王道「かわむら」 : かわむら

2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

予算:

夜の予算 ¥100,000~

昼の予算 -

定休日
日曜・祝日

この口コミは、たろすけちゃんさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

たろすけちゃん

たろすけちゃん(1828)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]男性・東京都

8

  • 夜の点数:4.8

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥100,000~
8回目

2019/02訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥100,000~

王道「かわむら」

2月の「かわむら」に伺いました。

今回頂いたお料理は以下です。

・ 黒トリュフのスクランブルエッグ

・ フォアグラのテリーヌ 黒トリュフゼリーかけ

・ ショソン・オ・トリュフ

・ 黒トリュフのコンソメスープ

・ 黒トリュフハンバーグ

・ サラダ

・ ヒレステーキ ソースペリグー

・ 黒トリュフのサンドイッチ

・ 黒トリュフのリゾット

・ 黒トリュフアイスクリーム

・ コーヒー

・ 本日のワイン
CHATEAU HAUT BRION 1995

・ 本日のお土産
ハンバーグサンド

今年もお腹いっぱい黒トリュフを堪能させて頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - Chaussons aux truffes

    Chaussons aux truffes

  • かわむら - CHATEAU HAUT BRION 1995

    CHATEAU HAUT BRION 1995

7回目

2018/12訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥100,000~

王道「かわむら」

この時期のお約束、白トリュフを頂きに12月の「かわむら」に伺いました。

本日頂いたお料理は以下です。

・ 白トリュフの塊を塩で

・ 目玉焼きと白トリュフ

・ オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

・ 雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

・ 白トリュフのフライ

・ コンソメスープと白トリュフ

・ ヒレステーキ

・ 白トリュフのリゾット

・ 白トリュフのアイスクリーム

・ コーヒー

[本日のワイン]
・ GRAND VIN DE CHATEAU LATOUR 1978

今年も美味しくお腹いっぱいに白トリュフを堪能させて頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - 白トリュフの塊

    白トリュフの塊

  • かわむら - 目玉焼きと白トリュフ

    目玉焼きと白トリュフ

  • かわむら - オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

    オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

  • かわむら - 雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

    雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

  • かわむら - 白トリュフのフライ

    白トリュフのフライ

  • かわむら - コンソメスープと白トリュフ

    コンソメスープと白トリュフ

  • かわむら - 本日のヒレ肉

    本日のヒレ肉

  • かわむら - ヒレステーキ

    ヒレステーキ

  • かわむら - 白トリュフのリゾット

    白トリュフのリゾット

  • かわむら - 白トリュフアイスクリーム

    白トリュフアイスクリーム

  • かわむら - コーヒー

    コーヒー

  • かわむら - GRAND VIN DE CHATEAU LATOUR 1978

    GRAND VIN DE CHATEAU LATOUR 1978

6回目

2018/07訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

王道「かわむら」

7月の「かわむら」に伺いました。
今回は親愛なるレビュアー様をお誘いしてご一緒致しました。満足して頂けたかは心配ですが少しでも気に入って頂けたなら幸いです。

今回はスタンダードなコースを頂きました。

・ オードブル盛り合わせ
スモークサーモン、蒸し鮑、帆立貝のマリネなどが乗っています。蕩けるようなスモークサーモンの滑らかさやエキスと共に香りと旨味が口腔内に拡がる蒸し鮑など、どれも超一級の美味しさでした。

・ガーリックトースト

・ コンソメスープ
コンソメ好きの方には是非一度味わって頂きたい超絶スープです。

・ サラダ

・ ヒレステーキ
旨味と風味は半端ないです。あっと言う間に胃の中に消えていきますが余韻が途轍もない程押し寄せて来ます。嫌な脂の重さが全く無いので300〜400gは軽くいけそうですね。

