低下 : DAZZLE

レストランランキングTOP5000

DAZZLE

(ダズル)

公式情報

お店の営業情報は店舗関係者によって公開されています。

  • 料理・味 3.59
  • サービス 3.72
  • 雰囲気 4.03
  • CP 3.58
  • 酒・ドリンク 3.63
  • 行った 3103人
  • 行きたい 9549人

評価分布

この口コミは、大和0045さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

大和0045

大和0045(813)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性

6

  • 夜の点数:3.0

    • [ 料理・味3.2
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.2
  • 昼の点数:4.4

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.2
    • | CP4.8
    • | 酒・ドリンク4.4
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999¥10,000~¥14,999
6回目

2017/09訪問

  • dinner:3.0

    • [ 料理・味 3.2
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.2
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

低下

プロローグ:真珠のNo.1ブランドMの秋の新作発表絡みで招待されて利用。

9月23日
MのK部長のエスコートで8階へ。
EVを降りると、女性スタッフが「大和様、いつも有難う御座います」と迎えてくれる。
専用EVで9階へ。
一番奥のブース席へ案内される。

先ずは私はジンジャーエール、連れはシャンパン。

△  ジンジャーエール
   :嘗ての濃厚さはない。以前私が奨めた人達は皆感心して・喜んでいたが・
・・・・これから    初体験する人には申し訳ない。

パンとオリーブオイルが来たので、A氏に「今もバターは出さないの?」と尋ねたらそうだとの事。(前回、バターを出さなくなってガッカリしたが・・・偶々ではなく、これが店の姿勢と云う事、と良く判る。サービス良い店なのにオープン・クローズドのやり方を不思議に思って居たが・・・何となく納得)
今日は満足感が薄らぐだろうな、という予感。

△+ ドライトマトケーク

△  前菜;穴子と松茸のフリット、プッラーダのカプレーゼ、尾長鯛のカルパッチョ

水は来ないし
、ジンジャーエールはガッカリしたので、サンペレグリノを注文。

△□ サンペレグリノ

△  第一の皿;タリオリーニ。タラバ蟹とボルチーニ茸のアーリオオーリオソース、サマートリュ    フを添えて。

若い男性スタッフが、連れに料理を出した後、その場から連れの顔の前越しに私に料理を出す!?
ジンジャーエールが美味しくないのミントティーを注文。
連れは赤ワインを注文。

△(□) ミントティー
  :以前ほど美味しく感じないのは、気持ちが影響しているかもしれない。

△  魚;真鯛とカナダ産ロブスター、ズッパディベッシュ

水が空になっても中々注ぎに来ない。タダの水でも注ぎに来るのがサーヴィス業だが、有料の水だったら猶更だ。

△(□) 肉;A4黒毛和牛のフィレ肉。肉の旨味ソース。ハニートリュフを添えて

食後の飲み物を聞かれてカフェオレを頼んだが・・・・・
間が余りにも空くので、(料理にもサービスにも不満一杯の私は)デザートパスして帰ろうと思ったが、連れが「デザート食べたい。カフェオレ飲みたい」と言うので我慢して待つ。
カウンター端にデザートらしきものが2皿置かれたので、「あれかな?もうくるかな?」と思って居たが、結構放置されている。
例の若い男性スタッフがそれを持ってこちらに来るので(「今更?」と思いながら)待つ。
連れにデザートを置いた後、1~2歩戻って・横を向いて静止(イヤホンで指示を聞いているのか?)。
「届けるテーブルが違う、という指示なのか?」
「客の面前越しではなく、反対側に回る様にと云う指示を受けているのか?」等々
頭の中で考えていたら、どちらでもなかったようで、
わざわざ連れの方に戻って、連れの面前越しに私にデザートを差し出した!?

