ランチを頂くべくの再訪です : 銀座 ハプスブルク・ファイルヒェン

オーストリア国家公認 料理マイスター

銀座 ハプスブルク・ファイルヒェン

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

  • 料理・味 4.32
  • サービス 4.16
  • 雰囲気 4.29
  • CP 3.66
  • 酒・ドリンク 4.02
  • 行った 950人
  • 行きたい 9108人

評価分布

この口コミは、ゆっきょしさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

ゆっきょし

ゆっきょし(600)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]50代後半・男性・埼玉県

2

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス4.4
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.9
    • | 酒・ドリンク3.8
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999
2回目

2017/06訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 4.4
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 3.8
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

ランチを頂くべくの再訪です

再訪 20170614

前回はカフェ利用で、正統なオーストリア食文化の片鱗は十分に感じさせて頂きましたが、
今回は本格的なオーストリア料理を頂くべくの再訪で有りマス<(`^´)>
こちらの神田シェフは日本人で唯一のオーストリア国家公認キュッヘン(料理)マイスターですが、
昨年、BSの『プロファイラー』のハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの回に
彼女の愛して止まなかった「オリオ・スープ」を再現されるために出演されて居られました。
「オリオ・スープ」は、当時のレシピによれば、10キロの子牛肉をカットし、
250グラムのバターで軽く焼き、30リットルの水で煮込み、さらに猪・兎等の野生動物の肉30種と、
セロリ等の野菜15種を加えて煮込んだ物だそうです。
マリア・テレジアは夫フランツとの間に男子5人、女子11人(末娘があのマリー・アントワネット)、
合計16人の子供をもうけましたので滋養強壮効果は抜群のスープの様ではありまする(笑
材料費だけでも一杯50000円位かかる様ですので、今回は「オリオ・スープ」はパスさせて頂いて
通常のランチコースを頂く事と相成りました(笑

予約を入れての訪店ですが、ランチタイムで後客12名といった処で元々席間広めの
ゆったり空間のお店ですので、快適さは◎◎◎状態(嬉
後刻、初めて化粧室を使わせて頂きましたが、かなり狭い空間でお席とのギャップは大△

接客、今回はお若い女性スタッフさんがメインで担当して下さいましたが、丁寧ながら
気さくな対応で優良レベル◎

オーストリアビール ゲッサ― Gösser 1150円+Tax
オーストリアのビール、初めて頂きましたが、癖もなく飲みやすくて美味◎

カイザーシュプリッツァー Kaiser Spritzer 1260円+Tax
白ワインとソーダにニワトコの花の香りが付けてあるのですが、ベースの白ワインが
甘口の様で相方はかなり気に入った様子◎

シュプリッツァー Spritzer 1050円+Tax
白ワインとソーダの飲み物ですが、こちらはドライなティストで○

キール Kir 1260円+Tax
オーストリアカシスと白ワイン、これも飲みやすいですね○(^_-)-☆

ランチコース 
オードブル・スープから1品・メインから1品・デザートから1品 コース料金 5500円+Tax


【アミューズ】 Schöne Grüße von der Küche
稚鮎のフライ、キャベツのサラダとかぼちゃの種のオイルの香り トマトとニワトコの冷製スープ

鮎、今年の初物?で季節感もあって、全体的に良くまとまった美味しい一品です!
アミューズの割には量もあって○

【パン】カイザーロール(カイザーゼンメル)Kaisersemmel
オーストリア農林省により正式に認可された伝統的なオーストリア料理?で、硬い生地で覆われた
ハード系のロールパンですが、ヨーロッパで仮焼きした物を店内で仕上げておられます。
しっかりと温められており、添付のホイップバターも美味◎

通常ですと次はオードブルですが、こちらのシェフがお店を始める際にどうしても出したかったと言う
こちらのスペシャリテである ウィーナーバイシンケン Wiener Beinschinken 一人前 740円+Tax
追加発注させて頂きました(>_<)
ウィーナーバイシンケン、ウィーン伝統の骨付き熟成ハムですが、こちらのお店は
梅山豚(めいしゃんとん・めいさんとん)のハム?をボイルしてから2~3日熟成させた物だそうです(*_*)
ただこの梅山豚、寡聞にして名前しか知らなかったのですが、中国の太湖豚(タイフウトン)系の
原種豚の品種名で中国国内でもほとんど流通しておらず、日本国内では農林水産省の畜産研究所と
茨城県の塚原牧場でしか飼育されていないと言う『幻の豚』さんの様ではありまする(笑
ハム、勿論美味しいのですが、添えられたホースラディッシュ・玉子・メープルシューシロップを使った
特製マスタードソースが程よい酸味&甘味で美味◎◎

【オードブル】オーストリアの伝統的なオードブル盛合せ Saisonale Vorspeise Variation
仔牛肉のクロケッテン、イサキのシュニッテ、ショウガの香り
クロケッテン、カラッと揚がっていますが、ややふにゃっとした食感で美味○
イサキの鮮度は良ですが、海の無いオーストリアの人々が生のお魚を食されるのか?