・ オマール海老のカレー
久しぶりに頂きましたがやっぱり美味しいです。私のカレーの中では五指に入る美味しさです。

・ デザート

本日のワイン
・ CHATEAU HAUT BRION 1978

今回もお腹いっぱい頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - ヒレステーキ

    ヒレステーキ

  • かわむら - コンソメスープ

    コンソメスープ

  • かわむら - オマール海老のカレー

    オマール海老のカレー

  • かわむら - CHATEAU HAUT BRION 1978

    CHATEAU HAUT BRION 1978

  • かわむら - デザート

    デザート

  • かわむら - ガーリックトースト

    ガーリックトースト

  • かわむら - サラダ

    サラダ

5回目

2018/05訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

王道「かわむら」

5月の「かわむら」に伺いました。
今回のメインは黒鮑です。たっぷりと堪能させて頂きました。

頂いたお料理は以下です。

・ 黒鮑ヘソの刺身

・ 黒鮑の刺身

・ キャビア フレッシュベルーガ

・ 黒鮑のしゃぶしゃぶ 肝和え

・ 黒鮑 フライ

・ 黒鮑 バターソテー

・ コンソメスープ

・ 星鰈の前菜

・ サラダ

・ 星鰈のフライ

・ ヒレステーキ

・ 牛丼

・ 自家製プリン、アイス、シャーベット

本日のワイン
・ MEURSAUT-CHARMES 1992 / Domaine des Comtes LAFON

本日もお腹いっぱい頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - サラダ

    サラダ

4回目

2018/02訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

王道「かわむら」

今回は黒トリュフを頂きに伺いました。

こちらは真っ当な食事を心から楽しむことができる本当に数少ない料理店です。
頂くお料理は全て素晴らしいのですが、今回の特筆すべき逸品は「Chaussons aux truffes (ショソン・オ・トリュフ)」と「黒トリュフのコンソメスープ」です。

・ Chaussons aux truffes (黒トリュフのパイ包み焼き)
ペリゴール産の拳大黒トリュフの芯の部分を削り出して自家製のパイ生地に包んでじっくりと焼かれたこの一品は、今までの黒トリュフの概念を根底から破壊するパワーがあります。サクサクのパイから現れた黒トリュフはこれほどまでに瑞々しく爽やかで高貴な香りを伴う食材だったとは・・・噛めば歯から歯茎に弾力を持ちながらもサクッとした感触を楽しめ、そこから更に香りが口腔内にフワッと拡がります。完全なる逸品に脱帽です。

・ 黒トリュフのコンソメスープ
このコンソメスープは一体何なんだろう。コンソメスープの熱によって黒トリュフのシャープな香りがスープに浸潤していきます。コンソメは黒トリュフの香りを取り込み、豊潤でありながら高貴な香りを纏った最強のコンソメスープにバージョンアップしています。素晴らしい!

本日のワイン
・ CHATEAU HAUT BRION 1977

今回もお腹いっぱい頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - 本日のワイン
      CHATEAU HAUT BRION 1977

    本日のワイン CHATEAU HAUT BRION 1977

3回目

2017/11訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

王道「かわむら」

11月の「かわむら」に伺いました。
この時期は何と言っても「白トリュフ」ですね。今年はとても不作と伺っておりましたが、流石はかわむら、最高級のアルバ産白トリュフが沢山用意されておりました。

本日頂いたお料理は以下です。

・ 白トリュフの塊を塩で

・ 目玉焼きと白トリュフ

・ 秘密の一皿

・ オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

・雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

・ コンソメスープと白トリュフ

・ キャビア フレッシュベルーガ
今年一番のキャビアがあるとの事でしたのでたっぷり頂きました。
前回頂いたカザフスタン産のキャビア (フレッシュベルーガ)のその味はなんとも艶かしく官能的で、上質なビロードのような舌触りの中に妖しく爽やかな魅力を感じさせます。前回を遥かに凌駕する至福の時間を堪能できました。
もちろん、シャンパーニュとのマリアージュも最高で文句の付けようがありません。本当に更に驚きのキャビアをたっぷり堪能させて頂きました。

