『財布に…』HANA*hanacoさんの日記

バタバタで、コメ欄ちょっと休憩中…、スミマセン…。

メッセージを送る

日記詳細

こんばんは…

アスファルトに落ちた枯葉を踏みしめた時の
クシュッと聴こえる音が好きです。
アラフォーがクシュクシュ歩いていたら
私と思ってください…。

さてさて
また、やってしまいました…
仕事の日のランチを食べている途中に気づく
はっ、
私、ATMでお金降ろしてからランチに行こうと思ってたよね…
お財布にお金無いんじゃ…
やっーーーーん…(T_T)
案の定、財布にお札無し…
こっ、小銭を集めればぁぁ…
た、足りない…
普段、クレジットカードは持ち歩かない事にしている私…
えーん…
無銭飲食…、この時点で私は
無銭飲食人なのだ
まぁ、一年に一回くらいは
これ、やるので(←バカ…)
さほど動じず…
しかしながら、職場の近くでたまに行くような
お店の場合は、
なんとなく顔も覚えいただいているので
優しく笑って、「お金は明日でもいいよー」
なんて言っていただけるのだが
この日は、足立区にある別の事務所のランチ…、
しかもデニーズ…
少しドキドキ…
凄い不審がられて、
いくつもの尋問を受けたらどうしよう…
お店の中で一番包容力がありそうな
スタッフの幸子(←仮名)が
レジ近くにいるのを確認し
レジへ…
「すみません、お財布にお金が入って無いの忘れてて…」
(↑お財布の中を見せながら、泣きそうな顔で…)
この時点で優しい幸子の眉間にはシワはできていない
「近くのATMでお金降ろしてきてお支払いでもよろしいでしょうかぁぁ…」
幸子、まったく私を不審者扱いせず
「あっ、大丈夫ですよー」
なんだか悪いので
「一応、コレを人質に置いていきますぅ…」
と、せめて幸子を不安にさせない為に
スマホを置いて行く…。
嫌な顔一切せず、尋問も無く優しく笑ってくれた
幸子に感謝したい…。

そう、ここのデニーズ(谷在家店)は
2ヶ月に一回くらい利用するのだが
全体的にスタッフの接客が丁寧なのだ
スタッフの年齢層は若干高め
私よりお姉さんがい多い
その為、落ち着いた優しい接客をしていただけるのが
嬉しい…
幸子も年齢は私よりも上
まぁ、女性の年齢をいうのもアレなので
幸子は少女のような優しい笑顔の人
いや、天使だ…
天使幸子にありがとう…。
いえ、ありがとうございます。

デニーズ谷在家店
ぜひ、ご利用ください…

hanaco…
ページの先頭へ