【スープ】
ウィーンのコンソメスープ ファシエテを詰めたシュー生地を浮かべて
Wiener Rindsuppe mit gefüllten Brandteigkrapferln
]
コンソメスープ自体は普通に美味○ですが、三元豚のブランドの一つである佐助豚の
ミンチが入ったシュー生地がオーストリアっぽいって事かと・・・(>_<)

根セロリのスープ メランジェ仕立てポシエテアイとマリネした爽やかなセロリシュタンゲと共に
Selleriesuppe mit pochiertem Eiund eingelegtem Stangensellerie

サッパリとした美味しいスープですが、スープに浮かんだ?半熟の茹で卵と共に頂けば良○

【メイン】
ソテーしたラクスフォレレと押し麦・茸のラグーホースラディッシュのシャウム
Gebratene Lachsforelle auf Gerstengraupen mit Spinat,Pilzen und Krensauce

ラクスフォレレ、サクラ鱒の様ですが、火入れは良で○
押し麦、初食で美味しいと言えば美味しいといったレベルで、相方が鶏肉苦手で苦渋の選択の
一品ですが、下がリゾット(お米)ならまた違った評価になったかもですね(笑

梅山豚肩肉の赤ワイン煮込み サビエッテンクヌーデルを添えて
Geschmortes Schweinefleisch mit Serviettenknödel

肩肉ですので、脂肪少なくややパサついた感じですが食感&お味は良○

【デザート】
サクランボのパラチンケン 2種のソース Kirschpalatschinken mit zweierlei Saucen

または、本日おすすめのトルテ(ケーキ) Die heutige Empfehlungが選択可能でしたが、
相方のお誕生日祝いのランチですので、相方のたっての希望を入れて、
カイザーシュマーレン Kaiserschmarren (差し替えで一人前プラス 550円+Tax)
カイザーシュマーレンは、ザッハトルテと並んでオーストリアの最も有名なデザートのひとつです!(^^)!
オーストリアドイツ語で「Kaiser」は「皇帝」、ドイツ語で「Schmarren」は「ごたまぜ」の意味です。
オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んだという逸話もあるデザートですが、
作り方にも関係がある様な気も致しますね(笑
カイザーシュマーレン、小麦粉、卵、砂糖、塩、および牛乳を混ぜ合わせた甘い生地をバターを
溶かしたフライパンに流し込んで焼いて作るのですが、パンケーキが固まりかけたら引き裂いて
小片にすると言う見た目は、ひっくり返すのを失敗してごたまぜにした様な状態で・・・(>_<)
今回頂いた物は、粉砂糖をふりかけてアップルソースが添えられて居りましたが、
甘さもあって、部位によって異なる食感の面白いデザートでありまする(笑

カフェとプティフール Kaffee mit Petit Four
ハーブティー、カモミールかと思いますが酸味が強かったのでレモングラスかもです?
ウィーナーメランジェ、前回同様美味○
プティフールは、こちらで販売もされているオーストリアの伝統的なクッキーの
テーベッカライ  Teebäckerei でしたが、ツッカベッカライ カヤヌマさんの
物より甘さしっかりで自分的にはこちらの方が好みですね(笑

総括としては、美味しいオーストリアの伝統料理が頂けるお店だと思います。
料理が地味でデート向きではない様な気も致しますが、
マリア・テレジアがモダンフレンチを食べている図などは想像出来ませんので、
古からの伝統を楽しむべきお店でしょうね(笑

今回訪店時に隣席で召し上がっていた、アルプスの山々をイメージしたザルツブルクの伝統菓子の
ザルツブルガー ノッケルン Salzburger Nockerln がインパクトもあって
写真映えもしそうですので、次回はそれを頂きに伺いたいと思います(笑

