yodatさんが投稿したやまだや(東京/成増)の口コミ詳細

よだっと の レストラン徘徊

メッセージを送る

この口コミは、yodatさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

やまだや成増、地下鉄成増/定食・食堂

3

  • 夜の点数:3.5

      • 料理・味 4.0
      • |サービス 3.5
      • |雰囲気 4.0
      • |CP 4.0
      • |酒・ドリンク 4.0
3回目

2020/07 訪問

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0

あぁ、正統派の食堂だぁ! ( 成増駅前 やまだ食堂 ) Ⅲ

まず、いっつも混んでるお店です。 相席は当たり前。テーブルの向かいにお客さんが いきなり どん! っと座って来たりします。 ちなみに私は 会釈くらいして座るようにしていますが、中には挨拶が苦手な方もいらっしゃる事をご承知おき願います。 で、私は私で勝手に呑( や )ります。 このお店の しきたり? 普通の光景です。 なのに時々、一人で入って来る若い女性を見かける事も多いです。気のせいか美女ばかりです。 ビール片手に競馬新聞を睨みつけてるおっさんの前に座り、美味しそうに食べたりされてます。 不思議です。

そして … これだけ混んでるのに、アテ = 肴を頼んで さあ 呑もうか、と思っていると … 熱々の作り立てが あっ! っという間に出てきます。 まだかなぁ、なぁ~んて思った記憶は一度もありません。 旨い! 早い! 安い! という言葉がありますが、速さに関しても超一流のお店です。 これだけ注文が殺到してるのに どう処理してるんだろ。


2020/08/16 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 07/31 でーす。 )

前回、うなぎ様 を頂いた際、壁の短冊メニューに とろろ定食 という文字を見かけてしまい早速出かけてきました。 とろろ は、最近 ブログだいこんの麦とろ定食 を採り上げさせて頂いたばかりで懐かしく、食べたくなったのです。 ちなみに うなぎ様 に関しては、この記事の下、07/26 の部分をご参照願います。 画像 は、今回の とろろご飯 などと併せ ブログ にも貼っておきました。


「 ウチの とろろやっこ( 冷や奴 )も付いてんだから。 」

お母ぁさん、得意気です。 画像 を見て頂くとご理解頂けると思うのですが、お皿の配置を変更すれば 焼き鮭定食 にもなり得る品揃え。 確かに 焼き鮭定食 より 鮭が小振り ではありますが、そもそも、かなりリーズナブルな とろろ定食焼き鮭 が付いてくる、あの 一粒で二度おいしい というキャッチコピーを彷彿とさせる、お母ぁさんご自慢の逸品なのであります。 さらには、この とろろ 、厨房で丁寧に擂( す )られたばかりのものが 即!提供されてるのだとか。 今度は娘さんに教えて頂きました。 やまだや さんの料理、何気なく見えるかもしれませんが、心を込めて作られ、心を込めて配膳されてるものだって事が伝わってきます。

という訳で とろろ飯 の実食です。 山芋の豊かな香りが残る、ふわっふわの とろろ 。 自信は無いですが、たぶん鰹系の出汁しの旨味と薫り。 爽やかな青海苔。 しっかり炊けたご飯。 この しっかり炊けた って部分は必須ですからね。 醤油をひと筋たらして頂きました。 ゔー 、んめぇ。 ただ、私の食が細く、「 ごはん半分 」って注文したせいか、たぶん半ライスに最適化された量の とろろ だったような気がしてます。 んー、半ライスはそれでかまわないのですが、とろろ全ライス に最適化された量で頂きたかったなぁ。

は、いつもどおり美味しい やまだや さんの焼き鮭。

豆腐 にご注目頂きたいのですが、前回、うなぎ様の時の 豆腐 のトッピングは ネギ 、今回は 鰹節 。 メインがこってりしたものにはあっさり系を、草食系の料理には動物系を。 上記のとおり、何気ないところに顕れるお店の心配り、お見事です。


追記 : 食事の前にアテ = 肴で頂いた アスパラ・ベーコン 、美味しかったです。

追記2: 前回も今回も、やまだや のもう一つの楽しみ、若い女性( それも美人ぞろい )をお見かけしませんでした。 やはり、現在世界中に蔓延してる、例の感染症のせいだと思いました。 ただ、その点についてはお店でも気を遣っておられ、テーブルには対面( といめん )とならないよう、赤いシールでバッテンされていたり、中央にはアクリルのセパレータや、消毒用のウェット・ティッシュも置かれてました。 また、お客が退席の際には、こまめに消毒されてるようでしたし、換気のための入り口のドアも工夫されてました。 では、いったい、これらの効果がどのくらいあるのかは不明ですが、少なくとも、お店の誠実な対応は伝わってきます。 若い女性の皆さん、密かに自分は美しい( 可愛い )と自負されてる方はとくに、通りすがりに やまだや さんをちょいと覗かれ、もし空席が目立つようでしたら、お店の売り上げに貢献して頂けると … ついでに( 決して危なくない、気弱な )オジサンの目を楽しませて頂けると … とっても嬉しいです。


   ≫ 成増でご飯 やまだや ( よだっと の レストラン徘徊 PLUS
   ≫ 成増で昼呑み やまだや ( よだっと の レストラン徘徊 PLUS
   ≫ 成増 串カツ コロナに串カツ! やまだや & 花水木 ( よだっと の レストラン徘徊 PLUS

   ≫ 娘と行きたい! やまだや ( よだっと写真館
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2020/08/13 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 07/26 でーす。 )

約10ヶ月ぶりの更新となります。 お店には通い、写真も撮ってたのですが、他店の店仕舞い、コロナ対応、とかとか … いろいろあり過ぎて やまだや さんの UP がおろそかになってました。 申し訳ありません。

やまだやさん … 例えば ハモの天ぷら とか イサキのお刺身 、はたまた そうめん みたいな、定番メニューとは別の、季節感あふれるタイムリーな逸品が時折、状況に応じて登場します。 季節感と言えば、いつぞや頂いた エビのかき揚げ なども、プリップリのエビもですが、口に含んだ途端「 あ、新タマだぁー! 」って分かる、ざく切り新玉ネギの食感も忘れられません。 私の祖母は「 季節のものを食べれば寿命が3年延びる 」と言って毎日食べ続け … 不老不死までは届きませんでしたが、80過ぎで鬼籍に入るまで健康で、元気に過ごしてました。 私も やまだや さんのおかげで、たぶん80年くらいは寿命が延びてる計算です。 深謝。

という訳で、今宵は奮発して うなぎ など頂いちゃいました。これで長寿記録を塗り替えようという作戦です。 ^^  少々画像が貧弱に見えるかもしれませんが、私は食が細く、全部食べきれる自信が無かったので半ライスにして頂きました。

   ううっ … 久しぶりの うなぎ様 とのご対面なのであります、ね。 ( 涙 )

まず、分厚いお肉。やっぱ格安チェーン店とかデリバリーとはちょっと違う厚みなのであります。 皮と甘ダレがちょっと焦げてる、その絶妙な火加減。やっぱ格安チェーン店とかデリバリーとはちょっと違う、このお店ならではの お焦げ の味と食感なのであります。 でも、今回特筆したいのはそこではなく、お肉の噛み応え = 弾力なのでありますね。 硬い、というのではないけれど、ふわふわ、とろとろでもない。 歯に触った時、うなぎ様 がわずかに抵抗してくる? とでも言えばいいのでしょうか。 うまく表現出来なくてもどかしい! 私の能力を超えてる!