▽  モンブランのアレンジメント~栗・黒糖・オレンジ
  :「見た目だけ」と云う感じ。四分の一食べただけで残した。

△+ カフェオレ
  :連れも「ぬるい」と驚いていたが、味自体は悪くない。

ジャケット着用になったR君が挨拶に来てくれたので「昇格したの?」「一寸だけ」「頑張って」と云った会話。わざわざ来てくれたのは嬉しく、今夜の不満だらけの夕食の中の一服の清涼剤の様な感じ。
感じの良い女性スタッフに「味もサービスも落ちたね」と言ったら直ぐにA氏に報告したようで、A氏が謝りに来た。教えるつもりはなくなっていたが・・・問題点の1つだけ教えた。
早々に退出。

もう、自腹で夜来る事は無いだろう。
昼も「2丁目まで来るなら旬Sに」という気持ち。

夜★総合3←4.2.味3.2←3.9、サービス3(R君3.8、入口女性4.若い男性2.他2.9)←4.2、雰囲気3.5←4.2、コスパ3←4.2.ドリンク3.2←4.
]

  • 夜の店内

  • ジンジャーエール

  • トマトケイク

  • 前菜

  • パスタ

  • オマール海老等

  • ミントティー

  • 黒毛和牛

  • デザート

5回目

2017/06訪問

  • lunch:4.4

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.3
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.8
    • | 酒・ドリンク 4.4
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

味・サービス・コスパ・雰囲気、四拍子揃ったイタリアン!

平成29年7月更新(利用は6月)

真珠のトップブランドMの本店新築披露の一環で招待される。
先週と同様、昼間の利用でのディナー対応。
1時半過ぎEVを降りるとS女史に「大和様いらっしゃいませ!」と笑顔で迎えられ、右奥のブース席へ案内される。(Y女史は休みのようだ)

飲み物は勿論、私は自家製ジンジャーエール、連れはシャンパン→赤ワイン→赤ワイン。

□△ ジンジャーエール

□△ 前菜盛合せ
  △□ (炙り)カマスのカルパッチョ・天然キャビア添え
  △□ 花ズッキーニのフリット
  □△ ブッラータのカプレーゼ

□  第一の皿;タラバ蟹と自家製手打ち法連草のパッパルデッレ
   空豆とグリーン・ピースのソース
  :パッパルデッレは本来好きではない私が、美味しく戴けた!

△□ 魚;カナダ産ロブスターと太刀魚の炙り焼、ヤリイカ・ズッキーニ・オクラのサルタート、プッタネスカ風のソース

△□ 肉;特選A4黒毛和牛フィレ肉、季節野菜と肉の旨味ソース
  :シッカリした野菜(マスタチーム、うるい、赤蕪、小蕪、アスパラ)が良かった。

△(□) デザート;フォンダンショコラ、ヴァニラアイスクリーム

□  レモングラスとミントのハーブティー
  :前回同様、レモングラスの利きが良い。

味・サービスとも良く、コスパは抜群!


★総合4.4←4.2、味4.2←4.1、サービス4.3←4、コスパ4.8←4.7、ドリンク4.4←4.3

  • ジンジャーエール

  • 前菜

  • 法連草のパッパルデッレ

  • ロブスターと太刀魚

  • 和牛フィレ肉

  • デザート

  • ミントティー

  • 店内

4回目

2017/05訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.3
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

コスパ・雰囲気・味、三拍子揃ったイタリアン

平成29年6月更新(利用は5月下旬)

プロローグ:ゴルフ仲間のA氏に「銀座で・1万円位で・美味しい・コスパの良い店」を紹介する一環で一押しのダズルへ。
事前に頼めば、昼でも夜のコースで対応してくれるとの事で、それでお願いする(「お任せ」)。

5月27日
12時半頃入店。
Y女史らに迎えられ、前回と同じ上段奥の1つ手前のテーブル。

飲み物は勿論2人共自家製ジンジャーエール。

□△ 自家製ジンジャーエール

□△ 前菜盛合せ
  □  バフン雲丹のフラン
    :卵が強く出過ぎず・滑らか
  △□ 鱸のカルパッチョ
  □△ ブッラータのカプレーゼ

△□ 暖かい前菜;仏産白アスパラガスと粒貝のサルタート

△□ パスタ;自家製タリオリーニ、夏トリュフとサンジョルジュ茸、クリームソース

△(□) 第一の皿 ;カナダ産ロブスターのリゾット・トマトソース

△□ メイン・肉 ;A4黒毛和牛フィレ肉・肉の旨味ソース
  :良い野菜がシッカリ添えられていたのも良かった。

△(□) デザート;グレープフルーツと
プラリネのミルフィーユ・黒胡椒のアクセント

□  レモングラス入りミントティー
  :レモングラスの利きが素晴らしい。

             〆て21800円

A氏が料理・雰囲気に満足していたが、精算の段になってコスパの良さに仰天!
「大宮でこんなに美味しくなくても、もっと高額ですよ」と。
今迄紹介してきた店は皆喜んで貰って居たと自負しているが、その中でもNo.1だったようだ。私としても嬉しい。
国内レストランランキングで一段階上げて「B」に。

