yodatさんが投稿した大戸屋 成増駅南口店(東京/地下鉄成増)の口コミ詳細

よだっと の レストラン徘徊

メッセージを送る

この口コミは、yodatさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

大戸屋 成増駅南口店地下鉄成増、成増/定食・食堂

1

  • 夜の点数:3.5

      • 料理・味 4.0
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.5
      • |CP 3.5
      • |酒・ドリンク 3.0
  • 昼の点数:3.5

      • 料理・味 4.0
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.5
      • |CP 3.5
      • |酒・ドリンク 3.0
1回目

2018/12 訪問

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.0

え゙っ? 成増に大戸屋が?

2019/01/02 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 2018/12/29 でーす。 )

最近気付いたのですが、私、どうやらエビが好きなようです。写真置き場にしているフォト蔵とかを覗いても、なんか、エビの写真ばかり目につきます。 予算の関係?でしょうか、ロブスターと呼ばれる大型の海老は出て来ず、シュリンプと呼ばれる小型の海老ばかりなんですけど … 負け惜しみで言う訳ではありませんが、伊勢海老よりは車海老の方が好きだし … 桜海老のかき揚げ天など最高に美味しいですよね。 ^^

で、この日も海老鍋定食で頂いてきました。

この海老、メニューにはソフトシェル・シュリンプと書いてあり、最近よく目にする単語です。 これ、つまり脱皮したばかりの、まだ殻の柔らかい海老って事なのだと思うのですが( それとも酢とか薬品とかで下処理してる? )、頭から尻尾まで、殻ごと豪快に丸かじり出来るってところが楽しいです。 いつもなら食べない頭( 頭胸部 )の部分、おミソの滋味がたまりません。

ところが私、大失敗をやらかしてしまいました。 別途、小鉢に入っていた香草を、よく見もせず = 考えもせずに三つ葉だと思い込み、何の気なしにトッピングしてしまったのです。 料理を口にして初めてパクチーだと気付きました。 パクチー、嫌いではありません。 以前、技術指導でタイに2度ほど行っていた際の昼食は、工場の門前に並んだ屋台のタイ式ラーメン( つうか、細めの乾麺 = うどん )に盛大にパクチーを載せてもらい、( 路上にしゃがんで )そればかり食べてました。 蒸し暑い中での辛くて甘いスープとパクチーの香りが、私のタイのイメージです。

そう、私、海老鍋和食として頂きたかったのですが、タイ風にしてしまったんですね。 そしたら、納豆ご飯までタイの味がしてくるではないですか。 ^^;


※ 7年以上愛用したガラ携( F-04D )のバッテリーがヘタれてきて、写真を撮っているとすぐ電池切れの警告が出るようになってしまいました。1~2枚撮って5分ほど電源を切り、また撮り始める。 こんな事をしていると、せっかくの美味しい料理が冷めてしまいます。 で、バッテリーを交換してもらいにドコモさんに行きました。 大戸屋を出てすぐの所にお店があるのです。 そしたらガラ携ごと交換する事に。 え゙?

で … この出来事は私を大いに満足させているのですが、カメラの機能は未知数です。 F-04D での撮影は これが最後。 次回からは SH-01J での撮影となります。 あ、SH-01J もガラ携です。


注:食べログ・サイトの問題点として、新しく登録した画像が最下段に表示されてしまいます。 せっかく撮った写真ですからなるべく画像も見て頂きたく、新しいものはデフォルトで上の方に表示されるようにして頂きたいと思うのですがいかがでしょうか。この、文章の途中に差し込めれば もっとありがたいですけどね。 なお、画像にリンクを貼っておきました。青文字をクリックして頂くと拡大画面を見て頂けます。参考にして頂ければ幸いです。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2018/10/26 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 10/19 でーす。 )

※ 2017/03/12 ( すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 )の処理済み画像をアップし忘れておりました。画像だけ追加しておきました。 かなり下の方に表示されており申し訳ないのですが、もし興味があり、お時間がございましたらご覧頂ければ幸いです。

