西武池袋本店「全国味の逸品会」にて限定「背脂魚介そば」 : 中華そば 四つ葉

ラーメン百名店EAST2018選出店

食べログ ラーメン 百名店 EAST 2018 選出店

この口コミは、デイルス・マイビスさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

デイルス・マイビス

デイルス・マイビス(2148)さんの口コミ[携帯電話番号認証済]40代後半・男性

69

  • 夜の点数:4.7

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.7
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.7

    • [ 料理・味4.7
    • | サービス4.7
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ~¥999
69回目

2019/04訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

西武池袋本店「全国味の逸品会」にて限定「背脂魚介そば」

西武池袋本店で開催中の「全国味の逸品会」。
毎年恒例の催事で、今年は4月20日(土)~30日(火・休)に開催されます。

例年、人気ラーメン店が出品するのも話題で、過去には

「ラーメン屋 トイ・ボックス」
「金色不如帰」
「紫 くろ㐂(2年連続)」
「麺屋 一燈」
「煮干狂會(「煮干中華ソバ イチカワ」「伊吹」「麺処 晴」など)」

と名だたる面子が出店してます。

今年の出店は埼玉のエース「中華そば 四つ葉」。
メディアでも多数取り上げられ、先日は「ザ!世界仰天ニュース」で出演者が「四つ葉そば」を食べていました。

催事メニューは以下の3品。

「四つ葉そば」901円
「背脂魚介そば」981円(各日100食限定)
「味玉」126円

注文は限定の「背脂魚介そば」981円。
お店と同じ丼にきめ細かい背脂が丼を覆い、海苔、薄切りレアチャーシューです。

スープは清湯でしっかりとカツオと昆布の旨味。
そこに上質な甘さの背脂でコクが出て旨いです。

ベースに鶏は使わず鰹節、昆布、魚介のアニマルオフ。
最初はスッキリと魚介の旨味ですが、後半は背脂が溶け込んで厚みが増していきます。

麺はモチモチとした細麺。
薄切りのレアチャーシューはしっとり美味しく、「四つ葉」は海苔も旨い。

看板メニューはもちろん「四つ葉そば」ですが、「背脂魚介そば」も絶品。
かなりオススメです。

なお、「四つ葉」は埼玉の川島町にあり、交通的に便の良くない場所。
池袋に出店したのを喜んでいるお客さんも多く、2杯食べている方も居らっしゃいました。

僕はいつも車でお店に行きますが、池袋駅すぐ近くで通し営業というのは超魅力的。
あと1,2回は行こうと思ってます。

  • 中華そば 四つ葉 - 「背脂魚介そば」981円(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    「背脂魚介そば」981円(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - 鰹節に昆布、魚介のスープに背脂(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    鰹節に昆布、魚介のスープに背脂(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - しっとり薄切りレアチャーシュー(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    しっとり薄切りレアチャーシュー(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - 麺(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    麺(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - お店と同じ丼(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    お店と同じ丼(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - 催事メニュー(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    催事メニュー(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - 暖簾(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    暖簾(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - 岩本店主(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    岩本店主(西武池袋本店「全国味の逸品会」)

  • 中華そば 四つ葉 - (西武池袋本店「全国味の逸品会」)

    (西武池袋本店「全国味の逸品会」)

68回目

2019/03訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「四つ葉ブラック」に看板メニュー「四つ葉そば」

今や全国区の人気店「中華そば 四つ葉」。
土日は10時半頃には早開けし、隣の寿司店も使うので回転は凄く良いです。

気まぐれ限定も色々やっていて、この日は「四つ葉ブラック」850円。
わりと頻繁に登場する気まぐれ限定で、真っ黒なスープがインパクトあります。

スープは白湯にブラック醤油ダレ。
白湯はサラッとしていて、香ばしさとコクがたまりません。

麺は低加水の細麺。
こちらにもしっかり味が染みこみ、美味しいです。

甘じょっぱな旨さで、間違いなく中毒性抜群。
しょっぱさも「富山ブラック」ほどやり過ぎては無く、バランス良いです。

息子は看板メニュー「四つ葉そば」780円。
立体的に盛られた薄切りレアチャーシューは美しく、もはや貫禄の域。

美しいスープは、一口飲めば地鶏が芳醇に炸裂。
醤油のキレよりも、贅沢な鶏の旨味が詰まってます。

鶏油に頼りすぎることなく、お出汁としての美味しさ。
あえて長くカットされた麺との相性も最高です。

四つ葉はご飯ものも充実していて、人気なのは「本日のにぎり」350円。
限定で「ウニイクラ丼」600円、「近江黒鶏 地鶏の塩焼丼」380円等もありました。

しかし、息子が大好きなのが「まぐろ丼」400円。
漬けのマグロ赤身に三つ葉が乗ってます。

隣が店主お父さんの寿司店だけあって、マグロはもちろん美味。
しかも四つ葉はご飯も美味しく、これも寿司店譲りとのこと。

ラーメンもご飯ものも全て美味しい名店。
行列店ですが、土日はたまに通し営業をしているので、twitterをチェックすると良いと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - コクのある甘じょっぱなスープ

    コクのある甘じょっぱなスープ

  • 中華そば 四つ葉 - スープが染みた麺

    スープが染みた麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 地鶏の旨味が詰まったスープ

    地鶏の旨味が詰まったスープ

  • 中華そば 四つ葉 - レアチャーシュー

    レアチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 限定丼メニュー

    限定丼メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 限定丼メニュー

    限定丼メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎりなど

    本日のにぎりなど

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

67回目

2019/01訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定の傑作「地鶏と鰹の白湯」にホタテとインドマグロのにぎり

埼玉が誇る名店「中華そば 四つ葉」。
1月初旬は「千葉そごう」の催事「ご当地うまいもの大会」にもにも出店していました。

いつも土日に伺うので、数年ぶりに平日昼の部開店時に訪問。
行列店で知られる「四つ葉」ですが、駅から離れているので平日は空いている様です。

店主さんに伺うと、平日はピーク時でも15分ほどの待ち。
土日は混みますが、特に日曜日が凄く混みあうそうです。

今回の注文は気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円。
「千葉そごう」でも提供していたメニューです。

スープは鶏油も浮いてキラキラと黄金色。
飲んでみるとコクのあるカツオが押し寄せ、地鶏の旨さが染み渡ります。

カツオは上質な「手火山式かつお節」で、旨味クッキリ。
地鶏の白湯も濃厚すぎずサラッとして、カツオの旨さを引き立てています。

実は気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」を食べるのは、今回で二度目。
今までに色々な「気まぐれ限定」をいただきましたが、これはかなりの傑作だと思います。

なお、看板メニューはスッキリとした鶏清湯「四つ葉そば」。
しかし岩本店主は白湯も得意で、過去に白湯の「気まぐれ限定」もいくつか出ています。

その中でも、カツオと地鶏白湯のバランスが最高な一杯。
「気まぐれ限定」なのでいつもある訳ではないですが、かなりおススメです。

また、ご飯ものは「本日のにぎり」350円。
この日はホタテにインドマグロで、どちらも上質です。

隣接した店主さんの実家が寿司屋だからこそのサイドメニュー。
ちなみに「四つ葉」はご飯メニューも多いですが、お米そのものが美味しいです。

何を食べてもハズレが無く、埼玉代表として貫禄あるお店。
今年も何度も伺うと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円

    気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 手火山式かつお節に地鶏白湯の極上スープ

    手火山式かつお節に地鶏白湯の極上スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 白湯は濃すぎずアッサリ目

    白湯は濃すぎずアッサリ目

  • 中華そば 四つ葉 - 薄切りレアチャーシュー

    薄切りレアチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

    「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円と「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

    気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円と「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

    「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

    「本日のにぎり(インドマグロとホタテ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - ごはんものメニュー

    ごはんものメニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 限定ごはんメニュー

    限定ごはんメニュー

  • 中華そば 四つ葉 - カウンター

    カウンター

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

66回目

2018/12訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

限定「新麦中華そば」と生しらす丼

川島町の名店「中華そば 四つ葉」。
土日は10時過ぎからお客さんから並びだし、10時半頃には開店します。

数々の「気まぐれ限定」を提供してきましたが、この日は「新麦中華そば」850円。
毎年恒例の「新麦春よ恋」を使用したラーメンです。

キレイなしっとりレアチャーシューに穂先メンマ、三つ葉、海苔。
立体的に盛り付けられ、美しいです。

具やスープの色合いは看板メニュー「四つ葉」と変わりませんが、スープはギュッとカツオ。
アッサリしているのに、旨味が詰まってます。

「四つ葉そば」の地鶏スープに手火山式焙乾製法の本枯れカツオ節、少量の昆布。
カツオ節が最初に来ますが、それを支える地鶏の旨さがまた贅沢。

新麦春よ恋100%の麺はうっすら茶色の中細麺。
硬めに茹でられ香ばしく、ムチッとした触感も蕎麦を思わせます。

なので、カツオの効いたスープもベストマッチ。
シンプルに新麦と本枯れカツオ節を堪能できます。

なお、新麦の麺は先日の「トイ・ボックス」の限定「特選素材の中華そば」と同じ麺帯。
切り方、茹で方で全く印象が変わるのが面白いです。

そして「四つ葉」と言えば「本日のにぎり」など海鮮系も絶品。
この日は「生しらす丼」400円がありました。

明らかに新鮮な「生しらす」は、苦みもほぼ無くほんのり甘み。
とろける旨さで、おろしショウガが凄く合います。

息子の大好物は「まぐろ丼」400円。
漬けのようにタレをまとったマグロ赤身はもちろん、「四つ葉」はご飯も甘くて美味。
何を食べても美味しく、ハズレが無いお店です。

  • 中華そば 四つ葉 - 限定「新麦中華そば」850円

    限定「新麦中華そば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 地鶏に本枯れ鰹のスープ

    地鶏に本枯れ鰹のスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 新麦春よ恋100%の麺

    新麦春よ恋100%の麺

  • 中華そば 四つ葉 - レアチャーシュー

    レアチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 「生しらす丼」400円

    「生しらす丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 限定「新麦中華そば」850円

    限定「新麦中華そば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 限定「新麦中華そば」850円

    限定「新麦中華そば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎりなど

    本日のにぎりなど

  • 中華そば 四つ葉 - 券売機

    券売機

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

65回目

2018/11訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」 昆布締めヒラメとアジの握り

全国に名が知れる川島町の名店「中華そば 四つ葉」。
土日は10時半頃にオープンすることが多いです。

過去にさまざまな気まぐれ限定をやっていて、この日は「地鶏と鰹の白湯」900円。
厨房には岩本店主はじめ4人ほど居て、提供スピードはもの凄く速いです。

黄金色のスープにレアチャーシュー、穂先メンマ、海苔、なるとなど。
スープはサラッとした口当たりですが、クッキリカツオに地鶏の旨味。

魚介乾物×白湯は定番の組み合わせで、シンプルだからこそ際立つ素材の旨さ。
カツオ節は上質だし、「四つ葉」の白湯はそれだけで店が出せるほど極上の旨さです。

息子と伺い、看板メニュー「四つ葉そば」780円も。
地鶏と醤油の清湯で、パンチではなく染み渡るタイプなのに、鶏と醤油は明確に美味。

「四つ葉」でしか味わえないバランス感覚で、貫禄ある「鶏清湯」。
何度食べても最高です。

「本日のにぎり」350円は昆布締めのヒラメにアジ。
特にヒラメはサイドではなく主役級のネタです。

タレをまとったマグロ赤身たっぷりの「まぐろ丼」400円は息子の大好物。
マグロはもちろん、四つ葉はご飯ももっちり美味しいです。

なお、土日祝はまれに通し営業も。
twitterにて告知されますので、15時から17時の間ならそれほど混まずに入れると思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円