★総合4.2←4.1、サービス4←3.8、雰囲気4.2←4.0、コスパ4.7←4.5、ドリンク4.3←3.8

*  因みに「開店時間ギリギリまで開けない」店にサービス★4を付けたのは初めてであり、例外です。

  • ジンジャーエール

  • 前菜盛合せ

  • 暖かい前菜

  • パスタ

  • 第一の皿(リゾット)

  • メイン(和牛フィレ)

  • デザート

  • ハーブティー

3回目

2017/05訪問

  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.8
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

雰囲気・味・コスパの良いイタリアン

平成29年5月更新  

プロローグ:5月7日に予約の電話をしたら、A氏は連休、Yソムリエは4月で退社!?との事でSと言う感じの良い女性に予約をお願いする。

5月13日
10:52にミキモトビルに到着。EVフロアの通路で雨宿りがてら待とうと思ったら、ミキモトY女史が私に気付いて、K女史を呼ぶと同時に警備員にドアを開けさせてくれる。3階のVIPルームでT営業本部長に相手して頂き、11時半のダズルオープンを待つ。
11時半に1階に降りると、ダズルへのEV前は長蛇の列。ダズルでは未だ客を受け付けていないようだ。この点がサーヴィス業として失格の対応。
本部長に(EVホールを見られる)テーブル席に案内して頂き、腰かけて待つ。
列の中に息子とM君を見つけ、ミキモトに入れて待つ。

11時半を過ぎてから長蛇の列がEVに乗り込んで動き出す。
列が無くなるのを待ってEVに乗り込み9階へ。

EVを降りた瞬間、Y女史に「大和様いらっしゃいませ」と迎えられ、上段奥の1つ手前のテーブルへ案内される。

いつものように自家製ジンジャーエール(他の2人も)。
いつものように、プリフィクスで選べる2300円のコースを基本に、超過料金を払ってメインを2種類にして貰う(他の2人も)。

△(□) 本日のスープ(人参のクリームスープ)

△(□) パン
  :温かくて美味しかったが・・・お代わりのパンは温かいがイマイチ。最初は作り立てで、お代わりは温めたのか?と云う   感じ。
   いつものようにバターを所望したら、バターはなくなり・店推奨のオリーブオイルのみとの事。この点は非常に残念。

△(□) 鮮魚のカルパッチョ、ヨーグルトと柚子のソース、オゼイユオイルのアクセント
  ;鮮魚は胡椒鯛(中略)。

△(□) 本日のパスタ(桜海老のペペロンチーノ風)

□△ 博多地鶏胸肉のアロスト、舞茸とカルボナーラのソース
  ;肉の厚さ・熱の通り具合ともとても良い。

△+ 本日の作り立てデザート(バニラアイス)
  ;香料が私にはイマイチだった。

△+ カフェオレ


                〆て12410円

食べログ記載の為に初めて?レシートをチェック。
ジンジャーエールは700円、追加のメインの1つ本日のパスタはハーフポーションで850円、カフェオレは別料金で200円、と判る。

A氏以外にはYという若い男性スタッフがサービス。
Y女史らに見送られ退出。

  • 店内

  • ジンジャーエール

  • 人参ポタージュ

  • カルパッチョ

  • パスタ

  • 地鶏胸肉のアロスト

  • バニラアイス

  • パン

2回目

2017/02訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

コスパの良いムーディーなイタリアン

平成29年3月更新

(中略)。
EVを降りると厨房のスタッフからの「いらっしゃいませ!」の掛け声と共に、
女性スタッフが「大和様、いつも有難う御座います」と迎えてくれる。
専用EVで9階へ。
一番奥のブース席へ案内される。
(中略)。
この店にしては空いているのに少し驚く。
旧知のA氏は休みで、Yソムリエが「いつもAがお世話になっております」と挨拶に来て名刺を頂戴する。

