丸の内の元銀行金庫室に会員制倶楽部 : marunouchi cafe 倶楽部21号館

marunouchi cafe 倶楽部21号館

(マルノウチカフェ・クラブニジュウイチゴウカン)

関連店舗

  • 料理・味 3.05
  • サービス 3.00
  • 雰囲気 3.05
  • CP 3.06
  • 酒・ドリンク 3.00
  • 行った 36人
  • 行きたい 174人

評価分布

この口コミは、葡萄党幹事長さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

葡萄党幹事長

葡萄党幹事長(1748)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性

1

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999
1回目

2013/11訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.0
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

丸の内の元銀行金庫室に会員制倶楽部

丸の内に勤務することが入会条件の会員制倶楽部が、元銀行の金庫室の中にある。今から123年前に新生明治政府から丸の内一帯を買い取った当時の三菱社が、イギリス人建築家ジョサイアコンドルや同年に設立した丸ノ内建築所により、次々に煉瓦造りの英国風オフィス街を造っていった。その21番目として初めて鉄筋コンクリートで建築されたビル、丸ノ内21号館があった場所に、今はこの新東京ビルが建っている。その1階に当時を偲ぶ会員制の倶楽部21号館がある。

エントランス近くのオープンなバーカウンターで腕を振るうシェフの料理は、今風の軽快な味付けでさっぱりしたものが多い。ディナーのコースはアミューズ、オードブル、プリモ、ポアソンかヴィアンドを選ぶセコンドと至ってシンプルなプレフィクス。ポアソン、ヴィアンド両方のフルコースも用意されている。イタリアンを主体にしたフレンチっぽい欧風料理の店。ランチは和風も多く、日替わりのカレーが本格的で美味しい。

今回は滑らかな都会的味わいのパテドカンパーニュと紫芋など根菜のトルティージャが絶品。低温で長時間ローストしたイベリコ豚も、大きな肉の塊でじっくり手間を掛けて火入れしたことが良く分かる、肉汁を逃がさない均一の柔らかさが素晴らしい。添えられた根セロリのピュレとも合っている。簡単なバーカウンター内のオープンキッチンから繰り出されるとはにわかに信じ難い。

ワインはシャンパーニュとスプマンテ、フランスかイタリアの白赤が中心。今回はカヴァのブランドブランと言う珍しいスパークリングに出迎えられた。会員制らしく、イベントを多く催す店であり、ワインや日本酒の試飲会もちょくちょく開催されている。そのため、日本酒やワインは、今日のお勧めを聞くと、旬の珍しいものに出会うこともできる。

場所はJR東京駅と山手線の有楽町駅の中間地点。丸の内仲通りと東京国際フォーラムに挟まれた新東京ビルの1階に在る。新東京ビルの中央エレベーターホール、国際フォーラム側エントランスに面する。東京駅から国際フォーラム側のビルエントランスを入った左手。地下レストラン街に下りる階段ホール、真っ赤な壁の右隣りにひっそりと目立たぬよう、元銀行の裏口があり、この扉が金庫室の入り口、すなわちこの店のエントランス。この扉の向うに店があることは、このビルの勤務者でも知らない人が多い。

秘密クラブ的存在のインテリアは、やや暗めのモダンクラシック。イデーの家具を使ったダークブラウンの色調が、モダンでありながら落ち着いている。個室は銀行の金庫室のコンクリート打ちっ放し壁を、そのまま現しで仕上げに使い、金庫室の中の堅い感覚を演出している。

入会金はわずか1050円。会費も年10500円と格安。丸の内のど真ん中で、元銀行の金庫室と言う話題性。洒落たインテリアと美味しい料理の数々。この丸の内で120年以上繰り広げられて来た銀行内での出世競争に思いを馳せ、ゆったりとワインのグラスを傾ける。この程度の会費なら、倍返しどころか、10倍返しできるのではと思われる。

≪今回の料理≫
プリフィクスコース 3670円

アミューズ 自家製オリーブマリネ プロシュート ブラックペッパーとレーズンのフロマージュ
オードブル 旬の栗のポタージュ パテドカンパーニュ 紫芋と人参や南瓜など根菜のトルティージャ

プリモ 鮪のラグーソースのスパゲッティ
ヴィアンド イベリコ豚の低温長時間ロースト 根セロリのピュレと共に

パン バケット
デセール バニラアイスクリーム
カフェ エスプレッソダブル

≪今回のワイン≫
NM CAVA BLANC de BLANCS BRUTISSIME NAVERAN 6000円/本
2012 Silene Bianco TERRE DI CHIETI 3990円/1本
2012 Silene Rosso TERRE DI CHIETI 3990円/1本

* * * * * * * * * *

≪過去のレビュー≫
家具メーカーIDEEが内装、店舗運営していた洒落た会員制のクラブ、倶楽部21号館。丸の内仲通りの今や恒例となったクリスマスイルミネーション。LEDのシャンパンゴールドが美しい。かつての銀行街が、こんなに素晴らしい夜の街になったとは、感動的ですらある。その丸の内仲通り、有楽町寄りにある新東京ビル1階。東京駅側の中央エントランス、地下レストラン街に降りる赤い壁の脇という知らないと行けないところにひっそりとある入り口。それもそのはず、以前は銀行の金庫室だった場所。