さて、今回のテーマ、サンマの話題に移ります。

『 秋 』という言葉をどこかで耳にしたり目に飛び込んで来たり、何となく肌で感じたりすると『 秋刀魚 』が食べたくなります。 秋刀魚、大好きです。 ^^ という訳でやまだ食堂に出掛けたのですが生憎お休みでした。 定休日かもしれないのですが、そういう事に無頓着なものですから … こうした事象にはけっこう頻繁に出会うのですが … 反省し、以降の人生に反映させる というタイプではありません。 慣れたものです。 ( 確信犯的 )すんません。 ^^;

で、大戸屋に足を向けました。 大戸屋のサンマも、たぶん季節限定なのですが、毎年『 2匹 』というメニューがあるところがウリであり魅力!なんですね。 ^^

ただなぁ~

これ、大戸屋に限った事では無いのですが、ここのサンマ秋刀魚じゃないと思うのです。 私の秋刀魚の原風景はばあちゃんが七輪を表( 裏庭ですけどね )に出し、炭火でぼうぼう焼いた、油がしたたり落ちじぅじぅいう秋刀魚です。 東京で頂くサンマは、わざわざ油の乗りの少ないもの( 安い? )を選び( もしくは、油の乗りの少ない季節 = 駿河湾以西で獲れたもの? を選び )、冷凍、もしくはチルドのものをレンジやオーブンでチン!し、バーナーで焦げ目を付けた、( 実際の調理方法は存知上げませんが )私の中ではそういうイメージです。 これ、私の原風景と、かなりのギャップが生じている事に関し、ご理解頂けるでしょうか。

都会の雑居ビルの中で、おめぇー のイメージどおりのサンマが焼けると思ってんの?

ご意見ごもっともです。 理解できます。 ただ、( 大戸屋のページをお借りして )やまだ食堂では私のイメージにかなり近い秋刀魚が頂ける事を、食べログのお客様にお伝えする事をお許し頂きたいのですがいかがでしょうか。

サンマは熱燗で呑りたい( やりたい )なぁー って事で、日本酒を注文させて頂きました。 個人的にはベタ甘で口に合わなかったのですが、これは趣向の問題なのでパス。 問題は価格です。

大戸屋のアルコール類は、ビール含め総じて割高だと感じています。熱燗のお替りを避け焼酎のお湯割りにしてみたのですが … 味はとくに問題無く次回の注文もアリだと思うのですが … 例えばガストだったら、ざっと、この半額なのです。味も遜色ありません。 この差は大きいです。 夕飯どき、ちょっと呑みたい私としてはガストの方がアドバンテージ高いです。

つまり、大戸屋さんのコンセプトとしては、晩酌組より食事組をメイン・ターゲットとしている事がはっきり理解できる気がします。 逆に言えば、私は毎回ご面倒をおかけしているのだと、これも理解できます。 酔っぱらいって時間はかかるし、くだまくし、経営的に面倒臭いんでしょうね。 これ、お店の基本方針なのでしょうから、良いとか悪いとかいう問題では無く、お客側が認識するかどうかの問題なのだと思います。

今回、料理としてのサンマの品質、アルコール類の価格設定、とかとか … 大戸屋さんにとってネガティブな内容になってしまいました。 が、私としましては、たまたまやまだ食堂が開いてなかったものですから、全て承知の上で大戸屋にご厄介になることを選択した次第です。 上記ネガティブ・イメージを超えて、大戸屋さんは私にとって魅力的な存在です。 今回のとろろご飯 含め、お店の居心地、スタッフの皆さんのサービス、これまでにアップさせて頂いてきた料理、全て満足のいくものである事も、改めて申し添えさせて頂きます。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2017/03/11 追記しまーす。   ( 実際にお店を訪れたのは 02/26 でーす。 )