飲み物は2人共ジンジャーエール。

□△ 自家製ジンジャーエール
  :シナモンの利かせも良く・ジンジャー濃厚にして甘目。


△□ ブッラータのカプレーゼ、帆立貝のカダイフ・フリット、黒ソイのカルパッチョ・キャビア添え
  :カプレーゼが特に良かった。

△(□) 自家製タリオーニ、粒貝や菜の花、唐墨とアーリオ・オーリオ・ソース

△+ 鮎魚女のグリリアとカナダ産ロブスター、ソース・アッラ・アメリカーナ
  :ロブスターが、品質の問題なのか・熱の入れ過ぎなのか、旨味が消え気味。

△(□) 特選A4黒毛和牛フィレ肉、季節野菜と肉の旨味のソース
  :野菜は蕪・筍・小玉葱・カリフラワー・赤蕪。

△(□) フォンダンショコラ、ヴァニラアイスクリーム
  :ショコラが熱々で中がトロ~ッとしているのが良かった。

△+ カプチーノ


退出時も気持ちの良い見送り。

★総合4.0←4.1、味3.7←3.9、サービス4.2、雰囲気4.2←4.5、コスパ4.2←4.4、ドリンク4.

  • 夜の店内

  • ジンジャーエール

  • 前菜

  • タリオーニ

  • 鮎魚女とロブスター

  • 和牛フィレ

  • デザート

1回目

2016/09訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.4
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
  • lunch:4.1

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.8
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

 ムーディーにして美味

平成28年10月更新(利用は9月)

プロローグ:真珠のNo.1ブランドMの秋の内覧会絡みで招待される。
三越逸品会でのニューオータニのレストラン招待と重なったが、先に声掛けの在ったMを優先。

9月10日
M内覧会の後、6時半過ぎに入店。
8回で降りると女性スタッフが(小声ながら)「大和様・・・」と名前を把握しているのに感心。

専用EVで9階へ。
窓際中ほどのテーブルに案内される。
今日はM用の特別メニューとの事。
A氏に息子を紹介。
飲み物は勿論自家製ジンジャーエール。
夜の利用は久し振りだが、以前に比べるとずっと明るくなっているのに驚く
以前は暗くて読めなかったメニューがハッキリ読める(笑)。
(中略)。

△□ 自家製ジンジャーエール

□  バフン雲丹のフラン・コンソメゼリーと天然キャビア
  :美味しいのだが・・・「天然キャビア」との表記には驚いた。
   天然でないキャビアが今は有るのだろうか?

△(□) 自家製タリオリーニ・ボルチーニ茸のクリームソース

△□ 真鯛のグリリア・鮑を入れた焼きリゾット、コンソメスープ仕立て

□  牛リブロースのタリアータ
   有機ハーブサラダとパルミジャーノ・レジャーノ

△  栗のティラミス
   :唯一残した。

△+ カフェオレ

終盤、ミント入りのレモネードも試してみる。

△(□) レモネード
  :ミントが沢山入っていて、味だけでなく・見た目も良い感じ。

デザート以外は満足出来た(デザートも、決して不味いわけではない)。
8階に降りるとミキモトK部長が待って居てくれた。
女性スタッフに「大和様有難う御座いました」と小声で見送られる。

夜総合4.1←3.8、味3.9←3.8、サービス4.2←4、コスパ4.4←3.8.
昼総合4.1←4.0、サービス4.1←3.8、コスパ4.5←4.2

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

平成28年8月更新(利用は7月)

食べログ読者のM嬢のお声掛りで、ダズルで御一緒する事になりました。

7月2日
11時半の予約(開店時間でもある)に、十数分早く到着。
ビルの手前40mほどの地点に差し掛かった時点で、ミキモト受付のK嬢が気付いて出て来てくれた。暑いので涼みがてら11時半までミキモトの中で待たせて貰う。
K部長も駆け付けてくれる。