うなぎ様アシスト する、しっかり炊けたご飯。 爽やかな 豆腐味噌汁 。 浅漬けの大根。 味変( あじへん )の山椒。 そしてラガー・ビール。  ゔー たまらないのでありますね。 v(^o^)v


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/11/06 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 10/31 でーす。 )

拡大画面下 、脂がにじみ出ているのがお分かり頂けるでしょうか。 無色透明ですから肉汁ではありません。正真正銘 中おち の脂です。 凄い! こんなの初めて拝見させて頂きました。

実は、以前も 中落ち を頂いた事があるのですが、この時の 中落ち は見事な深紅で … マグロのお刺身って、時間がたつにつれだんだん色が鮮やかになっていくのです。 ご主人には本当に申し訳なかったですが、なので、どこか別の魚屋さんとかで造ったものを やまだや さんが仕入れたんだと、勝手に思い込んでました。 やまだやさんの お刺身 は新鮮で美味しいばかりでなくリーズナブル、出来栄えも見事な事は承知してたのですが、中落ちまで自家製だとは思ってなかったのです。 そしたらこの日の 中おち は淡いピンク、無色透明の大量の脂が滴り、まだ肉汁がにじみ出たりしてない、という、まさに今、この場所で解体し、こそぎ落としたばかりの 中おち との出会いなのでした。 ラッキー! などという軽い言い回しではなく、幸運に感謝! って気分です。

さらにこの日は幸運の二乗、かき揚げ にも遭遇してしまいました。 私は かき揚げ との相性が悪く、なかなかお目にかかる機会がないのですが、これも やまだや さんを代表する料理の一つだと思ってます。出来立ての熱々を、生姜風味の つゆ につけて頂きます。中落ち冷酒 がお勧めですが、こちらは ビール がピッタシ! 見かけたら必ず挑戦して頂きたい逸品です。

今さら私が言うまでもないですが、やまだや さん、ただの商店街の食堂ではないですからね。


注:食べログ・サイトの問題点として、新しく登録した画像が最下段に表示されてしまいます。 せっかく撮った写真ですからなるべく画像も見て頂きたく、新しいものはデフォルトで上の方に表示されるようにして頂きたいと思うのですがいかがでしょうか。この、文章の途中に差し込めれば もっとありがたいですけどね。 なお、画像にリンクを貼っておきました。青文字をクリックして頂くと拡大画面を見て頂けます。参考にして頂ければ幸いです。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/09/12 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 08/30 でーす。 )

入店、直進。 おっと、その前にカバンを置いて席を確保。 で、直進。 正面に据えられた保冷を兼ねたガラス製の陳列ケースを覗き込みます。 この中は宝の山、ある意味おもちゃ箱、その日の掘り出し物が奥くぅーの方にひっそりたたずんでたりします。 まずは漬け物。 もし 糠漬け = 浅漬け盛合せ があれば、とくに きゅうり の漬かり具合など絶品ですから躊躇する事なくゲット! ですが、さもなければ キムチ とか 白菜漬け もお勧めです。 そしてお刺身。 当日、何が頂けるのかわくわくしながら、でも、結局どれでもけっこうです。最初に目についた一番美味しそうなものとか、何んの魚か分からない、まだ食べた事がないと思われるものなど、その時の閃きに任せて注文してみます。 一皿で、格安居酒屋チェーン店のお刺身五品盛りとか八品盛り程度の値段になっちゃう場合もありますが、まぁ、そんなに高くはなく、庶民が気軽に手を出せる範囲ですから、ためらわず、騙されたと思って召し上がってみて下さい。 そして、鮮度とか脂の乗り具合とか熟成加減とか、しっかり味わって頂きたい。 次回、居酒屋チェーン店でお刺身を食べた時、逆に、回らないお寿司屋さんに入った時とか、「 あぁ、やまだやさんのお刺身は本物だったんだなぁ。あの値段で格安だったんだぁ 」って、きっとご理解頂けると思います。 お財布に余裕がない際は たこブツ もお勧めです。

やまだやさんに伺ったら 漬け物お刺身 は必須です。 お刺身は、たぶん競合他店が羨む優秀な仕入れ先を複数確保されてるんだと思います。 昭和元年創業、老舗店代々のご主人が培ってきた成果ですよね。

お、〆サバ が目にとまりました。 〆サバ 、バッテラに限らず、塩焼き、みそ煮とか、鯖、大好きです。 バッテラは、日本橋三越本店のデパ地下で一本1万円以上するものを、三ヶ月くらい隔週で頂いてた時期があり、ちょっと味を覚えちゃったのですが … 全くの別物とは言え京樽のだって買いますし、美味しく頂いてます。 同様、やまだやの〆サバも( 自家製なのか仕入れてるのか存知上げませんが )脂の乗り、身の厚み、も、格安居酒屋チェーン店とは別物のような気がします。 同じお酢だったとしても、何かひと手間かけてるんだと思います。 チョコレートの宣伝ぽくなっちゃいますが、お口に優しい酢です。 それが鯖の旨み、甘味を引き出し? 臭さみを押さえ、口から鼻腔にかけて淡い香りとなって拡がっていくのです。 幸せです。

この日はお財布に少し余裕があったので、併せて たこブツ も頂いちゃいました。 ぷりぷりした歯応え、ワサビにもお醤油にもビールにもお酒にも合う、何んか『 万能おつまみ、リーズナブル 』って感じですよね。 ^^
 

  • 〆サバ 2019/08/30

  • たこブツ 2019/08/30

  • 中落ち 2019/10/31

  • 小エビのかき揚げ 2019/10/31

  • うな丼 ( 半ライス ) 2020/07/26

  • うな丼定食 2020/07/26

  • たこブツ 2020/07/26

  • ぬか漬け盛り合わせ 2020/07/26

  • グレープフルーツ・サワー ( 中ジョッキ ) 2020/07/26

  • 豆腐 ( 定食 ) 2020/07/26

  • 味噌汁 ( 定食 ) 2020/07/26

  • とろろご飯 ( 半ライス ) 2020/07/31

  • とろろ定食 2020/07/31

  • とろろ ( 定食 ) 2020/07/31

  • 焼き鮭 ( 定食 ) 2020/07/31

  • 豆腐 ( 定食 ) 2020/07/31

  • 菜っ葉の塩漬け ( 定食 ) 2020/07/31

  • ご飯 ( 半ライス ) 2020/07/31

  • 味噌汁 ( 定食 ) 2020/07/31

  • アスパラ・ベーコン 2020/07/31

  • グレープフルーツ・サワー ( 中ジョッキ ) 2020/07/31

2020/08/16 更新

2回目

2019/07 訪問

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0

あぁ、正統派の食堂だぁ! ( 成増駅前 やまだ食堂 ) Ⅱ

字数制限とかで、こちらのページに移らざるを得なくなってしまいました。 食べログ運営の皆様の都合も多々あるのでしょうが、年寄りには複雑で仕組みがよく分かりません。 ジョナサンのページもそうですが、ユーザー・フレンドリー なシステムではないなぁ と感じてしまいます。もっとシンプルなスタイルだったらありがたいんですけど。

ユーザー・フレンドリー といえば、私の写真置き場に利用している フォト蔵 というサイトですが、かつて、運営側の不手際で、かなりの数の画像を いきなり NOT AUTHORIZED つまり画像が表示されない状態にされてしまいました。 どうなっているのか、これからどうなるのか、何度も問い合わせてみたのですが、まともな回答を頂けないまま現在に至っております。 フォト蔵 、なかなか使い勝手の良いサイトなのですが経営基盤がぜい弱、サイトのトラブル続出、ユーザー対応が非常に不誠実で、離れていってしまった友人も多いです。 現状、皆さまにはお勧めできません。