前回 ミニ香味唐揚げスパイス・ミックス が けっこう美味しかったのに写真を撮り忘れちゃったので、改めて撮り直しに行って参りました。 コメントは前回と重複しますので控えめに書きますが、スパイス・ミックス は、やはり単独で、鶏カラ にはレモンを搾って頂く事をお勧め致します。 このスパイス、ガラムマサラとか … カレー系なのですが、カレー味ほどしっかりはしておらず、微妙に不思議で、しかも美味しいのであります。 どこか 干し草の薫りというか、鼻腔に拡がる この きな臭さは何なのでしょうか。

で、目的は達成したし、これだけでも良かったのですが、桃浦かきの出汁鍋定食 が季節限定でその日まで って事でしたので 頂いて参りました。 写真は 桃浦かきの出汁鍋 単品と 辛味ポン酢 、いつもどおり ご飯 も撮っておきました。

牡蠣鍋定食は至って普通、至って無難、特筆したくなるような内容は無かったです。

不味かったわけではないですよ。 牡蠣、好きですし 美味しかったです。 でも、例えば 辛味ポン酢 にもっとパンチがあるとか、わさび醤油で食べてみるとか、そういう お客に寄り添いながらも一歩前に出てみる、みたいなのは感じられませんでした。 季節限定ですが 一年後に出会っても 注文はしないと思います。 あ、それから … 牡蠣が4個 ってのもなぁ。 ¥1,000 出すんだから 最低5個、まぁ 7個は頂きたいですよね。 ^^;

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2017/02/23 お久しぶりです。 ^^  ( 実際にお店を訪れたのは 02/19 でーす。 )

道頓堀やまだ食堂 含め、しょっちゅう行っているのですが、道頓堀 は 熱燗と牛すじ煮、味玉トッピングの 中華そば(小辛)と、何も言わなくても店員さんが分かってるくらいの、いつも変わらないメニューだし、やまだ食堂 は、もうほとんど撮っちゃったし … で、ネタ切れなのであります。 ^^;

どこかに書かせて頂いたかと思いますが、食べ歩きが趣味という訳ではなく、その時自分が食べたいものを食べたいのであります。例え食べログが更新できなくも、毎回同じものでもいいじゃん。 食べたいんだから。

今回大戸屋で頂いたのは 生姜醤油漬け炭火焼き牛たん定食 。 実は目的は別にあって 、ベルギー人の友人に見栄えのする和食、庶民の定食の画像を届けたかったのですが … いつの間にかメニューから消えていて … どうしたものかと迷っていたら グランド・メニューの 生姜醤油漬け炭火焼き牛たん の画像が目に飛び込んできちゃったのであります。 以前、牛タンはともかく、この ピリ辛味噌だれ の香りが『 ふきのとう 』そっくりで、峻烈な春の薫りが大変眩しかったのを思い出してしまったのです。『 春 』って言葉、そろそろ耳にするようになってきたからでしょうか。 写真は 切り干し大根茶碗蒸し味噌汁ご飯 も載せておきました。

まずは ミニ香味唐揚げ で一杯。 唐揚げは普通でしたが、この、何と言えばいいのか、スパイス・ミックスがけっこう目新しくて、しかも微妙に美味しくて Good! でした。 唐揚げに使ってしまうのはもったいなくて、つまんで食べてました。 この、鼻腔に抜ける 『 きな臭ささ 』 という快感、ぜひお試し下さい。 ただし、レモンは使わない方がいいかと思います。 レモンが勝っちゃうように 私には思えました。 レモンは唐揚げに搾り、スパイス・ミックスはつまんで食べる = 舐める? のが得策かと。 普通にレモンの上からスパイスを振りかけるのも、もちろん アリ だと思いますけれど。

んで … 以前の記事は下のほうにあるはずですので探して頂くとして、以前頂いた 牛タン定食 と今回の 牛タン定食 は、たぶんお店の方にとっては別物、素材は同じですが 全く異なるコンセプトで考案されたもののようです。 これに気付かず前回と同じものだと勝手に思い込み、『 ふきのとう 』だけのイメージで注文してしまった私が、今回の最大のミス・キャストでした。

