ストーリー立った寿司提供に身を委ねながら。 : 銀座 すし四季

この口コミは、食神の申し子さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

食神の申し子

食神の申し子(176)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]女性・東京都

1

  • 夜の点数:3.7

    • [ 料理・味3.7
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.7
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク3.7
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
1回目

2017/11訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 3.7
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

ストーリー立った寿司提供に身を委ねながら。

予約時、お好みのみの寿司注文もできるかお電話にて伺いました。
基本、受けられるものの、かなり割高になるので
コース注文されてからプラスで追加されてはいかがでしょうか?とのこと。
金額を気にしながらいただくと寛いで味わえない気もしたため
安心価格のコースにてお願いしました。

お店はビルの中ながら一軒家風の佇まい。
インターフォンを鳴らしてカウンターのある離れへ向かいます。
隠れ家風なのが良いですね。
落ち着いた佇まいに、ゆったりとしたカウンター
板前さんの後ろにある暖簾は「紅葉」
四季により春は桜、夏は竹、秋は紅葉、そして冬は雪の結晶に彩りを変えるのだとか。
季節感の得られる内装もまた一つの器のように見え、
期待感が膨らみます。

さて、メニューは、、

「洋」の要素をふんだんに取り入れた
季節の小鉢から入り、
鮨はタイミングをはかりながら、
ゆるり、ゆるりと脂が強く、味の濃いものへ
計算されて一貫づつ握られていく感じ。
なるほどお好みで注文するよりも
ゆっくりとお店が描く
コース仕立ての寿司を
堪能するのも悪くないですね。

特に接待やデートなど
別に集中すべきことがある場合は
板前さんの
目配り良いペース配分に身を委ねることは
得策のように思います。

もちろん、
その心配りは寿司のしつらえにも反映されていて
時に、ネタが冷え過ぎていないか、
その色味から温度や状態を気になさり、
刺身がベストコンディションにほどけていくのを見届けながら
丁寧に一貫一貫
提供してくださる気遣いが嬉しかったです。

海老はさっきまで生きていたものの〆めたてを。
雲丹は海苔など他の香りが混ざらないよう竹墨のみで。
小いくら丼のいくらがゆずの香りが効いているのも珍しかったかな。

酢は途中から赤酢に変わり、
時に塩、時に昆布締め、炙り、漬け、熟成と
様々な江戸前手法で巧みに魚の旨みを演出している様が興味深い。
お客さまにベストな時間を過ごしてもらえるよう
良い裏方に徹されている板前さんの心意気は
実に「江戸の小粋」さを感じさせてくれました。

ひと味ひと味
口に入れては鼻に抜ける香りを楽しみながら、
時に大将と言葉を交わし、たわいない話に笑いながら
楽しいひと時を過ごさせていただくことができ
満足できました。
銀座の一等地でこれだけの時間を過ごして
この価格はかなり破格ですね。
心から楽しめました。

  • 生麩田楽。味噌には干し柿が仕込んであり上品な甘みを加えてくれています。

  • 旬の秋刀魚のバケットには大葉と玉ねぎと秋刀魚の肝のソースが。

  • 仙鳳趾産牡蠣は出汁で炊いた上で、オリーブオイル漬けしてある。バルサミコソースをかけての提供。

  • 真鱈の白子をぽん酢のジュレで

  • 京都産海老芋の揚げ出し。上にはズワイガニと下仁田ねぎが。

  • 海老芋はさっくりほっこり良い食感。

  • ガリは自家製を都度スライス

  • 自家製ガリは上品な味わい

  • 墨烏賊は竹墨塩で。ほんのりスダチが香る。

  • 北海道産・青柳

  • 秋刀魚

  • 皮剥は皮剥の肝とともに。

  • 金目鯛の腹の部分は上質な脂が乗っていて口の中でとろけていくのが楽しい。直前まで昆布で包んであった。

  • 鮪のヅケ

  • 新いくらの小丼はほんのり柚子が香る

  • 赤ムツ(喉黒)は少し炙ってある

  • エビは目の前で頭を取り殻を剥いて仕上げてくれる。

  • 車海老

  • 富山産・鰤

  • 北海道産カネキの雲丹は竹墨塩で。

  • 中トロ

  • 穴子

  • 大トロ

  • アラで出汁をとった白味噌の味噌汁

  • 「とろたく」は刺身でそのまま頂けるような綺麗な部位を目の前で沢庵とともに。たくあんを寝かせて桂剥きする包丁使いに思わず息を飲む。

  • 出汁巻の食感に近い卵焼きは飾り切りが美しい。

  • 焙じ茶プリンはフロランタンのようにキャラメリゼされた南瓜のタネとともに。

  • インターホンを押しての入店

口コミが参考になったらフォローしよう

食神の申し子

食神の申し子

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

食神の申し子(176)さんの他のお店の口コミ

食神の申し子さんの口コミ一覧(354件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 銀座 すし四季 (すしとき)
ジャンル 寿司、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理
予約・
お問い合わせ

050-5593-4138

予約可否

予約可

住所

東京都中央区銀座8-8-8 銀座888ビル 3F

交通手段

銀座駅から徒歩5分
中央通りを新橋駅方向に進み、
「銀座八丁目」の信号の右手前「スリーエイトビル」の3階です。

新橋駅から337m

営業時間

[月~土]
18:00〜23:00
L.O 21:00

定休日

日曜日・祝日

予算
[夜]¥10,000~¥14,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

席・設備

席数

12席

(カウンター12席)

個室

(2人可、4人可、6人可、8人可)

〜はなれ〜では、季節の食材を使った和食のコースもご用意しております。

貸切

禁煙・喫煙 分煙
駐車場

近隣にコインパーキングがございます。

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

10000円以上のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

ホームページ

http://sushi-toki.com/

公式アカウント
オープン日

2017年2月25日

電話番号

03-6263-9811

初投稿者

きょたーぼきょたーぼ(8)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

食べログ特集

050-5593-4138

ページの先頭へ