というわけで … 表示されなくなってしまった以下の画像の再撮を中心に、しばらくの間フォローしてみようと思っております。 なお、コメントは、過去の記事も参考にして頂ければ幸いです。  野菜サラダ 、ナス煮 、コロッケ・カレー 、角煮 、カキ・フライ 、ベーコン・エッグ ( オムレツ 、カツ・カレー 、ぬか漬け 、かき揚げ 、ラガー 、ジョッキ 、ハム・エッグ 、きんぴらごぼう 、タコぶつ 、豚汁 、イカフライ 、メンチカツ・コロッケ 、厚焼き玉子 )


2019/08/17 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 07/31 でーす。 )

やまだやさんに出掛けるのは月に1回、多くても2回くらいなので仕方ない面もあるのですが、やっと オムレツ にありつけました。厚焼き玉子 はレギュラーですが、オムレツ は出てない時もあります。 これ、どういう理由から、こういう事になるのでしょうか。不思議です。 で、壁に貼られた短冊形メニューも、オムレツ はしっかり撤去されたりしてます。

親子丼などもそうですが、とくに 厚焼き玉子オムレツ を頂いてると、やまだやさんの玉子は味が濃く、香りも立ってるように思われます。 で、何よりこの『 ふわふわ感 』がたまりません。やまだや訪問のお楽しみの一つです。 高級ブランド卵を使われてるのかもしれませんが、それにしても、やっぱ、厨房でお仕事されてる四代目ご主人の『 』なのでしょうね。 スリスリ

スリスリしといて申し訳ないのですが、この日の焼き鮭はイマイチでした。 まぁ、所詮好みの問題ではあるのですが、私にとっては塩が強過ぎ、焼き加減も雑な気がしました。 料理を頂いてると、玉子もお肉もお魚も、先日頂いた新玉ネギも、やまだやさんは優秀な仕入れ先を沢山お持ちなのがよく分かります。なので余計、チョッピ 残念でした。 僭越ですが、火加減も、出来たらもう少し遠火 = 遠赤外線で焼いて頂きたいかなぁ。 手間がかかるようならこれでけっこうですから、あと10~20秒ほど時間をかけて頂くと、さらに香ばしく、美味しくなるような気がします。 焼き鮭は、『 だいこん 』で舌が肥えちゃいましたかね。

夏ですっ! 嬉しいですよね、メニューに『 そうめん 』の文字を見かけ、さっそく頂いてまいりました。 清涼な喉ごし。 私は食が細く、また、呑みながらゆっくり頂きたいので、そうめんは簡単に伸びてしまわずありがたいです。 予定には入れてなかったビールも追加しましたよ。 ^^  やまだやさんは、ジョッキ = 生ビールの他に、大瓶も小瓶も取り揃えていらっしゃいます。 ただし、小瓶はスーパードライだけですけど。

夏といえば … 8月いっぱいは、14:00 ~ 16:30 まで 昼下がりのお休みタイム があるらしいです。 入り口に貼り紙がありました。 とくに今年は猛暑、さぞかし厨房は暑い = 熱いのでしょう。 お体に気を付けて下さいね。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/08/15 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 05/20 でーす。 )

けっこう通ってるつもりなのですが、このお店の使い勝手で、まだ会得しきれてなかった事を2つほど気付かされました。

一つ目。 入店したらまず席を確保する事。 荷物を置いちゃえばいいです。 バッグを肩にかけたまま陳列ケースを覗き込んでいたら、後から入ってきたお客さんに席を取られてしまいました。 まぁ、あちらは二人連れ。私は一人で入ったので、結局は私が融通する事になったと思うのですが、ちょっと驚きました。 ^^;

二つ目。 上記、席は座れればいいので大した事ではないのですが、こちらは重要です。 入店すると、正面に保冷を兼ねたガラスの陳列ケースが見えると思うのですが、まずはここを入念にチェックされる事を強くお勧め致します。 ややもすると、大量に貼られた壁の短冊形メニューに目を奪われがちですが、それは後回しでも大丈夫、席についてからゆっくり眺めても充分間に合います。 例えば 2018/12/19 に頂いた 中落ち など お刺身各種。 半年狙っても運悪く遭遇しなかった、2019/05/07 に頂いた かき揚げ。 そして今回の ハモ など、いずれも 糠漬け盛り合わせ が食べたくて、ケースの奥まで必死こいて探していたら巡り合った逸品です。

ハモの天ぷら 、甘く軽く柔らかく、新妻を触ってる時のような、空中浮遊してるかのような … 「 世の中、うまくできてるなぁー 」 ってお味でした。 骨切りもしっかりされており、骨の感触など微塵もせず、一瞬 「 これ、( 例え ハモ だったとしても ) はんぺん かなんじゃねぇの? 」 ってを覗かせて頂いたのですが、すんません、ご覧のとおり正真正銘 お魚の身 でした。 もしかしたら厨房で ドヤ顔 されてるであろうご主人様、申し訳ありません、大変失礼な事を頭に思ってしまいました。 私は下賤なヤツです。 今回は大変美味しいものを出して頂き、本当にありがとうございました。 感謝です。  m(_"_)m

と … ここまで書いて、これ以上先に進めなくなってしまいました。 同日頂いたカツカレーに関しましては、別ページで少々触れさせて頂いております。 興味のある方は、そちらをご参照頂きますようお願い致します。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/05/14 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 05/07 でーす。 )

やまだやかき揚げ 、画像では分かりづらいかもしれませんが、手のひらより ひと回り大きく厚く、立ち食いのお蕎麦屋さんでフツーに見かける かき揚げ の2~3倍のボリュームで、ビールに合うし大好きなのです。 が、何故か巡り合わせが悪く? 気にはしていたのですが、ここ半年ほど食べる事が出来ませんでした。 そしたら陳列ケース下段の一番奥、わざわざ? 目立たないような場所に ひと皿、置いてあるではないですか。 この日はどうしても ぬか漬けキュウリぽりぽり感 が恋しく、念入りに探していたら見つけてしまったんですね。 ヤッター!  v(^o^

早速注文し席に戻ると新規に揚げたものが出てきました。 おぅ、ありがとうございます。感謝! です。 やっぱ天ぷらは 揚げたての カリカリ熱つ熱つ で頂くのが最高です。 陳列ケースの片隅に納まっていたものの二度揚げ、とか、チン! では 決して味わえない、天ぷらをお店で頂く醍醐味、ザク切り玉ねぎ( 新玉だぁー! )の外はカリカリ、中はジューシー感が、エビの甘味と相まってたまりません。 最初の半分は天つゆも使わず、そのまま齧じりついてしまいました。 旨かったぁーっ!  v(^o^)v

加えて ほうれん草のお浸し の冷たさが、かき揚げと抜群なコラボレーションで素晴らしかったのですが、じゃがいも だけ余計だったかもなぁ。 じゃがいも 、大好きだし美味しかったのですが、これで満腹になってしまいました。まぁ、ボリューミーな かき揚げ を見つける前に注文してしまっていたので仕方ないのですが、最初の計画では半ライスに納豆も頂きたかったのです。 食が細いのは悲しいです。 とほほ …


画像を調整し、フォト蔵食べログ 用にリサイズし並べるのって、けっこう手間が掛かります。 暗くなってくると呑み始めたいし … だって、これが楽しみで生きてるんだもん! 記事を書き始める頃には遅くなってくるし、眠ぶくなってきちゃいます。 自分の楽しみでやってる事とは言え、先日、よせばいいのに 食べログ PULS なんてのまで開設しちゃったものだからなおさらです。 眠ぶい ⇒ 書きかけ、お許し願います。