前回の牛タンは冷たい牛タンでした。『 炭火焼き 』って書いてある牛タンが冷たかったら がっくし! でしょ。 普通 そんなイメージ湧かないでしょ。 とくに私、牛タン 大好きなんだから尚更ですよね。

で、今回のは アツアツ でしたっ! さらには 熱々の鉄板の上に乗ってましたっ!  v(^o^)v

ただなぁ、ちょっと スジ張り過ぎていて、いかにも 端切れ って感じで、ここが残念でした。 前回は上品すぎ、しかも冷たくて、ちっとも『 炭火焼き牛タン 』 = ワイルドじゃねーじゃんか! ってとこが私の中での大問題だったのですが、今回は少々反対側に寄り過ぎてる印象でした。 私が牛タンと初めて出会った頃 = 40年以上前、牛タンは焼肉屋で並カルビとならぶ格安部位でしたが … 牛タン、すっかり高級品になっちまったもんなぁ。 それとも私がわがまま過ぎるのでしょうか。

そして、今回最大の がっくし! は、あの ピリ辛味噌だれ が、全く別物、辛くもなんともない普通の、写真を掲載する気も起らない ただの 味噌だれ に成り下がっちゃってた って事なんですけどっ!  orz

前回の経験があり、しかも ピリ辛味噌だれ 目当てに注文するお客さんも稀れでしょうから、今回の 牛タン定食 の仕様( コンセプト )変更は、バージョン・アップという事でいいと思います。 コストパフォーマンス的には、同価格で、もう少しだけ上品なお肉にして頂けたらと思いました。 で、さらに 欲を言わせて頂く事を許して頂けるのならば、くどいですが ピリ辛味噌だれ を復活させて頂きたいなぁ。 他のお客様にも、あの目の覚めるような 春の峻烈 を、是非 味わって頂きたいのです。 最悪、熱々鉄板を省略して頂いてもかまいません。 妥協します。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2016/03/25 ごめんなさい、写真だけ追加しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは 03/19 でーす。 )

頂いて来たのは ねばねば小鉢もろみ漬け鶏の炭火焼き定食 でーす。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2015/04/03 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、04/02 でーす。 )

自分の誕生日、一人で祝ってきました。 ^^;

というか、季節限定の 『 鰆と菜の花のちらしご飯 と 生姜あんかけうどん 』 、終了になってしまわないうちに と思って 出かけたのに、2度も 「 すいません。今日は終わってしまいました。 」

   え゙?  ・・;

2度もです。 このお店のマーケティングって、一体どうなってるのかと思わせる出来事でした。


で、3度目の正直 だったのですが、この鰆 、酸っぱいのです。 酸っぱ過ぎる。

確かに 「 炭火で焼いた鰆を甘酢に漬け … 」 って書いてあるのですが、瀬戸内に春を告げる魚なんだもん、ご飯を軽く酢飯にしてでも 薄塩だけの炭火焼、焼きたての熱々でいただきたかったかも。 少なくとも こんなに ( 冷たく ) 酸っぱくしないで欲しい。 確かに春を告げる魚かもしれませんが 日本近海で通年獲れるものですし、いつぞやの ブリ・でぇこ といい、何か そうしなければならない事情があるんじゃないかって、勘ぐってしまいたくなるのであります。 大変残念!