・ 白トリュフのコロッケ

・ ヒレステーキと白トリュフ

・ 白トリュフのリゾット

・ 鮃と蒸し鮑のオードブル

・ 牛丼

・ 白トリュフのアイスクリーム

・お土産のステーキサンド

[本日のワイン]
・ MEURSAULT CLOS DE LA BARRG 1993 / Domaine des Comtes LAFON

・ CHATEAU HAUT BRION 1971

「白トリュフ」と言う食材は一体なんだろう?と考えてしまいます。
その噎せ返るような甘美な香りは鼻から口腔内から鼻腔を駆け上がり一気に脳内全ての神経を浸食します。その瞬間にこの香りの魔法にかけられてしまい、そして恍惚に溺れてしまうのです。
陶酔は翌日朝まで続き、所謂、白トリュフの二日酔いとなります。
本当に不思議な食材ですね。

今年も美味しくお腹いっぱいに白トリュフを堪能させて頂きました。ご馳走さまでした。

  • かわむら - 2017年の白トリュフ

    2017年の白トリュフ

  • かわむら - 白トリュフの塊を塩で

    白トリュフの塊を塩で

  • かわむら - キャビア フレッシュベルーガ (カザフスタン産)

    キャビア フレッシュベルーガ (カザフスタン産)

  • かわむら - [本日のワイン]
      CHATEAU HAUT BRION 1971
      MEURSAULT  CLOS DE LA BARRG 1993 / Domaine des Comtes LAFON

    [本日のワイン] CHATEAU HAUT BRION 1971 MEURSAULT CLOS DE LA BARRG 1993 / Domaine des Comtes LAFON

  • かわむら - ヒレステーキと白トリュフ

    ヒレステーキと白トリュフ

  • かわむら - 目玉焼きと白トリュフ

    目玉焼きと白トリュフ

  • かわむら - オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

    オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

  • かわむら - 雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

    雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て

  • かわむら - コンソメスープと白トリュフ

    コンソメスープと白トリュフ

  • かわむら - 白トリュフのコロッケ

    白トリュフのコロッケ

  • かわむら - 白トリュフのリゾット

    白トリュフのリゾット

  • かわむら - 鮃と蒸し鮑のオードブル

    鮃と蒸し鮑のオードブル

  • かわむら - 牛丼

    牛丼

  • かわむら - 白トリュフのアイスクリーム

    白トリュフのアイスクリーム

  • かわむら - お土産のステーキサンド

    お土産のステーキサンド

2回目

2017/05訪問

  • dinner:4.8

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

驚きのキャビア

初夏のこの時期には「かわむら」ならではの房州産黒鮑を頂きに来訪します。
今回の黒鮑も驚きの厚みを持った逸品でした。

もちろん黒鮑は絶品だったのですが、今回は美味しい美味しいと評判のキャビアを頂いてさらに驚愕致しました。
今までキャビアとシャンパーニュの組み合わせはどんなに高級なキャビア(例えばペトロシアンの最高級のキャビアや最近話題の某超高級ステーキ屋さんのフレッシュキャビアなど)を合わせてもキャビアの生臭さが気になっておりましたので、どうしてもキンキンに冷えたウォッカが一番の組み合わせと思っておりました。
ところが、こちらで頂いたカザフスタン産のキャビア(無論、フレッシュベルーガ)とシャンパーニュとの相性は、なんともまろやかでビロードのような舌触りの中に爽やかとも感じる例えようのない魚卵の味が口腔内に拡がります。もちろん、生臭さなどは微塵も感じられません。これを正にマリアージュの妙味と言うのでしょうか。
本当に驚きのキャビアをたっぷり頂きました。

今夜もお腹いっぱい頂きました。ご馳走さまでした。

今夜頂きましたお料理は以下です。

◎ 黒鮑ヘソの刺身
◎ 黒鮑のしゃぶしゃぶ 肝和え
◯ 黒鮑 フライ
◎ 黒鮑 ソテー
◎ 秘密の一皿
◎ 秘密の二皿目
☆ キャビア ベルーガ(カザフスタン)
◎ コンソメスープ
◎ ヒレステーキ
◎ 牛肉チャーハン
◎ 牛肉の生姜焼き
◯ オマール海老のカレー
◯ 自家製プリン、アイスクリーム

• MEURSAUT-CHARMES 1992 / Comtes LAFON
• CHATEAU HAUT-BRION 1962

評価を4.7から4.8に引き上げます。

  • かわむら - フレッシュキャビア ベルーガ (カザフスタン産)