しばらく試行錯誤を繰り返してきましたが、03/27 の なか卯 の記事から以前のカメラ( F-04D )に戻しました。一時的に使ってみたコンデジ( OLYMPUS SP590UZ )よりも元画像の品質が良く、美しいです。 7年前のガラ携カメラですが、10年前のコンデジより、はっきり優秀です。 今まで考えた事も無かったですが、このカメラの実力って凄いんだなぁ って、よーく分かりました。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/03/13 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 03/12 でーす。 )

まずは ハム・エッグタコぶつ 、それに 中ジョッキ を頼んだのですが … あれ? ハム・エッグ って普通、ハムの上に目玉焼きが乗ってません? やまだ食堂 のは、玉子の上にハムが乗って出てきました。 いえ、いいんです。 どうせ口の中に入れてしまえば同じだし、一刻も早くお客様に料理をお届けしたいという、このお店ならではの気配りなのはよく分かります。 ただ、インスタ映えがイマイチ っつうか … 黄身を潰さないよう、そっとハムをめくり、玉子の見える画像 も撮っておきました。 今、振り返ってみると、奥のマカロニ・サラダ = 絶品! が もう少し見えていたら、とか、反省点も多々あるにせよ、うん、『 まだまし 』になったと思います。 ま、インスタグラム、やってないんですけど … 納得! 自画自賛! ^^;

さらに … 基本的に私はビール党です。 他店では生ビールを頼むことが多いです。 ただ、やまだ食堂 では、お願いすれば ラガーの大瓶 が出てきますので、これを見逃す手はなく、このお店でのビール、通常私は ラガー にしています。 で、当日、最初の一杯を『 』にしたのは 食べログ に写真を載せておきたかったって事、ただそれだけです。


さて、この日は とん汁ご飯 と合わせ、定食風 に仕立ててみました。「 とん汁半ライス お願いします 」 って言ったら、青菜漬け豆腐 が添えられてました。 他に きんぴらごぼう納豆 を追加し、とん汁定食風 になりました。やまだ食堂 では定食のカスタマイズにも対応して頂けます。 ビールのお替りは、もちろん ラガー です。

きんぴらごぼう 、私にとっては少々甘過ぎますかね。 素材 = ごぼうの風味も消えかかってます。

ご飯、しっかり炊き上がっており美味しいです。 青菜や納豆が、さらにそれを引き立てます。 画像 では青菜や納豆が前面で幅を利かせてるように写ってますが、それ、引き立て役で主役ではありません。 足元でそれ等を支え、本当に美味しくしている主役は ご飯 です。 定食屋さんのご飯、例えば カツ丼 もですが 豚カツ定食ご飯 、重要ですよね。 呑んで、〆に食べる半ライスが美味しかったら … アテ = 肴の印象とアルコールの勢いに押され、例えその夜は記憶に薄かったとしても、やがて深層心理の片隅からむっくりと頭を持ち上げ、後日、また、五臓六腑の奥の方が何やら疼き始めてきた頃合い、思わず足が やまだ食堂 に向かってしまう動機 = 私にとっての原動力となっているような気がします。 ご飯が美味しいって、私にとっては本当に大切な事なのです。

それにしても、600万年ともいわれる人類史の中で、たった5千年? くらい前? 人類の歴史を1年に換算するなら大晦日の午後4時半くらい? ご家庭の台所では 紅白 に間に合わせるため、気合が入っている頃? 最初にお米を発見し、価値を認め、品種改良を重ね、利用方法を開発してきたご先祖様たちに大拍手と大感謝を送りたいです。 ノーベル賞なんか、はるかに超えてます。

とん汁 も絶品ですよ。 通常の味噌汁より少し大きめの椀の中で、豚バラの薄切りがいい仕事をしています。 肉じゃがけんちん汁 とかも含め、ヒレやロースを使ってもこの味にはならないと思います。 バラ肉の脂の旨味。ここ、マグロで言えば大トロの部分ですからね。 切り落とし肉の端切れとか、使い道の少ない、余ったお肉の廃物利用的なものとは、けっして捉えないで頂きたいです。 適材適所って事です。 で、写真では判別しづらいですが、大根の銀杏切りがよく煮えていて味が染みており、でも型崩れせず、切り口のエッジが立っていて歯応えも残っており … さらに、人参は人参で甘く炊き上がってるし、ネギは高く香ってるし、それらをまとめる味噌の相性、塩加減も絶妙で … ちょっと褒め過ぎかもしれませんが、この、それぞれの素材に合わせた火加減とタイミング、どうなってるの? しかも あっ! という間に出てくるし。

やまだや 、ご飯も汁も秀逸です。 昭和元年創業 、四代目ご主人の腕の冴えに脱帽! 感謝!


買い換えたガラ携( SH-01J )付属カメラのクォリティーが不満で、前回( 03/03 )から全て 2009/03 = ちょうど10年前発売のコンデジ( OLYMPUS SP590UZ )で撮らせて頂いております。 コンデジが携帯カメラより便利なのはフォーカス・ロック機能が使えるところでしょうか。 料理写真って、どうしても近接撮影したくなってしまうので私にはありがたいです。 ただ、なんか、撮影が大げさになってしまい … まだ未定ですが、カメラだけ、以前のガラ携( F-04D )へ戻そうか、検討中です。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2019/03/04 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 03/03 でーす。 )

まず、前回のリベンジ。グレープフルーツ・サワー をきっちり撮り直してきました。 ^^

   グレープフルーツ・サワーa / サワーb / サワーc

個人的な好みの問題ではあるのですが、やまだ食堂( = やまだや )のアルコール類で私が一番ありがたいと思っているのは ラガー大瓶 が呑める事です。 黙って ビール! って言ってしまうと( 黙ってては頼めませんけどね )スーパー・ドライ になってしまうのですが、「 キリン、お願いしますっ! 」って伝えると ラガー が出てきます。 なんか、アサヒのグラスにラガー、不思議な気がしますが w 、そう頼んでるお客様を見かけ、最近知りました。 一番搾り だったら もっとありがたいのにぃ、とも思いますが、やまだ食堂の料理にはラガーのほうが似合ってるような気もするし、どちらとも言えません。 これ、お店のチョイスですもん、ありがたく頂きたいです。 とにかく、選択肢を増やして頂いている事に感謝です。

また、やまだ食堂のサワーは フレッシュ・サワー です。 画像はグレープフルーツ・サワー ですが、果肉のツブツブ がいっぱい浮いていて口触りが楽しく、嬉しくなっちゃいます。この他にレモン・サワーもあります。 最近はフレッシュ・サワーが出てくるお店も見かけるようになってきましたが、例えば自分で搾らなければいけなかったり … そうした面倒臭い儀式は ここでは一切不要で、それもありがたいです。 まぁ、どちらかと言うとビール党なので注文する機会は あまり多くないのですが、2本目の大瓶を注文するのを躊躇するような場合( ビールの小瓶という選択肢もあります )は サワー にしています。 とくに一人で入店され、食事だけ( 呑まない )で退席されている若い女性のお客様、一度試してみてはいかがでしょうか。 人生が さらに もう一段、豊かになるような気がします。 ご提案させて頂きます。

という訳で、入店すると正面に据えられている陳列ケースの中から、まずは かぼちゃ白菜 を。 白菜は、いつも 七味をかけて 頂いてます。 かぼちゃ の甘味、峻烈な白菜の中に拡がる七味の香りを楽しみながら、壁面いっぱいに張られた短冊メニューを眺め、今日は何にしようか、などと思案にくれるのです。 至福の時ですね。 ^^