もう一つ、生姜あんかけうどん の生姜が多過ぎます。 あわてて全て取り除きましたが、うっかりしてたら 生姜の味しかしなくなってしまいそうです。すけそう鱈の生姜みぞれあん定食生姜みぞれあん が 抜群だっただけに、これも大変残念でした。 っつうか、このセットに うどん は余計かも。 うどん抜きで値段を ¥200 下げて欲しかったなぁ。

「 鰹節は 白菜の浅漬け にかけて下さい。 」

という鰹節は 量もあり見栄えも良く、浅漬けを美味しくいただきました。 きざみ海苔も良かったです。 でもこれ、写真としては大変効果的だと思うのですが、この予算を 本体の方にシフトして頂けたらなぁ、という気持ちも 湧いてきてしまうのであります、ね。

せっかくの誕生日。 3度目で やっとありつけた料理。 何かもう少し盛り上げて、ポジティブに記したかったのですが、読んで頂いている皆様にも 大戸屋様にも申し訳ありませんでした。 一人ぼっちの誕生日に、すねてしまった? そんな事は無いつもりです。 ^^

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2015/03/07 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、02/17 でーす。 )

季節限定メニューの ブリ・でぇこ が終ってしまわないうちに! という事で、体調不良の中、出かけてきました。 いま、大戸屋の HP を確認すると、既に終了しているみたいで、参考にはして頂けないかもしれません。 申し訳ありません。

けっこう 楽しみにして行ったのですが、砂糖が強過ぎます。 とくに でぇこ ときたら、大根の深さも、ブリの滋味も感じられないほど甘くされてしまい … ブリ・でぇこ は、ブリもですが、でぇこ に沁みている ブリの薫りと大根とのハーモニー こそが醍醐味だと思っている私にとっては 本当に残念でした。 味醂を隠し味程度に 砂糖は使わない、くらいの、 ブリはブリの、大根は大根の味がするやつが食べたいんだけどなぁ。 何か、味の欠点を隠さなければならない事情でもあったんだろうか、なぁーんて思わせる味付けでした。

この際、ついでに言わせて頂けば、スーパーの総菜コーナー も甘過ぎます。 作っている方たちは、この味が 美味しい味だと 本当に思っていらっしゃるのでしょうか。 ねぇ。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2015/02/06 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、02/05 でーす。 )

氷雨の寒さに耐えかねて、何か体の温まる … 「 そうだ! 道頓堀小辛食おう! 」 と思ったら木曜で定休。

こういう事、私は しょっちゅうです。 定休日、知ってるのに!  ^^;

nで、仕方なく大戸屋に。 腹いせに 牛たん定食 なる豪華版を。 昼間からアルコールも付けちゃいましたね。

タン 大好きです。 っつうか、ハラミ とか … 焼き鳥で言えば ハツ、せせり、ぼんじり、とか … どちらかと言えば 私はそっち系です。 ロースの焼肉とか、もも肉の ネギま 、ヒレカツ定食とか … 申し訳ないですが チョッピ つまんない。 大昔、人類がまだ狩猟生活をしていた頃から、私が焼肉屋に行く際は ロースではなく、いつも タン塩 か 並カルビ でした。 タンはまだ高級部位ではなかったので、けっこう潤沢に食べられたのです。

で、『 牛たん定食 』

んー、私としてはイマイチでした。 柔らかく上品、穏やかで優しいのです。 ガツン! とした ワイルドさが欲しいのに! メニューの能書きには、『 炭火で焼き上げました 』 って書いてあるのになぁ。 陛下や殿下が食べる朝鮮焼肉って、こんな感じなのでしょうか。 みなさん つまんねーもん食って … もとい、残念なもの 召し上がってるなぁ。 おっと、聞し召してるなぁ。

『 あさりご飯 』 の時もそうでしたが、大戸屋のティスターの方と私とに、たまに ズレ が生じる場合があるようです。


さて、『 青唐辛子が効いた ピリ辛味噌だれ 』 が 絶品!でした。 口に含んだ途端、拡がる薫りに

 「 を゙ぁ! ぶぎのとう どぅぉぁ! 」  と、口から出てしまってました。

 ( 食事中にすいません。 え゙? 飛びました? )

青唐辛子 と ふきのとう の香り成分って一緒なのでしょうか。 まさしく ふきのとう の香り、ふきのとう の苦味です! 唐 ( 青唐辛子 ) と 薹 ( 蕗の薹 ) って、読みが同じですもんね。

