[PR] アサヒ生ビールが飲めるお店特集

100年を超え、受け継がれるこだわりを専門店で、より旨く 深みのあるコクと爽やかなキレ アサヒ生ビール

アサヒ生ビールの歴史
【アサヒ生ビールの歴史】1889年:有限責任大阪麦酒会社設立/1892年:アサヒビール発売/1895年:京都勧業博覧会でビール売店を設け、「生ビール」を提供 大阪・中之島にてビアホール開設/1900年:「アサヒ生ビール便利売出し」として瓶詰の限定発売/1901年:日本初 瓶詰生ビールを発売(大阪・神戸・京都・堺)/1906年:大日本麦酒株式会社設立/1949年:朝日麦酒株式会社設立/1986年:新アサヒ生ビール発売

私が薦める「アサヒ生ビール」の魅力

ビアライゼ’98 松尾 光平さま

深みのあるコクと爽やかなキレに、圧倒的な支持。

ビアライゼ’98

松尾 光平さま

オープン当時から、アサヒ生ビールはうちの店のレギュラービール。コクとキレを兼ね備えていて、ビールそのものの旨みが楽しめる味です。お客さまからも圧倒的な支持があります。歴史があり、つくり手の情熱が感じられるところも大好きなんです。

ビールスタンド重富(重富酒店) 重富 寛さま

一年中楽しめる、飲み飽きない味わい。

ビールスタンド重富(重富酒店)

重富 寛さま

コクとキレのバランスがよく、そしてビールの旨みがあります。また一年中おいしく飲めて、しかも飲み飽きない味わいです。たくさんの商品がある中で長年つくり続けられているのは、お客さまが求めてきた味という証。これからもアサヒ生ビールの旨さを、注ぎ手のこだわりをもってお客さまへ伝え続けていきたいです。

ページの先頭へ