11:28頃EVに向かうと、(主に女性の)客がズラッと並んでいる!?
K嬢の話だと、未だ店が開いていない様で何人かEVで上ってはまた降りて来ているとの事。
本来、サーヴィス業は最低でも5分前オープン・5分後クローズドであるべきだが・・・。
私が時計を見て「もういいだろう。行ってみる」と言ったら、K部長とK嬢が同伴してEVで上がってくれた。
ドアが開き、気持ち良く迎えられ、(前回担当した)Rさんが一番奥のブース席に案内してくれ、A氏も直ぐに挨拶に来てくれた。

間もなくM嬢がみえて、(中略)。

先ずはいつも通り自家製ジンジャーエールを注文(M嬢も)。

Aコースにする。

本日のスープ(温かいカリフラワーのスープ)か本日のパスタ(ズワイガニのパスタ)に関しては、両方食べたかったので+α料金払うからと、両方お願いする。

□○ ずわい蟹のパンナコッタ

△+ カリフラワーの温スープ

△(□) ずわい蟹のカッペリーニ・ビシソワーズソース

△(□) 帆立のリゾット

△(□) バニラパンナコッタ・キウイソース

△(□) カフェオレ


               〆て7660円

味・サービス・雰囲気・コスパ四拍子揃った良店
(営業時間の固さが唯一の欠点だが・・・何か事情があるのだろう)

昼★総合4←3.6、味3.8←3.7、サービス3.8←3.1、コスパ4.2←4.1


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

平成28年6月更新

6月5日
予約した12時半を僅か過ぎて到着。
EVを降りて左奥の角のブース席(私にとって一番好ましい席)。
Aさんは休みとの事でRと云う今回担当した感じの良い若衆が恐縮する。

この店で初めてメニューを見た(様な気がする)。

プリフィクスメニュー 2100円で以下を選択。(連れは前菜を+600円のフォアグラ)
飲み物は2人とも自家製ジンジャーエール 700円(連れはお代わり)。

□  自家製ジンジャーエール  700円

△+ 鱸のカルパッチョ

□  カリフラワーのスープ(温製)


大分間が空く

△□ 本日のスパゲッティ―(蟹・芽キャベツ)

「お待たせしました」と言うのに対して「待ったよ~」と応えたら、ミスが有って作り直したとの事。
速やかにその事を伝えて・場を持たす努力が欲しかったが・・・・・少なくとも、事前に客に伝える事は最低限しなくては。

△(□) 苺のタルト

間が空く

△(□) カフェオレ   200円

              〆て7300円。

今回、帰宅後初めてレシートを見て、具体的な値段を知った。
値段表示が税・サ込である事、
コースの安さ。
食後の珈琲はコースとは別料金である事。しかも200円と滅茶安い事。
等々を知った。
具体的な値段を把握して、コスパ4.6←4.1と思ったが、以下の状況でコスパは凍結。

Rさんの好感の持てる接客の下、全般的には気持ち良く過ごして・・・・・
さあ、帰ると云う時に残念な事が・・・・・・・・(中略)残念。

でも、基本的の良い店なので、また使うと思います。

昼★総合3.6←4.0、サービス 3.8+2.3÷2=3.05→3.1 ←4.1、


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プロローグ:先日、真珠のNo.1ブランドMの招待で夜利用して、味・サービス・雰囲気とも気に入って、リピートしようと思っていましたが・・・・・WRの女性スタッフ達を招待する事になり、ダズルに電話。
前回名刺を頂戴したA氏を頼んだが、接客中との事で一旦切ったが、程無くA氏から電話。
13日1時半5~6名で予約。「料理は出せますが、3時で終わりになるので慌ただしいかと思いますが・・・」と気遣われ・・・・・3時で徴求に客を帰す姿勢には好感を持てないが、A氏の恐縮しながらの気遣いに好感を持って、そのまま予約。
数日後、招待客にゆっくり食べて頂く為に、1時からに変更しようと電話したら、出た途端「大和様、お電話有難う御座います」との対応に、電話番号登録済みを感じ、感心。(因みに、京都のMKタクシーがこのシステムをとっている)

3月13日
12:50頃、WRのKさん・HさんとEVに乗り、9階へ。
前回と同じ感覚で8階に行こうとしたが、、EVは8階には止まらず・9階に直行。
8階から9階への専用EVは夜専用と気付く。

A氏に迎えられ、底部の丸テーブルへ。
先ずは3人とも自家製ジンジャーエールを注文。
程無くYさんが合流し、彼女もジンジャーエール。
10分ほど遅刻して来たAさんもジンジャーエール。