しきたり どおり、 ご飯にぶっ掛けて頂きましたが、 その歓び、限りなし! 脳内を ドーパミン と アドレナリン が駆け巡りますっ! 付け合わせの おから もかけ、ぜひ 早春のほろ苦さ を お楽しみください。 肉抜き で この価格でも お勧めの逸品です。 今日は大戸屋にして良かったぁ。 大戸屋成増駅南口店は最高だね! ( ごりごり )  ^^;

大戸屋さま。 出来ましたら 『 ピリ辛味噌だれ定食 』 なるものもメニューに加えて頂きたいです。 ワン・コイン ( ¥500 ) のランチにして頂けば、毎日でも通いますっ!

※ 補遺です。 以前、『 すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 』 を頂いた際には、あん の中の 白菜が絶品でした。 冬の、霜にあたった白菜独特の、あの甘みが しっかり感じられました。 で、今回、添えられていた白菜にも 同じ 旨み を期待したのですが、残念ながら それは叶えられませんでした。 とっても とっても 残念でした。

※ 補遺2。 そう言えば 『 すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 』 の事を 以前書いたような … 画像はアップしてるしなぁ …  あれ?  どこか 別の場所に書いた? ブログにも見当たらないし、誰かにメール送ったのかなぁ。  全てはアルコールの彼方に霞んで …  どうやら、この記事を書く際に削除 ( 上書き ) してしまったみたいですが、お勧めメニューである事だけ追記させて頂きます。 残った あんご飯にぶっかけたやつ ( こればっか ) 、最高でした。 ^^

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2014/11/24 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、11/21 でーす。 )

すいません。 以前、大戸屋に豚と牛はいない、なんて書いてしまったかと思うのですが、何かの勘違いだったようで、豚クン しっかり何匹か いらっしゃいました。 今回は 『 味噌かつ煮定食 』 をいただきましたが、豚クン、厚くて柔らかくて美味しかったです。 赤味噌の香りも食欲をそそりましたし、それに煮込まれたキャベツも とろりと甘く、食べ応えありました。 訂正して お詫び申し上げます。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2014/11/08 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、11/05 でーす。 )

『 あさりご飯 』 と 『 豆腐スープ 』 を いただいてきました。 あ、もちろんビールもです。(笑)

アサリの酒蒸し、大好きですっ! ニンニクを ガツン! と効かせたやつ。 で、店の前に貼ってあった 『 あさりご飯 』 のポスターを見て … 気が付いたら入店してました。 ところが、何か おとなしいんだな、味が。 アサリの香りがしてきません。 蒸されているうちに どこかに飛んじゃったのでしょうか。 残念。 ご飯も 一度炊いたものを蒸し直したのでしょうか、どこか 水っぽかったです。 残念。 メニュー立案者の方と私の発想が、完全に食い違っちゃいましたね。 美味しそうに撮ってあったんだけどなぁ。

あ、わっぱ の杉の香りが強すぎるのかなぁ。 お店、新しいからなぁ。 こういうのって、しっかり使い込んだものを使って欲しいですよね。 杉の香りそのものは素敵で大好きなのですが、強すぎて食材の香りを殺してほしくはないです。 回らない お寿司屋で、ぷんぷん 香る杉箸を出してくれるお店を時々目にするのですが、私は こういう時のために いつも my 箸 を持ち歩いています。

ま、それはさておき、豆腐スープ 絶品でした! ちょっと ダシ = 調味料が強すぎるかな、と思いましたが、 豆腐の崩れ加減が絶妙で、ニンジンもしっかり煮えているのに歯応えが残っているし、溶き卵も香り立ってました。 口の中を やけど しながら むさぼりました。 これ、単品注文出来るようなので、前回の 『 ねばねば小鉢 』 の冬バージョンとして愛用させていただきます。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