    フレッシュキャビア ベルーガ (カザフスタン産)

  • かわむら - 本日の黒鮑

    本日の黒鮑

  • かわむら - ヒレステーキ

    ヒレステーキ

  • かわむら - 黒鮑 刺身

    黒鮑 刺身

  • かわむら - 本日のワイン
      •MEURSAUT-CHARMES 1992 / Comtes LAFON
      • CHATEAU HAUT-BRION 1962

    本日のワイン •MEURSAUT-CHARMES 1992 / Comtes LAFON • CHATEAU HAUT-BRION 1962

  • かわむら - 黒鮑 肝和え

    黒鮑 肝和え

  • かわむら - 黒鮑 フライ

    黒鮑 フライ

  • かわむら - 黒鮑 ソテー

    黒鮑 ソテー

  • かわむら - コンソメスープ

    コンソメスープ

  • かわむら - 牛肉チャーハン

    牛肉チャーハン

  • かわむら - 牛肉の生姜焼き

    牛肉の生姜焼き

  • かわむら - オマール海老のカレー

    オマール海老のカレー

  • かわむら - 自家製プリンとアイスクリーム

    自家製プリンとアイスクリーム

1回目

2016/12訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク -

驚きの白トリュフ

[2016.12 再訪]

今回は白トリュフを頂きに再訪しました。
噂には聞いていましたがこれほどの白トリュフを頂くとは思ってもいませんでした。翌朝も鼻腔の奥から頭の中まで白トリュフの香りで目が覚めたほどです。
頂いた白トリュフは全てアルバ産の最高級品でした。

今回頂いたものは、

◯ 目玉焼きと白トリュフ
やっぱり卵の黄身とトリュフは合いますね。個人的には黒トリュフでも良いと思います。

☆ 白トリュフの塊を塩で
正直、トリュフは香りを楽しむものであり、そのまま食べてもどうなんだろうと思っていました。初体験です。
先入観はいけませんね。びっくりするくらいの旨味と香りが噛む度にどんどん口腔内、鼻腔内に充満します。
旨味は頭が痛くならないグルタミン酸に近いと言った感じでしょうか。
香りはトリュフ塩やトリュフオイルの度のキツいものではなく、ある意味爽やかで軽やかなそれでいて深みがあり、余韻の長いものですね。

始めはまだ少し冷たい感じで硬い印象でしたが、室温で徐々に温まるにつれて、旨味、香りが一気、一斉に開いてきました。本当に堪りませんね。

加えて驚いた事は食感です。サックリ、ポリポリ、シャクシャクと言うのでしょうか、例えようのない面白い食感です。

◎ オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ
オーブンでギリギリ中まで火の通った、この時期としては大きな白子をたっぷりの白トリュフのスライスと混ぜて頂きます。
白子の旨味と甘味が白トリュフの香りと良く合いますね。驚きの美味しさです。白子は極めて滑らかです。塩は全く使っていないとの事ですので調味料は白トリュフですね。

◎ 雲丹と白トリュフのカルボナーラ仕立て
フレッシュな雲丹とたっぷりの白トリュフのカルボナーラ仕立て、どう考えても美味しいですよね。
フレッシュな雲丹と白トリュフがこんなに合うとは驚きです。口の中で雲丹の甘さをトリュフの香りが包み込みます。想像を上回る絶対間違いのない美味しさです。まさに超高級カルボナーラですね。

☆ コンソメスープと白トリュフ
ひと口頂くと、無駄なものが一切感じられないほど洗練されて牛肉の旨味がギリギリまで凝縮されたコンソメスープと、高貴なまで香りを放ち薄くスライスしたにもかかわらず温かいスープの中でもまだシャクッとした食感を残す白トリュフが五感をくすぐって頭の中を途轍もないほどの奥行きと拡がりを持って駆け巡り、尚且つこれでもかと言うぐらい長い余韻を楽しめます。表現することが難しいくらい美味しいです。

◯ 白トリュフのコロッケ
ややジャンキーにも思える一皿ですね。
サックリと揚がった衣にナイフを入れるとベシャメルソースと沢山の白トリュフがトロッと溢れます。素直に美味しいですね。少々濃厚なソースはご飯と合いそうです。
あー ご飯と食べたい!