プリフィクスコースメニューから各自好きな物を選ぶ。
私は

△□ ハンガリー産フォアグラ・テリーヌ、無花果コンポート・ヴィンコットソース
   (+600円)
   :爽やかなフォアグラで良かった。

□△ 本日の冷製パスタ;帆立のカッペリーニ・唐墨掛け(+400円;本日のスープと
の選択)

△  ニュージーランド産メリノ種骨付き羊のアロスト、ゴルゴンゾーラとセージのソ
   ース
   :羊の風味が少なかった。最近、羊苦手な人に対応して・羊の風味を抑える店が増えているが・・・コースで内容を替えられずに無理やり提供する場合    ならともかく、単品や(今回の様な)プリフィクスだったら、羊嫌いな客は選択しないわけで・・・羊を注文する・羊好きな客には、羊の風味をシッカ    リ味併せて欲しい。

△+ ヴェニラのパンナコッタ・苺のスープ仕立て(3品からの選択)

△+ カプチーノ

連れにはシャブリハーフボトル 4500円

               〆て 22070円

デザートでティラミスを選んだHさんは、翌日「今迄の人生で食べたティラミスで一番美味しかった」と喜んでいた。

昼★総合4.味3.7、サービス4.1、雰囲気4.コスパ4.1、ドリンク3.8


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プロローグ:食べログでチェックしたら、ランチが凄くコスパ良さそうで・・・評価も良かった。
ミキモトのビルに在る(8・9階)ので、ミキモトの担当(部長)にミキモトの経営か尋ねたら全く違う・テナントとの事だった。
今回、真珠のトップブランドMの新作内覧会に招待され、その折こちらに招待される事になった。

2月26日
6時前、MのK部長とK女史にエスコートされ8階へ。
(K女史の話では、平日ランチ時にはダズルへのEVに列が出来ているとの事)

8階で降りると正面に厨房。厨房のスタッフ達が「いらっしゃいませ!」と元気よく迎える。
そこから右手の9階への専用EVに。
暗めのEVの中が徐々に(更に)暗くなる。(余りお目にかかる事の無い)ムーディーな演出
9階で降りると照明を落とした暗い中でスタッフに迎えられ、グルッと時計回りに店内を回って上段奥から2番目の窓際の席へ。(中心部が底部で、数段上がった席がL字型に(主に窓際)設えてある)
因みに、窓からは道を挟んでASOが見える。

最初にドリンクメニューを持って来たが・・・・・暗くて良く見えない!? テーブルの上のキャンドルを近づけて辛うじて読み取る。
連れはシャンパン?を、私は自家製ジンジャーエール。

△□ 自家製ジンジャーエール
   :甘みが強く、シナモンが効かせてある。

△+ The Opening(白身魚のリエット・ヘーゼルナッツ)

△□ パン(丸いバゲットタイプ。温かい)

□△ The First 帆立のカダイフ・フリット、アメリケーヌソース

△+ The Second オクラホマ産キャビア、冷製カッペリーニ
   :連れは美味しいと言っていたが・・・勿論不味くはないが・・・私にはキャビアの質が気になった(勿論、値段から仕方ない事ではあるが)

□  The Third ノヴァスコシア産オマール海老のソテー、ハーブバターソース

△(□) The Main 特選A4黒毛和牛フィレ肉、ハンガリー産フォアグラのロッシーニ、マデラワインソース

△  The Finale 特選クーベルチュールのフォンダン・ショコラ、ヴァニラアイス
         クリーム
         :私にはショコラが甘過ぎて、本日唯一残した。

△  珈琲

* 料理は10500円(税・サ別)のコース、又はその変形と思われ、飲み物を含め2人で3万円(込々)を一寸超えるという意識でコスパを考えました。

途中、連れはベリーレモネードを注文。私はジンジャーエールをお代わり。
全体的に濃い味だが楽しめた。
「味は良いが量は少ない」と云う口コミを見ていたが・・・食べていて同じように感じていたが、終わってみるとそれなりの満腹感に辿り着き・・・少ないイメージだが適量なのかと思った(途中で連れが「少食の自分でも足りなく感じるから、普通の人では絶対量不足」と言っていたが、終了間際には「(パンと飲み物の助けを借りてだが)お腹一杯になった」と言っていた)。
店内の客は6時半頃には5~6割の入りだったが、7時半頃には8~9割の入りに。
暗い設定だけに、カップルにはムーディーで良いのだろうと思わずにはいられなかった。
接客も水準以上。