食べ歩きが趣味という訳ではありません。 いろいろ検索して出かける なんてのも、やった事ありません。 今夜 何食おうかなぁー なんて考えるのは 単身赴任者には毎日の日課、どちらかというと 苦痛な作業なのです。 ただ、退社時間が迫ると、毎日こんな事を考えてるわけで … ファミレス通 とか 居酒屋評論家 とか … あまり嬉しくない呼ばれ方をされちゃったりしていて …

黙って帰ると 美人で優しい奥さんが 配偶者の健康に配慮した 美味しい料理を出してくれる。 うるさく まとわりつかない。 巨人が勝ってる。 一番搾り も出てくる。 ゴロニャ ~ ゴロ 。   そんな暮らしに すっごく憧れてしまいますっ!

ところが タブレット なるものを手に入れ、いろいろ使うようになって、 例えばナビ機能なんかを試している時、 普通はこの道、使わないよねぃ  なぁ ~ んて思ってる横に 『 大戸屋 』 って 書いてあったりして …

え゙っ? 成増に大戸屋があるの? 今まで東練や朝霞台に行くのを楽しみにしてた オイラ は何だったのさ!

まさに Google の 思うつぼ なのであります。   ^^;


大戸屋 。 少しハイカラな定食屋さん、といった テイスト のお店です。 何を注文しても 大きくハズレないので、行く度に別のものを食べてみる楽しみもあります。 お肉料理が鶏肉だけ、豚も牛もメニューに載ってないのが残念ですが、その代わり 魚は何種か選べて それもありがたいです。 豚や牛はどこでも食べられますが、魚メニューが豊富な店は なかなかありません。

大戸屋に行ったら、メイン料理の他に ぜひ 『 ねばねば小鉢 』 を注文してみて下さい。 真ん中の、卵の黄身を まず崩しておきます。 そして、おもむろに 定食のおかずと小鉢の豆腐でビールを頂きます。 大戸屋の唯一の難点はビールに割高感がある事なのですが、この際ビールを頼まないわけにはいきません。 しょうがないです。  まぁ、ここまでは普通です。

んで、〆に、ご飯の上に残りの ねばねば をぶっ掛け、猫まんま 状態で頂きます。 お好みで 醤油 か ごま塩 を振りかけてもいいです。  うめぇーんだな、これが。     ^o^)v


  • 味噌汁  2016/05/06  2016/05/06

  • おから  2016/05/06

  • ひじき  2016/05/06

  • 白菜浅漬け  2016/05/06

  • 味噌汁  2016/05/06

  • もろみ漬け鶏の炭火焼き  2016/03/19

  • もろみ漬け鶏の炭火焼き定食  2016/03/19

  • もろみ漬け鶏の炭火焼き定食( 部分 )  2016/03/19

  • ねばねば小鉢  2016/03/19

  • ご飯  2016/03/19

  • ご飯  2016/03/19

  • 白菜漬け  2016/03/19

  • 味噌汁  2016/03/19

  • ミニ鶏の黒酢あん   (2015/04/18)

  • 手造り豆腐のねばねば小鉢   (2015/04/18)

  • 四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋 (単品)   (2015/04/18)

  • 四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋 (単品)   (2015/04/18)

  • 削りたて鰹本枯節   (2015/04/18)

  • 赤魚の塩麹みりん漬け炭火焼き定食   (2015/04/18)

  • 赤魚の塩麹みりん漬け炭火焼き定食   (2015/04/18)

  • 赤魚の塩麹みりん漬け炭火焼き定食 (お新香)   (2015/04/18)

  • 赤魚の塩麹みりん漬け炭火焼き定食 (ご飯)   (2015/04/18)

  • 鰆と菜の花のちらしご飯と生姜あんかけうどん   (2015/04/02)

  • 鰆と菜の花のちらしご飯と生姜あんかけうどん ( 鰆と菜の花のちらしご飯 )   (2015/04/02)