    気まぐれ限定「地鶏と鰹の白湯」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 白湯スープ

    白湯スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 地鶏スープ

    地鶏スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「昆布締めヒラメとアジのにぎり」350円

    「昆布締めヒラメとアジのにぎり」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定メニュー

    気まぐれ限定メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎりメニュー

    本日のにぎりメニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 券売機

    券売機

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

64回目

2018/11訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

洗練されつつもしみじみ旨い「四つ葉そば」にご飯もの

埼玉は川島町の名店「中華そば 四つ葉」。
「ラーメンWalker埼玉2019」では専門家と読者が選ぶランキング総合部門1位になってます。

なお、2018も1位で2年連続で総合部門1位となったので殿堂入り。
埼玉で殿堂入りとなったのは過去に「ぜんや」のみだと思います。

そんな四つ葉は以前から都内のお客さんも多数来店。
最近は芸能人もひっそり訪れていたりします。

店内にはサインがあり、TV番組「おしゃれイズム」でも紹介していた野村周平さん。
更に11月1日の移動途中に訪れた安田顕さんのものがあります。

なので土日はかなり混みあいますが、不定期に通し営業もやっていてtwitterで告知。
11月3日(祝)も通し営業で、16時前に伺うとすぐ入れました。
(通し営業は不定期なので必ずtwitterを確認してください)。

注文は看板メニュー「四つ葉そば」780円。
キレイな薄切りレアチャーシューに縦に刺さった海苔が一発で「四つ葉」と分かるビジュアル。

地鶏に地元の醤油等を使ったスープは優しくも染み渡る旨さ。
パンチではなくしみじみ美味しく、だからこそ良い素材を使った誤魔化しの無いスープなのが明らか。

モチモチの細麺に薄切りでしっとりなチャーシューも絶品。
また大き目の海苔も美味しく、店主さんのお父さんがお寿司屋さんならでは。

また、四つ葉はご飯ものが多彩でかつ美味しいのも魅力で、息子と2人だったので丼を2種注文。
お父さんの寿司屋さんが隣接してるので「本日のにぎり」350円も人気ですが、息子は「まぐろ丼」400円が大好き。

このマグロがかなり美味しく、提供寸前にタレと絡められてこのタレも美味。
400円とは思えないサイドメニューでマグロが好きなら迷わずおススメです。

また、限定ご飯もありこの日は「おかかごはん」300円に「ガリシア栗豚のしょうが焼き丼」400円。
「おかかごはん」も美味しいのですが、今回は初の「ガリシア栗豚のしょうが焼き丼」。

注文の都度調理され、赤身が多いガリシア栗豚は肉の旨味しっかり。
そして肝心のご飯も美味しいです。

多彩な「気まぐれ限定」も楽しみですが、レギュラーメニューが文句なしに美味しいお店。
「蛤そば」や「煮干しそば」も美味しいのですが、「四つ葉そば」は何度食べてもホッとする一杯です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ガリシア栗豚のしょうが焼き丼」400円

    「ガリシア栗豚のしょうが焼き丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 野村周平さんのサイン

    野村周平さんのサイン

  • 中華そば 四つ葉 - 安田顕さんのサイン

    安田顕さんのサイン

  • 中華そば 四つ葉 - 有名人のサイン

    有名人のサイン

  • 中華そば 四つ葉 - ご飯メニュー

    ご飯メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 中休み無し営業はtwitterにて要確認

    中休み無し営業はtwitterにて要確認

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎりなど

    本日のにぎりなど

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

63回目

2018/09訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

笛木醤油創業祭コラボ「金笛中華そば」&「究極のおかかごはん」

川島町の名店「中華そば 四つ葉」。
土日祝は10時半に店を開けることが多く、土曜のその時間で早くも20人以上のお客さんがいました。

この日は「笛木醤油」創業229年創業祭とコラボした限定「金笛中華そば」900円を提供。
9月8日(土)・9日(日)で150~180食用意したようですが、9月8日(土)で完売しました。
さすがの人気です。

濃厚な色合いのスープに2種の美しいチャーシュー、ナルト、刻みネギ。
チャーシューが大きく貫録あります。

スープを飲んでみると、まず煮干し、手火山式かつお節の魚介と濃いめの醤油がガツン。
そして豚骨、地鶏の厚みある動物系出汁が染み渡ります。

ドロドロの濃厚魚介豚骨では無くサラリとしていますが、素材の旨味が濃厚で贅沢。
後半はややトロリとした舌触りもあり、文句なしに旨いです。

麺はその太いスープに負けない平打ち太麺。
モチモチとした食感で食べごたえも十分。

そしてロゼカラーのチャーシュー2種がまた格別。
「チンタセネーゼ黒豚ロース」は赤身の旨味が濃く美味。

「ホエー豚肩ロース煮豚」は脂身がとろけます。
「四つ葉」はたまに限定でレギュラー以外のチャーシューを作りますが、いつも外しません。

「金笛中華そば」は今までにも何度か提供した限定ですが、いつも味が違います。
特に豚骨を使った今回は、かなりインパクトある一杯。

地鶏白湯を使用した気まぐれ限定「四つ葉ブラック」よりも動物系が濃厚。
「四つ葉そば」「蛤そば」「煮干しそば」と基本メニューは全てアッサリなのに、豚骨を使っても個性的でさすがの出来栄え。
一度は振り切った「四つ葉流豚骨」を食べてみたいものです。

そして限定ごはんは「究極のおかかごはん」300円。
手火山式かつお節、金笛新桶生しぼり醤油を使用した贅沢な一杯。

たっぷりのカツオ節にキリッとした醤油。
「四つ葉」はお米も美味しいです。

そして食後は車ですぐ近くの「笛木醤油創業祭」へ。
生醤油絞りを体験したり、醤油蔵を見学したり、高さ2メートルの新桶を見たり。
醤油ラーメン好きの息子にもいい経験になりました。

  • 中華そば 四つ葉 - 笛木醤油創業229年コラボ「金笛中華そば」900円

    笛木醤油創業229年コラボ「金笛中華そば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 豚骨、地鶏、手火山式かつお節、煮干しのスープ

    豚骨、地鶏、手火山式かつお節、煮干しのスープ

  • 中華そば 四つ葉 - チンタセネーゼ黒豚ロースのチャーシュー

    チンタセネーゼ黒豚ロースのチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - ホエー豚肩ロース煮豚

    ホエー豚肩ロース煮豚

  • 中華そば 四つ葉 - モチモチ平打ち太麺

    モチモチ平打ち太麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「究極のおかかごはん」300円

    「究極のおかかごはん」300円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 笛木醤油創業229年コラボ「金笛中華そば」900円

    笛木醤油創業229年コラボ「金笛中華そば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 限定ごはん「究極のおかかごはん」400円

    限定ごはん「究極のおかかごはん」400円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

  • 中華そば 四つ葉 - すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

    すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

  • 中華そば 四つ葉 - すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

    すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

  • 中華そば 四つ葉 - すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

    すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

  • 中華そば 四つ葉 - すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

    すぐ近くの「笛木醤油」創業229年祭

62回目

2018/08訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」

埼玉の名店「中華そば 四つ葉」。
猛暑日にも関わらず、11時頃で20人を超える行列になってます。

この日は注文は、そんな猛暑日にピッタリの気まぐれ限定。
「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」900円です。

丼の上には美しい低温調理チャーシューが敷かれ、その上に南高梅、大葉、なると。
氷も乗り、スープはキンキンに冷えてます。

煮干しスープはサラリとしつつも濃密な味わい。
「うどん」等の出汁と違い、軽くビターで煮干しの旨み十分です。

タレも以前より濃くしているそうで、乗っている氷が溶けても薄く感じません。
これまたキンキンに締められて弾力ある細麺が食べごたえあります。

南高梅は身が厚く、甘みもあって美味。
大葉も煮干しスープに良く合います。

なるとは以前使用した「鈴廣」のものかどうか分かりませんが、こちらも具として食べごたえ十分。
冷やしでも「さすが四つ葉」と思える満足度です。

そして息子は定番の「四つ葉そば」780円。
何度も食べているのに、一口目から痺れる旨さ。
アッサリとした口当りなのに、唯一無二の旨味が猛烈にやってきます。

鶏清湯は数多くあれど、完全に個性を確立した貫録ある一杯。
最近、「四つ葉そば」と「蛤そば」の麺が変わりモチモチ感アップ。
よりスープとの馴染みが良くなりました。

久々の「まぐろ丼」400円も、さすが寿司店直系と思える完成度(店主さんのお父さんは隣で寿司店を経営)。
何を食べても旨い「四つ葉」は、いまでも旨くなり続けています。

なお、月曜夜は通常お休みですが、8月27日(月)夜営業ではスタッフ大林さん作成の限定ラーメンを提供。
次回は9月3日(月)にスタッフ山本さんの限定つけめんを提供するようです。
「四つ葉」の新しい試み、面白そうです。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」900円

    気まぐれ限定「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 南高梅、大葉、ナルト

    南高梅、大葉、ナルト

  • 中華そば 四つ葉 - 濃厚冷やし煮干しスープ

    濃厚冷やし煮干しスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 氷

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 鶏スープ

    鶏スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 先日から四つ葉そば、蛤そばの麺が変更

    先日から四つ葉そば、蛤そばの麺が変更

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」900円

    気まぐれ限定「大葉と南高梅の冷し煮干しそば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

61回目

2018/08訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

「四つ葉ブラック」から生まれた気まぐれ限定新作「辛い四つ葉ブラック」

僕が埼玉で一番訪れているラーメン店「中華そば 四つ葉」。
現在、スーパーやコンビニでは「四つ葉 蛤ダシ中華そば」も販売中です。

この日の注文は気まぐれ限定「辛い四つ葉ブラック」900円。
人気の気まぐれ限定「四つ葉ブラック」の辛い新作です。

提供された一杯は、赤黒いスープが「四つ葉」とは思えないルックス。
ただでさえ黒いスープの「四つ葉ブラック」に自家製の真っ赤なラー油が浮いてます。

スープを飲んでみると、香ばしいラー油がビシッとした辛さ。
清湯メインの「四つ葉」ですが、ラー油の出来は本格的。

ただ辛いのではなく、コクのある「四つ葉ブラック」の白湯スープが良い塩梅。
パンチあるスープに平打ちの太麺がもの凄くマッチします。

辛さも過度に激辛では無く、口が痛くなるほどではありません。
散らされたニラもスープに合っていて、食べ進めるごとにハマっていきます。

「四つ葉」の辛いメニューは初だと思うのですが、さすがのセンス。
ベースの鶏白湯がしっかりしているので、辛いラーメン専門店より個人的には好み。
中毒性高いと思います。

今回は家族で伺ったので「四つ葉そば」780円も。
こちらはもう貫録ある旨さで、確認したところ貝は使ってないのにコハク酸の旨さも感じます。

また、最近麺もちょっとモチモチしたものに変更。
その影響もあってか、盛り付けは麺線が見えるようになり、より美しいです。

なお、この日の握りは「マグロとシメサバ」350円。
「蛤そば」880円も含め、全てのメニューが美味しい大好きなお店です。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「辛い四つ葉ブラック」900円

    気まぐれ限定「辛い四つ葉ブラック」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 白湯の四つ葉ブラックに自家製ラー油

    白湯の四つ葉ブラックに自家製ラー油

  • 中華そば 四つ葉 - 平打ち太麺

    平打ち太麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 鶏スープ

    鶏スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」880円

    「蛤そば」880円

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり まぐろ&しめさば」350円

    「本日のにぎり まぐろ&しめさば」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「辛い四つ葉ブラック」900円

    気まぐれ限定「辛い四つ葉ブラック」900円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり

    本日のにぎり

  • 中華そば 四つ葉 - カップ麺も販売中

    カップ麺も販売中

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

60回目

2018/07訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

7月7日限定「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」&手火山式鰹節「おかかご飯」

埼玉で一番通っているラーメン店「中華そば 四つ葉」。
7月7日(土)のみ「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円が100食限定で提供されました。

四つ葉は不定期に様々な「気まぐれ限定」を提供していますが、告知は大体当日のtwitter。
今回は2日前に告知されたからか、10:30の開店時には行列が30人ほどになっていました。