この日は フォト蔵 に消されてしまった画像のフォローも兼ねて イカ・フライ厚焼き玉子 にしてみました。 イカは、種類までは分かりませんが スルメイカヤリイカ 系( の イカ・リング )ではなく、甲イカタルイカ など厚いお肉系で、外はサックリ、中はジューシー、厨房の腕の冴えが光る逸品でした。 やまだ食堂の揚げ物、( もちろん揚げ物ばかりではないのですが )かつ丼 や カキ・フライ に始まって肉厚で噛み応えがあり、それでいて柔らかくジューシー。 サクサクで油の重みも感じられず、揚げ過ぎた苦味も無く、本当に素晴らしいです。

で … なんと言っても この 厚焼き玉子 の ふわふわ感がたまりません。 表面を軽く焦がしながら、どうやってこの食感に持っていくのでしょうか。 外は終日冷たい雨、厚く温かい玉子焼きは最高のご馳走でした。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2019/02/20 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 02/19 でーす。 )

やまだや 、お刺身の美味しさも過去に多々紹介させて頂いてまいりました。 何を頂いても絶品ですが、この日は タコぶつ にしてみました。 プリプリした食感、ワサビとの相性も抜群です。 私の中では、お刺身を食べたいけど 財布の中身に余裕がない、みたいな場合の定番です。 店内を見渡しても タコぶつ を注文されているお客様を頻繁に見かけます。 もちろんお客様の財布の中身は存知上げませんけれど。

ぬか漬け 、この日は浅漬けの4種盛りでした。 こうして眺めると、かなり薄切りの人参が2枚のみ。 人参、高価なのかな? なぁ~んて勘ぐっちゃいますけど、個人的には大好物なので、もう少し増やして頂けると嬉しいかもです。 キュウリのポリポリ感がたまりません。 大根も張りがあり、大根ならではの辛味も残っており、お酒にも ご飯にもピッタシです。 画像右上の淡い黄色はセロリでした。 このお皿の中では、一番美味しかったかも。 こちらも増量希望です。 4種とも、同量くらいがいいかなぁ。

グレープフルーツ・サワー 、過去にも書かせて頂いておりますが、生搾りの果肉のツブツブがいっぱい浮いていて口触りが楽しく、ウキウキ してきちゃいます。 というわけで、上に浮いている果肉をご紹介したく注文してみました。 が、なんと、ピントが合っておらず、見て頂く事が出来ません。 申し訳なし。 また、リベンジさせて頂きます。

やまだやには、メンコロ = メンチ・カツ + コロッケ定食 というメニューも存在し、単品 でも頂けます。メリットは2種類同時に頂ける事ですが、写真では どちらが どちらか 分かりづらいので、中身を割ったもの も撮らせて頂きました。 ジューシーなミンチ。 個人的には 切り落としの端切れ、もう少し粗野な、スジ肉の切れ端が1~2個 入っているくらいなのが好みですが、もっと ずーっと上品です。 んで、ほくほく のコロッケ。 メンチには玉ねぎの、コロッケには人参の質感が絶妙に残っているところもいいですよね。 奥に見えているマカロニ・サラダも秀逸です。 もう鬼籍に入ってしまいましたが、私の父は この マカロニ・サラダ が大好物で、ここに連れてきて腹いっぱい食べさせてあげたかったなぁ。
 
 

  • タコぶつ  2019/02/19

  • ぬか漬け4種盛り  2019/02/19

  • グレープフルーツ・サワー  2019/02/19

  • メンチ・カツ + コロッケ  2019/02/19

  • メンチ・カツ + コロッケ  2019/02/19

  • かぼちゃ煮 2019/03/03

  • 白菜漬け 2019/03/03

  • 白菜漬け 2019/03/03

  • グレープフルーツ・サワー 2019/03/03

  • グレープフルーツ・サワー 2019/03/03

  • グレープフルーツ・サワー 2019/03/03

  • イカフライ 2019/03/03

  • 厚焼き玉子 2019/03/03

  • ハム・エッグ 2019/03/12

  • ハム・エッグ 2019/03/12

  • タコぶつ 2019/03/12

  • 生ビール ( 中ジョッキ ) 2019/03/12

  • とん汁定食風 2019/03/12

  • きんぴらごぼう 2019/03/12

  • 納豆 2019/03/12

  • ビール ( キリン・ラガー ) 2019/03/12

  • とん汁 2019/03/12

  • 豆腐 ( とん汁定食風 ) 2019/03/12

  • 青菜漬け ( とん汁定食風 ) 2019/03/12

  • 納豆ご飯 2019/03/12

  • ご飯 + 納豆 ( とん汁定食風 ) 2019/03/12

  • エビのかき揚げ 2019/05/07

  • じゃがいもの煮ころがし 2019/05/07

  • ほうれん草のお浸し 2019/05/07

  • ハモの天ぷら 2019/05/20

  • ハモの天ぷら 2019/05/20

  • カツ・カレー ( 半ライス ) 2019/05/20

  • グレープフルーツ・サワー 2019/05/20

  • オムレツ 2019/07/31

  • そうめん 2019/07/31

  • 焼き鮭 2019/07/31

  • 焼き鮭 2019/07/31

2019/09/03 更新

1回目

2018/12 訪問

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0

あぁ、正統派の食堂だぁ! ( 成増駅前 やまだ食堂 )

2018/12/22 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 12/19 でーす。 )

本物の中落ちに出会ってしまいましたっ!  v(^o^)v

普通 中落ち って書いてあっても、見かけも味も とっても上品、筋( スジ )も見当たらず 軍艦巻きのネギトロみたいになってて … これ、出処進退不明。なんちゃって中落ち。 ただ赤身を叩いた だけじゃねぇの? って勘ぐってしまいたくなる感じだと思うのですが、今回は正真正銘、マグロ解体時にスプーンでこそぎ落とした もの そのままに出会ってしまったのです。 普通のお店で出される事はまずありません。

「 なるほどなぁ、中落ち ってこういうものか 」 味わって頂けます。

これ、築地( 現在は豊洲? )の場内食堂で頂く 中落ち を、東武東上線成増駅南口徒歩1分で体験できるって事です。 やまだ食堂が どういう経緯でこの供給システムを構築しているのか存知上げませんが、ただ単に駅前に美味しい食堂があるよ! って話ではなくなってしまいました。 成増で貴重な体験をして頂けます。

お店に入ると正面に陳列ケースがあり、その中に中落ちを見かける事はあった( いつも見かけるわけではありません )のですが、勝手になんちゃって中落ちだと思い込んでいて 今まで頂いた事はありませんでした。 これからは要チェックです。

「 もう歳ですからね 」ではないですよ。 もう年の瀬ですからね。中落ちは熱燗で頂きました。2本呑みました。

んで … このところガストのページにかつ丼、かつ丼 と書いてきたせいか、ずぅ~っとかつ丼が食べたい! って気分だったのです。これで半ライスです。定食で頂いて参りました。 いつもどおり、期待を裏切らない厚さ、噛み応え、美味しさでした。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2018/11/03 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 10/31 でーす。 )

何度も申し上げてきた事ですが、基本的に『 相席( あいせき ) 』前提のお店です。 私のような くたびれた おっさん連中が、一杯呑( や )ってるって雰囲気の大衆食堂です。 で、それを承知で、普通に若い女性が一人で入って来るお店なのです。 何故か美女が多いです。 不思議です。 おっさん達の前に さっと座り、( 一人呑みはあまり見かけませんが )美味しそうに食べてます。 しかも、( 誤解を恐れず言わせて頂けば )穴の開いたジーパンをはいた、みたいな美大系のお嬢さんばかりでなく、スーツ姿でバシッ! と決めた、みたいな OL 風の女性も多いです。 本当に不思議ですよね。