◎ ヒレステーキと白トリュフ
焼き上がったヒレステーキの肉質はビロードのような艶かしさがあり、それでいて肉の繊維を感じながら口の中で解けていきます。その旨味は口腔の粘膜を撫でながら鼻腔に抜けて行きます。変わらない美味しさですね。
今回はそのヒレステーキに僅かな塩と白トリュフの塊をのせて頂きました。
なんと言ったら良いのでしょうか、やはり、白トリュフが特別な調味料のように感じでしまいます。ひと口頂くと肉の旨味と白トリュフの香りが口の中から鼻腔に抜けていくあいだは当然のこと、アフターブーケまで最高の至福感を満足できました。
感覚としては、全く違う別皿のステーキを食べている感じですね。

☆ 白トリュフのリゾット
コンソメスープを出汁にしてパルミジャーノを用いたリゾットです。使用するお米は白トリュフの容器で充分に香りを吸い込んだお米を使います。(どうやら白トリュフの湿気取りにも良いようです。)
調理の最後にこれでもかと大量に刻んだ白トリュフを混ぜて、さらにスライスした白トリュフを沢山のせて供されました。いやはや、超悶絶級の美味しさです。自分自身で五指に入るリゾットですね。

◎ 白トリュフのアイスクリーム
自家製のアイスクリームに刻んだ白トリュフを頂く直前に混ぜ込んだ一皿です。
白トリュフが冷たくなるとどうなるか?最後の最後に大丈夫かな?と思わせる一皿が供されました。
答えは全く問題ありませんでした。濃厚ですが後味がスッキリしたアイスクリームが口の中で溶けて無くなる頃に白トリュフの香りが僅かな塩味を感じさせながら追いかけます。塩は一切使っていないとの事ですので、アイスクリームと冷やした白トリュフの組み合わせの妙でしょうか。

最後まで美味しくお腹いっぱいに白トリュフを頂きました。今回は経験しなければわからない事ばかりで良い食事になりました。
ご馳走さまでした。

⚫︎ CHATEAU HAUT BRION 1987

今回もお腹いっぱい頂きました。ご馳走さまでした。

評価を4.4から一気に4.7に引き上げます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[2016.5] 〜驚きの黒鮑〜

お店は外堀通り 銀座西六丁目の交差点をコリドー街方面に向かい、一本目の角を左折した通りにあります。その通りからほんの少し入ったところなので気をつけないと通り過ぎてしまいます。

言わずと知れた名店ですので詳細は割愛します。

今回は鮑をメインに頂きに伺いました。

鮑は一見、マダカと思いきや成人男性の拳二つ分位の大きな房州産黒鮑でした。鮨屋さんの様に塩で締めたりせず、先ずはヘソの部分をそのまま生で頂きました。

◎ ヘソの刺身
食感は僅かな歯応えはありますが程よい柔らかさで、鮑の甘味が口の中に拡がります。

◎ しゃぶしゃぶの肝あえ
軽く火を通したしゃぶしゃぶを生の肝とあえた一品てす。鮑の肝の爽やかな磯の香りと共に味わえました。

☆ 鮑のカツレツ
絶品でした。
今まで食べた鮑の中でもでこんなにも美味しい鮑は記憶にありません。薄い衣を纏った鮑はむっちりとして歯切れの良い食感、凝縮された旨味が口の中を一気に埋め尽くす味、磯の爽やかな香りが後味まで余韻を残す風味どれを取っても文句の付けようがありません。ムルソーとのマリアージュもほぼ完璧でした。人間の本能に直接響く美味しさでした。

○ 足(周りの部分)のカツレツ
これまた美味しかったです。こちらは海水の塩分がアクセントとなってまた違った味わいがありました。交互に食べるとなお美味しかったです。