カウンターには金笛醤油の「新桶初しぼり」。
金笛醤油は「四つ葉」の近くにある醤油蔵「笛木醤油」のもの。

今回は四つ葉スタッフも新桶をお手伝いしたそうです。
2016年9月には「笛木醤油」の創業祭と「四つ葉」のコラボ営業も行われました。

キレイな黄金のスープに小江戸黒豚ロースのチャーシュー。
その上には青菜のお浸しと小田原鈴廣のなると。

スープを飲んでみると、ジュワッと鮮烈な醤油。
それに比内地鶏の甘さ、手火山式鰹節の上品な旨味が最高です。

厳選素材を使用しつつ、あくまでも醤油が主役のバランス。
このスープは文句なしに旨い。

麺は春よ恋を100%使用した太成食品のストレート麺。
ネチッとした食感が蕎麦を思わせます。

小江戸黒豚ロースのチャーシューは恐ろしく柔らかでジューシー。
明らかに良い豚というのが分かります。
基本チャーシューを増しませんが、これは増せば良かったと思うほど。

そしてカマボコで有名な鈴廣のなると。
パリッとした食感と風味は高級カマボコのそれで、今までに食べた「なると」と別モノです。

青菜のお浸しや海苔など脇役も全て美味しいです。
スープのバランスから麺、チャーシューを始めとした具材まで含め、完璧な一杯。

また、本日限定と思われる「おかかご飯」300円。
手火山式鰹節にあおさっぽい海苔が乗り、新桶初しぼり醤油がかかってます。

これがまた、シンプルゆえに素材の旨さを堪能出来る一杯。
スープご飯にするともったいない気がして、そのまま鰹節と醤油を堪能しました。

今回は気合いが入っているだけあり、ラーメンもご飯もケチの付けようがありません。
「良いものを食べた」
だけでなく、
「また食べたい」
とすぐに思ってしまうほど超好みでした。

  • 中華そば 四つ葉 - 「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円

    「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円

  • 中華そば 四つ葉 - 新桶初しぼり金笛醤油、比内地鶏と手火山式鰹節の完璧なスープ

    新桶初しぼり金笛醤油、比内地鶏と手火山式鰹節の完璧なスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 絶品 小江戸黒豚ロースのチャーシュー

    絶品 小江戸黒豚ロースのチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 小田原 鈴廣のなると

    小田原 鈴廣のなると

  • 中華そば 四つ葉 - 春よ恋100%の麺

    春よ恋100%の麺

  • 中華そば 四つ葉 - 手火山式鰹節の「おかかご飯」300円

    手火山式鰹節の「おかかご飯」300円

  • 中華そば 四つ葉 - 「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円と「おかかご飯」300円

    「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円と「おかかご飯」300円

  • 中華そば 四つ葉 - 「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円

    「金笛醤油の新桶初しぼり中華そば」950円

  • 中華そば 四つ葉 - 手火山式鰹節の「おかかご飯」300円

    手火山式鰹節の「おかかご飯」300円

  • 中華そば 四つ葉 - 金笛醤油の「新桶初しぼり」

    金笛醤油の「新桶初しぼり」

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

59回目

2018/06訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

祝5周年! 気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」に貫録の「四つ葉そば」

6月21日に5周年を迎えた埼玉の名店「中華そば 四つ葉」。
開店当初から伺っていますが、あっという間な気がします。

5周年を迎えて初めての日曜は気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」950円がありました。
鴨、地鶏、魚貝のトリプルスープだそうです。

トリプルでも複雑になることはなく、わりとシンプルなアッサリお出汁。
冷めてくると貝が顔を出してきます。

息子は「四つ葉そば」780円。
ちょっと前まで「煮干しそば」が好きでしたが、最近は鶏です。

こちらはグッと醤油の旨味にあと引く鶏の旨味。
「鴨出汁中華そば」に比べると、こちらはよりカラフルな味わい。

「四つ葉そば」はいまだに色々いじっていると思うのですが、今はかなり好み。
アタックが強すぎず、かといって平坦では無く引きずる味。

麺は低加水パツパツから、ちょっとモチっとしたものに変わったそうです。
5周年を迎えても、更に美味しくなるよう努力する姿勢はお見事。

また、四つ葉はご飯ものが豊富で「本日のにぎり」をはじめ多数。
この日は限定で「中落ち丼」500円がありました。

中落ち風に叩いたマグロでは無く、ちゃんとすき身。
これがまた素材の味が濃くて旨いです。

ラーメンにご飯もの、海鮮とどれも美味しい「四つ葉」。
特に「四つ葉そば」はかなり風格を増してます。
6年目も楽しみにしてます。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」950円

    気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」950円

  • 中華そば 四つ葉 - 鴨×地鶏×魚貝のトリプルスープ

    鴨×地鶏×魚貝のトリプルスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 醤油と出汁があと引くスープ

    醤油と出汁があと引くスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 薄切りレアチャーシュー

    薄切りレアチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 「中落ち丼」500円

    「中落ち丼」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」950円

    気まぐれ限定「鴨出汁中華そば」950円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - ごはんメニュー

    ごはんメニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 限定ご飯メニュー

    限定ご飯メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 5周年

    5周年

  • 中華そば 四つ葉 - 5周年祝い

    5周年祝い

  • 中華そば 四つ葉 - 5周年祝い

    5周年祝い

  • 中華そば 四つ葉 - 暖簾

    暖簾

58回目

2018/06訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「四つ葉ブラック」に「四つ葉そば」

埼玉の超人気店「中華そば 四つ葉」。
日曜の早や開けも恒例となり、この日は10時20分頃に開店しました。

注文は気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円
気まぐれ限定でも登場回数が多いラーメンです。

「ブラック」の名の通りスープは真っ黒。
チャーシューの上にはブラックペッパーもかかってます。

しかし、スープはただしょっぱいだけでは無く、香ばしさとコク。
白湯ベースで中毒性の高い旨さです。

麺はスープの色が染みついて焦げ茶色。
富山ブラックの麺の様な色で、味が染みた低加水バツバツ麺がハマります。

さすがにスープを完飲しませんでしたが、十分パンチを感じる一杯。
たまに食べたくなります。

息子は「四つ葉そば」780円。
こちらはジュワッと醤油と鶏の旨味。

パンチでは無く、あと引く旨さでレンゲが止まりません。
何度も食べているのに、全く飽きのこない一杯。

そして、「四つ葉」はご飯ものも充実。
この日は限定の「天草大王の塩焼き丼」に「生しらす丼」も

しかし注文は「本日のにぎり」350円。
昆布締めヒラメとワラサで、サイドにちょうど良い量です。

「気まぐれ限定」も楽しみですが、レギュラーメニューの全てが旨い店。
また近いうちに来てしまうと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(昆布締めヒラメとワラサ)」350円

    「本日のにぎり(昆布締めヒラメとワラサ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 香ばしさとコクがある「四つ葉ブラック」スープ

    香ばしさとコクがある「四つ葉ブラック」スープ

  • 中華そば 四つ葉 - スープが染みた麺(四つ葉ブラック)

    スープが染みた麺(四つ葉ブラック)

  • 中華そば 四つ葉 - ブラックペッパー(四つ葉ブラック)

    ブラックペッパー(四つ葉ブラック)

  • 中華そば 四つ葉 - 醤油と鶏のジュワッとしたスープ(四つ葉そば)

    醤油と鶏のジュワッとしたスープ(四つ葉そば)

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉そば

    四つ葉そば

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり

    本日のにぎり

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

57回目

2018/04訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」&「四つ葉そば」

埼玉だけでなく関東各地からお客さんが訪れる「中華そば 四つ葉」。
公式には書いていませんが、土日は10時30分頃に早や開け。

また、最近は21時まで通し営業も行っており、公式twitterにてお知らせされます。
暖かくなって待ちやすくなってきたからか、11時過ぎには駐車場待ちが出来ていました。

四つ葉と言えば不定期に提供される様々な「気まぐれ限定」も魅力。
この日は「金笛醤油の中華そば」900円がありました。

3種のチャーシューにカイワレ、ナルトと美しい盛り付け。
スープは揚げネギの香ばしさが効き、アッサリながら太い旨さ。

豚骨をメインに博多地鶏、少量の煮干し等とのことで、旨味の洪水。
「支那そばや」の濃密なスープを「昔ながら」にしたようにも感じます。

麺はパツパツの「四つ葉そば」と違い、国産小麦のしなやかな細麺。
チャーシューもたっぷりで美味しいです。

息子は看板メニュー「四つ葉そば」780円。
こちらは豊潤でアッサリな鶏スープが変わらず絶品。

鶏清湯も色々ありますが、「四つ葉そば」はグイグイ攻めてくるのではなくしみじみ旨いタイプ。
醤油も鶏油も上品なバランスで、最後の一滴を飲むのが惜しくなるほど旨いです。

そしてちょうど良い量のサイドメニュー「本日のにぎり」350円。
この日は「かつお」と「こぶじめひらめ」。

寿司屋さんである店主さんの親が握るので、もちろんどちらも本格的な旨さ。
特にラーメン店でヒラメの昆布締めが食べられるなんて素晴らしいです。
何度行っても飽きることない「四つ葉」でした。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円

    気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円のスープ

    気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円のスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円の揚げネギ

    気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円の揚げネギ

  • 中華そば 四つ葉 - 3種のチャーシュー

    3種のチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(かつお、ひらめ昆布締め」))

    「本日のにぎり(かつお、ひらめ昆布締め」))

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円

    気まぐれ限定「金笛醤油の中華そば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

56回目

2018/03訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「淡口中華そば」

埼玉の超人気店「中華そば 四つ葉」。
土日祝は10時半頃にオープンすることが多く、その頃になるとお客さんが次々やってきます。

今回の注文は気まぐれ限定「淡口中華そば」850円。
清湯でも濁りのあるスープがそそります。

飲んでみると、分厚いお出汁ではなく意外とスッキリ。
しかし上品で奥行きがあり、立体的に旨味が重なり合ってます。

素材は豚背骨、鶏ガラ、生牡蠣、ホンビノス貝、ホタテ貝柱、ゲソ、リンゴ、
タマネギ、ニンニク、ばいかん平子、白口、エソ、干しシイタケ、羅臼昆布、鶏節など多彩。

しかし、スープは完全に一丸となっており、素材が見える訳ではありません。
さすがのセンスを感じるバランスで、他で味わったことないスープです。

麺は平打ちのストレート細麺。
「四つ葉そば」等のパツパツ麺と違い、ニュルっとしなやか。
今までの気まぐれ限定の中でも、結構個性的な一杯だと思います。

そして息子は「四つ葉そば」780円。
美しいスープは鶏の豊潤な旨味にジュワッと醤油。

こちらもスッキリですが、旨味はもっとダイレクト。
アッサリなのに口いっぱいに鶏と醤油が華麗に広がります。

都内では鶏清湯のお店も増えましたが、貫録を感じるバランスと旨さ。
数年前より間違いなく旨くなってます。

また、「四つ葉」と言えば「本日のにぎり」で、この日はホタテとシメサバ。
しかし、奮発して「大トロ」800円に。

隣の寿司屋(「四つ葉」店主のお父さん経営)で握られるので、もちろんネタは最高。
先日食べて感動した「お土産生ラーメン」も購入し、四つ葉を満喫しました。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「淡口中華そば」850円

    気まぐれ限定「淡口中華そば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 淡口中華そばスープ

    淡口中華そばスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 淡口中華そば麺

    淡口中華そば麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉そばスープ

    四つ葉そばスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「大トロ」800円

    「大トロ」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 券売機

    券売機

  • 中華そば 四つ葉 - 「大トロ」800円

    「大トロ」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産生ラーメン 2食入り」500円

    「お土産生ラーメン 2食入り」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産生ラーメン 2食入り」500円

    「お土産生ラーメン 2食入り」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 村上朝日製麺の麺「お土産生ラーメン 2食入り」500円

    村上朝日製麺の麺「お土産生ラーメン 2食入り」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産生ラーメン 2食入り」500円

    「お土産生ラーメン 2食入り」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

55回目

2018/02訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

埼玉を代表する貫録「四つ葉そば」&村上朝日製麺が美味しい「お土産ラーメン」

休日のお昼時は行列になる名店「中華そば 四つ葉」。
休みの日は準備ができ次第オープンすることが多く、この日も10時過ぎにはオープン。
早い時間の方が空いています。