大変ご馳走様でした。

  • プティフール

  • ハーブティー

  • ウィーナーメランジェ

  • デザート:カイザーシュマーレン 一人前 差し替えでプラス550円+Tax

  • メイン:梅山豚肩肉の赤ワイン煮込み サビエッテンクヌーデルを添えて

  • スープ:根セロリのスープ メランジェ仕立て ポシエテアイとマリネした爽やかなセロリシュタンゲと共に

  • スープ:ウィーンのコンソメスープ ファシエテを詰めたシュー生地を浮かべて

  • キール 1260円+Tax

  • メイン:ソテーしたラクスフォレレと押し麦・茸のラグー ホースラディッシュのシャウム

  • シュプリッツアー 1050円+Tax

  • オードブル:仔牛肉のクロケッテン、イサキのシュニッテ、ショウガの香り

  • クロケッテン 断面写真

  • ウィーナーバイシンケン 740円+Tax

  • ウィーナーバイシンケン

  • カイザーロール

  • ホイップバター

  • アミューズ:稚鮎のフライ、キャベツのサラダとかぼちゃの種のオイルの香り トマトとニワトコの冷製スープ

  • カイザーシュプリッツアー 1260円+Tax

  • ゲッサ― 1150円+Tax

  • テーブルセッティング

  • 銀食器のハプスブルグ家の紋章

  • ランチメニュー

  • 店内

  • ビル入り口付近

1回目

2016/09訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

このザッハトルテはかなり本国仕様に近いですね<(`^´)>

初訪 20160921

こちら、食べログ点数4.33で東京のベスト500のお店ですので
以前からBM中でしたがお料理に関しては口コミの評価もバラツキがある様で、
オーストリア料理に特に強い関心も有りませんのでカフェ利用する事に相成りました!
ただカフェタイム(13:30~15:00)は予約不可との事で直接お店に伺う事に・・・(-_-;)

こちらのお店 GINZA GREENビル内に有りますのでのエレベーターに乗って
7Fへと・・・エレベーターのドアが開いた瞬間にスーツの男性の
「いらっしゃいませ」のお出迎えで・・・(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)
カフェタイム開始直後の訪店ですが先客5名(お食事のお客様?)で後客2名!
店内、天井も高くて広くゆったりとして居り高級感のある内装でか~な~りイイ感じで有ります(笑
席間もかなり広く、いらっしゃるお客様も声高におしゃべりしているはずもなく
銀座で2000円前後でランチの頂けるお店の客層とは格段の差で(嬉
接客も説明丁寧で目配り・気配りも優良レベルのお店です◎◎◎

まずテーブルセッティングですがナプキンの載った銀?のお皿には
お約束のハプスブルク家由来の「双頭の鷲」のシンボルマークが入って居ります(笑
テーブルも大き目ですので相方と二人には快適過ぎる状態で(^_-)-☆

ザッハトルテ ドリンク付き 1750円+TAX ドリンクはウィンナーメランジェを選択
こちらの神田シェフは日本人で唯一のオーストリア国家公認キュッヘン(料理)マイスターですが
この資格を得るための試験は、一生に一度しかチャンスがないという狭き門。
その様なシェフのお店ですので今回は本国仕様?のザッハトルテが頂けそうな予感!(^^)!
そこでザッハトルテのおさらいを軽~くさせて頂きます。
以下の情報の大半は星の数程いる食べログレビュアーの中でも本場のオーストリアで
デメルとホテルザッハーの両方のザッハトルテを召し上がった経験のある
数少ない(お一人だけかもしれません?)マイレビ様のレビューを参考にさせて頂きました(笑

デメルとホテルザッハーの元祖争いは有名なお話ですが、お味は別として
デメルがアプリコットジャムを表層のみにグラサージュ(塗布)するのに対して
ホテルザッハーはスポンジ生地の間にも挟む点が最大の相違点で有ります<(`^´)>
本国仕様はスポンジ生地パサパサでチョコレートフォンダンの食感シャリシャリで
甘さタップリが共通事項の様では有ります!(^^)!

今回のザッハトルテはスポンジ生地の間にのみアプリコットジャムが挟まれており
デメルでもホテルザッハーでもないタイプです(^_-)-☆
スポンジ生地はそれ程パサパサではありませんが
グラサージュされたチョコレートフォンダンはこれまで頂いたザッハトルテの中でも
か~なりシャリシャリ(ジャリジャリ)した食感で砂糖の入った生クリームが添えられて居ります(笑
甘さは程よい具合で本国仕様に近いかなり美味しいザッハトルテです!!!
ただお店の方に伺った処、このフォンダン(砂糖の再結晶化)気温の影響が大きいそうで
毎回安定した状態で供給するのはかなり大変な作業(特に夏場)の様です(泣
ザッハトルテ、お店によっては冬季(2月)しか出して居られない所も有りますので
そういった事も関係があるのかもしれません(゚Д゚;)
フォンダンは、時間が経過すると再結晶化した砂糖の角が取れて来て
食感にも変化が出て来る様ですので本来は水分を少なくして甘さタップリで日持ちさせる様な
ザッハトルテが本物の様な気は致します<(_ _)>

ケーキ3種盛り合わせ ドリンク付き 1980円+TAX ドリンクは紅茶のアールグレイを選択
アップルシュテゥデル:温かい状態ですがシナモンの風味もイイ一品
リンツァートルテ:ラズベリー風味で甘さしっかり目のリンツの伝統菓子
ケーゼトルテ:舌触り滑らかなで濃厚なベイクドチーズケーキ
紅茶はポットサービスで供されますので量も充分!