◎ 鮑のソテー
身の厚さ、芳醇な香り、大きな黒鮑でしか味わえない旨味、素晴らしく美味しいの一言です。参りました。

◎ ヒレステーキ
鮑があるので少し少なくしますか?と言われましたが、今回も200g超をペロリと頂きました。しかし、何でこんなに美味しいのでしょう。ワインとの相性もバッチリです。

◎ ハンバーグサンド
お土産にしようと思いましたが、こちらもペロッと食べちゃいました。ジューシーなハンバーグとパンのバランスが最高です。

◎ 牛丼
こちらで必ず食べなければいけない一品ですね。ご飯好きには悶絶級です。

◎ オマール海老のカレー
これも堪りません。オマールの風味がしっかりしているのにドッカリせずカレーとしては軽いです。だから、どうしても両方たべちゃうんですよね。

○ デザート

⚫︎ ムルソー コントラフォン 1993
⚫︎ CHATEAU HAUT BRION 1985

今回もお腹一杯頂きました。
ご馳走様でした。

  • かわむら - アルバ産 白トリュフ

    アルバ産 白トリュフ

  • かわむら - 白トリュフがゴロゴロ

    白トリュフがゴロゴロ

  • かわむら - 白トリュフの塊を塩で

    白トリュフの塊を塩で

  • かわむら - オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

    オーブンで焼いた虎河豚の白子と白トリュフ

  • かわむら - 本日のワイン

    本日のワイン

  • かわむら - コンソメスープと白トリュフ

    コンソメスープと白トリュフ

  • かわむら - 目玉焼きと白トリュフ

    目玉焼きと白トリュフ

  • かわむら - 白トリュフと雲丹のカルボナーラ仕立て

    白トリュフと雲丹のカルボナーラ仕立て

  • かわむら - 白トリュフのコロッケ

    白トリュフのコロッケ

  • かわむら - ステーキ

    ステーキ

  • かわむら - ステーキを白トリュフの塊と一緒に

    ステーキを白トリュフの塊と一緒に

  • かわむら - 白トリュフリゾット

    白トリュフリゾット

  • かわむら - 白トリュフのアイスクリーム

    白トリュフのアイスクリーム

  • かわむら - 拳二つ分の黒鮑

    拳二つ分の黒鮑

  • かわむら - 本日のワイン

    本日のワイン

口コミが参考になったらフォローしよう

たろすけちゃん

たろすけちゃん

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

たろすけちゃん(1828)さんの他のお店の口コミ

たろすけちゃんさんの口コミ一覧(941件)を見る

この店舗の関係者の方へ

ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?

「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 詳しくはこちら

店舗基本情報

店名 かわむら
受賞・選出歴
2019年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2019 Bronze 受賞店

2018年Silver受賞店

The Tabelog Award 2018 Silver 受賞店

2017年Bronze受賞店

The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店

ジャンル ステーキ
予約・
お問い合わせ

03-3289-8222

予約可否

完全予約制

紹介制

住所

東京都中央区銀座7-3-16 東五ビル 1F

交通手段

タクシー

銀座駅から352m

営業時間・
定休日

営業時間

18:00~22:00(L.O)

定休日

日曜・祝日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予算(口コミ集計)
[夜]¥100,000~

予算分布を見る

支払い方法

カード可

(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

席・設備

個室

禁煙・喫煙 完全禁煙

貸切時のみ可

駐車場

特徴・関連情報

利用シーン

知人・友人と

こんな時によく使われます。

備考

ストリートビュー http://hokkaido-sv.com/shop/kawamura

初投稿者

TオカTオカ(367)

最近の編集者

編集履歴を詳しく見る

ブログに店舗情報を貼る

食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!

従来の問い合わせフォームから問い合わせる レストラン情報編集のガイドライン

「かわむら」の運営者様・オーナー様は食べログ店舗準会員(無料)にご登録ください。ご登録はこちら

この店舗の関係者の方へ

食べログ店舗準会員(無料)になると、自分のお店の情報を編集することができます。

店舗準会員になって、お客様に直接メッセージを伝えてみませんか? 詳しくはこちら

周辺のお店ランキング

銀座×ステーキのランキング(点数の高いお店)です。

食べログ特集

店舗運営者の方へ

ページの先頭へ