まずは看板メニュー「四つ葉そば」780円。
一口目から旨さ広がるスープはキレやパンチでは無く上品に豊潤。

と言っても平坦なスープでは無く、立体感あります。
鶏油もしつこくなく、後半冷めてくると醤油の旨味が格段にアップ。

開店時から食べていますが、もう埼玉を代表する貫録。
ホントに美味しい鶏清湯です。

息子が好きなのは「煮干しそば(淡口)」800円。
こちらもギンギンではなく華やかにサカナの旨味。

煮干を数種類使ったスープは他とは違うリッチ感。
煮干をたっぷり使った煮干しラーメンと違い、食後に口が疲れません。
パツパツの麺も良く合ってます。

「本日のにぎり」350円はメジマグロとホタテ。
特にホタテのフレッシュな甘さがたまりません。

また、今回は「お土産ラーメン」500円も購入。
村上朝日製麺に金笛再仕込醤油のラーメンで、「四つ葉そば」とは別物とのこと。

作ってみると、村上朝日製麺のパツパツ麺にラードのコクあるアッサリ醤油スープ。
正直、思っていたよりスープが良く、袋麺にありがちな嫌な味の濃さがありません。
そこに芯がある低加水の村上朝日製麺は格別です。

「四つ葉そば」とは全く違う味ですが、これはこれでかなり美味しい。
スーパーの袋麺とは別格で、オススメです。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 華麗な鶏スープ

    華麗な鶏スープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば(淡口)」800円

    「煮干しそば(淡口)」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 濃密な煮干しスープ

    濃密な煮干しスープ

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(メジマグロ、ほたて)」350円)

    「本日のにぎり(メジマグロ、ほたて)」350円)

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産ラーメン」500円

    「お土産ラーメン」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産ラーメン」500円

    「お土産ラーメン」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産ラーメン」500円

    「お土産ラーメン」500円

  • 中華そば 四つ葉 - お土産ラーメンの麺は村上朝日製麺

    お土産ラーメンの麺は村上朝日製麺

  • 中華そば 四つ葉 - お土産メニュー

    お土産メニュー

54回目

2018/01訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

小田急町田店の催事にて小田急限定「羅臼昆布と鮭節の中華そば」

小田急町田店で1月24日(水)から「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」。
1月31日(水)までの開催で、埼玉の人気店「中華そば 四つ葉」が出店しています。

「四つ葉」は何度も行っていますが、小田急町田店オリジナルの限定があるので行ってきました。
「羅臼昆布と鮭節の中華そば」1,030円で、各日100杯限定です。

なお、そのほかは「四つ葉そば」880円、「蛤そば」(各日70杯限定)980円、「濃厚たまごのせまぜそば」(各日70杯限定)880円。
それに「特製トッピング」270円と「味玉」120円。
「お土産生ラーメン」540円も売ってます。

「羅臼昆布と鮭節の中華そば」は「四つ葉そば」より幅広い丼で提供。
丼からは、鮭節の良い香りが漂います。

スープは「四つ葉」の地鶏スープに最高級の羅臼昆布と鮭節を追い炊きしたもの。
上品で贅沢なお出汁が詰まっており、特に鮭節の旨味がリッチです。

魚介を追い炊きしたからと言って、ガンガンに攻めてくるお出汁でもありません。
あくまでも「四つ葉」っぽい華麗で極上なスープ。

麺はこの限定のみ「トイ・ボックス」と同じ特注麺。
モチモチで小麦香る美味しい麺です。

具は低温調理チャーシューに穂先メンマ、青菜おひたし、海苔。
厚みある大判チャーシューが柔らかく美味しいです。

「四つ葉そば」「蛤そば」もオンリーワンの旨さですが、この限定も絶品。
特に贅沢なスープのバランスが素晴らしく、催事ならではの特別感もあり満足です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「羅臼昆布と鮭節の中華そば」1,030円(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    「羅臼昆布と鮭節の中華そば」1,030円(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - 地鶏スープに高級羅臼昆布と鮭節を追ったスープ(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    地鶏スープに高級羅臼昆布と鮭節を追ったスープ(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - 限定のみ特注麺(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    限定のみ特注麺(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - チャーシュー(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    チャーシュー(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 - メニュー(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    メニュー(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - チラシ(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    チラシ(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - 「お土産生ラーメン」540円(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    「お土産生ラーメン」540円(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - 暖簾(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

    暖簾(小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」)

  • 中華そば 四つ葉 - 小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」

    小田急町田店「うまいものめぐりと有名駅弁まつり」

53回目

2018/01訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

気まぐれ限定「四つ葉ブラック」と新春限定「小江戸黒豚チャーシュー」

埼玉で2017年に1番訪れたラーメン店「中華そば 四つ葉」。
2018年の営業は1月4日からとなりました。

この日は新春限定トッピング「小江戸黒豚チャーシュー」400円があったので注文。
別皿で提供され、しっかりとした歯ごたえの赤身にジューシーな脂身。
肉の旨さを堪能できます。

麺の注文は気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円。
真っ黒なスープがインパクトあります。

スープはサラッとした白湯で、ブラック醤油のコクに香味オイルの香ばしさ。
「四つ葉」にしては濃いめの味ですが、ショッパ過ぎることはありません。

村上朝日製麺のパツパツ麺にもスープが染みて良い感じ。
過去に何度かいただいている「気まぐれ限定」ですが、中毒性高いです。

今回は家族で伺ったので「四つ葉そば」780円に「煮干しそば(淡口)」800円も。
「四つ葉そば」は地鶏と醤油があと引く旨さ。
ここ最近の「四つ葉そば」はホントに貫録あります。

「煮干しそば(淡口)」は華やかにサカナの旨味。
アッサリな中にギュッとサカナが詰まっており、それでいて塩分が強すぎません。
こちらも「四つ葉」独自のバランス。

なお、「本日のにぎり」350円はカンパチ。
「まぐろ丼」400円ともども、隣が寿司店(店主さんのお父さんのお店)だからこその新鮮魚介。

四つ葉そば、煮干しそば、四つ葉ブラック、寿司の全てがハイレベル。
今年も何度も伺うと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば(淡口)」800円

    「煮干しそば(淡口)」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 新春限定「小江戸黒豚チャーシュー」400円

    新春限定「小江戸黒豚チャーシュー」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(かんぱち)」350円

    「本日のにぎり(かんぱち)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 新春限定「小江戸黒豚チャーシュー」400円

    新春限定「小江戸黒豚チャーシュー」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり

    本日のにぎり

  • 中華そば 四つ葉 - 券売機

    券売機

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「四つ葉ブラック」

    気まぐれ限定「四つ葉ブラック」

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

52回目

2017/12訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

限定で新麦 春よ恋の自家製麺を使用した「四つ葉そば」「蛤そば」

先日の「workshop」新麦 春よ恋・支那そばやリスペクトコラボでは醤油らぁ麺を担当した「中華そば 四つ葉」。
お店でも新麦 春よ恋の自家製麺を数量限定で提供することがあり、この日は先着100杯が自家製麺でした。

「四つ葉そば」780円はいつも通り鶏と醤油がエレガント。
ホントに旨いスープです。

そして新麦の自家製麺は密度が濃く、モチモチ。
フレッシュな風味もあり、贅沢な美味しさ。

いつもの村上朝日製麺低加水麺と全く違う食感です。
なお、新麦の自家製麺は不定期にまた提供するとのこと。

「蛤そば」880円は濃密な蛤の滋味。
昆布等と思われる旨味も厚く、とてもリッチです。

「四つ葉そば」も旨いですが、「蛤そば」の個性はピカイチ。
貝を使うラーメンも増えましたが、開店時からあるメニューだけあって貫録あります。

息子はいつも「まぐろ丼」を頼むのですが、今日は奮発して「大トロにぎり」800円。
こちらは注文を受けてから、隣にある実家のお寿司屋さんで握りたて。

みるからに美しく、惚れ惚れする握り。
脂のノリも良く、醤油もはじきます。
もちろん文句なしに絶品。

また、店内注文でお土産も販売。
生ラーメン、穂先メンマ、豚チャーシュー切り落とし、蛤の甘辛煮などがあります。

常に全てある訳では無く、この日はチャーシュー切り落としが売り切れ。
「四つ葉の穂先メンマ」500円を購入し、ツマミにしました。
何もかもが美味しい、埼玉が誇る名店だと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円 ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

    「四つ葉そば」780円 ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」880円 ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

    「蛤そば」880円 ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 新麦 春よ恋の自家製麺

    新麦 春よ恋の自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「大トロのにぎり」800円

    「大トロのにぎり」800円

  • 中華そば 四つ葉 - ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

    ※数量限定 新麦 春よ恋の自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 大トロはカードを取って店内現金払い

    大トロはカードを取って店内現金払い

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉のお土産

    四つ葉のお土産

  • 中華そば 四つ葉 - お土産「四つ葉の穂先メンマ」500円

    お土産「四つ葉の穂先メンマ」500円

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

51回目

2017/11訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

東京競馬場のラーメン優駿2017 秋の陣にて「比内地鶏のコク旨中華そば」

東京競馬場の内馬場にて開催されている「ラーメン優駿2017 秋の陣」。
過去にも数回行われているラーメンイベントです。

今回は11月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)の4日間開催。
全部の日に出店するのは

中華そば 四つ葉(埼玉)
富山ブラック 麺家 いろは(富山)
なんつっ亭(神奈川)

です。

11月11日(土)・12日(日)のみ出店は
麺屋 正宗(宮城)
札幌 みその(北海道)
らーめんダイニング 庵(群馬)
大分佐伯ラーメン(大分)
中華そば よしかわ(埼玉)

の5店舗。

18日(土)・19日(日)のみ出店は

酒田ラーメン花鳥風月(山形)
我武者羅(東京)
麺や雄(東京)
鯛塩そば 灯花(東京)
麺屋 宗(東京)

になります。

まずは食べログ、ラーメンWalker2017にて埼玉No.1ラーメンの「中華そば 四つ葉」。
こちらで提供するのは「比内地鶏のコク旨中華そば」800円。

追加トッピングは「全部入りSP」500円にチャーシュー、味玉、海苔です。
天気も良く結構並んでいますが、手際よく提供は早め。

イベントでもキレイなレアチャーシューに穂先メンマ、海苔、三つ葉と具だくさん。
デフォでも麺が見えません。

スープはアッサリでも醤油ダレのコクと脂の香ばしさがあり、麺は低加水パツパツ。
一口目からキャッチーな旨さで、お店の気まぐれ限定「四つ葉ブラック」に似た感じ。

ブース内では元「磯部水産」の磯部さんが指揮。
「四つ葉ブラック」は磯部水産とのコラボで生まれた限定なので、さすが外しません。
レアチャーシューも変わらず旨いです。

クセになる味わいで、「四つ葉」好きの息子にほとんど食べられてしまいました。
「四つ葉」は超行列店なので、この一杯が競馬場でサクッと食べられるのは貴重。
11月18日(土)・19日(日)も出店します。

  • 中華そば 四つ葉 - 「比内地鶏のコク旨中華そば」800円(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    「比内地鶏のコク旨中華そば」800円(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - レアチャーシュー(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    レアチャーシュー(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - 麺(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    麺(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - 「比内地鶏のコク旨中華そば」800円(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    「比内地鶏のコク旨中華そば」800円(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - 追加トッピング(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    追加トッピング(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - 食べログ埼玉ラーメン&ラーメンWalker埼玉 第1位(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    食べログ埼玉ラーメン&ラーメンWalker埼玉 第1位(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - 看板(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    看板(東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

  • 中華そば 四つ葉 - (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

    (東京競馬場 ラーメン優駿2017 秋の陣)

50回目

2017/10訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

祝!「ラーメンWalker埼玉2018」総合部門1位獲得

埼玉で一番好きなお店「中華そば 四つ葉」。
決して交通の便が良い場所ではありませんが、休日は朝10時からお客さんが訪れます。
(休日は10:30頃早や開け)

なお、先日発売された「ラーメンWalker埼玉2018」では、創業4年目にして総合部門1位を獲得。
駐車場のナンバープレートを見ると、県外のナンバーも見られます。

