わらび餅

  • 味享 - 黄粉

    黄粉

  • 味享 - 熊本県天草産の鱧

    熊本県天草産の鱧

  • 味享 - 熊本県天草産の鱧

    熊本県天草産の鱧

  • 味享 - 千葉県房州産のアワビ

    千葉県房州産のアワビ

  • 味享 - マグロ

    マグロ

  • 味享 - 山葵醤油と梅肉

    山葵醤油と梅肉

  • 味享 - サントリー知多のハイボール 1杯目

    サントリー知多のハイボール 1杯目

  • 味享 - サントリー知多のハイボール 2杯目

    サントリー知多のハイボール 2杯目

1回目

2019/05訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0
    ¥20,000~¥29,999
    / 1人

最初から最後まで、すべて素晴らしかった

Instagram (bottan222)

ーーーーーーーーーーーーー
2019/05

 親友から一緒に行く人が都合が悪くなり、一緒に ”味享” に行きませんかとのお誘いがありました、”味享” は京味で長らく修行をした 井上 享俊 さんが笹田さんから星野さんと続いた、あのカウンターのだけの狭いお店を引き継ぎ、去年の11月に開いたお店です。

狭いお店に入っていくと、井上さんはビックリした様子で、「bottan さんがお見えになるとは思いませんでした、お店を開く際にご挨拶も出来ずすみませんでした」と、伺う前は井上さんと井上さんの顔が一致せず、何方なのかと思っておりましたが、お顔を拝見して、すぐに分かりました。

まずは、「サントリー山崎ダブルのハイボール」 で乾杯です、開店、おめでとうございまぁ~~す。

「ワタリ蟹の飯蒸し」・・・・・蒸したモチ米の上にワタリ蟹の身と内子(黄色)をのせ、岩塩をパラパラと振りかけてあります。
いやぁ~、これは実に美味しい、それにしても、この内子は綺麗ですね、どうやって作ったのでしょう。

「八寸」・・・・・右から、インゲンと冬茹椎茸に佃煮風に炊いた海苔を和えたもの炙ったバチコの下に笹鰈を敷き、その奥に赤烏賊を、左が蓬豆腐の田楽風
この一品は ”京味” でみっちりと修行したことの証しです、どれもがしっかりとしたものでした。

「黒メバルとアイナメの昆布〆のしゃぶしゃぶ風」・・・・・下にはホワイトアスパラガスが敷かれており、上の黄色いものは雲丹と土佐酢の煮こごりを和えたものです。

「トリ貝の唐揚げとそら豆の素揚げ」・・・・・トリ貝の歯ごたえが凄いです、揚げることにより、トリ貝の旨味が濃縮され、甘味も増します、やはり、貝類は火を入れた方が美味しいです、私は生より好きです。

「明石の鯛のお造り」・・・・・この明石の鯛は修行先の京味で使っているのと同じ、明石海峡の激しい潮流にもまれ、身がひきしまり、さらにカニやエビなどの豊富なエサにも恵まれているので美味しいですね、堪らん美味しさです。

「スッポンの玉子(丸)豆腐のお椀」・・・・・京味さんでも出されるお椀です、玉子豆腐の中にはスッポンの身がたくさん入っており、お椀も上品なスッポンの味、これも素晴らしい。

「太刀魚の塩焼き」・・・・・千葉県産で3.5kgものだそうで、 蓼酢で頂きます。
酢漬けにした蓮根が添えてあります、太刀魚はこれからが旬、でも一年中美味しいですね、凄いぞ太刀魚。

「賀茂茄子の炊き合わせ」・・・・・蕗と海老の金ぷらが添えてあります、金ぷらとは卵黄で溶いた小麦粉の衣で揚げたものを言います。

「お食事 ①」・・・・・鰻の山椒煮と山芋の紫蘇漬け、浅瓜漬、昆布とろろ汁
「お食事 ②」・・・・・まぐろ丼、あまりの美味しさに、もう一切れ頂いちゃいました(笑)。
2つもお食事があるのですね、お腹がパンパンです。

「わらび餅」・・・・・最初はそのままで、次にきな粉を付けて頂きます。

 いやぁ~、美味しかった、最初から最後まで、すべて素晴らしかった、大満足です。

また伺うことを約束してお店を出ました。

  • 味享 - ワタリ蟹の飯蒸し

    ワタリ蟹の飯蒸し

  • 味享 - 八寸  右から、インゲンと冬茹椎茸に佃煮風に炊いた海苔を和えたもの、炙ったバチコの下に笹鰈を敷き、その奥に赤烏賊を、左が蓬豆腐の田楽風

    八寸  右から、インゲンと冬茹椎茸に佃煮風に炊いた海苔を和えたもの、炙ったバチコの下に笹鰈を敷き、その奥に赤烏賊を、左が蓬豆腐の田楽風

  • 味享 - 黒メバルとアイナメの昆布〆のしゃぶしゃぶ風

    黒メバルとアイナメの昆布〆のしゃぶしゃぶ風

  • 味享 - トリ貝の唐揚げとそら豆の素揚げ

    トリ貝の唐揚げとそら豆の素揚げ

  • 味享 - 明石の真鯛のお造り

    明石の真鯛のお造り

  • 味享 - スッポンの玉子(丸)豆腐のお椀

    スッポンの玉子(丸)豆腐のお椀

  • 味享 - 太刀魚の塩焼き

    太刀魚の塩焼き

  • 味享 - 賀茂茄子の炊き合わせ

    賀茂茄子の炊き合わせ

  • 味享 - お食事の土鍋ご飯

    お食事の土鍋ご飯

  • 味享 - 鰻の山椒煮と山芋の紫蘇漬け、浅瓜漬

    鰻の山椒煮と山芋の紫蘇漬け、浅瓜漬

  • 味享 - 昆布とろろ汁

    昆布とろろ汁

  • 味享 - 美味しそうな鮪ですね

    美味しそうな鮪ですね

  • 味享 - まぐろ丼

    まぐろ丼

  • 味享 - まぐろ丼

    まぐろ丼

  • 味享 - わらび餅

    わらび餅

  • 味享 - サントリー山崎ダブルのハイボール

    サントリー山崎ダブルのハイボール

口コミが参考になったらフォローしよう

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

bottan(6498)さんの他のお店の口コミ

bottanさんの口コミ一覧(1501件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 味享 (ミタカ)
受賞・選出歴
2020年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2020 Bronze 受賞店

ジャンル 懐石・会席料理
予約・
お問い合わせ

03-6812-7168

予約可否
住所

東京都港区西新橋1-18-8 報徳ビル 1F

交通手段

内幸町駅から358m

営業時間・
定休日
予算(口コミ集計)
[夜]¥30,000~¥39,999

予算分布を見る

特徴・関連情報

利用シーン

初投稿者

最後は塩むすび最後は塩むすび(1906)

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「味享」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

新橋×日本料理のランキング(点数の高いお店)です。

  • 1位

    味享 - メイン写真:

    味享 (懐石・会席料理)

    点数: 4.37

    [ 口コミ 53 ]

  • 2位

    ひろ作 - メイン写真:

    ひろ作 (割烹・小料理、懐石・会席料理)

  • 3位

    新ばし 笹田 - メニュー写真:

    新ばし 笹田 (割烹・小料理)

    点数: 4.01

    [ 口コミ 74 ]

  • 4位

    新ばし 久 - 料理写真:

    新ばし 久 (割烹・小料理)

  • 5位

    舞浜 - 料理写真:

    舞浜 (居酒屋、割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理)

食べログ限定企画

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