美女に関しては寿々喜のページで かなり過激に書かせて頂きましたので詳細はそちらに譲るとして … 解剖学的にも動物行動学的にも、私も一応人間の♂ですので、この光景を眺め、鼻の下を伸ばしながら頂く料理とお酒は、さらに美味しいのでありますね。 やまだ食堂の隠れた特典 = もう一つのおまけなのであります。

さて …

そろそろカツ煮の美味しい季節になってきました。今回のお刺身はアジのたたきにしてみましたが、こちらも いつもどおり 美味でした。ワサビではなく生姜で頂くのも新鮮です。 ^^

という訳で、今回はアテ = 肴ではなく、やまだ食堂で出されるアルコールについて書かせて頂きたいと思います。 まず、ビールですが、こちらではアサヒと麒麟を選ぶ事が出来ます。 ビール大瓶! って言うとアサヒになってしまいますが、麒麟の大瓶! って頼むとラガーが出て来ます。 ( 本当は一番搾りだったら最高!なのですが )これ、私としてはとってもありがたいです。 いっつも感謝して頂いてます。

もう一点。 やまだ食堂のサワーはフレッシュ・サワーです。 画像はグレープフルーツ・サワーですが、果肉のツブツブがいっぱい浮いていて口触りが楽しく、嬉しくなっちゃいます。この他にレモン・サワーもあります。 最近はフレッシュ・サワーが出てくるお店も見かけるようになってきましたが、例えば自分で搾らなければならなかったり … そうした面倒臭い儀式は ここでは不要で、それもありがたいです。 まぁ、どちらかと言うとビール党なので、注文する機会は あまり多くないのですが、2本目の大瓶を注文するのを躊躇するような場合は、サワーにしています。 とくに一人で入店され、呑まないで食事だけされて退席される若い女性のお客様、一度試されてみてはいかがでしょうか。 人生が さらに もう一段豊かになるような気がします。 お勧め致します。

この日は最後に納豆ご飯で〆させて頂きました。 ご馳走様でした。 ^^

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2018/10/28 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 一年半前、2017/04/25 でーす。 )

画像をレタッチだけしてアップするのを忘れてました。 一昨日気が付きました。 ざっと一年半前の画像です。 撮影( レタッチ )時、ただ美味しかっただけでは無く、別途何か想い入れがあったのだと思います。 また、その時点では何のお刺身か分かっていたのだと思うのですが、一年半を経過したジジイといたしましては …

これ何だっけ? シマアジ? チヌ? 美味しそうですけどね。

私、 まぁ、この程度のヤツです。 ^^;

やまだ食堂に入店すると正面に総菜展示ケース( たぶん冷却機能付き )があるのを見て頂けます。 その中にはキムチ( お新香 )サラダ焼き魚お刺身などが並んでいるはずです。 ポテト・サラダなんかもお勧めですがお刺身など、絶品です。

やまだ食堂のお刺身日替わりです。 築地?豊洲?魚河岸? よく分かりませんが、その日の鮮度と価格のお勧めをご主人が仕入れ先で判断し熟考し、選び、見極めて提供して下さっているのだと思います。 絶品です。 なのでお刺身の品ぞろえは当日、入店するまで分かりませんし値段も時価ですから一律に決まっている訳ではありません。

私鉄沿線の駅前商店街の例にもれず、この界隈( 成増南口商店街 )には格安居酒屋チェーン店も並んでいます。中には海鮮をウリにしているお店もあります。 やまだ食堂のお刺身の値段は、( ざっくりですが )格安居酒屋チェーン店の『 お刺身3色盛り 』と、ほぼ同等の値段です。 これを高いと思うか安いと思うかはお客様の判断基準にお任せするしかありませんが、一度体験してしまうと居酒屋チェーンでお刺身を注文する気には、私はなれません。 脂の乗り、熟成されたうま味、騙されたと思って一度挑戦して頂く事をお勧め致します。 あ、時価と書きましたが、確かに日替わりなので、ここでは時価と書くしかないのですが、展示ケースのお皿の横に値札が添えてありますので、廻らないお寿司屋さんで見栄を張る時のような恐怖感はありません。 月末でお財布の中身に余裕がない時はタコぶつ¥400、余裕があれば ¥600 ~ ¥800 くらいだと思て頂けば結構です。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/05/02 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、04/28 でーす。 )

夕方、ふと、お客さんが私しかいない! という、超・レアな一瞬が訪れたものですから、お店のお母ぁさんにお断りして、慌てて 壁の メニュー写真を撮らせて頂きましたので ご活用ください。 帰宅の車内で、今夜は何で呑ろーかなぁ~ などと … 一人で にやにや スマホを覗き込む、そんな デリーシャスな お時間に使って頂ければ幸いです。 4枚撮ってあります。 ただし、メニューは臨機応変、時間と共にフレキシブルに変化してまいりますので、この時点でこの写真は正しかったのですが、いつも このとおりであるとは限りませんので、その旨、ご承知おき願います。

イサキのお刺身、頂いて来ました。 絶品でした。 陳列ケースの中に一皿しかなかったので出来なかったのですが、もう一皿頼んで、冷酒でゆっくり呑って、あとは 納豆ご飯でいいか! って思わせるお味でした。 以前、タコぶつを頂いた事がありましたが あれも記憶に残るお味で … やまだ食堂のお刺身のクォリティーは、全般的に かなり レベル高いと思われます。 陳列ケース、要チェックです。

で、カツカレー。 んー 残念ながら これがイマイチ。 やまだ食堂のカツは、かつて外れた事は無かったのですが、薄くて硬くて = フツーで、数軒先の 格安カツ丼チェーン店に行くなら こっちだけど って程度の逸品でした。 厚く柔らかく! やまだ食堂のカツの醍醐味は その噛み応えですもんね。 この食堂のカツのレベルを期待していた私にはそう思えました。 何かの間違いだったのかもしれません。

カレーは美味しかったです。 個人的には もう少しスパイシーなのが好みですが、カツに驚いて、舌がネガティブ方向にシフトしていたかもしれません。 お肉や人参は型崩れせず トロトロ に煮え、玉ねぎは シャキシャキ 感をしっかり残したカレーでした。

もう一点。 このお店、ビールにキリンという選択肢がある事を知りました。 お客さんが頼んでるのを目撃しちまって、お母ぁさんに確認したら ある のだそうです。 黙って頼む ( 黙ってたら頼めないじゃん! ) と アサヒが出てきますが、キリン! ってきちんと伝えると出て来るようです。 というわけで『 酒・ドリンク 』の評価をアップさせて頂きました。 お店の気遣いがお客に寄り添ってると思うからです。

おぉ! キリンの大瓶が呑める!  v(^o^)v

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/04/23 追記しまーす。

  04/21 野菜サラダメンチカツ・コロッケ皿うどん を頂いてきました。
  04/21 店内に貼ってあるお品書き写真を1枚に 合成 しました。
  04/13 やまだや 関連の記事を、ブログ にもアップしました。

今日も若い女性が一人で食べているのを ( 2人も ) 見かけました。 もしかしたら私のようなおっさんと相席になってしまうかもしれないのに … っつうか、飲みながら明日の競馬予想に激論を交わしてる おっちゃん たちも沢山いるのに 入り難くないのでしょうか。 しかも、見かけるのは 美大系の穴の開いたGパンに半ケツ って娘ではなく、皆な上品そうなお嬢さんたちばかりです。 不思議だなぁ。 あ、とくに美大の女子学生に偏見とか、無いですけど。 ^^;