まずは看板メニュー「四つ葉そば」780円。
口当りスッキリで、すぐにやってくる醤油のジュワッした旨味。

きめ細かい地鶏の旨味も極上ですが、中心にあるのは醤油。
創業当時から「四つ葉そば」をいただいてますが、今のバランス最高です。

息子と伺うので「蛤そば」880円も注文。
こちらは蛤に羅臼昆布、淡口醤油。

滋味深い蛤の旨味に上品な昆布。
引き算のシンプルなラーメンだからこそ、お出汁の贅沢さが染み渡ります。

「四つ葉そば」とは全く違う方向性で、こちらも極上。
息子は相変わらず「まぐろ丼」400円の大ファンで、全てのメニューが旨いです。

なお、最近は持ち帰りも多く、蛤の甘露煮や穂先メンマ、生ラーメンなども。
僕は久々に数量限定の「チャーシュー切り落とし」600円を購入。
350gも入っており、つまみに最高です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」880円

    「蛤そば」880円

  • 中華そば 四つ葉 - 貫禄の薄切りレアチャーシュー

    貫禄の薄切りレアチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 村上朝日製麺の麺

    村上朝日製麺の麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 - 「チャーシュー切り落とし 350g」600円

    「チャーシュー切り落とし 350g」600円

  • 中華そば 四つ葉 - 「チャーシュー切り落とし 350g」600円

    「チャーシュー切り落とし 350g」600円

  • 中華そば 四つ葉 - 「チャーシュー切り落とし 350g」600円

    「チャーシュー切り落とし 350g」600円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ラーメンWalker埼玉2018 総合部門第1位

    「ラーメンWalker埼玉2018 総合部門第1位

  • 中華そば 四つ葉 - 「ラーメンWalker埼玉2018 総合部門第1位

    「ラーメンWalker埼玉2018 総合部門第1位

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

49回目

2017/09訪問

  • lunch:4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 4.7
    • | 雰囲気 4.7
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

カップ麺も全国販売 醤油と鶏を堪能できる「四つ葉そば」

食べログ「ラーメン 百名店 EAST 2017」にも選出され、全国区となった「中華そば 四つ葉」。
土日祝日は10時半頃に繰り上げオープンすることが多いです。
開店後も行列ができますが、回転はとても良し。

看板メニュー「四つ葉そば」780円は見た目から「旨い」と思わせる貫録。
スープはジュワッと醤油の旨味に豊潤な鶏。

前回食べた時に「進化した」と思ったのは間違いではありませんでした。
数か月前の「四つ葉そば」よりも美味しくなってます。
「埼玉だから」ではなく、日本全国でトップクラスに立てると思える味。

高く盛られた薄切りのチャーシューは、食感も良く美味。
穂先メンマは食べやすくカットされています。

息子の「煮干しそば」800円は濃口醤油と淡口醤油から選べるので淡口醤油で。
より煮干しの贅沢な旨味が味わえ、後半は昆布も感じます。
こちらも「煮干し」をメインにしたお店に負けないレベル。

また、「四つ葉」はご飯ものも充実。
レギュラーでまぐろ丼、蛤丼、チャーシュー丼、めんたいごはん、しらすごはん、玉子かけごはんと多数。

この日は天草大王の「地鶏の塩焼き丼」に「締めの鶏飯(けいはん)」もありました。
いつも頼むのは「本日のにぎり」350円。

この日は昆布締めヒラメとカンパチ。
特に昆布締めヒラメが美味です。
盛り付けがキレイな「まぐろ丼」400円も気前が良いです。

そして8月28日から全国販売されているカップ麺。
「四つ葉監修の一杯 行列必死の中華そば」。

四つ葉近くのセブンイレブンでも販売しているそうです。
地元のスーパーでも大きく展示してありました。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば (淡口醤油)」800円

    「煮干しそば (淡口醤油)」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり「昆布締めひらめとカンパチのにぎり」350円

    本日のにぎり「昆布締めひらめとカンパチのにぎり」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 地鶏の塩焼き丼はある時とない時があります。

    地鶏の塩焼き丼はある時とない時があります。

  • 中華そば 四つ葉 - たまに大トロもあります。

    たまに大トロもあります。

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり

    本日のにぎり

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉監修のカップ麺全国販売

    四つ葉監修のカップ麺全国販売

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉監修のカップ麺

    四つ葉監修のカップ麺

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

48回目

2017/08訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

より洗練された「四つ葉そば」にサカナを感じる「煮干しそば」

埼玉の超人気店「中華そば 四つ葉」。
休日は10時30頃からオープンすることが多く、朝早くからお客さんが来ています。

看板メニューは「四つ葉そば」780円。
薄切りチャーシューや三つ葉、海苔の盛り付けにまで貫録漂います。

スープは鶏ベースで、生揚げ醤油を中心に添えた構成。
スッキリとした鶏出汁と控えめな鶏油がサポートし、醤油の旨味を際立てます。

ガツンと鶏×醤油では無く、上品で高貴なスープ。
後半は醤油が舌に残り、あと引く旨さ。

以前から旨かった「四つ葉そば」ですが、またひとつレベルが上がった感じ。
もう「埼玉の名店」ではなく「関東の名店」と言っていい一杯。

息子が好きなのは「煮干しそば」800円。
こちらも「煮干し」と聞いて連想するビターな味では無く、豊潤にサカナ。

尖りやパンチではなく、乱暴に言えば煮魚の汁にも近い旨さ。
コクもあって四つ葉の清湯では一番ハッキリした味です。

なお、「本日のにぎり」は握りではなく「だるまいかのいか丼」。
柔らかい身にいくらも乗っており、旨いです。

なお、息子から先に「四つ葉に行きたい」と言われたのはこの日が初めて。
「まぐろ丼」を要求されなかったのも初です。

息子の「四つ葉」デビューは3年以上前。
いまや一人でほぼ一杯食べられるまでになりました。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば」800円

    「煮干しそば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「だるまいかのイカ丼」350円

    「だるまいかのイカ丼」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉そばのスープ

    四つ葉そばのスープ

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 寿司屋さんの座敷

    寿司屋さんの座敷

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

47回目

2017/07訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

ピリ辛になった気まぐれ限定「煮干しつけそば」

先日4周年を迎えた川島町の名店「中華そば 四つ葉」。
食べログの「百名店 ラーメンEAST2017」にも選出されました。

これは東京を除く北海道から愛知までのラーメン100店に選ばれたということ。
埼玉県からはわずか8店です。

休日は早い時間にオープンすることが多く、公式Twitterにて告知。
この日は10時半よりも前に開きました。

注文は気まぐれ限定の「煮干しつけそば」850円。
麺の上にレアチャーシューがキレイに盛られてます。

数種類の煮干しと昆布のみで採ったつけ汁には刻み玉ねぎが浮き、しっかりサカナ。
「煮干しつけそば」は昨年も食べましたが、今年はピリ辛になってます。

麺はコシのあるツルツルな平打ち麺。
ピリ辛な味が麺によく絡み、昨年より美味しくなってます。

「本日のにぎり」350円はメジマグロと蒸しエビ。
脂の乗ったメジマグロがたまりません。

息子の大好物「まぐろ丼」400円は開店当初からのサイドメニュー。
昔は息子とシェアしていた「まぐろ丼」も、いまや息子一人で一杯食べるようになりました。

なお、「埼玉のうまいラーメン2017」の表紙は四つ葉の「蛤そば」。
5年目の四つ葉も楽しみです。

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「煮干しつけそば」850円

    気まぐれ限定「煮干しつけそば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - ピリ辛になったつけ汁

    ピリ辛になったつけ汁

  • 中華そば 四つ葉 - キレイな薄切りチャーシュー

    キレイな薄切りチャーシュー

  • 中華そば 四つ葉 - 「本日のにぎり(メジマグロ、蒸しエビ)」350円

    「本日のにぎり(メジマグロ、蒸しエビ)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「マグロ丼」400円

    「マグロ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「煮干しつけそば」850円

    気まぐれ限定「煮干しつけそば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり

    本日のにぎり

  • 中華そば 四つ葉 - 食べログの百名店 ラーメンEASTに選出

    食べログの百名店 ラーメンEASTに選出

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

46回目

2017/05訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

贅沢にお出汁を味わう「蛤そば」

埼玉を代表する名店「中華そば 四つ葉」。
先日のTV番組「SmaSTATION!!」では埼玉の行列店として紹介されてました。

そのせいでGWはかなり混み合ったそうですが、一週経ってやや落ち着いたようです。
(それでも11時前からお客さんが続々来ますが)

この日は日曜で、恒例どおり10時半頃オープン。
気まぐれ限定「四つ葉ブラック」もありましたが、今回は「蛤そば」880円。

ハマグリと昆布で採られたスープはアッサリながら濃密なお出汁。
ハマグリの滋味深い旨味と昆布の厚みで贅沢です。

薄切りのレアチャーシューは惚れ惚れする美しさ。
ハマグリの身もたっぷり入ってます。

「蛤そば」と一緒にいただくのは「本日のにぎり」350円。
この日は昆布締めヒラメとマグロです。

店主さんの父が営む隣の寿司屋さんで握られており、鮮度抜群。
ムチッとしたヒラメに脂の乗ったマグロ。
どちらも絶品です。

息子と伺ったので「四つ葉そば」780円に「まぐろ丼」400円も。
「四つ葉そば」は以前よりより上品でスッキリと鶏と醤油の旨味。

「鶏と水」かと思ったのですが、リンゴ等も加えているそう。
鶏油も前ほど多くは無く、スープそのものを味わえます。

贅沢にお出汁を味わえる「蛤そば」。
スッキリと鶏と醤油を味わう「四つ葉そば」。
どちらも最高です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」880円

    「蛤そば」880円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 本日のにぎり(昆布締めひらめとマグロ))350円

    本日のにぎり(昆布締めひらめとマグロ))350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - カウンター

    カウンター

  • 中華そば 四つ葉 - 券売機

    券売機

  • 中華そば 四つ葉 - メニュー

    メニュー

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

45回目

2017/03訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「四つ葉ブラック」

先日、初のショップカードを作成した「中華そば 四つ葉」。
本日の気まぐれ限定は「四つ葉ブラック」850円。
わりとよく登場する気まぐれ限定です。

見た目はまさに「ブラック」。
香ばしくてコクがあり、低加水細麺に良く染みて旨いです。

ややしょっぱめですが、一発で惹きつけられる味。
「四つ葉」は白湯も外しません。

息子と伺うともう一杯はたいてい看板メニュー「四つ葉そば」。
しかし最近は煮干しが気に入ったようで「煮干しそば」800円。

キレキレの煮干しでは無く、数種の煮干しにより贅沢なサカナ感。
尖りでは無く非常に美味しい魚のお出汁です。

本日のにぎりは「ブリ」350円。
しっとり柔らかく美味。

四つ葉はやはり何を食べても旨いです。
食後に「次は蛤そば」と前回決意したのを思い出しました・・・。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
44回目

2017/02訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

通常利用外口コミ

この口コミは試食会・無料招待・レセプション利用、出店・物産展の場合など、通常とは異なるサービス利用による口コミです。

「幸手宿うまいもんまつり」にて「四つ葉そば」

2/26(日)に開催された「幸手宿うまいもんまつり」。
麺や 七彩」、「柳麺 呉田」、「中華そば 四つ葉」の3店が「有名店」として招致されています。

「柳麺 呉田」に続いては「中華そば 四つ葉」。
結構な行列が出来ていますが、回転は早め。
そのため、10時~15時で300食の提供予定も14時には完売終了となりました。

今回はお店で出している村上朝日製麺ではなく自家製麺。
それに地鶏生揚げ醤油なので、「四つ葉そば」と同じです。
(開催時間が短いのもありますが、今回は七彩、呉田、四つ葉と全て自家製麺という贅沢さ)

有料トッピングは「特製(味玉+チャーシュー)」300円と「半熟味玉」100円。
調理は岩本店主と磯部水産の磯部さんです。

提供された一杯は、簡易丼のチープさを遥かに上回る美しさ。
黄金の鶏油が輝くスープに薄切りレアチャーシュー、大判の海苔です。

鶏の香り豊かなスープは抜群の美味しさ。
自家製麺はプリプリムチムチです。

薄切りのチャーシューはお店と変わらずしっとりで、それに穂先メンマ。
お店では三つ葉が入りますが、今回は「せり」も入っていたかも。

サクッと食べられる量でありながら、これで700円は見事。
催事でも一切手抜きなしの旨さです。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」700円(幸手宿うまいもんまつり))