  • 鰆と菜の花のちらしご飯と生姜あんかけうどん ( 生姜あんかけうどん )   (2015/04/02)

  • 鰆と菜の花のちらしご飯と生姜あんかけうどん ( 白菜の浅漬け )   (2015/04/02)

  • カラスガレイの煮つけ定食   (2015/03/22)

  • カラスガレイの煮つけ定食   (2015/03/22)

  • カラスガレイの煮つけ定食 ( 切り干し大根 )   (2015/03/22)

  • カラスガレイの煮つけ定食 ( お新香 )   (2015/03/22)

  • カラスガレイの煮つけ定食 ( ご飯 )   (2015/03/22)

  • カラスガレイの煮つけ定食 ( ご飯 ) + ごまめしお   (2015/03/22)

  • かぼちゃコロッケ   (2015/03/15)

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食   (2015/03/15

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食   (2015/03/15

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食 ( 醤油麹 )   (2015/03/15

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食 ( お新香 )   (2015/03/15

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食 ( 味噌汁 )   (2015/03/15

  • 沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食 ( ご飯 )   (2015/03/15

  • 鶏カラの黒酢あんかけ

  • 牡蠣フライ

  • ねばねば小鉢

  • 鶏カラの黒酢あんかけ定食

  • あさりのせいろご飯と 手創り豆腐のとろとろ煮

  • あさりのせいろご飯と 手創り豆腐のとろとろ煮   この豆腐スープ、絶品ですっ! 単品注文も出来ます。 ^^

  • 味噌かつ煮定食

  • ねばねば小鉢

  • 味噌かつ煮定食

  • ミニ鶏の黒酢あん

  • すけそう鱈の生姜みぞれあん定食

  • ( すけそう鱈の生姜みぞれ ) あん + ご飯

  • 牛たん定食

  • 牛たん定食

  • 牛たん定食

  • 牛たん定食 ( ピリ辛味噌だれ )

  • 牛たん定食 ( おから )

  • 牛たん定食 ( ごはん )

  • 黒瀬ぶりと大根の煮つけ定食

  • 黒瀬ぶりと大根の煮つけ定食

  • ミニ真だらの黒酢あん

  • 鶏の柚子こしょう炭火焼き定食

  • 鶏の柚子こしょう炭火焼き定食

  • 生姜醤油漬け炭火焼き牛たん定食 2017/02/19

  • 生姜醤油漬け炭火焼き牛たん 2017/02/19

  • ミニ香味唐揚げ 2017/02/19

  • 切り干し大根 2017/02/19

  • 茶碗蒸し 2017/02/19

  • 味噌汁 2017/02/19

  • ご飯 2017/02/19

  • ミニ香味唐揚げ 2017/02/26

  • スパイス・ミックス ( ミニ香味唐揚げ ) 2017/02/26

  • 桃浦かきの出汁鍋定食 2017/02/26

  • 桃浦かきの出汁鍋 2017/02/26

  • 辛味ポン酢 ( 桃浦かきの出汁鍋定食 ) 2017/02/26

  • ご飯 ( 桃浦かきの出汁鍋定食 ) 2017/02/26

  • サンマ(2匹 )  2018/10/19

  • とろろご飯 2018/10/19

  • すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 2017/03/12

  • すけそう鱈の生姜みぞれあん 2017/03/12

  • ミニ香味唐揚げ 2017/03/12

  • スパイス・ミックス ( ミニ香味唐揚げ ) 2017/03/12

  • ご飯 ( すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 ) 2017/03/12

  • 味噌汁 ( すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 ) 2017/03/12

  • お新香 ( すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 ) 2017/03/12

  • 海老と帆立の香草レモン鍋定食 2018/12/29

  • 海老と帆立の香草レモン鍋 2018/12/29

  • 海老と帆立の香草レモン鍋定食( パクチー ) 2018/12/29

  • 納豆+ご飯 2018/12/29

2019/01/04 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