* Mの招待では(パーティーも含め)、大喜(伊勢)・tessen(裾野)・オーベルジュオーミラド(箱根)・パークハイアット(新宿)等々不満な店が多かったが、珍しく満足出来た。

EVで見送ってくれた男性スタッフ(A氏)に「ミキモトの招待の中で一番美味しかった」と伝えたら喜んでくれ、(中略)。
8階に降りると、K部長が(M閉店後40分経つのに)待機していてくれて、建物の外まで見送ってくれた。

  • レモネード(H.28.9)

  • バフン雲丹のフラン(H.28.9)

  • 牛リブロースのタリアータ(H.28.9)

  • ずわい蟹のパンナコッタ(H.28.7)

  • 鱸のカルパッチョ(H.28.6)

  • カリフラワーのスープ(H.28.6 )

  • 店内

  • フォアグラ・テリーヌ

  • 帆立のカッペリーニ

  • 骨付き羊のアロスト

  • ジンジャーエール

  • 帆立のカダイフ

  • 冷製カッペリーニ

  • オマール海老

  • 黒毛和牛フィレ

  • デザート

  • 店内

口コミが参考になったらフォローしよう

大和0045

大和0045

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

大和0045(813)さんの他のお店の口コミ

大和0045さんの口コミ一覧(686件)を見る

店舗情報(詳細)

店舗基本情報

店名 DAZZLE (ダズル)
ジャンル イタリアン、ワインバー、バー
予約・
お問い合わせ

03-5159-0991

予約可否

予約可

ご予約のご変更、キャンセルはお電話にて承ります。
アレルギー食材をお持ちのお客様は事前にお申し付け下さいませ。

住所

東京都中央区銀座2-4-12 ミキモト ギンザ2  8F・9F

交通手段

銀座一丁目駅から127m

営業時間

ランチ  :11:30~15:00 (13:50L.I 14:00 L.O )
ディナー:17:30~ 23:30 ( 21:45L.I 22:00L.O)
[バー] 17:30~24:00 (23:25L.I 23:30L.O)

日曜営業

定休日

無休 (元旦除く)

予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥3,000~¥3,999
予算(口コミ集計)
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥1,000~¥1,999

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

サービス料・
チャージ

ディナータイム:税・サービス料10%別

席・設備

席数

80席

(9階 着席80名 立食100名(ダイニング) 8階 30席(BAR))

個室

(6人可)

室料:11,880円(サービス料10%、消費税8%込) 8階個室&BARのみ喫煙可能

貸切

禁煙・喫煙

完全禁煙

昼:完全禁煙 夜:8階BAR喫煙可能 9階ダイニング完全禁煙

駐車場

近隣にコインパーキングあり

空間・設備

オシャレな空間、落ち着いた空間、カップルシートあり、カウンター席あり、ソファー席あり

携帯電話

docomo、au、SoftBank、Y!mobile

メニュー

コース

5000円~8000円のコース、8000円~10000円のコース、10000円以上のコース

ドリンク

ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる

料理

野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、ベジタリアンメニューあり

特徴・関連情報

利用シーン

家族・子供と 接待

こんな時によく使われます。

ロケーション

隠れ家レストラン

サービス

お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる

お子様連れ

子供可

ランチ・ディナー共に小学生以上とさせていただいております。
(8階 個室のみ :乳幼児のお子様も可能)

ドレスコード

スポーツウェア・ランニングシャツ・ビーチサンダル・スポーツキャップ着用でのご来店をご遠慮頂いております。皆様に快適にお過ごしいただけますよう、温かいご理解をお願い致します。

ホームページ

http://www.restaurant-dazzle.com/

備考

8Fバーエリアは喫煙可

初投稿者

pinky-11pinky-11(8)

ブログに店舗情報を貼る

このレストランは食べログ店舗会員等に登録しているため、ユーザーの皆様は編集することができません。

店舗情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

03-5159-0991

ページの先頭へ