陳列ケースの中が美味しそうだったので 「 このハム・サラダ下さい 」 って言ったら、「 はい、野菜サラダ 」 って言われちゃいました。 写真を見て頂きたいのですが、私には どうしても ハム・サラダ に見えてしまうのですが、野菜サラダ なのだそうです。 なんて謙虚なんだろ。 で、お母さん、お忙しそうだったので 私が自分で持って行こうとしたら 「 ドレッシングかけて持ってくから 」 とおっしゃるのです。 実は、私は どちらかと言うとドレッシング派 ではなく、「 あ、いいです 」 って言ってみたのですが、「 大丈夫! 」 って … シッ! シッ! って、追い払われちゃいまいました。 ^^

お母さん、大好きです! シャキシャキ玉ねぎ、苦手なドレッシングも 美味しく頂きました。

メンチ・カツ と コロッケ、別々に撮ったのでは ( 私の腕では ) 違いが分かんねーだろー って事で、両方が乗ってる一皿 を頼んでみました。 が、これでも分からないですよね。 左側がコロッケ、( っつう事は ) 右側がメンチ・カツ であります。 こっちがミンチ? って思うほど お肉たっぷり、ジューシーなコロッケでしたが、私としては、もう少し噛み応えがほしかったかなぁ。 つぶしたジャガイモに噛み応えってのも変ですけど。 メンチ・カツ も肉汁にあふれ柔らかかったのでありますが … だから素晴らしかったのですが … 私のような de mountainside 生まれの年寄りは、この中に数粒、粗びきのスジの部分があったらなぁー って思ってしまうのでありました。 んなもん いらねぇだろー!

などと ( ツムツムやったりして ) くつろいでいたら 閉店 ( 9時 ) 5分前 。 慌てて 皿うどん を頼んでみたのですが 快く作って頂きました。 ただ、時間が無く ( 写真は撮った ) 、大急ぎでお腹に詰め込み 退出しました。 っつうわけで コメントは無し。 お世話になりました。 ご馳走様でした。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/04/19 追記しまーす。

  04/08 串カツあさりバター 頂いて来ました。
  04/15 ミックス・フライ厚焼き玉子 、頂いて来ました。

正統派食堂の定番と言えば、私としてはカツ丼親子丼ミックス・フライ だと思っている訳で … っつうか、もう鬼籍の人となってしまった私の父が 食堂へ行くと こればかり食べていたので、子供の頃から そーゆーもんだと思ってたのであります。

っつうわけで、今まで 魚系を後回しにし ここらへんを重点的に頂いて来たのでありますが、おかげさまで無事、だいたい 一通り 済ます事が出来ました。 で、個人的な中間報告ですが、やまだ食堂 に 例えば 娘と一緒に行くのなら、まずはカツ丼 か カツ煮 かなぁ って思います。 カツ煮は木枯らしの冬、まだ ぐつぐつ 煮えてるのを頂きます。 夏は … 夏は大汗をかきながら カツ丼を はふはふ 言いながら ほおばります。 もちろん ビールは大瓶で! ^^

さて、その前に、何をつつきながら呑る? んー、どれを選んでも逸品中の逸品ばかりなので 全て捨てがたく、何を食べても充分満足なのですが … やまだ食堂に行ったら、一度、玉子料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。 オムレツも素晴らしかったですが、今回の 厚焼き玉子も絶品でした。 どれか一つと言われたら、厚焼き玉子でしょうか。 ^^

そう言えば、父はマカロニ・サラダも大好きでした。串カツ にも ミックス・フライ にも、マカロニ・サラダ が添えられています。 娘と行きたい食堂 というコンセプトでブログを書かせて頂きましたが、もし 今 父を連れて来れるのなら、もしかしたら この マカロニ・サラダ を一番喜ぶかもなぁー、なぁ~んて思います。 いつか 例の 陳列ケースの中で見かけたら、マカロニ・サラダ も撮っとかないと、ね。 ^^

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/04/07 追記しまーす。

  04/05 モツ煮茄子煮親子丼 頂いて来ました。

親子丼 、美味しかったですよー。 ^^  お肉は香ばしく 玉子は とろとろ 、お葱はシャキシャキ! 硬めに炊いたご飯に浸みた 出汁し の旨みがたまりません。 こういうのって、こうした 総合的なバランスだって事を教えて頂いたような気がしました。 少食なので ご飯 少なめ ってお願いしたら 小さめの丼ぶりで出てきたようで … つまり、これはこれで 大盛りなのであります。 この気遣い、ここは 三ツ星レストラン? なのでありますっ! ね! ^^

んで、この 厚切りの冷たい茄子 、熱い親子丼にピッタシ! なのであります。 これから迎える蒸し暑い季節、茄子とビールで楽しめるよなぁー ^^;

モツ煮 が絶品でした。 超・薄味 なのですが 内臓の臭さは全く感じられず爽やかなのです。 濃いめの味付けで誤魔化したりはしておりません。 蒟蒻と合ってるし、トッピングのネギとの相性も抜群! これ、凄いです! 道頓堀牛筋煮 と双璧をなす、成増の誇りであります。 だから、最後に すする この おつゆ がたまらないのであります、ねぃ! ^^

寒ぶかったし モツ煮なので 熱燗! ってお願いしたら 八重寿 が出てきました。 こんなに爽やかなモツ煮なんだから、次回は もう少し モツ煮に合ったお酒( があれば )を頼んでみたいです。 個人的に この部分だけ、もう少し注文のし様があるように思いました。 ^^;

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/04/02 追記しまーす。

 03/27 オムレツブロッコリー・サラダ 頂いて来ました。
 03/31 かぼちゃ煮キムチ角煮定食、頂いて来ました。

03/24、カツ丼を頂いていた時、向かいに座ったお客さんが角煮定食を食べていたのです。 これがたいそう美味しそうだったのであります、ね。 ^^

本来は食堂の定番 っつう事で、カツ丼の次は親子丼のつもりだったのですが … とくに 業務や上司の意向でやまだ食堂に来ているわけではないので 急きょ 予定を変更、03/27 に 角煮を食べに伺ったのですが … その日は 売り切れてしまった ( え゙? ^^; ) とかで、ブロッコリー・サラダとオムレツを頂いて来ました。 えっとー、とっても 美味しかったです。 ふんわりジューシーなオムレツ、しゃきしゃき、こりこり の ブロッコリー・サラダ 、いくらでも 呑めるのでありました。

んで、03/31 に再訪。 念願の角煮にありつけました。 v(^o^

角煮って、スパイスの好みが分かれると思うのです。 高級中華料理店とか そういうのとは関係なく、私にとって苦手な風味があるのです。 だから いつも 恐る恐る、出来れば どなたか 同伴の時などを選んで 注文しているのですが … エィ! ヤァー! 思い切って頼んでみたのであります。

舌の上で溶けてしまいそうなお肉、脂の甘味と練り芥子とのマッチング、 とろ~り、美味しかったぁー。 ^^

しいて言えば、個人的にはもう少し脂身が ( 芥子も ) 多い方が好みですが、こちらの方がいい って方も 多いと思います。

カツ煮カツ丼生姜焼き ( 付け合わせのマカロニ・サラダも絶品ですっ! )、やまだ食堂でメニューに迷ったら、取り敢えず豚肉料理にしておけば間違いないですね。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/03/26 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、03/24 でーす。 )

っつうわけで、カツ丼、食べてまいりました。 例えば 新宿の有名店の ¥2,800 の ヒレカツ定食と比べるのは 双方にとって失礼だと思います。 どちらも それぞれ 超・美味しいですからね! それから、やまだ食堂のすぐ近くに 格安カツ丼チェーン店 があるのですが、これはもう、絶対やまだ食堂の方がお薦めです。味・量・質、どれをとっても別格の貫禄です。確かに値段はこちらのほうが高いですが、一度食べ比べて頂くと、やまだや の カツ丼の方に割安感すら感じられます。  v(^o^