    「四つ葉そば」700円(幸手宿うまいもんまつり))

  • 中華そば 四つ葉 - 薄切りチャーシュー(幸手宿うまいもんまつり)

    薄切りチャーシュー(幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - スープ(幸手宿うまいもんまつり)

    スープ(幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - (幸手宿うまいもんまつり)

    (幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - 自家製麺&生揚げ醤油(幸手宿うまいもんまつり)

    自家製麺&生揚げ醤油(幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - トッピング(幸手宿うまいもんまつり)

    トッピング(幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - 金色スープ(幸手宿うまいもんまつり)

    金色スープ(幸手宿うまいもんまつり)

  • 中華そば 四つ葉 - (幸手宿うまいもんまつり)

    (幸手宿うまいもんまつり)

43回目

2017/02訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

「四つ葉そば」と「締めの鶏飯(けいはん)」

今年初めてとなる「中華そば 四つ葉」。
もの凄く久々に平日の昼に来たのですが、昼前で駐車場満車。

第2駐車場もありますが、2台待ちだったのでちょっと待ちました。
ちなみに、駐車場待ちをする場合は国道から入ってくる方向とは逆。
駐車場入り口のスタッフが教えてくれます。

この日の気まぐれ限定は「四つ葉ブラック」。
久々だったので僕は基本の「四つ葉そば」780円とお初の「締めの鶏飯(けいはん)」350円。

素晴らしい盛り付けの「四つ葉そば」は、スッキリと上品な鶏。
それにジュワっと舌に残る醤油の余韻。

薄切りのレアチャーシューははしっとり美味で、穂先メンマも臭みなど一切なし。
やはりたまりません。

オープンから4年目に入っていますが、何度食べても旨い一杯。
恐らく何度もブラッシュアップを重ねていると思います。

「締めの鶏飯」は刻んだ鶏がたっぷり。
鹿児島の「鶏飯(けいはん)」らしく、スープを入れていただきます。
ごま油の風味が良く、ボリュームも申し分なし。

そして息子と一緒に食べた「煮干しそば」。
こちらは様々な煮干しがブレンドされ、華やかなサカナ感。

「ぶりのにぎり」350円も満足です。
次回は久々に「蛤そば」いきたいと思います。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」780円

    「四つ葉そば」780円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば」800円

    「煮干しそば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「締めの鶏飯(けいはん)」350円

    「締めの鶏飯(けいはん)」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ぶりのにぎり」350円

    「ぶりのにぎり」350円

  • 中華そば 四つ葉 - 「まぐろ丼」400円

    「まぐろ丼」400円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定

    気まぐれ限定

  • 中華そば 四つ葉 - 外観

    外観

42回目

2016/12訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

2年ぶりの大晦日「workshop」コラボ 豚骨味噌らーめん

今年の「大つけ麺博」にも参加した「workshop」。

くじら食堂、中華そば しば田、中華そば 四つ葉、らぁ麺 すぎ本、麺屋 KABOちゃん
ラーメン屋 トイ・ボックス、白河手打ち中華そば 一番いちばん、RAMEN GOTTSU、町田汁場 進化

で構成されており、2016年大晦日は埼玉の「四つ葉」にてコラボを実施。
2014年大晦日にも「四つ葉」でコラボしており、2年ぶりの開催です。

限定180食で、朝7時前から配布開始。
指定された12時頃に再集合すると、その時点で整理券は終了しているようでした。

今回は事前に「地鶏清湯」と「生醤油」は封印すると告知されており、メニューは「豚骨味噌らーめん」1000円。
それに「プレミアム牛丼」500円、「本日のにぎり(中トロと赤身)」500円です。

急遽券売機が壊れてしまったようで現金前払い。
注文を受けているのは「KaneKitchen Noodles」店主でした。

入店すると、厨房にはところ狭しと有名店店主がズラリ。
圧巻です。

豚骨と言っても紫キャベツ、オレンジソース、ニラが乗り彩り鮮やか。

スープは濃厚な旨味の香り高い味噌で、手揉みされた極太麺との相性バッチリ。
パンチあります。

オレンジソースとバターが味変で乗っており、特にオレンジソースの爽やかさが味噌と相性良くナイス。
具は柔らかい巨大な角煮で迫力十分。
厚さ3センチほどもあり、ボリュームあります。

「プレミアム牛丼」は和牛の焼肉とローストビーフ。
特に焼肉が柔らかくて美味です。

有名店が揃ったコラボだけあって、出てきたラーメンも特別感たっぷり。
大晦日にいただく2016年〆の一杯。

旨かったです。
(「中トロと赤身のにぎり」は全て息子に食べられましたが・・・)

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
41回目

2016/12訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

新小麦麺スタンプラリー「春恋ブギウギ」(2回目)

川島町の超人気店「中華そば 四つ葉」。
先日「ニュースエブリー」にて四つ葉が紹介されました。

今までにも何度かテレビに出ていますが、今回はかなり詳しく紹介。
父の営む寿司屋の宴会場をお店にしたことや、レアチャーシューの作り方。

息子の力になるべく父と母がサイドメニューに「にぎり」を提供していること。
寿司屋で出しているお吸い物をヒントに「蛤そば」を開発したことや、近くの醤油蔵の醤油を使用していることなど。

知らない人が見たら行きたくなること必至。
そのため、放送後初の日曜日は駐車場待ちの車は交差点まで伸びたそう。
ピーク時には、駐車場待ちの方に整理券を渡して対応されたそうです。

その翌週日曜日に伺ってみると、10時半前で10人ほどの行列。
先週よりは落ち着いたそうですが、11時過ぎには駐車場待ちの列が出来ていました。

注文は2回目の「春恋ブギウギ」1100円です。
佐野実さんの足跡を辿る「新小麦麺スタンプラリー」の限定(12月20日まで)。
四つ葉までに8店舗を回ると「特製れんげ」がもらえます。

地鶏に羅臼昆布、鮭節等を使用したスープはクッキリ濃厚なお出汁。
麺は以前よりもコシがあり、聞くと粉の配合を変えているとのこと。

天ぷらは牡蠣、ホタテ、マッシュルーム。
牡蠣とホタテは巨大で、ホタテのレアさも完璧。
やはり贅沢な限定です。

また、息子と伺って「四つ葉そば」780円と「まぐろ丼」400円も注文。
「四つ葉そば」はエレガントかつ醤油の旨味も格別。

薄切りレアチャーシューも変わらず旨いです。
なお、大晦日には2年ぶりに「WORKSHOP」を「四つ葉」で開催予定。

「大つけ麺博2016」以来の「WORKSHOP」となりますが、今回は鶏清湯と生醤油は封印するそうです。
今から待ち遠しいです。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
40回目

2016/11訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

新小麦麺スタンプラリーにて「春恋ブギウギ」

11月20日(日)から始まった「新小麦麺STAMP RALLY~支那そばや創業者 佐野実氏の足跡を巡って~」。
支那そばや、饗 くろ㐂など12店舗が一ヶ月に渡り、新小麦麺を使った限定麺を提供する企画です。

各店の限定メニュー共通するのは、佐野さんが開拓した新麦(しんばく)を用いた麺、羅臼昆布、サケ節を使用すること。
スタンプラリーなので4店舗目は「マタドール」にて特製箸、8店舗目は「四つ葉」にて特製レンゲ、12店舗目に「飯田商店」にて丼がもらえます。

まずは「中華そば 四つ葉」の「春恋ブギウギ」1100円。
1日20食限定です。

なお、本日のにぎりは「こぶじめヒラメとスズキ」。
しかし、限定で「大トロ」800円があったのでそちらにしました。

「春恋ブギウギ」はかけラーメンと天ぷらのセット。
これに握りが加わると、見た目は和食店の料理です。

スープは地鶏に羅臼昆布、鮭節。
昆布の上品かつ厚みあるお出汁に鮭節も効き、一口目からリッチに染み渡る旨さ。
アッサリなのに旨味がもの凄く、素晴らしいです。

麺はツルッとした平打ちストレート。
しっかりとコシもあり、食べごたえあります。

そして天ぷらは牡蠣、ホタテ、マッシュルーム。
併設する店主父親の寿司屋さんで揚げられています。

これが薄衣で火の通し加減も絶妙。
レアさが残ったホタテの甘さがたまりません。

大ぶりな「大トロ」も脂が乗って贅沢な一品。
どれもこれも旨いですが、やはりスープが抜けて旨いです。

「四つ葉」の限定はいくつか食べてきましたが、その中でも間違いなくトップクラス。
一ヶ月間やっていますので、もう一度食べたいと思います。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
39回目

2016/11訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999


TRYラーメン大賞2017名店部門「しょうゆ」にて見事7位になった「中華そば 四つ葉」。
ラーメンの基本と言える「醤油」で埼玉県からランクインしたのは「四つ葉」のみ。
他に東京以外では神奈川の「らぁ麺屋 飯田商店」(1位)だけですから、その凄さが際立ちます。

そのメインメニュー「四つ葉そば」780円。
影響を与えまくっている薄切りレアチャーシューも元祖はこちら。

スープは豊潤な鶏出汁と、際立ちすぎず旨味が絶妙に舌に残る醤油。
鶏油のコクは控えめに、鶏そのものの美味しさ。

最近のスープはスッキリ上品な感じでしたが、この日は贅沢な地鶏の鶏出汁が中心の味わい。
方向性は変わらず、更に一皮剥けた気がします。

鶏清湯では他に「飯田商店」や「トイ・ボックス」が好みですが、それらと違った個性の確立。
「四つ葉」が所属する「WORKSHOP」が大つけ麺博2016で提供したキレキレの鶏清湯とも別物です。

通常は村上朝日製麺の麺ですが、この日は平打ちの自家製麺。
国産小麦100%でツルツルとして美味です。

また、この日の気まぐれ限定は「四つ葉ブラック」。
しかし、先日の気まぐれ限定「煮干し白湯」が好みだったので「煮干しそば」800円。

数種の煮干しをブレンドしたスープがまさに「魚のお出汁」で深い深い旨さ。
派手にキレキレにするのではなく、ほど良く厚みがあります。

煮干しもオンリーワンな味で、息子は「四つ葉そば」と迷った結果、煮干しの方が好みとのこと。
こちらの自家製麺は細麺、プリプリとこちらも美味。

人気メニュー「まぐろ丼」400円は漬け丼で、これも下手な寿司店に負けない味。
本日のにぎり「メジマグロとワラサ」350円も旨く、全てにおいて手抜きが無いお店です。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
38回目

2016/10訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「煮干し白湯」

埼玉の川島町にある「中華そば 四つ葉」。
不便な立地ながら、ラーメンWalkerグランプリ2017では全国15位。

埼玉のお店としては、12位の「頑者」に続きランクインです。
この日は気まぐれ限定があり、「煮干し白湯」850円。

大きなイベリコ豚チャーシューと味玉が乗っています。
隠れて見えないものの、具は鶏ムネチャーシュー、穂先メンマも。

スープは重すぎない絶妙なパランスの濃厚な鶏白湯。
それにしっかり旨味が出た煮干し。

一口目から「旨い」としか言いようのない味です。
子供は珍しく「四つ葉そば」よりもこちらを気に入っていました。

大きなチャーシューはしばらくスープに浸し、食べてみるとギッシリ密度の濃い肉。
ほど良い弾力もあり、食べごたえあります。

そしてキラキラに美しい「四つ葉そば」780円。
アッサリと上品な鶏スープは、以前より「和」を感じるオンリーワン。

一口目のインパクトよりも、後半にかけて旨味が増幅します。
小麦香るパツパツの麺も最高。

また、今回初めて頼んだ「しらすごはん」350円。
ごま油が香り、単体でもスープ茶漬けでもいけます。
四つ葉はご飯ものが多い(握り以外に6種類も)ので、次回は「蛤丼」あたりも食べてみたいです。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
37回目