ランチ2種類がいずれも1000円、イタリアンのディナーはシェフのお任せ2コースで3670円か4720円、パーティー料理は3000円から、フリードリンク+2500円という、この場所、この雰囲気で、このコストパフォーマンスはかなりいかしている。オリジナル家具やセレクト雑貨で有名なIDEEが運営するだけあって、とにかくモダンなのにシックで今風大人の倶楽部となっている。丸の内に勤める身ならば、利用しない手はない。銀行の金庫の中だと思うと、ちょっと息苦しくなってくるのは気の持ちようか。

会員制とは言え、入会金はわずか1050円。会費は年10500円と格安。1ヶ月当たりにすればわずか875円と言うことになる。ただみたいなもの。会員制のため、いつも空いており、この空間をいつでも使えるとなると、こんなに使い勝手の良い便利な店はそうそうないのではないではないだろうか。昨夜は本社の同期会で、40人弱の立食パーティーを開催。入社30年でこの人数が集まること自体、奇跡の世代と言われている。

料理は1人3000円で2500円のフリードリンクを追加。料理の内容はイタリアン中心で無国籍料理のビュッフェスタイル。丁寧に作られた皿の数々はなかなか美味しい。生ビール、ウィスキー、ソフトドリンク以外に、ワインは白、赤ともロスヴァスコスの2009年。普段は1本3990円で出しているチリのワイン。赤はカベルネ・ソーヴィニヨン、白はシャルドネ。酒屋で1500円くらいのワインなので、原価率は高く、かなりの買い得価格。

会員資格は、丸の内、有楽町、大手町に勤めていること。とは言え、会員の紹介があれば誰でもなれる。竜馬伝で今話題の岩崎弥太郎の息子、岩崎久彌が明治から大正にかけて丸の内オフィス街を造った時に、当時東洋最大の事務所建築21号館がこの場所にあり、その中にヨーロッパ人と新進気鋭の日本経済人達との文化交流の倶楽部があったことから、この倶楽部が名残で運営されているとのこと。歴史の重みを感じながら金庫室の中で飲む酒も、たまにはおつなもの。丸の内で働く人に、迷わず奨められる倶楽部ではないだろうか。

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 元銀行の金庫室の中 コンクリートの剥き出しの躯体をそのままインテリアに利用

    元銀行の金庫室の中 コンクリートの剥き出しの躯体をそのままインテリアに利用

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - アミューズ 自家製オリーブマリネ プロシュート ブラックペッパーとレーズンのフロマージュ 

    アミューズ 自家製オリーブマリネ プロシュート ブラックペッパーとレーズンのフロマージュ 

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - オードブル 旬の栗のポタージュ パテドカンパーニュ 紫芋と人参や南瓜など根菜のトルティージャ

    オードブル 旬の栗のポタージュ パテドカンパーニュ 紫芋と人参や南瓜など根菜のトルティージャ

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - プリモ 鮪のラグーソースのスパゲッティ

    プリモ 鮪のラグーソースのスパゲッティ

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - ヴィアンド イベリコ豚の低温長時間ロースト 根セロリのピュレと共に

    ヴィアンド イベリコ豚の低温長時間ロースト 根セロリのピュレと共に

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - エントランスサイン

    エントランスサイン

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 丸の内仲通りクリスマスイルミネーション

    丸の内仲通りクリスマスイルミネーション

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - イタリアン中心のビュッフェ料理

    イタリアン中心のビュッフェ料理

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 白ワイン/ロスヴァスコス・シャルドネ/2009年

    白ワイン/ロスヴァスコス・シャルドネ/2009年

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 赤ワイン/ロスヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニヨン/2009年

    赤ワイン/ロスヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニヨン/2009年

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - パーティー仕様インテリア

    パーティー仕様インテリア

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 新東京ビルエントランス

    新東京ビルエントランス

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - エントランス

    エントランス

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - エントランスボード

    エントランスボード

  • marunouchi cafe 倶楽部21号館 - 新東京ビル地階エントランス

    新東京ビル地階エントランス

口コミが参考になったらフォローしよう

葡萄党幹事長

葡萄党幹事長

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

葡萄党幹事長(1748)さんの他のお店の口コミ

葡萄党幹事長さんの口コミ一覧(1040件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

店舗情報(詳細)

編集する

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

「marunouchi cafe 倶楽部21号館」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 marunouchi cafe 倶楽部21号館 (マルノウチカフェ・クラブニジュウイチゴウカン)
ジャンル イタリアン、無国籍料理、バー
予約・
お問い合わせ

03-5288-6125

予約可否

予約可

住所

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル

交通手段

有楽町駅から273m

営業時間

ランチ 11:30-14:00
ティータイム 14:00-18:00
ディナー 18:00-23:00 (L.O.ディナー 21:30、ドリンク 22:30)

定休日

土曜・日曜・祝日

予算(口コミ集計)
[夜]¥8,000~¥9,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(JCB、AMEX)

席・設備

個室

貸切

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、ソファー席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank

メニュー

飲み放題コース

飲み放題、3000円以下の飲み放題コース

コース

3000円~4000円のコース、4000円~5000円のコース

ドリンク

日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり

特徴・関連情報

利用シーン

デート 知人・友人と

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可

ホームページ

http://www.marunouchicafe.com/club/index.html

初投稿者

ブルーホッパーブルーホッパー(28)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「marunouchi cafe 倶楽部21号館」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

  • 総合ランキング

有楽町×イタリアンのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

The Tabelog Award

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