今回はカフェ利用でしたが正統なオーストリア食文化の片鱗は十二分に感じる事が出来ました。
冒頭で「オーストリア料理に強い関心がない」と記述させて頂きましたが是非再訪して
本格的なオーストリア料理を頂いて見たくなった次第では有りマス<(`^´)>

大変ご馳走様でした。

  • ザッハトルテ ドリンク付き 1750円+TAX

  • ザッハトルテ 外側面写真

  • ザッハトルテ 側面拡大写真

  • ケーキ3種盛り合わせ ドリンク付き 1980円+TAX

  • ウィンナーメランジェ

  • 紅茶 ポットサービス

  • 紅茶 アールグレイ

  • 店内

  • テーブルセッティング

  • メニュー

  • メニュー

  • 店内

  • 1Fの表示

口コミが参考になったらフォローしよう

ゆっきょし

ゆっきょし

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

ゆっきょし(600)さんの他のお店の口コミ

ゆっきょしさんの口コミ一覧(964件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 銀座 ハプスブルク・ファイルヒェン
ジャンル 西洋各国料理(その他)
予約・
お問い合わせ

050-5872-7387

予約可否

予約可

定休日:日・月曜日(※一部変更有)
※お席の状況によりご予約を承れない場合がございます。何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。カフェタイムのご予約はお受けしておりませんので予めご了承ください。
※個室のご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。※ワイン等ドリンクのお持込は別途抜栓料を頂戴いたします。

住所

東京都中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN 7F

交通手段

銀座駅(東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線)
 A2出口より徒歩5分
新橋駅(JR線・都営浅草線・ゆりかもめ)
 徒歩5~8分
日比谷駅・有楽町駅(東京メトロ千代田線・有楽町線・都営三田線)
 徒歩10~15分
・中央通り(大通り)側のエレベーターから7階へおあがりください。

銀座駅から351m

営業時間

[ランチ]
11:30~13:30(L.O) 15:30Close
[カフェ]
13:30~15:00(L.O) 15:30Close
[ディナー]
18:00~20:30(L.O) 23:00Close

定休日

日・月曜日(※夏季・年末年始等一部変更有)

予算
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥6,000~¥7,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥20,000~¥29,999 [昼]¥10,000~¥14,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー不可

サービス料・
チャージ

サービス料込・消費税別にて価格表示しております。(ランチタイム10%、カフェタイム5%、ディナータイム12%) ※個室料につきましてはお一人につき¥1,600~2,000(税別)を別途頂戴いたします。

席・設備

席数

46席

(最大席数※着席のみの場合)

個室

(2人可、4人可、6人可、8人可)

個室料(お一人につき¥1,600~2,000 税別)を別途頂戴いたしますのであらかじめご了承ください。 ※1室のみのご用意のため、前日・当日につきましてはキャンセル料が発生いたします。 ※個室におきましては小学生以下・乳幼児のお子様もご同伴いただけますので、是非お気軽にお問合せください。

貸切

(20人~50人可、20人以下可)

禁煙・喫煙

完全禁煙

喫煙室はご用意しておりませんのであらかじめご了承ください。

駐車場

近隣の駐車場をご利用ください※提携駐車場等はございませんのでご了承ください

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、ソファー席あり、バリアフリー、車椅子で入店可

携帯電話

docomo、SoftBank、au、Y!mobile

メニュー

コース

4000円~5000円のコース、5000円~8000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、ワインにこだわる

特徴・関連情報

利用シーン

接待 知人・友人と

こんな時によく使われます。

サービス

2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ドリンク持込可、テイクアウト

お子様連れ

個室におきましては小学生以下・乳幼児のお子様もご同伴いただけます。どうぞお気軽にご相談ください。
※その他のお席でのご利用は中学生以上の方からとさせていただいておりますので、ご了承くださいませ。

ドレスコード

なし

ホームページ

http://ginza-habsburg.com/

公式アカウント
オープン日

2012年4月14日

電話番号

03-5537-3226

備考

カフェタイム(13:30~)のご予約はお受けしておりませんので予めご了承ください。お電話にて空席状況ご案内させていただきます。
・アレルギーやお苦手な食材などございましたらうぞお気軽にご相談ください。

初投稿者

うぇりっしゅうぇりっしゅ(217)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

050-5872-7387

ページの先頭へ