2016/09訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「天草大王と太刀魚の淡口中華そば」

もはや埼玉の名所となっている感もある「四つ葉」。
この日は気まぐれ限定「天草大王と太刀魚の淡口中華そば」900円がありました。

スープはキレイな清湯で、天草大王の丸鶏に太刀魚、カツオ、鶏節、キノコ、羅臼昆布等。
アッサリと上品な口当たりで、奥深く魚を感じる和出汁。

ひとつの素材が分かりやすく突出するではなく、贅沢な食材が垣間見えます。
ガツンでは無く、絶妙に「和」を感じる旨さ。

気まぐれ限定は「四つ葉ブラック」「イカ煮干し中華そば」とパンチあるものが続きましたが、今回はアダルト。
もちろん最高です。

本日の握りは「さんま」350円。
これまた脂が乗っていて素晴らしい。
「四つ葉そば」も「まぐろ丼」も何度食べても飽きが来ません。

また、埼玉県のヤオコー限定ですが、「四つ葉」のチルド麺も販売されてます。
このスープが笑ってしまうほど「四つ葉そば」。

鶏油と醤油の旨味再現度が凄いです。
アッサリかつ中毒性もある感じ。

麺も細麺でムチムチとして悪くなく、よく出来ていると思います。
満足でした。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
36回目

2016/09訪問

笛木醤油227周年限定「金笛中華そば」

埼玉は川島町の行列店「四つ葉」。
同じく川島町の「笛木醤油」創業祭に合わせ、9月10日に限定を提供しました。

「金笛中華そば」850円。
笛木醤油の227周年ということで、限定227食です。

いつもの盛り付けとは違い、低温調理チャーシューの上に「寿」のなると。
スープは鶏と水だけで取られ、スッキリと上品。

「四つ葉」らしく雑味が無く、生揚げ醤油のフレッシュな旨さが広がります。
なお、「笛木醤油」の生揚げ醤油を使用するのは、今回の「四つ葉」が初。

麺は国産小麦を100%使用した自家製麺。
小麦が密度濃く詰まっており、プリプリと弾ける食感。
この麺もかなり旨いです。

チャーシューは「笛木醤油のもろみ」に漬けこんだ瀬戸のもち豚肩ロース。
低温調理でしっとり柔らかく、素材の良さが引き立ちます。
いつもの薄切りや限定での焼豚も美味しく、四つ葉のチャーシューは外しません。

ベースは「四つ葉そば」に近いものの、スープ、麺、チャーシューの全てにおいて贅沢でした。
埼玉で一番美味しいラーメンは、大宮でも浦和でも川越でも無く川島町にあります。

食後はすぐ近くの「笛木醤油」創業祭へ。
仕込み蔵を見学したり、木桶を手作りするのを観たり。

四つ葉でもらった券を差し出すと濃い口醤油がもらえます。
それとは別に「生しょうゆ」を自分で瓶詰めし、蓋をしてラベルを貼る無料体験も。
笛木醤油で煮込んだ「角煮丼」200円はトロトロでした。

その後は矢部養鶏場にてトップランを購入。
三ツ星シェフ「アラン・パッサール」が絶賛する玉子で、四つ葉では「濃厚たまごのまぜそば」に使用。
埼玉の食材を堪能した日でした。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
35回目

2016/08訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「イカ煮干し中華そば(淡口)」

平日夜でも開店前から行列が出来る「四つ葉」。
この日は気まぐれ限定「イカ煮干し中華そば(淡口)」850円がありました。

中央にはいつも通りの薄切りレアチャーシュー。
しかしスープは濃い色合いで、刻み玉ねぎとイカ煮干しミンチが乗ります。

スープを飲むと、これがもう猛烈にイカ。
イカが好きな人なら一発で恋に落ちる旨さです。

まろやかでコクがあり、イカ煮干の塩分も良い感じ。
先日の「四つ葉ブラック」よりもハマりました。

レギュラーの「四つ葉そば」780円はもちろん安定感抜群の美味しさ。
雑味ない贅沢な鶏スープにパツパツ麺は、何度食べても飽きません。

また、サイドには「本日のにぎり(アジとカツオ)」350円、「マグロ丼」400円。
下手な海鮮系のチェーン店を凌駕する味です。

大げさでは無く、埼玉県北部にこのお店があるのは奇跡に近いです。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
34回目

2016/07訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

「四つ葉ブラック」に「うなぎのにぎり」

土日は定刻よりも早くオープンしている人気店「四つ葉」。
この日も10時半頃に伺うと、すでに開いていました。

まずは土用の丑の日用に用意された「うなぎのにぎり」400円。
見た目よりフワフワで、とろける旨さ。
隣が寿司屋(店主のお父さんのお店)だけあって、下手なものは出してきません。

そして「四つ葉そば」780円。
自家製麺があるとのことでそちらに変更してもらいました。

今回は平打ちでコシがあるもの。
前回のプリプリとした自家製麺とは別物でした。
色々試しているようです。

そしてスープは前よりもスッキリクリアになった感じ。
上品かつ贅沢な美味しさです。
7月初旬に若干値上がりしたのですが、これでこの値段は全く文句なし。

また、息子と伺ったので限定の「四つ葉ブラック」850円も。
こちらは鶏白湯+ブラック醤油。

オイルの香ばしさとコクのある醤油に、アッサリ系の鶏白湯。
過度にしょっぱいことは無く、結構ハマります。

こちらは村上朝日の低加水細麺で、スープを吸っていい感じ。
刻みタマネギも相性抜群です。

また、「まぐろ丼」400円は盛り付けが以前より美しくなりました。
最近は数量限定で「生しらすご飯」をやったりと、サイドメニューも充実。
やはり四つ葉は何を食べても美味しいです。

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
33回目

2016/06訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「四つ葉ブラック」と「カツオ&昆布締めヒラメのにぎり」。

様々な「気まぐれ限定」を出している「四つ葉」。
今回の限定は「四つ葉ブラック」850円。

先日、さいたま新都心ラーメンショーに出店していた「磯部水産」とコラボしたようです。
真っ黒なスープにたっぷりのチャーシュー、青ネギ。

見た目は京都の新福菜館インスパイア。
スープはブラックでもしょっぱ過ぎず、醤油の旨さと油の香ばしさ。

醤油は四つ葉で使用する金笛醤油と京都の醤油だそうです。
低加水細麺との相性もバッチリ。

本日のにぎりは「カツオ」と「昆布締めのヒラメ」。
最近のにぎりは2種類になっており、贅沢に楽しめます。

そして「四つ葉そば」750円は高いレベルで安定した一杯。
バランスよく鶏の旨味が味わえます。
入り口近くには秋田県から送られた比内地鶏の産地証明書が貼ってありました。

土日は常に行列が出来るお店ですが、第二駐車場もあります。
他店への駐車は絶対やめましょう。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉ブラック」850円

    「四つ葉ブラック」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「カツオ」と「昆布締めのヒラメ」

    「カツオ」と「昆布締めのヒラメ」

32回目

2016/05訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -

自家製麺の「四つ葉そば」と「アナゴとシメサバのにぎり」

自家製麺を試し始めている「四つ葉」。
いつもある訳ではありませんが、この日は平打ち麺と細麺があるとのこと。
家族で訪れたので、色々と食べてみました。

まずは麺を変えずに「蛤そば」。
じんわり贅沢な蛤スープに、村上朝日製麺の低加水麺です。

続いて自家製細麺に変更した「四つ葉そば」。
麺は細麺でもコシがあり、スープにかなりマッチ。

デフォの麺よりかなり美味しいです。
加水を変えたり色々試しているようですが、この麺はかなりのもの。

そして、自家製平打ち麺で作ってもらった「煮干しつけそば」。
平打ち麺は北海道産小麦100%。

表面ツルツルで、そのまま食べると鼻に抜ける小麦の香り。
もちろん美味しいですが、前回食べた麺の方がもっと迫力ある感じでした。
やっぱり色々と試しているそうです。

今回は細麺が結構驚き。
今後も自家製麺が楽しみです。

また、サイドは「まぐろ丼」と「本日のにぎり」。
握りは穴子としめ鯖の2種を楽しみました。

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しつけそば」850円

    「煮干しつけそば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 自家製麺

    自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 四つ葉そば

    四つ葉そば

  • 中華そば 四つ葉 - 自家製麺

    自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」

    「蛤そば」

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 - 「穴子のにぎり」

    「穴子のにぎり」

31回目

2016/05訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

「四つ葉」初の自家製麺「煮干しつけそば」


埼玉の人気店「四つ葉」。
今日のお目当ては気まぐれ限定「煮干しつけそば」850円。

「煮干しつけそば」は以前も食べたことがありますが、今回は訳が違います。
メニューには特に記載されていませんが、「四つ葉」初の自家製麺。

つけ汁は刻み玉ねぎが浮いた煮干清湯。
麺の上には、世のラーメン店に影響を与えまくった美しい薄切りチャーシューなど。

そして、この具をどかしてみると、艶々の自家製平打ち麺。
そのまま麺を食べてみると、コシがありフレッシュな小麦の香りがブワッと。

正直、凄く旨いです。
いずれ自家製麺を始めるとは聞いてましたが、初っ端からこのレベルとはさすが。

以前いただいたつけ麺の麺(村上朝日製麺)とは全く違います。
麺だけで食べられる密度の濃さ。

なお、まだ色々と開発中らしく、いきなり全てが自家製麺になるわけではないそうです。
しかし、無限の可能性を感じずにはいられない素晴らしい出来栄え。

店主さんも製麺が楽しいそうなので、今後も楽しみです。
なお、5月16日(月)~18日(水)は食材視察のため臨時休業です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しつけそば(自家製麺」850円)

    「煮干しつけそば(自家製麺」850円)

  • 中華そば 四つ葉 - 自家製麺

    自家製麺

  • 中華そば 四つ葉 - つけ汁

    つけ汁

  • 中華そば 四つ葉 -
30回目

2016/04訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「中華そば(こってり)」

先日、「2016お台場ラーメンPARK in 福井」で初のフェス出店を果たした「四つ葉」。
食べログの「JAPAN RAMEN AWARD 2016」にも選ばれてます。

この日は気まぐれ限定「中華そば(こってり)」850円がありました。
鶏白湯、鯛煮干し、白口煮干し等を入れたそうです。

「中華そば」と言うだけあって、それっぽい丼で提供。
スープの色は濃厚ですが、四つ葉らしく重くない白湯。

一口目から魚介の旨さがズドンと来ます。
エグミなどは無く、旨さが凝縮。

そしてチャーシューはレギュラーの薄切りでは無く、分厚いバラロール。
これがフワフワに柔らかくて素晴らしい一品。

今回の気まぐれ限定はインパクトあります。
いまだ進化が止まらない感じ。

子供と訪れたので、もちろん「四つ葉そば」750円も。
こちらは醤油と鶏油の旨さが絶妙。

そして日本全国でインスパされている薄切りレアチャーシュー。
スープ、具、麺、全ての完成度が高いです。

子供と食べた「マグロ丼」400円、「本日のにぎり(この日は「わらさ」)」300円ももちろん美味。
なお、四つ葉に車で行く場合は国道からちょっと路地に入るのですが、その路地の入口近くになにやら建設中。

なんと「ラーメン山岡家」でした。
「四つ葉」の近くにオープンするのは間違いなく意味がありそうで、凄い店になったものです。

  • 中華そば 四つ葉 - 「中華そば(こってり)」850円

    「中華そば(こってり)」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「わらさのにぎり」300円

    「わらさのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
29回目

2016/02訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

「四つ葉そば」「蛤そば」に「ほたてのにぎり」

埼玉屈指の人気ラーメン店「四つ葉」。
日曜日ともなれば早くからお客さんがやってきますが、最近は10時半に開くことが多いです。

この日は子供と「四つ葉そば」750円、「蛤そば」850円、「まぐろ丼」400円。
それに本日のにぎり「ほたて」300円。
外の券売機で食券を買って並ぶと、スタッフが食券を回収しに来ます。