で、まず 最も基本的な事ですが、やまだ食堂の お肉は 厚いです。
 
お肉って … 柔らかさだったり、サシ の量だったり 焼き加減だったり 熟成だったり、いろいろあると思うのですが … 厚いって事に意義、ありますよね。その厚みによって生じる噛み応え、これが しっかり 味わえる 厚みとお肉の質なのであります。 やまだやのカツは厚くて熱いです。

それから … これは好みの分かれるところかもしれませんが、ここのお肉は脂身を ほとんど 落としてあるようです。脂身との境の、筋の部分も感じられません。 ヒレ肉ではありませんが、ヒレ肉感覚で頂けます。 営業的には カツが小さくなり、見栄えがしなくなってしまうと思われるのですが、それでも 敢えて ひと手間かけて 出されているようで、お店のこだわりが感じられます。

カツ丼を頼んだので、カツ丼だけが出て来ると思っていたら、下ろし生姜が乗った でかい 豆腐お新香味噌汁が付いて来ました。 さらには お茶も添えられていて、あたかも カツ丼定食の風情です。 これで ¥680 、ほら、絶対割安感、ありますよね!

帰り際、若い上品そうなお嬢さんが一人で食事されているのを目撃しました。 満足そうに箸を進めてらっしゃいました。 このお店、合い席は当たり前、会釈も無しにテーブルの向かいにお客さんが どんどん 座って来る、それが普通の光景だし、客層も おっさん( 爺さん )・おばちゃん( 婆さん )が、呑みながら今日のパチンコの成果について情報交換してたり、競馬新聞を読んでたりするような雰囲気のお店なので、若いお嬢さんには抵抗があるんじゃないかと思っていたので、少々驚きました。

うん、なかなか 分かってるじゃん! ^^

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

やまだ食堂 だと思ってたのですが、『 やまだや 』 だったみたいです。 知らなかったなぁ。 ^^;

瓶ビールの似合うお店です。 中瓶の他に大瓶も注文出来ます。 個人的には キリン の方がありがたいのですが スーパー・ドライ が出てきます。 いっその事 50年前の麒麟麦酒が出て来て欲しい、あの ほろ苦さがピッタシ! って雰囲気、つまり あの頃の大衆食堂を彷彿させるお店なのです。

っつうか、昭和の、ローカル線の駅前に1件だけある食堂、古き良き時代の食堂、みたいのが、そろそろ平成30年代も見えてきたって ご時世の 繁華街の真ん中に そのまま残ってるのであります。 よく観察してないので 分かりませんが、たぶん、東武東上線がまだ SL だった頃の、成増駅前のセピア色のヴィンテージ写真が店内に飾ってあります。 ^^

でも、通っていると分かるのですが、やまだ食堂は ただの シーラカンス食堂ではありません。 風貌もコンテンツも まさにアンティークではありますが、ここまで生き延びてきた実績は、その 現在に適応する料理と味にあります。 つまり、妙に懐古趣味にこだわるのではなく、マーケティングがきちんと出来ているのであります。 メニュー ( 品揃え ) も 味付けも、ちゃんと現代にマッチしている。 ただの 懐かしい 昔ながらの食堂ではありません。

っつうわけで、とくに私のような古い人間には 何を頂いても 大満足! なのでありますが … 入店して 正面にある陳列ケースの中にある一品で一杯やりながら、店内の壁に所狭しと貼ってあるメニューを、ゆっくり選んで頂きたいです。

漬物 や 小鉢関係は、きゃらぶき も含め何を頂いても絶品です。 納豆が ちょっと 冷た過ぎるかなぁ。 冷蔵庫から出したものを すぐ 使わずに、出来たら30分くらい、室温に戻してから 提供して頂きたい。 メイン料理は 取り敢えず とんかつ関係 をお薦めしておきます。 今まで 寒ぶかったので、カツ煮定食ばかり食べており、食堂の定番、かつ丼親子丼 も まだ 頂いておりません。 徐々にレポートさせて頂きます。 ^^
 

  • イカフライ定食  2016/05/07

  • イカフライ  2016/05/07

  • キムチ  2016/05/07

  • ひじき  2016/05/07

  • 切り干し大根  2016/05/07

  • ご飯  2016/05/07

  • イサキ 刺身  2016/04/28

  • カツカレー 2016/04/28

  • お品書きa 2016/04/28

  • お品書きb 2016/04/28

  • お品書きc 2016/04/28

  • お品書きcc 2016/04/28

  • メンチカツ・コロッケ  2016/04/21

  • 野菜サラダ  2016/04/21

  • 皿うどん  2016/04/21

  • お品書き ( 合成 )  2016/04/08

  • ミックス・フライ定食  2016/04/15

  • ミックス・フライ  2016/04/15

  • 厚焼き玉子  2016/04/15

  • 味噌汁 ( 豚汁 )  2016/04/15

  • お品書きc  2016/04/15

  • 成増駅 昭和23年  2016/04/15

  • 串カツ  2016/04/08

  • 串カツ定食  2016/04/08

  • あさりバター  2016/04/08

  • お品書きa  2016/04/08

  • お品書きb  2016/04/08

  • モツ煮  2016/04/05

  • モツ煮  2016/04/05

  • モツ煮  2016/04/05

  • 茄子煮  2016/04/05

  • 親子丼  2016/04/05

  • 親子丼  2016/04/05

  • 親子丼  2016/04/05

  • 角煮定食  2016/03/31

  • 角煮  2016/03/31

  • かぼちゃ煮  2016/03/31

  • キムチ  2016/03/31

  • 豆腐a  2016/03/31

  • 豆腐b  2016/03/31

  • 白菜漬けa  016/03/31

  • 白菜漬けb  016/03/31

  • 味噌汁a  2016/03/31

  • 味噌汁b  2016/03/31

  • ご飯a  2016/03/31

  • ご飯b  2016/03/31

  • オムレツ  2016/03/27

  • ブロッコリー・サラダ  2016/03/27

  • カツ丼  2016/03/24

  • カツ丼  2016/03/24

  • ぬか漬け盛り合わせ  2016/03/24

  • きんぴらごぼう  2016/03/24

  • 豆腐  2016/03/24

  • 豆腐  2016/03/24

  • 味噌汁  2016/03/24

  • たくあん  2016/03/24

  • たくあん  2016/03/24

  • みょうが玉子とじ  2016/03/17

  • 生姜焼き  2016/03/17

  • 小鉢 ( きゃらぶき )  2016/03/17

  • ご飯 ( きゃらぶき )  2016/03/17

  • カツ煮

  • 鴨鍋

  • 照り焼きチキン定食a

  • 照り焼きチキン定食b

  • 肉ピーマン炒め定食a

  • 肉ピーマン炒め定食b

  • タコぶつ

  • 煮じゃが

  • 小鉢a

  • 小鉢b

  • 納豆

  • ご飯a

  • ご飯b

  • 味噌汁

  • 白菜漬けa

  • 白菜漬けb

  • キムチa

  • キムチb

  • たくあんa

  • たくあんb

  • お刺身  2017/04/25

  • カツ煮  2018/10/31

  • アジのたたき 2018/10/31

  • グレープフルーツ・サワー  2018/10/31

  • 納豆・ご飯・味噌汁  2018/10/31

  • 中落ち( 本マグロ ) 2018/12/19

  • かつ丼定食 2018/12/19

  • かつ丼 2018/12/19

2019/12/16 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