美しいスープにキレイなレアチャーシューの「四つ葉そば」。
店名を冠する看板メニューで、天草大王等の鶏を使用した清湯です。

上品かつ豊潤なスープに、村上朝日製麺のパツっとした麺。
薄切りのレアチャーシューはますます美味しくなった気も。

そして「蛤そば」。
他店の「蛤」メニューでは味わえない滋味深いスープが最高。

どこも真似できない味です。
甘みあるホタテのにぎりも満足。
何を食べても美味しいお店です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」800円

    「蛤そば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ホタテのにぎり」300円

    「ホタテのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
28回目

2016/01訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「鯛煮干し中華そば」

埼玉が誇る行列店「四つ葉」。
2016年初の国内ラーメン店はこちらにしました。
昨年、TV番組の「ダウンタウンDX」で紹介されてから更に行列になり、現在は第二駐車場もあります。

この日はきまぐれ限定があったので「鯛煮干し中華そば」850円。
鮮魚も使っているようで、鯛の旨味がしっかり。

臭みなどありません。
昆布や動物系も下支えになっているようで、清湯ながら分厚いお出汁です。

四つ葉の鮮魚系はやはり外れなし。
贅沢です。

「四つ葉そば」750円はキレよりも深みを増した味わい。
醤油の旨さと鶏油の香ばしさが素晴らしいバランスです。

そして、この日の「本日のにぎり」はブリ。
300円とは思えない鮮度です。

この日は四つ葉に隣接したお寿司屋さんの店舗で食べたのですが、そちらでは出前の電話もちょこちょこと。
店主のお父さんが現役の寿司職人なので、味は間違いありません。

この日は限定がありましたが、レギュラー(蛤そば、煮干そば)を食べるためにも訪れたいお店。
今年もよろしくお願いいたします。

  • 中華そば 四つ葉 - 「鯛煮干し中華そば」850円

    「鯛煮干し中華そば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ぶりのにぎり」300円

    「ぶりのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
27回目

2015/11訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

TRYラーメン大賞名店部門にて「醤油」「つけ麺」「汁なし」の3部門受賞


先日発売された「TRYラーメン大賞」。
「四つ葉」は名店部門の醤油7位、つけ麺濃厚6位、汁なし8位を受賞。

TRYラーメン大賞は大崎さんはじめ7人の審査員によるポイント制で、今回は石神さんが投票を辞退しているので6人だけのポイント。
なので、
「あれ、あの店が入ってない」
「この順位はおかしい」
という意見はもちろんあるでしょう。

6人が一年間で食べられるお店の数、メニューも限られます。
順位について&取り上げられない店については色々思いますが、
経験上「TRYに出ていて美味しくなかった店」はありません。

なので、好きな店が入ってないと悔しいけど信頼にも足る本だと思ってます。
だからこそTRY受賞のお店はポスターを店内に貼りますし。

なお、今年は「食べログベストラーメン」のポスターも数多くの店で貼られていました。
僕の名前(デイルス・マイビス)が載っていたのは恥ずかしいながらもありがたいことです。

この日は「四つ葉そば」750円、「煮干しそば」800円、「メジマグロのにぎり」300円。
券売機が導入されてからは、先に食券を買ってから列に並ぶシステムです。
子供が居ると、握りのワサビについて聞いてくれるのが嬉しいところ。

「四つ葉そば」はスッキリと上品ながら、後引く醤油の旨味。
鶏油も上質でアッサリとしてます。

久々に食べた「煮干しそば」は、結構ブラッシュアップ。
以前のワイルドなミックスでは無くなり、食べやすくなりました。

とは言ってもサカナ感は濃厚で、とても美味しいスープ。
麺は四つ葉そばよりも弾力があります。

子供に両方のスープを飲ませたところ、即答で煮干しが好みとのこと。
四つ葉のメニューはどれも外れがありません。

なお、11月3日の祝日は定休日、11月5日(木)は臨時休業です。
都内からここまで来て臨休に会ったら、僕なら泣き崩れてしまいます。
お気をつけてください。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば」800円

    「煮干しそば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「メジマグロのにぎり」300円

    「メジマグロのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
26回目

2015/10訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

「蛤そば」「四つ葉そば」に「地鶏の塩焼き丼」

暖簾も新しくキレイになった「四つ葉」。
この日は家族で訪れました。

看板メニューは「四つ葉そば」750円。
鶏の旨味に素晴らしい醤油のコク。

香ばしい鶏油と合わせ、清湯ながらパンチある美味しさです。
色々とマイナーチェンジもされてると思いますが、この時は舌に醤油の旨味が残る絶妙な味でした。

そして「蛤そば」850円。
蛤と動物系を合わせるお店はいくつか出てきましたが、ほぼ蛤のみのスープは珍しいです。

滋味深い貝の旨さは格別で、淡口醤油主体の控えめな味付けながら、上品で厚いお出汁。
間違いなく四つ葉以外では味わえない一品。
四つ葉そば、蛤そばともに以前より美味しくなってると思います。

そして、この日は「地鶏の塩焼き丼」350円も。
スープに使用している地鶏「天草大王」を塩焼きにしたものです。

歯ごたえがあり、ブリンとした食感は地鶏ならでは。
天草大王自体が入手困難な地鶏で、この丼も常にある訳ではありません。
シンプルに塩だけの味付けが、逆に贅沢です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」800円

    「蛤そば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「地鶏の塩焼き丼」350円

    「地鶏の塩焼き丼」350円

25回目

2015/08訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

「濃厚たまごのまぜそば」と「四つ葉そば」

先日から券売機が導入されましたので、食券を購入してから列に並びます。
この日は子供と2人で伺ったので、

「四つ葉そば」750円
「濃厚たまごのまぜそば」750円
「チャーシュー丼」300円

四つ葉そばは鶏油の旨さが更に際立った感じ。
尖り過ぎないチューンのスープに旨味が詰まってます。

麺はちょっと前のパツパツに戻った感じ。
薄切り豚チャーシュー、鶏チャーシュー、穂先メンマはいつも通りの美味しさ。

まぜそばは、先日発売された「つけ麺&まぜそば 名店100」でも紹介された一品。
埼玉からは「うえだ」、「魁花」と3店のみの紹介でした。

通常でもどっしりとした盛り付けに美しい卵黄。
太麺には地鶏の鶏油と醤油ダレが事前に絡めてあります。

玉子は近くの「矢部養鶏」のトップラン。
パリの三ツ星シェフ「アラン・パッサール」が絶賛する極上の玉子です。
鶏油のコクに濃厚な卵黄、シャクシャクの刻み玉ねぎ。

久々に食べましたが、ボリュームだけではなく旨味もしっかり。
特に鶏油は素晴らしいです。

そしてお初のチャーシュー丼。
豚、鶏のチャーシューがワサビ醤油で味付けされており、こちらも良いバランス。

もともとサッパリなチャーシューなので、サラッと食べられます。
様々な限定ももちろん好きですが、レギュラーもすべて美味しい四つ葉。

ご飯ものは「本日のにぎり」に行くことが多いですが、
未食の「めんたいごはん」、「しらすごはん」なんかも食べてみたいです。

  • 中華そば 四つ葉 - 「濃厚たまごのまぜそば」750円

    「濃厚たまごのまぜそば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「チャーシュー丼」300円

    「チャーシュー丼」300円

  • 中華そば 四つ葉 - トップランの玉子と麺

    トップランの玉子と麺

  • 中華そば 四つ葉 -
24回目

2015/07訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ~¥999

気まぐれ限定「冷やし煮干しそば」と「蛤そば」

休日ともなれば、開店前から行列が出来る「四つ葉」。
この日は特別な限定が告知された訳でもないですが、開店前20人ほど。

「ラ」が好きな方や、家族連れなど幅広い層の方が並んでます。
一陣目には入れませんでしたが、隣のお寿司屋さんに通されました。

掘りごたつの座敷なので、子連れの場合はこちらの方が良かったりします、
「蛤そば」800円は、滋味深い蛤出汁に鶏油のコク。

四つ葉のメニューの中で一番上品なメニューです。
そして、この日の気まぐれ限定「冷やし煮干しそば」850円。

トゲのない濃厚な煮干しスープは、煮干しそばより柔らかくじんわり。
旨味が染み渡ります。

この夏、提供されることが多そうな気まぐれ限定。
氷が入っており、夏日にはもってこいの爽快メニューです。

この日の握りは「メジマグロ」300円。
新鮮で柔らかく、お代わりしてしまいました。
ラーメンも握りも最高です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「蛤そば」800円

    「蛤そば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 気まぐれ限定「冷やし煮干しそば」850円

    気まぐれ限定「冷やし煮干しそば」850円

  • 中華そば 四つ葉 - 「メジマグロのにぎり」300円

    「メジマグロのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
23回目

2015/07訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

「四つ葉そば」と「煮干しそば」

埼玉を代表する人気店「四つ葉」。
常に行列が出来るお店ですが、土曜の夜に伺うとそれほど混んでいません。

たまたまなのか分かりませんが、狙い目かもです。
この日は家族と行ったので、「四つ葉そば」750円×2、「カツオのにぎり」300円、「まぐろ丼」400円。

久しぶりの看板メニュー「四つ葉そば」は、鶏の旨さを中心にした構成。
フレッシュ感溢れる醤油ダレはキレ過ぎず、

鶏スープと甘い鶏油を堪能できます。
薄切りチャーシューは相変わらず美味。

カツオのにぎり、まぐろ丼は、子供が居るとワサビ抜きにするか聞いてくれます。
もうちょっと食べられそうだったので、「煮干しそば」800円を追加。

こちらは四つ葉そば以上に久々でしたが、こちらも以前より美味しくなってる気がします。
ワイルドさが抑えられ、サカナの旨みが凝縮。
四つ葉そばよりも旨味が濃厚です。

麺も四つ葉そばと違い、低加水でバツバツ。
スープ、麺ともにインパクトなら四つ葉そばよりこちら。

なお、昨年の大みそかに続いて6店舗コラボラーメンが開催されます。
場所はすぎ本で、すぎ本、トイ・ボックス、しば田、四つ葉、くじら食堂、KABOちゃんのコラボ。
7月20日、海の日です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「四つ葉そば」750円

    「四つ葉そば」750円

  • 中華そば 四つ葉 - 「煮干しそば」800円

    「煮干しそば」800円

  • 中華そば 四つ葉 - 「カツオのにぎり」300円

    「カツオのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -
  • 中華そば 四つ葉 -
22回目

2015/06訪問

  • lunch:4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.6
    • | 雰囲気 4.6
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク -
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

2周年記念「感謝(驚)中華そば」

6月21日、四つ葉が2周年を迎えました。
ということで、この日は限定メニューの登場。

「感謝(驚)中華そば」900円です。
比内地鶏丸鶏、ガラ、小江戸黒豚ガラ、鯛のアラ、煮干し(のどぐろ、アジ、カマス、サンマ、ウルメ)、コンブ等という豪華食材。

濃口か淡口(うすくち)か選べますので、淡口にしました。
通常メニューもありますが、この日はメニューを絞って四つ葉そば、蛤そば、冷やし煮干しそばのみ。

本日のにぎりは「ひらまさ」とのことで、そちらも注文です。
まずは握りが来て、その後で中華そば。

1周年記念の限定同様、富士山カマボコが乗っています。
澄んで透明感高いスープは、一口目からもの凄く深い旨味。

昨年の1周年限定は鮮魚っぽい感じもありましたが、今回は動物系の豊かな味わいに魚介の余韻。
贅沢に食材を使用しながらも、それらが全てまとまっていてオンリーワンの味わいです。
ため息ものの美味しさ。

限定専用のモチモチとした細麺。
焼豚も非常に美味。

一杯の完成度としては、1周年記念よりも、大晦日のコラボよりも上だと思います。
特に1周年限定とは段違いで、一年で驚くほど進化したのが分かりました。
最初から目指す味が明確で、設計図がしっかりしてるのでしょう。

今でも相当美味しいですが、明日からの3年目も期待大。
目が離せないお店です。

  • 中華そば 四つ葉 - 「感謝(驚)中華そば」900円

    「感謝(驚)中華そば」900円

  • 中華そば 四つ葉 - 「ヒラマサのにぎり」300円

    「ヒラマサのにぎり」300円

  • 中華そば 四つ葉 -